月別アーカイブ: 2020年4月

富士そばとか、RECカーとか。

昨年末あたりからハマっている、富士そばの紅生姜天そば。
th_IMG_3462
体も温まるし、適度なピリッと感がナイス。

各所の富士そばで食べてみたが、紅生姜天が店によって微妙に違う。
レシピって統一されてないのかな。
浦和のヨーカドー前の富士そばにはメニューすら無かった。

基本は代々木駅前に富士そばバージョンだな。
オススメ。

 

さて、クルマである。

原因不明、再現性に乏しい、横滑り防止装置の誤作動はいまだ解決せず。

近々、トヨタのディーラーに持っていくつもりが、
こんな状況になってしまったので、結局そのまま。
まずはディーラーが営業しているかくらいは調べないと。

17歳時のテニス卒業もあり、クルマの出番も減るかと思ったが、
こんな状況でケアしなければいけないのは通勤電車。
安心なのはクルマ通勤てのもある。

久しぶりにクルマを出そうとしたら、メッチャ汚れてた。
ホコリと花粉の合わせ技で、テンションだだ下がりな汚れっぷり。
このクルマ、大きいからドライブスルー洗車機に入らないんだよなぁ。

ところが、この日は恵みの雨。

半端じゃない土砂降りだったりの時間もあり、
これはチャンスとタオルを取り出し、クルマを拭き上げた。

おかげでホコリだらけだったクルマもピカピカ。
雨でもいことあるじゃん。

ってことで、RECカーと並べてみた。
th_IMG_3327

実は、RECカーももうすぐお役御免。
ずいぶんと乗ったし、そろそろ買い換えようかってことになっている。
こんな状況なので、まだ具体的には動けていないけど。

次の候補はコンパクトなボックスタイプの軽自動車。
N-BOXが有力候補だ。

それにしてもこのRECカー、あちこちへと活躍してくれた。
クラブのオーナーさんの車の買い替えで安く譲り受けたのが最初。

ボスから「好きにしていいよ。カッコ良ければ」との許可をもらい、
ラッピングすることにした。

いくつかのデザイン候補を作成し、選んだのがこれ。
th_IMG_0633
で、ラッピング業者さんに作業してもらった。
th_IMG_1250

完成!
th_RIMG1280

th_RIMG1278

7年前くらいだろうか。

これでビジネスパルにも遠征したし、テニスキャンプも行った。
ジュニア帯同にも行ったし、日本リーグも。
Team RECってのがひと目でわかるし、評判も良かった。(と思う)

最近、さすがに経年劣化でラッピングも痛んできた。
th_IMG_3329
まあ、よく働いてくれた。
ありがとう。

次は軽自動車かぁ。

先日、ボスから、
「白ベースと黒ベース、どっちがデザインしやすい?」
と聞かれた。

「あ、ラッピングするんですか?軽でも」

「するよ。カッコよくしてね」

うーん、軽のワンボックス、どうすればカッコよくなるのだろう。
いっそ、ワーゲンバスとかにしませんか。
カッコよくしますよ。
って、目的が違うか。

まずは落ち着いたらクルマの調達からだな。
お楽しみに。

あとは、ランクルの修理だなぁ。
これがいちばんの問題だ。

カテゴリー: クルマ, 仕事, , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

マリスタとか、守谷プロとか。

ZOZOマリンスタジアム
th_IMG_3471
新型コロナウィルスの治療に尽力する医療関係者等への
感謝と応援のメッセージを込めたライトアップだそう。
プロ野球然り、様々なスポーツの再開を願う。

 

さて、3月末のこと。
守谷総一郎プロが会社に来てくれた。

あれやこれやの打ち合わせや近況報告など。
あと、以前にお願いしておいた、
本人使用のラケットを持って来てくれた。

グリップにサイン。
th_IMG_2847

ありがとね。
th_IMG_2850

現在の守谷プロの使用ラケットはPRESTIGE PRO。
新しいG360+ PRESTIGEが発売になってスイッチ。
日本リーグの途中からだったかな。

このRADICAL PROは以前の使用モデルということになる。
th_IMG_2857

th_IMG_2851

フレームの2時・10時部分にはウエイトを換装。
th_IMG_2854
けっこうトップヘビーなセッティングっぽい。
パワーを求めたいという感じなのだろうか。
ストリンギングを頼んでいるショップさんでやってもらっているようだ。

スロート部にもショップさんのシール。
th_IMG_2852

フレームトップにはステンシルの飛び散りが。
th_IMG_2856
選手のラケットって、けっこうこの飛び散りが目立つ。
ステンシルは自分で塗るんだっけ?

ちょっと振ってみたが、まあまあなハードスペック。
さすがプロ仕様って感じだった。

他の選手のモデルと一緒に飾らせてもらった。
th_IMG_2863
左上から、シャラポワ、鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、
下が、大坂なおみ、そして守谷総一郎プロだ。
関口プロ、正林プロはそのうちかな。

プロツアーも7月までは中止が決まり、先が見えない状況が続いている。
守谷プロも、この頃まではプライベートコート等、
練習場所もなんとか確保できていたが、最近は厳しいようなことだった。

もちろん、他の選手たちも同様の苦労を抱えている。

環境もそうだが、試合はいつあるか分からない状態自体、
すべての選手にとって初めてのこと。
モチベーションを維持するのにも苦労があるだろう。

そんな中でも、それぞれが何とか出来ることをやっている。
実際、今はそれしかない。

明けない夜はないと信じ、まずは備えよう。
Team RECプロメンバーの応援に行ける日が早く来ますように。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 守谷総一郎プロ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

大盛りとか、ZOOMとか。

イオンで売っていた、焼きそばパン。
th_IMG_3284
だし巻きドッグもそうだけど、攻めてるね、イオン。
これも、大阪発なのかな。

それにしても食べづらそう。

 

さて、何かと不自由だったり。閉塞感があったりの毎日ではあるが、
やらなければいけないことはあるし、それでも出来ることもあるわけで、
やっぱり動くことは止めずにいたい。

スクールも休館中なので、スタッフも最低限の出勤体制。
コミュニケーションもいつも通りとはいかない。

こんな状況だとメールも即応性に疑問が出たりして、
急ぎや重要なことはLINEを使ったりもするが、
出勤と自宅待機と休暇といくつかのパターンが混在していて、
気の遣いようが、なかなか難しい。

そんな中、各所から
「スタッフさん同士、ZOOMでオンライン飲み会しているみたいです」
との情報が入った。

同業他社さんからも、「ZOMM、かなり使えますよ」と教えていただいた。

どう使うかもあるが、とにかくまずはやってみようってことで、インストール。
早速、みんなにLINEを送る。

「ZOOM、入れてみた。入れただけで、何も分かんないけど」

速攻でソトヤマコーチから招待が来た。
よく分からないが、IDとパスを入れる。

おお!繋がった!
ソトヤマコーチのおデコが超アップ。
カメラの位置変えてくれ。

フカダコーチも入って来た。

エグチコーチも・・・「電力不足で入れません」
何だそりゃ、昭和かっ!

ということで、スマホとノートPCで試す。
複数のデバイス使うとハウリングするのね。
なるほど。

th_IMG_3468
まあ、でもいいんじゃないかな。

再開に向けての準備とか行ったり、
会ったりしないとダメなこともあるけど、
複数会場での打ち合わせはこれでじゅうぶんかも。

ボスも覗き込んで、
「おお!いいじゃん。これから全社会議もこれでいいんじゃないか」
と、気に入ってくれたようだ。

「でも、これだと博多屋で飲めないですよね」とソトヤマコーチ。

「終わったら、博多屋に集合するんだよ」とボス。
意味ないっす。

午後、ボスがPCと格闘していた。
業界団体のミーティングもオンラインでやるらしく、
指定されたオンライン会議アプリのインストールをしているらしい。

何とか、整ったようで、バックアップにスマホ片手にテスト接続。

「おお!繋がった。よく見えるよ」

どうやら成功したらしい。
よかった。
「え?オレの顔が見えない?何でだ?
あ、こっちのPCにカメラもマイクも付いてないんだ」

爆笑。そりゃ無理です。

「当日までにウェブカメラ準備しますよ」と、
ネットショップでマイク内蔵カメラを探す。

何と、売り切れ続出でかなり待たないと手に入らないらしい。
テレワークの影響ね。

何とか数日で入荷しそうなカメラを購入。
会議に間に合うといいな。

オンライン会議とか、飲み会とか、これからは空間のボーダレス化が普通になるのかも。
とはいえ、プライベート空間にカメラが入ってくるわけで、それなりの準備が必要になるよね。
服装とか、女性だったらメイクとか。
室内の様子もそうだな。
ZOOMは背景をクロマキーでつくれるみたいだけど。

飲み会だって、オフィシャルなのかプライベートなのかとかね。
好きな人も、気が進まない人もいるだろうし、
家族がいる部屋にしかPCがない人もいるだろうし。

個人的にはフルではなくともテレワークは賛成だ。
効率が良くなる業務は明らかに存在すると思う。
何より電車が空いてるのはありがたい。

色んなことを駆使つつ、配慮しつつの新時代への対応が必要だ。

カテゴリー: PC, Team REC, インターネット, 仕事, 仲間, 買い物, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ゴムが・・とか、撤退とか。

残り少なくなってきたマスク。
なのにこんな不良品も。
th_IMG_3495
今の状態になる前に買ってあったものだけど、
なんとなく今を象徴しているような。

マスクもまったくないわけではない。
いくつかのチャンネルからは「いかがですか?」と情報が入るようになった。

1枚50〜60円くらいが現在の相場らしい。
やっぱり少し高いな。
マスクの相場観を考えることになるなんて、考えもしなかった。

 

さて、そんな中、衝撃のニュースが飛び込んで来た。

テニス事業撤退に関するお知らせ

テニスの世界からブリヂストンがなくなる?!

リリースされた時間とほぼ同時に、担当のSさんから電話いただいた。
着信に気付かず、「あれ?Sさんから着信」と思いつつ、
メールをチェックしていたら、同様の案内メールが入って来た。

慌てて、プレスリリースを確認。
再度、Sさんから電話をいただき、あれこれお聞きした。
数日後、執行役員のHさんにもお越しいただき、お話を伺った。

ブリヂストンといえば、世界に冠たる大企業。
もちろん、スポーツというよりはタイヤを主軸とした大企業である。

テニス用品の売り上げは数十億円程度。
タイヤという巨大なマーケットとシェアを思えば・・・ね。

テニスブランドの売り上げは多少の差はあれど、
だいたいどのブランドも変わらない。
ラケット、シューズ、ボール、ストリング、ウェア等々、
ギア系での売り上げは40億円行けば大きい方だと思う。

その昔、HEADさんがワールド通商さんの扱いだった頃、
フランクミュラーという、1本軽く数百万円の高級時計を扱っていた同社では、
「テニスの単価は肩身が・・」という話を聞いたこともあるし。

まあとにかく、スポーツの中の1カテゴリにすぎないテニスの売り上げは
親会社が大きいほどに、小さく見えるのも道理である。

詳しい話は控えるけど、テニス業界の中でのシェアや
売り上げ、利益だけがその理由ではなく、
大きな企業戦略の中では仕方のないことだったのだろうと推察された。

36年続いたテニスブランドがひとつ消えるのだ。

カワサキラケット、フタバヤラケットがなくなった時は、
まだ学生だったし、テニスよりも遊びまわっていたころだから、
「ああ、そうなんだ。もうウッドの時代じゃないし」って感じもあった。

YAMAHAがテニスから撤退する時は、
テニスコーチを生業としていたので、
それなりの衝撃と時代の流れを感じた。

ヤマハはプロテニス協会のオフィシャルウェアだった時期もあり、
ワタクシもプロコーチライセンスを取得して最初の年に
オフィシャルウェアをいただいた記憶がある。

昔って、日本プロテニス協会の会員は
毎年、オフィシャルウェアの支給があったんだよなぁ。
どうしたっけな、あのヤマハのウェア。

当然、時代の流れの中で、いくつものブランドが
生まれたり、消えたり、日本での取り扱いが変わったりはあった。

SPALDING、BONNY、PROKENNEX、VOLKL、SNAUWERT、DONNAY等々。

今も続くブランドもあれば、海外ではあるが日本では見ないとか、
完全に無くなったブランドもある。

ブリヂストンはその中でも純潔日本的なブランド。(個人のイメージね)
それだけに、無くなってしまうのは本当に寂しい限り。
これが日本のテニスやスポーツの流れにならないことを祈るばかりだ。

ブリヂストンが取り扱っていたテクニファイバーは、
来年からラコステジャパンさんが取り扱うそうだ。

ワールドワイドでは、テクニファイバーブランドはラコステグループなので、
日本での取り扱いがそうなるのも自然な流れなのだろう。

ラコステジャパンさんににお知り合いはいるのだが、
今後の取り引き等についてはまったく見えていないし、
基本的にアパレルが中心の同社がテニスギアをどのように展開されるのか、
何もわからない状況ではある。

バボラもダンロップから離れ、バボラジャパンが設立され、
ブリヂストンがテニス撤退、テクニファイバーはラコステへ。
ビジネスにおいては普通のことなんだろうけどね。
またひとつの変わり目に来ているのかもしれない。

年末での徹底に向け、スタッフさんには様々な業務が待っているだろう。
店仕舞いっていう仕事は、正直前向きじゃないかもしれないが、
ブリヂストンテニスという名ブランドらしい最後にしてほしい。
ワタクシも出来る限りの協力をしつつ、見届けなたいと思う。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

自撮りとか、ランニングとか。

RECテニススクールも全校お休みになった。

テニスのない生活。
お客様もコーチも選手も。

ワタクシもこれまでの人生において、
そうそうない期間になりそうだ。
って、練習してないだろ!ってツッコミは無しで。

自撮りって滅多にしないんだけど、
思い立って、ラケット持って写真撮ってみた。
th_IMG_3140
思い切りテニスの出来る生活が早く戻りますように。

*まあまあ評判良かったです。この写真。(笑)

 

さて、そんなわけで世間は自粛状態。
ちょっと寂しいが、ここを踏ん張らないとね。

で、やっていいことと、やってはいけないこと。
ジョギング、ランニング、ウォーキングはいいらしい。
よかった。

ってことで、いつもより長めに走っておりま〜す。
(海老一 染之助・染太郎かよっ!)

出来るだけオープンな場所をってことで、海沿いルート。
th_IMG_3298

いつも朝のうちは人が少ないのだけど、
ここ最近、少しだけ違う景色が。

中学生っぽい子たちが多い。
朝も早くから、数名で散歩したり、走ったり。
そりゃ、家にこもってたらストレス溜まるよね。

オープンな場所を少し離れて歩くことで気分転換してるのかな。
友達とも会いたいわな。
はやく学校が始まるといいね。

向こうから犬が来た。
th_IMG_3302
めっちゃカワイイ。
こっちにはあまり関心を示してくれなかったけど。
ワシャワシャしたかったな。

海沿いの公園の端まで行って、折り返す。

帰り道、あちこちのテニスコートをチェック。
th_IMG_3304
こうして回ってみると、テニスコートってけっこうたくさんあるね。

やっぱりどこもやっていない。
th_IMG_3303
オープンスペースで、接触しない競技だから、
OKだと思うんだけど、まあ、今は仕方ないか。

公園から街中を走っていても、やはり普通じゃない景色が広がっている。
生きてて、こんな経験すると思わなかった。
あとで、貴重だったなと思えるようになってほしい。

みなさん、今日もご安全に。
またテニスコートでお会いしましょう。

カテゴリー: テニス, ランニング, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

地ビールとか、プロテニス協会とか。

地ビール。
th_IMG_3282
そんなに味がわかるわけじゃないけど、美味しい。

ただ高い!
1本500円オーバー。
まあ、地ビールだしそんなもんかな。
気軽には買えないぞ。

 

さて、日本プロテニス協会から郵便物が届いた。

th_IMG_2927

開けてみたら・・
th_IMG_2928
認定証に貼るステッカー。

これを毎年、認定証に貼り替えていく仕組みなのだ。

認定証はと・・・どこにあるんだろう?見つからないや。(苦笑)
えー、ワタクシ、理事でございます。
申し訳ない。

でも、もう認定証を使う機会ないからなぁ。
レッスンを持っていないスクールに飾るのもねぇ。

全スタッフの認定証を飾ってるスクールさんもあるけど、
ウチはそれはやっていない。

そもそもワタクシは本部の裏方稼業。
第一線のみんなが良いパフォーマンスをすること、
お客様に喜んでいただく仕組みと仕込みが、その役割り。
表舞台に立つことはほとんどないのだ。
(社外で前に引っ張り出されることは、たまにあるけど)

それでも顔を知ってくださる方もチラホラ。
スクールにいるとお声がけいただくことも少なくない。
で、ブログのネタについて「もっと犬が見たいです」とか、
リクエストいただいたり。(笑)

 

日本プロテニス協会の会員になって、もう随分と長い。

入会前の合宿は兵庫の氷上ローンテニスクラブってところだったっけ。
関東からの参加はワタクシのみ。
関西弁に囲まれた3泊4日は、ある意味カルチャーショックな合宿だった。

入会テストは名古屋だった。

ご高名なテスターに
「キミ、デモンストレーションは100%入れなアカンで」
とご指導いただいた。

心の中で、
「思い切り打ったフラットサーブ、全部なんか入るかいっ!」
って言ってたのはヒミツだ。

なんとか合格し、憧れのオフィシャルウェアとキャップを手に入れた。
ああ、ようやく自分もプロコーチになれたんだなぁって。

その後、数回のアップグレードテストを受け、最高位の資格を取らせてもらった。
打球テストで、ボレーだけ打ちに山梨まで行くプレッシャーっていったら、もう・・ね。

少しずつお手伝いをしつつ、でも数年間は協会関係から離れつつ、
また最近はテスターや地区長として手伝うようになった。

で、今期は理事としてのん活動が始まった。
業界が少しでも良くなるためには、内部に入って動かないと。

しかし、この状況でテニス界全体が休業中。
テニススクールも各協会のイベントも会合も、事務局もストップだ。

ワタクシの担当事業も凍結状態。
年間の事業計画はあるが、先が見えないので動きようがない。
せっかく業界に恩返しができると思ったのに。

何も出来ないのがこんなにもどかしく、苦しいとは。

でも、今はとにかくガマン。
明けない夜はない。
止まない雨もない。

そして再会を信じて、出来ることをしよう。

まずは、認定証を探すことだな。(そこからかいっ!)

カテゴリー: テニス, 仕事, 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

久々とか、リーバイスとか。

巷で話題のラうどん
巷って言っても、Team REC界隈だけど。

なんでかって言うとREC本社の裏にあるから。
で、久しぶりに行ってみた。
th_IMG_3196

しばらく行っていないうちに新メニューができていた。
th_IMG_3199
汁なしラうどん。
ボスの最近のお気に入りらしい。
うん、美味い。

美味しいけど、確実に太る気がするんだよね。
近いのに自制しなきゃいけないのがツライな。

 

さて、毎朝のウォーキングコース。
裏原宿あたり。

先日、リーバイスショップがオープンした。
th_IMG_3091

ワタクシ的にはジーンズといえばリーバイス。
LeeやWranglerもあるが、やっぱりリーバイスなんだよなぁ。

世代的にジーンズの象徴的な存在は、ジェームス・ディーン

ただの白いTシャツにストレートジーンズの
ジェームス・ディーンはメチャカッコよかったし、
時代のアイコンだった。

問題は同じもの着ても、全然そうならないこと。
アイテムが超シンプルなだけに、着る人を選んでしまう。
多分、同じ格好をしてカッコよかったのは吉田栄作くらい。(古い!)

それでも、何本も買ってしまうリーバイス501。
不思議な魅力があったんだと思う。

ちなみに、ジェームス・ディーンが履いていたのは、
リーバイスではなく、リーのストレートらしい。
思い込み、おそるべし。
501というストレートジーンズをカッコよく履きこなすのに限界を感じ、
その後は、503BXXという、若干太めのストレートを履いていた。

赤耳、セルビッジ、ブタンフライ・・復刻版でも25,000円とかしたっけ。
それでも、ビンテージの数十万円は買えないし、復刻版を買いあさった。

それにしても、あの頃、なんであんなにジーンズ買ったんだろう。

BALL、MARITHE + FRANCOIS GIRBAUD、(このあたりはイタカジね)、
Calvin Klein、AARMANI、(このあたりはドレスジーンズ)、
で、エビスジーンズあたりまで。

今も数本、クローゼットに眠ってるはず。
ヤフオクに出してみるかな。
今度、ゆっくりマイジーンズ変遷を遡ってみることにしよう。

それにしても、今のリーバイスって、STRAWARSとコラボしたりするのね。

Levi’s®
x
STAR WARS コレクション

なんだ、それ。
そんなコラボ、おとうさん、許しませんよ!
なんて言ってる時点でオジサンなんだろうな。

なんてことを思いながら、あっという間に表参道だ。

カテゴリー: , 街歩き, 買い物, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

葉桜とか、そこで差がつくとか。

原宿、表参道沿いの小学校。
th_IMG_3093
登校日なのだろうか。
葉桜になりかけた桜の下、
久しぶりに子供達が学校に入っていく。

早く平常に戻るといいね。

 

さて、首都圏、いや全国に自粛要請が出る中、テニス業界もほぼ全社がクローズ。
我がTeam RECも全校がクローズになっている。

スタッフたちも最低限のメンバーが交代で施設に詰めるのみ。
他のメンバーの多くは自宅待機(在宅勤務)になった。

当然、こんなことは初めて。

自宅待機って?
待機ってことは、ただただ自宅で待ってるってこと?
この状況でお呼びなんてかからないのに。

在宅勤務って?
勤務ってことは何かをするんだよね。
レッスンが主たる業務のコーチはどうする?
事務作業と言っても、持ち出せない情報も多いし。

結局は「待機」するしかないのか?

そんなこんなで、急ピッチで体制を整えた。

いくつかのテーマを設定し、レポートを提出する。
自己の業務体制を洗い出し、業務改善提案を提出する。
外部研修のオンデマンド受講体制を整え、受講〜レポート提出をする。
在宅勤務の日は上記のいずれかを選ぶ仕組み。

結果、毎日たくさんのレポートが届く。
シフトの扱いも流動的で複雑になっている。
ここは休暇扱いだからレポート対象じゃなくて、
えーと、ここは?・・・報告と違ってるぞ!とか。

うーん、業務が増えた。
まあ仕方ない、これはこれで対応しよう。

 

で、考えた。

テーマに関するレポート、分量の指定はあるが、
そんなに大変な量ではない。
せいぜい、A4を2枚程度。

テーマもそれほど難解なものではなく、
普段から問題意識を持っていれば、
あっという間に書けるテーマがほとんど。
もちろん、何も考えていなければ苦労すると思うけど。

一日の待機時間を考えれば、時間はじゅうぶん。
いや、余るはずだ。

オンデマンド受講も、そんな長いものはない。
長い講座でもせいぜい2時間だ。
レポートを書いたって、3〜4時間だろう。
つまり、勤務時間の半分にすぎない。

 

基本的に時間は余るはず。
拘束時間のおおよそ半分は自由に使えると思う。
その程度のペースじゃないと、その人の生産性に疑問が生じるな。

チャッチャとレポートを書き上げて、さてどうする?

今日のタスクは終了とのんびりするか、
はたまた余った時間で何かをするか。
この状況をどう活かすかが、個々の分岐点になるんじゃないかな。

本を読む。
オンデマンド研修をもう1講座受講してみる。
何らかの提案書を作成してみる。

マイナス要素ばかりのこの時期。
慣れない在宅勤務と、慣れないレポート。
しかし、普段の業務(レッスン)がない分、時間は捻出出来る。

日々の業務に追われない機会なんてめったにない。

 

人に会わなければならない業務は削られた。
出かけなかればいけないことも削られた。

ワタクシたちは主たる業務であるレッスンがなくなった。
業務時間の70〜80%を占める業務がなくなったのだ。

休日取得も増えた。
今まで取得しづらかった有給休暇、振替休日だ。
休日は休日だから休めば良いが、休まなければいけないわけでもない。
自分にとって有益な何かをしても誰も怒らない。
(家族が怒る家もあるのかな)

このチャンスに出来ることを探すか、何もしないか。

ある意味、試される期間なのかもしれない。

 

どうする。
プレッシャーをかけるつもりはないけど、
この先を自分を決める大事な期間なのかもしれない。

いつでも、どんな時でも、やれることはあると考える人が、
成長出来る人、地力をつけられる人かも。

大事にしよう。
こんな機会、もう二度とないかもよ。
っていうか、もう二度と無しでお願いしたいけど、
今のこの瞬間は現実だから。

あ、これって業務指示じゃない。
あくまで自己啓発、自己研鑽についての大きなお世話ってことで、
よろしくお願いします。

カテゴリー: 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

大阪発?とか、卒業とか。

近所のイオンモールで。
th_IMG_3283
コッペパンにだし巻きが挟んである。
なんとも豪快というか・・・。

大阪発なのか。
しかし、「こだわり間東風だし巻きをサンド」って書いてある。
どっちやねん!(と、関西弁で言ってみる)

th_IMG_3285

大阪ではメジャーな食べ物なのだろうか。
うーん、ありそうだ。
(勝手な関西イメージ。申し訳ない)

もちろん!・・・買ってません。

 

さて、とうとうその日が来てしまった。

インターハイ予選が中止になり、17歳児のすべての試合がなくなった。
コーチには、「インターハイ予選の中止が決まった日で最後にします」と言っていたらしい。
知らなかった。

そして、最後の日。

ワタクシとの練習前の練習を終え、チームの練習へ。
th_IMG_2995

練習前、コーチと少し話す。

「こんな形で卒業なんて・・」とトモコーチも悔しそう。
皆、色んな思いを持っての春になってしまった。

「タクちゃんには、卒業マッチをしてもらいます。見てあげてください」とコーチ。
9年だっけ?ホントにお世話になりました。

練習が始まった。
今年のキャプテンだった17歳児のリードでウォーミングアップ。
th_IMG_3001
アップもこれが最後かぁ。
ひとつひとつが心に響く。

そして、卒業マッチ。
th_IMG_3008
相手は、ひとつ上のトウヤくん。
学校は違うが、たくさんお世話になった先輩だ。
これ以上の相手はいないだろう。

試合は17歳児リードで進む。
th_IMG_3011

th_IMG_3013
ファーストセット、6-2。

今までトウヤくんに勝ったことなんてなかったよね。

コーチからトウヤくんに激が飛ぶ。
「お前、負けたら今日のバイト代無しな」
1年早く卒業したトウヤくんは、コーチとして関わってくれているのだ。

セカンドセット、トウヤくんの逆襲。
th_IMG_3023
セカンドはトウヤくんが取り返す。

時間の関係でファイナルセットはスーパータイブレーク。
th_IMG_3067

17歳児がリード。
そして、マッチポイント。
ジュニアテニス最後の渾身のバックハンドクロスでエース。

すべてが終わった。
ジュニア卒業である。

本人はいたって冷静。
淡々としている。(ように見える)

コーチにお礼を言い、クラブにお礼言い、
帰り道ではもう参考書を読んでいる。
心が揺れているのはワタクシだけか。

良いクラブに出会えてよかった。
いいジュニア時代だった。

テニスがあって良かった。
テニスがなければ、ここまで関われなかっただろう。
ここからは次の目標に向けて頑張るだろう。

きっと彼は自分のペースで勝手に頑張るはず。
これまでもそうだった。
まずは見守ろう。

ジュニアテニス卒業おめでとう!(ちょっと涙)

カテゴリー: テニス, ファミリー, 街歩き, 買い物, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スーパームーンとか、テレワークとか。

さて、某日の帰り道。
運動不足も感じていたので、ひと駅前から歩く。

そうだ、今日はスーパームーンって言ってたっけ。
th_IMG_3143

皮肉なことに、街が暗いからよく見える。
th_IMG_3151

30分ほど歩いて自宅到着。
th_IMG_3170
あんなこともあったなのスーパームーンであることを願う。

 

さて、いよいよ会社から指示が出た。

「出来るだけ、会社に来ないように」

そんなことを会社から言われるなんて、これまで想像したこともなかったぞ。

スクールもなんとか休校中の段取りがつき、
あとは最低限の布陣で、お客様のお問い合わせにお応え出来れば
というところまで整った。

それを受けて、本部スタッフも、
家で出来ることは家でやるべしということになった。
初めての自宅待機というか、在宅勤務というか、テレワークである。

と言っても、ワタクシ、自宅で仕事をするのは、
普通の休みの日と何ら変わりがない。

それが良いのかどうかはわからないけど、
皆んなからの連絡も休み関係なく来るし、
こちらかの連絡も普通に取っている。

ワタクシ的にひとつ決めているのは、
こちらからは、休みのスタッフには電話をしないこと。
どうしてもの緊急事態だけはLINEを送ったりするけど。

あ、だからと言って、ワタクシへの気遣いは不要。
常に臨戦態勢だから、連絡はウェルカムである。

ということで、自主的な在宅勤務ではなく、
公式なテレワークが始まった。
まだ週に1〜2日だけど。

朝、早速、ボスから電話。

「今日在宅勤務だよね」から始まり、あれこれ指令を受ける。
まだ8時半なんですけど。(笑)

で、いちおう9時から気持ちを切り替える。th_IMG_3307
正直、いつもと変わらない感じ。

せっかくなので、テレワーク感を出してみる。

ダイニングカウンターでMacBook Proで仕事。
th_IMG_3305

ワークスペースカウンターの場所を変えて、SURFACEPROで仕事。
th_IMG_3308

あ、いや、遊んでるわけじゃない。
念のため。

環境(デバイス&WiFi)さえあれば、どこでも仕事は出来るな。
必要な時だけ、必要な場所に行けば良い。

ある企業はオフィスを縮小か廃止を検討してるそうだ。
確かにオフィスの固定費は大きいもんな。

今後はこんなことが普通になるのかもしれない。
色んな意味で転機なのかもね。

カテゴリー: Team REC, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。