日別アーカイブ:

角とか、案内とか。

高輪あたり。
th_IMG_4686
以前から気になっていた一角。

メッチャ細い(薄い?)家。
1階はたしかカフェ。

2階は住居ぽいな。
住めるのね。

 

さて、某日はレックテニススクール府中へ。

ミーティングやら、あれこれを終え、コートでレッスン観察。
山本コーチも上高原コーチも暑い中、元気に頑張っている。

ホントこの二人、元気でいいなぁ。
お客様も楽しそう。
暑い中、ご来場いただきありがとうございます。

レックテニススクール府中は15校の中で一番最初に営業を再開した。
各種の感染防止策は、以降の再開校のロールモデルになった。

お客様の入退場路のご案内、コート入り口を入場口、退場口で分ける、消毒液の設置、
コートでは、体操時の配置、ドリル時の配列、ボールアップ時のカゴ配置等々。
様々な感染予防の工夫を凝らし、アップデートしながら再開営業をしてきた。

で、ふとコート入り口を振り返り、案内を見た。
th_IMG_5736
入退場口のご案内だが、はげしい違和感。

近くにいた、フカダ支配人に話しかける。

「これ作ったのだれ?」(キミでしょ、間違いなく)

「私です」(が、なにか?)

「やっぱり」

数秒間の沈黙。
そして二人で爆笑。

「直します」

数分後、表記が変わった。
th_IMG_5738
やっぱり「こっち」じゃなくて「こちら」だよね。

この言い回し、間違いなくフカダコーチだと思ったけど、ドンピシャだった。
まあ、指摘する前に自分で読んで気づいたからよしとしよう。
こういうところが憎めないキャラなんだな。

そして、そんなことがあっても、
「付き合いますよ」と、勝手に獺祭を頼むヤツ。
th_IMG_5739
まあ、たまには良いか・・って、最近はキミとしか飲んでないぞ。

なかなか楽しいレックテニススクール府中である。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。