月別アーカイブ: 2021年2月

チョコとか、マスクとか。

バレンタインデーの週はスクールのバックヤードにチョコがたくさん。
みなさんに可愛がっていただいているのがよくわかる。
ありがとうございます。

th_IMG_0646
そんなわけでおこぼれを「今日のスイーツ」にするワタクシ。

 

さて、プリンスさんから新製品のマスクがリリースされた。

生産数がめっちゃ少ないとのことだったけど、数枚のみ入手できた。
th_IMG_0371

新素材な感じでまとわりつかないのがいい。
th_IMG_0372

内側はこんな感じ。
th_IMG_0373
このドットがどういう効果があるのかは分からない。

ヒモ部分はアジャスタブル。
th_IMG_0374
耳が痛くなりがちなワタクシにはとてもありがたい。

ロゴはくっきり。
th_IMG_0375
他のメーカーさんの前ではちょっと・・だなぁ。

この立体構造は圧迫感がほとんどないのがいい。
th_IMG_0376
マスクもどんどん良くなるね。

効果についてはよくわからないけど、つけ心地が良いのは助かる。
合わないやつだと一日中、耳たぶが痛いし。

マスクなしで過ごせるようになるのがいちばんいいんだけどね。
早くおさまってくれないかなぁ。

ちなみにここ最近の愛用はミズノさんのマスク。
スイムウェア素材だったっけ?
柔らかくて肌触りが良い。

メーカーさんのマスクは他社さんとお会いする時に着けられないってのがちょっと。
かといって全メーカー揃えるわけにもいかないし。
そういう時は不織布マスクかユニクロかって感じかな。

まあ、テニスウェアやバッグもお会いする人なりに気を遣うし、
一緒っていえばそうなんだけど。

あ、Team RECのマスクもまだストックがあるけど、
これは春から夏にまだ活躍かな。
その頃は世の中、どうなってるかね〜。
頑張ろう、人類。

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, テニス用品, 仕事, 仲間, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハイエースとか、敬語とか。

ランニングコースにて。

th_IMG_0311

th_IMG_0312
毎週、イベント用のハイエースが停まっている。

実はRECカーの参考にさせてもらったのはヒミツ。

 

さて、たいへんお世話になっている大阪のハセガワくん
もう10数年の付き合いになる。

初めてあったのは前職の時の面接。
変わった子だなと思ったけど、妙な熱量があったので採用した。

一緒に仕事をするなかでは紆余曲折やぶつかり合いもあったけど、
そのパワーと思い込み力でどんどん力をつけていった。
いつのまにか欠かせない仲間として大きな存在に。

そんなある時、突然「辞めます」と衝撃の発言。
聞けば、もっとやりたいことが見つかったとか。
故郷の大阪に戻り3年計画で起業するという。

去る者は追わないことにしているワタクシだが、さすがにこの時は引き止めた。
同僚たちも総動員して止めたけど、結局気持ちは変わらず、彼は去っていった。
それほどの覚悟だったのだろう。

 

それからポツポツと近況報告もありつつ、彼は宣言通り起業した。
そして今も立派に会社を切り盛りしている。

もうどう考えてもワタクシのはるか先を進んでいる彼だが、
今も会う時は徹底して敬語である。

年齢も違うってのはあるにしても、とうに上司部下ではないし、
彼が言う「あの時に鍛えていただいた」のも大昔のことなのに。

 

現在もおおよそ月1回のペースで打ち合わせをしているのだが、
先日、彼の会社で打ち合わせをしていて気づいた。
社員の皆さんにも敬語なのね。

昼食をとりながら聞いてみた。

「社員さんにも敬語なのね?」

「はい。基本的にすべての方に敬語です」

「なんで?」(って、ワタクシが敬語じゃない)

「敬語を使っておいて間違いはないからです」

「距離がある感じにならないの?」

「西郷隆盛は目上目下関係なく、すべての人に敬語だったそうです。それに習っています」

そうなんだな。
やっぱり徹底ぶりがすごい。

 

実はワタクシも基本敬語である。
それは年齢が下でも、部下であっても同じ。
酒席などで多少くだけることはあるが、基本は敬語。
彼ほど徹底はしていないなと思ったけど。

ただ、根っこは同じだと思う。

上司や年上には敬語。
部下にはぞんざいな口調ってのはどうも苦手。
仮に出世して上司になった途端に偉そうになる人、信用できる?無理。

取引関係の立場で口調が変わるのも苦手。
どうして立場が強いと偉そうな口調や態度になるのかがわからない。

この前まで担当者であんなに親しくしてたのに、
部署が変わって、担当を外れた途端によそよそしくなる人とか。
なんだろう、この変わりようって。

 

なんかねぇ。
常に上下とか立場を意識しながら、使い分けるのって大変じゃないかな。
すべての人に敬意を払って接する方がシンプルなのにどうしてそうなるんだろう。

自分のポジションを確認したいのかな。
「オレはお前より上だぞ」「客だぞ」とか。

事あるごとに、端々にそんな確認行為が見える人っている。
細かなことに拘って本質を見ずに押さえ込むとか。

立場的に反論出来ないの分かってて意地悪や嫌味っぽいことを言ったり。
それを冗談にまぶしたって、言ってることは一緒。
相手は「勘弁してくださいよ〜」って笑いながら言うしかないの知ってるくせに。

そういう人と付き合うのって疲れる。(から、付き合わない)

関係性や上下や肩書きだけでなく、すべての人を認め、敬意を払う。
西郷さんて偉かったのね。

そしてハセガワくんも偉いわ。
今となっては彼にしてあげらることもなくて、
教えてもらうことばかりだけど、出会えて良かったよ。
これからも色々教えてね。

カテゴリー: Team REC, クルマ, ランニング, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

carharttとか、青春の味とか。

神宮前、代々木辺り。
th_IMG_0416
carhartt、いいよね。
ジャケットとか、パンツとか、よく買ったなぁ。
ゴワゴワ加減がアメリカのオシャレなワークウェアぽくてよかった。

今はワークマンがすごいらしい。
行ってみるかな。

 

さて、人には思い出の味ってのがある。(よね?)

ワタクシにとっての思い出の味っていうか、ソウルフードはこれ。
IMG_1426

IMG_9081

上野駅前、アメ横入口あたりのクラウンエースのカツカレーだ。

この店、ワタクシが関東に出てきた頃からここにある。

当時は東北新幹線も開通してなくて、
実家に帰る時は上野駅から東北本線に乗る。

お金のある時は特急、無い時は鈍行で延々数時間の電車の旅。

あ、ところで、電車ってなんて言ってた?

ワタクシ、子供の頃は、「汽車」って言ってた。
東北本線とかそういうのは「汽車」、
福島駅から飯坂温泉への小さな私鉄は「電車」って言ってたっけ。

東京に出てきてから、「汽車」って言うことはなくなったけど、
自分の中では新幹線が開通するまでは、心の中の東北本線は「汽車」だった。

 

話がそれた。

ということで、東北人にとって上野は東京の玄関口。
千葉県の市川市から京成線に乗って上野へがいつものルートだった。

福島に行く前に、エースでカツカレー。
帰ってきたら、エースでカツカレー。

当時から500円だったけか。
もしかするともう少し安かったかも。

とにかく、上野に行ったらエースでカツカレーだ。
お腹空いてなくても、エースでカツカレー。
これ、定番ね。
神社の前で手を合わせるくらいな感じ。

だからここのカレーを食べて、30数年になるってこと。
めっちゃ美味しいわけじゃないし、カツもぺらっと薄め。
そのB級感がなんとも好きだった。

自分のGoogleフォトで上野を検索すると、出るわ出るわ、カツカレー。
IMG_7646

以前はカウンターオンリーだったっけ。
IMG_7645
コロナ対策でセルフっぽくなったのかな。

この昭和感。
IMG_7648

IMG_7647

ああ、たまらん。
もちろん今も上野界隈に行けば、よほどの事情がない限り、
エースのカツカレーに手を合わせることにしている。

そんな、青春からの味、エースが閉店してしまったらしい。

うそでしょ?
エースだけは永遠に続くと思ってたのに。

何の予告もなしに、閉店を惜しむ人たちの行列を呼ぶこともなしに、
ある時、普通に店を閉めたらしい。
ファンにとっては急は閉店に思えるけど、閉店は前から決まっていたとか。
なんかエースらしいな。

ああ〜、青春の味がひとつ消えてしまった。
とても残念。
上野に行く理由がひとつ減っちゃったな。

実はこのクラウンエース、茗荷谷にも1店舗あるらしい。
茗荷谷店は行ったことはないが、この味が欲しくなったら行ってみよう。

たぶん、お袋のカレーよりも食べてるエース。(そうか?)
いつか再開してくれないかな。

カテゴリー: 街歩き, 買い物, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

対戦公開とか、ラコステ&テクニファイバーとか。

いよいよ佳境に入ってきたTeam REC CHALLENGE。

選手たちの予定がなかなか合わず、
スケジューリングがとにかく大変だけど、
収録もようやくようやく終盤に。

ということで、鈴木貴男プロと佐藤一平コーチの対戦をアップした。
th_LINE

https://www.youtube.com/watch?v=xkZ35e9reCY

両選手の持ち味が全開の試合になった。
ぜひご覧ください。

 

さて、ブリヂストンテニスが業界から撤退し、
テクニファイバーブランドはラコステジャパンの取り扱いになった。

ラコステといえばジョコビッチ。
そしてラコステ&テクニファイバーといえばメドベージェフ。
ちょっと地味だけどショットはすごい。

全豪オープンの決勝はラコステ対決だった。
これまでこんなことあったかな。

そんな最高のタイミングでテクニファイバー&ラコステの展示会である。
th_IMG_0888

とはいえ、このコロナ禍の状況なので、招待も絞っているとか。
呼んでいただいてありがとうございます。

 

ということで会場へ。
th_IMG_0898

th_IMG_0899

ディスプレイもオシャレだし、オフィスもオシャレ。
さすがフランスブランド。
th_IMG_0897

いいなぁ、こんなオフィスで働いてみたい。

 

担当のアサノさんとあれこれ打ち合わせしつつ、
担当ではないモリモトさんと四方山話。
業界の動向やら将来やら・・・ね。

で、アサノさんから、「ぜひこの部屋をみてください」ってことで・・

th_IMG_0889
ラコステルーム。
ジュエリーショップをイメージしたとか。

中央に鎮座するのはラケット。
th_IMG_0894
ラコステのラケットが発売になるらしい。

 

ラコステのラケットといえば、ギ・フォルジェ。
フェイスの3時9時が内側に凹んだ不思議なラケットを使ってたっけ。

今回、発表されたラケットはテクニファイバーとのコラボモデル。
th_IMG_0890

テクニファイバーのテクノロジーを搭載したモデルだそうだ。
th_IMG_0891

th_IMG_0892
持った感じもしっかり感の強いモデル。
本格派向けなのだろうか。
グリップにはラコステお得意の振動吸収システムが搭載されているそうだ。

今回のモデルは限定数での販売らしい。
しかも数量を聞いたらメッチャ少なかった。
絞ってスタートする戦略らしい。
試打もおそらくできないな。

th_IMG_0895

いや、でも打ってみたいな。
目黒方面に念を送ってみようかな。

とにかく、ラコステといえば、信頼と安心の老舗ブランド。
ワタクシも高校時代から何枚のポロシャツを買ったことか。
表彰してほしいくらいだ。

高校時代、地元の強豪女子校もラコステのウォームアップを揃えてた。
同じ高校生なのに、なんだか迫力あったなぁ。

そういえば、ワタクシのダブルスのパートナーのアンザイくんもラコステのウオームアップを着てた。
坊主頭で真面目一本やり、修行僧的な雰囲気のアンザイくんのラコステはシンプルさが際立ってたな。
似合ってるかは別として。

ちなみにワタクシとアライくんは、ラコステのポロをコートで着ることは少なく、
アイビーのマストアイテムとして、もっはらネイビーブレザーにラコステのポロ、
コットンパンツ(チノパンね)に裸足にトップサイダーのデッキシューズという出で立ちで、
ヘラヘラと街中を歩いていた。

 

そんな(どんな?)ラコステさんが満を持してリリースするラケット。
良いに決まっている。

ブリヂストンさんのテニス撤退で寂しい思いもあるが、
新たな動きは歓迎すべきこと。

テニス界、スポーツ業界にさらなる風を吹き込んでほしい。
ってことで、ラコステラケット、打ちたいです!!

あ、テクニファイバーの話、全然してない。
ストリング、とってもいいです。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スタンスミスとか、Cooさんとか。

裏原宿、アディダスショップのディスプレイ。
th_IMG_0369
やっぱり基本だな、スタンスミス。
何歳になっても履き続けたい。

 

さて、我が家のCooさん。
th_IMG_0136
「最近出番が少ないですね」とお声がけいただくこともあったり。

実はちょっと具合がよろしくない。

もう13歳という高齢でもあるので、寝ている時間が増えた。
th_IMG_9981

th_IMG_9582

まあ、これはこれでのんびりしてもらえばいいんだけど。

 

ある日、歩き方がおかしくなった。
ちょっと引きずっている感じで、ピョコピョコと歩きにくそう。

どうしたのかなと思っていたら、とうとう歩けなくなった。

慌てて病院へ。
th_IMG_9978

まず、左前後の足の肉球が炎症を起こしている。
可能性のひとつはこれが痛くて歩けないのかもということ。

もうひとつの可能性は脊髄の病気。
短足系の犬が掛かりやすい病気で、下半身から徐々に麻痺していき、
最終的には上半身に拡がって、器官も機能しなくなり、
呼吸もできなくなって死に至るそう。

脊髄系の方は、MRIをとっても「可能性がある」程度しか分からないとのこと。
治療法はないそうだ。

消去法で脊髄の病気だった場合は、残りの人生を本人と家族がどう送るかを決めて、
その子にとっていちばん良い方法をとってあげることだと言われた。

 

結局のところ、ハッキリしているのは足の炎症があるということだから、
足の炎症は消毒と薬でまず治すことに。

もし、脊髄の病気だったとしても、Cooさんが痛がったり、
苦しんでいなければ、介護をしながら最期まで一緒にいることにした。

状況は変わり続けるだろうから、その時の判断になるとは思うけど、
Cooは「あ〜、どうして自分は病気になっちゃたんだろう」と嘆いたりはしないから、
自分たちも嘆かないことにした。
まずは、Cooさんと一緒に歩んでいこうってことだ。

後ろ足に力が入らず、立ち上がることもしんどい状態だから、
皆が見える場所ってことで、ひとまずソファの上を定位置に。
th_IMG_0309
ご飯もソファのうえで。

炎症を起こしている足をなめてしまうので、靴下も買った。
th_IMG_9911
器用に外してなめちゃうけど。
しかし、よく寝る。

Cocoさんも心なしかつまらなそう。
th_IMG_0170

それほど仲良しじゃないと思っていたのだけど・・・
th_IMG_0324
Cooさんのそばに行くことが増えた。
近づけば「鬱陶しいな」って関係だったけど、一緒に寝たり。
Cocoさんも何かを感じているのかもしれない。

ペットショップで出会って、はじめてウチに時、
ずいぶんとぼんやりした子だなぁと思ったけど、
違った意味で、今もぼんやりなCooさん。
th_DSC_8323

原因が炎症だけだといいんだけど・・・

カテゴリー: スポーツグッズ, ファミリー, , , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ストリンガーとか、グラファイト97インプレ!とか。

こんなイラストが完成。
th_recknstringing

レッくん、実はRECオフィシャルストリンガーの資格も持っている。
なかなか手つきもいいでしょ。

ってことで、現在、REC全校でストリングキャンペーン中。
ぜひ春に向けての準備をしましょう。
詳しくはコーチにご相談ください。

 

さて、グローブライドさんのご厚意で貸し出していただいた
Prince PHANTOM GRAPHITE97。
th_IMG_0788
■フェイスサイズ:97平方インチ
■ウエイト:315g
■バランスポイント:305mm
■ラケット長:27インチ
■フレーム厚:22.5-21.5-18.5mm
■グリップ:2,3
■ストリングパターン:16×19
■価格:37,000円(税別)

 

週明けにようやく試打の機会が。

スタッフ研修講師役でテンパっているタケダコーチをつかまえて、
「You、ちょっとボクとテニスをしないかい」とジャニーさんばりに言ってみた。
どんな言い方かには関係なく断れなかったとみえるタケダコーチ。
いいやつだな、タケちゃん。

th_IMG_0700

ということで、軽くショートラリーから、いよいよ本番。

 

ケンスケコーチに写真を頼んで、記念すべき1球目〜!
th_IMG_0711

シュパーン!・・・と、ボールはネットの下半分に突き刺さった。
th_IMG_0819
飛ばねぇ〜! 思わず倒れこむ。

グローブライドのほぼ現役プレーヤー、大友氏の
「使えますかね〜」の言葉が頭を駆け巡る。
たしかにこれは簡単じゃないかも。

いや、きっと慣れていないだけ。
ボックスフレーム好きのワタクシに使えないわけがない。

気を取りなおして、強めに、そして若干上方にボールを飛ばす。
ああ、こういう感じなのね。

 

簡単にいうと、「振ってナンボ!
以上である。

って、インプレにならないか。

とにかく、「まさにボックス」なラケットだ。
しなり感は素材が最新だからか大きくはないが、
しっかりホールドする感じはボックス特有な感じ。

初球でネットの下半分に当てておいてなんだけど、飛ばないわけではない。
「ちゃんと振らないと飛ばない」だけね、ごめん。

少し厚めに、頑張ってフルスイングしてみる。
th_IMG_0703

メッチャ、気持ちいい!!

ボールが潰れて、しかもスピンも掛かって、ズドンと相手コートに飛んでいく。
うん、やっぱりこれがこのラケットの本質なのね。

しかし疲れるぜ。
この振った時の気持ち良さと体力&筋力の限界の葛藤が・・・でもいいわ、これ。

スライスもちゃんと振らないと思うようには飛んでいかない。
th_IMG_0702
フェイスが勝手に飛ばしてくれる感じは薄いし、
トップスピンもスライスも自然な引っかかりというよりも
潰し感があっての回転という感じ。

張ってあったのはポリだと思うけど、ナチュラルだとどうなるのかな。
って、勝手に張り替えるわけにもいかないけど。

スピンは前述の通り、厚く合わせて潰してかけるイメージ。
「軽く引っ掛けて」な感じだと威力も落ちるし、思うように距離は出ない。
どこまでいっても楽はさせてくれないラケットだけど、ハマった時の快感は半端じゃない。

やっぱり大友氏のような若くてバリバリのプレーヤ向けなのかな。
でも、さらにひと味引き出せるような気もするんだよなぁ。

これ、いつまで借りてていいんだろう。
th_IMG_0790
もう返さなきゃですよね。
もうちょっとだけ打ってみようっと。

1セットくらいは持つような使いっぷりを見つけたい。

カテゴリー: Team REC, インプレ, スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, レッくん, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ロータスとか、復旧とか。

神宮前、ロータスのディラー。

実車が表に置いてあった。
th_IMG_0411

th_IMG_0412

th_IMG_0409

ロータスってセクシーだよね。
小柄なのもいい。
所有しなくていいけど、一度乗ってみたい。

 

さて、ダウンした自宅ネットワーク。

帰宅して状況を確認するも、対応窓口はとっくに終わっていたので、
次の日の朝から対応することに。
th_IMG_0201
モデムはNTTだ。

 

受付開始時刻の10時。
繋がらないでおなじみのNTTサービスセンターに電話。

たぶん長い勝負になるだろうなと覚悟していたら、すんなり繋がった。
ミラクル!!

住所やら登録状況を伝えるも、
「申し訳ございません。登録が見つかりません」とのこと。
そんなわけない、機器にNTTって書いてあるし。

「いったん切って、調査して再度ご連絡いたします」と言う。

「お願いします」と言いながらふと閃いた。

「ひとつ質問していいですか?
ネットワーク契約はソフトバンクなのですが、NTTさんに電話でよいのでしょうか?
もしかして、違う窓口に電話してますか?」

「そのような契約でしたら、ソフトバンクさんにご連絡いただけますでしょうか」

「あ、そうなんですね。すみません、機器がNTTだったので」

「ソフトバンクさんからNTTに機器交換の依頼という流れになります」

ごめんなさい。
そういう仕組みなのね。

 

ということで、これまた繋がらないでおなじみのソフトバンクのサポートに電話。
なんと、一発で繋がった。

状況を説明すると、
「まず間違いなく、モデムの故障です。NTTから代替え機を送ります」
とのこと。
結局、NTTに戻るのね。
なにか二度手間っぽくないか?

「いつ届きます?」と聞くと、
「2日くらい。うまくいけば明日には」とのこと。

おそらくネットがダウンしていちばん困っているであろう長男に
「明日、モデムが届くかもしれないから、届いたら入れ替えて」と指示。

 

午後、長男から、「つながりました。ありがとうございます」とLINE。

このところ、なんかネットワーク不安定だったけど、
モデムが新しくなって安定した気が。
th_IMG_0260

壊れたモデムは同梱されていたパッケージで送り返して終了。
th_IMG_0261

しかし、事が起きてから2日で完全復旧は優秀だ。
ソフトバンク、NTT、グッジョブ!!
それだけネットワークは重要ってことなんだろうな。

祝、復旧である。

カテゴリー: PC, インターネット, クルマ, ファミリー, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バスとか、試合球とか。

原宿はラルフローレンの前。
ボンネットバスが置いてあった。
th_IMG_9214
いいなぁ。こういう感じ。

これにストリングマシンとエスプレッソマシン積んで、あちこちとか。
昔、そんな提案したこともあったな。
あらためて練ってみようかなと思った。

 

さて、久しぶりの大会観戦の昭和の森オープン。

各種大会が中止になったり、海外に行くことが難しかったりで、
とにかく国内の大会のレベルが上がっている。

この日も、どのコートもとてもハイレベルな戦いが。
th_DSC_3325

隣のコートでは早稲田の白石選手が戦っていた。
th_DSC_3561
すごいね、コートカバー力。
久しぶりに白石選手のプレーを見たけど、パワーアップしてる。

そういえば、プリンスの試打会では相手してもらったんだっけ。
礼儀正しいいい子だったけど、コートマナーも素晴らしい。

どこの大会もこんな感じだから、テニスファンの方はぜひ会場に足を運んでいただきたい。
今だからのメンバーの試合が観られるはず。

 

そんなハイレベルのツアー。
いつも思うのはボール。

序盤でもうこんな感じ。

th_DSC_3567
2ゲームほどなのに。

砂入り人工芝コート&プロ同士のしばき合いだと全然持たないよね。
あっという間に飛んでるボールが大きく見えるほど。
セットチェンジは厳しいんじゃないかなぁ。

実は日本リーグも東京実業団も同じ。
今のテニスを思えば、かなり無理があると思う。
ルール変えましょ。

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, テニス用品, 竹島駿朗プロ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

明太ポテトチーズとか、ネットワークダウンとか。

見慣れないものには挑戦しとけって、イサオおじちゃんが言ってた。
th_IMG_0451

ということで、これ。
th_IMG_0452
めっちゃカロリー高そう・・・味は、商品名のまま。
次はないかなぁ。

 

さて、前日は業界団体のあるプロジェクトのミーティング。
th_IMG_0190
テニス業界の大先輩もご参加されたのだが、
お元気そうでなにより&恐縮で疲れた。

日本テニスの歴史を知る大先輩。
いつまでもお元気でいてほしい。

 

で、Zoomミーティング。
自宅から参加したのだが、時折通信が不安定に。

犯人はおそらく長男。
いちばん通信環境の良いリビングで、ノートPC&iPhoneで動画を同時視聴。
Wi-Fiを無駄遣いしているためと思われる。

腹が立ったので、
「ごめん。仕事にならない。しばらくネット控えてくれるかな」
と、半ギレで言ってみた。

その後、通信環境は安定。
やっぱり犯人はヤツだった。

そんな在宅勤務を終えて会社へ。(行くのかよ?)

 

夕方、自宅からLINE。
ネットワークがダウンしたらしい。

状況を確認すると、どうやら終端装置(モデム)がご臨終っぽい。
th_IMG_0202
アクティブランプが全消灯。
こりゃダメだ。

長男の動画視聴はどうでもいいけど、
そのどうでもいいヤツが、Wi-Fiが使えないととても機嫌が悪い。
キミの動画視聴のために電波飛ばしてるんじゃないんだけど。

ネットワーク料金、払って欲しいわ。
デバイス毎にギガ使用料を従量制で聴取するかな。
Wi-Fi税みたいな、我が家徴収制度とか。

まあ、長男のゲーム中継視聴はどうでもいいけど、
週末に18歳児の受験申し込みをしなければいけない。
今時って、大学受験申し込みもすべてウェブなのね。

とにかく早急になんとかしなければ。

しかしこんなタイミングで落ちるってねぇ。
神様に対応力を試されている気がする。
なんとかしなくちゃ。

カテゴリー: PC, インターネット, 買い物, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スプーンとか、兄弟とか。

カレーが好きだ。(分かってるって!)

ゴーゴーカレーって美味しいよね。
th_IMG_9699

このコクのある、ドロっとした感じ。
ああ、美味しい!
ココイチより好きだなぁ。

最近、気になっているのはカレースプーン。
厳選したカレースプーンが欲しい。
絶対、味変わるよね。


これ良さそうなんだよなぁ。

配送料含めて2,000円かぁ。
でも、良さそう。
買ってみるかな。

 

さて、18歳児である。

コロナ禍で引退となったジュニアテニスは、
インターハイ(予選)がなくなった日にすべて終わった。
信じられないくらいにすっぱりと未練を感じさせないやめかただった。
その日から、彼は一度もラケットは握っていない。

 

そして受験勉強へ。
テニスのことなどまったく頭にないかのように勉強モード。

たまには気分転換のテニスでもと思うのだが、
「もうテニスはやらない」とのこと。

「え?そうなの大学に行っても?クラブのコーチがアルバイトに来てって言ってたけど」
どうやらもうやらないらしい。
小さい頃から一緒にテニスをしてきた身としては何だか寂しい。
関わり方、間違えたのかなぁ。

 

18歳児の部屋。
完璧に片付けられた机。
th_IMG_7674

必需品は除菌ウェットティッシュとファブリーズ。
th_IMG_7675
キミ専用じゃないんだけど。

勉強用のファイルは完全に同じ銘柄でなければダメらしい。
th_IMG_7673

昨年春から触られていないラケットバッグ。
th_IMG_7672

本棚の漫画はすべて1巻からきれいに並べられている。
th_IMG_7679

 

対する長男。
th_IMG_7676

th_IMG_7678

ベイビーステップはかろうじて順番通り。
th_IMG_7677
これ以上は見せられない感じだ。

 

ちなみに18歳児のiPhoneは本棚に置きっ放し。
見てしまわないように、学校にも塾にも持っていかない。
つまり連絡もつかない状態。

iPhoneがなくても大丈夫なようだ。
長男はiPhoneがないと30分で動悸息切れが起こるに違いない。

 

兄弟でこれほど違うものか。
どっちが良いのやら・・・どっちも極端だ。

けじめと整理が徹底している18歳児。
だからテニスにもすっぱりけじめをつけたのだろう。

中学受験も自分で決め、言った通りに合格した。
中高一貫校だから、高校受験は経験せず、6年ぶりの受験。
今はもう見守るだけ。
見てもわかんないし。(苦笑)

思ったようにやるのがいいよ。
がんばれ。

 

カテゴリー: テニス, ファミリー, 買い物, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。