日別アーカイブ:

厳しいとか、肘壊れたとか。

圭の準決勝を観た。
ウインブルドンの準々決勝、相手はフェデラー。
そりゃ、どんなに眠くても観るでしょ。

ファーストセットを取った時にはテンション激上がり。
でもやっぱりフェデラーは強かった。

セカンド以降は、やっとサービスキープする圭と
好対照にあっという間にサービスキープするフェデラー。

最後までこの構図は変わらなかった。
まったく戦況がひっくり返る予感は無かった。

やっぱりフェデラーは芝のキングだ。
強すぎる。

でもベスト8は素晴らしい。
ハードコートにも期待したい。

ベッドに入ってもテンション上がりすぎて寝られなかった。
ああ眠い。

勝負の世界は厳しいけど面白いな。
全米に期待だ。

 

さて、某日。
レックインドアテニススクール上石神井へ。

レック本社のハッシーからのお誘いというかお願いでテニスである。

「取引先の若者が大阪から来てテニスするんですけど、ひとり足りないんです」

「いいけど、どんな人?」

「インカレ、ダブルス準優勝、シングルベスト8って言ってました。
日本リーグも出てたって言ってたかなぁ」

「はぁ?そんなの相手にならないじゃん」

「大丈夫です。20年前だから」

「いやいや、だって今もやってるんでしょ?」

「まあ、とにかく大丈夫です」

ということで、集合。
th_IMG_5523
もう一人は元日本テニス協会のSさん。
もちろん体育会出身のバリバリだった方。

せっかくなので、ブラックコスメの試打もすることに。
th_IMG_5519
ボール提供は、これまた立教大学体育会出身のTさん。
自分の名前入りのボール作っちゃうってすごいな。

軽くアップして、ダブルス開始。

さすがインカレ準優勝のKさん。
メッチャ上手い。

ボールは速いし、動きも速い。
ボレーは鋭いし、信じられないような角度に落としてくる。

こりゃホンモノだわ。
さてさてどうするか?

とりあえず全力でサービスキープだな、まずは。
ってことで、最初サービスゲームは無難にキープ。

しかしリターンゲームはまったく相手にならず、瞬殺でキープされる。
そもそもサービスが速すぎて、ファーストなんて全然見えないぞ。

やっぱりインドアだと目がついていかない。
アウトドアならなぁ。(ウソ&言い訳)

とにかくサービスキープで食らいつく以外に今のところ道はない。
2回目のサービスゲームも全力で取りにいく。

できれば長い引き合いはしたくない。
とにかくサービスで決めてしまいたいと思い切りサービスを叩き込む。

30-0からのファーストサーブ。
センターにフラット気味に叩いてみた。

と、ブチっといやな感触とともに肘に激痛。
ウソ!こんな感触生まれて初めてだ。

肘の下側の腱(尺側手根伸筋)の付け根の激痛。
そして痺れ。
フォアハンド側を振るたびにどうしようもなく痛みが。

とはいえ、せっかく来てくれたのに途中でやめるわけにもいかず、
少しでも痛みのない振り方を試行錯誤しながらのプレー。

次第に肘から肩、首まで痛みと痺れが・・・

なんとか3セットを終えたが、こんなに痛いのは初めて。
まずはアイシング。
th_IMG_5524

痛みはいっこうに引かず、家でもアイシング。
th_IMG_5527

そしてロキソニン湿布。
th_IMG_5538

まいったなぁ。
明後日はプロテストのテスターでデモ担当だからボールを打たなきゃいけない。
どこまで回復するのだろうか。

運動会でお父さんたちが昔のイメージのままに走ろうとして転んだり、
アキレス腱を切ったりって話はよく聞くけど、肘の筋肉も同じなのだろうか。
インカレ選手相手にムキになったのがよくなかったなぁ。

今後はそれなりに自重することにしよう。
でも、試合は楽しかった。
またこんなレベルでやりたいぞ。

まずは回復ね。
はいはい。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。