ご当地とか、プレステ祭りその2とか。

栃木の味は宇都宮餃子なのか。
th_IMG_9506
なかなか美味しかった。

47都道府県、続々登場らしいが、まだ見ていない。
th_IMG_9507
企画が途中で終わったわけじゃないと思うが、
全部食べたら、太るよね。

 

さて、そんなわけでとうとう発売になったHEAD G360+ PRESTIGE。

年末にお邪魔したラケットマイスターさんで、
歴代PRESTIGEと関口プロパーソナルモデルと一緒に
スペックデータ計測をしてもらった。

th_IMG_0467

ウエイト、レングス、SW(スイングウエイト)を測定。
th_IMG_0490

最後にRA(硬さ・しなり)を計測してびっくり。
何と、RA値58。

結構前のモデル、IG PRESTIGE MPが65、MIDが64、ちょっと前のGT PRESTIGE MPが61。
通常はおおよそこの辺りにおさまるのだが、RAが60を切るのめずらしい。
つまり相当しなるってことだ。

おそらくBEAM(厚さ)が20mmと薄くしたことによる影響だと思うが、
それでも、59はちょっと驚きの数字。
「ウソでしょ?」と何度か測りなおしたほど。

「試しに手でいいですか?」って・・・(笑)
th_IMG_0491
これでもしなりを感じられるほどだった。

なるほど、あのホールド感はこのRAから来ているのか。
不思議なのは、だからと言って飛ばないわけではないし、
頼りなさもまったくないというところ。

これがG360+の恩恵ってやつなのだろう。
すごいな、ニューテクノロジー。

ちなみに、持っていった市販品の歴代PRESTIGEのデータがこちら。
th_prestigesiri-zuspec

G360+ PRESTIGE SのRAは61。
歴代プレステージとほぼ同じ数値だった。

その後はHEADさんがやめてしまった歴史のある扁平グリップが
どのように変わったなど、細かく測定。
th_IMG_0494

なかなか興味深い結果が出たPRESTIGE祭りだった。

しなるといえば、最近のモデルでは、Wilson CLASH/BLADEシリーズも代表格。
これも測ってみれば面白い比較が出来たかも。

次はブランド対決測定祭りを開催してみよう。
・・・って、仕事のジャマですよね、すみません。


カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。