昼食とか、セコイアくんとか。

出社した日の昼食は、近所の個人経営の飲食店に行くことにした。
営業自粛って言われたって、そうそう店閉められないよね。
そういうお店を少しでも応援しようってことにしたのだ。

この日は普段はあまり行かないお店へ。
夜は居酒屋になるんだそうだ。

メニューも絞っているらしく、とりあえずあるものを頼む。
th_IMG_3447
うーん、サバ味噌を自ら頼むなんて、一生に一度かも。(口が子供なのだ)

全体的には美味しかったです。

 

さて、調子の悪いままのランクルくん。
th_IMG_3327

この状況でディーラーに持ち込んで、営業担当氏とメカニックを乗せ、
首都高を走るのはさすがに断られるだろうと、今のところそのまま。

一般道を走るぶんには、横滑り防止装置の誤作動はほとんど出ないので、
とりあえずは騙し騙し乗っている感じ。

しかし、やっぱり今の状況だと車移動の方が安全な気もするので、
早く直したいというのが正直なところである。

はあ、困ったなぁ・・と思いつつ、何となく、
歴代乗り継いできたクルマをgoogleフォトで探してみた。

1台前は、TOYOTA Sequoia(セコイア)
th_IMG_9325

北米トヨタの逆輸入車で、ランクルより大きい。
th_IMG_2024

実は大きなクルマにしたのには訳が。

この1台前のランクルが盗難にあったのだ。
おそらくあっという間に海外に持ち出されたのだろう。
最終的にクルマは戻ってこなかった。

何よりショックだったのは、クルマに積んであった
バスフィッシングの道具がすべて持って行かれたこと。

ルアー、ライフジャケット、サングラス、その他ボート用品等々。
幸いロッド(竿)&リールは積んでいなかったが、
釣りに必要なものがほぼ全部なくなった。
加えて、コツコツ買い揃えた整備用の工具類も。

盗難保険は、積んであった荷物にはきかず、
車の査定金額のみということ。
どちらかといえば、取り返しがつかないのは
積んであったものたちってことで、かなり凹んだ。

何とか盗難保険(車両代金)が降りることになって、では買い替えをとなった。

いつもお世話になっている四駆専門店に行って、事情を説明。
やっぱりバスボートを牽引するためにはランクルってことに。

「でも、また盗難にあったらなぁ・・。防止策あります?」

「無いですね。相手もプロなんで、狙われたら終わりです」

なんと身もふたもない回答。
そんな話をしながら、ふと奥を見たら、見慣れない車が。

「何ですか?この大きいの」

「セコイアです。北米トヨタの逆輸入車です。ベースはハイラックスです」

「でかいな。ランクルより大きい?」

「はい。ひとまわり大きいです」

「トラックベースの逆輸入車、盗んで海外に持っていく意味ある?」

「まあ、確率は下がると思います」

「しかもこれ、ヒッチメンバー(牽引装置)ついてるじゃないですか」

「はい、トラックベースですから」

「買った!」

ということで、バカでかい左ハンドルの四駆になったという顛末。

この左ハンドル、街乗り、普段使いには少々不便だが、
バスボートを牽引するには何かと具合が良い。
th_DSC_2969

バスボートってアメリカからの輸入もの。
当然、トレーラーもアメ車で操作しやすい側に
ウインチやら何やらの装備が左側についている。

国産のランクルだと、降りて、いちいち反対側に回らなければいけないけど、
セコイアだと、降りてそのまま操作できるのだ。

th_DSC_9003

てなわけで、少々の便利さもあったセコイアくん。

そうはいっても、やはり大きすぎて洗車機には入らないし、
駐車場のゲートでは一度降りて反対側に回って駐車券を取らなきゃいけないし、
路肩に停める時も、少し間を空けないとドアが開かないし、不便の方が大きかった。

でも、あのちょっとワルそうで、大らかな雰囲気が好きだったな。
大きく壊れたわけじゃないけど、小さなトラブルが徐々に増えてきて
今のランクル・シグナスに乗り換えた。

機会があれば、現行のセコイアも乗ってみたいな。
現行型は内装もゴージャスになっているみたいだし。

いい車だった。


カテゴリー: クルマ, , 街歩き, 食べ物, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。