カテゴリー別アーカイブ: スポーツグッズ

BOSEとか、爆速とか。

BOSEのブルートゥーススピーカー。
あるプログラムで使うために購入。
th_IMG_2879
こんなコンパクトサイズで大丈夫かなと半信半疑だったけど、
なかなかのド迫力サウンド。

すごいな、これ。
はやくこれが活躍する日が来て欲しい。

 

さて、ソフトバンクBBルーターに見切りをつけて、
新たに購入したWi-Fiルーター。

1万円程度のものから数万円までピンキリだったけど、
結局、BUFFALOの普通のやつにした。

あれこれ見たけど、値段と性能の折り合いがよく分からない。
高いと、速くて遠くまで飛ぶのだろうか。

そもそも家にあるものを買い換えるのに4~5万円はない。
これまで何台かルーター換えたけど、結局のところ、
マンションて構造壁が障害になって、端から端の部屋までは
思うような速度が出ないんだよね。

ということで、ダメならダメでまた戻すつもりでセッティング開始。

開封の儀。
th_IMG_3242
ルーターだから、あまりワクワクしない。
そりゃそうだ。

うーん、普通。
th_IMG_3243

とりあえず、組み立ててみる。
th_IMG_3244
可動式の3本のアンテナに性能アップの期待が。

集まらなくていいから。
th_IMG_3245

サクサクっと接続。
最近の機種だからなのか、自分のスキルが上がったからなのか、
ルーターの設定も簡単になった。
マニュアル、読まなくてもできるもんね。(読めよ)

スピードテストをかける。
th_スクリーンショット 2020-04-11 20.32.43

おお!爆速!
以前の計測がこれ。
th_ss2020-04-04 16.13.59

下り 2.43Mbpsが、63.4Mbpsって・・この変わりよう。
とりあえず成功ってことだな。

あ、あと忘れちゃいけないのがこれ。
th_IMG_3288
中継機ね。

サクッと接続して、廊下に設置。
th_IMG_3289
実は、この中継機、ホントに効果があるのか疑問もある。

リンビングの本機のWi-Fiも反対端まで届きはするので、
それを直接拾うのと中継機をかますのと、どっちが速いのか、
どっちが良いのか微妙。
バックアップというか、お守りみたいな感じかも。

とにかくナローバンドが一気にブロードバンドに復活。
良かった。

BBルーターくんは、ひとまずお役御免。
th_IMG_3255
解約で返却する時までサヨナラ。
なんかもったいないけど。

カテゴリー: PC, インターネット, スポーツグッズ, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

無人化とか、インソール インプレ!とか。

ファミレスにて。

最近は、「いらっしゃいませ。何名様ですか?」という、
あの馴染みのあるフレーズを聞くことはない。
入り口に「空いている席にご自由にお座りください」と書いてあるだけ。

カワイイ店員さんに「何名様ですか?」と聞かれたら、
指を4本あげて「ふたり!」と答え、
店員さんが戸惑うのを見るのが楽しみだったんだけど。
(いい歳してすることじゃありません)

そしてテーブルは・・
th_IMG_2323
タブレットに人数を入力し、オーダーする。
ここまで対人接客は無し。

さすがにオーダーは店員さんが持ってきてくれるけど。

とにかく無人化の波はすごい。
まあ、ホスピタリティのかけらもない
ロボットみたいな表情の店員さんにオーダー伝えるよりは、
タブレットのほうがよっぽどいいけど。

某レストランチェーン、昔はあんな店じゃなかったんだけどなぁ。
どの店行っても、あんな接客なら、タブレット入れた方がいいよ。
どこかとは言わんけど。

 

さて、サポートをいただくことになった高性能インソール・SUSAS S-Blance。
th_IMG_2632

とりあえず試してみてくださいってことで、マイシューズに装着。
th_IMG_2649

実は過去にも何度かカスタムインソールは試したことがある。
直接、足に触れる部分だけに、明確に感触が変わるし、その効果は体感しやすい。

ただ、モノによってはちょっと疲れやすかったりするものも・・
良ければそのままで良いのだけど合わない感触もダイレクト。
インソールは、それだけデリケートでダイレクトな部分ということ。

そして、シューズ全体の屈曲性(しなやかさ)も
インソールと合わせ技でその味が変わってくる。

通常のインソールはそんなに固くないので、そこまで感じることはないが、
例えば、交換用のインソールがセットになっているシューズなどの場合、
インソールを入れ替えると明確にシューズの味が変わる。

そうそう、SRIXONシューズの前モデルはインソールが2枚入っていた。
通常タイプとハードタイプ。
ハードタイプに入れ替えると明確に感触が変わったっけ。

あれ、なかなか良いシステムだったけど、なんでやめたんだろう。
あ、好みはどっちかだから、2タイプ入れるのは合理的じゃないのか。

だとすると、交換用インソールの単体販売を強化すれば良いのか。
つまりインソールはそのもので成立するギアってこと。

そこまでやる人は実は少ないのかもしれないけど、
とにかく明確に違いが分かるギアであることは間違いない。
ぜひとも多くの方に試してみてほしい。

 

ということで、マイシューズに足を入れてみた。

なんと!シューズのカッチリ感が倍増。
新品時の足入れ感に。
でありながら、アッパーは馴染んでいるので違和感なし。

プレーしてみる。
足が遊ばない。
足裏がインソールに吸い付いて動かないから、一体感がすごい。
履くときに滑らないので履きにくかったけど、それがプレーには恩恵多しだ。

盛り上がったアーチ部分のサポートと硬めの反発で
最初は違和感というかちょっと疲れるけど、
確実にシューズの攻撃力が増した気がする。

ラケットだとグリップの感触が大きいけど、
シューズはインソールの感触がパフォーマンスの大きな部分を占める気がする。

これはすごいな。
もうノーマルのインソールには戻れないかも。

このS-Balance、カスタムオーダータイプもあるのだが、
ノンオーダーでこれほどだから、カスタムは推して知るべしだ。
試してみるかな。

Team RECに強い味方が出来た。
th_IMG_2359
ということで、サポートメンバーにはこのパッチが着く。(ワタクシも)

各校でもまた測定販売会を実施予定。
お楽しみに。

カテゴリー: インプレ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

試打ストリングとか、インソールとか。

「#ダンロップ、ストリングはじめるってよ」
「桐島部活やめるってよ」ふうに言ってみた。
th_IMG_2358
そんなダンロップさん怒涛のリリース6機種のサンプルが届いた。
6機種試打ってけっこう大変だな。
いつ張る?いつ打つ?(目処立ってません)

 

さて、このたびTeam RECがコラボすることになった商品。
th_IMG_2630

SUSASブランドの高性能インソール、S-Balanceである。
このS-Balanceインソール、何度か測定会販売会を実施していたのだが、
試してみての実感がわかりやすく、お客様も好評をいただいていた。
足もとの強化はパフォーマンス直結ってことだ。

で、今回、SUSASさんがTeam REC日本リーグチーム、実業団チームの
サポートをしてくださることとなった。

早速。ワタクシもノンオーダータイプをテスト。
th_IMG_2631

オールスポーツ用というものらしい。
th_IMG_2632
足先部分は素材はソフト。

アーチは硬めで高め。
th_IMG_2633
ここがキモなのかな。

ソール表面の質感はしっとり。
th_IMG_2634
シューズの中で足が遊びにくいような気がする。

アシックスのシューズに入れてみることにした。
th_IMG_2637
ゴルフシューズという手もあるが、頻度が・・ね。
もともとのインソールを出してみる。
th_IMG_2645
ロゴが消えかかっていて、足形っぽいのもついている。
それほど酷使してないのに、ここまでへたるのね。

で、入れ替えようとしたら入らない。
説明書を読んでみた。(最初に読むように)
なるほど、最初のインソールを合わせてカットするのね。
th_IMG_2646

難しいな、まあこんなもんか。
th_IMG_2647

装着完了。
th_IMG_2649

ちょっとだけ足を入れてみた。

なんと!シューズが別物に感じる。

もともとは、アディダス・アディバリケード信者だったワタクシ。
ゴツめのシューズが好みで、ここまで来た。

最近はアシックスを履くようになったが、
やはり選ぶのはいちばんゴツめのGEL-RESOLUTIONシリーズ。

足に馴染みの良いゲルレゾ。
アディダスほどのカッチリ感はないが、
インソールとの合わせ技で剛性感が増した気がする。

これはいいかも。
実際にプレーしてみたらどうだろう。
期待が膨らむぜ。

問題は、いつテニスするのかってことだな。(そこかっ!)

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

完成!とか、日本リーグスナップとか。

Team RECキーホルダーが完成。
IMG_1821
大きさはプレートの左右幅で5cm。
バッグのジッパーなんかにちょうど良いサイズ。

先日、スタッフにアンケートを取った結果を参考に決めた。
th_IMG_0740

って、実はこのタイプはアンケートに無かった。
「フック位置は横のほうが良いんじゃ」との意見を取り入れた結果である。
うん、なかなかいいじゃん。

まもなくスクールでも販売予定。
数に限りがあるので、お早めにどうぞ。

 

さて、テニス日本リーグも終了。

なんとなく気が抜けた日々を・・・送れるわけもなく、
日常の仕事に追われまくる日々に戻ってきた。
いや、リーグ中も昼間出来ない仕事を朝晩やってるから、
変わらないって言えばそうなんだけど。

ということで、リーグを思い出しながら・・・

Team RECでは、大会初日前日の夜にメンバー全員で
決起集会として一緒に夕食を食べるのが恒例。

それ以降は、各々に夕食をとる。
松屋とか吉野家とかラーメンとか・・・って大丈夫か?(笑)
実はどこで何を食べてるかはよく知らない。
それぞれに体調を考えてやっていると思う。

で、ワタクシは今年はこんな感じ。
IMG_1709
ほとんど部屋でコーヒーを飲みながらSURFACE PROとお友達だった。
フロントにセルフサービスのコーヒーメーカーがあり飲み放題なのはとても重宝した。

食事は下のコンビニか昼のおにぎりに余りを。
時間と気力がある時は下階のデニーズへ。
めずらしくお酒はほとんど飲まなかった。

おかげで3kg痩せた。
いいかも、このダイエット方法。

今年はストリンガールームの場所が変わった。
いつも荷物を置いたりしているトリートメントルーム(フィジカルケア)に
ストリンガールームも一緒になった。

これがケア用ベッド。
DSC_0899

IMG_1710
正林プロ、これはただ寝転がってるだけ。邪魔してる(笑)

Team RECは最初の年から、荏原トレーナーがついてくれている。
IMG_1725
選手たが普段もお世話になっているトレーナーさんなので安心。
スーパーサポートに感謝である。

選手たちはここで最初のストレッチを行う。
IMG_1712
関口プロ、正林プロ。
ストレッチマットは選手たちの必需品。
巻くタイプ、畳むタイプ、皆バッグに入れている。

練習時間をコートサイドで待つ。
IMG_1716
他チームの選手の状態などを観察。
練習のやり方でオーダーもだいたいわかる。

会場の横浜国際プールは寒かった。
東京体育館は空調が入って暖かいのに。
IMG_1726
オフィシャルのWさんに、「なんで空調入れてくれないの?」と聞いたら、
コートサーフェースが温度変化でめくれてしまう可能性があるからなんだそうだ。
なるほど、暖房費ケチってるわけじゃないのね。

でも、なんとかしてほしいな。
特に観客席ね。

ワタクシの荷物。
IMG_1642
カメラ3台、ビデオカメラ1台、PC、バッテリー等々、
レンズ5本、一脚、折りたたみ椅子、ウェアやらあれこれ。

ホテルには着替えや仕事道具を置いてきている。
車で行く横浜だからの荷物の多さ。
兵庫遠征の時は絞らないと運べない。

プロカメラマンの皆さん。
IMG_1708
プロカメラマンの動きを見てすごいなと思ったのは、撮影した写真に確認の速さ。
シャッターを切った後に、素早く再生してピントやらあれこれを確認している。
多分、ボツショットは削除していくのだろう。
ワタクシも確認しつつ、削除はするが圧倒的に動作の速さが違う。
さすがプロ。

カメラは圧倒的にキャノン派(白レンズ)が多い。
ちなみにワタクシはNikon派。
色々と教えてくださる師匠の北沢プロカメラマンも少ないNikon派。
師匠も「そろそろSONYのミラーレスかな」と仰ってた。

最近、SONY派も増えてきた。
軽いし、静かだし、性能もかなり良いらしい。
ただブランドを変えるにはかなりの費用が・・ね。

てなわけで、今年は5位だった。
昨年も5位だった。
4位以内、つまり1回戦を勝って日曜日にプレーが出来たのは
まだ一度しか経験がない。

定位置っぽい5位を来年は何とか破りたい。
出来ないことはないと思う。
すべきことをまたしっかりやろう。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

レプリカとか、バドミントン体験とか。

ランニング途中で発見。
IMG_1247
HONDA REPSOLモデル。

ワタクシがバイクに乗っていた頃には、
REPSOLってブランドは見かけなかった。
まあ、30年前だしな。(苦笑)

カッコいいな、このロゴ。
乗ってみたい・・とまではいかないけど。
疲れそうだし。

アメリカンにのんびり乗ってみたい。
だれかHONDA STEEDの中古くれませんか。

 

さて、某日のRECインドアテニススクール上石神井

各スクール責任者が集まっての会議。
そして午後は研修会というのが定番の流れである。

この日の研修会はオンコート。
なのだが、いつもとちょっと様子が違った。

この日のテーマはバドミントン体験会。

なぜ今、バドミントンがここまで盛り上がっているのか。
いったいどんなスポーツなのか。
難しさは?
運動強度は?
テニスとの違いは?
プレーヤーだとすぐできるのか?

今回はヨネックスさんに全面協力をいただいた。
IMG_1182
ラケット、ネット、シャトル、知識、すべてを持っていないワタクシたち。
ヨネックスさんに「何もないので、すべてを教えてください」という無茶なお願いをし、
「任せてください!」と引き受けていただいた。
坂寄さん、ありがとうございます。

最初はレクチャーから。
バドミントンの歴史、ルール、道具、マーケットまで
ひと通りを教えていただいた。
なるほど、大きなマーケットを持っている競技なのね。
そしてヨネックス社の売上規模に驚いた。
(テニス部門の比じゃない)

後半は実技。
IMG_1184

IMG_1192

ヨネックス実業団チームの2名の選手に来ていただき、基本から教わった。

まずはデモンストレーション。
メッチャボールが速い!(ボールでいいのか?)

ラリーのスピードもすごい。
ドライブっていうボレーボレーみたいなラリーなんてほぼ見えない。
これ、普通の人できないんじゃないのってのが正直な感想。

で、まずはやってみる。

おお!空振り!(笑)

シャトルの速度がよくわからない。
出だしはメッチャ速いんだけど、急激に減速するのが
テニスボールと全然違うので、待ちきれず空振りというお約束状態。

が、そこはテニスコーチ。
徐々にコツを掴み、ラリーに。

なかなか楽しい。
ただ、ずっと上むいてるので首が疲れる。
加えて、皆んな、口開いちゃってるからアホに見える。(笑)

慣れて来たところで、練習方法を教わる。
テニスコーチとしては、バドミントンてどう導入するのか興味津々。

なるほど、やっぱり段階的に進めるのね。
このあたりはスポーツとしての共通項なんだな。

導入練習、徐々にショットの幅を広げてのドリル。
勉強になりました。

最後は、やっぱり試合でしょってことで、まずは皆んなでゲーム。
メッチャ楽しい!

そして、やっぱりこうなる。
IMG_1205
選手ペアに挑戦コーナー!

全員で2ポイント先取マッチを挑む。

テニスだってラッキーもあるし、何回かは勝てるでしょ。
なんてったって、オレたちテニスコーチだぜ!

・・・・2回り、誰も1ポイントも取れなかった。(涙)

まじか、強い。
たぶん、全然本気じゃないのに。
バドミントてラッキーウインてないみたい。

ちなみに、選手のラケットは普通に市販品だそうだ。
ストリングは最近はハイブリッドも多いとか。
で、まあまあ高い。
あんなに細くて軽いのに。

シャトルは高い。
テニスのボール以上に消耗するのにテニスボール公認球と一緒かそれ以上。
水鳥の羽を使うのも、動物保護的なムーブメントやら色んな流れで逆風らしい。
うーん、なるほどね、この辺は大きな課題だな。

何にしても良い経験が出来た。
これをどう生かすかだな。

與猶くるみ選手、曽根夏姫選手ありがとうございました。
IMG_1203
強いし、可愛いし、ファンになりました。(単純)

カテゴリー: Team REC, スポーツ, スポーツグッズ, バイク, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ATPカップとか、シューズとか。

今年からATPカップが始まった。

何と、地上波、BSで放映。
TV朝日が提携しているAbema TVへの誘導が狙いだとしても、
地上波でテニスが流れることには感謝である。
TV朝日さん、ありがとうございます。

初戦、日本の圧勝だし、是非とも高視聴率を期待したい。

WIN_20200104_12_51_00_Pro

ちなみにウルグアイのP.クエバス、新しいプレステージ使ってた。
コート映えするな、この赤。

#KingOfRed #伝承と革新の赤ラケ #HEAD #HEADTENNIS #teamhead #teamprestige #HEADprestige #absoluteprecision #rightonpoint

 

さて、年明けも時間がある限り走ってみた。
th_IMG_0586
天気も良く、あまり寒くなかったのでいい汗かけた。
富士山もきれいだ。

年末、ランニングシューズの底を見たら、
親指がこんにちはしそうなほどにすり減っていた。
疲労やパフォーマンス以前に危ないってことで、
手頃なシューズを見つけて購入。

th_D0654D9F-1A1A-43D3-8499-E6529A84BBD6
とりあえず、外しはないだろうってことでアシックス。

ネットでシューズを買うのは躊躇もあったが、
なんだかメッチャ安かったのでポチってみた。
ちょっと幅が広いかな。
前にしか動かないからいいか。

クッションがいいから走っていて楽だ。
疲れっぷりが格段に違う。
やっぱり新品はいいな。

ってことで、正月はついつい箱根駅伝を見てしまう。
色んな意味でモンスターコンテンツだよね、これ。
学校の宣伝にもなるし、サッポロさんの宣伝効果もすごいだろうな。
沿道に映り込む看板には広告料払っていないと思うが、
それはそれで宣伝になるよね。

で、今年の箱根駅伝の選手たちのシューズ。
なんと、80~90%の選手がナイキを履いていたそうだ。

最近はスポーツメーカーがチーム単位や大学丸ごと契約するパータンも多い。
早稲田がアシックス、青学はアディダス、駅伝には出ていないが亜細亜はミズノとか。

契約があるのになぜにナイキ?
陸上ではシューズは選手の選択に任せているのだとか。
まあ、テニスでもラケットは選手の選択だから、陸上だとそうなるのか。

で、ほとんどの選手がナイキってことらしい。
とはいえ、これってかなりの異常事態だと思うのだけど、
それだけナイキのシューズが突出しているということなのだろう。

何でも厚底シューズ、カーボンソールがパフォーマンスを発揮するらしい。
そんなにいいのか?
1足買ってみようかと思い、探してみた。

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%

なんと、3万円オーバー!
気軽に買える値段じゃないわ。

知り合いのナイキジャパンのS大部長に戦略やら取り組みやら聞いたりすると、
やっぱりスポーツ界のGAFAって感じ。

圭がナイキを履くのも分からないでもないなぁ。
でも、テニスにはあまり力が入っていない気も。

とにかく恐るべしナイキ!である。

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

サプライズ登場!とか、出発とか。

th_th_1stslide
応援よろしくお願いします!

 

レックインドアテニススクール上石神井に竹島駿朗プロが登場!

レッスンに入っていただき、お客様と打ち合ったりと楽しい時間を過ごした。
レッスンに来られた会員様、ラッキーでした。
隣のコートの皆様、次回にご期待ください。

レッスン後、ミニあんぱんを食べていた竹島プロ。

「それが昼飯?」

「いえ、朝ごはんです」

「もう昼だよ。飯食いにいくか」

というこよとで上石神井駅近くのカレー屋さん。
th_IMG_9422
味良し、量もじゅうぶんのナイスなお店。
ちなみにナンはおかわり自由だ。

竹島プロ、これから登場機会は増える予定。
お楽しみに!

 

さて、そんなわけで、あっという間に日本リーグがやってきた。

会議やらセミナーやら展示会やら打ち合わせやら、
あれこれにバタバタと追われ、気づけばもう出発日。

時間の速度が少しずつ速くなっているに違いない。
またはワタクシの速度が落ちているのかのどちらか。(たぶんこっちだ)
あ、または働き方改革に逆行して仕事が増えてるかだな。(こっちも否定できない)

ということで、ファーストステージは兵庫決戦。
セカンドステージの1月よりまだ寒くないと思われる(というか期待の)ビーンズドーム。
新幹線での移動だから、荷物をどの程度にするかがポイント。

一眼レフカメラ:2台
レンズ:標準ズーム1本、望遠ズーム1本、デカイ単焦点1本
ビデオカメラ
外付けマイク
一脚
折りたたみ椅子
パソコン
充電器
その他電子機器多数

緩衝材代わりに着替えあれこれ。
うーん、これでキャリーケースはパンパンだ。
th_IMG_9589

他にも仕事用の資料やらなんやら。
今回はちょっとした事情でラケットも持っていく。
けっこう大荷物だなぁ。

まずは無事に東京駅までだな。
混んでる京葉線に大荷物持ち込むのは気がひけるぜ。

日本リーグ、幕張メッセでやってくれないかな。
(やらないよ)

とにかく日曜日まで全力で勝ち星を取りに行こう。
頑張ろうぜ!Team REC。

まずは皆んなちゃんと来いよ。

*Team RECは新神戸集合なのだ。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

パワーボールとか、SMART再確認とか。

筋力が落ちてきたような気がする。
オフセンターでのショットでグリップが動く。

ということで、以前に購入したこちらを引っ張り出した。
th_IMG_5864
パワーボール。
けっこう効く、これ。
そう言えば、斉藤貴史プロも使ってたっけ。

とにかく筋力低下と戦わないと、思うようなショットも打てない。
ここから先は「老いるショック(byみうらじゅん)」との戦いだなぁ。

 

さて、某日はここでの早朝テニスからスタート。
th_IMG_8366
緊張しつつもテニスは楽しい。

この日は Wilson CLASH100を持ってきた。
th_F828E9E3-1307-4455-81DD-27BFF9EC54CF

目的はあらためてのストリングの試打。
th_IMG_8370

「#賢いストリング」プロモーションとその性能が大当たりし、
爆発的なヒットを飛ばしているこちら。
th_IMG_8418

正式製品版はこれ。
th_product
LUXILON SMART125である。

すでに取扱済みであり、キャンペーンでもかなりの支持をいただいたこのストリング。
あらためて打ってみようと思い立った。

で、思ったこと。

説明通り!

スライスやタッチショットはかなりの粘りを感じる。
ポリ系なのにフェイスにボールが吸い付く感じ。
そして柔かなフィーリング。

アングルにボレーをフワッと落としたい時などは、
そのフィーリングが大きくプラスに働く。

極端なスピンをかけずに柔らかくアングルにパスを落としたい時も
同じく、ソフトなタッチでコントローラブルなフィーリングで
ボールを運ぶ感じになる。

これだけだとただの柔かめなストリングだが、
SMARTの特徴はそのハードヒットの際にそのフィーリングが激変、
ストリングが踏ん張って、硬質な打球感になるというのがウリ。

実際どうなのか?

この日のテニスではハードヒットするようなシチュエーションはあまりなかった。

が、なるほどこれだ!と思った場面。

レック本社のハッシーの渾身のファーストサービスをリターン。
その時のフィーリングが「パン!」と急に変化。
フェイスにボールが食い込む感じが消え、
突然テンションというか面剛性が上がったような感触になった。

自分からもある程度振ってはいるが、相手からの打球もそれなりに速い場面。
柔らかくスイングした時とのフィーリングの変化は大きかった。

この場面での硬質な打球感というか撓まないフェイス感は、
ボールコントロールにおいて大きな安心感になると思った。
ここでボールがフェイスに食い込み、ストリングが撓んだ感じになると
ボールがどこかにふけてしまうのではないかと思う。

自分から叩いていく場面でもそれは同様だと思う。
こういう使い分けを勝手にしてくれるところが、
たしかに「#賢いストリング」だなと、今更ながら再確認した次第。

錦織圭がこのストリングを試打して、「なんだ?これ。気持ち悪い」と言ったのは
その変化が非常に顕著だったということ。
ショットによってフィーリングが変化しすぎるのはちょっとという人もいるだろう。

ワタクシは、大事な場面で信頼度が上がるという意味で基本的には賛成派である。
実はこのストリング、CLASHに張り上げた時、フレームがしなるモデルなので
特性が分かりづらいかなと若干後悔したのだが、それも杞憂に終わるくらい、
ストリングの特性が出たことは驚きだった。

ルキシロン、おそるべし。
いまさらだけど。

カテゴリー: スポーツグッズ, テニス, テニス用品, トレーニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シュノーケルとか、キングダムとか。

現在、RECテニススクールではこんなものを販売中。
th_IMG_5721

夏だ!海だ!シュノーケリングだ!
th_IMG_5722

th_IMG_5723
ということで、シュノーケルセットを販売中。

大人用、ジュニア用、そしてライフジャケットも販売中。
th_IMG_5724

どうしてテニススクールでシュノーケル用品を?

実はこのmares(マレス)というダイビングブランドは
HEAD Japanの取り扱いブランド。
そのご縁でサマーバケーションコーナーを展開したというわけ。

maresは本格的なダイビングブランド。
シュノーケルグッズも信頼性の高い本格商品。
特価でのご提供なので、この機会にどうぞ!

 

さて、最近ハマっているもの。

th_61ovlrmOoQL

キングダム

実はマンガは読んでいない。
あるビジネス書で目について、辿って行ったら、
数多の経営者の方々がこの本を読んでいるらしい。

マンガを50数巻を買うのはちょっとってことで、
Amazonプライムビデオでアニメを観た。

アニメ「キングダム」

時は紀元前3世紀の古代中国の春秋戦国時代末期。
後の始皇帝となる秦王政と、裸一貫下僕だった少年から、
後の秦の大将軍・李信になる「信」が繰り広げる戦国時代劇である。

アニメもかなりの本数だが、シーズン1を見切った。
いや、面白い。

てんこ盛りの登場人物が、帝王学、リーダー学、チームビルド、
様々な要素の中で揺れ、決断し、成長していく。

単なる立身出世物語ではおさまらない深みと熱さが
息もつかせぬ展開で繰り広げられる。

なるほど、これは大人がハマるのもわかる。
ワタクシ、中国史にはあまり明るくないのだが、
あらためて三国志を読んでみようかという気にもなった。

人は誰と関わり何をするか。
義なき者は人とは関われないし、助けも得られない。
そして生き残れない。

仕事の仲間にもぜひおすすめしたい作品である。
うーん、深いぜ。

カテゴリー: スポーツグッズ, 仕事, 仲間, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

大吟醸とか、コスパとか。

日本酒は大吟醸派だ。
そんなに飲むわけじゃないけど。

というか、ほとんど飲まない。
家にはいただいたまま開けていない一升瓶が何本もある。

その中から大吟醸が発見された。
th_IMG_5131
いつからあったんだろう。
いただきます。

 

さて、ゴルフシューズ。
th_IMG_5284

この他にももう1足持っているのだが、
地元のゴルフ用に先日行った時、実家に置いて来たので
現在はこのシューズのみ。

先日のゴルフのあと、ふとシューズを見たら。
th_IMG_5285

壊れかけてる・・・。
このままだとラウンド中にソールが剥がれてワニ状態になる予感。

実はソールが剥がれるのはゴルフあるある。
ラウンド中にシューズがワニになる事故に2度ほど遭遇した経験あり。

これ何年履いたっけ。
そんなに使ってない気も。
履いてなくても劣化するのも分かるけど、
たぶん年間ラウンド数って5〜6回だから大した数じゃない。

テニスシューズなら履き倒して終了だけど、
ゴルフシューズはどうにもコスパが悪い気がするぞ。

なんてこと言っても仕方ない。
近々また予定もあるし、購入することに。

でもきっとまた壊れるし、あまり高いのはなぁ。
あと、スパイクレスがいいな。
そもそもスパイク取れたりしないし。

近所のアウトレットやらゴルフショップを回るも
いまひとつ納得いくものがない。
基本的には高すぎるってことだけなんだけど。

 

ということで、ネットで購入。
th_IMG_5278

最近、テニスでも履いているアシックスをチョイス。
ただし安いヤツ。

th_IMG_5280

th_IMG_5279

うん、じゅうぶんである。

テニスシューズなら1万円中盤でもOKだけど、
ゴルフシューズで1万円超えると高いと思うのはなぜ?

これは何年持つかな。
頼むぜ。

カテゴリー: ゴルフ, スポーツグッズ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。