カテゴリー別アーカイブ: カメラ

大砲とか、撮影とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

こんなレンズを見つけた。
sgmbn
シグマの望遠レンズ 200-500mmf2.8
カメラが装着されていないから分かりづらいけどメッチャ大きい。

こちらのサイトで画像を見ていただくと分かると思うが、
ほとんどロケットランチャーである。

重さは15kgオーバー、そして値段はなんと200万円オーバー!
どんなシチュエーションで使うのだろう。
こんなの持ち歩けないよね。

欲しいとは思わないが、一度で良いから覗いてみたい。
カメラの世界はキリが無い。

 

さて、過日。
カメラ機材を積んでレックインドアテニススクール上石神井へ。

この日はホームページやらその他媒体用の写真撮影。
レッスン中にお邪魔してシャッターを切らせてもらった。

レッスン開始時に、撮影が入ることをお客様にお願い。

「みなさ〜ん。今日は写真家が来ております。
ホームページ等々に使わせていただきます。
お化粧のノリが今ひとつの方はお申し出くださ〜い!」
と、ナオキ支配人。

ナオキさん、写真家って・・・言い回しが古いよ。(苦笑)

ということで、コーチ中心に撮影。

ゲンキコーチ
DSC_5330
若さ満開っぷりが羨ましい。

カナザワヘッドコーチ
DSC_2619
実物よりも爽やかに撮ってあげた。

ナオキ支配人
DSC_5159

ナオキさんのレッスンは笑いが絶えない。
DSC_5285
希代のパフォーマーである。
誰にも真似が出来ないナオキワールドが展開されている。
さすがです。

そして最後にはこれ。
DSC_2580
夏らしく浴衣のフロント3人娘である。

浴衣に鮮やかなフォルクルのラケットが映える。
ナオキさんのリクエストでプレー写真も。
DSC_5650
なかなかいいんじゃないかな。

近々、団扇になって登場予定。
お楽しみに!

カテゴリー: カメラ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

不良品?とか、開幕とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

いよいよ今日から!
banner_520_120
有明を真っ赤に染めよう!

 

数ヶ月前に購入したEye-Fiカード。
iMacに挿入したが何も起こらない。
まったく認識している気配がないので再度引っ張りだす。

なんと端子部分の仕切りのプラスチックパーツが
曲がっている上に一部折れていた。
DSC_2008
SDカードでこんな壊れ方をしたのは初めてである。

仕方が無いので、無理矢理方向を戻して突っ込んだら、
なんとか認識したので、そのまま使っている。

けっこう思い切って購入したEye-fiカードだったんだけどなぁ。
海外製品てこんなものなのかな。
ちょっとショックである。

 

さて、デ杯ワールドグループ準々決勝の幕が開いた。

Best8自体が歴史的な出来事ではあるが、もちろん目指すは優勝。
エースを欠いた日本チームではあるが、それは相手のチェコも同じ。
しかし、圭が抜けると100位以内がひとりもいない日本に対し、
ステパネク、ロソルがいるチェコが有利なのは事実。

何が起こるか分からないでデ杯。
ホームの利を生かして何かを起こして欲しい。

ということで、有明入り。
IMG_7899
並んでる。

ようやく中に入ると、デ杯デビュー戦のダニエル太郎が練習中。
IMG_7904
線は細いけど大きい。
先が楽しみな選手である。

ワタクシたちも応援準備。
今回はサポーターズシートということで、
まとまって応援が出来るのが良い。
DSC_0202

選手の顔看板も登場。
DSC_0201

横断幕
DSC_0207

姐さんも気合いが入っている。
DSC_0205

超満員ということで、いつものビッグ日の丸は出せなかったので、
ワタクシたちのブロック分だけをカバー出来るサイズを作った。
DSC_2043

中はこんな感じ。
DSC_2087
出すタイミングは難しいね。

向こう側はスポンサー関係席らしい。
DSC_0242

ということで、開会式が始まった。
DSC_0212

初戦を飾る伊藤竜馬。
DSC_0213

デビュー戦、ダニエル太郎。
DSC_0214

そして試合開始。
DSC_0221

立ち上がりから飛ばす竜馬。
DSC_0271

防戦に回るステパネク。
DSC_0294
しかし百戦錬磨のステパネクは徐々に自分のペースに引き込む。

と、何やおかしな空気に。
DSC_0318

どうやら腹筋を痛めたらしい。
DSC_0321
なんとか試合に戻るも結局敗退。
初戦を落としてしまった。

続いて登場はダニエル太郎。
DSC_0432
試合開始1ポイント目で相手の格上ぶりを見せつけられる。

が、2セットダウンから太郎のテニスが変わった。
スピンでシャリシャリ入れていたショットが徐々にガン打ちに。
スーパーショットの連続で相手を追いつめていく。
DSC_0450
序盤とは別人のようなプレー。
これが本来なのね。

試合はファイナルセットに入るも、振り切られ敗退。
DSC_0494
うーん、残念。
しかしダニエル太郎のポテンシャルは今後に期待出来るものだった。
筋肉がついてきたらまた変わるだろう。

応援団も頑張った。
DSC_2066
しかし崖っぷちである。

そして今日はダブルス。
日本チームの課題の2日目である。

なんとか勝って最終日に繋いで欲しいぞ。
We are the “TEAM”
ガンバレ、ジャパン!

カテゴリー: カメラ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

20年何振り?とか、修理完了とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

知らない番号からの着信。
基本的に知らない電話番号には出ないのだが、
この時は何となく出てみた。

懐かしい呼び名で問い掛けられた。
大学時代の呼び名だった。

掛けて来たのは大学時代の後輩。
卒業してから何度か会った事があるような気がするが、
おそらく20年以上は会っていないだろう。

「よく電話番号知ってたな」というと「どうしてでしょう?」と言う。
こっちが聞いてるんだけど。

聞けば、今はゴルフのインストラクターをしているらしい。
オマエがゴルフ?と言いたいところだが、
まあ20台前半の頃しか知らないわけだから、
色んなことがあったのだろう。

むしろ、その頃からのテニスで飯を食っている
ワタクシのパターンの方が珍しいのだろうな。

というわけで、久しぶりに会った。
「どこに行けばいいですか?」と言うので
ワタクシも地元に呼び出して飲んだ。
IMG_7626

特に懐かしいわけでもなく、普通に楽しく飲んだ。
お互いに歳はとったが、バカさ加減は変わらないような気がした。

ちなみにワタクシ、学校とかテニス部とかサークルとか、
昔の友人との関係は一切無い。
同窓会的なものにも一度も出た事が無い。
そもそもそんなことをやっているのかも知らない。
もしかしてワタクシだけ呼ばれていないのかもしれないけど。

まあでも、学生時代のクラスメイトの顔を思い出そうとしても
全然頭に浮かばないから、仮に同窓会に行ったって、
誰に会っても分からないと思う。

こうして知ってる顔と会えればいいやと思うのだが、
そういう考えが昔の繋がりが切れる原因なのだろう。
いや別に困っていないけどね。

 

さて、修理に出していたD300sが帰って来た。
IMG_7634

修理代は締めて16,989円。
IMG_7640
3万円くらいと言われていたら、まあ良しとしよう。

しかし修理代を見るとほとんどが技術工賃。
IMG_7639
修理項目を見ても、「調整しました」ってのが
微妙に高いなという印象だ。

まあとにかく直って良かった。
IMG_7636

せっかくなので、新規投入したD7100と比べてみた。
IMG_7637

IMG_7638

かなりコンパクトだなと思ったD7100だが、
並べてみるとそんなに変わらない。
それでもD300sがかなり大きくずっしり感じるのは
ずっと手持ちするカメラにおいては、
少しの差が大きいってことなのか。

せっかくなので何枚か撮影。

オートフォーカスがびしっと決まるって素晴らしい。
(注:普通です)
まだしばらくはメイン機として頑張って欲しい。

しかしそのうち出るのかな、D400。
出たら絶対に物欲大魔王が顔を出すなぁ。
どうなの?ニコンさん。

カテゴリー: カメラ, | 投稿者Tameblo 05:00 | コメントは受け付けていません。

ワインとか、新兵器投入とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

こんなアプリを教えてもらった。
vvnap
Vivian

ワイン選びのアプリだそうだ。
ラベルの写真を撮ると、そのワインの平均価格や味、
評判などが表示され、購入の参考に出来るというもの。
ウメダコーチが愛用しているらしい。

さっそく飲んでいたワインのラベルを撮影。
IMG_7671
なるほど、こうなるのか。
飲んだワインの記録にも使えるわけね。

ランニングのアプリも記録が残るというモチベーションがあるし、
ワインも飲んだ記録が残るのは楽しいかも。

FacebookやTwitterとも連動出来るようだけど、
安いワインばっかりなのが分かっちゃうので
それはひとまずやめておいた。

なかなか面白いアプリだ。
しばらく使ってみよう。

 

さて、さすがに古くなったD50。

新しいボディを追加して良いと会社の許可をもらい、
あれこれ検討したのだが、D300sを超えるDXフォーマット機は
現在のところ発売されていないらしい。

せっかく予算枠をもらえたのだが、
予算上限よりも結構低いところで納まりそう。

ということで、頼んでおいたブツが届いた。
IMG_7600

購入したのは、NIKON D7100。
IMG_7611
D300sよりも若干小ぶりのボディ。

操作系も少しシンプルなのかな。
IMG_7613

IMG_7612

内蔵フラッシュのところにステレオマイク。
IMG_7615
微妙な進化が見て取れる。

コンパクトフラッシュのスロットが無く、
SDカードスロットがダブルになった。
DSC_2016
こっちのほうが便利だ。
これもウレシい進化。

バッテリーグリップも購入。
IMG_7605
縦構図撮影が多いので、必需品だ。

カメラマンのKさんからは「シャッター音がショボいですよ」
と言われていたが、確かにメカっぽくない軽い音。
こういうのって大事な要素だと思うのだけど、
どうしてこんな音で良しとなったのだろう。
ちょっと不満。

単焦点レンズを装着。
DSC_1997
被写体を探す。

Cooさん
DSC_0003

Cocoさん
DSC_0021

単焦点なのでボケが大きくなっちゃったけど、
フォーカスも早いし悪くない。
記録サイズが大きいので、PCでの処理に
時間が掛かるのが難点と言えなくもないかな。
(と、Kさんも言っていた)

値段ではなく、新しいものは性能が
良いのだなぁと実感した1台だった。

カテゴリー: カメラ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

卒業とか、修理とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

卒業式である。
IMG_7509
長男が中学校を卒業するのだ。

ワタクシ、決して忘れていたわけではないが、
何かと忙しく、当初は行かない予定だった。

が、土壇場でなんとか都合をつけて出席。
ギリギリに駆け付け、最後列に潜り込んだ。

これじゃ全然見えないやと思いきや、
最近の卒業式って、モニターが置いてあるのね。
IMG_7511
市立中学なのにスゴイな。

式前半の入場と卒業証書授与だけ見届けて退席し、
仕事へ向かったのだが、けっこう男親も多かった。
ワタクシの記憶では、こういう場に
父親が来たことってなかったような。

最近は違うのかな。
それともワタクシが普通じゃないのか。

ちなみにこの中学校はこんなシャレた建物だ。
IMG_7517
手前に見えるのは体育館。
ジャムおじさんのパン工場ではない。

制服は無しの私服通学。
決まった教室は無く、授業の度に教室を移動するという、
ほとんど大学のような中学校なのだ。

向かい側にあるのは小学校。
IMG_7516
ここも公立とは思えないオシャレな外観である。
このへんは新しい街ならではなのかな。

卒業式と妻の誕生日と祝い事が重なったので、
家族で美味しいものでも食べに行こうかと話していたら、
「あ、オレ、打ち上げがあるから」と長男。
中学生卒業の打ち上げってなんだよ!

後で聞いたら、みんなでサイゼリヤに行ったそうだ。
とにかく卒業おめでとう!

 

さて、突如として動かなくなった愛機Nikon D300s。
IMG_7498
その後もあれこれいじってみるも、結局ダメ。

知り合いのカメラマンにKさんに相談し、
ニコンのサービスセンターに持って行くことにした。

Nikon Imagingは新宿エルタワーの高層階にある。
IMG_7529

27階で降りる。
IMG_7523
いい眺めである。

廊下の先がNikon Imaging。
IMG_7528

落ちついた雰囲気のショールーム。
IMG_7521

修理カウンターに行く。
IMG_7520
番号札を取り暫し待つと、上条恒彦みたいなひげ面の
カメラマンオーラのあるおじさんが対応してくれた。

原因は調べてみないと分からないが、
おおよそ3万円くらいじゃないかとのこと。
修理完了後は自宅に送ってくれるとのことなので、
カメラを預けてきた。

痛い出費だが、3万円で済めば御の字かなぁ。
(いや、でも痛いな)

 

それにしても不思議な空間だなぁ、ここ。
女子率は0%。
オジさんさんばかりだ。
あ、ワタクシもそのひとりなのか。

でも、カメラに限らず望遠鏡やらのニコン製品を触れるし、
なにより雰囲気が落ち着いているし、ナイススポットだ。
IMG_7525

ニコンの最高峰機をいじり倒してみた。
IMG_7524
逆立ちしても買えない値段。
それ以前に使いこなせないだろうけど。

カメラ、引き取りにしてまた来るのが良かったかも。
今度、また寄ってみよう。
ニコンさん、よろしくお願いします。
(安く直してね)

カテゴリー: カメラ, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

タスキとか、壊れたとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

春の戦いが始まった。
春期実業団リーグに先駆けてビジネスパル東京大会だ。

昨年は大方の予想に反して、あれよあれよと東京準優勝、
そして関東4位、全国Best8と一気に全国区までコマを進める事が出来た。
しかし冷静に振り返ると、どれも崖っぷちの接戦というか、
すべてが奇跡的な勝ち上がりだった。

今回もあんなことが起こるかと言うと、それはないだろう。
負ければ終わりのこの大会。
毎回、ゼロスタートの気持ちで臨むのみである。

ワタクシたちの仕事柄、土日はレッスンを休みづらい。
必然的に現場のスクールをやりくりし、
登録メンバーを組まなければいけない。

つまり選手を微妙に入れ替えての戦いになるわけで、
負けてしまえば戦いの場に臨めない選手も出る。
次の日、次のラウンドにひたすらタスキを渡して行く
さながら駅伝状態での戦いがワタクシたちのスタイルなのだ。

初日、有明に集まった選手たち。
DSC_0221
今回は第1シードなので2回戦から。

この戦いの意味を確認し、試合に臨む。
DSC_0223

ダブルス1は中川・吉村。
DSC_0229

そのプレースタイルから、シングルスしか
生きる道は無いのではと思われていた中川コーチ。
DSC_0243
まさかの覚醒を見せての大活躍である。

あんなに攻めのテニスをする中川コーチは初めて見た。
最近替えたラジカルもジャストフィットらしい。
DSC_0249
フィニッシュがアンガールズなのは変わらない。

吉村コーチ
DSC_0252
いつも通りのロケットフォア。
見事に2勝である。

 

シングルスは宮田コーチ。
DSC_0261
昨年のこの大会でスングルスを戦い抜いた、躍進の立役者でもある。
この日も2勝をあげた。

 

ダブルス2は茢田・橘定。
DSC_0305

茢田コーチ
DSC_0308
昨年のこの大会、そして実業団リーグで社内MVPを獲った頼れる選手。
「神様、茢田様」という言葉が生まれた程に、とにかく安定している。

橘定コーチ
DSC_0298
気合いが空回りしたり、チキったりすることもあるが、伸び盛りの若手である。
頼れるペアと組んで、2試合目はナイスショット連発していた。
試合前、ワタクシに「メンタルを強くするにはどうすればいいですか?」と
聞いてきたが、10分やそこらでどうにかなるもんじゃないので答えようが無い。(苦笑)

この二人も2勝。
つまりこの日は完勝で2日目にタスキを渡す事が出来た。
DSC_0427
さあ、次のランナーも頑張ろうぜ!

 

さて、そんな大会のさなか、ワタクシは一人焦り、悪戦苦闘していた。
IMG_7498
突如、カメラの調子が悪くなったのだ。

オートフォーカスがまったく効かない。
シャッターを半押ししても、レンズがうんともすんとも言わないのだ。

しかも壊れた方はメイン機のD300s。

もう一台のD50はとっくに廃盤の10年選手。
SDカードも2GBまでしか読まないし、
いい加減買い替えなきゃと思っていたのだが、
まさかのD300sの故障。
どうせなら古い方に壊れて欲しかった。

結局、振っても撫でても復活せず。
ニコンに修理に出すしか無いと結論付けた。

こんな大事な時に壊れるなんてと愚痴っても仕方ない。
この週末はサブ機で何とか凌ぐとして、
あとは修理期間がどれくらい掛かるかだなぁ。

なんてことを思っていたら、ボスがひと言。
「会社の備品として、新しいの1台買おう。どうせならいいヤツ買え」

ありがとうございます!
機種選定しなきゃ。

カテゴリー: カメラ, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

新製品とか、新兵器とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

コーチのオススメである。
IMG_7335

何かと言うと、グリップテープだ。
IMG_7337
RECの刻印入りのオリジナル・グリップテープ。

巻くとこんな感じ。
IMG_7362
汚れてくると、いい感じでロゴが浮き上がる。

モノの良さは折り紙付き。
フワッとピタッと手のひらにフィットする。
2月末に発売予定である。
よろしくお願いします!

 

さて、頼んでいたブツが届いた。
IMG_7281
SIGMAのレンズである。

このところ、望遠側に新兵器を投入してきたが、
施設撮影には広角レンズが必要である事に気づく。
あれこれ調べたが、やっぱり必要ってことで・・・会社で買った。
(ありがとうございます!)
IMG_7286

花型フードを装着。
IMG_7285
口径の広い明るいレンズである。

カメラに装着。
IMG_7287
いい感じである。

取り急ぎ、ワタクシの自宅ワークスペースを撮ってみた。
DSC_0764
ここまで撮れるのか。

ついでにCocoさんも。
DSC_0766
ライオンキングみたい。

テニスコートもこんな感じ。
DSC_0831
スゴイな、広角レンズ。
ますます用途が広がりそうだ。
しかし、カメラの世界は奥が深いなぁ。

あ、清算しなきゃ。

カテゴリー: カメラ, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

プロとか、レンズとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

東京都知事杯・有明チームテニスコンペティションには毎年ゲストプロが登場する。
DSC_9056
今年は佐藤博康プロ・美野越舞プロ・岩見亮プロ・波形純理プロ。
いつもながら豪華な布陣である。

プロ選手のセクションはエキシビションマッチに始まり、
コートを移動してのプロクリニックなんかもある。
DSC_9136
プロ選手と打ち合え、アドバイスももらえる。
脇を固めるコーチたちも各スクールの支配人クラスの方々という豪華布陣。
参加希望者がズラリと順番待ちをする人気イベントだ。

そしてプロに挑戦コーナー。
DSC_9183
プロとダブルスが出来る。
上手な方には適度に本気で、優しくして欲しい方には優しくと、
プロならではの試合回しで楽しませてくれる。
ポイントを取る事が出来ると豪華な粗品(?)がもらえる。

ちなみにこのイベントの司会は安井まみ子さんとレックのWさん。
長らくのコンビなので息もピッタリとかそうでもないとか。

表彰式はすっかり日が落ちた頃に行われるのだが、
毎年プロの皆さんも参加してくださる。
DSC_9200
まさにフル参加のプロ選手の皆さんである。
本当にお疲れ様でした。

 

さて、そんな都知事杯に新兵器を投入。
そう、件の高級レンズである。
RIMG0550

メッチャ重いので、有明テニスの森全体を歩き回るこのイベントに
持っていくかどうか、正直迷ったのだが、事務局長の微妙な期待と言うか
プレッシャー(?)もあり、頑張って持っていった。

先日のALLRECでも使ったのだが、今回あらためて思ったのは、
やっぱりすごいレンズだということと、簡単じゃないなってこと。

すごいって言うのはその模写力。
被写体の細かなところまでしっかり映し出す怖さ。
本当に細かなシワまで映し出す。
こりゃPhotoshop必須かもと思ったほど。

簡単じゃないってのはピント。
結構シビア。
ラケットにピントが合うと人物がボケる。
顔のアップだと鼻にピントが合うと目の位置でもピントが甘くなるくらい。
絞りとかもっと分かってないとダメなんだなと思った。

そんな苦戦をしながら撮ったのがこちら。

絵になる男、佐藤プロ。
DSC_8531

表情もカッコいいが、ボレーの切れは半端じゃなかった。DSC_8541
まさに日本刀のような切れ味のボレーだなと思った。

盛り上げ役の岩見プロ。
DSC_8513
ご一緒させていただいたのは初めて。

喋り、プレーともにエンターテイナーである。
DSC_8595
何度も股抜きを仕掛けるところも面白かった。

佐藤プロとの股抜き合戦も。
DSC_8615

波形プロ
DSC_8573
さすが今年の全日本チャンピオン。
シングルスも強いが、ダブルスは絶品。
一見、強引に持っていっているようなショットもしっかりコーナーに落ちる。
コメントの天然さも楽しい。

そして美野越プロ。
DSC_8552
カワイイ。
そして上手い。

美野越プロの写真だけがやたら多くなってしまった。
DSC_8827
仕方ないよね。
っていうか、分かりやすいな、オレ。

とまあ、新兵器レンズで臨んだ都知事杯だが、
カメラの腕前はまだまだこれからだなってところ。
これで年内の有明の仕事はおしまい。
夏過ぎからずっと有明にいる感じがするここ数年だ。

カテゴリー: カメラ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

羽根とか、新兵器投入!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

クリームパン。
IMG_5720
羽根つき餃子はよく聞くが、クリームパンにまで羽根?
いかにも意図的な羽根だけど、面白そうだったので
つい購入してしまった。

当たり前だが、餃子の羽根のように
パリパリしているわけではない。
薄くてパリパリしてたら流通段階で
ボロボロになっちゃうよね。

普通に美味しい。
羽根の分、かさが増えて得した気分。
定番にはならないかな。

 

さて、先日有明でプロカメラマンのKさんに使わせてもらったレンズ
腕は全然足りないが、さすがの写りってことと、
とんでもなく重くて、とんでもない値段てことはよく分かった。

それにしても何であんなに高いのだろう。
1本70万円オーバーのレンズが必要だなんて、
カメラマンてお金持ちじゃないとなれないよなぁ。

仕事で使うって言っても、
所詮は素人のワタクシの範疇を思い切り越えている。
まあ、一生あんなレンズに縁が無いだろうなと
現実を知って諦めもついた。

ところが数日後、Kさんからメール。
「今度、機材を全入れ換えするので、例のレンズお譲りしましょうか?」

なんとも夢のような申し入れ。
随分と値段も勉強してくれた様子。

とはいえ、小遣いで買えるような値段ではない。
しかしこの機会を逃したら、あんなレンズは
一生手に入らないだろうという絶妙なライン。
一気にテンションマックスになったり、
そんなお金はなぁと考え込んでみたり。

と、Wさんが言った。
「室内撮りも出来るし、HP用とか穂積プロの写真とか、
会社で必要ですよね。稟議あげてみたら?」

うーん、その手があったか。
ということで、Wさんに後押ししてもらい、ボスに掛け合う。
結果、「いいんじゃないの」とのお言葉。

そんなわけで、レンズがやってきた。
RIMG0546
デカいな。
ランチジャー(弁当箱)みたいだ。

さすが、ケースも立派だ。
RIMG0547

出してみた。
RIMG0549

出してもデカい。
RIMG0550
そして重い・・・

この大口径が値段を物語っているような気が。
RIMG0551

スイッチがたくさんついている。
RIMG0554
Kさんからひと通り説明を受けたのだが、
最終的には「色々やって慣れること」だそうだ。

さあ、これで道具が揃った。
問題は腕だなぁ。
あと、この重さか。
大きすぎて先日購入したキャリーにも入らないし。

 

ということで、週末のイベントで撮影した写真。

エグチコーチ
DSC_6875

ナリタコーチ
DSC_6884

ついでにボス
DSC_6252

うん、いい感じだ。
モデルがじゃなくて、写りがね。

カテゴリー: カメラ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

流行語とか、レンズとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

流行語大賞の季節になったらしい。
毎年、大賞に選ばれた言葉を見て、
「そうかあ?」思うのはワタクシだけだろうか。
流行とか市井と縁遠い人たちが選んでいるような気がしてならない。

ちなみに今年のノミネートに「DJポリス」があった。
あまりのネーミングセンスの無さに、
聞くたびに背筋が寒くなった言葉の代表格である。

そもそもあれをDJといってしまうのが分からない。
きっとDJを知らないメディアの人がつけたに違い無い。
加えて、その警察官に警視総監賞ってのもビックリである。
他にやることありそうだけど。

「シライ」ってのもノミネートされていた。
体操の白井健三選手の新技の名前である。
この白井選手の報道を朝の番組で「ひねり王子」と
言っていたのにはコーヒーを吹き出しそうになった。

なんでも「王子」つけりゃいいってもんじゃない。
この呼び方、アスリートへのリスペクトが微塵も感じられない。
TVバラエティ的な食いものにしようとしている感満載でこれまた寒くなる。
正直、失礼だろ。
ご本人はそんなことは眼中に無いと思うけど。

流行語大賞って誰が楽しみにしているんだろう。
誰かが儲かってるのかな。

 

さて、カメラである。
イベントや試合等々、カメラの出番が少なくない最近のワタクシ。

それなりに大枚はたいたレンズもあったりするのだが、
しょせんは素人の趣味。
有明コロシアムの屋根がしまったり、インドア校での撮影は
光量が足りずに四苦八苦する事が多い。

レックのインドア校での撮影なら、コートに入り
被写体に近寄って撮影ということも出来るが、
実業団の試合中はそうもいかない。

ましてや有明コロシアムではコートサイドに入る事は叶わず
明るい(とても高価な)レンズかカメラマンパスが欲しいな
なんてことを思う今日この頃だ。

しかしこんなレンズ、値段を調べてみたら
なんと100万円に届くかというくらい高い。
DSC_3803
どう考えても入手は無理。
いったいどんな写真が撮れるのだろうとの思いばかりが膨らむ。

とそこにプロカメラマンのKさんが現れた。
Kさんは元レックのスクール会員で、ボスやWさんもよく知っている。

「ちょっと使ってみる?」と、ズドンとデカいレンズを外し私に渡す。
「壊したら怖いからいいです」と遠慮するワタクシに
「まあ経験だから使ってみたら」と貸してくれた。
DSC_7982

自分のボディにつけ、何枚か撮影してみた。
DSC_4300
馴れていないの差し引いてもさすがの写り。
やっぱりスゴイな。

ちなみに貸してもらったのはこのタイプ。
nknafsvr200f2
単焦点望遠レンズである。

値段を調べてみたら、同型新機種は80万円オーバー。
うーん、やっぱり無理だなぁ。
まあでもプロじゃないし、いい経験させてもらったよ。

なんてことを思った有明コロシアムだった。
Kさん、ありがとうございました。

カテゴリー: カメラ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。