カフェとか、#1000分の3秒を5秒にする、とか。

休日はせめてリゾート気分でってことで、
仕事の合間に近所のハワイアンカフェへ。
って、仕事すんなよ。
th_IMG_4307

th_0F64BE05-DDED-4374-B09D-3DBB76102BFF
ハワイは一度しか行ったことないけど、
やっぱりあの開放感というか、のんびり感は素晴らしい。

毎年行けるような贅沢は言わないけど、
何年かごとに行けるといいな。
それまでは、近所のハワイでガマンなのだ

 

さて、最近はあれやこれやの試打依頼が混み合っている。
ラケット、ストリング、その他小物とか。

今回はストリングの試打である。

張って、打って、インプレして・・時間が。

優しい禰占コーチが「張りましょうか?」と言ってくれたけど、
ストリングの試打って、張りの感触も含めてなので、
自分で張り上げなければいけないってことで、別の1本だけお願いした。
今回のブツはこれ。
th_IMG_4990

Wilsonさんから送られて来たサンプルストリング。
プロジェクト名は、「#1000分の3秒を5秒にする」というもの。
ストリングは、1と3の2種類があり、どちらが良いか感想を聞かせてほしいそうだ。

プロジェクト名からして、きっとあのナイロンマルチを
ターゲットにしてるんだろうな。
th_IMG_4991
とても柔かい張り心地、どこかで張ったことがある気も。
マルチ系は張りやすくていいね。
あっという間に2本張り上げ。

後日、17歳児の練習で試打。
th_IMG_5109

th_IMG_5128
一緒にHEADブラックコスメモデルもさらに試打。
ブラックコスメモデル、打てば打つほどに色んな顔が見えて面白い。
この感想はまた今度。

ということで、1と3を取り替えつつ、
振動留めを着けたり外しして打ち比べる。

th_IMG_5111

th_IMG_5115

基本は柔らかくボールを包む感じ。
振動は少なめだが、ダルさはない。
まさにナイロンマルチという感じ。

味付けは基本の方向性は一緒だけど、微妙に違う。
1のほうがより食いつくかな。
3はもう少し抜けが良い感じ。

なるほど、RECでもセールスナンバー1の
あのストリングにぶつけて来たのが明確なフィーリングだ。

最近、他社さんから依頼されたプロトタイプの試打も
同じストリングにぶつけて来ているようなフィーリングだった。
やっぱり強い機種は研究されてるんだなぁ。

Wilsonのストリング、けっこう名品が揃っている。
特にマルチ系は対象層も広く、扱いやすいモデルになっている。
ワタクシも以前はNXTを好んで張っていた。

そんなWilsonが本気度をさらに高めたプロトタイプ。
たしかに「#1000分の3秒を5秒にする」を具現化していると思う。

個人的にはぜひ3番で製品化してほしい。
ウイルソンさん、よろしくお願いします。

ちなみに、17歳児には別のポリストリングの試打を頼んだ。
th_IMG_5123
黙って違うストリングを張ると見た目が同じでも、
必ず気づく17歳児の感想はまあまああてになるのだ。
その話はまた次回の心だぁ。(小沢昭一ふう)


カテゴリー: インプレ, ストリンギング, テニス, テニス用品, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。