カテゴリー別アーカイブ: クルマ

いつかはとか、やっぱりダメとか。

日課のウォーキング途中で見つけたワーゲン・タイプ2。
IMG_2348

ショップのディスプレイだけど、やっぱりいいな。
IMG_2349
屋根も跳ね上げ式だし、このままキャンパーに改造できそう。

サーフボード積んで海沿いを走りたい。
もう波乗りしてたのなんて遥か彼方だけど。

いつかはタイプ2!
って、「いつかは」とか「一度は」ってクルマたくさんあるんだよね。

 

さて、どうにも調子が悪かったマイカー、ランドクルザーシグナスくん。
th_IMG_1806

お世話になっているガソリンスタンドの工場でも原因がわからず、
トヨタのディーラーでも「症状が再現できない」とお手上げ、
ならばと購入した四駆専門店に持ち込んだところ、
「コンピュターでエラーが確認できました!」とのこと。

でかした!これで直る!

と思ったら、やはりコンピュター系はいじれないとのこと。
結局、専門店経由で別のトヨタディーラーに出すことに。

まあ、何とか光も見えたし、あとは幾らかかるかだなと
連絡を待っていたのだが、いっこうに連絡がない。

もう待てぬと専門店に電話をしてみた。

「シグナス、どうなりました?」

「実は、ディーラーから、やはりエラーが出ないとの回答なのです」

「だって、ここのコンピューターでエラー出たんですよね」

「そうなんですが・・出ないので、何もできないと」

「打つ手は?」

「すみません。ありません。
一緒に乗って症状を確認しても、コンピューターはいじれないので」

超ショック。
また振り出しに戻ってしまった。

こうなったら、もう一度ディーラーに持って行って、
ディーラーの担当さんに最初に提案をもらった通り、
メカニックさんに同乗してもらって、症状が発生する場所を走るしかない。

ディーラーの担当者さんに電話をすると、
「ではそうしましょう。できれば、専門店でチェック出来たエラーの
コードを教えてください。ヒントになるので」とのこと。

専門店に電話。
引き取る時にエラーコードを教えてもらえるようお願いする。

数日後、専門店にランクルを引き取りに。

「お力になれずにすみません」

「いや、仕方ないです。もう1回ディーラーに持っていきます。
で、エラーコードを」

「すみません。ディーラーから戻ってきて、
もう一度チェックかけたんですが、エラーが出なくて」

「なんで?」

「ディーラーでコンピューター繋いだのでリセットかかっちゃったっみたいで」

ガーン!振り出し以前に戻った気分である。

まあでも誰のせいでもない。
とにかくメカニックさんと首都高をドライブだな。

と言いつつ、なかなか日程が取れず、今日に至っている。
今のこの状況で診てもらえるんだろうか・・はあ、なかなかケリがつかないなぁ。
諦めず一歩ずつだな。
ガンバレ、オレ。

カテゴリー: クルマ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

串とか、妄想とか。

ここ最近のお気に入り。
th_IMG_0642
ファミマのつくね串。
小腹が空いたときにちょうどいい。

会社でのお昼をコンビニで買ってくる。
春雨スープとつくね串にしたら、「またそれ食べてんのか」とボス。
串もの食べてるのって、ちょっと花見感があるよね。
オフィスでのお昼には合わないな。

 

さて、調子の悪いランクルくんを点検に出した専門店。

ランクルをはじめとした四駆が売るほど置いてある。(売ってんだよ)
th_IMG_1810

せっかくなので見ても回ることに。
衝動買い、注意ね。

ピックアップトラック
th_IMG_1808
雰囲気があっていいよなぁ。
特に逆輸入のピックアップって雰囲気があっていいよね。

これにサーフボード積んで海に・・・憧れた。
ホイチョイムービー3作目、「波の数だけ抱きしめて」みたいなね。

中山美穂も松下由紀も日に焼けすぎだったなぁ。
別所哲也の乗ってたワーゲンタイプ1のオープンカーはカッコ良かった。

波乗りしてたのももう遠い昔だなぁ。(遠い目)
ヤバイ、意識が別世界に・・。
ピックアップ1台でどんだけ妄想してんだ。

JEEP CHEROKEE
th_IMG_1817
実は初めての四駆の第一候補だった。

とにかくバスボートを牽引できる車が欲しくて、
当然、ランクルをって思ってたんだけど、
その頃住んでたマンションの立体駐車場は
サイズ的にランクルはNG。

で、4Lのエンジンでパワーはありながらも
ボディーは小ぶりなこのチェロキーを買おうとしてた。
結局、マンション外に駐車場を借りて、ランクル80買ったんだっけ。

JEEP WRANGLER
th_IMG_1809
最近、ちょっと気になってるクルマ。
適度なサイズとワイルド感のバランスが良さそう。
Tシャツにジーンズの素敵な女性が運転してたら似合いそう。
(また妄想してる)

ランクル
th_IMG_1811
角目でレトロな雰囲気がGOOD。

実はフロントマスクはレトロ仕様になってるけど、
ベースはランクル100とまあまあ新しいモデル。
th_IMG_1812

レトロ感を不安のない機種で楽しめるという、
このお店オリジナルのモディファイモデルなのだ。

FLEX AUTO RENOCA

他にもこんないい感じのも。
th_IMG_1813

th_IMG_1816
バスボートを牽引する感じのデザインじゃないけど、
こういうのもいいなぁ。

で、もちろん一番欲しいのはこちら。
th_IMG_1814
現行型のランクル200だ。

それにしてもお高いなぁ。
こんなクルマ買えないぞ。

そんなことより、今のクルマ直さないとだし、ふうぅ・・
現実に引き戻されてる。(笑)

カテゴリー: クルマ, 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アイスとか、キャンピングカーその2とか。

ファミマにて。
th_IMG_1149
ちょっと惹かれたが買ってない。
冬だし、寒いし。

こういう企画ものって、出会ったときに買っておかないと
気づけばなくなってるんだよね。
ちょっと後悔。

 

さて、キャンピングカーショー後半戦。

軽自動車のキャンピングカーはやっぱり今ひとつピンとこない。
ひとりであんな小さなクルマであちこち旅してもねぇ。

ということで、もう少し豪華なゾーンへ。

ハイエース。
th_IMG_1331

th_IMG_1332
居住性も悪くなさそう。
ただデザイン的にヤンキーっぽいっていうかワルイ感じがなぁ。
こっちの指向はあまりないのだ。

そうそうそんな極みのクルマもあった。
th_IMG_1480
侍って・・。

内部はこんな感じ。
th_IMG_1486
障子にブラックライト。

シートには刺繍。
th_IMG_1483
無いわ、ないない。

きっとデモカーだよね。
買わんでしょ、普通。

やっぱりこっち側のテイストが好きだな。
th_IMG_1342

th_IMG_1343
欲しいぜ、ワーゲンバス。
店はやらないけど。

ということで次へ。
th_IMG_1334

th_IMG_1335
豪華だ。

でかいな、写しきれなかった。
th_IMG_1357

中も広い。
th_IMG_1352

th_IMG_1355
完全に家だよね。

814万円ですか。そうですか。
乗り出しでほとんど1千万円だな。
th_IMG_1411

th_IMG_1413
どんな人が買うのだろう。
この辺のグレードになると全然現実味がない。

運転するのも大変だろうし、首都圏じゃ駐車する場所もないよね。
やっぱり日本国内だとハイエースかトラックベースくらいがギリギリかな。
th_IMG_1456

th_IMG_1458

th_IMG_1457

th_IMG_1460

あ、こんな手もあるか。
th_IMG_1336

th_IMG_1441
トレーラータイプ。

これならランクルで牽引できる。
こんな感じ。
th_IMG_1444
トレーラータイプは駆動部がないから、
一体型ほどの値段はしないようだ。
っていっても、やっぱり高い。

こんなのもあった。
th_IMG_1470

th_IMG_1349
小さいクルマでスペースを広げる作戦。

って、どこで広げるんじゃ!
迷惑だよね。

しかし色んなタイプがあるなぁ。
最初はテンション爆上がりだったけど、徐々に目が慣れてきて冷静に。
まずもってお金の問題は当然として、これに乗る時間はあるのだろうか。
ランニングで精一杯、バイク(自転車)トレーニングすら時間取れてないのに。
休みだってねぇ。

まあ、遠い世界の想像をして楽しむ場だな、ここは。

あそうそう、で本来の目的ね・・どこにあるんだろう。
とにかくたどり着こう。

カテゴリー: クルマ, 買い物, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ボールペンとか、キャンピングカーとか。

こんなものをご紹介いただいた。
th_IMG_1238
一見ただのボールペンなんだけど、
ペンの横についてるのはキモニー社製品のミニグリップテープ。

これをグリップ部に巻いて使用する。
th_IMG_1242
こんな感じ。

二重に巻いたり、色を変えたり、バリエーションも広げられる。
替えグリップにはなんとドライタイプも。
これがあればジュニア選手も勉強に集中・・・しないか。
なかなかのアイデア商品だな。

 

さて、某日。
SNSを見ていてあることに気づいた。

近所で面白そうなイベントが。

ジャパン・キャンピングカーショー

会場は自宅から徒歩7分。
そして偶然にも今日は休み。
しかもイベント初日の平日ときた。

正直、人混みは嫌い。
並ぶのも嫌い。
特にこの季節のイベント系は風邪なんやらももらいそうで、
ホントはすごく行きたいフィッシングショーもここ数年はパス。

キャンピングカーショーがどれだけの人出なのかはしらないけど、
まあ初日の昼なら大丈夫でしょってことで、散歩がてら幕張メッセへ。

入場料を払って会場へ。
お金取るのか・・1,000円くらいだったかな。

おお!キャンピングカーだらけ。(当たり前)
th_IMG_1251

ワクワクしつつフロアへ。

キャンピングカーって、色んなタイプがあるのね。
トラックベースの荷台改造型とか、市販車内部改造型とか、
あとは専用シャーシとかね。

最近はこんなものも多いらしい。
th_IMG_1284
軽自動車ベースだ。

室内は工夫が施されて、それなりの居住空間。
th_IMG_1275

th_IMG_1260

ひとり旅仕様。
th_IMG_1313

th_IMG_1314
なるほど、これでひとり旅かぁ。
全然楽しそうじゃないぞ。(笑)

軽なのに高いし、ちょっと違うな。
優雅なレジャー感ゼロだし。

どうせ買わないし、いや、買えないし、
現実レベルじゃなくても夢があるほうがいいよね。

ってことで、もう少しゴージャスなゾーンへ。
th_IMG_1256
トラッベース?ハイエース?よくわからん。

おお!ゴージャス。って、一面ベッドかよっ!
th_IMG_1258

デリカベースもあった。
th_IMG_1270
このデリカ、けっこう好きなんだよな。買わんけど。

th_IMG_1271

th_IMG_1273

さすがにボディサイズが上がると豪華装備になるな。
th_IMG_1255

th_IMG_1254

ってか、もはや家じゃん。
こんなのあったら家に帰らないな、きっと。

でも、楽しいぞ、ここ。
さらに豪華なゾーンへGOだ。

ちなみに、本来の目的は別にあるのだが、
なかなかたどり着けない。
どこだ?

カテゴリー: クルマ, ステーショナリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

てんとう虫とか、リアクションとか。

TOYOTA MEGAWEBにて。

SUBARU360である。
th_IMG_3407

th_IMG_3408

th_IMG_3409

昭和のモータリゼーションを代表する車のひとつだ。

フォルクスワーゲン・タイプ1が「カブトムシ」と呼ばれ、
似たようなフォルムでさらに小さいこのクルマは「てんとう虫」と呼ばれた。
th_IMG_3410

実は子供の頃、我が家に来た最初のクルマがこれだった。
こんな小さなクルマに家族4人乗ってたってすごいな。

しかも車慣れしていないワタクシたちは車酔い体質。
昔の車ってサスペンションもガソリン臭さも酔わないわけないって感じだったし。

そんなわけで、小さな車体に家族で乗り込んで、
雪が降ってても窓開けて走ってた。(ルパンかっ!)

今なら乗りたいな。
カワイイよね、SUBARU360。

 

さて、随分前にモチベーションなるものについて書いたことがあるのだけど、
基本的な考え方は今もって変わっていない。

モチベーションて言葉をあたかも「やる気の素」みたいに
便利に使うのは正しくないと、今も思っているし、
「モチベーションが・・」というヤツに限って、
いつも「やらないヤツ」である。

ただ、最近思うことがある。

モチベーションのある、ないはNGなのだけど、
モチベーション的なもののレベルを引き上げられるかが
チームマネジメントのかなりの部分を占めるんじゃないかってこと。

ちなみにここでは、モチベーションゼロの人間は除外。
いつでも「やらない言い訳」を探しているような人ね。
こういうタイプをやる気にさせるのは無理だし、
関わるだけ時間の無駄だと思っている。

何らか動こうとしている人の背中をどう押してあげて、
おそらく正解であろう方向に加速させてあげるか。
これって、コーチングであり、リーダーのマネジメント力かなと思う。

ただ、プラス方向に動かすのって本当に難しくて、
なかなか「これだ!」って方向に押してあげられたことは少ない気が。
まあ、自分の力が足りないってことなんだけど、そこは努力し続けるしかないな。

で、プラス方向へのホームランを打つのが難しいのなら、
マイナス方向への引き摺り下ろしだけはしないようにしようと思ったわけ。

モチベーションブレーカーなるタイプの人って必ずいる。

誰かが何かを言った。

「そうかなぁ」

誰かが何かを提案した。

「無理じゃない」

誰かが何かを質問した。

「いいから、とにかくやれ」

最初の反応でネガティブストロークを投げ続けると、
人は何も言わなくなっていく。

提案も質問もそれなりに勇気を持ってアウトプットしているはず。
特に若手や部下が上司に提案するのはすごい勇気がいること。

提案どころか、質問だって、「こんなこともわからないのか」と思われないか、
ドキドキで聞いてることが多いんじゃないかと思う。

そこの最初のリアクションがネガティブなものだったら・・。
絶対凹むよね。
かなりの衝撃だと思うよ。

数回そんなことを繰り返せば、もう意見も提案も出てこなくなる。
面倒な提案を聞かなくて良いと割り切れば楽だけど、
実はそういう人の方は「全然提案が出てこない」みたいなこと言ったりする。
どうしてそうなってるのか、分からないのかな。

ということで、思い切り素晴らしい方向に引っ張ったり、背中を押してあげられないのなら、
せめてモチベーションブレーカー的なリアクションだけはしないようにと思う。

そりゃ、「何言ってんの?」みたいな話も無いとは言わない。
話の序盤で「そりゃちがうだろ!」ってことだってある。

でも、ひとまず最後まで聞く。
そして、もし違うと思っても、却下だなと思ってもいったん飲み込む。

少し方向を変えたり、練り込めば提案レベルになる可能性がありそうなら、
あれこれ質問して、足りない部分、外れている部分を理解してもらう。

「じゃあ、もうひと揉み、ふた揉みしてみる?」と持ち帰ってもらう。
そこから、ブラッシュアップしてもう一度持って来てくれるかどうはその人次第。
そこで終われば、その程度の思いつき提案だったんだろうから、無しでOK。
実現レベルまで作り込んでくれればさらにもう一歩だ。

実はこういう形で差し戻しても、もう1回出てくる確率はそう高く無い。
でも、最初のリアクションがネガティブだったら、ほぼ再チャレンジはゼロだし、
提案そのものが出てくることはなくなってしまうだろうと思う。

結局のところ、自由な発想も提案も意見も受け手の問題なんじゃないかなと思う。
何かを言われた瞬間の表情や目線、最初に出てくる言葉がそれを決める。
だから、そこは大事にしたい。

「いいじゃん。もう少し具体的に詰めて」とかね。

「そうか。なるほどね〜・・・(ちょっと無言)」
の場合は死ぬ気でもう一回揉んでねってことかも。(笑)

まあ、色々な意見が出るのはありがたいこと。
その空気は死守したいんだよなぁ。

カテゴリー: クルマ, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

富士山とか、原因判明とか。

朝ラン。
th_IMG_1769

海沿いの空気は冷たいが、空気が澄んでいて最高の景色。
th_IMG_1770
東京の街並み、遠くには富士山がくっきり。
いい眺めだ。
って、止まってると身体が冷えるな。
ラン再開。

 

さて、ふと愛車のメーターを見たら。
th_IMG_1146
177,778km。
キリ番見逃したけど、もう18万キロ近いのね。

ランクルにとっては、なんてことない距離だけど、
細かな部分は微妙にへたってきた。

一番の問題の横滑り防止装置の誤作動はいまだ未解決。
相変わらず、首都高を中心に危ない挙動を繰り返している。

車検をお願いしているGSでも、トヨタのディーラーでも原因はわからず。
「症状出ませんでした。コンピューターもエラーなし」との回答。
絶対ここで出るってところはきっと走ってくれてないんだろうな。

どうにも打つ手がなく、加えて日本リーグや通常業務でバタバタで、
結局そのままになっていた。
とはいえ、やっぱり怖いし、かといって買い替えもしたくないし、
どうしたものかと思案していて閃いた。

そうだ!京都に行こう・・じゃなくて、買った車屋さんに相談しよう。
この車を購入したのはランドルーザーを専門に扱っているお店。
歴代のランドクルーザー&セコイア5台はすべてここで買っている。

当時の担当者がまだいるのかがわからないので、
公式HPの問い合わせにメールを送ってみた。

横滑り防止装置が誤作動を繰り返し怖くて乗れない。
同様の症状は聞いたことがあるか。
お宅でランクルを5台(も)購入している。
町工場、ディーラーでも分からないと言われた。
専門店の知識に頼るしかすべがないこと。

みたいなことを丁寧に書いてみた。

次の日、早速携帯に連絡が。

「そのような症状は例がないが、とにかく見てみます」とのこと。
早速入庫日を決めた。

「代車はいりますか?」というので、「お金はかかります?」と聞いたら、
無料だそうなので、お願いする。
そもそも車置いてきたら、どうやって帰るの?って場所だし。

ということで、車を持っていく。
th_IMG_1806
久しぶりだな、この店。

あらためて症状を細かく伝える。
「湾岸から外環に入るか、辰巳から首都高に入って走ってください。確実にそこで出るので」
もう、症状出ませんは嫌だ。

で、代車を受けとる。

実は代車に期待していた。
ランクルやJEEP専門店だし、乗ったとことのない四駆かななんて。

「こちらです」と案内された代車。
th_IMG_1818
WISHだった・・・。
普通じゃん。若干テンションダウン。

まあいいや。
借りられるだけでも良しとしよう。
ということで、車を託して帰る。

早速、夕方電話が。

「コンピューターにエラー記録が出ました。VSCとTRCの誤作動ですね」

やっぱり。
でも、ディーラーでも出なかったのに・・専門店おそるべし。

「エラーは確認できましたが、コンピューターなのでウチでは手が出ません。
ディーラーに持ち込みを依頼したので、それで良いですか」とのこと。
ああ、やっぱりそこはディーラーなのね。
そりゃそうだ。

ディーラーの工場に空きがなく、入庫は10日後らしい。
代車はずっと借りていていいってことなので、しばらくはWISH生活に。

コンピューター交換になるのだろうか。
いったいいくらかかるかな・・・不安である。
お願い安く済んで。

でも半年続いたトラブルもこれで解決かな。

カテゴリー: クルマ, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

リフレッシュとか、10kmオジサンとか。

某日、ショッピングモールへ。

時計の電池交換を待つのに30分ほど空いた。
スタバでお茶でもと思ったら、こんなコーナーが目に入り、ついフラフラと。
th_IMG_0401

マッサージチェア、15分200円だって。
th_IMG_0402

コーヒーより安いし、リフレッシュ出来そうなのでこちらをチョイス。
極楽だった。

今のマッサージチェアって、ホントに全身包み込む感じなのね。
th_IMG_0400
短時間のリフレッシュに最高。
オススメです。

 

さて、テレビのニュース番組で「10キロおじさん」なるものを特集していた。

どこかの県で、運転で周囲に迷惑をかけているおじさんがいるとか。
このおじさん、やたらと車をノロノロ運転し、渋滞を起こすらしい。
追い越そうとすると道を塞ぎ妨害までするとか。

実はこのニュースを見る前週、ワタクシ、同じ目にあった。

外房は白子の試合からの帰り道。
まあまあの田舎道。

50mほど先、右側の側道から車が入ってきた。
赤いトヨタのハイブリッドのセダンだ。

少し先だったので、視界に入った程度だったが、
入り方がかなり急な感じがした。
側道から入るのに安全確認してないのかなって感じの入りかた。

急に入ってきたわりには、妙なノロノロ運転をしている。
もしかして道に迷っているのか?
または、どこか行き先を探しているのかという挙動。

ブレーキをパタパタ踏んでフラフラしている。
こちらも普通に走っていたのだが、この車に追いついてしまった。

と、結局この車、完全に止まってしまった。
しかも横に寄せずに。

この横の家に入るのかなと思い、追い越そうと右にハンドルを切った。
途端に、この車が発進し、道を塞ぐように中央にはみ出してきた。
危うくぶつかりそうになった。
明らかに妨害している。

どうやら運転しているのは、年配の男性ぽい。

そしてこの車、またノロノロ走り出した。
時速10km/hくらいで、延々。

そして、ブレーキを踏み、道の真ん中で停車。
追い越そうとすると、はみ出してきて妨害の繰り返し。

さらには窓から手を出して、「下がれ!」のジェスチャー。
まったく意味が分からない。

結局、この妨害行為は数キロにわたって続き、
ワタクシを先頭に後ろにズラリと渋滞が出来上がった。

ようやく2車線の幹線道路に出て、この車をパス。
バックミラーで見たら、相変わらず異常なノロノロ運転で、後ろを渋滞させていた。

文句のひとつも言いたかったが、あまりに変な行動だし、
ちょっとおかしな人かなと思って関わらないようにした。

房総の地元ナンバーの赤いセダン(TOYOTA SAI)、
後ろにはどこかの軍の帽子みたいなのが乗っている。
ご家族も運転止めてあげればいいのに。

房総半島へ行く際には気をつけてください。

カテゴリー: クルマ, ファミリー, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

満車とか、#ULTRAできるとか。

東京オートサロン。
カスタムカーの一大イベント。

モーターショーより間違いなく面白い。
最近のモーターショーは環境何やらとか、IoTとか、コンセプトとかばっかりだし。
やっぱりクルマ好きはオートサロンだ。

地元での開催は嬉しいけど、混むのがねぇ。
th_IMG_0767
幕張メッセの駐車場もイオンモールの駐車場もいっぱいだ。

で?行ったってか。
混んでるところが嫌いなので、行ってません。

 

さて、ある日曜日。
こんなところへ。
th_IMG_1557
アメアスポーツ(ウイルソン)社である。

日曜日に来たのは初めて。
オフィスビルだけあって、人が少ない。
っていうか、いつものエントランスが開いてなくて、
どこから入れば良いのか分からなかったぜ。

社内にはいると・・・
th_IMG_1514
この日、お呼ばれされた方々が。
知り合いの方々もちらほら。

ディスプレイには錦織圭の歴代使用機が。
th_IMG_1562

豪華だ。
th_IMG_1519

th_IMG_1520
触らないでねだって。
そりゃそうだ。

で、この日の目的はこれではない。

準備が出来たとのことで、別室に通される。
th_IMG_1526

#ULTRAできる オフラインサロンなる企画が開催されるのだ。

案内された席にはラケット&Tシャツが。
th_IMG_1524
「まだ開けないでください」のアナウンス。

ウイルソンの伝道師、ミチバさんのプレゼンが始まる。
th_IMG_1528
相変わらず洗脳・・・じゃない、プレゼンがうまい。

そしていよいよ本題。
th_IMG_1533
#ULTRAできる が発表される。

隠そうにも、#ULTRAできる だから、新しいULTRAなんだけど。(笑)
で、ラケットを袋から出す。
th_IMG_1535

なんじゃ、こりゃ。
以前のCLASHの時にはダズル迷彩、今回はシルバー。
th_IMG_1539
日本だけ限定でつくったようだ。

これをまずは打ってみてくださいとのこと。
で、SNSで紹介をして欲しいということらしい。

持ち帰ってじっくり見てみた。
th_DSC_9718

th_DSC_9719

この辺りに新たなキモだありそうだ。
th_DSC_9720

th_DSC_9722

毎回、新発売時は大ヒットを飛ばすULTRA。
今回も期待できそうな面構え。
th_DSC_9724
期待も膨らむ。

で、試打はぜひこれを着てとのこと。
th_DSC_9735

th_DSC_9737
うーん。わかりました。

実は早速、17歳児の練習時に使ってみた。
インプレは後日に。

カテゴリー: クルマ, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アメ車とか、アーサー・アッシュとか。

近所で遭遇。
th_IMG_0301000

th_IMG_0298

th_IMG_0300
シボレー?ベルエアだろうか。
雰囲気満点、カッコいい。
維持するのは大変そうだけど。

 

さて、懐かしラケットの話。

ラケットマイスターさんに飾ってあった。
th_IMG_0482
アーサーアッシュ・コンペティションだ。

懐かしいけど、このラケットは微妙に世代前かな。
テニスを始めた頃、アーサーアッシュは引退間近だったような。
SEIKO SUPER TENNISやテニス雑誌でこのラケットを使っている姿は覚えている。

きれいなフォームでめっちゃキレの良いショットを放っていたような。
ウェアはadidasだったっけ。
袖の3本ラインがとてもカッコよかった。

それにしても、先進的なラケットだ。
th_IMG_0486

ボロンなのね。
th_IMG_0485

ストリングのノットも懐かしい。
th_IMG_0483
最近はやらないけど、こうしてループを作って結んでた時期もあったなぁ。

こうして考えると、HEADって昔から革新的なメーカーってことか。

そういえば、HEADで選手の名前を冠したモデルって他にあったっけ?
思い浮かばない。
無いのかな。
やっぱりアーサーアッシュて偉大だ。

ちなみに、アーサーアッシュのもっと昔の写真を見ると、
フレッドペリーのウェアにラケットはウイルソンのスタンスミスっぽい。
ラケットはHEADで、ステンシルはVSの時期もあったみたいだけど、
HEADはキャリア後半のパートナーだったのかな。

でもやっぱりアッシュといえばHEADだな。
当時、ワタクシの周りでもこのラケット持ってる人、ほとんど見たことないけど。

カテゴリー: クルマ, テニス, テニス用品, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

apple高け〜とか、appleスゲーとか。

Macのディスプレイ。
th_スクリーンショット 2019-12-12 18.41.53

th_スクリーンショット 2019-12-12 18.42.07
いいなぁ、会社のモニター、あんまり写り良くないし。
でも、モニターだけで50万円て・・・どんな人が買うのだ?

 

さて、17歳児のapple IDがおかしなことになり、早や半年。

特に切羽詰まってはいないようだが、
時折、「apple IDが・・」と言ってくる。
その度に、「今度やってみるよ」と言いながら放置していたが、
いよいよ何とかしなきゃってことに。

症状を簡単に言うと、解約してしまったJCOMのメールアドレスで
apple IDを登録していたので、変更やらあれこれが出来なくなってしまったのだ。

apple IDは扱いを間違えると、しばらくロックされてしまったりと、
なかなか厄介らしい。
とはいえこのままってわけにもいかずで、あれこれやってみる。

がしかし、どうにも突破口が見つからない。
そりゃそうだ。
appleが何らかの情報を送ってくれるのは、
すでに消えたアドレスにだし。

それに加え、支払いやら何やらの関係で、
妻のapple IDを17歳児の携帯に登録してたんだか何だかで、
わけがわからなくなってしまっている。

同じような症状を検索するも、ぴったりくるものがなく、
自力でマイアカウントのサイトにチャレンジしてみるも、
やっぱりよく分からない。

そういえば、チャットで相談に乗ってくれるサービスがあったはずと、
appleのサイトをあちこち探す。
電話だとアドレスとか伝えづらいし、チャットの方が何かと便利との読み。

どこかにチャットサービスの入り口があったはずなのだが、
なかなか見つからない。
何とか「修理」的なところから奥深く入って、ようやくチャットサービスへ。

しばし待つとようやく繋がった。
th_スクリーンショット 2019-09-01 10.02.46

互いに自己紹介をして、症状を伝える。
レスポンスもなかなか早くて、こりゃ電話よりいいわ。

ひと通り説明を終えると「分かりました。おそらく大丈夫です」と頼もしい返事。
が、しかしワタクシの操作が悪かったのか、作業が途中で進められなくなった。
サポートからは、「ひとまず資料を送る」とのことで、この日のやり取りは終了。

th_スクリーンショット 2019-09-01 10.44.23

後日、再度チャットサービスに挑戦。

相談した時のIDを伝えると、
「以前のやり取りを確認しますので少々お待ちください」との回答。
程なく「状況は分かりました。一緒に解決しましょう!」とすぐに話が通じた。

ガイドに従い15分ほどの作業で問題解決。
懸案だったapple ID問題が解決した。

appleすげーな。
対応も親切だし、何より一緒に解決してくれる姿勢がうれしい。

電話の方がいいって人もいるかもしれないけど、
チャットだとやり取りの履歴も送ってくれるので、
後から見直せたり、再度の時も話が早い。

ある程度のスピードでタイピングが出来る人はチャットがオススメかな。
こういうサポート体制はブランド満足度直結だなと思った。

ちなみに調子の悪い我が家のランクル。
結局、原因もわからずで戻って来た。

大もとのトヨタなら何らかのデータベースがあるかと思い、
問い合わせ窓口に状況のメールを送ったが、
「ディーラーで聞いてください」とバッサリ。

うーん、ディーラーで「わからない」と言われたから
メーカーに聞いたんだけど・・・。
お願いしますよ、世界のトヨタさん。

カテゴリー: PC, インターネット, クルマ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。