ポスターとか、鈴木貴男プロとか。

Team RECのJPTT・盛田杯のポスターが完成。

th_JPTTトーナメント

いよいよ今週末開催!!
応援よろしくお願いいたします!

 

さて、そのJPTT・盛田正明杯。
Team RECに鈴木貴男プロが合流する。

合流って言い方もおかしい気もするけど、
実はチームと一緒に動いてもらえることには特別な思いがある。

他チームの所属で日本リーグをプレーしてきた鈴木プロだが、
Team REC所属になった時に日本リーグは卒業した。
もう日本リーグはやりきったし、Team RECでの日本リーグには出ないというのが
契約時の約束でもあった。

一昨年だったか、メンバーのけケガやらあれこれで、
メンバーが揃わないのでは?という危機的な状況の時も
鈴木プロに「出てもらえますか?」とは聞けなかった。

関口プロに、「周一、仲良しなんだから聞いてよ」と言ったが、
「いやぁ、聞きづらいっす。ためブロさん、貴男さんに聞いてください」
みたいな攻防があったほど。

結果的になんとかなったのだが、実は鈴木プロも「これはオレかな?」と、
ある程度の覚悟をしていたというのは後で聞いた。
頼めば良かったな。

 

そんなわけで、ここ数年は日本リーグも観客席からの応援。
アドバイスをもらったりはあるが、コートレベルには降りてこないのが約束だった。

で、今回、このコロナの状況下や大会の主旨、チームの意向を汲んでくれて、
チームメンバーとして合流してくれることになった。

スケジュール的には内山選手のコーチとして海外ツアーに出ているので、
隔離期間等々の関係で無理かもしれない状況だったが、
なんとかそこもクリアできそうだということで、Team RECの鈴木貴男プロが実現した。

 

実は、貴男さん、引退を表明してから試合が出来ていない。
昨年の早稲田フューチャーズがその舞台になるかもというところだったが、
新型コロナウイルスでツアーは軒並みキャンセル。
大会の無いままに現在に至っている状況なのだ。

もちろん、Team RECのイベントなどで引退マッチやセレモニーをとの想いもあるが、
この状況ではイベントも組めずで、今日に至っているというわけ。

ならば、この大会で何か出来ればという、ボスの思いと、
大会サイドの思いが一致して、「鈴木貴男ラストマッチ」ということになった。

th_165277378_117241457111437_461359543655704936_n

対戦相手などはまだ未定だが、鈴木貴男プロの試合が観られるだけで、
もう血湧き肉躍るって感じである。

もちろん、チームとしての試合にも期待はあるが、
この大会がなければ実現しなかったラストマッチ。
ぜひメモリアルとして皆さんにも共有いただけたらウレシい。

あ、もちろんこれで終わりじゃなくて、Team RECとしても
機会はつくるつもりなので、その時はよろしくお願いいたします。

ああ、楽しみ!
盛り上がる週末にしよう!


カテゴリー: Team REC, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。