ネットとか、セカンドステージ最終日とか。

テニス日本リーグ・セカンドステージの会場は横浜国際プール。
室内の特設コートである。

th_IMG_1132

よって、センターネットはこういうタイプ。
そしてネットインがメッチャ多い。

サービスならやり直しだが、インプレーのネットインは有効。
大事なポイントで、ポロポロとネットインでポイントが決まるのは
正直、とてもストレスになる。

竹島プロなんて、途中でクランク回し行こうとしたくらい。
もうちょっと何とかならないのかな。

 

さて、そうこうしているうちに、セカンドステージも最終日。
ここまでセカンドステージは1勝のみ。
何とか最後は勝って終わりたいところだけど、相手はマイシンさん。
これまた戦力強化で強いチームだ。
DSC_8973
とにかく全力で勝ちに行く以外、決勝への道はない。
全員で頑張るのみ。

シングルス2、正林プロ。
DSC_8976
実は前日の試合で足を痛め、
テーピングをぐるぐる巻きにしての試合だが、本人も志願してのこと。
信じて応援するのみ。

相手は川上プロ。
DSC_9040
昨年の毎日テニス選手権の決勝では正林プロが勝っているが、
どちらに転んでもおかしくない対戦。
いや、負傷分若干不利かも。

試合はやはり川上選手優勢。
DSC_8990

DSC_9020

DSC_9000
何とか食らいつこうとするも、なかなか突破口が見つからない。

ファーストセットを落とし、セカンドセットも同じ展開。
DSC_9038

DSC_9044

DSC_9049
やっぱりちょっと厳しかった。
残念ながら敗退。

うーん。王手をかけられてしまった。

そしてエース、関口プロの登場。
DSC_9063
相手は、 許 育修選手。
ATPランカーである。

序盤は関口選手ペース。
DSC_9103

DSC_9151

DSC_9192

DSC_9224
といっても僅かな差でセットを取ったという感じ。

セカンドセットも一進一退。
DSC_9238

DSC_9091

DSC_9252

DSC_9302

DSC_9267
互いに譲らない展開が続く。
そして、ミスが重なり3-6でセカンドを落とす。

勝負のファイナルセット。
DSC_9343

DSC_9366

DSC_9355

序盤はイーブンのペースだったが・・・
DSC_9378

DSC_9381

最後は押し切られて敗退。
DSC_9395
残念ながら敗退。
チームの負けも決まってしまった。

厳しいなぁ。
でもこれが日本リーグ。
そりゃ弱いチームなんかいないしな。

こうなったら、ダブルスだけでも勝って締めよう。
頼むぞ、駿朗、総一郎!


カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。