日別アーカイブ:

ぼっかけとか、ブルイク・フェイスマスクとか。

関西某所で。
th_IMG_8835
関西には「ぼっかけ」というものがあるらしいってことで、
ぼっかけ蕎麦を注文。
美味し!満腹。

 

さて、コロナ禍で欠かせないのがマスク。

もういい加減、マスク生活にも慣れては来たけれど、
やっぱり気温が上がってくると暑いし息苦しいしで、ちょっとしんどい。
テニスのプレー中はマスクは外すけど、レッスンは基本着用なので、
コーチたちにとってマスクは大きな問題でもある。

そんなアスリートの悩みを解決する最強アイテムが登場!
th_スクリーンショット 2021-04-03 20.23.24

blueeq ATHLETE FACE MASK(ブルイク・アスリートフェイスマスク)

一部ネットショップでもすでに販売されているが、
この度、プリンステニスを取り扱うグローブライド社が取り扱いを開始したのだ。

このフェイスマスク、かなりの優れもの。
世界に名だたるスポーツブランドN社の企画部門におられた方が
立ち上げたブランドということで、機能面、デザイン面ともに突き抜けている。

 

ってことで、ご紹介。
th_IMG_1925

特徴的なのが、耳かけじゃなくて、首にかかるストラップ。
このストラップをグルリと回して留めることでしっかりフィットする。

そして耳にかかる負担が少なく、耳が痛くならない。
th_IMG_1928

首側のストラップはベルクロテープ。
th_IMG_1927
フレキシブルな調整が可能だ。

フェイス部はこんな感じ。
th_IMG_1929

鼻の部分がメッシュ構造になっている。
th_IMG_1931
マスクをすると鼻呼吸中心になるので、ここをメッシュにすることで
息苦しさから解放されるという仕組みである。

内部のデザインを観てもらうと分かるが、リバーシブルになっている。
th_IMG_1933
まあ、ワタクシは黒で使うと思うけど。

 

収納ケースも付属している。
th_IMG_1923
このケースに入れて、洗濯機にポン!でいいそうだ。

細かな部分にも気遣いが。
th_IMG_1924
ケースにはジッパータブが収納できるフラップが。
洗濯時に引っかからないようにかな。

ベルクロ部分にが変なところにくっつかないように布も。
th_IMG_1926

実際に装着してランニングをしてみた。(テニスしろよ!)

フィット感は問題なし。
変に位置がずれないので、呼吸部分も確保されていて息苦しさもない。
薄手のマスクだと汗で張り付いたり、濡れて通気しなくなったりするのだが、
それが無いため、かなり快適。

これはいいぞ〜!
オススメです。

 

微に入り細に入りのブルイク・アスリートフェイスマスク、
実はTeam RECにもサポートいただいている。

今週末のJPTT・盛田正明杯でもメンバーが着用予定。
試合中はマスクはしないが、あらゆる場面で活躍するはず。

RECテニススクールでも取り扱い予定なので、
4月22日の発売をお楽しみに!!

@blueeq_eqjapan
#blueeq #ブルイク #ATHLETEFACEMASK #sportmask #スポーツマスク

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。