月別アーカイブ: 2019年8月

応援とか、表彰とか。

毎日テニス選手権決勝。
th_IMG_6377
暑い中、Team REC応援に駆けつけてくださった皆さま、有難うございます。
毎日通ってくださった方もおられ、有難い限りである。

選手たちが泊まっていた東横インのスタッフの方も応援に来てくださったようだ。
竹島プロの応援もしてくださった。
本当にありがとうございます。

 

さて、フルセットのシングルスを戦った二人の表彰式である。
th_DSC_8050

スタッフさんの紹介で順番に表彰。
th_DSC_8058

主催の毎日新聞社様より優勝盾の贈呈。
th_DSC_8067

優勝カップの贈呈。
th_DSC_8070

もうひとつカップの贈呈。
th_DSC_8075
なんだろう、このカップは。

スポンサーのブリヂストン様より賞金の贈呈。
th_DSC_8079

続いて準優勝の川上プロ。
th_DSC_8089

正林プロのウイナーズスピーチ。
th_DSC_8099
スポンサー様、スタッフの皆さまへのお礼、
そして8月からTeam REC所属になったこともちゃんと言っていた。
えらいぞ、トモ。

川上プロと話したら、「もうフルセットはいいです〜!」と言っていた。
今大会、6試合中4試合がフルセットだったそうだ。
この暑さでそれはキツイよね。
th_DSC_8118
それにしても川上プロのファイトは素晴らしい。
走りまくって、回り込んでフォアを叩き込む。
リードされても、何かが起こりそうな予感が消えないプレー。

ちなみに昨年の日本リーグでは、関口プロが川上プロに破れている。
ITFツアーや日本リーグでの活躍も納得の戦いぶりだ。
素晴らしいファイトだった。

そして、Team REC新メンバーの正林プロ。
th_DSC_8130

「ウチのチームに入った最初の大会での優勝けっこう多いんだよ」

「そうなんですか?」

「うん。貴男さんもグアムフューチャーズいきなり優勝したし、他にもね」

「じゃ、その流れを止めずに乗っていきます」

プレッシャーに感じず、ポジティブに捉えるあたりはなかなか良い。
そして結果もそのまな流れに乗れた。
よかった、よかった。

さあ、この後のダブルスは、Team REC対決。
「チームの先輩として勝ちます!」とは竹島プロ。
どっちも頑張って欲しいが、勝つのは1ペア。

拍手のタイミングも微妙なだなぁ。
どっちも頑張れ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

自転車とか、毎トー シングルス決勝とか。

暑い、今日も朝から暑い。
th_IMG_6356
そんな中、自転車で出かける。

クルマを使いたいが、子供の試合で使っているので
30分強の道のりを自転車だ。

ちょっと休んで景色を眺める。
th_IMG_6357
特に涼しい気持ちにはならない。
おそらくすでに30度は超えている。
もうすぐ目的地だ。
頑張れ、オレ。

 

さて、そんなわけでようやく着いたのがここ。
th_IMG_6358
毎日テニス選手権会場。

今日は単複決勝が行われる。
何と、シングルス、ダブルス共にTeam RECメンバーが決勝進出。
こりゃ、応援に来なきゃってことで自転車で駆けつけた。

ちなみに子供の試合は前日の予選から本戦に。
ここから3km程度の会場なので、試合の進行次第で行き来して見られるかも。
体力が持てばだけど。

それにしても暑い。
決勝はソロチェアアンパイアとボーラーがつくらしい。
th_IMG_6359
スタッフさんも大変だ。

今日のオーダー。
th_IMG_6361
シングルス決勝には正林知大プロ、
ダブルス決勝は、正林プロと竹島駿朗プロの対決である。

そうこうしているうちにシングルス決勝が始まる。
th_DSC_7711
頑張れよ〜。

対戦するのは川上倫平プロ。
th_DSC_7720
先日の準決勝では竹島プロをフルセットで破っての決勝進出。
えぐいフォアハンドを持つ、絶対に諦めないファイターである。

試合開始。
th_DSC_7746

th_DSC_7762

th_DSC_7753
出だしは上々。

正林プロのペースで進む。
th_DSC_7797

th_DSC_7856

th_DSC_7841
さすがにあっさりではないが、ファーストセットを6-4でとる。

このままのペースでいけば・・・と思うが、そうはいかないのが川上プロ。
セカンドセット中盤から鬼のようなフォアハンドが炸裂。
一気にペースを掴む。

一緒に見ていた竹島プロも、「昨日はこれで全部やられました」とのこと。
th_IMG_6375

信じられないくらい回り込んでの逆クロスが炸裂である。
th_DSC_7867

th_DSC_7881

一方、正林プロはミスが目立ってきた。
th_DSC_7871
セット終盤はファイナルに向けて体力温存の構え。
セカンドセットは、6-2で川上プロ。

そしてファイナルセット。
th_DSC_7932

th_DSC_7959
粘り強く、そして要所では打ち込む。
緩急がいい感じで回ってきた正林プロ。

中盤、川上プロのミスが続く場面で一気に突き放しにかかる。
th_DSC_7998

サービングフォーザマッチ。
th_DSC_8006

フォアハンドを打ち込み、その返球がライン割った。
th_DSC_8012

激闘に終止符、優勝である。
th_DSC_8035

th_DSC_8049
暑くて長かった。
よく切れずに立て直した。
素晴らしい勝利である。

まあまあ元気そうな正林プロ。
th_DSC_8054
この後はダブルス決勝だ。
しっかり回復させて頑張ろう。

おめでとう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:03 | コメントは受け付けていません。

チャームとか、毎トー&ジュニアサマーとか。

今年のテニスの日のチャームが届いた。
th_IMG_6346
写真だと分かりづらいけど、ラメっぽくていい感じ。

今年は有明でのイベントも復活予定。

オリピック仕様になった有明テニスの森で
テニスを満喫するチャンスだと思う。
ご来場お待ちしております。

ワタクシも会場のどこかに・・いるのか、いないのか。
東京実業団の一部リーグの重なってるんだよなぁ。
どうなることやら。

 

さて、昨日はスペシャルな1日の予定だった。

毎日テニス選手権で、Team RECの竹島駿朗プロ、
正林知大プロが準決勝に進出。
互いにここを勝ち切れば、毎トーでのTeam REC決勝が実現する。

ついでだけど、17歳児も同会場で千葉県ジュニアサマーのシングス予選。
つまり、所属プロと子供の試合が一度に見られるという贅沢な日だった。

ワタクシも休み予定にして準備していたのだが、
あれこれと用事が入って、結局、出勤になってしまった。

まあ、でもサラリーマンだし仕方ない。
とにかくミッションをこなさねばってことで、
両プロも準決勝を勝ち上がって、Team REC対決の決勝まで来てくれることを期待。
そして、17歳児も予選を勝ち上がって本戦に入ることを信じて、仕事へ。

ATP、ITFと違ってライブスコアは無いので、妻の実況が頼り。

「(17歳児)試合に入りました」

「竹島さん、ファーストとりました。セカンド、ブレークされました」

「正林さん、ファーストとって、セカンドもリードです」

「(17歳児)競ってる。どっちに転ぶか・・」

実況する方もきっと大忙しだっただろう。

結果、正林プロは勝利。
決勝進出。
th_DSC_7554
おめでとう!

竹島プロは残念ながらフルセットで敗退。
th_DSC_7324
うーん、残念。

で、実は両プロともダブルスもベスト4進出中。
竹島プロに「シングルスは残念。ダブルス頑張れ!」とメッセージを送る。

夕方、報告が。
両プロとも、ダブルス準決勝を勝ち上がった。

これで、ダブルスはTeam REC対決が確定。
先輩の竹島プロか。
新規加入の正林プロか。

さらにスペシャルな最終日なった。
シングルスは優勝狙うとして、
ダブルスは・・・うーん、どっちも勝ってほしいぞ。

シングス決勝、川上倫平 vs 正林知大は9時45分から。
ダブルス決勝、上杉哲平・竹島駿朗 vs 住澤大輔・正林知大は、NB12時である。

フクダ電子ヒルステニスコート、京葉線蘇我駅あ最寄り。
ぜひ応援にいたしてください。

あ、そうそう、17歳児は予選決勝、最後の最後でサービスをブレークされ、
負けてしまったが、ラッキールーザーの1番で、なんとか本戦に入れそうだ。

問題は今日は毎トーとサマージュニアの会場が違うこと。
時間は絶妙にかぶっている。
距離は3km弱。
自転車で往復かなぁ。

まあ、これも贅沢な苦労である。
みんな、頑張れよ。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キャラとか、ラウンドとか。

ウォーキングコース途中、明治通り沿いの店舗。
th_IMG_5276
不動産関係のショールームっぽい。

009がキャラクター。
こういうコラボできるんだね。

Team RECもキャラクターが欲しいな。
何度もトライしてずっと形になっていない。
どなたかデザインしてくれませんか。
「レッくん」で。

 

さて、ラウンド前のストレッチで怪我をするという
スポーツマンにあるまじき失態を演じたワタクシ。

とにかく膝の裏が痛い。
K女史は「あ〜あ、膝裏十字靭帯かなぁ。手術かもね」などと言う。
ひどいやつだ。

痛みをこらえてティーショット。
もちろん思い切り振れないし、痛い。
でもとりあえず振れるか。

とにかくスタートだ。

HEAD小林さん。
th_IMG_5906
上手い!
さすがRECコンぺ優勝者。
そしてRECゴルフスクールに通っていただけはある。

K女史。
th_IMG_5907
たぶん仲間内で一番ラウンドしている彼女。

とにかく固い。絶対に崩れない。
1m以内のパットは絶対外さない。
リードされたら追いつける気がしない。
しかもレディースティーではなく、レギュラーティーからのプレーだ。

ラケットマイスター村井さん。
th_IMG_5908
前夜に練習場で数百発打ち込んだらしい。
相変わらず極端な努力のお方である。

最近は、YOUTUBE「テニスの拳」への出演の影響で、
山のような加工依頼であっぷあっぷだそうだ。
商売繁盛なによりです。

最高のコンディションと最悪の痛みでハーフを終える。
不思議なのはいつもと変わらないくらい大したスコアじゃないこと。
ある意味、凹むぜ。

昼食をとりながら、レストランで氷をもらいアイシング。
th_IMG_5915
コースにも持ち込んで溶けるまで冷やしづつける。
ああ、痛い。

後半も痛い以外はいつも通り。
th_IMG_5918

th_IMG_5920

メンバーに恵まれて楽しかった。
彼らじゃなければやめてたかも。
とにかく楽しいラウンド、ありがとうございます。

怪我も左足でよかった。運転もできるしね。
さあ、一度帰って、みんなと飲みに行くかな。

カテゴリー: ゴルフ, 仲間, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

壮行とか、シャンパンとか。

しばらく前のこと。
移動で大阪に行ってしまうウイルソンのNさん。

明日が引っ越し、今日はいつもの仲間とゴルフしているってことで、
ワタクシは仕事を終え、打ち上げのお店に合流。
th_IMG_5508

th_IMG_5503

つい先日のこのメンバーで飲んだっけ。
th_IMG_5507
どんだけ名残惜しいんだって感じ。

でも、いよいよ明日は引っ越しかぁ。
って、飲んでて大丈夫なのか?

少しの間、場所が離れても数十年の付き合いが消えるわけでもない。
本社は新宿だし、実家は千葉だし、ちょくちょく会えるだろう。
お互い頑張りましょう!行ってらっしゃい!

 

さて、自宅の近所にある酒屋さん。
th_IMG_4884
こだわりの品揃えでなかなか楽しいお店。

場所柄なのか、よくイベント的なことをやっている。
この日もワイン&シャンパンのテイスティングイベントをやっていた。
th_IMG_4876

様々なワイン&シャンパンをグラス売り。
th_IMG_4877

th_IMG_4879

th_IMG_4905
近所の飲食店も協力してオードブル販売もあり、
海外のオープンカフェみたいな感じ。

ワタクシもシャンパンを。
th_IMG_4881

ブルーベリーの植木。
th_IMG_4892

ご自由に摘んでくださいだそうだ。
th_IMG_4893
うん、美味しい。

せっかくなので自宅にいた長男を誘ってみたら、
めずらしく付き合うという。
th_IMG_4895

二人で飲むのはほぼ初めてか。
th_IMG_4896
そもそも彼はほとんどお酒を飲まない。
ビールは、何が美味しいのか分からないと言うし、
ぜいぜい、ほろ酔い系の甘いサワー系が精いっぱい。

そういう意味ではシャンパンは飲みやすいのかも。
チビチビ飲みながら、ポツポツと会話。

もう就職活動に向けてインターンに行くらしい。
そういう時期なのね。
家族全員が忙しくて、なかなか会話もないが、話せて良かった。

家に帰ったら、酔いが回ったのかソファで爆睡してたけど。
どんだけ弱いんだ。(笑)

カテゴリー: ファミリー, 仕事, 仲間, 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カリブとか、激痛とか。

TOYOTA SPRINTER CARIB
th_IMG_3257
ミニカーだけど。

85年のクルマ。
この時代は遊び心に溢れたクルマが多かった。
カリブのその中の1台。

当時はナンバープレートがハッチバックの真ん中からズレて
ついてただけでも画期的だったっけ。
懐かしい。

 

さて、梅雨も明けたと思われる某日。

ここは南国?南欧?
th_IMG_5899

プールも大瀧詠一のA LONG VACATIONみたいだ。
th_IMG_5913

って、実はゴルフ。
仲間で南欧風のコースで夏を満喫しようって趣向。

このコース、ロケーションがとても良いし、
食事もバイキングだし、リゾート感満載

ワタクシたちのお気に入り。

この日は天気もいいし、風も少ないし、ちょっと暑いけど最高のコンディション。

パター練習を終え、話をしながら、カートに手をかけて
アキレス腱のストレッチをしていた。

いきなり、パン!という音とともに膝の裏にボールがぶつかった。
そして激痛。

ボール当てやがったのはどこのどいつだ!と振り返るも誰もいない。
っていうか、後ろはパター練習グリーンだし、ボールが飛んでくるわけもない。

もしかして、これが筋断裂ってやつか?

スクールで肉離れやアキレス腱断裂をされた方は
皆さん、「ボールを当てられたような痛みを感じた」とおっしゃるが、
本当にそうなるのね。

膝裏からふくらはぎにかけてメッチャ痛い。
特に膝裏がどうしようもなく痛く、つま先を上げられない。

うーん、困った。
どうする?

この日の気のおけない仲間。
th_IMG_5902
ラケットチューンナップ工房・ラケットマイスターの村井さん、
K女史、HEADの小林さん、そして笑ってるけど、
メッチャ痛みに耐えてるワタクシである。
(村井さん、小林さんはもう動画その他で有名人なので実名で)

「大丈夫?」「やめる?」と心配されたが、
せっかくここまで来てプレーしないのもなぁ。

幸いにこの日はコース内へのカート乗り入れOK。
うーん、なんとかなるか。
ダメなら途中でやめればいいし。

せっかくいい天気なのに、大きな痛みと不安を抱えてのスタートである。
ああ、なんでこんなことに。

カテゴリー: クルマ, ゴルフ, テニス, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

雨とか、毎トー初日とか。

自転車で出かけたら雨が降ってきた。
冷たくはないが、携帯やらカメラやら濡れては困るので
JEF UNITEDのサッカーアリーナで雨宿り。
th_IMG_6313

子供の頃は濡れて困るもんなんて持ってなかったから、
雨だろうがそのまま走ってたな。
特に夏はすぐに乾くしね。

竹島プロに「試合中断中?」とメールしたら、
「やってます!」と返ってきた。
テニスの試合は子供モードなのか?

 

さて、雨も小降りになったので、会場へ。

th_IMG_6315

やってる、やってる。
th_IMG_6316
小雨なのにメッチャ暑い。
そして、雨も上がり太陽が出たら、鬼のように蒸し暑い。

まずは竹島プロの試合から。
th_DSC_7041
待機中ですでに暑さにやられている。

初戦の相手は日本大学体育会の選手。
つまり竹島プロの後輩であり、コーチと選手との間柄ということ。
th_DSC_7082
こりゃ、絶対負けられない。

ファーストセットは6-2で順調に先取。
th_DSC_7091

th_DSC_7227
要所でのネットプレーが見事にハマる。

セカンドセットは序盤からもつれ気味。
th_DSC_7279

サービスを落として、取り返して、互いに主導権を握りきれずの進行。
th_IMG_6325

後半、竹島プロが要所を締めて勝利。
th_DSC_7336
先輩の貫禄を見せつけた。

試合後はアドバイス。
th_DSC_7340
ちゃんと後ろに手を組んで聞くのね。
日大はシャツをパンツインしないんだな。

とにかく良かった。
ストレートでってのも消耗を考えるといい展開だ。

試合を見ていたら、隣に人が。
th_IMG_6324
8月からTeam RECに加わった正林プロだ。
「暑くて、日陰に避難中でした。挨拶遅れてすみません」とのこと。
「無駄に消耗しないように試合まで日陰にいた方がいいよ」と、
挨拶もそこそこにリリース。

そして、正林プロのTeam RECとしての初試合。
th_DSC_7348
相手は斉藤秀選手。
鬼のように速いフォアを叩き込んでくる
日本リーグにも出場している強豪だ。

出だしは大事に行ったのか、今ひとつ乗れない感じもありつつの展開。
th_DSC_7405

th_DSC_7420
それでもファーストセットは6-2。

セカンドセットは一気に畳み掛けて5-0に。
th_DSC_7478

th_DSC_7583

th_DSC_7577

そこから、斉藤選手の怒涛のまくり。
サーブ&ボレー、リターンエース等、開き直りかと思うほどの
思い切りの良いプレーでペースをつかむ。

しかしさすがにそこから試合をひっくり返すには至らず。
th_DSC_7615

th_DSC_7706
ストレートで正林プロの勝利である。

Team RECパッチを強調して勝利の一枚。
th_DSC_7709
明日も頑張ろう。

それにしても暑い。
どれだけ水を飲んでも喉が渇く。
選手も大変だ。

週末まで残れば応援に行けるかな。
まずはそこまで頑張れ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

毎トーとか、Team RECオリジナルケースとか。

Team REC 竹島駿朗プロ。
th_IMG_6151
先日、レックテニススクール府中で行われた「部活応援イベント」に登場。
学生たちと汗を流した。

「暑いでしょ?」と言うと、
「屋上は風が通るんで大丈夫です」とのこと。
まあ、プロはもっと過酷なコンディションで試合してるしね。

竹島プロは今日から始まる毎日テニス選手権に出場予定。
昨年はベスト4。
今年は優勝したいぞ。

そうそう、新規加入の正林知大プロも出場予定である。

会場は千葉市のフクダ電子ヒルスコート。
最寄り駅はJR京葉線蘇我駅です。
ぜひ応援に来てください。

ふたりとも頑張れ〜!

 

さて、こんなものが出来上がって来た。
th_IMG_6170
Team RECオリジナルソフトケースである。

ロゴは刺繍。
th_IMG_6171

ラケットを入れるとこな感じ。
th_IMG_6176

入れてみたのはこのラケット。
th_IMG_6177
以前、HEADさんにつくってもらったオーダーメイドのSPEED。

ちゃんとネームも入っている。
th_IMG_6178

th_IMG_6179

ちなみにこれはまだサンプル。
商品化、量産化するかは検討中だが、
たぶん、黒ボディに白文字バージョンも加えて制作になるかな・・たぶん。

どうでしょ?
いい感じじゃないですか。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

短パンとか、キャンプとか。

あまり自分の写真は載せないんだけど。
th_IMG_4887
短パンを買った。
夏なんで。

綿の感触とドライ感がいい感じに合わさった
サーフブランドの短パン。
しかもセール品で安かった。
今年の夏はこれで幸せに過ごしたい。

 

さて、某日。
とあるイベントへ。

基本はフリーマーケットなのだが、何故かクルマも売っていた。

最近流行りのキャンプ系のコーナー。
th_IMG_4259

軽自動車でもキャンプになるのね。
th_IMG_4260
煙突立てた薪ストーブを持っていくかは疑問だけど。

この装備だとどこで寝るんだろう。
クルマの中じゃないよね。
やっぱりテントかな。

ランクルバージョン。
th_IMG_4277

スゴイな、ツリーハウスみたい。
th_IMG_4278

これはいいかも。
th_IMG_4279
我が家のランクルにもと思い調べてみたら、まあまあの値段がするのね。
とはいえ、今の生活ペースだとキャンプに行く時間も無いし、
子供たちが独立したらかなぁ。

本格キャンピングカー。
th_IMG_4287

th_IMG_4288
居住性は最高なんだろうけど、保管場所とメンテナンスが大変そうかな。

ハイエース。
th_IMG_4290

これはちょっと勘弁かな。
th_IMG_4289

やっぱりルーフテントがいいかなぁ。
いつかキャンプする余裕が出来ることを夢見て今を頑張ろう。
人生楽しまないとね。

カテゴリー: クルマ, ファミリー, 街歩き, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

祝とか、プリンスニューモデルラケットとか。

皇居付近にて。
th_IMG_5515
何となく、新元号を祝ってる風なおめでたい構図。
鶴亀じゃなくて、白鳥だけど。

 

さて、プリンス新製品発表会の続き。
ラケットのニューモデルである。

今回はBEASTシリーズが一新した。
th_IMG_5440

th_IMG_5449

th_IMG_5450

th_IMG_5456
デザイン、機能ともに先鋭的に進化。

これまでのモデルブラック系のカラーで、
遠目からだと何を使っているのがひと目では分かりづらかった。

WilsonやHEADのように、カラーリングでブランドが分かるのが最近の傾向だが、
これはブランド戦略においても有効な手段だと思う。
ここ最近のプリンスは地味というか渋いというか、
モノはいいが目立ちにくかったのだが、今回のBEASTはコートでメッチャ映える。

もちろん機能的にも文句なし。
かなり扱いやすいし、特にライトスペックモデルは
カラーリングも含め、女性層に人気が出ると思う。

当然、プリンス独自のグロメット、O3タイプも設定されている。
th_IMG_5495

th_IMG_5491
若干硬質なイメージもあったテキストリームテクノロジーだが、
今回のBEASTシリーズは全体にとても扱いやすくなった。
ルックスも機能も打球感も一気に幅が広がった印象で期待大である。

さらに新たなラインナップが加わったのがXシリーズ。

th_IMG_5457

ツアー系スペックがいよいよ登場。
th_IMG_5459

X100 TOURはフレーム厚等は前モデルを継承しつつ、ウエイトを300gにアップ。
振れるプレーヤー向けにハードアップデートがなされた。

そして、X97 TOURはフレーム厚を絞り、さらにツアー系に振った。
ウエイトも310gと本格派。

攻撃タイプが追加されたXシリーズ。
デビューモデルのパワーアシスト系だけではない拡がりを見せてくれた。

コスメも憎いバージョンアップ。
th_IMG_5461
シャフト部のマット(つや消し)塗装がフェイス部に行くに従って
グロス(艶出し)塗装に変化する。
より精悍な印象になったのもいい感じだ。

ワタクシも試打をしたが、振って楽しいモデル。
しっかりした打球感、そしてスピンもかかるし、スライスも伸びる。
うーん、やるな、プリンスさん。

そして実はもう1モデル、新製品が発表された。
こちらは正真正銘のツアーモデル。
情報解禁はもう少し先とのこと。
楽しみにお待ちください。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。