カテゴリー別アーカイブ: テニス用品

オンネームとか、トラックマンとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

梅田コーチがガットを張っていた。
IMG_5703

穂積プロのラケットだそうだ。
彼女の使用ラケットはプリンスEXO3 Black 100T。
全長を少し長目に作ってつくってもらっているのだそう。

セッティングはプリンス・ビーストのハイブリッド。
テンションは聞かなかったので不明である。

これは今回新しく届いたラケット。
IMG_5701
フレーム内側にネーム入り。
さすがプロのプロのラケットである。

と思ったら、今回のロットから初めて名前が入ったそうだ。
ネームを見て穂積プロも喜んでいたとか。
IMG_5705

当然、全日本選手権前の製作だから、優勝祝いということではない。
グローブライド(プリンス)さん、さすがのサポート体制である。
たくさんの選手をサポートしてこられた目利きってことなのだろう。

いいなぁ、オンネーム。
長らくテニスをしているが、ラケットのオンネームは経験がないぞ。
やっぱりラケットに名前が入るとテンション上がるよね。

どうすれば手に入るかな。(無理です)
そもそも自分のラケットを持ち歩く機会が激減してるもんなぁ。
やっぱりオンネームって選ばれた人のものなんだろう。

 

さて先日、レックインドアテニススクール上石神井で
Wilson TRACKMANのデモが行われた。

トラックマンというのは、ウイルソンのスピンエフェクトシステム搭載の
ラケット誕生とともに採用された打球解析システム。
イージス艦にも搭載されているというレーダーを使用して
ボールの打ち出し速度、角度、そしてスピン量などが計測されるというものだ。

今回はレックコーチングスタッフの一部を招集してクローズで開催。
何でかって言うと、情報解禁前の新製品ラケットを使ったりするからだ。

ウイルソンのスタッフさんたちがトラックマンをセッティング。
IMG_5822

計測部はこんな感じ。
IMG_5828
詳しい仕組みはよく分からない。

早速、計測開始。
RIMG0527
送球されたボールをひたすら打つ。
そして数球を抽出し測定。

モニターで弾道や回転をチェック。
RIMG0529
ラケットによって、人によってデータが変化していくのが興味深い。

こんな感じにデータが表示される。
RIMG0535
ちなみにこれはワタクシのデータ。
回転量はこの日のスタッフ中2位。

ウイルソンスタッフのTさんが間違いかと思って
「ちょっと待ってください。データ取り直します」
と言ったほど、年齢なりの打球ではなかったようだ。(苦笑)

とはいえ、スピン方向に振れば打球スピードは落ちる。
このへんは年齢なりである。

フォアハンドストロークの後、サービスを打ったのだが、
これまた参加スタッフでワタクシを越えたのはヨシムラコーチだけだった。
(球速は思い切り負けてた)
もう一回、ちゃんと練習してみようかな。(ウソ)

しかしこのトラックマンシステム、なかなか面白い。
自分がどんなテニスを展開したいのかをある程度持っていれば
それをデータに照らし合わせてラケットを選べば良い。
非常に客観的で分かりやすいデータである。

今後、ウイルソンさんは各地でこのトラックマンを使用しての
試打会等を積極的に展開されるらしい。
自分のショットデータを知っておくのも良いかもしれない。

そんなデモ会を終え、少し練習をしていたら、
何もやる事が無いはずなのに残っているスタッフが。
IMG_5836
そうですか。
こういうことですか。

焼酎ボトル、何本空いただろう。
飲み過ぎです。(苦笑)

カテゴリー: テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

完成!とか、グリップとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

夏前から企画を立てていた商品がようやく完成した。
IMG_5681
TEAM REC中綿パーカーである。

企画立案は武蔵小杉校のツツミコーチ、製作はシンプソンさんである。
IMG_5682

サイドにはRECワッペン。
IMG_5683
暖かいし、ナイスな仕上がりである。
これで冬場の巡回も問題無しである。

ちなみにスタッフ用だけで一般販売はしていない。
一般販売しても売れそうな気がする。
次回は考えてみよう。

 

さて、こんなものを注文した。
IMG_5671

わかるだろうか。
IMG_5672

ここにバッテリーを入れる。
IMG_5674
そして挿入。

カメラに取り付ける。
IMG_5676

そう、バッテリーグリップである。
予備バッテリーの意味合いに加え、縦位置で構えた時にも
シャッターが正しい位置に来るようになっているもの。
IMG_5677

最近、穂積プロの写真撮影などで、縦構図撮影が増えた。
その度に不自然な形でシャッターを押すのが辛かった。

が、実はこのグリップ、とても高い。
ニコン純正だと3万円オーバー。
とてもポンと買える値段ではない。

ところがサードパーティーの中国製だと
なんと5千円前後で購入出来る。

しかしすぐに壊れては意味が無いということで
ずっと躊躇していたのだが、最近何かと教えてもらっている
プロカメラマンのKさんに聞いてみると
「大丈夫じゃない。じゅうぶんですよ」とのこと。
で、思い切ってAmazonで注文してみたというわけ。

実際、取り付けてみたら、正しく作動するしじゅうぶんである。
壊れたとしても、数回買い替えても純正品に比べたら全然安い。
そもそもレンズと違ってカメラ本体は消耗品だしね。

ということで、さらに撮影環境がグレードアップした。
お得な買い物をした気になっている今日この頃である。

カテゴリー: カメラ, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ヤバいヤツらとか、これはヤバいとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

厚木校へ巡回に行った。

なんやかんやを済ませ、「じゃ、よろしく」と帰ろうとすると、
フカダコーチが「じゃ、行きますか」と言う。
しまった、フカダコーチが早番の日に来てしまったのである。

ロックオンされたらもう逃げられない。
「出来るだけ東京方面にして」と頼んで案内されたのがここ。
IMG_5539
町田駅近くのビストロ。

フカダコーチ行きつけの店らしく、
頼んでいないののに色んな料理が出てきたような気がする。
どれも美味しく雰囲気も良い。
いい店知ってるね。

フカダコーチが余計なもう一人を呼んでいた。
IMG_5541
相模原校のオキコーチ。(手前)
この二人が組んだらもはや逃げられない。
最悪のツートップだ。

結局、ワインを3本空け、開放された。
若干フラフラで、新宿から新木場行きのりんかい線直通に乗る。

ちょっとだけ寝てしまい目が覚めた。
ん?まだ大崎か。
と思ったら車内アナウンスが「川越行きです」と言う。

上りと下りが何らかの理由で入れ替わったのだろうか。(往復したんだよ)
慌てて飛び降りてりんかい線に乗り直す。
気付けばメガネが無くなっていた。

よく帰って来れたな。
あの二人が早番の日に小田急方面校に行くのはやめよう。

 

ちなみに先日、藤沢校でも巡回を終えたワタクシに
ジンノコーチが「じゃ、いきますか」と言った。
「仕事は無いの?」と聞くと「今日は休みです」と断りようのないことを言う。

仕方が無いので、「30分一本勝負だよ」と駅前の居酒屋に。
IMG_5481
生ビール、サワー、最後は熱燗と、
35分で6杯も飲むジンノコーチであった。

神奈川方面にはヤバいヤツらがたくさんいるのだ。

 

さて、先日のラケットキャンペーン事前選定会。
ヤバいラケットに出会った。

ウイルソンのニューモデルである。
IMG_5527
ウイルソンがこの秋から来年頭に掛けて怒濤のラッシュを掛けるスピンシリーズ。
フレームサイドには「SPIN EFFECT」と入っている。

今回打ったのはこれ。

BLADE98S
IMG_5528
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ウェイト:294g
■ストリングパターン18本(縦)x16本(横)
■バランス:33.0cm
■ラケット長:27インチ
■フレーム厚:21.0mm
■グリップ:G2 / G3
■価格:33000円

ブレードシリーズにスピンエフェクトモデルが登場だ。
IMG_5526
今回のストリングパターンは18×16。
ストリングはスピンにマッチングの良いハイブリッドセッティング。

打ってみた。

これはヤバい。

スピンが掛かるのはもちろんだが、ブレードシリーズの感触そのままに
しっかりとした打球感のままにスピン量が増えている。

ボールを潰すつもりで振り切る。
さらに思い切り振る。
それでも打球はベースラインにしっかり収まる。

スピンエフェクトシリーズというと、
トップスピンがクローズアップされがちだが、
実はスライスやサービスもかなりヤバいのだ。

食い込まれて打点が遅れたバックハンド。
スライスで逃げるしか無い状況。
普段ならばとにかく深くなんとか返すだけ。

しかしこのBLADE98Sは同じ感覚で打っても
体重を乗せて打ったようなスライスショットが飛んでいく。
ネットの上、ギリギリを越え、相手コート深くで滑って伸びる。
スピンエフェクトのご利益である。

そしてサービス。
スライスサービスは思い切り曲がる。
スピンサービスはメッチャキックする。
飛んでいる時の飛行線が明らかに違うのだ。

繰り返すが、ポイントはBLADEシリーズの感触そのままなこと。
ウイルソンのクキタ氏によれば、
「ストリングパターンを変える事で違うフィーリングになってはいけない。
そのためにフェイスの剛性バランスを徹底的に研究したのです」
とのこと。
なるほど、たしかにこれはBLADEに間違いない。

デザインも良し、性能も良し、このラケットはホントにヤバい。

カテゴリー: テニス用品, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

一軒目とか、選定会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

日曜日の夜、藤沢校へ。
コーチテストのためである。

コーチテストはコートの空き時間の関係から
どうしても日曜日の夜が多い。
遠くのスクールで受験生が多い時は
帰れないんじゃないかと思うことも少なくない。

この日の受験生は二人だったので、まあまあの時間に終了。
一緒に採点をしてくださったレックのH取締役が
「一杯行く?」と言うので、駅前の「一軒目酒場」なる
激安居酒屋で40分1本勝負で飲んだ。
IMG_5501
ちなみにH取締役も埼玉在住なので、帰りはメッチャ遠いと思う。
しかも二人とも明日は上石神井校で朝から一日中会議だし。
ふぅぅ、キツいぜ。(じゃあ、飲むなよ)

 

さて、そんなわけで、月に一度の全社会議である。
午前中は数字とスケジュールを付合わせてあれこれ。
一部進行役をつとめるワタクシもいっぱいいっぱいである。

午後は秋のラケットキャンペーンに向けて選定会。
IMG_5502
メーカーさんがわざわざ来場し、商品説明をしてくださる。
そしてその後、コーチたちが試打をするという流れ。
今回も各所からたくさんのスタッフが集まった。

ウイルソンさん
IMG_5504
現在のラインナップにSPIN EFFECTシリーズを横串で投入。
今秋から来年にかけて新製品ラッシュの予定。
ワタクシも衝撃の1本に出会ったが、それは次の機会にでも。

ミズノさん
IMG_5505
松岡修造プロでお馴染みのミズノさん。
日本企業らしく、良いモノ作ってるなぁという感じ。
オリンピックに向けてますます元気になる企業のひとつだろう。

ヨネックスさん
IMG_5506
新製品、EZONE Aiが発売されたばかりと、まさしく旬である。
このラケット、EZONEシリーズお得意の振動減衰性能はそのままに
スイートエリアをグイッと広げて、更なる進化を見せている。
今回の目玉になるのかな。

フォルクルさん
IMG_5507
新製品はツアー系のちょっとハードなモデルだが、
基本ラインナップはいつものように抜かりは無い。
ゲルマンのクラフツマンシップを感じたいひとは迷わずフォルクルである。

ヘッドさん
IMG_5508
今回も大ヒットシリーズ「GRAPHEN」で勝負。
グラフィンシリーズはテクノロジーの進化を感じられること間違い無し。

実は説明をしているタネチャンの後ろには、
この秋に一部先行発売になるGラジカルと
来年1月発表予定のPが隠されている。
これも試打をしたので、近々にインプレを書いてみたい。
かなり引っ叩けるラケットだった。

ダンロップさん
IMG_5509
ラケットにはニューリリースは無いが、
シューズはメッチャ良いシリーズが投入された。
個人的にも一足買おうかなと思っているほど。

プリンスさん
IMG_5510
イチ押しはJ-PROシリーズ。
グラファイトはちょっとハードだけど、
ブラックは幅広く使えると思う。

あと、ストリングの本数が少ないスピンのシリーズも追加投入される。
これも打ったが、かなりイケてるというか、ぶん回しても
しっかりとコートにボールがおさまるのに驚いた。

そして試打。
IMG_5516
自分の気に入ったものではなく、
どれがどのお客様に合うかを頭に置きつつの試打である。
ワタクシは自分が気に入ったものを使い倒してたけど。

DRKさんが「撮れ」というので、
仕方なくプリンススタッフさんと。
IMG_5523

今回、唯一の癒し系スタッフ。
IMG_5524
藤沢校のFコーチである。
娘と言ってもおかしくないなぁ。

最後は恒例の打ち上げ。
IMG_555631
右を向いても左を向いても、
見渡す限りヤローばかりである。(涙)

テーブルうえには空のジョッキがズラリ。
生ビールが無くなったと、
一時は瓶ビールに変わるほどの勢い。

そして、絡むヤツ、泣くヤツ、説教するヤツと
今日もいつもの光景が繰り広げられる。
脱ぐヤツがいないだけましか。

今年も第4コーナーを回った。
年末までダッシュである。
でも夏休みは取るぜ。(まだ言ってる)

カテゴリー: テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:10 | コメントは受け付けていません。

最後?とか、ノートとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

エリック・クラプトンが来るらしい。
IMG_5465
クラプトンのライブは何回行っただろう。
ジョージ・ハリスンとのジョイントの東京ドーム公演も行ったなぁ。
ドームの音響の酷さとジョージのヘタさに腹がたったが、
そんな条件下でもクラプトンのパートはそこそこ聞けたっけ。

その後も日本に来るたびに観に行った。
クラプトンを観られるのももうこれで最後って思ったから。

なのに、その後も結構来てるのね。
そのうちベンチャーズみたいに、
本当は日本に住んでんじゃないのって言われるぞ。
でも、やっぱり行きたいな。

しかしこのポスター、今のクラプトンなのかな?
アンプラグド以前のイメージって感じもする。
でもこれが一般的なクラプトンなんだろうね。

 

さて先日、こんなノートをもらった。
IMG_5468
テニスノートというらしい。

中にはコート図とメモ欄。
IMG_5469
戦術やドリルを書き留めるものらしい。
ワタクシは使おうとは思わないが(あんまりテニスしてないし)、
ジュニア選手なんかには良さそうだ。

巻末には、「試合振り返りページ」があったりする。
IMG_5470
人間は忘却の生き物っていうし、
書き留める習慣は大事なんだろう。

ちなみにワタクシ、これまで試合について書き留めたことはない。
だからなのか、あまり憶えていない。

憶えているのは負けた試合ばかり。
そして後年、負けた相手と仕事で会ったりして、
その時の事を話してもまったくそれを憶えていない。
勝負の記憶とはそういうものらしい。

このノート、テニスサポートセンターさんで購入出来る
興味のある方はどうぞ。

ちなみに先日、ボスからこんなノートっていう冊子をもらった。
IMG_5467
「これを読んでドライバーのスライスを直すように」だって。
また1ページも読んでません。
ゴメンなさい。

カテゴリー: テニス用品, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

疎開とか、ウイルソン新製品とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

我が家の学区は2学期制。
そのため連休に絡めて秋休みがある。

とはいえ、ワタクシは休みじゃないので
子供たちでそれぞれに過ごしてもらうことになる。

11歳児が「出掛ける」と言う。
IMG_5348
メッチャ重そうなリュック。

「疎開かよっ!」とツッコミを入れたくなるくらいズッシリ&パンパン。
「ヤミ米でも入ってるの?」と聞くと「塾の自習室に行くんだよ」とのこと。
辞書から何から全部突っ込んだらしい。

ワタクシは自分から自習室なんて行かなかったなぁ。
っつうか、塾にも行ってないし。
今の子は大変だね。

 

さて先日、こちらにお邪魔した。
IMG_5325
Wilson製品を取り扱うアメアスポーツジャパン本社である。

新製品内見&商談会があるので来場日時を予約して欲しいとのこと。
レック本社のWさんと調整し、いくつか候補をあげたのだが、
「その時間は埋まってしまって」となかなか決まらない。

「ざっと見て帰りますから」と言うと、
「いえ、個室でプレゼンテーション&商談なので」との答え。
もしかしてオーダーするまで軟禁されるのだろうか。(ウソです)

ということで、プレゼン開始。
RIMG0438
実製品を前に開発コンセプトや特性などを聞く。

途中、Prostaffのレジェンド画像が出て来たので撮影。
RIMG0440
こうして見ると結構変わってるんだよね。
でもやっぱり名品だなぁ。

ちなみに今回発表されたのは、年末から来年に向けての新製品。
ウイルソンさんらしく、怒濤の新製品ラッシュである。

ヒントは「S」。
昨年から続くコンセプトにさらに幅が出ることになる。

さすがに画像はマズイので時期が来たら紹介しようと思う。
もう少々お待ちください。

と思ったら、公式動画でもう流れてるのね。
Wilson Six.One 95S Tennis Racket
ここから見ていくと、ほとんどが見られると思う。

情報解禁なのかな?
よく分からん。
どうやら一部の機種は情報解禁らしい。

ということでちょっとだけ。

BLADE98S
RIMG0393

BLADEシーリズのブラック基調は変わらず精悍なイメージ。
RIMG0394

18×16のストリングパターンである。
RIMG0395

今回からSPIN EFFECTシリーズはグリップエンドがこうなる。
RIMG0443
ということは、このシリーズがたくさん発表されるってこと。
あのシリーズにもSPINとは驚いた。

お楽しみに!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

新しいとか、懐かしいとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ずっと気になっていたラケット。
ナブラチロワやステパネクが使っていたヤツだ。
bwb
特徴的な角ばったフレーム。
「B」のステンシル。
どこのメーカーなんだろうって思っていた。

「すごく高いらしい」
「オーダーなんだって」
「すぐに折れるとか」
そんな断片的な話を誰かに聞いたような聞かなかったような。

そのラケットが日本に上陸するらしい。
http://www.bosworthjp.com/index.html
やっぱりオーダーらしい。

・ラケット長
・ウエイト
・フェイスサイズ
・スウィングウェイト
・バランスポイント
・グリップ形状
・グリップサイズ
・グリップ表面
・ストリング種類
・ストリングテンション

すべての項目をオーダーするよう。
ちょっと興味ありだ。

でも、ここまで細かく指定となるとかえって難しいな。
ひとつずつ指定するよりも市販品から
気に入ったモデルを選ぶのに慣れてるし。

欲しいな。
でもメッチャ高そう。
肝心の値段が分からないから怖くて頼めないぞ。

販売代理店さん、知っているので聞いてみるかな。
聞いたら買わなきゃいけなくなるかな。
気になる・・・

 

さて、先日のテニスキャンプにエグチコーチが持ってきたラケット。
DSC_7176
Wilson  Jack Kramer AUTOGRAPH

シャフト部分のひび割れもないし、
かなりのグッドコンディションである。
DSC_7178

飾りガットもまだキレイ。
DSC_7181

グロメットにはレザーパッドもついている。
DSC_7184

高校生の頃、お世話になっていたスポーツ店で自分で張ってたっけ。
DSC_7182
今も張れるかな。

グリップはレザーだ。
DSC_7180
すっかりヤワになったワタクシも手には厳しそう。

ということで、ちょっとだけラリーしてみた。

案外イケる?
いや、やっぱり厳しいな。

でも、ウッドラケットにしては乾いた良い感触である。
当時、国産ラケットの倍近い値段だっただけのことはある。

高校の頃、テニス部仲間のヒデユキがこのラケットを買ってきてから
いきなり強くなって部内1位に、その後大学体育会でも活躍したのを思い出した。
あれはまさにジャッククレーマー・マジックだったんじゃないかと今でも思う。
ラケット変えてなきゃ、ワタクシの方が上だったな、きっと。(そうか?)

なんてことを思い出しながら、ウッドラケットで
押し出すようにフラットを打つワタクシであった。
(キャンプ中だよ!)

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

テレキャスとか、トラウマラケットとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

楽器屋の前を通りかかった。
ちょっと寄り道。

テレキャスター、欲しいな。
IMG_4872
昔はストラトとかレスポールが好きだったけど、
ここ数年は何故かテレキャスが好きなのだ。

シャリシャリの音、キースリチャーズみたいな不良性に憧れるのか。
いや、たぶん軽いから・・・。
レスポールなんてもう重くて抱えてられないもんね。
って、年寄りか?オレは。

思えば、初めて持ったエレキギターはテレキャスターだった。
従兄弟に借りたノーブランドのヤツ。
ヘッドに刻印も無いし、ボディもペラペラだった。

エフェクターもファズのみ。
ラジカセのマイクジャックにケーブルを突っ込んで
無理矢理音を歪ませたのを憶えている。

でも、テレキャスターでKISSとかDeep Purpleのコピーは
今ひとつハマらなかったな。
あの頃はやっぱりストラトとかレスポールが欲しかったっけ。

あ、そういえばストラト、友達の家に置きっぱなしだ。
代わりにYAMAHA SG借りて来たんだっけ。
これでテレキャスター欲しいって言っても一発却下だな。
そもそも最近はギター弾いてないし。
ガマン、ガマンと。

 

さて、懐かしラケットである。
IMG_4003

YAMAHA 45
IMG_4005

ボルトで留められたブラスチックのブリッジが特徴的だった。
IMG_4006
これは飾りガットもついていた。

当時はこのヤマハマークがたくさん見られた。
IMG_4010

これは80年代後半に一世を風靡したラケット。
男性プレーヤーが使っているのはあまり見なかったが、
女性プレーヤー、特に主婦層に圧倒的に支持されたモデルだった。
公営コート、テニスクラブにはこのラケットを持った方がたくさんいた。

ワタクシ、この頃はコーチ駆け出しで右も左も分からないうえに
戦歴、実績、実力、人脈のどれも持っておらず(今も無いんだけど)、
一体この先どうなるのだろうと必死でもがいていた。

とにかく練習と数少ない知り合いのコーチを渡り歩き、
練習をつけてもらっては相手にならずに恥をかき、
セミナーを探しては片っ端から受講し、
レッスンでも今思えば赤面ものの理論を振り回していたような気がする。

そんなワタクシだから、コーチとしても認めてもらえなかったのだろう。
毎日のようにクラブに来る主婦プレーヤーの方々には
色んな意味でプレッシャーをかけられたっけ。

小さいテニスクラブだったので、人間関係も小さく閉鎖的で
誰がどうしたとか、あの人は気に入らないとか、
そんな声が嫌でも聞こえて来たりして、
結婚の先にあるのはこういうものなのかと
自分は一生独身でいようと心に誓ったものだった。

そんな下積み時代を思い出すこのラケット。
ある意味、ワタクシにとってはトラウマなラケットなのだ。
辛かったなぁ、あの頃。(遠い目)

カテゴリー: テニス用品, 未分類, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

たこ焼きとか、導入!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

我が家のお手軽料理といえばお好み焼きである。
どうしてお手軽なのかというと、ワタクシでも作れるから。

キャベツをみじん切りにして、タネをつくって、
あとは適当に具をぶち込めばOKである。
ちなみにチーズと揚げ玉は定番。
ベビースターラーメンを砕いていれても美味しい。

先日、お好み焼きも飽きたってことで、たこ焼きに挑戦。
買い替えたホットプレートに
たこ焼き用のプレートがついていたことを思い出したのだ。

タネを作り、型に流し込み、タコを投入。
IMG_4975

ひっくり返す・・・はずが上手くいかない。
IMG_4973
型から上手く外れない。
皮を突き破りつつなんとかひっくり返す。

最終的にはソース&マヨネーズ&鰹節でカモフラージュ。
IMG_4974
うん、美味い!
お手軽レパートリーに追加である。

しかしひっくり返すの、何かコツがあるのかな。
やっぱり関西の人はたこ焼き屋さんみたいに手際が良いのだろうか。
誰かコツをご教授ください。

 

さて、我が家に新たなウェポンがやって来た。
っていうか、自分で持って来たんだけど。
IMG_5304

ストリングマシンである。
IMG_5307
会社のストリングマシンを数台入れ替えたために
お役御免になったマシンを譲ってもらったのだ。

最近、めっきりプレーをする機会は減ってしまったのだが、
新製品ストリングの試打や開発中のプロトタイプの試打やらは少なくない。
その度に満員電車にラケットを持ち込み、どこかのスクールで張り、
試打をしてまた持ち帰っていた。

加えて、11歳児がそろそろストリングを切るようになって来た。
彼のラケットを抱えて満員電車に乗り、
スクール巡回のついでに張らせてもらい、また電車で持ち帰る。

面倒だ・・・

ということで、家で張れればすべては解決というわけ。

まずはメンテナンス道具を揃える。
無水エタノール、ねじりブラシ、そしてマジックテープとパレットナイフ。
IMG_5309
ゲッ!2本セットだった。
1本でじゅうぶんなんだけど。

「ケーキでも作ってみたら」と1本は妻に進呈。
(ほとんど作ったことはないが)

マジックテープを両面に貼り、完成。
IMG_5198
これでクランプ(ガットを挟む爪)の汚れを落とすのだ。

ようやく準備完了。
いつでもOKである。

朝起きたら11歳が言った。
「ガット切れちゃいました。張ってもらえますか」

そういえば昨日の朝、頼まれてたっけ。
飲んで帰ったから張れなかったのを思い出した。

おそらく今日の練習で使いたいのだろう。
ということで、起き抜けにストリンギング。
IMG_5208
このマシン、少し型は古いがなかなか使いやすい。
ヘッドユニットは古くないのだし、しっかりテンションも出ている。

11歳児の部屋で場所を取っているが、それは仕方ない。
ストリングマシンが部屋にあるジュニア選手は
そう多くないぞってことでガマンしておくれ。

そんなわけでさらに便利になった我が家である。

カテゴリー: テニス用品, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハズレとか、登場!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

意を決して申し込んだ東京マラソン。
抽選結果が届いた。

見事に・・・ハズレ。
ホッとしたような、残念なような。

フルを走ってみたかったら別のレースに出れば良いのだけど、
一人じゃ不安だし、東京だったら近いし何とかなるかなと思ったのに。
まあいいや、これからも何となく走り続けよう。

ところで、これはワタクシのランニングシューズ。
IMG_4932
アシックスのアウトレットで購入。
海外モデルとかで、幅が細めのモデル。
足幅が狭いワタクシにはジャストフィットである。

アシックスのシューズを履くたびに思うのはその完成度の高さ。
初めて足を入れた瞬間から靴と足が馴染んでくれる。
やっぱり日本メーカーはスゴイなといつも思う。

今、気になっているのはこれ。
agsn
アシックス・ゲルソリューションスピード

軽そうだし、アッパーの馴染みも良さそうだ。
最近、試合会場でもよく見かけるので、
プレーヤーの評価も高いということだろう。

買っちゃおうかな。
けっこう高いんだよねぇ。
悩みどころだ。

 

さて、楽天ジャパンオープン観戦。
いよいよ錦織圭の登場である。
RIMG0258

相手はメルツァー。
RIMG0299
1回戦の相手にしてはキビシい選手である。

試合はメルツァーのペースで進み、
ファーストセットをタイブレークで落とす。
RIMG0279

バックハンドが全然合わない様子。
RIMG0269
ネット、サイドアウトとミスを連発。
見ていて分かるほどにストレスを溜めている。

あれよあれよと、セカンドセットも2−5。
メルツァーのサービスで30ー0。
あと2ポイントでゲームセットだ。

正直、誰もが終わったと思ったんじゃないだろうか。
ワタクシも「無理矢理観に来て良かった」と思った。

そのポイント、ワイドに入ったサービスを圭がクロスにスーパーリターン。
ボールはメルツァーの足元に来たものの、あまりに速さに手が出ずエース。
次の日のスポーツニュースで何度も流れたあのショットである。

あの1球は本当にスゴかった。
先日、村上武資プロと話している中で、
「ストレートじゃないんです。それは誰でもエースを取れる。
クロスに来たショットをクロスにカウンターでエースを取る。
そういうショットが打てるかが大事なんです」
と言っていた。

その時、ワタクシは「ふーん、そうなんだ」程度だったが、
まさしくあのリターンはその通りのショットだった。
トップ選手が放つショットのスゴさを見た気がした。

そこからゲームは圭劇場。
RIMG0302
ストローク、サービス共にエースを連発。

ファイナルセットは完全にメルツァーを突き放した。
RIMG0305
いや、ホントに強かった。
これがトップ10目前の選手ということなのだろうか。
いい試合見せてもらったぜ。

最後に修造が出て来てマイクパフォーマンス。
RIMG0323
「今日はみんなのため息のおかげで勝てました!」
けっこうウケてた。

今日のロイヤルシートを割り振られたRECスタッフ。
RIMG0317
(左後ろのフカダコーチは一般席)
ラッキーだったね。

カテゴリー: テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。