夕食とか、セカンドステージ初日とか。

th_2nd
テニス日本リーグ・セカンドステージ、いよいよ開幕!
Team RECの皆様の応援が力になります。
ぜひ会場にお越しください!

 

テニス日本リーグ・セカンドステージ開幕。
で、夕食はこれ。
IMG_0982
試合後、ホテルに戻ってもPCの前から離れられず。
まあ、通常業務もあるし、こんなものだ。

 

さて、そんなわけで、いよいよセカンドステージが始まった。
IMG_0934

陣営の設営も完了。
IMG_0938
この作業も慣れてきた。
もう5年目だし。

初日は、伊勢久さんとの対戦。
DSC_6786
日本リーグ参戦も長い、実績のあるチーム。

ちなみに、Team RECの日本リーグ初参戦の時のメンバー、
林くんが地元に帰って、伊勢久のメンバーとして参加している。
いい形でテニスを続けていて嬉しい限り。
敵だけどね。

ここまで我チームは3勝1敗。
この前半戦で何とか勝ち星をあげ、決勝を確定したいところ。

シングルス2からスタート。
守谷総一郎プロが登場。

DSC_6850

DSC_6841

最初のシングルス2がポイントを取ると大きい。
逆に落とせば後がない。
とても大事な役割りなのだが、守谷プロはこのポジションでここまで大活躍。

DSC_6922

この日もしっかり締めてストレートで勝ってくれた。
DSC_6944
さすが頼れるオトコである。

続いてはシングルス1、正林知大プロ。
DSC_7022

対するは有本プロ。
DSC_7053
一般トーナメントも出場しながら、ベテランランキングは現在世界2位という強豪選手。
恐ろしいほど速いサービスと怒涛のネットラッシュで、
ほとんどラリーがないという徹底したプレースタイルを持つ。

ファーストセットは6-1であっさり取る。
DSC_7033

なかなかいいペース。
セカンドセットも押し気味。

がしかし、徐々にミスが増え、有本プロのペースにハマっていく。
DSC_7116
こんな表情も増え、セカンドセットをタイブレークで落とす。

ファイナルセット。
先にサービスダウン。
何とか取り戻そうとするも、もう少しのところでなかなか取り返せない。
DSC_6954

DSC_7093

最後までブレークバックが出来ず、フルセットで敗退。
DSC_7195
完全にハマってしまった。

これで1対1。
ダブルスに勝負がかかった。

佐藤一平選手。竹島駿朗プロが勝負をかけて戦う。
DSC_7205

DSC_7233

が、試合は相手ペースで進み、ファーストセットを落とす。
DSC_7245
こっちも序盤のサービスダウンが効いてしまった。
悪い展開かも。

セカンドセット、やはり先にサービスダウン。
何とか戻したいところで、竹島プロが意地のスーパープレーを連発。
DSC_7429

DSC_7366

DSC_7385

佐藤一平選手を引っ張る。
DSC_7387

セカンドセット、タイブレーク!
DSC_7458
若干ビハインドながらあと1ポイントまで戻す。

しかし最後は力尽きた。
残念ながら敗退である。
僅かな差かもしれないがこれが今日の実力。
ブロック2敗目を喫してしまった。

DSC_7506

決勝トーナメント進出のためにはもう負けられない。
試合後、反省点をしっかり練習し、2日目に備えた。

気持ちを切り替えて、今日は勝とう!
関口プロも合流予定だし、イーブンに戻して迎えたい。
頑張ろう!


カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。