月別アーカイブ: 2020年3月

いつかはとか、やっぱりダメとか。

日課のウォーキング途中で見つけたワーゲン・タイプ2。
IMG_2348

ショップのディスプレイだけど、やっぱりいいな。
IMG_2349
屋根も跳ね上げ式だし、このままキャンパーに改造できそう。

サーフボード積んで海沿いを走りたい。
もう波乗りしてたのなんて遥か彼方だけど。

いつかはタイプ2!
って、「いつかは」とか「一度は」ってクルマたくさんあるんだよね。

 

さて、どうにも調子が悪かったマイカー、ランドクルザーシグナスくん。
th_IMG_1806

お世話になっているガソリンスタンドの工場でも原因がわからず、
トヨタのディーラーでも「症状が再現できない」とお手上げ、
ならばと購入した四駆専門店に持ち込んだところ、
「コンピュターでエラーが確認できました!」とのこと。

でかした!これで直る!

と思ったら、やはりコンピュター系はいじれないとのこと。
結局、専門店経由で別のトヨタディーラーに出すことに。

まあ、何とか光も見えたし、あとは幾らかかるかだなと
連絡を待っていたのだが、いっこうに連絡がない。

もう待てぬと専門店に電話をしてみた。

「シグナス、どうなりました?」

「実は、ディーラーから、やはりエラーが出ないとの回答なのです」

「だって、ここのコンピューターでエラー出たんですよね」

「そうなんですが・・出ないので、何もできないと」

「打つ手は?」

「すみません。ありません。
一緒に乗って症状を確認しても、コンピューターはいじれないので」

超ショック。
また振り出しに戻ってしまった。

こうなったら、もう一度ディーラーに持って行って、
ディーラーの担当さんに最初に提案をもらった通り、
メカニックさんに同乗してもらって、症状が発生する場所を走るしかない。

ディーラーの担当者さんに電話をすると、
「ではそうしましょう。できれば、専門店でチェック出来たエラーの
コードを教えてください。ヒントになるので」とのこと。

専門店に電話。
引き取る時にエラーコードを教えてもらえるようお願いする。

数日後、専門店にランクルを引き取りに。

「お力になれずにすみません」

「いや、仕方ないです。もう1回ディーラーに持っていきます。
で、エラーコードを」

「すみません。ディーラーから戻ってきて、
もう一度チェックかけたんですが、エラーが出なくて」

「なんで?」

「ディーラーでコンピューター繋いだのでリセットかかっちゃったっみたいで」

ガーン!振り出し以前に戻った気分である。

まあでも誰のせいでもない。
とにかくメカニックさんと首都高をドライブだな。

と言いつつ、なかなか日程が取れず、今日に至っている。
今のこの状況で診てもらえるんだろうか・・はあ、なかなかケリがつかないなぁ。
諦めず一歩ずつだな。
ガンバレ、オレ。

カテゴリー: クルマ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

串とか、妄想とか。

ここ最近のお気に入り。
th_IMG_0642
ファミマのつくね串。
小腹が空いたときにちょうどいい。

会社でのお昼をコンビニで買ってくる。
春雨スープとつくね串にしたら、「またそれ食べてんのか」とボス。
串もの食べてるのって、ちょっと花見感があるよね。
オフィスでのお昼には合わないな。

 

さて、調子の悪いランクルくんを点検に出した専門店。

ランクルをはじめとした四駆が売るほど置いてある。(売ってんだよ)
th_IMG_1810

せっかくなので見ても回ることに。
衝動買い、注意ね。

ピックアップトラック
th_IMG_1808
雰囲気があっていいよなぁ。
特に逆輸入のピックアップって雰囲気があっていいよね。

これにサーフボード積んで海に・・・憧れた。
ホイチョイムービー3作目、「波の数だけ抱きしめて」みたいなね。

中山美穂も松下由紀も日に焼けすぎだったなぁ。
別所哲也の乗ってたワーゲンタイプ1のオープンカーはカッコ良かった。

波乗りしてたのももう遠い昔だなぁ。(遠い目)
ヤバイ、意識が別世界に・・。
ピックアップ1台でどんだけ妄想してんだ。

JEEP CHEROKEE
th_IMG_1817
実は初めての四駆の第一候補だった。

とにかくバスボートを牽引できる車が欲しくて、
当然、ランクルをって思ってたんだけど、
その頃住んでたマンションの立体駐車場は
サイズ的にランクルはNG。

で、4Lのエンジンでパワーはありながらも
ボディーは小ぶりなこのチェロキーを買おうとしてた。
結局、マンション外に駐車場を借りて、ランクル80買ったんだっけ。

JEEP WRANGLER
th_IMG_1809
最近、ちょっと気になってるクルマ。
適度なサイズとワイルド感のバランスが良さそう。
Tシャツにジーンズの素敵な女性が運転してたら似合いそう。
(また妄想してる)

ランクル
th_IMG_1811
角目でレトロな雰囲気がGOOD。

実はフロントマスクはレトロ仕様になってるけど、
ベースはランクル100とまあまあ新しいモデル。
th_IMG_1812

レトロ感を不安のない機種で楽しめるという、
このお店オリジナルのモディファイモデルなのだ。

FLEX AUTO RENOCA

他にもこんないい感じのも。
th_IMG_1813

th_IMG_1816
バスボートを牽引する感じのデザインじゃないけど、
こういうのもいいなぁ。

で、もちろん一番欲しいのはこちら。
th_IMG_1814
現行型のランクル200だ。

それにしてもお高いなぁ。
こんなクルマ買えないぞ。

そんなことより、今のクルマ直さないとだし、ふうぅ・・
現実に引き戻されてる。(笑)

カテゴリー: クルマ, 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

道具とか、キャンピングカーショーファイナルとか。

ネオインドアテニススクール西新井にある秘密兵器。
なんだか分かるかな。
IMG_2250

実はこれ、トップスピン練習機。
ボードの傾斜に沿ってスイングして、真ん中のボール打つと、
あ~ら不思議、トップスピンのスイングがマスター出来るって仕組み。

購入発案者はソトヤマコーチ。
彼はこういう器具を見つけてきてはよく提案をくれる。
「いつの間にか使わなくなっちゃうんじゃないの~」
という声にもめげず提案し、ちゃんと使っている。

ゴルフってこういう器具多いけど、テニスって少ないよね。
テニス界ももっと工夫が必要だな。

 

さて、長々とキャンピングカーを見て回ったが、
ようやく本来の目的の場所にたどり着いた。

会場の一番奥の方じゃないか。
遠かったぜ。

で、目的はこのクルマ。
th_IMG_1378

ただのキャンピングカーじゃん?
いやいや、後ろに回り込むと・・
th_IMG_1390
はい!バスボートっす。

実は長らくアメリカのバスフィッシングトーナメントで活躍し、
帰国後はルアーメーカー「OSP」を立ち上げ、
今なおトップアングラーとして活躍中の並木敏成プロの
バスボート&キャンピングカーである。

並木俊成オフィシャルサイト
ルアーブランド O.S.P

この情報をFacebookで見て、本人もいるかもしれないし、
こりゃ行かなきゃってのがこの日の目的だったのだ。
いちおう、キャンピングカー内部も見てみる。
th_IMG_1379

th_IMG_1380
実際にこれでバスボート引いて回ってるんだもんなぁ。
いいなぁ。

で、肝心のボート。
th_IMG_1385

th_IMG_1370
めちゃカッコいい。
よだれが・・。

エンジン、275馬力か。
いったい何キロ出るんだ?
th_IMG_1371
ちなみにワタクシのボートは150馬力だ。

プロのボートはデッキ上にスポンサーロゴが入っている。
th_IMG_1376

もちろんボート全体にもスポンサーロゴ。
これがカッコいいんだなぁ。
th_IMG_1364

並木さんの名前と日の丸。
th_IMG_1367

コックピット
th_IMG_1368
魚探、何台ついてるんだろう。
見切れないよね、こんなに。

いいなぁ。
さすがRanger BOAT。
まさにバスボート界のメルセデスだな。
ワタクシのボートとは格が違う。

舐めるようにずっとボートを撫で回していたら、
スタッフさんに声をかけられた。

「釣りされるんですか?」

「はい。ちょっと」

「フィールドは?」

「印旛沼にボート置いてます」

「あ、バスボートお持ちなんですね」

「はい。いちおう」(動かしてないけどな)

「トーナメントは?」

「昔、ちょっと。今日は並木さんは?」

「ああ、並木は今日は来てないんです」

そうなんだ、残念。会いたかったな。

ということで、あれこれ話してたら、OSPのステッカーをくれた。
th_IMG_1389

やっぱりホンモノはカッコいい。
いやぁ、テンション上がった。
今年こそ、わんだー号(マイボート)を復活させよう。

IMG_0448

th_IMG_0763

今、あらためて思ったんだけど、ボート名がダサいな。
登録変更するか。(そこからかい!)

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ご縁とか、#ULTRAさらに試打とか。

四国出張、施設見学の時にいただいたお菓子。
th_IMG_2019
これをくださったテニススクールさん、ホスピタリティ溢れる感じがとても勉強になった。
このお菓子のとおり、ご縁を大事にしているのだろうなと思った。
見習いたい。

 

さて、すでに全容が公開になり、
各所で正規製品版を見るようになったWilson ULTRAシリーズ。
先週は契約コーチのもとにもラケットが届いたようだ。

当然、ワタクシのもとに製品版は届いてない。(当たり前)

先日、RECテニススクール府中に行ったら、フカダコーチが
届きたてのULTRAに自慢げにストリングを張り上げていた。

今回のULTRAシリーズはグロス(艶出し)塗装。
最近はマット(つや消し)が多かったが、グロス好きなワタクシにはうれしい変化。
きれいな発色でテンション上がるね。

で、フカダコーチ、張りたてをレッスンコートに持っていき、
さっそくお客様に打ってもらっていた。

「3分前に張り上がりました。ホヤホヤをどうぞ!」だって。
さすが、ウイルソン契約コーチの鏡!

試打をしてくださってたのは女性会員様。
ずっと使ってくださったので、かなり使いやすかったんじゃないかと思う。

実際、今回のULTRAは打球感がソフト方向振れている。
なのにパワーロスがなく、しっかりとボールを飛ばしてくれるという
不思議かつ理想的な特性に仕上がっている。
th_IMG_1848

ウイルソンさんのリリースでは、「ネットプレーが特によい」ということだが、
「ネットプレーがより良い」のは事実として、かなりオールラウンドなラケットだと思う。
まあ、もともとULTRAシリーズはそういうラケットではあるのだけど、
よりその性能が研ぎ澄まされ、そこにネットプレーでの良さが加わったという感じ。

ラケットにはそれぞれ色はあるが、極端な味付けにはせずに、
そのうえで特徴を出すっていうのが今回のULTRAの印象かなぁ。
th_IMG_1849

最初にお借りした状態のナイロンストリングから
ポリ(LUXILON SMART)に張り替えてみたら、
ソフト感だけではなく、面剛性&シャープさが出て、
なるほど、これがネットプレーに良いってことねと実感。
確かに「#ULTRAできる」なだと思った。

中心スペックのULTRA100しか打っていないけど、
このスペック、女性プレーヤーで伝える方も多いと思う。

まず腕への振動も少ないし、ソフトだけど飛ぶので無理に振る必要もない。
ブリッヂ部に仕込まれた新しいCRASHZONEも効いてるのかな。
とにかく扱いやすいモデルに仕上がっている。

何かと大変なこの時期の発売ではあるけど、
数あるテニスラケットの中でもベンチマークになりうるモデルだと思う。

ワタクシも使ってみて、これだけすんなり入れたモデルは久しぶり。
それだけにインプレも何書いて良いやらだったけど。

今度はアルパワーあたりに張り替えて、少しハード目セッティングで打ってみたい。
どんな表情を見せてくれるか楽しみだ。

ということで、その度に付き合わされるコーチたち。
th_IMG_1860
タケダコーチ、いつもありがとね。
またお願いします。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

閉店とか、逃避とか。

東横デパート閉めるってよ。
「桐島部活やめるってよ」をパロってんのかな。
th_IMG_2478
ヒカエリエができて、スクランブルスクエアやストリームができて、
渋谷の街も大きく変わってきた。

東横デパートが無くなるのも、象徴的なことだよね。
そう思うと、いまだ一線の109とかPARCOってすごいな。

 

さて、某日。
いちおう休み。

が、溜まっていた仕事が終わらない。
朝からPCに向かい、ランニングで離脱。
戻ってからPCへ、昼を過ぎ〜午後になっても先が見えない。

いい加減煮詰まってきたので、気分転換。

久しぶりにコイツを出してみた。
IMG_2214
Epiphone EJ-160E

ジョンレノン好きなワタクシだが、
さすがにGibson J-160Eは高くて手が出ない。
で、エピフォンのこちらを愛用・・・するつもりだったけど、
全然弾く時間がなく、愛用とは程遠い状況。

久しぶりに引っ張り出してみた。
ケースはホコリを被っていたけど、本体は無事。

とりあえずチューニング。
IMG_2216
もう昔みたいに耳でのチューニングはしなくなった。
すっかりチューニングメーターに依存状態。
だって便利なんだもん。

ってことで、譜面を引っ張り出す。
IMG_2219
昨年観た映画に敬意を評し、QueenのLove of My Life。

うーん、ブライアン・メイのようにはいかないな。(いかないよっ!)
IMG_2217

記憶の奥を探って、何曲か弾いてみる。

Black Bird・・うーん、ポール・マッカートニーのようには。
Stairway to Heaven・・うーん、ジミー・ペイジのようには。
Van Diemen’s Land・・うーん、エッジみたいには。

って、いかないって!
どこ目指してんだよっ!

すっかりサボっていたせいで、あっという間に指先が痛くなった。
やっぱり触っていないとダメだな。

「30分だけ気分転換!」と誰にともなく言ったのをいいことに早々に店じまい。
次はいつになるやら。
せめて週1回は弾いてあげようかな。
またね!

カテゴリー: PC, ギター, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

電動とか、関口プロパーソナルとか。

ランニング途中。
近所の公園で。
IMG_2050
ビジネス情報番組で見たやつだ。

電動式のシェアスケーター。
スケーターでいいのかは分からないけど。
IMG_2049

どうやって借りるんだろう。
IMG_2051
ちょっと興味あり。
でも、その分走ったほうがいいな。

 

さて、関口周一プロのパーソナルモデル。

HEAD PRESITGE(PRO)
th_DSC_5814

グリップは市販品の扁平から丸型に。
th_DSC_5817
おそらくプリンス系の形だ。
そしてレザー仕様。

ストリングは縦ナチュラル、横ポリ。
th_DSC_5820

ちなみにバンパーはボロボロ。(笑)
th_DSC_5835

で、プロのパーソナルモデルってどんなだろうってことで、
このラケットでテニスをしてみた。
th_IMG_0555

相手は色々。
ジュニア選手から一般まで混ぜこぜで約4時間。
アップの後、ずっとダブルスだ。

感想は・・・使いやすい。

ウエイトは市販品よりちょいと重いのだと思うが、そんなに持ち重りはしない。
関口プロのリクエストで若干トップライト気味のセッティングが効いていて、
取り回しが非常に良い感じになっている。

ちなみにワタクシも少しトップライト気味が好み。
ヘッドに振り回される感じがあまり好きではないのだ。

そんなセッティングなので、スイング自体の不自然さや苦労もない。
思うように自然に振れるのにはちょっとびっくりするくらいの使いやすさ。

グリップサイズは3なので、ワタクシにはちょっと太い。
形状も丸型なので、長年のHEADユーザーなので違和感も。

太さに関して言えば、巻き上げたグリップテープが
ウエットタイプで厚みがあるので太い感じがするのだと思う。

関口プロもそんなに手が大きいわけでないと思うのになぜ?と思ったのだが、
グリップテープはいつもトーナー社のドライグリップ。
IMG_1689
かなり薄手のグリップテープなので、ちょうど良いのだろう。
おそらく0.5サイズくらいは違うと思う。

レザーグリップはきつめに巻いてあるのか、
それなりに角がしっかり出ていて、
すっかりやわになってしまったワタクシの手には厳しいかも。

とはいえ、フワフワのリプレースメントグリップは好きじゃないので、
レザーまではいなくても、ギュッと引っ張って薄く巻き直したものか、
クッション性がない薄手のグリップテープくらいがいいかな。

薄手の元グリップといえば、ディスカウントショップで売っているような
量販品に巻いてるようなツルツルのクッション性ほぼゼロのグリップがちょうど良い。
たぶんそんなに高くないし、オーバーグリップ巻くのが前提なら、
絶妙なクッション性とダイレクト感を得られると思う。

この元グリップ、ラケットマイスターさんがストックしてたはず。

あ、話がそれた。
関口プロによれば、レザーでも使い込んでいけば、
握り締めでグリップが痩せてくるし、コンディションは変わるとのこと。
たしかにあれだけのプレーをし続ければそうだよね。

ということで、今回はあえて関口プロ仕様そのままで、
ストリングも張り替えずで打った。

振りやすい&飛ぶってのが大きな印象。
もちろんプレステージなので楽なラケットじゃないけど、
一緒に打った最新のG360+ PRESITGEよりは剛性が高く、弾き感が強い。

で、一番気に入ったのは回転系の引っ掛かり具合。

トップスピンもそうなんだけど、特にスライスの伸びが半端ない。

シンセティンクを張り上げたG360+ PRESITGEは多少の押し出しと
打ち上げを意識しないとネットギリギリに超えていかないのだが、
関口プロパーソナルは、カッ!と合わせただけで、ネットギリギリを
滑るようにボールが飛び、ベースラインまで糸を引くように伸びていく。

実際には違うのだと思うが、ボールがホップするような極端な感触も。
こんなに引っかかって伸びてくれるスライスがいつも打てたらいいだろうなって感じ。

ラケット自体の扱いやすさもそうなんだけど、
一番印象に残ったのが、この引っ掛かりの良さだった。

縦横ナチュラルの鈴木貴男プロは、
「ナチュラルだからこそ打てるボクのスライス」
とよく仰るのだが、その言葉をあたらめて感じた
関口プロのナチュラルハイブリッドセッティングだった。

振動吸収性や食いつきはよく言われるが、
食いつきというより「引っ掛かり感」と言っていいくらいの
明確な特性をあらためて感じることが出来た。

当然、サービスにおける引っ掛かりも大きく、
スライス、スピンともに回転のコントロールがいきやすい。

やっぱりナチュラルは違う。
縦横じゃなくハイブリッドでもじゅうぶんその恩恵に預かれるはず。

ということで、現在RECテニススクールで実施中のストリングキャンペーンでは、
「やっぱりナチュラル!」って提案をさせていただいている。

プレーのレベルを一枚引き上げてくれるナチュラルストリング。
あなたもスピンマスターになれるかも。
一度お試しください。

って、宣伝かいっ!(まあ、でもホントです)

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 街歩き, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

家系らーめんとか、メンテナンスとか。

ネオインドアテニススクール西新井の近所のフードコート。
ソトヤマコーチと昼食。

「家系のラーメン屋ができたんですよ」という。
絶賛ダイエット中のワタクシをラーメンに誘うとは。

「うーん、ラーメンかぁ」

「ベジタブル家系というのがあるんです。野菜だけ、麺なしです」

頼んでみた。
th_IMG_2170
麺なしの野菜スープみたいな感じ。
で、麺を半玉とかトッピングできる。

ソトヤマコーチはこれに麺をひと玉入れるんだそうだ。
って、普通の野菜ラーメンだろがっ!

美味しかったです。

 

さて、某日。
新宿はエルタワーへ。

エレベーターで上層階へ。
th_IMG_2039
眺めいいな。
遠くにはスカイツリーも見える。

あ、のんびり景色見てる場合じゃない。
目的はこちら。
th_IMG_2023
ニコンプラザ新宿

ニコンのショールームである。
会社から徒歩10分、テニス事業協会から徒歩3分。
近くていいな、ここ。

このショールーム、1日コースで基本メンテナンスを受けてくれる。
イメージセンサーのクリーニングから外装メンテまでひと通りで6,000円。

日本リーグ、実業団その他イベント等で酷使したカメラも
イメージセンサーにホコリが原因と思われるノイズもちらほら。

ずっとメンテナンスをしたかったのだが、なかなか来られず、
日本リーグもひと段落のこのタイミングで
ようやくメンテナンスに来れたというわけ。

ネットで調べたら、土日だと呼ばれるまでに数時間待つらしい。
大学病院かっ!

ほぼオープン時刻に飛び込んで5人待ちくらい。
10分ほどで呼ばれ、手続き。
th_IMG_2020
すごく丁寧な対応に少し感動。
やっぱりニコンに顔的な場所だしね。

カメラを預け、少しだけショールームを見て回る。
th_IMG_2022
絶対にのぞいてしまう超望遠。

th_IMG_2030
遠くの代々木公園あたりを・・ではなく、
いつも飲んでる新宿西口界隈を見てしまう。なんで。

レンズ。
th_IMG_2024
しばらく買ってない。
ひとまず手持ちも充実したからね。
でも、望遠ズームはもう1本欲しい。

使っている単焦点レンズの現行型。
th_IMG_2026
日本リーグで使ってるやつね。

実は高いのよ、これ。
th_IMG_2028
ほぼ100万円。

最新のカメラのピントデモ。
th_IMG_2036
通りかかっただけで、瞳にピントが合う。
すごい。思わず撮影。

他にも新機種をいじり倒した。
楽しいね、ここ。
ああ、いいミラーレスカメラ欲しいな。

午後、受け取りに。
センサーのゴミもきれいに取れたらしい。
ピントも問題なし。
良かった、これでまた活躍してもらえるな。

th_IMG_2054

まだまだ頼むぜ、相棒。

実はこの数日後、新型コロナウイルスの影響で、
Nikonショールーム全店が閉鎖になってしまった。
ギリギリセーフでよかったけど、あちらもこちらも大変な状況だ。

カテゴリー: カメラ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

風格とか、予選決勝とか。

白子にて。
th_IMG_0807
腕組みをしてコートを眺める17歳児。

王者の風格。
ちなみに全然王者ではない。

 

さて、そんなジュニア公認大会ラス前の白子。th_IMG_0806

予選決勝に進む。

緊張しているのかいないのか、マイペースで動き回るのでよく分からない。
th_IMG_0804
何度も言うけど、そのウォームアップ、ワタクシのだ。

それにしてもいい天気。
th_IMG_0809
風もあまりないし、試合日和だな。
選手はそんなノンキなこと言ってられないだろうけど。

いよいよ予選決勝に。
th_DSC_6595
前の試合の選手が退くのを律儀に待つ。

試合開始。
th_DSC_6603

th_DSC_6601
調子は悪くはなさそうだけど、ミスも多い。
相手選手は固いテニスを展開しているので、
17歳児が勝手にポイントを出し入れしている感じ。

もう少し粘れないと厳しいぞ。

という思いが伝わるわけもなく、攻め続ける17歳児。
th_DSC_6622

th_DSC_6669

th_DSC_6634
それが全部入れば全国レベルかもよ。

でも、自分が思うようなプレーをするのが一番。
th_DSC_6672
最近のジュニアにはめずらしく頻繁にネットに出ていくのもありだと思う。
それでも鈴木貴男プロも10分の1くらいだけど。

そしてチャンスボールは叩く!
th_DSC_6706
好きだな、こういうテニス。

しかし相手はカウンターショットも1枚上手。
th_DSC_6730

後半は防戦場面も少なくなく、力及ばずで敗退。
th_DSC_6731

うーん、残念。
でも、プレーは悪くなかったよ。
これでいよいよジュニア公認大会は千葉県ジュニアを残すのみ。
学校関係はインターハイ予選もあるけど、もうジュニア卒業間近。
ちょっと寂しいな。

ちなみに、そのバボラのポロシャツもワタクシのだぞ。

カテゴリー: テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

火事とか、Surface Proとか。

ウォーキング途中、消防車が大挙して走っていった。
明治通り原宿から代々木方面を見たら、煙が。
th_IMG_2175

火事だ。
しかもいつものルートのほう。
th_IMG_2176

炎が暴れ回るのが見えた。
鎮火にはもう少しかかりそうだ。
th_IMG_2178
怪我人がいないと良いのだけど。
乾燥の時期、火の元には注意だ。

 

さて、モバイルPCは、Surface Proを愛用している。
th_IMG_2498

キーピッチがMacに近くて、ストロークも短くて打ちやすいのと、
画面のタッチがガラス系でヌメヌメしていて、iPhoneぽいから。
th_IMG_2500
じゃあ、Mac使えよって話もあるけど、 MacとWin両方必要なんだよね。

で、Surface Proの泣きどころがこれ。
th_IMG_2501

電源アダプターがすぐに壊れる。
th_IMG_0771
小ぶりで持ち歩きしやすいけど、すぐに断線する。

前回はちょうど1年でご臨終。
今回も同じくらいかな。

これ、Surface Proユーザーあるある。
きっと同じ思いしている人、多いはず。

そんでもって、このアダプター、純正品はやたらと高い。
まあ、Macの電源アダプターも高いけど。
アダプター壊れやすくして商売してんじゃないかってくらい、どっちも高い。

そんなわけで、買い替えは社外品の安いヤツにしている。
純正の4分の1くらいで買えるし、消耗品と思えばこんなもんだな。

きっとまた1年持たないなぁ。

それより、画面にブルーのゴーストが出てきて、
本体もそろそろ終了の予感満載なんだけど。

画面にシミみたいなの出るのって、Surface Proではよくあるのかな。

調べてみたら、何らか再起動的なことで直るようなことも書いてあったけど、
ソフト的な何かというよりは液晶の焼き付きっぽい感じもする。

バックが薄い色、特に白系だとまあまあ目立つから気になる。
つまりエクセル、ワード、メーラー系はほとんど気になるってこと。
これはちょっとなぁ。

詳しい方、教えてください。

カテゴリー: PC, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

コピーとか、アルパワー115張り上げとか。

日課の朝ウォーキング。
明治通り原宿あたり。
th_IMG_2000347
「LONELY 論理」って、まったく意味不明。
ウマくもないし・・誰が通した?この寒いコピー。(苦笑)

 

さて、某日のこと。
久しぶりに会社に行くと荷物が。
って、久しぶりに行くなよっ!

アメアスポーツ(ウイルソン)さんからの荷物。
th_IMG_2290

開けてみると・・
th_IMG_2292

ラケット&ストリング。
th_IMG_2293
CLASH100とアルパワー115である。

そう、先日、アルパワー115と130のゲージ違いのハイブリッド張り上げてインプレを書いてみた。
その時、じゃあ縦横115とどう違うんだろうと言ったら、ウイルソンのミチバさんから、
「ならば115を送るので比較してください」とのこと。

なんと比較しやすいように、ハイブリッドを張ったのと同じCLASH100も貸してくれた。
ちゃんとグリップテープ(PROOVERGRIP)も新しいものに巻き替え済み。
th_IMG_2294

さすがウイルソンの伝道師ミチバさんと、凄腕営業担当トリウミさん。
微に入り細に入りのお気遣いありがとうございます。

ということで、ふと我に返る。

えーと、たしか試打しなきゃいけないのが・・・

th_IMG_2326

・HEAD G360+ SPEED4機種
・Wilson ULTRAシルバーコスメモデル
・LUXILON ALUPOWER 2種類の張り上げ比較
・DUNLOP 新製品ストリング6機種

張れるかっ!& 打てるかっ!
とか言っちゃいけない。お仕事、お仕事と。

幸か不幸か休日、朝から無情の雨。
ランニングもできないし、こりゃ仕事しろって神様が言ってるな。

ということで、まずは送っていただいたアルパワー115を張りあげることに。
th_IMG_2329

やっぱり115ゲージはしなやかで張りやすい。
th_IMG_2330

しかし細いな。
th_IMG_2333
縦横だとなおさら細く感じるぞ。

張り上がり。
th_IMG_2340
いかにも弾きそうだし、引っかかりも良さそう。
さあ、雨があがったらさっそく試打である。

#アルパワー最強説 #PR

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。