日別アーカイブ:

17歳とか、データとか。

17歳になった。
th_IMG_4714
まあ、16歳児だから次は17歳なのは当たり前だけど。

生まれた時から色々あって、大変な時期もあったけど、
ここまで大きくなってくれた。
th_IMG_4715
年頃だからか最近は愛想がまったくないが、
自分を振り返ればまだ良い方か。

朝、バタバタしていて、ちゃんとおめでとうが言えなかったので、
LINEを送ってみた。

普段の彼の返信は「はい」のみ。

「今日はテニスいくの?」
「はい」

「気をつけてね」
「はい」

LINEでも愛想ないんかいっ!

「おめでとう!楽しい17歳にしてね」と送ってみた。
「はい!」

「!」がついた。
微妙な感情表現。(笑)

テニスをする機会も減っているけど、また一緒に練習をしよう。
いや、してください。
楽しい17歳になりますように。

 

さて、そんな17歳児のラケットにそっと装着したHEAD TENNIS SENSOR。

データを表示してみた。
th_IMG_4652

アプリを立ち上げ、センサーと同期させると
測定したセッションのデータが一気に読み込まれる。
th_IMG_4653

この日の練習の打球数は948球。
ただし、送球なども感知されてしまうので、
実際はこれより若干少ないと思われる。

総合データはショット毎に分類される。
フォアハンド・バックハンドストローク、フォア・バックボレー、スマッシュ、サービスなど。
ラケットの動き、振り幅などを感知して分類されるとのことで、けっこう正確。

これはフォアハンドストローク全般。
th_IMG_4654

スイートスポットヒット率、スピード、スピンなどが表示される。
スイートスポット82%って高いのか低いのか?
シャンクもけっこう多いからなぁ。
そしてさらに細かな分類。
各ショットの中での球種に分けらる。
th_IMG_4655
これはバックハンドドライブ。
他にフラット、スライスなどを感知。
おそるべしジャイロセンサー。

こちらはサービス。
th_IMG_4656

実際これを見せての話はしていないが、データを積み上げていけば
その日の調子なども分かるんじゃないかと思う。

ちなみに、データはラケットを登録して収集されるため、
より正確になっているはず。
th_IMG_4657
HEADラケット限定だけど。

ということで、久しぶりに使わせていただいたが、
テニスセンサー、かなり面白いというか、
プレーの助けになりそうなツールだと思う。

現在、REC各校で行われているラケットキャンペーンに
HEADさんが来られた際は、このセンサーを使っての測定カウンセリングを行う予定。
ぜひ体感してみてください。
オススメです。

カテゴリー: テニス, テニス用品, ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ポスターとか、ようやくとか。

渋谷あたりにて。
th_IMG_2839
Suchmos、好きだなぁ。

最初に知ったのはクルマのCMだったっけ。
そういえば、ソトヤマコーチのクルマに乗せてもらった時、
Suchmosが流れてて驚いた記憶が。

 

さて、やっぱり自国開催のオリンピックって一生にだよね。
いや、正確にはここからの生涯最後だな。

さすがに東京オリンピックは知らない。
札幌オリンピックは記憶にある。
小学校の友人が北海道から引っ越してきたヤツってのもあって、
行ったこともなかったけど身近に感じられた。

ジャネットリン、可愛かったよね。
笠谷のジャンプもすごかった。
トワ・エ・モワの『虹と雪のバラード』良かった。
懐かしいな。

あとは長野オリンピック。
ジャンプの船木、原田、感動した。
スピードスケートの清水、岡崎も良かった。
欽ちゃんの司会はどうなんだろう?と思った。

始まってみれば感動の連続がオリンピックだ。
それが夏季大会ならなおさら、そして開催地は東京ってある意味地元だし。

やっぱり見てみたい。
オリンピックのチケットサイトにアクセスしてみた。

メッチャ高いじゃん!
テニス決勝なんて5万円オーバー。

買えないわ!
サイト閉じた。

結局、購入申し込みをせずに日が経った。

心のどこかで妙な期待があった。
たぶん1枚くらいどっかから転がりこんで来るんじゃないかな。
業界筋のどこか、どこかね。(どこだ?)

でもオリンピックってそういうもんじゃないのかな。
もしかしてメッチャ甘い?

ボスから聞いた。
「オレは申し込んだよ。けっこう認証とか時間かかるよ。ちなみに全部当たったら数十万円(笑)」
いや、笑えないっす。

思い直してIDだけは作ってあった公式サイトへ。
th_スクリーンショット 2019-05-29 6.08.16

高いなぁと思いつつ、チケットを選ぶ。

当選確率がまったく分からないので、どれだけ申し込めば良いやら、
弱気で申し込んでかすりもしないかもしれないし、
強気で申し込んで全部当たったら破産するし。

「一部キャンセルはできません」の表記にビビりながら、
若干弱気目で選び、カートへ入れる。

続いて申し込み手続きへ。
電話認証ってなんだ?
だいたいどの電話を登録したっけ?

あ、自宅の電話か。
表示された認証番号にかけるもいっこうに繋がらない。
延々待つのも面倒になってやめた。

もういいや。
きっと1枚くらいどこかから降ってくるだろう。
(まだ言ってる)

申し込み最終日。
もういいやモードでいたら、申し込み締め切りが延びたとのニュースが。

ならばと最後のチャレンジ。
th_スクリーンショット 2019-05-29 5.30.42

なんど見たか、この画面。

忍耐力を総動員して待つこと30分。
無事に申し込み完了。

果たして当たるのか?
当たるといいなぁ。
一生に一度はオリンピックの空気を吸ってみたい。
こんなに自宅から近いオリンピックなんてそうないし。

お願いします!

カテゴリー: スポーツ, テニス, 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。