カテゴリー別アーカイブ: クルマ

看板とか、発掘(いい加減にしろ)とか。

ウォーキング途中の某所にて。
IMG_6982
裏通りっぽい看板の雰囲気もいいし、エルカミーノってのもセンスがいい。
日本の道じゃしんどいと思うけど、一度乗ってみたいな。

 

さて、もういい加減、無駄ものを捨てなきゃと思った発掘作業。

釣具の奥になんだか、懐かしいような、そうでもないような
箱のようなものが見えた。
そのままそっと扉を閉めるかどうか迷ったが、
もう人生も長くないので、見ておくことに。

これは・・・。
th_IMG_6490
クーさん、じゃま。

いわゆるテニスシューズっていうのかな。(そうだよっ)
th_IMG_6492
ウイルソンさんのだね。
しかも新品。
懐かしいな。

さらにもう1足。
th_IMG_6493
これも新品だ。
懐かしいなぁ・・・って言ってる場合かっ!

どうしたんだっけ、これ。
後で履こうと思ってて忘れちゃたのかな。

きわめつけはこちら。
th_IMG_6494
ナイキ・エアトレーナー。

機能性テニスシューズのはしり。
エポックメイキングなモデルだったよね。
マッケンローがこれ履いて出て来た時は衝撃だった。
th_IMG_6494

当然、当時はワタクシも履いてた。
th_IMG_6496
ヒールのナイキロゴもカッコイイ!

しかもこれ新品未使用!
がしかし、よく見たら・・・
th_IMG_6495

th_IMG_6496-1
ソールのウレタンが加水化分解でボロボロになってた。

もうどうしようもないよね、これ。
こんなことなら履いときゃよかった。(涙)
仕方がないから、もう一度箱に入れてしまっておいた。(捨てろよっ!)

あ、ウイルソンの方はまだ使えそうな感じ。
欲しい人います?
26.5cmだったかな。

カテゴリー: クルマ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

なに?とか、メンバー動向とか。

某所で遭遇。
th_IMG_6837
めっちゃカッコいい!

なんだろ?これ。
フロントはコルベットっぽいけど。
う〜ん、わからないけど、マッハ号みたいだ。(古い)

運転していたのは上品な雰囲気のおじいさま。
いや、なんて素敵な人なんだ。
いいなぁ。

 

さて、いよいよツアー再開!
Team RECメンバーも動き出した。

関口周一プロもヨーロッパに渡った。

フレンチオープンの予選がターゲットだったのだけど、
今回は入れず、ATPチャレンジャー、ルーマニアに出場。
th_スクリーンショット 2020-09-21 10.52.21

そろそろ試合かなと思ってATPのサイトを見たら、
ちょうどライブ配信中だった。
th_スクリーンショット 2020-09-22 17.34.55
いやぁ、便利な時代になったもんだ。

試合は一進一退。
息の詰まるようなラリー戦。

ファーストセットは7-5。
セカンドセットはブレークされて、セットポイントも握られ崖っぷち。
そこからなんとかまくって、タイブレークに。

タイブレークもリードされる展開のまま終盤へ。
最後の最後で盛り返して勝利!
th_スクリーンショット 2020-09-22 19.04.19

試合直後、
「おつかれ!勝ったね!観てるこっちが疲れたよ」
とLINEを送ったら、
「ボールが飛ばせなくて大変です・・」と返信。

「どういうこと?」と聞くと、
「飛ばないっていうか、伸びないっていうか、本当にしっかり打たないとダメです」
だそうだ。

よくわからないけど大変そう。
とにかくがんばれ!と送っておいた。

再開初戦、勝ってよかった。
次も勝とう!

ということで、その他のメンバーはどうかというと・・・

鈴木貴男プロは、内山選手のツアーコーチとして全仏オープンに帯同。
「久しぶりに会場に来ました。ずいぶん様子が変わって近代的になっています」とのこと。
センターコートでも練習したようだ。
内山選手の状態も良いみたいだし、楽しみ。

竹島駿朗プロ、守谷総一郎プロ、正林知大プロ、西郷幸奈プロは、
来週から始まる高崎オープンに出場。
守谷プロ、正林プロでダブルスを組んでいるそうだ。
見たいなぁ・・・どう考えても無理そうだ。(涙)
みんな頑張れよ〜!

ということで、いよいよ活動開始のTeam REC。
日本リーグの開催も決まったし、全開全力でいこう!

カテゴリー: Team REC, クルマ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 西郷幸奈プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラ王とか、2CVとか。

買ってみた。
th_IMG_6006
ラ王って、麺が美味しいよね。
変に辛すぎないし、なかなか美味しかった。

ただ、これだけでお昼ご飯を終えた時の微妙な寂しさがなぁ。
やっぱり多少の彩りは欲しいよね。
野郎のお昼でも。

 

さて、原宿表参道の裏手あたり。
th_IMG_5142
とあるカフェの前にシトロエンが。

2CV
th_IMG_5143

th_IMG_5144
「ニーシーブイ」じゃなくて、「ドゥーシーボー」ね。

キレイなコンディションだけど、ナンバーはなし。
ディスプレイ用で実走はしないらしい。

しかしシトロエンで不思議なメーカーだな。
この2CVもそうだけど、なんとも言えないデザインのクルマが多い。
th_IMG_5145
愛嬌はあるけど決してカッコよくはないクルマが多いよね。

最近のモデルはそこまでぶっ飛んだデザインじゃないけど、
やっぱりひと目でシトロエンて分かるクルマが多い。
ブランド的には大事なことなんだろうな。
欲しいとは思わないけど。(ゴメン)

ちなみに技術的にもサスペンションにバネじゃなくて、
気体とオイルを使ったハイドロニューマチック・サスペンションとか、
先進的というか、独特なものも多かった。

スタイリングもそうだけど、フランスっぽいっていうか、
ひと味違うなってのがシトロエン。

何度も言って申し訳ないけど、一度は乗ってみたい・・・と思ったことはない。(笑)

カテゴリー: クルマ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ピックアップとか、繋がり具合とか。

某所にて。
th_IMG_4687
TOYOTA HILUX

他にも赤系など、最近この現行ハイラックスをよく見かけるけど、
メッチャカッコよくなってる。
th_IMG_4688
もともとサーファー御用達みたいな感じもあったけど、
モータースポーツっぽさも加わって、メッチャいい。

ホイチョイ三部作「波の数だけ抱きしめて」で
織田裕二が乗ってたピックアップはなんだっけ?

ハイラックスじゃなくて、ダットサンか。
なんにしても、夏が似合うクルマだ。

 

さて、Bluetoothイヤホンである。
th_IMG_6106

アップル純正のワイヤードを使っていたのはずいぶん昔のこと。
Bluetoothの左右がつがなったタイプを使い、
iPhoneからケーブルが出ない快適さに衝撃を受けた。

その後、左右独立タイプで完全にケーブルから解き放たれた。
その快適さといったらもう・・・ワイヤードには戻れない。

がしかし、このワイヤレスってやつが、どうにも不安定だったりする。

まず人に弱い。(何だそりゃ)
つまりデバイスとイヤホンの間に人体があると途切れやすい。
機種によっては、携帯を入れる場所に気を使わないといけない。

そして街中でしばしば途切れる。
毎日歩く場所だと、同じところで途切れるから、
干渉する何かが飛んでいるのだろう。

そして、この繋がり度合いが機種によって全然違う。

長らく使っているこちら。
th_IMG_6105
ブランドもしらないほどの安物。
蓋に貼ってあるプチプチは充電ピンの接続が悪くなって来たので、
イヤホンを押さえるために貼ったもの。

それくらいの安物なのだけど、一番途切れない。

そしてこちら。
th_IMG_5041
去年だったかに買ったNAGAOKA製。
上のノーブランドよりは高かった。

オーディオブランドのものだから、
ちゃんとしてるだろうと思いきや、
これが全然繋がりが悪い。

ブチブチ途切れるわ、左右からの音に時間差があるわで、
正直、非常に使い勝手が悪い。
運が良ければ、または機嫌が良けれはちゃんと使えますよ状態。

Bluetoothって、いくつかの規格があると思うんだけど、
明らかに昔買った安物の方がよく繋がるって、どういうこと?

どうせ大した音質も求めてないし、充電は持たなくなって買い換えるなら、
安くても繋がるやつをマメに買い換えた方がいいよね。
って、安いヤツもまあまあ持ってるし、これで十分だなぁ。

ただ、買ってみないと繋がり具合ってわからないしね。
けっこうBluetoothイヤホン買うのって勝負だね。

カテゴリー: オモチャ, クルマ, 携帯電話, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

暑いとか、暑さのせいとか。

真っ盛りである。
th_IMG_6073
ホントに暑いっていうか、熱い。
ここ最近はもはや危険な暑さだよね。

 

さて、暑いからなのか、色んなものが調子悪い。

会社のPC(Mac mini)も、ある日の朝、突然立ち上がらなくなった。
th_IMG_6153

画面が真っ暗なまま、何も反応しなくなった。
電源ボタン長押しで無理やり再起動を試みる。

なんとか、動き出したのだけど、頼んでもいないアップデートがはじまった。
th_IMG_6152
しかも何度も同じようなプロセスをループしている。

なんじゃこれ。
とうとう壊れたか?
先日も動かなくなって焦ったけど、何とか復旧して安心してたのに。

ここで下手なことをすると完全にアウトになりそうだったので、
ガマンして小一時間様子を放っておいたら、なんでか復旧した。
いったいどこがアップデートされたのかわからないが、まあとりあえずだな。

もうこのMac miniも8年近くなるんだろうか。
ディク領域もフル満タンで、ちょっとずつデータを消去して使っている状態。
正直、買い換えたいとも思うけど、社内のシステムを近々変える可能性があるので、
設定するならその後の方が手間もお金もかからない気もする。
とりあえず、もうしばらく持ってねと祈るばかりだ。
頼むね、Macくん。

 

加えて、休日。
さて、たまった仕事を片付けるかとスリープ状態のiMacを触るも、
真っ黒な画面から何も起こらず再起動しない。
th_IMG_6227

なんで?
放熱部を触ってみても熱もないし、冷却ファンも回っていない。
耳を近づけてみても、機械音もなく、スリープにもほどがあるぞって感じ。

かくなるうえはと、電源ボタンを長押し。
しかし何も起こらない。
そもそもこのiMac、電源ボタンがちょっと変なんだよな。
物理的に壊れてるのかな。

 

キーボードを叩いてみても、トラックパッドを押し込んでみても変化なし。
USBで繋いでいるBluetoothイヤホンは充電ランプが点いてるから、
通電はしてるっぽいんだけど、起動する気配がない。

何か目覚めるきっかけを、iPhoneを繋いでみた。
と、あら不思議、キュ〜、カリカリと動き始めた。

 

が、その後、どうやってもトラックパッドが動かない。
そもそも画面にカーソルが出てこない。
仕方がないので、iPhoneを繋いでいたライトニングケーブルを抜き、
トラックパッドに挿してみた。

と、カーソルが出てきた。
で、動いた。
なんで?

かわりにキーボードが反応しなくなった。
どうもBluetoothユニットがオフのままらしい。
設定画面に入っても、症状は変わらず。

仕方がないので、マウスに挿していたライトニングケーブルをキーボードに挿してみる。
反応した!なんで?

 

そして、困った時は、定番の再起動である。

ヘタに再起動してそのまま立ち上がらなくなるかもと思いつつも、
どうせこのままじゃダメだしと勝負をかける。

おお!立ち上がった。
キーボードもトラックパッドも伝えるようになった。
でも、なんで?

 

もうこのiMacも7年目。
一時はもうお役御免かと思ったが、
一昨年の年末から年始にかけてのSSD換装作戦の大騒ぎで
何とかもう少し持ちそうなところまで来た。
まだまだ頑張ってもらわないとね。
頼むぜ。

 

そして最後にこちら。
th_IMG_6206
ヘッドセットがうんともすんとも言わなくなった。

電源を入れても反応なし、充電してみても反応なし。
リモート会議なんかで出番多いのにまいったな。

実は・・・洗濯してしまったのだ。
短パンのポケットにいれたまま洗濯に出してしまったら、
キレイに洗濯された状態で発見された。

それにしてもヘッドセットって、よく無くなるし、
よく洗濯機に入るよね。
サイズ感的に無くなりやすいんだろうな。

って、壊れてたのはワタクシの頭だ。
申し訳ない。

あまりに暑さに機械も人もピンチ。
夏にご用心である。

カテゴリー: PC, インターネット, クルマ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ポルシェとか、PUREDRIVE発表!とか。

早朝5時。
オールドポルシェが走っている。
th_IMG_6005
運転しているのはおじいさん。
ちょくちょく遭遇するのだが、たぶん同じマンションの方。

こうして走らせてあげることでコンディションを保っているのだろう。
犬の散歩みたい。

しかしカッコいいわ。
今度お願いしてちゃんと写真撮らせてもらおうっと。

 

さて、いよいよアレが発表になった。

出るの?出ないの?いつ?
言っていいの?まだ?

情報が二転三転したが、世間で一気に情報が流れたので
解禁になったってことなんだろう。

そんなわけで待ちに待ったニューモデル発表である。
th_IMG_5474

Babolat PUREDRIVE
th_IMG_5475
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.0インチ
■ウエイト:300g
■バランス:320mm
■フレーム厚:23.0~26.0mm
■ストリングパターン:16×19
■グリップサイズ:1,2,3,4
■価格:32,000円(税別)

名機PUREDRIVEの2021年モデルが発表になった。

PUREDRIVEといえば、選手から一般プレーヤーまで
幅広い層をカバーするマルチパーパスモデル。

なんでシリアスプレーのトップ選手と一般プレーヤーの両方にマッチするのか、
不思議でしょうがないが、誰が使ってもその人のパフォーマンスを
引き出してくれるのがPUREDRIVEだ。(そうだ)

 

実はワタクシ、PUREDRIVEを自分機として使用したことはない。

初期のPUREDRIVEはいいなぁと思ったこともあったが、
モデルチェンジの度に飛びが良くなり、
フィーリングが硬くなっていった気がして、
「あんなカンカンいうのは好きじゃない」と
正直、あまり興味がなくなっていた。

バボラは、PURESTORMを使っていた時期はある。
あのゴンザレスが使っていたボックスフレームモデルだ。
今はPURESTORMというモデルはないが、
ボックスフレームのPURESTRIKEがやっぱり好みだったりする。

ということで、PUREDRIVEはセールス的には大事なラケットだが、
ワタクシ的には、それほどのものではないというのが正直な感想。

 

けなしておいて何だけど、ご紹介。
th_IMG_5477

th_IMG_5478

モールドは変わっていない。
まあ、どこからも文句も出ないゴールデンスペックだから、
やっぱりこれはこれで良いのだと思う、

カラーリングも渋めでかっこいい。
th_IMG_5479

th_IMG_5481
なんか高級感が増した気が。
いい感じだよね。

 

で、期待しないで打ってみた。

いい!いいよ!これいいわぁ!

評価一転、すごく打ちやすい。

カンカン言ってた音がなくなった。
打球感から硬さも無くなった。

そして何より、一瞬くわえる感じが出た。
フェイスとフレームの共同作業でクッとボールをくわえてくれる。

長く粘りすぎず、本当に一瞬の「クッ!」である。
そしてそこからPUREDRIVEらしいショットがすっ飛んでいく。

つまりすっ飛んでしまって、あとはボールに聞いてねってのが、
一瞬の「クッ!」によって、自分のフィーリングとして打てるってこと。

 

なんだろ、この一瞬食う感じ。
ちょっとしたフィーリングなんだけど、すごく大きい気がする。

ボックスフレームが大好物なワタクシ、PUREDRIVE系のすっ飛び感では
コントロールが出来ないし、肘にも手首にも負担がなぁと思っていた。
とにかく1番には自分のフィーリングにならないよねだった。
たぶん、それは自分の腕の無さなんだろうけど、安心感が足りなかったのだ。

しかし、今度のPUREDRIVEの一瞬の「クッ!」はそれをすべて解消してくれた。
パワーはそのままに、コントロール性能が一気に上がった気がした。
料理の達人の塩加減のように、ほんのひと味で劇的に安心感が高まった。

 

もともとキレは良いラケットだから、スピンの引っかかり感も良い。
トップスピンをヘビーにかけてアングルに落とすのも、
ボレーヤーの足元をねらうのも思い通りに飛んでくれる。

スライスもしっかり乗ってくれて、糸を引くようなボールが出て行ってくれる。
ああ、気持ちいい、この飛び方。

サービスの振り抜きの良さはもちろんだけど、
引っ掛けてのスピン系もよく落ちてくれる。
スライスもキレキレでワイドに相手を追い出せる。

 

いやぁ、いいよこれ。
Team RECのコーチたちにもとても評判が良かった。

なんか手放しで褒めてるけど、モールドはそのままで
こんなふうに進化させることができるのかって、目からウロコだった。

一つだけ不満があるとすれば、コロナやら様々な大人の事情で、
ちゃんと商品が供給されるのかが、いまひとつ見えないこと。

頼みますね、Babolat VS JAPANさん。
期待してます。

まあとにかく、見かけたら打った方がいいです、これ。
ハマれば、すごい武器になるんじゃないかな。
オススメ!!

カテゴリー: インプレ, クルマ, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ホンダ車とか、足痛いとか。

通勤途中に。

いい感じ。
th_IMG_4045
マット塗装にステンシルのロゴ。
グリル系もマットブラック、ホイルもガン鉄のブラック。

センスいいなぁ。
この手の車種に興味がないので、車名もわからないけど、
普通のホンダ車がここまで雰囲気出るのね。

次のTeam RECカー、こんな感じでどうだろ。

 

さて、しばらく前から足が痛い。
もう1ヶ月くらいだろうか。

左足の足首っていうか、甲のあたりが痛い。
その痛みが足の横に回ってくるような気がする時も。

なんだろう。

実は最初、痛風を疑った。
もともと尿酸値若干高めで、かかりつけのお医者さんに
「注意してね。乾杯はハイボールで」って言われてるし。

いつも、先生に「ビール抑えてますか?」と聞かれると、
「はい。まあまあガマンしてます」とウソをついてる。

「じゃあ、今日は血液検査をしましょうか」と笑顔で言われ、
「先生、今日は勘弁してください。ちょっと時間が欲しい」と、
実はウソでしたと、ほぼ白状状態になってたり。
ごめんなさい。

このところ、夏を迎えてビールを全然控えていなかった。
まあ、冬でも普通に飲んでるんだけど。

これまで痛風になったことはないけど、
いよいよ来たかと思ったり。

でも、痛風って足先が痛むんだよね。
足首とか足の甲っておかしいか。

最近は、もしかして骨かなと疑っている。
走る、歩くでオーバーワークなのかも。

休日のランニングで15kmほど。
平日は通勤時のウォーキングを含め、15kmの歩行を目指している。
ちょっとやりすぎなのかも。

レントゲン撮ってみたほうが良いのだろうか。
でも、疲労骨折だったら、治るの待つしかないんだよね。
そしてその間は安静、運動禁止だよね、きっと。

どうせ自然治癒なら、診察料もったいないな。

取り合えず・・・
th_IMG_5897
湿布でごまかした。

これで治ればラッキーだな。

そうこう言いながら、相変わらず、ランニング、ウォーキングは続く。
「それがダメなんじゃない」という声も聞こえるような、聞こえないような。
あ、ランニングシューズ買わなきゃ。

カテゴリー: クルマ, ランニング, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バンとか、鈴木貴男プロ登場とか。

裏原宿あたり。

シルバーのボディが輝いていた。
th_IMG_4040

なんかのお店らしい。
th_IMG_4039

どこのクルマがベースなんだろう。
th_IMG_4038
全然わからないけど、いいな、これ。

 

さて、先日のレックインドアテニススクール上石神井

Team RECプロメンバー・スペシャルクリニックに
いよいよ鈴木貴男プロの登場である。

実はこのプロメンバー・スペシャルクリニック。
当初は鈴木貴男プロは組んでいなかった。
色々と忙しい鈴木プロなので遠慮していたのも正直なところ。

と、鈴木プロから連絡。
「皆がんばってるし、ボクもやります!」という、何とも有難い申し出。
ならばぜひ!ということで、急遽、鈴木プロの回を設定した。

しかし、そこは鈴木プロ。
おそらく申し込みが殺到し、混乱することも考えられる。
枠も少ないし、電話での受け付けはやめておこうってことで、
Webでの申し込みのみとさせていただいた。

申し込み受け付け開始時刻。
1分!
瞬殺で満員御礼である。
おそるべし。

そんなラッキーな会員様へのスペシャルクリニックとなったのだ。

鈴木プロ登場。
th_IMG_5947
マスクはTeam RECを愛用中。

クリニック開始。
th_IMG_5963

デモンストレーションがいちいちすごい。
th_IMG_5966
やっぱり言った通りに打てるって説得力あるよね。

後半はダブルス形式。
th_IMG_5989

th_IMG_5968
鈴木プロのボレーのキレの良さ、もう神業レベル。
すごくいいイメトレになったと思う。

最後はサービス。
th_IMG_5993
さりげなく打ったサービスが連続してターゲットにあたる。
どんなコントロール力なんだろう。

th_IMG_5999
やっぱりすごい、鈴木プロクリニック。
無事に終了である。
鈴木プロ、あろがとうございました。

このクリニック、もっと多くの方にと、
鈴木プロがさらに2コマ設定してくれた。
th_takai1-724x1024
お席は少ないが、ぜひトライしてみてください。

Team RECのプロメンバーからの申し出で実現した今回のスペシャルクリニック。
「今できること」を皆が考え提案してくれた。
なんか、チーム感がとてもうれしい。

チームにプロを迎えるかどうかは、
「この選手になら看板を背負って欲しい」
「一緒に戦いたい」
そして「いいヤツ」ってのが大きい。

このメンバーでよかった。
まさにそんなことを思った特別企画だった。

もうすぐツアーも再開になる。
メンバーがどう動くかはまだすべてが決まったわけではないが、
それぞれのステージで戦いが始まる。
ぜひ応援をお願いします。

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 仕事, 仲間, 街歩き, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ローバーとか、チームとか。

某所にて。
th_IMG_4093

ランドローバー・ディフェンダーかな。
th_IMG_4094
ちょっと古めでいい感じ。
乗ってみたいな。

 

さて、懐かしいものが出てきた。
ステッカーである。
th_IMG_2240

懐かしいと言っても、誰も知らないと思う。

そりゃそうだ。
もう30年以上前の故郷である福島のローカルチームだし。

 

高校生のころ、入り浸っていたスポーツ店。
毎日のように練習帰りに寄ってた。

そこにいたスタッフ、Nさんが少し年上で何かと面倒を見てくれた。

ガット張りもその人に教わった。
いつしか、「自分のは自分で張って」となった。
もちろん多少のお金は払ったけど。

しばらくしたらお客様のも張らせてもらったような。
さらには棚卸しのバイトもさせてもらった。

 

しばらくして、高校生のワタクシたちをうまいこと使っていたNさんが、
自分でお店を出すことになった。
もちろんスポーツショップというかテニスショップである。

共同経営者のSさんはサーファーってことで、
その店はテニス&サーフショップだった。

ワタクシたちも開店前から準備のお手伝い。
品出し、ディスプレイ、掃除等々、はじめての開店準備はとても楽しかった。

何より、その店はセレクトショップ的な要素もあって、
当時はなかなか手に入らなかったアパレルやグッズがたくさんあった。

トップサイダーのデッキシューズ。
こんなカッコイイシューズがあるのかと衝撃だった。
たしか2万円オーバーだったけど買った。

コールハーンのローファー。
リーガルのローファーとサドルシューズが高級品だと思っていた
田舎の高校生には超高級品だったけど、やっぱり買った。

他にもディッキーズのワークパンツ等々、雑誌でしか見たことのないアイテムが
アイビー少年を自負していたワタクシたちを虜にしてくれた。

 

さらには休日は一緒に遊びに。
ウッドパネルのサニーカリフォルニアにテニスギアとラジカセ、
クーラーボックスに大量の氷とバドワイザーを詰め込み、
山方面のコート付きの貸別荘へ。

プリンスのTシャツを着て、音楽をかけてテニス。
汗をかいて喉が渇いたらバドワイザーである。
あれ?高校生だった?
いや気のせいだ。たぶんもう大学生。

 

その後、クルマは当時まだめずしかったボルボワゴンだったり、
ランクルに大きくチーム名を入れたりと、
そんな感じでショップ名のチームをつくって遊びまくった。

皆で揃いのアップを着て、テニスをしたり、街を歩いたり、試合に出たり。
(試合はワタクシはほとんど出なかったけど)
なんか浮ついてたけど、楽しかった。

部活で汗まみれで練習だけしてきたワタクシたちに
遊びやファッション、様々な楽しみ方を教えてくれた先生だった。

あの時期にNさん、そしてあのお店に出会えたことは、
ワタクシ(たち)の人生に大きな影響を与えてくれた。

今はもうそのお店も無くなっちゃけど、
あんなふうにとんがったお店に集った仲間たちのチームってのが
ホントに楽しかった。

冒頭のステッカーをクルマに貼るのが誇らしかったっけ。
もうこの2枚しか残っていないし、チームもないから貼らないけど。

みんなもういい歳だし、これも昔話だけど、
浮ついたオヤジになりたいなってのは今も変わらない。

最近は帰省してゴルフで会うくらいだけど、
またテニスコートでもヘラヘラしたいな。
うん、そうしよう。
また集まろう!

って、帰れてないのはオレか。
TEAM ROBINSONのみんな、またね!

カテゴリー: クルマ, スポーツ, スポーツグッズ, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

直った?とか、久々とか。

某日、5時過ぎに家を出て東北自動車道を北へ。
th_IMG_4636
相変わらず調子の悪いままのランクルくんなのだが、
なぜかこの日は症状が出ず。

もしかして、直った?
クルマって自然治癒力あるの?(ないよ)

 

さて、東北自動車道を北上し、着いた先はここ。
th_IMG_4638
栃木県は、プレステージカントリークラブ。

なんかすごい門構えだな。
メッチャ豪華。

クラブハウスから駐車場にクルマを入れると
カートで迎えに来てくれるのも高級クラブ感満載。
ちょっと電話したかったので、丁重にお断りしたけど。

クラブハウスの中も豪華。
th_IMG_4639
宝塚みたいだ。(乏しい知識からのイメージ)

ということで、小雨降る中、練習開始。
th_IMG_4642
こんなワタクシでもいちおう練習はする。
なぜかっていうと、前回のラウンド以来、一度もクラブを握っていないから。
少しはやる気出せよって気もするけど。

しかしきれいなコースだなぁ。
th_IMG_4641

今回は、GODAIさんとご一緒させていただいた。

もともとGODAIさんとは日本プロテニス協会絡みでお付き合いは長い。
司令塔のヨシダさんはプロテストの委員長なので、
プロテストでご一緒させていただくことが多いのだが、
ゴルフをご一緒するのは今回が初めてか、
数十年前にプロテニス協会の地区会関係でご一緒した以来。
(全然覚えてない)

今回、Team RECがゴールデンキッズを導入するのを機に、
一度一緒にラウンドをということになったのだ。

あいにくの天気ではあったけど、大雨ではなく、
レインウェアを着たり脱いだり程度のコンディション。

まあ、雨だろうが、特に何も変わらず、低空飛行なのがワタクシ。
なんてことはない。

ヨシダさん。
th_IMG_4646
ここのメンバーさんなんだそう。
ああ、それでこのコースだったんですね。

さすがホームコースってこともあるんだろうけど、
安定のショット&スコア。
さすがです。

ゴールデンキッズの創始者、タカシマさん。
th_IMG_4665
十種競技のトップランカーだっただけあって、運動能力は半端ない。
メッチャ飛ばしてた。
アスリート感がすごい。

で、ボス。
th_IMG_4647
安定のプレーは年の功か。
ラウンド数がちがうもんね。

グリーンは難しかったけど、楽しくプレーできた。
th_IMG_4655

ショートコースのティーグラウンドには
必ずティーがあったりと、親切設定。
th_IMG_4644
少し余計にもらってきた。
しばらくショートティには困らないな。

スコアはいつも通り。
やっぱり安定してる。
やってもやらなくても変わらないのがワタクシのすごいところ。

th_IMG_4668
楽しくラウンドできた。

ゴルフって楽しいね。
たぶん練習はしないけど。

ってことで、新たな取り組みのゴールデンキッズ
あらためて頑張ろうと思った。

皆さんに喜んでいただけるプログラムと確信している。
ぜひ、お子様の能力開発にどうぞ!

カテゴリー: Team REC, クルマ, ゴルフ, テニス, トレーニング, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。