閉幕とか、いよいよ発表!とか。

全米オープンが終わった。

男子優勝はティーム。
決勝戦のファイナルセットは会社PCで皆で観戦。
どっちに転んでもおかしくない、痺れるような展開。

ティームは足がおかしくなるし、
ズベレフはあきらかにサービスがおかしかった。
そりゃもう大変なプレッシャーだったのだろう。

ひりひりするような展開から最後はティームが勝利。
やっぱりテニスって面白いな。

今年の優勝はバボラとヨネックス。
ヘッドとウイルソンは残念だった。

なんて見方をしてしまうのは職業柄。
メーカーさんも手に汗握りながら見てたんだろうな。

 

さて、そんなタイミングでいよいよウイルソンのアレが情報解禁になった。

th_スクリーンショット 2020-09-14 13.25.38

これね。
th_psrf05
これじゃわからないか。

じゃあ、これを。
th_psrf03
見慣れたシグネーチャー。

そうこれである。
th_psrf04

Wilson PROSTAFFがリニューアルされたのだ。
th_IMG_6363

まずは代表機のこちらをご紹介。

Wilson PROSTAFF RF97 Autograph V13.0
th_psrf06

■フェイスサイズ:97平方インチ
■ラケット長:27インチ
■ウエイト:340g
■バランス:305mm
■フレーム厚:21.5mmフラットビーム
■ストリングパターン:16 x 19
■価格:36,000円(税抜き)

プロスタッフといえば、ジミー・コナーズとクリス・エバート・・・と言うと年齢がバレるな。
やっぱりピート・サンプラスだよね・・・ってこれも古いか。

まあとにかくプロスタッフはテニス界に衝撃を与えた一品。

ワタクシ的にもコーチ駆け出しの頃の憧れの1本だった。
当時は6万円だったっけ。
もちろん貧乏コーチには新品を買えるはずもなく、
先輩コーチから初代プロスタッフを2本譲ってもらった。

だが結局、使いこなせずに手放した。
どこにどう手放したのか、全然記憶にないのだけど、誰に譲ったのだろう。
もったいなかったな。

と、思い出に浸っている場合じゃない。
もう13代目のプロスタッフである。

 

今回のプロスタッフのテーマは原点回帰らしい。
その中にも新たなテクノロジーが詰まった逸品とのこと。

先日、実機を見せてもらった。
th_psrf04

この感じは新しい。
th_psrf09

グラファイトが透けて見えるが、このグラファイトがこちら。
th_スクリーンショット 2020-09-14 13.27.34
今までと編み方を変えている。

サイドデザイン。
th_psrf07

th_psrf08
シンプル&オーソドクス。
初代プロスタッフのラインを再現している。

さらにはストリングパターンの進化も。
th_スクリーンショット 2020-09-14 13.29.35
下半分がニューパターンだそうだ。

実は実機を触らせてもらったが、打っていないのでインプレは書けない。
なんでも入荷数が驚くほど少なくて試打ラケットもつくれないかもだそうだ。
うーん、なんとか打たせてくれないかな、道場さん。

で、今回のプロスタッフのラインナップ。
th_IMG_6364
女性にも使いやすいLスペックを用意しているあたり、抜かりがない。
RF以外のモデルはおいおい紹介していきたい。

 

歴代プロスタッフを並べるとこうなるのね。
th_スクリーンショット 2020-09-14 13.26.05
ワタクシのテニスコーチ人生とかなりイコールな歴史である。
って、並べるなよって感じか・・・

いつの時代でも、バージョンいくつになってもプロスタッフはプロスタッフ。
今回のプロスタッフもまさにプロスタッフな王者の風格を纏った荘厳な佇まい。
ああ、またプロスタッフ使いたくなったぞ。
とにかく打ってみたい。
ウイルソンさん、お願いします。


カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。