日別アーカイブ:

パワーボールとか、SMART再確認とか。

筋力が落ちてきたような気がする。
オフセンターでのショットでグリップが動く。

ということで、以前に購入したこちらを引っ張り出した。
th_IMG_5864
パワーボール。
けっこう効く、これ。
そう言えば、斉藤貴史プロも使ってたっけ。

とにかく筋力低下と戦わないと、思うようなショットも打てない。
ここから先は「老いるショック(byみうらじゅん)」との戦いだなぁ。

 

さて、某日はここでの早朝テニスからスタート。
th_IMG_8366
緊張しつつもテニスは楽しい。

この日は Wilson CLASH100を持ってきた。
th_F828E9E3-1307-4455-81DD-27BFF9EC54CF

目的はあらためてのストリングの試打。
th_IMG_8370

「#賢いストリング」プロモーションとその性能が大当たりし、
爆発的なヒットを飛ばしているこちら。
th_IMG_8418

正式製品版はこれ。
th_product
LUXILON SMART125である。

すでに取扱済みであり、キャンペーンでもかなりの支持をいただいたこのストリング。
あらためて打ってみようと思い立った。

で、思ったこと。

説明通り!

スライスやタッチショットはかなりの粘りを感じる。
ポリ系なのにフェイスにボールが吸い付く感じ。
そして柔かなフィーリング。

アングルにボレーをフワッと落としたい時などは、
そのフィーリングが大きくプラスに働く。

極端なスピンをかけずに柔らかくアングルにパスを落としたい時も
同じく、ソフトなタッチでコントローラブルなフィーリングで
ボールを運ぶ感じになる。

これだけだとただの柔かめなストリングだが、
SMARTの特徴はそのハードヒットの際にそのフィーリングが激変、
ストリングが踏ん張って、硬質な打球感になるというのがウリ。

実際どうなのか?

この日のテニスではハードヒットするようなシチュエーションはあまりなかった。

が、なるほどこれだ!と思った場面。

レック本社のハッシーの渾身のファーストサービスをリターン。
その時のフィーリングが「パン!」と急に変化。
フェイスにボールが食い込む感じが消え、
突然テンションというか面剛性が上がったような感触になった。

自分からもある程度振ってはいるが、相手からの打球もそれなりに速い場面。
柔らかくスイングした時とのフィーリングの変化は大きかった。

この場面での硬質な打球感というか撓まないフェイス感は、
ボールコントロールにおいて大きな安心感になると思った。
ここでボールがフェイスに食い込み、ストリングが撓んだ感じになると
ボールがどこかにふけてしまうのではないかと思う。

自分から叩いていく場面でもそれは同様だと思う。
こういう使い分けを勝手にしてくれるところが、
たしかに「#賢いストリング」だなと、今更ながら再確認した次第。

錦織圭がこのストリングを試打して、「なんだ?これ。気持ち悪い」と言ったのは
その変化が非常に顕著だったということ。
ショットによってフィーリングが変化しすぎるのはちょっとという人もいるだろう。

ワタクシは、大事な場面で信頼度が上がるという意味で基本的には賛成派である。
実はこのストリング、CLASHに張り上げた時、フレームがしなるモデルなので
特性が分かりづらいかなと若干後悔したのだが、それも杞憂に終わるくらい、
ストリングの特性が出たことは驚きだった。

ルキシロン、おそるべし。
いまさらだけど。

カテゴリー: スポーツグッズ, テニス, テニス用品, トレーニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。