チャームとか、毎トー&ジュニアサマーとか。

今年のテニスの日のチャームが届いた。
th_IMG_6346
写真だと分かりづらいけど、ラメっぽくていい感じ。

今年は有明でのイベントも復活予定。

オリピック仕様になった有明テニスの森で
テニスを満喫するチャンスだと思う。
ご来場お待ちしております。

ワタクシも会場のどこかに・・いるのか、いないのか。
東京実業団の一部リーグの重なってるんだよなぁ。
どうなることやら。

 

さて、昨日はスペシャルな1日の予定だった。

毎日テニス選手権で、Team RECの竹島駿朗プロ、
正林知大プロが準決勝に進出。
互いにここを勝ち切れば、毎トーでのTeam REC決勝が実現する。

ついでだけど、17歳児も同会場で千葉県ジュニアサマーのシングス予選。
つまり、所属プロと子供の試合が一度に見られるという贅沢な日だった。

ワタクシも休み予定にして準備していたのだが、
あれこれと用事が入って、結局、出勤になってしまった。

まあ、でもサラリーマンだし仕方ない。
とにかくミッションをこなさねばってことで、
両プロも準決勝を勝ち上がって、Team REC対決の決勝まで来てくれることを期待。
そして、17歳児も予選を勝ち上がって本戦に入ることを信じて、仕事へ。

ATP、ITFと違ってライブスコアは無いので、妻の実況が頼り。

「(17歳児)試合に入りました」

「竹島さん、ファーストとりました。セカンド、ブレークされました」

「正林さん、ファーストとって、セカンドもリードです」

「(17歳児)競ってる。どっちに転ぶか・・」

実況する方もきっと大忙しだっただろう。

結果、正林プロは勝利。
決勝進出。
th_DSC_7554
おめでとう!

竹島プロは残念ながらフルセットで敗退。
th_DSC_7324
うーん、残念。

で、実は両プロともダブルスもベスト4進出中。
竹島プロに「シングルスは残念。ダブルス頑張れ!」とメッセージを送る。

夕方、報告が。
両プロとも、ダブルス準決勝を勝ち上がった。

これで、ダブルスはTeam REC対決が確定。
先輩の竹島プロか。
新規加入の正林プロか。

さらにスペシャルな最終日なった。
シングルスは優勝狙うとして、
ダブルスは・・・うーん、どっちも勝ってほしいぞ。

シングス決勝、川上倫平 vs 正林知大は9時45分から。
ダブルス決勝、上杉哲平・竹島駿朗 vs 住澤大輔・正林知大は、NB12時である。

フクダ電子ヒルステニスコート、京葉線蘇我駅あ最寄り。
ぜひ応援にいたしてください。

あ、そうそう、17歳児は予選決勝、最後の最後でサービスをブレークされ、
負けてしまったが、ラッキールーザーの1番で、なんとか本戦に入れそうだ。

問題は今日は毎トーとサマージュニアの会場が違うこと。
時間は絶妙にかぶっている。
距離は3km弱。
自転車で往復かなぁ。

まあ、これも贅沢な苦労である。
みんな、頑張れよ。


カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。