貴史とか、全日本・ダブルスとか。

全日本選手権、斉藤貴史プロから電話。

「まだ会場にいますか?」

「いるよ。ショーコートで西郷姉妹のダブルス応援中」

「そっちにいきます」

ってことで、挨拶に来てくれた。
th_IMG_8633

斉藤貴史プロとは、彼がTeam RECを離れてからも
ちょっとしたお手伝いやらも含め、付き合いは続いている。

頼まれごとがあれば何とかしてあげたいし、
選手としての活躍も心から期待している。

チームを卒業しても応援する気持ちは変わらない。
基本的にワタクシたちTeam RECはそういうスタンスだ。

貴史も本当にいいヤツ。
こうしてわざわざ来てくれるし、
こちらのことも何かと気にかけてくれる。

なんて言ってたら、竹島駿朗プロの次の相手は貴史だった。
うーん、どっちも頑張って欲しいぞ。
悩ましい。
(斉藤プロが勝ちました)

 

さて、そんな全日本選手権は女子ダブルスが始まった。

所属ではないが、サポートメンバーとしてパッチをつけている
西郷幸奈プロのダブルスの応援へ。
パートナーは妹の里奈プロ。
ここ最近はITFツアーでもタイトルを獲るなど、テッパンのペアである。

th_DSC_9741

あいては、押野選手、西本選手の島津製作所ペア。
慶応の先輩後輩ペアでもあるのかな。

試合は一進一退、というかブレークされては取り返す感じ。
th_DSC_9808

悪くはないが、互いに突破口が見出せない。
th_DSC_9748

ファーストセットはタイブレーク。
th_DSC_9877

攻めに攻めたが、落としてしまう。
th_DSC_9830

th_DSC_9858-1

大丈夫か?
th_DSC_9816

と思ったら、セカンドセット、ファイナルセットは1ゲームしか与えず
見事な逆転勝利。
th_DSC_9929
素晴らしい!

そうこうしているうちに、男子ダブルス、竹島駿朗プロ、菊池玄吾プロの試合も始まった。
th_DSC_9961

玄吾もTeam RECの卒業生。
駿朗とは高校生の頃からのパートナー。
すべてを知った仲なので、抜群のコンビネーションを誇るペアである。

th_DSC_9998

試合は序盤から竹島・菊池ペアのペース。
いきなりサービスブレークから一気に突き放しにかかる。
th_DSC_9999

これでもかというくらいに攻めまくってストレートで勝利。
強いな。

それにしても駿朗のネットでの動きは絶品だ。
本当に忍者のように動き回ってポイントを重ねていく。
シングルスも強いが、ダブルスは恐ろしく上手いって感じ。

ぜひこのペアでタイトルを獲って欲しい。
th_IMG_8641
頑張れ〜!

(水曜日、第1シードに敗れベストでした。応援ありがとうございました)


カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。