エコバッグ とか、電車の旅とか。

完成!!
Team REC エコバッグである。
コットンのナチュラルカラーで畳んでバッグに入れておける。
th_IMG_7427

マチもそこそこあって、収納力もまあまあ。
th_IMG_7428

欲しい?
実はまだ用途は決まっていない。
正確には用途は決まっていないままに製作した。

提案者のケンスケコーチに「用途の想定は?」と聞いたら、
「考えてません。ボクが欲しかったっていうか」だって。
コラコラ!

ということで、レックテニススクールで販売することを検討中である。
たぶん、350円(税込)。
売り切れゴメンなので、見かけたらお早めに!

 

さて、国内ツアーもようやく動き出した。
まだ海外に出ていないTeam RECメンバーは、高崎オープンに出場。

そんな選手が多いと見えて、めっちゃハイレベルの大会になっていた。
そんな豪華な大会だが、なかなか遠いのと、仕事が詰まっていて観に行けず。
なんとかこの日だけはと、無理やり予定を調整して会場へ。

高崎は群馬県。
経路を検索すると新幹線を案内される。
それだけ遠いってことね。

新幹線代がもったいないので、とりあえず在来線を乗り継いでいくことに。
京葉線〜りんかい線〜埼京線〜高崎線と順調に乗り継ぐ。

上尾の手前でふと車内の表示を見る。
え?籠原行き?カゴハラ?高崎行きに乗ったはずなのになんで?
th_IMG_7432

慌てて上尾駅で降りる。
おかしいな。
確かに高崎行きに乗ったはずなのに。

過ぎゆく電車を見ていたら、後半の車両には「高崎」の文字。
前4両が籠原、その後ろの車両は高崎に行くという罠のような仕組み。

うそ〜!まじか〜!
そんなことある?

とりあえず、気持ちを落ち着かせなきゃと、
天ぷらソバを食べる。(なんで?)
th_IMG_7431
2本後の高崎行きに乗る。
今度はしっかり後ろの車両に乗った。

まだここから1時間以上かかるのかぁ。
遠いな、高崎。

籠原に着いた。
しばらく電車は止まったまま。
そうか。前4両、切り離してるのか。
最初の電車でも籠原で後ろの車両に移ればよかったのかも。

うーん、ローカルルールにやられたぜ。

なんだかんだで3時間半の電車の旅。
新幹線なら新大阪着いちゃうぞ。

ようやく着いた高崎でボスにピックアップしてもらい会場へ。
th_DSC_8020
大変な騒ぎだったぜ、ふう。
さあ、応援だ。


カテゴリー: Team REC, ステーショナリー, ダイエット, テニス, テニス用品, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 西郷幸奈プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。