日別アーカイブ:

応援団とか、日本リーグ決勝トーナメント初戦とか。

th_決勝

いよいよファイナル!
テニス日本リーグ決勝トーナメント、本日は午後から順位戦!
Team RECの応援、よろしくお願いいたします!

 

いよいよテニス日本リーグ・決勝トーナメント初日を迎えた。

本社スタッフも総出で、応援準備やら。
IMG_1685

IMG_1686

IMG_1662

IMG_1647

もちろん、スクールでは通常レッスンが行われているので、
スタッフ全員が来られるわけではない。
そんな中でも皆、時間をつくって会場に来てくれる。
それがTeam REC。有り難い。

 

さて、そんなこんなでバタバタと準備をしているうちにあっという間に試合時刻。

対戦するのは、逆ブロックから1位で上がってきた橋本総業ホールディングスさん。
参戦3年前かな。
選手補強も強力で一気に順位を上げてきたチーム。

我がTeam RECはブロック4位ということで、
反対側の1位と当たる仕組みなのだ。

だから言うわけじゃないけど、予選リーグの順位で
決勝に入る場所がすべて決まっているルールは変えた方が良いと思う。
双方のブロックの予選状況を見て、どこがこう来そうだから、
じゃあ、順位調整でこの対戦は落としても・・など、星調整が起こりかねない。
それもルール内とはいえ、ちょっと本質と違うと思うんだけけど。

双方の1位または2位まではシードとして、
あとは抽選のほうが怪しいことが起きないと思うのだが、
どうにかならないものか。

まあ、とにかくそういうわけで1回戦。

まずはシングルス2、守谷総一郎選手。
DSC_9803
対戦するのは、斉藤貴史選手。
以前はTeam RECの頼れるNo2だった貴史。
うーん、複雑。

試合開始。
DSC_9880

DSC_9817

出だしはイーブンに見えたが、
徐々に斉藤選手ペースに引き込まれていく。
DSC_9864

DSC_9873
悪くはないのだが、要所でミスをさせられる。

思うようにいかず、ストレスだけが積み上がっていく。
DSC_9908

DSC_9967
なんだ、この展開は・・。

そして小指を負傷でMTO。
DSC_9983

最後まで守谷選手ペースに引き戻すことは出来ず、
ストレートで敗退。
DSC_0030

試合後、ワタクシのところに来た総一郎。

「ストレスだらけの試合でした。どうすれば良かったんすか、オレ」
って、聞かれてもなぁ。

頑張ったけど、今日は貴史に絡めとられた感じ。
中に入っていって、バックのストレートとか、ほとんどなかったもんね。
そういう日もあるってことだ。
・・・としか言えなかった。ごめん。

 

後がなくなった我がチーム。
シングルス1の関口周一選手に望みを託す。

DSC_0040

相手はリー・ゼ選手。
DSC_0087
中国の代表選手でもある強豪だ。

ファーストセット、互いに譲らずタイブレークへ。
DSC_0176

DSC_0232

DSC_0221

これはイケル!と思いきや、後半で突き放される。
DSC_0157

もう少しのところで。タイブレークを落としてしまう。
DSC_0039

いよいよ崖っぷち。
必死でくらいつく。
DSC_0356

DSC_0405

DSC_0410

後がない。頑張れ!
DSC_0246

しかし追いきれずに敗退。
DSC_0418

チームの負けも決まってしまった。
残念。

最後のダブルスだけでも取ろうと、竹島選手、正林選手。
DSC_0442

DSC_0446

DSC_0470

ファーストセットは先にブレークし、5-2まで追い詰める。
DSC_0536

DSC_0609
しかしまさかの猛攻にあい、タイブレークで取られてしまう。

セカンドセットはこちらのペース。
DSC_0653

DSC_0720

DSC_0686

DSC_0679
6-2で取り返す。

ファイナルは10ポイントタイブレーク。
何とか取ってほしい。
DSC_0753

DSC_0806

DSC_0831

が、序盤から一気に押しまくられて敗退。

それぞれの試合に勝機がなかったわけではないが、結果は0-3での敗退。
正直、とても悔しいが、やはり橋本総業さんは強かったということだろう。

これで決勝トーナメントは初戦敗退。
結果は結果として、切り替えて順位戦に臨もう。
DSC_0895

今日も応援に来てくださったたくさんの皆さんに
しっかりとファイトしているところをお見せします。
よろしくお願いします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 斉藤貴史プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。