日別アーカイブ:

鈴木プロとか、ピキッ!とか。

鈴木プロの契約ウェアのmoveさんがイメージカットを製作。

th_IMG_7864

いい感じだ。
どこを切り取っても絵になるなぁ。
さすがである。

 

さて、ピキッと来た。
腰がだ。

車からカメラ機材を降ろし、持ち上げようと屈んだ瞬間に腰が軽い衝撃が走った。
まだ何も持ち上げてもおらず、本当に屈んだだけなのに・・・

大きな衝撃ではないけど、ぎっくり腰に向けて崖っぷちな感じ。
うっかり変な姿勢や衝撃を与えた途端に、
ぎっくり腰側の崖下に転げ落ちそうな予感満載。

湿布を貼り、痛み止めを飲み、変な体制にならないように
気をつけながら1週間生活をしてみたが、いっこうに良くならない。

週末にゴルフもしたが(したのか?)、思い切りクラブを振れない。
スコアはいつもとあまり変わらなかったけど。

 

週明け、各メーカーさんにお越しいただいて、
ラケットキャンペーンに向けた選定試打会があったのだが、
さすがにボールを打つのはやめておいた。

ほとんどのモデルはすでに試打をしているのでいいんだけど。

メーカーのスタッフさんには「どうして打たないんですか?」と聞かれたが、
「軽いぎっくり腰で」と言うのも恥ずかしかったので、
「皆がたくさん打てるように」とウソをついておいた。

ボスには「腰が痛いのか?」とバレてたけど。

 

しかしまいったな。
五十肩に加えて、ぎっくり腰かぁ。
ジイサンじゃん。

ちなみに五十肩は60歳になると治るという噂があるけどホント?
たぶんウソ。名前が変わるだけだよね。

ひどくはならないが、良くもならないこの状況。
いつまで続くのか?

 

ある夜、痛みのために、よいしょと打っていた寝返り。
仰向けの体制で、腰をほんの少し、体感的には1センチもないくらい
微妙に持ち上げてみたところ、背骨と腰の骨が「コキッ」とハマったような感触。
外れかけていたパーツがハマったような。

ん?なに?この感触。

そこからウソのように痛みが引いた。
完全に引いたわけではないが、
一歩間違えばギックリという感じはなくなった。

あのとき、屈んだ拍子に関節の何かがずれたのか?
それが元に戻ったのだろうか。

漫画やドラマで、整体師が「エイっ!」ってズレを直したりするのって、
ほとんどウソの世界だと思ってたけど、もしかしてこういうことなのか?

 

これ、自分で意図的に出来たらすごいな。
でも寝ぼけていたし、再現は難しそう。

まあ、何にしても戻って良かった。
とはいえ、どうしてどこかが外れた感じになったのだろう。
歳のせいかな。
あらためてダイエットして腹筋、背筋をつけなおそうと思った秋である。

 

カテゴリー: Team REC, ダイエット, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。