日別アーカイブ:

応援団とか、順位戦開始とか。

Team REC応援団。
th_DSC_1121
本社スタッフ、そのご家族が音頭を取ってくれている。
設営から受付から、ワタクシたちチームスタッフが手が回らないところを
すべてカバーしてくれている。
ホントに有難い。

そして応援に来てくださった皆様。
ほとんど観客席に行けなかったので、
おひとりずつにお礼も言えなかったけど、
本当にありがとうございました。

 

さて、そんなわけで決勝トーナメントは1回戦で敗退し、順位戦に回った2日目。
対戦するのは伊予銀行さん。
th_DSC_0935
片山プロを擁する日本リーグ最多出場の古豪チームだ。

Team RECは昨年も5位だったので、この勝負はきっちり勝って
昨年の成績を下回らないようにしたいところ。

泣いても笑っても、これが今期最終戦。
全力で行こう。

この日も考え得るベストオーダーを組んだ。
まずはシングルス2の守谷総一郎でしっかり勢いをつける作戦である。

th_DSC_1139

がしかし、序盤、なかなかペースに乗れない。
th_DSC_0979

乗れないどころか、ミス連発で天を仰ぐ場面が頻発。
th_DSC_1245

もちろん相手の大塚健太郎選手も強いが、
正直、守谷選手が独り相撲をしている感じも。
th_DSC_1216

どうした、総一郎。

竹島プロもベンチで必死にアドバイス。
th_DSC_1115

しかし状況は変わらず、3-6でファーストセットを落としてしまう。
th_DSC_0963

冷静に見えるベンチコーチの竹島プロ。
th_DSC_1158
試合後、「実はもう何言えばいいかわからなかった」とのこと。
それほど序盤は荒れていたってことだ。

総一郎がダウンするとチーム全体の空気に響く。
もうあとがないセカンドセット。
なんとかしてくれ。

th_DSC_1311

 

まだまだこちらのペースにはならないが、
なんとかセカンドを6-4で取り返す。

なんとか首の皮一枚で繋がってファイナルセット。
ここからは怒涛の攻め開始!
th_DSC_1333

th_DSC_1398

一気に前に行き勝負をかける。
th_DSC_1408

th_DSC_1415

大塚選手が足に来てしまったのもあり、勝負どころと見てさらに攻める。
th_DSC_1431

そしてファイナルセットは6-0。
th_DSC_1486

長いよ!
で、疲れたよ!
でも勝ってよかった。
th_DSC_1510

「ボク、ファーストセットがグダグダになっちゃうことが多いんですよね」
って、よく言ってるけど、まさにそんな感じだったかな。
th_DSC_8077

あれだけ心配させておいて、最後の決め顔をつくるヤツ。

とにかく先行出来てよかった。
次は周一がしっかり勝って決めるだけ。

と思ったら、思わぬ展開が・・・(続く)

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。