陽だまりとか、#ULTRAできる 試打!とか。

冬の陽だまり・・・を絶妙に占拠する2匹。

th_IMG_0397

th_IMG_0399
気持ち良さそう。

 

さて、先日開催されたウイルソンさんのミーティング。
th_IMG_1526

th_IMG_1524

その時に預かった #ULTRAできる ラケット。
って、この言い方しなきゃいけないの面倒だな。(笑)
th_DSC_9718

th_DSC_9719

th_DSC_9720

th_DSC_9722

で、さっそく試打をば。

17歳児の練習前の練習に持ち出した。
IMG_1581

「いーつもより眺めのいい♩」じゃなくて(時事ネタ)、
「いつもより球出し少なめ、ラリー多めで」とお願いして練習開始。

ちなみに張り上げてあったストリングはマルチ系。
IMG_1578
ちょっとテンション低すぎる気もするが、
まずはメーカーさん推奨ってことで、そのまま打ってみることにした。

あ、#ULTRAできるTシャツは着てない。
th_DSC_9737
ごめんなさい。

練習開始。

おお!柔らかい!

なんだろう、最近のウイルソンさんのテクノロジーの
CLASH系のしなりとは明らかに一線を画するソフト感。

フレーム(シャフト)がしなるというよりも、
フェイスがボールを包み込むフィーリング。

多少強い打球にも、フェイスがしっかりとボールを包んでくれて
一瞬のたわみ感からしっかりボールを打ち出してくれる。

咥え感が強くなるとダルになりそうなものだが、
そこまでいかないギリギリのラインで踏みとどまっているので、
キレが悪いという印象はない。

ただ、ボールの飛び出しが一瞬遅れる感触もあるので、
そのあたりは最初は違和感を持つ方もいるかも。

スピン系もストリングで引っ掛けるよりも、
ホールドしながらかかってくれる感じ。
フルスイングしなくても回転がしっかり掛かってくれるのは
幅広いプレーヤーに受け入れられやすいんじゃなかと思う。

ボレーもしっかりとフェイスがボールを咥え、
その後にパワーを持って弾いてくれる。
狙った通り、ベースライン深くに届く率があがる気がした。
やっぱりコントロール性が高いモデルだと思う。

実はこの日、サービスは打ってないので、縦振り系は次回に。
申し訳ない。

細かなテクノロジーはまだ言えないんだけど、
なるほど、これがアレなのか!って感じ。(意味不明申し訳ない)

とにかく扱いやすいモデルに仕上がっているという印象。
プレゼンで紹介されたコンセプトがしっかり詰まった完成度の高さ。

たしかに、#ULTRAできる ラケットだね。
さすがです。

ただ、このセッティング、ワタクシ的にはソフトすぎる。

マルチ系のストリングがおそらく40ポンド中盤くらいだと
正直ソフト過ぎて、ストリングのアシストが強すぎる。
振動留めをつけてフィーリングの変化を狙ってはみたが、
それでもフレームの本質をすべて味わうにはもう少しストリングにキレが欲しい。

ということで、せっかく張り上げていただいた#ULTRAできる だけど、
ポリストリングに張り替えて、さらなる試打をしてみることに。
次回のインプレをお楽しみに。

あ、そうそうこの#ULTRAできる のシルバーラケット、
下記のスクールにもあるので、興味のある方はコーチに聞いてみてください。

RECテニススクール府中
RECインドアテニススクール上石神井
高島平インドアテニススクール
セブンカルチャーテニススクール藤沢
セブンカルチャーテニススクール武蔵小杉

是非ともお試しを!

#ULTRAできる
#Wilsontennis


カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, ファミリー, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。