日別アーカイブ:

キャラクターとか、ストリンガー資格とか。

某日は浦和へ。

浦和校に来るのも久しぶり。
まずは駅前の「うなこちゃん」に挨拶しなきゃ・・・っていない!

たしかここだよなぁ。
うなこちゃんがいた場所に何もなくなっている。

どうにも気になったので、ググってみた。
ウイキペディアによると、浦和西口ロータリーにあることになっている。

どこ?うなこちゃん。
少し歩いてみた。

いた!
th_IMG_6374
少し移動したのね。心配しちゃったよ。
とある理由から、キャラクターに対して受信感度が高い今日この頃である。

 

さて、そんなわけで、セブンカルチャーテニススクール浦和校。

この日はRECオフィシャルストリンガーのテスト。
この資格を取らないと、お客様のストリングを張ることができないのだ。

テストは実技と筆記。
実技テストに合格したら筆記試験を受けられる仕組みだ。

実技は100点満点で手順を細かくチェックされる。
ラケットの傷などの確認、マシンへのセッティングの状態、
ストリングの取り扱い(ほどき方)等々、張り始める前でもかなりのチェック項目がある。

そしていよいよストリンギング開始。
制限時間もありの緊迫した空気が流れる。

中には手が震えている受験生もいたりして、
ワタクシのほうがあまりの緊張に耐えられなかったり。(苦笑)

「話しかけていい?それとも黙って張る?」と聞いて、
受験生が緊張しない雰囲気にしてあげることにしている。

手順通りに張れているか。
無駄な動作はないか。
丁寧に作業しているか。
ノット(結び目)の作り方は正しいか。
工具の持ち方は正しいか。

ちなみに、Team RECの基本ノットは、エイトノットとリチャードパーネルノット。
ワタクシ個人的にはユニノットかスパイダーノットが多い。
・・・って、これは釣りの時だ。

工具の持ち方は怪我防止のための徹底項目である。

工程のすべてをチェックし、実技テスト終了。
th_IMG_6375

手順が抜けた部分、動作がもっと有効に働くようにすることなど、
チェックしたポイントを説明し、改善を指示。

仕上がりも細かくチェック。
th_IMG_6377
ストリングの目が揃っているか、
メインストリングのテンションは揃っているか、
フレームの変形はないかなどを計測していく。

そんな細かな採点を経て、見事合格である。
よかった、採点するワタクシもホッとしたよ。

その後は筆記テスト。
ストリングに関する知識、ラケットの知識、マシンの知識、
メンテナンス方法等についての設問に答えてもらう。

こちらも見事に合格。
晴れてRECオフィシャルストリンガー3に合格である。
おめでとう!

ということで、RECオフィシャルストリンガー資格は3段階ある。

3はシンセティックストリングの張り上げ(1本張り)、
2はハイブリッド等の2本張り、
1はナチュラルストリングの張り上げの資格になっている。

マニュアルは何ページにも渡り、新たなギアや要素が入れば随時更新される。
メーカーさんも進歩しているから、ワタクシたちもしっかりついて行かねばなのだ。

ということで、各校にはこれらの試験に合格したストリンガーが配置されている。
担当コーチのアドバイスはもちろんだが、ストリングを張っているコーチにも
気軽に話しかけてみて欲しい。
担当コーチとはまた違った目線でのアドバイスがあるかも。

そんなこんなで、現在、ストリング張り替えキャンペーン中です。
お気軽にご相談くださいませ。

宣伝かいっ!!(宣伝です)

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。