日別アーカイブ:

赤とか、最終ダブルスとか。

赤いプレステージに、赤いTeam RECラケットケース。
th_IMG_0307
目立つよね。それ大事。

 

さて、テニス日本リーグ・セカンドステージ最終日。
我らTeam RECはシングルスを2つ落とし、マイシンさんに敗退決定。
決勝トーナメント出場も分からない状況になってしまった。

しかし、試合はまだある。
最後のダブルスは何としてでも勝って、しっかり締めたいとの
強い思いで、竹島プロ、守谷プロが登場。
DSC_9412
頼むぜ。

対するは、川橋選手、小倉選手の若手ペア。
DSC_9611
川橋選手は守谷プロの高校の後輩でもある
バリバリの若手である。

試合は最初から超白熱。
DSC_9437

DSC_9503

DSC_9456
互いにまったく譲らず、ファーストセットはタイブレークに。
そしてTeam RECがもぎ取った。

いいぞ、このまま押し切れ!と思いきや、相手の猛攻にあい、
セカンドセットは3-6で落とす。
やっぱりそう簡単にはいかないな。

DSC_9513

DSC_9519

DSC_9543

ファイナルセットはスーパータイブレーク。
DSC_9558

DSC_9598

 

いったりきたりのすごい展開。
もうどうなるか、まったく読めない。
DSC_9572

 

もうここからは気合のみ。
DSC_9616

DSC_9645

DSC_9631

守谷プロのバックハンドが炸裂すれば、
竹島プロの怒涛のネットラッシュでポイントをもぎ取る。

DSC_9650

DSC_9651

メッチャ熱い試合に。
DSC_9653

DSC_9657

ある意味、感動的でもあったファイナルセット。
DSC_9659

DSC_9662

最後はTeam RECが気合いで押し切った。
素晴らしい勝利!
チームは負けたが素晴らしいファイトだった。
ありがとう!

ということで、Team RECの予選リーグは終了。
応援、本当にありがとうございました。
IMG_1125

しかし実はまだ決勝トーナメントに行けるかどうかは分かっていない。
これから始まる対戦結果で勝率が見えないと分からないのだ。

皆で残って観戦。
ノアインドアさんが勝てば決勝トーナメント、
明治安田生命さんが勝てば予選落ち。
さあ、どうなる?

結果、ノアインドアさんが勝ち、Team RECの決勝トーナメント進出が決まった。
まさに首の皮一枚だった。

もう一度ファイトするチャンスをもらえたのは大きい。
これを活かして、日本一を目指してもう1回頑張ろう!
DSC_9687

決勝トーナメントは、2/7(金)〜2/9(日)、会場は今回と同じ、横浜国際プール。
ぜひ応援に来てください!

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。