丼とか、#アルパワー最強説インプレ!とか。

駅前にて。
th_IMG_0750

th_IMG_0751

th_IMG_0754

D-1グランプリだって。
丼もののイベントらしい。
th_IMG_0753
美味しそう。
でも、どれもまあまあ高い。
丼は500円くらいまでかなぁ。

 

さて、Wilsonさんから届いた #アルパワー最強説 のストリング。

今回届いた130と115ゲージをハイブリッドでCLASH100に張ってみた。

メインに115。
th_IMG_1572

クロスに130。
th_IMG_1573

th_IMG_1574
新色のアイスブルー、なかなか良い。

張りあがり。
th_IMG_1577

で、早速、17歳児との練習で打ってみた。
th_IMG_1586

おお!いいぞ!(何がだ?)

少し乾いた感じの打球感は心地よい飛びを感じさせてくれる。
この弾き感はやはり細ゲージならでは。
キレの良いフィーリングはスピード感のあるプレーが実現しそうな気にさせてくれる。
いいかも。

そして、何より期待していたのはスピン性能。

ビンゴ!
しっかり引っかかる!
ストリングがボールの表面を引っ掛けてスピンがかかる感じ。
これぞ、想像していたフィーリングである。

実は今年に入ってからナチュラルを再度試していた。
ナチュラルは振動吸収性も含め、トータルでやはり良い。

特に見直したのはスピン性能。
鈴木プロも言うように、ボールへの引っ掛かりが明らかに違う。
そう言う意味でもナチュラルの良さ再認識をしていたところ。

そこまでとは言わないが、この細ゲージのアルパワーも
かなりの引っ掛かり感があり、
自分の感覚から1割増しくらいのスピン感がある。
(注:個人の感想です)

ということで、再度確かめようと、
レックインドアテニススクール上石神井に持っていって試打。

th_IMG_1844

th_IMG_1852

うん、やっぱりいい!
回転系を意識しているからかもしれないが、
スライスのボールの伸びもいいし、トップスピンの落ちぐあいもいい。

縦横ゲージ違いのハイブリッドいいかもね。
縦横115のセッティングとの違いも試してみると良いかもと思った。
ウイルソンさん、115もう1張送ってもらえませんか。

トップ選手のスタンダードの地位を確立しているアルパワーだが、
これでさらに幅が広がり、痒いところに手が届くようになった。
恐るべし、LUXILON!

そうそう、試打はビジネスパルに向けて練習に来ていた
タケダコーチのコートに無理やり入れてもらった。
th_IMG_1836
ごめんね、タケちゃん。
ありがとう。

#アルパワー史上最強説 #luxilonstring #wilsontennis


カテゴリー: インプレ, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。