月別アーカイブ: 2020年2月

荷物とか、北九州へとか。

四国から戻ったと思ったら、北九州へ出張である。
th_IMG_2057
しかもラケット持って。

ラケットを抱えて出張なんて何十年ぶりだろう。
けっこう荷物になるね。

今回は日本プロテニス協会のジュニアイベントのお手伝い。

事務局のMさんに、
「変な質問かもしれませんけど、ラケット持っていった方がいいですか?」
と聞くと、
「はい、持って来てください。できればオフィシャルのY社のラケットを」
との返事。
(「当たり前です!」という表情だった気が・・申し訳ない)
Y社のラケット持ってないっす。ゴメン。

 

さて、そんなわけで、北九州へ。
自宅から数分の場所に空港行きリムジンバスの停留所があるのはとても便利。

th_IMG_2064

が、思いの外、湾岸線が混んでいて焦る。
バスも高速を降りて迂回路へ。
間に合うのか?

冷や汗かいたが、そこはプロ。
ちゃんと間に合った。ふう。
th_IMG_2069

今週3回目の飛行機か。
コロナウイルスとか言ってる時に3回もねぇ。
th_IMG_2071

寝ている間にあっという間に福岡空港へ。
th_IMG_2077
せっかくなので表に出てみる。
ああ、懐かしい。

ヒラタコーチ、カリタコーチの全日本ベテランの
応援で来たのは一昨年だっけな。
この辺から大濠公園までランニングしたな。

で、どこに行けばいいんだっけ?
ここから先のこと、全然気にしてなかった。

たしか会場は北九州。
野生のカンで北九州を目指す。
th_IMG_2075

きれいで速そうな特急もあったけど、タッチの差で乗れず。
th_IMG_2078

区間準急ってのに乗る。
th_IMG_2080
田園風景の中をノンビリと・・・って、いつまでも着かない。
もしかして乗り過ごした?

不安になりつつ1時間半ちかく。
ようやく目的地の黒崎駅に着いた。
あとで聞いたら、特急に乗るのが標準らしい。
th_IMG_2085
けっこう大きな街だな、ここ。

ホテルを探す。
th_IMG_2086
あった!
チェックインしようと思ったら、「別館のほうです」だって。

再び街をうろつく。
th_IMG_2089
発見!

ようやく宿にたどり着いた。
th_IMG_2090

th_IMG_2092

ひと眠りして・・ってわけにもいかない。
会場に行かなきゃ。
夜、レッスンするんだよね。
メッチャ久しぶりなんだけど。

3日間、頑張ろう。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

国立競技場とか、お付き合いとか。

日課の通勤ウォーキング。
この日は国立競技場をかすめてみた。
th_IMG_2162
オリンピック、出来るのかな。
ここまで来て他都市開催とかはやめてほしい。

1年延びるほうがまだいいな。
となると、日本リーグの東京体育館使用はさらに1年延びるのか・・微妙。

 

さて、テニス界は狭い。

こんなワタクシでも長年テニス界の端っこにいさせてもらうと
それなりに知り合いも増える。

そんな中には、学生時代にテニス雑誌で見ていた方や、
試合を観に行き、憧れていた名選手だったかたも多数。

それこそ、福井烈プロは初めてサインをもらった大スターだし、
そんなお方に顔を覚えてもらい、会うたびにお声がけいただけるなんてのは
とても恐れ多いとしか言いようがない。

ちなみに福井さん、このブログも読んでくださっているらしいから下手なことは書けない。
いや、下手なことはないです。すみません。

他にも、高校時代、別次元の強豪選手だった方々も多数。

名門柳川高校のエース選手だった、現在ブリヂストンスポーツの偉い方、Hさんとか、
泥臭い高校テニス界に彗星の如く現れ、都会的なセンスと異次元のプレーで
優勝をかっさらっていったFさんとか、そりゃもう憧れというか、
雲の上の方々と仕事させていただくなんて、思いもよらないことだった。

まあ、この仕事してると毎日が恐れ多いって感じなのだ。

そんな中、先日、ストリングメーカーのSさんと飲んだ。
Sさんは関西の強豪校のエースだったかた。

柳川商業が圧倒的な強さを誇っていた頃、
ある日突然、顧問の先生がソフトテニスから硬式テニス部への転向を宣言。
そこからあっという間に、インターハイに出場〜ベスト8に躍り出た学校の選手だった。

その時のインターハイ、なんとワタクシの地元開催。
テニスを始めたばかりの高校一年生のワタクシは補助役員として
弁当運びをしながらも、全国レベルのテニスを見ることが出来た貴重な夏だった。

そのインターハイで、カワサキラケットのカバーに福井プロにサインもらい、
柳川商業の強さに驚き、エースのHさんのプレーに驚き、
東京のクラブテニスの異次元ぶりに度肝抜かれ、
関西の新興校の勢いに衝撃を受けた。

高校〜大学と名門の名選手だったSさん。
ストリングメーカーに入社されて、現在にいたる。

実はワタクシのコーチかけ出し時代から担当いただいていたというご縁。
つまり、お互いに20代からのお付き合いということになる。

ありがたいことに、現在の仕事上では担当していただき、
こうして定例で年に数回お酒もご一緒させていただいている。

いつもは神田界隈で飲むのだが、今回は趣向を変えて秋葉原。
IMG_1606
何やら、女性グループが路上パフォーマンスを
繰り広げるのを見下ろしながらあれこれ話す。

聞けば、Sさんももうすぐ定年を迎えるのだそうだ。
IMG_1603

そうか、もうそんな歳なんですねなんて。
まあ、それを言えば、ワタクシも数年年下なだけだから変わらないんだなぁ。

なんかちょっと寂しいね。
たぶん、メーカーさん関係では一番古くからのお知り合いだし、
Sさんの試合も観に行ってたし。

学校ラインでの先輩後輩ではないので、全然怖くはないけど、
やっぱりお世話になった先輩感は強い。

この先、まだまだ色んなことがあると思うけど、
変わらずお付き合いさせていただければと思った。

定例会の頻度増やしましょう。
まだ教えて欲しいことがたくさんあります。
これからもよろしくお願いいたします。

ちょっと酔っ払った。

カテゴリー: スポーツ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

富士山とか、原因判明とか。

朝ラン。
th_IMG_1769

海沿いの空気は冷たいが、空気が澄んでいて最高の景色。
th_IMG_1770
東京の街並み、遠くには富士山がくっきり。
いい眺めだ。
って、止まってると身体が冷えるな。
ラン再開。

 

さて、ふと愛車のメーターを見たら。
th_IMG_1146
177,778km。
キリ番見逃したけど、もう18万キロ近いのね。

ランクルにとっては、なんてことない距離だけど、
細かな部分は微妙にへたってきた。

一番の問題の横滑り防止装置の誤作動はいまだ未解決。
相変わらず、首都高を中心に危ない挙動を繰り返している。

車検をお願いしているGSでも、トヨタのディーラーでも原因はわからず。
「症状出ませんでした。コンピューターもエラーなし」との回答。
絶対ここで出るってところはきっと走ってくれてないんだろうな。

どうにも打つ手がなく、加えて日本リーグや通常業務でバタバタで、
結局そのままになっていた。
とはいえ、やっぱり怖いし、かといって買い替えもしたくないし、
どうしたものかと思案していて閃いた。

そうだ!京都に行こう・・じゃなくて、買った車屋さんに相談しよう。
この車を購入したのはランドルーザーを専門に扱っているお店。
歴代のランドクルーザー&セコイア5台はすべてここで買っている。

当時の担当者がまだいるのかがわからないので、
公式HPの問い合わせにメールを送ってみた。

横滑り防止装置が誤作動を繰り返し怖くて乗れない。
同様の症状は聞いたことがあるか。
お宅でランクルを5台(も)購入している。
町工場、ディーラーでも分からないと言われた。
専門店の知識に頼るしかすべがないこと。

みたいなことを丁寧に書いてみた。

次の日、早速携帯に連絡が。

「そのような症状は例がないが、とにかく見てみます」とのこと。
早速入庫日を決めた。

「代車はいりますか?」というので、「お金はかかります?」と聞いたら、
無料だそうなので、お願いする。
そもそも車置いてきたら、どうやって帰るの?って場所だし。

ということで、車を持っていく。
th_IMG_1806
久しぶりだな、この店。

あらためて症状を細かく伝える。
「湾岸から外環に入るか、辰巳から首都高に入って走ってください。確実にそこで出るので」
もう、症状出ませんは嫌だ。

で、代車を受けとる。

実は代車に期待していた。
ランクルやJEEP専門店だし、乗ったとことのない四駆かななんて。

「こちらです」と案内された代車。
th_IMG_1818
WISHだった・・・。
普通じゃん。若干テンションダウン。

まあいいや。
借りられるだけでも良しとしよう。
ということで、車を託して帰る。

早速、夕方電話が。

「コンピューターにエラー記録が出ました。VSCとTRCの誤作動ですね」

やっぱり。
でも、ディーラーでも出なかったのに・・専門店おそるべし。

「エラーは確認できましたが、コンピューターなのでウチでは手が出ません。
ディーラーに持ち込みを依頼したので、それで良いですか」とのこと。
ああ、やっぱりそこはディーラーなのね。
そりゃそうだ。

ディーラーの工場に空きがなく、入庫は10日後らしい。
代車はずっと借りていていいってことなので、しばらくはWISH生活に。

コンピューター交換になるのだろうか。
いったいいくらかかるかな・・・不安である。
お願い安く済んで。

でも半年続いたトラブルもこれで解決かな。

カテゴリー: クルマ, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

丼とか、#アルパワー最強説インプレ!とか。

駅前にて。
th_IMG_0750

th_IMG_0751

th_IMG_0754

D-1グランプリだって。
丼もののイベントらしい。
th_IMG_0753
美味しそう。
でも、どれもまあまあ高い。
丼は500円くらいまでかなぁ。

 

さて、Wilsonさんから届いた #アルパワー最強説 のストリング。

今回届いた130と115ゲージをハイブリッドでCLASH100に張ってみた。

メインに115。
th_IMG_1572

クロスに130。
th_IMG_1573

th_IMG_1574
新色のアイスブルー、なかなか良い。

張りあがり。
th_IMG_1577

で、早速、17歳児との練習で打ってみた。
th_IMG_1586

おお!いいぞ!(何がだ?)

少し乾いた感じの打球感は心地よい飛びを感じさせてくれる。
この弾き感はやはり細ゲージならでは。
キレの良いフィーリングはスピード感のあるプレーが実現しそうな気にさせてくれる。
いいかも。

そして、何より期待していたのはスピン性能。

ビンゴ!
しっかり引っかかる!
ストリングがボールの表面を引っ掛けてスピンがかかる感じ。
これぞ、想像していたフィーリングである。

実は今年に入ってからナチュラルを再度試していた。
ナチュラルは振動吸収性も含め、トータルでやはり良い。

特に見直したのはスピン性能。
鈴木プロも言うように、ボールへの引っ掛かりが明らかに違う。
そう言う意味でもナチュラルの良さ再認識をしていたところ。

そこまでとは言わないが、この細ゲージのアルパワーも
かなりの引っ掛かり感があり、
自分の感覚から1割増しくらいのスピン感がある。
(注:個人の感想です)

ということで、再度確かめようと、
レックインドアテニススクール上石神井に持っていって試打。

th_IMG_1844

th_IMG_1852

うん、やっぱりいい!
回転系を意識しているからかもしれないが、
スライスのボールの伸びもいいし、トップスピンの落ちぐあいもいい。

縦横ゲージ違いのハイブリッドいいかもね。
縦横115のセッティングとの違いも試してみると良いかもと思った。
ウイルソンさん、115もう1張送ってもらえませんか。

トップ選手のスタンダードの地位を確立しているアルパワーだが、
これでさらに幅が広がり、痒いところに手が届くようになった。
恐るべし、LUXILON!

そうそう、試打はビジネスパルに向けて練習に来ていた
タケダコーチのコートに無理やり入れてもらった。
th_IMG_1836
ごめんね、タケちゃん。
ありがとう。

#アルパワー史上最強説 #luxilonstring #wilsontennis

カテゴリー: インプレ, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

完成!とか、日本リーグスナップとか。

Team RECキーホルダーが完成。
IMG_1821
大きさはプレートの左右幅で5cm。
バッグのジッパーなんかにちょうど良いサイズ。

先日、スタッフにアンケートを取った結果を参考に決めた。
th_IMG_0740

って、実はこのタイプはアンケートに無かった。
「フック位置は横のほうが良いんじゃ」との意見を取り入れた結果である。
うん、なかなかいいじゃん。

まもなくスクールでも販売予定。
数に限りがあるので、お早めにどうぞ。

 

さて、テニス日本リーグも終了。

なんとなく気が抜けた日々を・・・送れるわけもなく、
日常の仕事に追われまくる日々に戻ってきた。
いや、リーグ中も昼間出来ない仕事を朝晩やってるから、
変わらないって言えばそうなんだけど。

ということで、リーグを思い出しながら・・・

Team RECでは、大会初日前日の夜にメンバー全員で
決起集会として一緒に夕食を食べるのが恒例。

それ以降は、各々に夕食をとる。
松屋とか吉野家とかラーメンとか・・・って大丈夫か?(笑)
実はどこで何を食べてるかはよく知らない。
それぞれに体調を考えてやっていると思う。

で、ワタクシは今年はこんな感じ。
IMG_1709
ほとんど部屋でコーヒーを飲みながらSURFACE PROとお友達だった。
フロントにセルフサービスのコーヒーメーカーがあり飲み放題なのはとても重宝した。

食事は下のコンビニか昼のおにぎりに余りを。
時間と気力がある時は下階のデニーズへ。
めずらしくお酒はほとんど飲まなかった。

おかげで3kg痩せた。
いいかも、このダイエット方法。

今年はストリンガールームの場所が変わった。
いつも荷物を置いたりしているトリートメントルーム(フィジカルケア)に
ストリンガールームも一緒になった。

これがケア用ベッド。
DSC_0899

IMG_1710
正林プロ、これはただ寝転がってるだけ。邪魔してる(笑)

Team RECは最初の年から、荏原トレーナーがついてくれている。
IMG_1725
選手たが普段もお世話になっているトレーナーさんなので安心。
スーパーサポートに感謝である。

選手たちはここで最初のストレッチを行う。
IMG_1712
関口プロ、正林プロ。
ストレッチマットは選手たちの必需品。
巻くタイプ、畳むタイプ、皆バッグに入れている。

練習時間をコートサイドで待つ。
IMG_1716
他チームの選手の状態などを観察。
練習のやり方でオーダーもだいたいわかる。

会場の横浜国際プールは寒かった。
東京体育館は空調が入って暖かいのに。
IMG_1726
オフィシャルのWさんに、「なんで空調入れてくれないの?」と聞いたら、
コートサーフェースが温度変化でめくれてしまう可能性があるからなんだそうだ。
なるほど、暖房費ケチってるわけじゃないのね。

でも、なんとかしてほしいな。
特に観客席ね。

ワタクシの荷物。
IMG_1642
カメラ3台、ビデオカメラ1台、PC、バッテリー等々、
レンズ5本、一脚、折りたたみ椅子、ウェアやらあれこれ。

ホテルには着替えや仕事道具を置いてきている。
車で行く横浜だからの荷物の多さ。
兵庫遠征の時は絞らないと運べない。

プロカメラマンの皆さん。
IMG_1708
プロカメラマンの動きを見てすごいなと思ったのは、撮影した写真に確認の速さ。
シャッターを切った後に、素早く再生してピントやらあれこれを確認している。
多分、ボツショットは削除していくのだろう。
ワタクシも確認しつつ、削除はするが圧倒的に動作の速さが違う。
さすがプロ。

カメラは圧倒的にキャノン派(白レンズ)が多い。
ちなみにワタクシはNikon派。
色々と教えてくださる師匠の北沢プロカメラマンも少ないNikon派。
師匠も「そろそろSONYのミラーレスかな」と仰ってた。

最近、SONY派も増えてきた。
軽いし、静かだし、性能もかなり良いらしい。
ただブランドを変えるにはかなりの費用が・・ね。

てなわけで、今年は5位だった。
昨年も5位だった。
4位以内、つまり1回戦を勝って日曜日にプレーが出来たのは
まだ一度しか経験がない。

定位置っぽい5位を来年は何とか破りたい。
出来ないことはないと思う。
すべきことをまたしっかりやろう。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

餅つきとか、#ULTRAできる 張り替えとか。

毎年恒例の。
th_IMG_0749

餅つき大会。
th_IMG_0745

まだ子供たちが多い街だな、ここは。
th_IMG_0747
子供の姿が多いっていいね。

 

さて、#ULTRAできる プロジェクトのシルバーコスメラケット。
勝手にプロジェクトにしてるけど大丈夫?
IMG_1581

前回はナイロンマルチストリング張り上がりのままに試打。
なるほどの打球感だったが、さらなる深みを求めて、
ストリングを張り替えることに。
IMG_1788

今回、チョイスしたのは、LUXILON SMART125。
IMG_1789

ポリの中でも柔らかめの特性を持つストリングから
試してみようという趣向である。
もちろん、その先にはアルパワー等、バリバリのポリも試すつもり。

ということで張り上がり。
IMG_1790

レックインドアテニススクール上石神井にて試打。
th_IMG_1858

相手は、武田コーチと田上コーチ。
二人の練習に無理やり割り込んだ。ごめん。
th_IMG_1852

うんナイロンマルチストリングより確実にしっかりした。

面剛性があがりつつも、咥え感はしっかりある。
ストリング自体のたわみというか、伸びが抑えられたものの
フレーム特性によると思われるソフト感がより浮き立つ感じだろうか。

これくらいが男性にはいいのかも。
フルスイングでも負け過ぎない感じがいいし。

女性ユーザーには、マイロンマルチ系でソフト感を押し出すのがオススメ。
つまり、セッティングで幅広い層にマッチするラケットという印象である。

極端に飛び出たフィーリングではなく、全体的にまろやかで使いやすい。
とにかく扱いやすさが前面にあるモデルだと思う。

次はポリストリグに張り替えて打ってみたいと思う。
今度はどんな表情を見せてくれるか楽しみである。

#ULTRAできる #PR #Wilsontennis #LUXILONSMART

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ストレートとか、ガチャとか、

とあるバー。
th_IMG_8530
響をストレートで。
美味いな、これ。

大人の嗜みって感じだけど、一杯数千円って・・・。
そうそう飲めないぞ。

 

さて、近所のショッピングモールにて。
大人の趣味倶楽部だって。
th_IMG_0403

昔はこういうの見つけると、コンプリートせずにはいられなかった。
最近は大人になったので、自制がきくようになった。

とりあえず写真でガマン。

カブって名車だよね。
th_IMG_0404
いじって楽しいし、乗って経済的だし。
一度は所有してみたい1台だ。

HONDA MOTOCOMPO
th_IMG_0406
CITYに積みこめるバイクって売り出した。
欲しかったなぁ、これ。

他にもHONDA SQUASHなんていうカワイイバイクもあった。
あの頃のHONDAは勝負してたなぁ。

SUZUKI JIMNY
th_IMG_0407
まさに乗ってた、これ。
2サイクルエンジンモデルの最後あたりだったかな。

朝、駐車場で暖機運転すると辺り一面、煙で真っ白に。
パラパラと軽快なエンジン音も楽しかった。
それほど燃費が良くなかったのは計算外だった。

マニュアルだし、トルクもないし、中も狭いけど、
スピーカーを自分で取りつけたり、ウインドウにフィルムを貼ったり、
あれこれいじって乗ってた。
オモチャみたいで楽しいクルマだったっけ。

やっぱりコンプリートしたい、このシリーズ。
いや、ガマンね、ガマン。

カテゴリー: オモチャ, , 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ベスト4!とか、#アルパワー最強説とか。

竹島駿朗プロが全日本室内選手権で単複ベスト4!
th_DSC_7780

単複どちらも準決勝はほんの少しの差で負けてしまったが、
全日本でベスト4は素晴らしい成績である。

実は決勝に進出したら、京都まで日帰りで応援に行こうと思っていた。

準決勝で負けて、帰りの京都駅から電話をくれた竹島プロにそう伝えたら、
「そうなんですか!見に来て欲しかったです。すみません」とのこと。
負けたから言ってるんじゃなくて、ホントに行こうと思ってたんだよね。

次は全日本かな。
がんばれ!
th_DSC_0656
ということで、写真は日本リーグのものしかないのだ。

 

さて、Wilsonさんからストリングが届いた。
th_IMG_1569
ワタクシ、Wilsonさんからオピニオンリーダー認定をいただいているらしい。

今回のプロジェクト名は、#アルパワー最強説 だそうだ。

アルパワーはポリストリングといえばアルパワー
という時代があったくらいのルキシロンのメイン商品。

かつては、クエルテンが使用しローランギャロで衝撃的なデビューを飾り、
一躍脚光を浴びたのがアルパワー。

回り込んでの逆クロスが信じられないくらい鋭角に決まるのは
アルパワーだからこそ打てると言われたほどだった。

トップ選手が、「このストリング、自分だけしか買えないようにならないのか?」
と言ったという逸話もあるほど。

そんなアルパワー、ツアー選手の中でのシェアもダントツ。
さらには、多くの選手が提供ではなく、購入しての使用だそうだ。
トップ選手が買ってでも使いたいストリングというのはすごいことだ。

そんなアルパワーだが、選手たちから様々なリクエストがあるとか。
テイストはそのままで、もう少し弾きがとか、引っかかりが等々。

そんなリクエストにルキシロン社が応えたのが今回のモデル。

その答えは?
ゲージのバリエーション増である。

ストリングの基本特性自体は問題なし、というか、消してはいけない。
そこで味付けをゲージでアレンジするというわけ。

オーソドクスな手法だが、たしかにそれは良いアイデア。
最近はゲージ違いのハイブリッドも増えているとかで、
ナチュラルxポリがメインのハイブリッドも新たな局面に入って来たということか。

ってことで、今回届いたのは、130と115ゲージ。

ラケットはCLASH100をチョイス。

今回は回転系強化を目論み、メインに115を張る。
th_IMG_1571

th_IMG_1572

で、クロスには130。
th_IMG_1573

th_IMG_1574
ちなみに、クロスストリングのこのカラーはアイスブルー。
新色である。
いい色だね。

ということで、張りあがり。
th_IMG_1577

早速、打ってみるか。
楽しみだぜ。

#アルパワー史上最強説 #luxilonstring #wilsontennis

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラーメンとか、HEAD PRESTIGEとか。

味噌ラーメン。
IMG_1235
二郎系ではないが、かなりのガッツリ系。

写真が出てきたけど、いったいいつ食べたんだっけ?
よく覚えていない。

たぶん、飲んだ帰りなんだろうな。
普段、出来る限りの節制を意識しているのに、
一番ダメなパターンだ。反省。

 

さて、今回の日本リーグでは新しいラケットのお披露目が多かった。

特にHEAD PRESTIGEはドンピシャのタイミングで発売になったため、
あちこちのコートで赤いラケットが振られていた。

山喜さんの沼尻プロは黒いPRESTIGEのままだった。
th_DSC_3959
聞いたら、「まだ試打の途中で完全にフィットしていないんです」とのこと。
日本リーグが終ってから変えるんだそうだ。

それにしても沼尻プロのシングルバックハンドは美しい。
理想的なバックハンドだと思う。
ファイターなのもいいね。

Team RECのHEAD契約選手も新しいG360+ PRESTIGEにスイッチしていた。
ファーストステージの時は迷ってけど。
th_IMG_9627
迷ってる表情じゃないな(笑)

セカンドステージからはしっかりチェンジしていた。
th_DSC_1398
ちなみにあまり試打はしていないって言ってた。
かなりフィーリング変わってるけど大丈夫なのか?

「総一郎はコロコロラケット変えるから大丈夫なんですよ」
と、他のチームのプロが言ってた。

ということで、関口プロ。
th_IMG_1084

控え室の傍には新しいPRESIGE。
th_IMG_1083

練習の時に見せてもらった。
th_DSC_8309

PRESTIGE PRO モールドらしい。
th_IMG_1077

th_IMG_1076

th_IMG_1075

市販品はマット(つや消し)塗装だが、
関口プロパーソナルはオールグロス(艶出し)塗装。
th_IMG_1074

グリップもHEADタイプではない。
th_IMG_1079
巻いているのはトーナーグリップ。

ドライグリップ派で大量に持ち歩いている。
IMG_1689

皆んなで、「おお!」となったのがロゴプリント。
th_IMG_1073
これまでは、PRESTIGE Sのロゴだったが、
今回のモデルは、PRESTIGEのみ。
これはカッコいい!

「僕のと交換しませんか」と守谷プロ。
総一郎、何言ってる?(笑)

やっぱりプレステかっこいいな。
th_IMG_1072
で、周一スペック、案外打ちやすいんだよね。

新しいラケットで今年も頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, , 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

レプリカとか、バドミントン体験とか。

ランニング途中で発見。
IMG_1247
HONDA REPSOLモデル。

ワタクシがバイクに乗っていた頃には、
REPSOLってブランドは見かけなかった。
まあ、30年前だしな。(苦笑)

カッコいいな、このロゴ。
乗ってみたい・・とまではいかないけど。
疲れそうだし。

アメリカンにのんびり乗ってみたい。
だれかHONDA STEEDの中古くれませんか。

 

さて、某日のRECインドアテニススクール上石神井

各スクール責任者が集まっての会議。
そして午後は研修会というのが定番の流れである。

この日の研修会はオンコート。
なのだが、いつもとちょっと様子が違った。

この日のテーマはバドミントン体験会。

なぜ今、バドミントンがここまで盛り上がっているのか。
いったいどんなスポーツなのか。
難しさは?
運動強度は?
テニスとの違いは?
プレーヤーだとすぐできるのか?

今回はヨネックスさんに全面協力をいただいた。
IMG_1182
ラケット、ネット、シャトル、知識、すべてを持っていないワタクシたち。
ヨネックスさんに「何もないので、すべてを教えてください」という無茶なお願いをし、
「任せてください!」と引き受けていただいた。
坂寄さん、ありがとうございます。

最初はレクチャーから。
バドミントンの歴史、ルール、道具、マーケットまで
ひと通りを教えていただいた。
なるほど、大きなマーケットを持っている競技なのね。
そしてヨネックス社の売上規模に驚いた。
(テニス部門の比じゃない)

後半は実技。
IMG_1184

IMG_1192

ヨネックス実業団チームの2名の選手に来ていただき、基本から教わった。

まずはデモンストレーション。
メッチャボールが速い!(ボールでいいのか?)

ラリーのスピードもすごい。
ドライブっていうボレーボレーみたいなラリーなんてほぼ見えない。
これ、普通の人できないんじゃないのってのが正直な感想。

で、まずはやってみる。

おお!空振り!(笑)

シャトルの速度がよくわからない。
出だしはメッチャ速いんだけど、急激に減速するのが
テニスボールと全然違うので、待ちきれず空振りというお約束状態。

が、そこはテニスコーチ。
徐々にコツを掴み、ラリーに。

なかなか楽しい。
ただ、ずっと上むいてるので首が疲れる。
加えて、皆んな、口開いちゃってるからアホに見える。(笑)

慣れて来たところで、練習方法を教わる。
テニスコーチとしては、バドミントンてどう導入するのか興味津々。

なるほど、やっぱり段階的に進めるのね。
このあたりはスポーツとしての共通項なんだな。

導入練習、徐々にショットの幅を広げてのドリル。
勉強になりました。

最後は、やっぱり試合でしょってことで、まずは皆んなでゲーム。
メッチャ楽しい!

そして、やっぱりこうなる。
IMG_1205
選手ペアに挑戦コーナー!

全員で2ポイント先取マッチを挑む。

テニスだってラッキーもあるし、何回かは勝てるでしょ。
なんてったって、オレたちテニスコーチだぜ!

・・・・2回り、誰も1ポイントも取れなかった。(涙)

まじか、強い。
たぶん、全然本気じゃないのに。
バドミントてラッキーウインてないみたい。

ちなみに、選手のラケットは普通に市販品だそうだ。
ストリングは最近はハイブリッドも多いとか。
で、まあまあ高い。
あんなに細くて軽いのに。

シャトルは高い。
テニスのボール以上に消耗するのにテニスボール公認球と一緒かそれ以上。
水鳥の羽を使うのも、動物保護的なムーブメントやら色んな流れで逆風らしい。
うーん、なるほどね、この辺は大きな課題だな。

何にしても良い経験が出来た。
これをどう生かすかだな。

與猶くるみ選手、曽根夏姫選手ありがとうございました。
IMG_1203
強いし、可愛いし、ファンになりました。(単純)

カテゴリー: Team REC, スポーツ, スポーツグッズ, バイク, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。