カテゴリー別アーカイブ: クルマ

240とか、配信順調とか。

YOKOHAMAで遭遇。
th_IMG_6675
VOLVO240だ。

いいなぁ、いつか乗ってみたいクルマのひとつ。
th_IMG_6677
VOLVOは昔、740ESTATEに乗ってた。
めっちゃ壊れて苦労したけど、雰囲気が大好きだった。

当時、オシャレ職業の人はボルボみたいな感じがあって、
「テニスコーチもボルボでしょ!」って粋がってたっけ。
ああ、昔のボルボにまた乗りたい。

 

さて、ALLREC COACH TOURNAMENTの配信が始まった。

もちろん当日の全試合を公開予定。

結果はまだ公表されていないのだが、
1回戦から順番に公開していくので、
トーナメント進行を追う感じで見ていただけると思う。

すでに数対戦が公開されているので、ぜひアクセスを!

th_花里VS才門

th_宮田VS佐藤

配信はこちらのYouTubeチャンネルから。

Team REC CHANNEL

コーチの試合なのでちゃんと上手いが、
たまに、おいおいというミスもある。
そこがまた皆さんに参考になるのではないかと思う。

一気に流れに乗ってワンサイドな試合もあれば、
めっちゃもつれている試合があるのも面白い。

1セットマッチなので流れもありつつ、長すぎないので見やすいと思う。

ちなみに、全試合をTeam RECプロメンバーの解説をと目論んでいたが、
プロたちにそんな時間があるわけもなく、
準決勝から決勝までの解説をしてもらうことになった。

こちらもお楽しみに!

ここまでは週に2試合ペースで配信していたが、
今日からは毎日予定。
ぜひチェックしてください。

カテゴリー: PC, Team REC, インターネット, クルマ, テニス, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

柿とか、ダンパー交換とか。

実家の庭の柿かな。(農家じゃないよ)

th_IMG_7163

シブを抜いたものらしい。

以前、知らずに渋柿を食べてひどい目にあった。
渋柿って破壊力すごいね。

そういえば子供の頃、よく干し柿を勧められたっけ。
正直、苦手。
ああいう感じの食べ物はダメだなぁ。
都会派だから。(おいおい)

 

さて、バッテリーあがりという新たな問題に見舞われたランクルくんである。

とりあえず、ジャンプバッテリー(ポータブル)を購入したので、
どうにもならない事態は回避できそうだが、問題がもうひとつ。

ボンネットを支えているアブソーバーがヘタってきた。

th_IMG_7149

開けたはずのボンネットが静かに降りてきて、バ〜ン!と閉まる。
ほとんどギロチン事故レベルの危険性である。

 

先日、バッテリーを繋ぎにきてくれたガソリンスタンドのスタッフも、
ブースターケーブルを繋いでは、降りてくるボンネットを支え、
車から離れては、また降りてくるボンネットを支えるのにダッシュという、
ほとんど、底抜け脱線ゲーム状態。

これではジャンプバッテリーを繋いでも、
勢いよく閉まったボンネットで破壊されかねない。

つまりボンネットを支える人と、キーを回す人の
2人いなければエンジンが掛からないってこと。
ボンネットにクランク突っ込んでエンジンかけてた昔の車かっ!

仕方がないので直すことにした。
ただ、ディーラーに持っていったら、いったい幾らかかるか想像もつかない。
ならば自分で直すことに。

 

まずはパーツをネットで購入。
th_IMG_7147
純正じゃないので、9,800円。
ホントは幾らするんだろね。

 

某日、作業開始。

これが購入パーツ。
th_IMG_7151

 

ボンネットを手で支えながらの交換は無理なので、秘密兵器を投入。
th_IMG_7150
突っ張り棒〜!(ドラえもんで)

 

百円ショップで買った洗濯物に使ってるのを勝手に持ってきた。
これをこんな風にかます。
th_IMG_7153
強度が心配だけど、完全にガスが抜けているわけじゃないからなんとかなるでしょ。

 

まずは古いアブソーバーを外す。
th_IMG_7155
まあこれは簡単。

ただ、片側支持になっているので、突っ張り棒が折れたら
ワタクシは大怪我間違いなし。
ワニの口に頭を突っ込んで歯磨きしてる気分だ。

 

新しいものを取り付け。
th_IMG_7157

th_IMG_7158

が、うまいこと入らない。
片側のボルトを締めるも反対側が合わない。

なんか長いな、これ。
ホントにランクル用なのか?

片手でボンネットを持ち上げて、空いた手でボルトを回す。
ウエイトトレーニングしながら、作業している状態。
油断すると突っ張り棒がカランと外れるし。
ツライ。

 

なんとかついた。
th_IMG_7156

 

続いて反対側。
th_IMG_7159

 

汗だく、油まみれでようやく完成。
th_IMG_7160
いやぁ、働いた。

 

ふと、横に落ちていた説明書を見る。

th_IMG_7162

「本製品は共用品のため、純正品より長くなっています」

「取り付け作業は2人以上でおこなってください」

そうだよね・・・
説明書は先に読みましょう。

でも根本の問題は解決していないんだよなぁ。

カテゴリー: クルマ, ファミリー, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

欧州カレーとか、スターターとか。

新大阪駅で。
th_IMG_7216
欧州カレーだっけ。
大阪って美味しくて、安いよね。
いいなぁ。

 

さて、今度はバッテリーあがりに悩まされているランクルくん

何度かガソリンスタンドのお兄さんに出動いただくも、
原因がわからず、「バッテリーは正常値なんですけど」の繰り返し。

そうそう無料で来てくれるわけでもなく、なんとかしなければ。

とりあえず、出かけたい時にエンジンがかからないのは困るってことで、
非常用にこんなものを購入。

th_IMG_6568

 

開封の儀
th_IMG_6569
ジャンプスターター!(ぼくドラえもん)

 

そう、いざ時のモバイルバッテリーである。
th_IMG_6571

実はこんなものがあるなんて知らなかった。
駆けつけてくれたスタンドのおにいちゃんが持ってたのを見て、
さっそくAmazonでご購入。

 

USBやら様々な機器に対応している。
th_IMG_6572

 

こんな感じでブースターを差し込み、バッテリーにつなぐ。
th_IMG_6573

 

なんと、LEDライトも点く親切設計。
th_IMG_6574

th_IMG_6575

これで、ひとまず安心だね。
って、根本は未解決なのだなぁ・・・はあぁ。

カテゴリー: クルマ, , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

メルセデスとか、家族会議とか。

両親と会うのは何年振りだろうか。
コロナ禍になってからは帰省もできず、たまに電話するだけ。
久しぶりに会ったら、クルマが変わってた。

th_IMG_7726

前はEクラスだったような。
寄る年波で少し小さくしたのかな。
これがなんてやつなのかは知らんけど。

 

さて、そんなわけで某日。
東北自動車道を北上。

実家からの指令があったのだ。

「緊急事態宣言も解除になったし、家族会議をするので中間地点に集合。ゴルフ付きね」

 

ということで、着いたのが東北道・矢板ICから少し走ったゴルフコース。

紫塚ゴルフ倶楽部

宿泊も出来て、食事も美味しく、温泉つきのゴルフクラブ。
両親がよく使っていて、支配人とも懇意にしているらしい。

着いたのは夕方。
th_IMG_7732

 

なんか海外みたいな雰囲気。
th_IMG_7740

 

本当は少人数では取れないヴィラを押さえてくれた。
th_IMG_7741

内風呂は源泉掛け流しの檜風呂。
th_IMG_7745

 

美味しい食事。
th_IMG_7752

th_IMG_7753

お腹いっぱい。
寝ていいですか?

とはならず、リビングで家族会議。

家のこと、ウチの会社のこと、老後のこと、葬儀のこと。
今後起こるべきことについて、両親の考えを聞いた。

ちなみに葬式は散骨で申し込んであるから、心配はいらないとのこと。
「散骨に立ち会うとオプション料金かかるから来なくていい」だって。(おいおい)
当然、お墓もいらないって。

 

小さいながら商売をしている会社のことについても、
現状や今後について話し合う。

ワタクシの小さい頃、母は専業主婦として毎日家にいた。

学校から帰ると、洋裁の内職をしている部屋に行き、
ストーブの上で給食で残したコッペパンを焼いて、
それを食べながら、母の洋裁仕事を見るのが好きだった。

そんな主婦だった母。
ワタクシたちが家を出てから、自分で仕事を始めた。
たぶんすでに50歳を過ぎていたのじゃないだろうか。

最初はまったく仕事にならなかった。
数千円の商品を客先に届けるのに、軽自動車で吹雪の峠を越えたそうだ。
「ここで車が故障したら死んじゃうんだろうな」
と思いながら山道を走ったと聞いた。

いつしか少しずつ扱いが大きくなり、個人事業主から会社組織にした。
ワタクシにはわからない、大変な苦労があったはず。

 

そんな母も80歳を越え、家や会社や仕事の先を考えるところに差し掛かった。
いちおう長男のワタクシに必要なことを伝えておきたいということらしい。

両親の思いを聞き、ワタクシの現状を話し、
今後どうしていくかを話し合った。

そして母が言った。

「引き際を自分で決められる人生を歩きなさい」

っていうか、アナタ、全然引いていないし。(笑)
80歳過ぎて、仕事も現役、メルセデスを乗り回し、ゴルフもスキーも。
おそるべし。

 

そうだね。
人生終盤、自分の道は自分で決めないとね。

これまでずっと、その時の上を支えて長いこと裏方家業をやってきた。
まあまあ影で頑張ったかな。

専業主婦が徒手空拳で事業を始めて、
ここまで苦労してきた母親の言葉は胸に刺さった。
オレなんてまだまだ小僧だなって。

オレはこれまで何をしてきた?
そしてこれから何をする?
とにかくいい仕事がしたいな。
後悔しない人生を送らなきゃと思った、栃木の夜。

カテゴリー: クルマ, ゴルフ, ファミリー, 仕事, , 生き方 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

メルセデスとか、みらいカップとか。

品川にて。
th_IMG_7404
憧れの1台だなぁ。

でも、ランクル300の方が欲しいかな。
頼んでも納車はめっちゃ先だって。
世の中、そんなに金持ちが多いのか?

 

さて、みらいカップに行った話。

関口プロのウォーミングアップで鈴木プロの写真を撮っていたら、
竹島プロの試合が始まっていた。
th_DSC_4522

 

本戦の初戦で敗退した竹島プロはコンソレに回った。
th_DSC_4532

相手は慶応のエース羽沢選手。

 

卒業後はプロ宣言をしている選手である。
th_DSC_4557

 

鈴木プロも見守る中、結果は敗退。
th_DSC_4558
とはいえ、とても良い試合だった。

やっぱりハイレベルな試合は面白い。
配信だけじゃなくて、リアルで足を運んでもらえるようになるといいな。

 

そうこうしているうちに関口プロの準決勝。
th_DSC_4563
相手は伊藤竜馬プロ。
今年から橋本総業さん所属になった強豪・・・って、皆んな知ってるか。

これは全日本選手権前に良い練習にもなるなと思いきや・・・
th_DSC_4637

th_DSC_4684

th_DSC_4650

全然、あか〜ん!!
th_DSC_4700

いきなりファーストゲームのサービスを落とし、
そのままずるずるとゲームを落としていく。

あっという間に0-3。
おいおい、大丈夫か?周一。

途中、良いラリーがあるものの、最後にミスをするのは関口プロ。
どうにも反撃の糸口が見つからない感じ。

この大会はすべてワンセットマッチだから、
勢いに乗られると一気に行ってしまうので序盤が大事。

 

結局、出だしを押さえられなかったままにゲームセット。
th_DSC_4722

0-6だっけ?
いや、1-6?

とにかく乾杯・・・じゃない、完敗だった。

本人曰も「ビックリしました(笑)」というくらい、
予想外のワンサイドマッチだった。

まあ、そんなこともあるよね。
ターゲットは全日本選手権だから、今回はよしとするか。

しかし、この全日本直前のタイミングで
ハードコートで試合ができるのはありがたい。

ってことで、3位決定戦も頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 仕事, 仲間, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

フォトスポットとか、一難去ってとか。

某日の朝ラン。

th_IMG_6559

このあたりは南国風のフォトスポットも多いのね。
いい感じだ。
ああ、どっかに行きたい。

 

さて、横滑り防止装置の異常発動に悩まされた1年半を経て、
原因がコンピューターの中立点リセットと判明し、復活したランクルくん。

これで安心して乗れると思いきや、なんと今度はバッテリー上がりが頻発。
一男一女・・・じゃない。一難去ってまた一難だ。

バッテリーは昨年新品に交換したばかり。
なのに1週間も経たずにバッテリー上がりでエンジンがかからなくなる。
その度に近所のガソリンスタンドのスタッフさんに来てもらい、出張料を払う。

車検時のバッテリー診断も「正常」。
どうして?

 

そして先日、ワタクシもバッテリー上がりに遭遇。
th_th_IMG_6549
かすかに電気は残っているのだが。クランキングをするだけのパワーがない状態。
5日乗ってなかっただけなのに。
これかぁ、どうすっかな。

 

仕方がないので、車検でお世話になっているガソリンスタンドに電話して来てもらう。

「この前の車検でもバッテリーは正常の診断なんですけどね」
このスタンドでバッテリーを交換したので、なんとなく申し訳なさそう。
考えられる原因は、気温の変化かもって。
夏から秋になっただけでそれはないでしょ。

とりあえずポータブルのバッテリーで始動を試みる。
こんなコンパクトなバッテリーあるのね。

がしかし、これでは電力が足りないらしく、セルが回らない。

今度は来てくれた車からブースターケーブルを繋いでもらう。
th_th_IMG_6550

掛かった!
まあ、かかるわな。

「で、どうすればいいですか?」

「オルタネーター(発電機)は正常なので、小一時間走ってください」

 

はい、ドライブへ。
th_th_IMG_6552

久しぶりに千葉港の方に行ってみた。
th_th_IMG_6553

1時間も走ったら、電圧計は正常値に。
いったいどうしてバッテリーあがるんだろ。

対策は、数日おきに乗ってあげることらしい。
自動巻腕時計か?!!

原因見つけないとなぁ。
なかなか落ち着かないランクルくんなのだ。

カテゴリー: クルマ, ランニング, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

なに?これとか、それを言えるかとか。

何?このクルマ。
th_IMG_4419

ベースはトヨタ車だけど、屋根の装備はなんだろう。
th_IMG_4420
Googleのクルマかな。
それにしても超未来的。

 

さて、大変だなぁとか、不便だなぁとか、これ意味あんの?
とか思ったりすることって少なくないと思う。

 
何故だか提出書類や報告書がとても多くて、仕事のかなりの部分を占めてているとか。

どうして同じような報告を別の形でダブってしなければいけないんだろうとか。

ファイルをこういうふうに統合されると分業が出来ないんだよなぁとか。

毎度報告しているけど、この数字どう使われているんだろうとか。
 

組織というのは月日を重ねるたびに書類や報告が増えていくもの。
一方で、何かが削減されていくことはほとんどない。

提出する方は手間がかかるが、受け手側にはその手間がわからないし、
「何が」ではなく「誰が」決めたかで、廃止の手が鈍ったりもする。

何かのタイミング、それこそトップダウンの大号令で、
「無駄を見直せ。要らないものはバンバン廃止せよ」
と思い切りよく整理しないとモノもコトも減らない。

つまりは無駄と理不尽はいつの間にか積み重なっていくもの。

 

現実に「無駄では?」といちばん感じるのは、
報告する側の一線のスタッフたちだったりする。

しかし本部と現場の力関係なのか、
なかなかそれが声になって出てこなかったりもする。

突っ返され続けてきた歴史のなかで
言葉にすることをやめてしまったのかもしれないが、
違うのでは?無駄では?意味あるの?と思ったら、言ってみるべき。

喧嘩腰じゃダメだし、言い方に配慮は必要だけど、言ってみることが大事。

それに対して「決まっていることだから」という、
まったく答えになっていない理由で突っぱねられたら、
そんな組織や上司は見限ってしまえばよい。
入り口でそんな対応しかできないなら、どうせ良くならない。

 

もう少し遡って考えてみる。

「大変」なのが、「なんか大変」「だけど言われたからやる」だと問題。
大変なのはどこかに問題があるはず。

それを大変なままに受け入れて、大変な思いを続けると、
いつかミスが出るし、遅れも出る。
何より身体に悪い。

「大変」に問題意識を持つこと。
なんで大変なのか?

仕組みに問題があるのかも。
そもそも業務量の振り方に無理があるのかも。
要らないものはないかな。
もっと楽に早くできないかな。

「発明は不便の発見から」と言った人がいたが、
「大変は問題発見のカギ」じゃないかと思う。

言われるがままに大変さを享受しちゃダメ。
ずっと大変さを受け入れ続けているのをみると、バカなのかな?と思う。
もちろん「大変なのは自分の能力が低いから」もあるかもしれないけど、
それも程度の問題。

 

問題発見能力は仕事の大事なスキルだと思う。

処理能力の高い優秀な人にしかこなせないような業務はおかしい。
その組織がエリート集団ならまだしも、普通の組織なら普通に出来るラインを探すべき。
身の程知らずの業務配分は組織の動きを止めるだけだ。

 

何にしても、まずは大変さを感じること。
そして疑問を持つこと。
そして文句ではなく、提案をすること。
それが改善てことだと思う。

おかしいと思いつつ、こうすれば良いと思いつつ、
意見を言うと損をするからと口を開かないしょっぱいヤツはそもそもダメ。
意見を言うことに「もの申すなんて失礼な」なんて反応の組織もダメダメね。

ああ、それを風通しっていうのかな。
提案も同じ構造だよね。
各階層で皆が考えないといけないことだね。

カテゴリー: クルマ, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

メガとか、釣りしたとか。

おお!メガクルーザー
th_IMG_4878

実車は久しぶりに見た。
th_IMG_4876
映画ではワイルドスピードでよく出てくる印象。
乗りごごちは悪そうだけど楽しそうだなぁ。
でも、都内は厳しいなぁ。

一度乗ってみたい。

 

さて、そんなわけで、ボートトレーラーのタイヤ交換も無事に完了。

th_IMG_5663

やっぱり新しいタイヤはテンション上がるね。
釣りもやる気になるっていうか。

 

ただ、タイヤ交換だけではどうにもならないくらい放置の傷跡が。

まずはトレーラーの灯火系。
th_IMG_5665
なんで、こんなに壊れてんの?
水に浸けたりするからって言ってもねぇ。
これは後日、パーツ買ってきて配線やり直してだなぁ。

 

あとは・・デッキのゴミと苔と、うーんこれは今日は無理か。
th_IMG_1767
th_IMG_1764

th_IMG_5670
でもできる範囲でやるか。

 

と思ったら、いきなりの大雨。
th_IMG_5672
一気にテンション下がる二人。

「とりあえず今日のオレたちを褒めておこう」

「あとは今度ですね」

 

ってことで、ボート屋のアキラさんのところへ。
「雨降ってきたんで、今日はこれくらいにしときました」
と、変な言い訳。

せっかくなので、岸から釣りを。
th_IMG_5679

たぶん釣れないけど、真剣にスポットにルアーを打ち込む。
やっぱり釣れない。

釣り方を変えて、投げては巻きをしながら印旛沼を眺める。
th_IMG_5681
アキラさんにもらったルアー。
これでも釣れないけど。

 

でも、こうして水面を眺めながら心が空っぽになるっていいな。
そもそも釣りを始めた時、この感覚がたまらなくてハマったんだよなぁ。

いつしかボートを買って、トーナメントにも出るようになったけど、
釣りの時の集中感、空っぽ感は変わらない。

th_IMG_5680

このフィールドで、この仲間たちに会えてよかった。

アキラさんも
「もうちっとしたら仕事も落ち着いて、
釣りもできるようになるって言ってから、ずいぶん経ってるぞ」
って言ってたしな。

また釣りしよう。

カテゴリー: オモチャ, クルマ, ボート, 仲間, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

Team RECバックパックとか、NSXとか。

出来た〜! Team RECバックパック。

th_7CB4FD37-0C79-43F0-8289-E8FB171139D8

なかなかいい感じでしょ。
ちゃんとラケットも入るし、容量もそれなりにある。

秋の入会キャンペーンのジュニア会員プレゼントの予定なんだけど、
おそらく欲しい方もいると思うので、少量だけど販売を開始した。

サイズ感は大人も大丈夫なので、欲しい方はお早めにどうぞ!

 

さて、某所でHONDA NSXに遭遇。
th_IMG_00015187

th_IMG_5188
初期型かな。

NSXの発売って、30年くらい前だろうか。
まだバブルの残り香があった頃じゃないかな。

調べてみたら、価格は800万円。
思ったほど高くないよね。
とはいえ、ホンダイズムを凝縮した革新的な超高級スポーツカーであったことは間違いない。

 

ちなみにあの頃、人生でいちばん貧乏だった駆け出しコーチのワタクシは、
学生時代にバイトしていた喫茶店の店長から20万円で譲ってもらった
カローラクーペに乗ってた。

マニュアル4速で、バッテリーはあがるわ、ウインドウのモールは外れるわ、
なかなか大変なクルマだった。

いつぞやは、朝の通勤時、ラジエターに穴が空いて、
信号待ちでボンネットから水蒸気が立ち上って目の前が真っ白になるという、
映画に出て来そうな壊れかたを披露したことも。

でも、初めてのマイカーだったから、自分でウインドフィルム貼って、
カーステのスピーカーつけて、ステッカー貼ってと、
さすがに土足禁止にはしなかったけど、宝物だった。
20万円だけど。

ガソリン入れるお金もなかったから、満タンにしたこともほとんどなかった。
試合に行くにも、ガソリン持つかなとか、余計な心配がセットだったけ。
あと、ラケット2本しかないけど、ガット切れたらどうしようとか。

懐かしいな、80年代。
お金なかったけど、チャンレンジだらけで楽しかったな。

 

あ、話がそれた、
NSXである。

実は出たてのNSXを運転させてもらったことがある。
詳しくは書けないけど、ある方に食事に誘われて、迎えに来てもらったのがNSX。
キーを渡され、「運転して」と言われ、ビビりながら運転した。

首都高の路面に吸い付くような走り心地だけをうっすら憶えている。
ガソリンスタンドに行ったら、店員さんが総出で窓拭いてくれた。
多分、クルマ見たかったんだな。

で、運転席のワタクシを見て、「なんでオマエが」って顔してた。
そりゃそうだ。

いいクルマだったなぁ、NSX。(というほど乗っていない)

NSXも生産終了で、アキュラブランドから最終型が出るとか。
もう需要ないのかね、こういうクルマ。

っていうか、現行のNSXって、2400万円もするのね。
ちょとした中古マンション買えるわ。(発想が庶民)

カテゴリー: Team REC, クルマ, スポーツグッズ, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

屋根とか、タイヤ外したとか。

荒川の土手にて。

とある家の屋根に何か違和感。
th_IMG_4326

よく見たら・・・
th_IMG_4327
大丈夫?落ちないようにね。

 

さて、そんなわけで、ボートトレーラーのタイヤ交換作戦である。

久しく放っておいた愛艇。
th_IMG_5636
いや、もう愛艇とか言えないな。
ごめん。

 

左側のタイヤ。
th_IMG_5637
ホントだ、パンクしてる。

ひどいなこれ。
th_IMG_5638

 

右側。
th_IMG_5639

マジか?!
th_IMG_5640
タイヤってこんなふうになっちゃうのね。
レアな例だと思うけど。

それだけ放っておいたってことだよなぁ。
走ってる時じゃなくて良かったよ。

 

早速、作業開始。

「まず何する?」

「ジャッキアップするんで、工具出してください」

「なんの?」

「ランクルの」

「お前の出せよ」

「ボクのクルマってそういうの載ってないんです」

「ウソつくな」

「ホントですって。今時のクルマってパンクしたら補修剤入れるんですよ」

「そうなの?」

「はい、昔みたいにタイヤ交換とかしないんです」

そうなんだ、さすが高級車アルファード。

 

仕方がないので、見たことのないランクルの工具を探す。

あった!
th_IMG_5656
って、なんでスバルの工具?

「ここじゃないすか」とのハヤシくんの捜索で工具発見。
さすがランクル、いい工具積んでる。
ちなみにこれ無かったらどうするつもりだったんだろう。

 

まずはジャッキアップ。
th_IMG_5642

めずらしく働くハヤシ。
th_IMG_5643

トレーラー、ジャッキをかませる場所がわからないので、ちょっと怖い。
th_IMG_5641
外れるなよ〜。

 

タイヤを外す。
th_IMG_5644
働くハヤシ。

今回の懸念点はこのボルトが外れるかだったけど、案外すんなり外れた。
良かった、良かった。

 

タイヤを外してブロックをかます。
th_IMG_5645

「こんなかまし方で大丈夫?」

「大丈夫っす。ブロックの溝にうまくはまってるんで」

「倒れたら大惨事だぞ」

「倒れないっしょ」

その自信はどこから?

 

劣化が不安だったハブ。
th_IMG_5650
グリス切れてるかもと思ったけど、
水が入った色じゃないし大丈夫っぽい。
乗ってないから劣化もないか。

 

外したタイヤ。
th_IMG_5648
これをタイヤ屋さんまで持って行って交換してもらう段取りだ。

めずらしくタイヤもタイヤ屋さんもハヤシくんが手配した。
大丈夫かな。

 

「じゃあ、いくか」

「お願いしま〜す」

「ランクルで行きましょうよ」

「なんで?」

「(楽だから)」心の声

「ちゃんとタイヤ袋持ってきたし」という不思議な理屈に押されて、
ランクルにタイヤを積み込む。
th_IMG_5649

飛び出したスチールの先っちょがあぶねえぜ。

 

とりあえずここまで雨はなんとかセーフ。
台風の影響があるので、いつドバッと降ってくるかって感じ。

なんとかタイヤ交換まではコンプリートしたいぜ。
釣りどころじゃないかなぁ。

カテゴリー: オモチャ, クルマ, ボート, 街歩き, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。