祝とか、プリンスニューモデルラケットとか。

皇居付近にて。
th_IMG_5515
何となく、新元号を祝ってる風なおめでたい構図。
鶴亀じゃなくて、白鳥だけど。

 

さて、プリンス新製品発表会の続き。
ラケットのニューモデルである。

今回はBEASTシリーズが一新した。
th_IMG_5440

th_IMG_5449

th_IMG_5450

th_IMG_5456
デザイン、機能ともに先鋭的に進化。

これまでのモデルブラック系のカラーで、
遠目からだと何を使っているのがひと目では分かりづらかった。

WilsonやHEADのように、カラーリングでブランドが分かるのが最近の傾向だが、
これはブランド戦略においても有効な手段だと思う。
ここ最近のプリンスは地味というか渋いというか、
モノはいいが目立ちにくかったのだが、今回のBEASTはコートでメッチャ映える。

もちろん機能的にも文句なし。
かなり扱いやすいし、特にライトスペックモデルは
カラーリングも含め、女性層に人気が出ると思う。

当然、プリンス独自のグロメット、O3タイプも設定されている。
th_IMG_5495

th_IMG_5491
若干硬質なイメージもあったテキストリームテクノロジーだが、
今回のBEASTシリーズは全体にとても扱いやすくなった。
ルックスも機能も打球感も一気に幅が広がった印象で期待大である。

さらに新たなラインナップが加わったのがXシリーズ。

th_IMG_5457

ツアー系スペックがいよいよ登場。
th_IMG_5459

X100 TOURはフレーム厚等は前モデルを継承しつつ、ウエイトを300gにアップ。
振れるプレーヤー向けにハードアップデートがなされた。

そして、X97 TOURはフレーム厚を絞り、さらにツアー系に振った。
ウエイトも310gと本格派。

攻撃タイプが追加されたXシリーズ。
デビューモデルのパワーアシスト系だけではない拡がりを見せてくれた。

コスメも憎いバージョンアップ。
th_IMG_5461
シャフト部のマット(つや消し)塗装がフェイス部に行くに従って
グロス(艶出し)塗装に変化する。
より精悍な印象になったのもいい感じだ。

ワタクシも試打をしたが、振って楽しいモデル。
しっかりした打球感、そしてスピンもかかるし、スライスも伸びる。
うーん、やるな、プリンスさん。

そして実はもう1モデル、新製品が発表された。
こちらは正真正銘のツアーモデル。
情報解禁はもう少し先とのこと。
楽しみにお待ちください。


カテゴリー: テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。