日別アーカイブ:

SHIPSとか、フォースの覚醒とか。

裏原宿。
th_IMG_2865

SHIPSって長いよね。
調べてみたら、アメ横の三浦商店〜MIURA & SONS、そしてSHIPSなんだな。
MIURA & SONSが前身だったこと、すっかり忘れてた。
よく、ポパイとかメンズクラブに載ってたよね。
懐かしい。

そういえば、大学生の頃、SHIPSのトレーナー着てたような。
あの頃から、「流行りものには手を出しとけ」って
じいちゃんの遺言守ってたんだな。
(そんな遺言はありません! from実家)

 

さて、先日紹介した、Wilson JACK Kramer。
th_IMG_3535

まさにワタクシの高校時代に売っていたラケット。

あの頃、国産ラケットのカワサキ、フタバヤは、6,000〜7,000円くらい。
この海外のラケットはめっちゃ高くて、
このJACK Kramerもたしか16,000円くらいだった。

 

で、これを大枚叩いて購入したのが、テニス部のスズキヒデユキくん。

彼も小学校からずっと一緒の友達。
メッチャ運動神経が良くて、運動会ではいつも1着。
小中学校では部活でもエースだった。

それがなぜか高校に入って、ワタクシたちと一緒にテニス部に。
どうしてあんなにスポーツ出来るのに、
まだ愛好会だったテニス部に入ったのだろう。
サッカーかバスケだったら、それなりに頭角を現したろうに。

ワタクシの選択理由は「楽そう」「女子と遊べそう」だったけど、
そういうタイプじゃないんだよなぁ。
いまだに謎である。

 

で、テニスはまったく初めてのワタクシたち。
さすがにテニスの技術要素は運動神経だけでどうにかなるようなものじゃない。
ヒデユキくんも含め、未経験者組は先輩たちからまったく相手にされなかった。

それでも自分たちなりにあれこれガンバッて、まあ形にはなってきた。
ヒデユキくんもそれなりに。
しかし、彼の運動神経を思えば、そんなもん?って感じ。

 

そのヒデユキくんがある時、このJACK Kramerを買ってきた。

なんと!打球から何からが別次元にレベルが上がっだのだ。
速いし、ミスしないし、スピンはえぐいし、どこからでもエース取るし。
まさにフォースの覚醒とはこのこと。
あ、その頃、スターウォーズはないです、まだ。

とにかく、国産ラケット3本分の値段のウイルソンを使った途端、
あれよあれよという間に、チームのナンバーワンに躍り出てしまった。

ラケットでこうも変わるのかと驚愕したものだけど、
たぶん、そうでなくてもヒデユキくんの伸び時と合致したんだろうな。

 

ワタクシも別次元のプレーが出来ると思い、
ラケットをたくさん変えたが、そんなことは起こらなかったのが悔しい。
ちなみに、別次元にモテるかと思って、テニスウェアもたくさん変えたけど、
これはまあまあ効果が・・・ウソです、ごめんなさい。

 

とにかく、このラケットを見ると、ヒデユキくんの覚醒っぷりとともに
懐かしい高校時代が浮かんでくるのだなぁ。

ヒデユキくんはその運動神経通り、体育大に進学し、今は先生になっている。
会ってないけど。

ただ、あれだけ漢字にめっぽう弱かった彼が教壇に立っているってことに
日本の将来への一抹の不安は拭いきれない。

なんせ、「平将門」を「へいしょうもん」って読んだからね。
今は、ちゃんと「たいらのまさかど」って読めんのか?ヒデユキ。

今度、帰省したら連絡してみるか。
これ読まれたらまずいな。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仲間, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。