カテゴリー別アーカイブ: クルマ

FIATとか、昭和とか。

FIAT X1/9
InkedIMG_2790_LI

IMG_2791

1972年発売、1989年生産終了だそうだ。
昔はちょくちょく見かけたが、久しぶりに見た。
しかもとても良いコンディション。
走るところ見たいな。

 

さて、改元も落ち着きつつある今日この頃。

結局、商業的な改元騒ぎには乗れなかったなぁ。
静かに時代が移っていくというか、
昨日も今日も地続きで時が経っていくのが自然な感じがして。

そんな平成から令和へ移る境目に手にしたのは、昭和なラケット。
th_IMG_4105
ゴールデンショットとオールマン。

先日、レックテニススクール府中の廃棄予定品を確認していたら、その中にこの2本。

「捨てるの?」
「はい」
「じゃあ、もらっていい?」

ということでお持ち帰り。

フタバヤ・ゴールデンショット
th_IMG_4129

th_IMG_4109

th_IMG_4113
懐かしい。
生涯2本目のラケットがこれだった。

カワサキ・オールマン
th_IMG_4121

th_IMG_4120
福井プロ使用モデルとして有名なラケット。

もちろん福井プロが使っていたのは特注モデルで
シャフトに福井プロの名前が入っていた。

昔、「福井さんのラケット1本ください」と言ってみたら、
「僕ももう持っていないんだよ」と仰ってた。
今思えば、恐れ多いことを言ったものだと思う。
福井さん、すみません。

どちらもグリップは当時のまま。
th_IMG_4119

th_IMG_4108

もちろん、このまま使うわけじゃなくて、
ガーゼに糊がついたようなオーバーグリップを巻いたり、
天然レザーのグリップに巻き替えたりしていた。
ワタクシもラムキン社のレザーを巻いていたっけ。

この状態で残っているのも貴重かも。

高島平インドアで宮田コーチをつかまえ、5分だけ試打。
th_IMG_4101

おっ、案外いけるじゃないか。
ウッドだからお互いにボールが遅くて、ワタクシ的にはちょうど良い。

サービスもストロークまあ大丈夫。
ボレーはさすがに厳しい。
センターにきっちり当てないとどうにもならない。
当時はこれでダブルスしてたんだよなぁ。

スピンも小手先でごまかすのは無理だが、
しっかり振ればちゃんとかかる。

ラケットの重みを感じながら、しっかり振る、ちゃんと当てる。
ウッドラケット、練習用にいいかもね。

少ししか打っていないのに、ストリングが切れそう。
th_IMG_4102
この感じも懐かしい。

宮田コーチに「最初に使ったラケットなに?」と聞いたら、
「ウイルソンのハイパーハンマーです」だそうだ。
最近のラケットじゃないか。(笑)

そんな平成から令和の変わり目。

カテゴリー: クルマ, テニス, テニス用品, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

マスタングとか、ボロボロとか。

Ford Mustang
InkedIMG_2620_LI

IMG_2619

InkedIMG_2618_LI

60年代のモデルだろうか。
とてもキレイな状態。
カッコいいなぁ。
所有はしなくていいけど、一度乗ってみたい。

 

さて、長男は物持ちが良い。
古くなっても壊れてもずっとそれを使い続けている。

先日、妻が自転車を借りたところ、あまりのへたり具合に驚いたとのこと。
変速もうまくいかないし、そこらじゅう錆だらけ。
th_IMG_3938

毎日これで学校へバイトへと使っているから、
使用頻度を思えば、じゅうぶん元を取っている感じ。

「これじゃ厳しいでしょ」というと「まだ走るし」とのこと。
th_IMG_3937

これじゃ疲れるし危ない。

「新しいの買おうよ」
「え、いいの?」

いいよ、もしかして気遣ってた?ゴメン。

ということで自転車屋へ。
th_IMG_3941

特にこだわりはないらしく、選んだのがこれ。
th_IMG_3969
自転車って安くなったよね。(昭和比)
昔はもっと高かったと思うんだけど。

それにしても彼はどうして電車で通学しないのだろう。
雨の日も風の日も、ヘタしたら雪の日もだ。

免許を取ったのにクルマを貸してくれとも言わない。
原付買ってくれとも言わない。
クルマが大きくて駐車場から出す時点で嫌ってのも分かるが、
運転したいとか思わないのだろうか。
とにかくどこへでも自転車である。

家計的には有り難いけど。
気をつけて、これも乗りつぶしておくれ。

カテゴリー: クルマ, ファミリー, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

幌とか、さらなるゲストとか。

スズキ・ジムニー幌タイプ。
th_IMG_2330

昔は運転席の上も幌のタイプのジムニーがあったが、
安全基準やらの関係でなくなったとか。
やっぱり幌タイプがジープ系っぽくていいよね。
楽しそうなクルマだ。

 

さて、REC FESTA2019。
表には出ていただくことはなかったのだが、
さらなるゲストが来られていた。

テニスYOUTUBERの「テニスの拳(けん)」さん。

テニスの拳

少し前までは「テニスのゴンちゃん」としてチャンネルを開設。
様々なテニス動画をアップしていた。

会社の先輩後輩で始めたYOUTUBEだったが、
すごい勢いでチャンネル登録者が増え、一気にメジャーYOUTUBERに。

実はTeam RECの一平コーチもゴンちゃんと対戦で出演。

ワタクシも2度ほど出演させていただいたこともある。

まあ、ワタクシの出演が何かの足しになったのかはわからないが、
とにかく人気テニスYOUTUBERの位置を確立していた「テニスのゴンちゃん」。

がしかし、本業も忙しくなったこともあってか、ゴンちゃんが引退。

テニスのゴンちゃんも閉鎖か!と思いきや、
プロデューサーとして裏方だったKさんが演者になり、
「テニスの拳」として再スタート。
現在も様々なテニスネタを配信し続けている。

それにしてもチャンネル登録者数31,000人てすごいな。

そんなテニスの拳さんとのやりとりの中で、
「REC FESTA来ませんか?」と聞いてみたら、
「ぜひ!」ということで、今回の取材が実現した。

鈴木プロに張り付きで撮影しているのが、テニスの拳さん。
th_DSC_4499

近々、当日の模様がアップされる予定である。

で、せっかくなので、視聴者プレゼントをしようという話になり、
こちらを用意させていただいた。
th_IMG_4232

ゲストプロのサイン入りREC FESTATシャツ。
サイズは小さいものしかないのだが、
ぜひ動画が公開されたら応募してほしい。

今後もテニスの拳さんとは、様々コラボしていく予定。
お楽しみに!

ということで、テニスの拳さん、ありがとうございました!

カテゴリー: Team REC, インターネット, クルマ, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ, 西郷幸奈プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ストーンズとか、守谷プロ参加!とか。

th_banar

 

明治通りにて。
th_IMG_2423

th_IMG_2425
ROLLING STONESのバス。
乗れるのか?

ストーンズのロゴ(Lips and Tongue)って永遠だな。
ワタクシ、どちらかといえばBEATLES派だけど、
このロゴはカッコいい。

 

さて、いよいよ明日に迫ったREC FESTA2019。

スタッフは準備に余念がない。
それぞれのパートであれこれ仕込み中。

運営責任者のフカダコーチ、タケダコーチも休日返上で
動き回っていくれている。

そんな準備の最中、ビッグニュースが。

Team RECの守谷総一郎プロの参加が急遽決まったのだ。
59295626_2237743013222755_9080377109393702912_o

実は、守谷プロ、春先の股関節の怪我からツアー復帰し、
まずは2週、大会に出場予定だったが、現地入り後の練習で
別の部位に違和感が出た。

不安を抱えたまま試合には臨んだが、
やはり痛みは引かず、試合はリタイアとなった。
もう1週の予定もあったが、まずは診断と治療ということで、
1週早めて帰国するとの連絡があった。

スケジュールが許すならば、REC FESTAに顔を出せないかと聞いたところ、
「行きます!」とのうれしい返事。
急遽の参加と相成った。

本人、「プレーできる準備して行きます」とのことだが、
そこは無理しないで欲しいので、当日のプレーはお約束できないが、
出来る範囲で色々と頑張ってくれる予定。

きっとトークショーもフォトセッションもOKだと思う。
ぜひ守谷プロとの触れ合いも楽しんで欲しい。
ということで、とても豪華な布陣でのREC FESTA。
5月4日はレックインドアテニススクール上石神井でお会いしましょう。

もちろんワタクシもいます。(地味に)
興味のある方は声をかけてみてください。

お待ちしております!

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 仕事, 守谷総一郎プロ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バスとか、宇野プロ参戦決定!とか。

th_banar

 

 

タイプ2(ワーゲンバス)が好きだ。
th_IMG_2275
これで商売をしたいわけじゃなくてね。
キャンプとかいいかな。

 

さて、REC FESTA 続報!

宇野真彩プロの参加が決定!
th_宇野真彩

宇野 真彩 (Uno Maaya) プロ

使用ラケット: Graphene 360 INSTINCT S
1996年4月18日生 大阪府出身

主な戦歴
関西オープンテニス選手権大会 ダブルス準優勝、
2014GS YUASA OPEN(ITF1 万ドル大会)ダブルスベスト8
全日本室内テニス選手権 出場

小学4年生からテニスをはじめ、ジュニア時代より数々の大会で活躍。
関西オープンやITF大会でもダブルスを中心に実績を残しました。
現在プロテニスプレーヤーとして各種イベントやレッスンで活動する一方、
モデルとして Amazon Fashion Week TOKYO 2019(東京コレクション)
に出演するなど、SNS でも多くの フォロワーを持ち、テニスをベースにマルチに活躍中。
その愛くるしい容姿と、華麗なショ ットのギャップをご堪能ください。

*HEAD Japanリリースより

何度かイベントに来てもらったり、あちこちでお会いしたりしているが、
とても明るく楽しい宇野プロ。

最近はモデル業など、活動の幅も広がっているようだ。
なるほどいただいた写真もそれらしいものばかり。

th_D3S_9542

th_D3S_9658

th_D3S_9512

テニスのプレーはもちろん、明るいキャラクターなので
一緒に楽しい1日を過ごしていただけると思う。

野郎だらけのイメージが強いTeam RECだが、
西郷プロ、宇野プロの参加で一気に華やかに。

鈴木貴男プロを中心に良いイベントになりそうだ。
ゲストプロの皆様、よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ミニ缶とか、修理とか。

th_banar

 

コンビニで。
th_IMG_2500
右が350ml缶、左はミニ缶。

このサイズ、今も売ってるのね。
昔、サントリーのペンギンズ・バーの頃はミニ缶がたくさんあった。

それこそひと口で飲み干せてしまうようなサイズで、
果てしなく飲めた記憶が。
次の日の朝、空き缶の数に驚いたっけ。
今はもうそんな飲み方できないなぁ。

 

さて、クルマの話。

後付けでバックカメラを付けているのだが、
どうも最近、写りがよろしくない。

実はこのクルマ、リアゲートのレバーの位置が真ん中から右にずれてついている。
で、真ん中に何があるかというと、バックカメラがついている。

こんな感じ。
th_IMG_2349

ゴルフ場の出迎えや誰かが開けようとすると
たいがい真ん中に手を掛けてグイッとやるのだが、
そこにはレバーではなくカメラ。
その度にカメラの角度が変わってしまうという仕組みなのだ。

そんなわけで、ズレては戻しを繰り返したせいか、
画面の上半分がゲートに干渉して画角が狭くなってしまった。

新しいカメラをつけるのももったいないし、
しばらくは我慢していたが、思い立って直すことに。

まずカメラを外してみた。
といっても、すでにグラグラでかろうじてぶら下がっている感じ。
th_IMG_2350

接着部。
th_IMG_2351
錆びてるし、ほぼ固定機能はない。

さて、どうしよう。
しっかり固定することと、設置位置を離さないと死角は解消されない。

そうだ!京都に行こう・・じゃない。あれだ。
th_IMG_2347
厚手の強力両面テープがあることを思い出した。
ボートメンテナンス用に買ったんだった。

台座のサイズに切って重ね貼り。
th_IMG_2348
こんなもんでどうでしょ。

これを挟んで取り付け。
th_IMG_2352

枠からレンズが出てるし、いい感じじゃない。
th_IMG_2353

テスト。
th_IMG_2354
ほぼ死角なし!
素晴らしい!

小さなストレスがひとつ解消された。
あとはレバーの位置を間違われないことだな。
「レバーはこっち」のステッカーでもつくるか?(ウソ)

自分でやるって、お金かからなくていいね。

 

カテゴリー: クルマ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

道具とか、旧車とか。

まったく知らない世界、ダイビング。
先日のHEAD JAPANさんでの講演の事前準備として、
ダイビングについてレクチャーを受けた。

th_IMG_1798

ダイビング用品って一式100万円くらいするそうだ。
レンタルもあるが、多くの方は購入されるそう。
驚いた。

セレブなアクティビティなのね。
担当責任者の方に「一度ご案内しますよ」と言っていただいたが、
もし体験したとしても、その後続くことはなさそうだ。
色んな世界がある。

 

さて、休日。
天気も良いので海沿いをランニング。

海浜公園駐車場を通りかかると何やらやっている。
ランニングを中断し見に行くと。

旧車たちがずらり。
th_IMG_1865

th_IMG_1866
おお!グロリア!セドリック!

フェアレディZも。
th_IMG_1867

th_IMG_1868
Zは初代の240が一番カッコいいけど、この2代目もいい。

これはかなりレア。
th_IMG_1871

スカイライン・ワゴン
th_IMG_1873
70年代の車じゃないかな。
子供の頃に見かけた記憶があるから。

この頃から「バン」じゃなくて「ワゴン」もあったのね。
th_IMG_1874

th_IMG_1872

商用車のイメージの強いバンタイプがオシャレなワゴンになったのって、
ボルボが入ってきて、スバル・レガシーが発売になってって思ってたけど、
そういえばこの時代もこのスカイラインとか、こんなのもあったっけ。
th_IMG_1881
これなんだろ。
セドリックワゴンかな。

ちなみにワタクシ、ランクルに乗る前はワゴンタイプを乗り継いできた。
ブルーバードワゴン(サイドがウッドパネルのやつ)、三菱シャリオ、
レガシー、ボルボ740、セプターワゴン、ああ、懐かしい。

やっぱりミニバンよりもワゴンの雰囲気が好きかな。
いつかセカンドカーにVOLVO240の赤が欲しい。(いつだ?)

しばし妄想しつつ・・・おっ!
th_IMG_1879

th_IMG_1878

ビートルかぁ。
これもいいなぁ。
th_IMG_1869

旧車ってとても贅沢な趣味だよね。
こんなクルマたちを保有していじれるなんてうらやましい。

ワーゲンバスで海沿いの道を流すオヤジになりたいぞ。
時間、お金、ガレージ・・いろいろ必要だなぁ。
いつか・・きっとね。
頑張ろう。

そんな妄想をした旧車ミーティング会場。

カテゴリー: クルマ, スポーツ, スポーツグッズ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ビートルとか、かしわ国際とか。

大会会場にて。
IMG_2807
プロモーションカー。
こういうの REDBULL にもあった。
車はMINIだった。

BEETLEもいいね。

 

さて、そんなわけで、この日はここへ。
IMG_2803
柏はTTC(吉田記念テニス研修センター)である。

ITFツアーも亜細亜から始まり、早稲田、筑波、甲府と来て
5戦目のかしわ国際オープンテニストーナメントに入った。
このジャパンシリーズ、全戦参加はかなり厳しいようで
選手たちもランキングとスケジュールを見ながら大会を選んでいる感じ。

ワタクシは様子を見ているわけではないが、
今年はなかなか時間が取れずに、早稲田の2日間のみの応援。

今大会はTeam RECからの出場は関口プロのみ。
本戦からだし、おそらく初戦は水曜日になるだろうってことで調整。
読み通りに5番コートの3試合目にスケジューリングされた。
そしてようやく柏に来れたというわけ。

あ、そうか。この大会は観戦有料だった。
1,100円支払って入場。
あとでボスに聞いたら選手の関係者は申し出れば無料だったらしい。失敗。

ここTTCは1、2番コートに屋根がかけられインドア化した。
IMG_2805

天井高17mだそうだ。
IMG_2813

IMG_2814
公式戦対応だとこうなるのか。
すごいな。

会場はかなりの観客数。
IMG_2815

IMG_2811
平日なのに素晴らしい。

それにしても寒い。
晴れてはいるが風がメッチャ強くて冷たい。
IMG_2816

IMG_2819

Team REC卒業生の菊池玄吾選手の試合を見つつ関口選手の試合を待つ。
IMG_2824

IMG_2823

関口選手の予定コートで前の試合が始まり移動。
IMG_2827

かなりの熱戦。
ファイナルに入る。

なかなか試合が始まらない。
それにしても寒い。
写真ではこの寒さが伝わらないのが残念。う〜。

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ジムニーとか、シューズとか。

スズキ・ジムニー
th_IMG_2330

ジムニー、ワタクシも80年代に乗っていた。

2サイクルエンジンでパラパラと軽快な音を立てて、
自転車やテニス用具を積んで仕事へ試合へと大活躍だった。

2サイクルって意外と経済的じゃなかったなぁ。
でもオモチャみたいで楽しいクルマだった。

懐かしいなぁ。
こんないいジムニーじゃなかったけど。

 

さて、昔話。

高校生になって、お金持ちのスポーツと思っていたテニスを始めた。

ラケットやらシューズやらウェアやら、やはり揃えるものが多い。
その中でもシューズは驚くほどに消耗品だった。

それまでやっていたバスケットボールのシューズに比べれば安かったけど、
テニスはその他にウェアもラケットも必要。
アイテム数が違う。

最初のシューズは布製の安いやつ。
今思えば、学校の上履きに毛が生えたような程度のものだ。

それから数足は布製のシューズを履き続けたが、
あっという間に穴が開いてしまう。
やっぱり布製は弱い。

当時、皮製のシューズもあるにはあった。
たしかオニツカタイガー(現アシックス)のフォーティーってモデル。
ホワイトのアッパーにブルーでオニツカラインが入ったモデルだった。

実はそれが欲しかったのだが、1年生は革製シューズを履いてはいけないという
よくわからない暗黙のルールがあったらしく、
誰一人として革製のテニスシューズを履いた1年生はいなかった。

とはいえ、そこは「暗黙」のルール。
つまり決まりじゃないってことで、一緒に入部したアライくんと一緒に
オニツカ・フォーティーを買って部活に履いていった。

誰にも叱られなかった。

正確に言うと、先輩がコートにいなかったのだ。

その頃の部活は、先輩たち、いわゆる一軍メンバーは、
かなり離れた市営のコートを使っていて、
ワタクシたち一年生はほとんどコートの体をなしていない
学校の校庭に取り残されていた。

つまり面倒も見てもらえずの放し飼い。
先輩たちから命令されて、
学校からあてがわれたスペースに自分たちでコートを作った。

TVドラマ「青が散る」の第一回そのままに
校庭を掘り返し、土を入れ、馴らし、ラインを引き、ネットを張った。

当然、フェンスはない。
アウトボールは果てし無く転がって行って、
校庭横の川に落ちるか、弓道場に入ってしまうかだ。(危ないわ!)

だから全速力で拾いに行く。
これでダッシュ力が養われたという話も。

そんなコートだから、先輩たちのメインコートにはならなず、
取り残され状態は変わらずだった。

先輩たちに文句も言われることもなく、
凸凹の自分たちでつくったテニスコートで、
環境はいまいちながら好きにテニスができたのだ。

ある意味、見放されたワタクシたちはやりたい放題。
先輩たちはこんなコートに見向きもしないから、
朝練、昼休み練、そして放課後とボール打ち放題。

結果的に先輩のコートに連れて行かれた選抜組の1年生よりも練習が出来、
いつの間にか技術的にも追いついていたという変な現象に。

あ、シューズの話だった。
続きはまた今度。

カテゴリー: クルマ, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

2000GTとか、講演本番とか。

TOYOTA2000GT
DSC_2439
お台場のメガウェブ。
メガウェブはトヨタの主宰するクルマのテーマパークだ。

その中のヒストリーガレージには名車がズラリ。
何時間でもいられるくらい楽しい空間なのだ。

それにしても2000GTはカッコいいなぁ。
当時からこんなクルマつくってたってすごいことだ。
一生に一度は乗ってみたいぞ。

 

さて、HEAD JAPANさんでの講演。

お受けしたのは昨年末。
「まあ、先のことだし」とタカをくくっていたら、
日本リーグやら体調不良やら、メッチャ仕事が詰まったりで
バタバタしているうちに、あっという間にその日がやってきた。

講演時間そのものは短いのだが、
逆に短時間で中身のある話にするのは難しい。
プレゼン資料は作製したが、この尺で収まるのかよくわからない。

ちなみに、スキーカテゴリからの講演は、
皇族も教わるという超名門スキースクールを主宰されている方。
しかも会場には来られないので、事前に収録したビデオでの出演。
ちゃんと編集もされているだろうし、ワタクシもそれが良かったなぁ。

それにしてもスキースクールの校長先生に比べ、
ワタクシ、ずいぶんと格が落ちる気がするが大丈夫だろうか。

なんてことを考えているうちに、HEAD JAPANさんに着いた。
th_IMG_1793

いつものショールームはダイビング一色。
そして、たくさんの参加者の皆様。
th_IMG_1794

HEAD JAPAN関口社長のご挨拶で会が始まる。
th_IMG_1791
関口社長のように、こういう場所で
自然体で喋れるようになりたいものだ。
無理だな。

ダイビング関係の皆様はテニスとは少し雰囲気が違う。
カジュアルというか個性的な方が多いような。
th_IMG_1796
オーナーさんが多いからかも。
テニス屋のワタクシにはアウェイ感満々だ。

まずはスキー教室の事例ビデオから・・・
と思ったら、機材の調子が悪く、
「急遽ですが、先にお話ししてもらえますか?」
とのまさかの前倒し登板要請。

「心の準備が」などと断るわけにもいかず講演開始。

緊張しつつ話し始め、皆さんの表情を伺う。
案外(失礼)ちゃんと聞いてくれている。
事例紹介などは写真を撮っておられる方も。

そんな姿に安心しつつ、何とか講演を終えた。
積極的傾聴、ありがとうございましたって感じだ。
良かった。

その後、政府関係の施策のプレゼン、
次年度のライセンスの変更点などの説明(ちんぷんかんぷん)にて
無事にミーティングは終了。

懇親パーティーにも出席してほしいということで
知らない方々に囲まれ乾杯。
多くの皆さんにお声がけやら質問をいただけたのは、
少しお力になれたかなと、勝手にひと安心。

その後は、HEAD TENNISのHくん、Mさんから「打ち上げましょう」と外へ。
って、キミたち何もしてないだろう。

まあとにかく緊張もしたが良い経験をさせていただいた。
プレッシャーはあるが、お声が掛かるうちが華。
ありがたいことである。

お世話になりました。

カテゴリー: クルマ, テニス, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。