カテゴリー別アーカイブ: テニス用品

新しいとか、懐かしいとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ずっと気になっていたラケット。
ナブラチロワやステパネクが使っていたヤツだ。
bwb
特徴的な角ばったフレーム。
「B」のステンシル。
どこのメーカーなんだろうって思っていた。

「すごく高いらしい」
「オーダーなんだって」
「すぐに折れるとか」
そんな断片的な話を誰かに聞いたような聞かなかったような。

そのラケットが日本に上陸するらしい。
http://www.bosworthjp.com/index.html
やっぱりオーダーらしい。

・ラケット長
・ウエイト
・フェイスサイズ
・スウィングウェイト
・バランスポイント
・グリップ形状
・グリップサイズ
・グリップ表面
・ストリング種類
・ストリングテンション

すべての項目をオーダーするよう。
ちょっと興味ありだ。

でも、ここまで細かく指定となるとかえって難しいな。
ひとつずつ指定するよりも市販品から
気に入ったモデルを選ぶのに慣れてるし。

欲しいな。
でもメッチャ高そう。
肝心の値段が分からないから怖くて頼めないぞ。

販売代理店さん、知っているので聞いてみるかな。
聞いたら買わなきゃいけなくなるかな。
気になる・・・

 

さて、先日のテニスキャンプにエグチコーチが持ってきたラケット。
DSC_7176
Wilson  Jack Kramer AUTOGRAPH

シャフト部分のひび割れもないし、
かなりのグッドコンディションである。
DSC_7178

飾りガットもまだキレイ。
DSC_7181

グロメットにはレザーパッドもついている。
DSC_7184

高校生の頃、お世話になっていたスポーツ店で自分で張ってたっけ。
DSC_7182
今も張れるかな。

グリップはレザーだ。
DSC_7180
すっかりヤワになったワタクシも手には厳しそう。

ということで、ちょっとだけラリーしてみた。

案外イケる?
いや、やっぱり厳しいな。

でも、ウッドラケットにしては乾いた良い感触である。
当時、国産ラケットの倍近い値段だっただけのことはある。

高校の頃、テニス部仲間のヒデユキがこのラケットを買ってきてから
いきなり強くなって部内1位に、その後大学体育会でも活躍したのを思い出した。
あれはまさにジャッククレーマー・マジックだったんじゃないかと今でも思う。
ラケット変えてなきゃ、ワタクシの方が上だったな、きっと。(そうか?)

なんてことを思い出しながら、ウッドラケットで
押し出すようにフラットを打つワタクシであった。
(キャンプ中だよ!)

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

テレキャスとか、トラウマラケットとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

楽器屋の前を通りかかった。
ちょっと寄り道。

テレキャスター、欲しいな。
IMG_4872
昔はストラトとかレスポールが好きだったけど、
ここ数年は何故かテレキャスが好きなのだ。

シャリシャリの音、キースリチャーズみたいな不良性に憧れるのか。
いや、たぶん軽いから・・・。
レスポールなんてもう重くて抱えてられないもんね。
って、年寄りか?オレは。

思えば、初めて持ったエレキギターはテレキャスターだった。
従兄弟に借りたノーブランドのヤツ。
ヘッドに刻印も無いし、ボディもペラペラだった。

エフェクターもファズのみ。
ラジカセのマイクジャックにケーブルを突っ込んで
無理矢理音を歪ませたのを憶えている。

でも、テレキャスターでKISSとかDeep Purpleのコピーは
今ひとつハマらなかったな。
あの頃はやっぱりストラトとかレスポールが欲しかったっけ。

あ、そういえばストラト、友達の家に置きっぱなしだ。
代わりにYAMAHA SG借りて来たんだっけ。
これでテレキャスター欲しいって言っても一発却下だな。
そもそも最近はギター弾いてないし。
ガマン、ガマンと。

 

さて、懐かしラケットである。
IMG_4003

YAMAHA 45
IMG_4005

ボルトで留められたブラスチックのブリッジが特徴的だった。
IMG_4006
これは飾りガットもついていた。

当時はこのヤマハマークがたくさん見られた。
IMG_4010

これは80年代後半に一世を風靡したラケット。
男性プレーヤーが使っているのはあまり見なかったが、
女性プレーヤー、特に主婦層に圧倒的に支持されたモデルだった。
公営コート、テニスクラブにはこのラケットを持った方がたくさんいた。

ワタクシ、この頃はコーチ駆け出しで右も左も分からないうえに
戦歴、実績、実力、人脈のどれも持っておらず(今も無いんだけど)、
一体この先どうなるのだろうと必死でもがいていた。

とにかく練習と数少ない知り合いのコーチを渡り歩き、
練習をつけてもらっては相手にならずに恥をかき、
セミナーを探しては片っ端から受講し、
レッスンでも今思えば赤面ものの理論を振り回していたような気がする。

そんなワタクシだから、コーチとしても認めてもらえなかったのだろう。
毎日のようにクラブに来る主婦プレーヤーの方々には
色んな意味でプレッシャーをかけられたっけ。

小さいテニスクラブだったので、人間関係も小さく閉鎖的で
誰がどうしたとか、あの人は気に入らないとか、
そんな声が嫌でも聞こえて来たりして、
結婚の先にあるのはこういうものなのかと
自分は一生独身でいようと心に誓ったものだった。

そんな下積み時代を思い出すこのラケット。
ある意味、ワタクシにとってはトラウマなラケットなのだ。
辛かったなぁ、あの頃。(遠い目)

カテゴリー: テニス用品, 未分類, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

たこ焼きとか、導入!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

我が家のお手軽料理といえばお好み焼きである。
どうしてお手軽なのかというと、ワタクシでも作れるから。

キャベツをみじん切りにして、タネをつくって、
あとは適当に具をぶち込めばOKである。
ちなみにチーズと揚げ玉は定番。
ベビースターラーメンを砕いていれても美味しい。

先日、お好み焼きも飽きたってことで、たこ焼きに挑戦。
買い替えたホットプレートに
たこ焼き用のプレートがついていたことを思い出したのだ。

タネを作り、型に流し込み、タコを投入。
IMG_4975

ひっくり返す・・・はずが上手くいかない。
IMG_4973
型から上手く外れない。
皮を突き破りつつなんとかひっくり返す。

最終的にはソース&マヨネーズ&鰹節でカモフラージュ。
IMG_4974
うん、美味い!
お手軽レパートリーに追加である。

しかしひっくり返すの、何かコツがあるのかな。
やっぱり関西の人はたこ焼き屋さんみたいに手際が良いのだろうか。
誰かコツをご教授ください。

 

さて、我が家に新たなウェポンがやって来た。
っていうか、自分で持って来たんだけど。
IMG_5304

ストリングマシンである。
IMG_5307
会社のストリングマシンを数台入れ替えたために
お役御免になったマシンを譲ってもらったのだ。

最近、めっきりプレーをする機会は減ってしまったのだが、
新製品ストリングの試打や開発中のプロトタイプの試打やらは少なくない。
その度に満員電車にラケットを持ち込み、どこかのスクールで張り、
試打をしてまた持ち帰っていた。

加えて、11歳児がそろそろストリングを切るようになって来た。
彼のラケットを抱えて満員電車に乗り、
スクール巡回のついでに張らせてもらい、また電車で持ち帰る。

面倒だ・・・

ということで、家で張れればすべては解決というわけ。

まずはメンテナンス道具を揃える。
無水エタノール、ねじりブラシ、そしてマジックテープとパレットナイフ。
IMG_5309
ゲッ!2本セットだった。
1本でじゅうぶんなんだけど。

「ケーキでも作ってみたら」と1本は妻に進呈。
(ほとんど作ったことはないが)

マジックテープを両面に貼り、完成。
IMG_5198
これでクランプ(ガットを挟む爪)の汚れを落とすのだ。

ようやく準備完了。
いつでもOKである。

朝起きたら11歳が言った。
「ガット切れちゃいました。張ってもらえますか」

そういえば昨日の朝、頼まれてたっけ。
飲んで帰ったから張れなかったのを思い出した。

おそらく今日の練習で使いたいのだろう。
ということで、起き抜けにストリンギング。
IMG_5208
このマシン、少し型は古いがなかなか使いやすい。
ヘッドユニットは古くないのだし、しっかりテンションも出ている。

11歳児の部屋で場所を取っているが、それは仕方ない。
ストリングマシンが部屋にあるジュニア選手は
そう多くないぞってことでガマンしておくれ。

そんなわけでさらに便利になった我が家である。

カテゴリー: テニス用品, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハズレとか、登場!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

意を決して申し込んだ東京マラソン。
抽選結果が届いた。

見事に・・・ハズレ。
ホッとしたような、残念なような。

フルを走ってみたかったら別のレースに出れば良いのだけど、
一人じゃ不安だし、東京だったら近いし何とかなるかなと思ったのに。
まあいいや、これからも何となく走り続けよう。

ところで、これはワタクシのランニングシューズ。
IMG_4932
アシックスのアウトレットで購入。
海外モデルとかで、幅が細めのモデル。
足幅が狭いワタクシにはジャストフィットである。

アシックスのシューズを履くたびに思うのはその完成度の高さ。
初めて足を入れた瞬間から靴と足が馴染んでくれる。
やっぱり日本メーカーはスゴイなといつも思う。

今、気になっているのはこれ。
agsn
アシックス・ゲルソリューションスピード

軽そうだし、アッパーの馴染みも良さそうだ。
最近、試合会場でもよく見かけるので、
プレーヤーの評価も高いということだろう。

買っちゃおうかな。
けっこう高いんだよねぇ。
悩みどころだ。

 

さて、楽天ジャパンオープン観戦。
いよいよ錦織圭の登場である。
RIMG0258

相手はメルツァー。
RIMG0299
1回戦の相手にしてはキビシい選手である。

試合はメルツァーのペースで進み、
ファーストセットをタイブレークで落とす。
RIMG0279

バックハンドが全然合わない様子。
RIMG0269
ネット、サイドアウトとミスを連発。
見ていて分かるほどにストレスを溜めている。

あれよあれよと、セカンドセットも2−5。
メルツァーのサービスで30ー0。
あと2ポイントでゲームセットだ。

正直、誰もが終わったと思ったんじゃないだろうか。
ワタクシも「無理矢理観に来て良かった」と思った。

そのポイント、ワイドに入ったサービスを圭がクロスにスーパーリターン。
ボールはメルツァーの足元に来たものの、あまりに速さに手が出ずエース。
次の日のスポーツニュースで何度も流れたあのショットである。

あの1球は本当にスゴかった。
先日、村上武資プロと話している中で、
「ストレートじゃないんです。それは誰でもエースを取れる。
クロスに来たショットをクロスにカウンターでエースを取る。
そういうショットが打てるかが大事なんです」
と言っていた。

その時、ワタクシは「ふーん、そうなんだ」程度だったが、
まさしくあのリターンはその通りのショットだった。
トップ選手が放つショットのスゴさを見た気がした。

そこからゲームは圭劇場。
RIMG0302
ストローク、サービス共にエースを連発。

ファイナルセットは完全にメルツァーを突き放した。
RIMG0305
いや、ホントに強かった。
これがトップ10目前の選手ということなのだろうか。
いい試合見せてもらったぜ。

最後に修造が出て来てマイクパフォーマンス。
RIMG0323
「今日はみんなのため息のおかげで勝てました!」
けっこうウケてた。

今日のロイヤルシートを割り振られたRECスタッフ。
RIMG0317
(左後ろのフカダコーチは一般席)
ラッキーだったね。

カテゴリー: テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

メガネとか、試打会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

メガネを買った。
ボストンタイプのセルフレームのクリアカラーが欲しかったのだ。

あるところで、このタイプのメガネをかけたモデルのポスターを観て、
若い頃に同じようなメガネを掛けていたのを思い出した。
そんな折、ZOFFでまさにそのタイプが売っていることが分かり、
さっそくつくりに行ったというわけ。
IMG_4930
うん、なかなかいい感じだ。

帰宅して家族に見せた。

ワタクシ「どう?これ。いいでしょ」

妻 「えーと、微妙」

11歳児「おっ!いいねー。カウカウのへーいへいへい笑瓶♪だよね」

うむー、そっちかぁ。
オシャレなプレッピーオヤジには見えないのか・・・
ちょっと残念。

さて、東レPPOの初日である。
IMG_4785
朝の9時はまだ人影まばら。
そんな時間に何をしに来たかと言うと・・・

先日、紹介したヨネックスの新製品ラケットEZONE Aiの
ユーザー向け試打会&プロクリニックである。IMG_4774

もちろんワタクシはすでに試打をしているのでパス。
我が家の11歳児が参加出来る事になったので付き添いだ。
彼は最近、テニスが出来ると言うとどこにでも「行きたい!」という。
「試打会だから、自分のラケットじゃないよ」と伝えたが、
プロ選手と打ち合ってみたいのだそうだ。

ということで、クリニックが始まった。
IMG_4784

ゲストプロの方々。
IMG_4821
兼城プロもいる。
豪華な顔ぶれである。

小畑プロ
IMG_4811
サウスポーから繰り出されるボレーは切れ味抜群。
占部奈美プロとのお笑いコンビはごく一部で有名である。

山岸 依子プロ
IMG_4808
世界の舞台で大活躍の印象は無いが、
小柄な体ながらのクレーバーなプレーは素晴らしかった。
ワタクシもよく試合を観た覚えがある。
雰囲気はジュニアの頃とあまり変わらない。

兼城(井上)悦子プロ
IMG_4804
もはや芸術の域に美しいバックハンドスライス。
本当に美しい。
昔のままのフォームに昔のままの体型。
今も「エッちゃん」と呼んでも全然おかしくない。
(全然そういう間柄ではないけど)

こういう選手たちをしっかり配置出来るのが、
契約選手のサポートに厚いヨネックスさんの強みだと思う。
参加者の方々もじゅうぶん満足だったと思う。

ちなみに我が家の11歳児はEZONE Ai98という
一番ハードなスペックのモデルを渡されていたが、
けっこう気に入ったらしく、「なかなかいいよ、これ」(分かるのか?)
と最後まで使っていた。
IMG_4814
おそらくプロ選手たちのことはまったく知らないと思うが、
やっぱりスゴイなってことだけは分かったようである。
ヨネックスさん、ありがとうございました。

カテゴリー: テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カリブとか、吉本とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

某所で見かけた懐かしいクルマ。
IMG_2934
スプリンター・カリブである。
1982年に発表された4WD系のワゴンである。

「ライトバン」と呼ばれ商用車のイメージが強かったワゴン車が
この車やスバル・レオーネ、サニー・カリフォルニアなどの出現で
オシャレなアウトドアビークルとしてカテゴリーを確立した頃、
その一翼を担った車だ。

この写真のカリブは2代目。
初代カリブは左側にオフセットされたリアのナンバープレートが
衝撃的だった記憶があるが、さらにスマートになったのがこの2代目である。

その後、ツーリングワゴンのブームは
スバル・レガシィの登場でピークを迎えたように思う。

ワタクシも生涯唯一、新車で購入したのがスバル・レガシィだ。
ってことは、生きていて今日まで、新車を1回しか買ったことないのか。
あのレガシィが最初で最後かもなぁ。

ちなみにワタクシ、これ以前からワゴンタイプが大好きだった。
POPEYEやHotDog-Pressに乗っていたカリフォルニアの
サーファースタイルに感化され、ボディサイドがウッドパネルの
ブルーバードワゴンに乗っていた時期もあったっけ。

今やセダン系よりもワゴンやミニバンが増えた感もあるが、
まずは商用っぽかった「バン」を「ワゴン」に
イメージチェンジさせた貴重な車種でもあるのだ。
ああ、懐かしい。

さて、トーアストリングさんから発売されているオーバーグリップ。
IMG_4378
パッケージに何やらイラストが。

吉本の芸人さんのイラストである。
IMG_4375
その名も「芸人オーバーグリップ」
他社さんでもハローキティやディズニー、
リラックマなどのコラボ商品はあるが、
お笑い芸人をキャラクターに持ってくるとは、
さすが関西に拠点を置くトーアストリングスさんだけのことはある。

テープ本体にはちゃんと刻印も。
IMG_4376
カウカウにも「あたりまえ」の文字。
あとは「パワーグリップ」だったかな。

このオーバーグリップを使うことで、
パフォーマンスが上がるかどうかは分からないが、
なかなか面白い企画商品だと思う。

こういったコラボ商品は権利使用料が高く、
特にディズニー系などはビックリするような値段らしい。
まあ、それがメインビジネスだから当たり前なのだけど。

ちなみに吉本の芸人さんにもランクがあるらしく、
あまりに大物の芸人さんはこういうものには使えないらしい。
(お金をもっと出せば使えるのかな)

若手から中堅どころでそこそこ売れている芸人さんというのが
ちょうど良いところなんだとか。
ただ、一発屋っぽい当たり方のネタだと旬があるから難しいのかな。
余計なお世話か。

このオーバーグリップ、今のところRECでは扱いが無い。
興味のある方はテニスショップへどうぞ。

カテゴリー: クルマ, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。