グライダーとか、ユニクロとか。

REDBULL AIRRACEの日。
ランニング終盤の公園にて別のAIRRACE。

オジサンたちが飛行機を飛ばしていた。
th_IMG_7283
結構大きなグライダーを円盤上げのようにグルリと回って思い切り投げ上げる。

ハンドランチグライダーというものらしい。
th_IMG_7278
けっこう高く上がり、長く飛んでいる。
1分近く飛んでるのかな。

拡大。
th_IMG_7278-1

これ楽しそう。
やってみるか。
いくらするのかなと調べてみたら、機体で2〜3万円、送信機も同じくらい。
5〜6万円はかかりそう。
うーん、高いのか安いのか。
ちょっと今はパス。

 

さて、ユニクロのセルフレジ、初体験。
th_IMG_6206
すごいね、これ。

カゴに商品入れて、レジに置くだけで金額が出る。
あとは支払い方法を選ぶだけ。

最近はイオンのレジも支払いはレジの先の別コーナーで
自分で支払う仕組みだけど、バーコード読み取りは店員さん。

一方、ユニクロは完全自動化である。
袋詰めも自分でどうぞだし、どんどん人が要らなくなる。
すごい勢いで時代は進んでいる。

世の中の仕事の多くがこうして機械に取り変わっていくそうだけど、
一方で人でなければ出来ないこともある。

人でなければのカテゴリはより人的な高品質が求められていくのだろう。
今のところ、人でなければ出来ないと思われるテニスコーチ。

球出しは機械で出来る。
最近はレッスン中のフォームを自動撮影し、配信する仕組みもある。
しかし、診断や矯正、アドバイスは人でなければ出来ない。

機械に取って代われない分、その品質をより高めなければいけない。
ボール出しながら、「ナイス!」だけ言うなら機械でじゅうぶん。
何を感じ、読み取り、どう伝えるか。

毎回、向き合うたびにオーダーメイドのアドバイスと上達を提供しないと、
きっとコーチとしてはやっていけないし、球出しマシンに取って代わられる。

危機感を持って高みを目指さなければだな。


カテゴリー: オモチャ, ランニング, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。