カテゴリー別アーカイブ: トレーニング

ランとか、レーンとか。

ナイキのランニングアプリ。
アップデートしたら、勝手に週1回のランニングの目標設定が。
IMG_7229
走ると褒めてはくれるが、決めた覚えがないので嬉しくない。

ちなみに、一度クラッシュしてリセットされてしまったが、
その後のランニングの距離総計はもう少しで5,000kmになる。
頑張ろう。

 

さて、しばらく前のこと。

休日、レックゴルフスクール水道橋に届け物があった。
本当なら前日の巡回で渡すべきものを忘れてしまったのだ。

ランニングもしたいし、仕事も溜まってるし、
どうしたものかと思案。

ランニングをバイクトレーニングに変更。
水道橋まで自転車で行くことにした。

湾岸道路沿いを西へ。
IMG_5912
江戸川放水路を超える。

お知り合いのテニススクール前で記念撮影。
IMG_5914
完全にオフモードの格好だったので、挨拶はパス。

港町っぽい東京との県境。
IMG_5915
好きだな、こういう風景。

船堀〜大島〜錦糸町あたりを抜け、神田方面へ。
小川町、御茶ノ水付近は人が多くて走りづらい。

ようやく目的地へ。
IMG_5917

写真だと分からないが、この日は爆風。
結構、体力を消耗した。
IMG_5918

特に観光地を巡るわけでもなく、
美味しいものを食べるでもなく帰途へ。

後半は若干ヘロヘロで帰還。
カロリーかなり消費したぜ。

今度は会社まで自転車で行ってみようか。
きっと仕事するパワーは残らないだろうな。

最近、都内の道には自転車用レーンが表示されている。
IMG_5920
しかし路肩に駐車している車で、ほとんど意味が無い。
歩道を走るのは違法だそうだが、車道は危なくて仕方ない。

法律とインフラ双方の整備が必要だな。
お願いしますね、小池さん。

カテゴリー: トレーニング, バイク, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

文具カフェとか、SPORTECとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

原宿の裏通りを歩いていて発見。
IMG_1924
文具カフェだって。

なんか楽しそうな店だ。
IMG_1925
色んな文具を試せる店らしい。

文具って楽しいよね。
東急ハンズの文具売り場なんかメッチャ楽しい。

この店も一度行ってみたいな。
でも、こういう店でのんびりする時間、
なかなか無いんだよなぁ。
もう少しゆとりのある生活を・・だなぁ。

 

さて、先日のこと。
暑い中、汗だくで東京ビッグサイトへ。

SPORTEC2016というフィットネス関係の展示会である。

ワタクシたちの生業は基本はテニスだが、
これからはテニスにプラスアルファの価値が必要との思いは
ずいぶん前から強く持っている。

まあ、実はこういう思いは多くのテニス業者が持っていて
色々なトライをしているところも少なくないのだが、
テニス界の体質が古いのか、まだまだという感じ。

さらなる価値創造のためには、それじゃいけないってことで
極力、他業種などの情報を取るようにしているのだが、
その中でもフォットネス系はスポーツ系という括りは一緒だし、
分かりやすい刺激とヒントを得られるのが良い。

ってことで、会場へ。
しかし、ビッグサイトって各棟へのアクセス悪いな。
歩かせ過ぎだよ。

会場内はかなりの盛り上がり。
ゴルフの展示会でも感じるが、フィットネスでも
テニスとのマーケット規模の違いを実感。

会場にはフード系やドリンク系もあり、
水素水やオーガニックフードなどが多かった。

そしてマシン系。
IMG_2310

エクササイズ系。
IMG_2312
目についたのは格闘系フィットネス。
音楽に合わせてパンチ、キックを繰り出すのは
相当な運動量と、何よりストレス解消になりそうだ。

ステージでも格闘系エクササイズを実演中。
IMG_2304

動きと音楽のシンクロっぷりがハンパない。
IMG_2307
キック、パンチを繰り出すタイミングで
サウンドアタックが入ったりするのだけど、
これってどうやって出しているのだろう。

毎レッスンにDJがつくわけはないだろうし、
最初から楽曲に組み込まれているのかな。
だとすると、インストラクターの技量は超人級だ。

いつもフィットネス系に触れると感じるのだが、
とにかくインストラクターのパフォーマンスレベルが高い。
IMG_2308

音楽は流れ続けるから、
間違ったからといって止めるわけにもいかないし、
「ちょっと休ませて」ってわけにもいかない。

汗だくになっているお客様と同じ動きをしながら、
全員を盛り上げ、引っ張っていく。
こういう要素を持っているテニスコーチって
どれくらいいるのだろうと思ったり。

競技の特性上、どこまでのテンションですべきかってのはあるだろうが、
ワタクシたちももっとパフォーマンス力、プレゼン力を上げなければと
いつも思う。
そんなことを思いながら会場を後にした。

最近は日々に忙殺され気味でインプットが少なくなっていたが、
良質なアウトプットのためにはインプットを増やさなければと
あらためて思ったSPORTECだった。

実は、現在、新たなトライアルを企んでいる。
まだまだ仕込み中だが、きっと皆さんに喜んでもらえるはず。
良いものに仕上げたいと思う。
しばらく時間は掛かるかもしれないがお楽しみに。
・・って、全然分からないか。

カテゴリー: ステーショナリー, トレーニング, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

スマッシュとか、やつれた?とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

スマッシュ9月号
IMG_2315

連載中の鈴木貴男プロのコラムにTeam RECでの活動が載っている。
IMG_2316
Team RECメンバーとして、関口周一プロ、竹島駿朗プロのコーチをしたこと、
RECスタッフの研修会の実施などが、写真とともに紹介されている。
(写真は編集部からご連絡いただき提供した)

鈴木貴男プロのコーチングを受けた両プロからは
的確なアドバイスはとても勉強になるとのこと。
もちろん、鈴木貴男プロの選手実績も含めての
説得力は圧倒的だそうだ。

一方で、
「でもあそこまで的確に分析されるのか・・と。
今後も試合で当たるかもしれないし」
とのこと。
なるほど、難しいところなのね。

とにかく、せっかくのチームだ。
プロメンバーもこの場をじゅぶんに活用してほしい。
そして、スタッフやお客様とも近い距離で、
応援してもらえる選手であって欲しい。

会ったとこもないし、どこで何をしているか分からないんじゃ
応援のしようもないしね。

いいチームにしよう!

 

さて、健康増進キャンペーンは継続中。

基本は運動。
朝はランニング。
通勤はウォーキング。
帰りも手前の駅で降りて5km以上は歩く。
1日の自足移動20kmちょっと。
多い時は30km近く。

食事は少し控えめ。
カップ麺系は久しく食べていない。
炭水化物も抑え目。
夜はあまり食べない。
お酒は・・あまり減っていないなぁ。

そんな生活を続けていたら、体重が4ヶ月で10kg落ちた。
ひとまず目標ウエイトはクリア。
そしてあと2kg、目標を下方修正。
あと1,5kg落ちると20代の頃のウエイトである。

ウエイトコントロールってカロリー消費と摂取の
単純なロジックでしかないのね。

先日の昼食時。
DRKさんがワタクシの写真を撮ってfacebookにあげた。
13719540_644305392393111_1822461028540256913_o

撮り方の問題なのか、たまたまなのか、かなり痩せて写ってしまい、
各方面から、「痩せたね」「やつれた?」「大丈夫か?」との声が。

ネオインドア西新井のソトヤマコーチなどは、
「まずい病気な感じに見えます。巨泉さんっていうか・・・」
と言い出す始末。

実はこの減量を始めるにあたり、いったん筋トレを止めていた。
まずはウエイトを落とそうと思っていたので、
重い筋肉を増やさないようにした。
その方が落ち具合も早いし、モチベーションも上がるから。
で、目標ウエイトまで行ったら、あらためて筋トレをという作戦。

そんなこともやつれて見える一因なのかも。
でもまだ胸筋はピクピク動かせるけど。

とにかく、この歳であまりに体重を絞ると精悍になるというよりは
やつれて見えることもあるという問題が浮上。
脂肪を増やすのはちょっと嫌なので、
そろそろ筋トレを再開しようかと思う。

あれこれ難しいなぁ。

カテゴリー: Team REC, ダイエット, テニス, トレーニング, ランニング, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

減量とか、1とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

健康増進キャンペーン絶賛開催中である。
って、ひとりでだけど。

気候が良くなったので、ウォーキング通勤はとても気持ちが良い。
恵比寿で降り、明治通り〜裏原宿〜千駄ヶ谷経由とか、
渋谷からファイヤー通り〜代々木公園系とか。

人もそんなに多くないし、店のディスプレイを見て歩くのも楽しい。
IMG_0092

この季節がウォーキングには一番良いかも。
IMG_0094
体重は3週間で4kg減である。
あと5kgくらいかな。

 

さて、「最初にやったヤツが一番エラい」って話。

会議、ミーティングで最初に発言する。
間違っていないか、バカにされないか、受け入れられるか、とても勇気がいる。
それを押して最初に発言できるヤツがエラいのだ。

周囲を観察しながら様子を見て、無難なことを言ったり
人の意見を批評するヤツに価値は感じない。

評論家みたいなことしか言わないヤツは何も生み出さない。
多少稚拙でも、間違っていても、最初に声を発することを評価したい。

「ゼロから1が一番大変」
何も無かったところから、何かを生み出す。
小さくても、無から有を生み出すのはメッチャ大変だ。

誰かがつくった「1」を「たった1じゃん」というヤツは
「1」をつくる大変さを知らない、つまり生み出したことがないのだ。
たった「1」までは一番パワーがいるのだ。

「1」は天から勝手に降りてきたりはしない。
「ひらめき」は実際にあると思うが、その「ひらめき」も
たくさんの吸収と分析、脳に汗をかいて思考し続けた結果である。

「1」を生み出そうと思っていない。
そのためにもがき苦しんでいない。
そういう発想がないヤツに「ひらめき」は降りてこない。
「1」生み出す、いや「0.5」でも生み出すのは大変なのだ。

誰かがつくってくれた「1」をしたり顔で評論や批判するヤツには
お前も何かを作り出してみろと言いたい。

誰からつくったものを「こうしたほうがいいよ」と
ブラッシュアップ、改良する能力を否定はしない。
しかし、誰かがつくったものを見て、
「俺ならもっとこう出来るね」と言うのは違う。
そのベースを生み出したことに意味があるのだ。

ビジネス人生相談があった。
「社長は一番仕事をしているようには見えないのに、
どうして一番給料をもらっているのでしょう」

トップはゼロから1を生み出すのだ。
どこから何が出てくるか分からない。
そのために様々な下地を作っている。
遊んでるわけじゃないのだ。

という答えだったような。
回答者も経営者だったから、多少は経営者寄りの回答だったが、
実際、トップは「0」だったところに「1」を作り出した人物が多い。

トップ、リーダーは常に生み出し、意思決定をする。
だからトップなのだということ。
責任の重さというのも大きな要素だが、
常に生み出し、組織を導くのは並大抵のことではない。

実際のところは、自分は経営者じゃないからわからないけど、
リーダーであっても同じだと思う。

管理すること、整えることも大きな仕事だが、
生み出すこと、つまり前を走ること、
そのマインドを持っていることはとても大事。

単なる管理者、定型作業処理者で終わらないこと。
もちろん評論家は論外。

人(部下)に車を引かせ、自分が乗っているだけという
リーダー像は大昔のもの。

メンバーと一緒に「1」を生み出す人でありたい。
そのためにすべきことをしているからこそ、
ものを言える、聞いてもらえるってことなんじゃないかなぁ。

カテゴリー: トレーニング, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

制服とか、退会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

荷物が届いた。
デパートの包装紙である。
IMG_1463
デパートなどというものに長らく縁の無い我が家。
何か悪いことでもしたのだろうかと一瞬ビビる。

12歳児の制服だった。

しかし制服ってどうしてこんなに高いのだろう。
確実にワタクシのスーツより高い気がするぞ。
聞けば、今の制服ってタケオキクチなんてのもあるんだって。
毎日、ガシガシ着倒すんだろうし、もっと安くていいんじゃないかなぁ。

ちなみにワタクシ、中高と制服は詰襟。
加えて中学は坊主。
暗黒の時代である。

高校もやたらと規則に厳しい先生がいて、
一度は保健室に連れ込まれて髪の毛を切られたこともある。
今、そんなことしたら大問題だよね。

その先生、具合の悪いことにテニス部の顧問。
ほとんど練習を見ることは無いのだが、
たまに練習に来ると、松原コーチ言うところの
石器時代のフォームを強要する。

「左手をビシッと前に伸ばして、手を合わせるように水平に振る!」

しかも、ワタクシのアディダスのATPモデルウォームアップを見て、
「3本ライン真ん中の線が赤いのは派手すぎる!」って言ったっけ。
超迷惑だった。(苦笑)

そうそう、12歳児の入学準備である。
あと、体操着と夏服と・・なんだっけ?
何かと物入りな春である、ふう。

 

さて、長年通ったジムをやめた。
IMG_1489

以前は平日も行っていたが、職場が変わり朝は時間が取れなくなった。
休日は何とか早朝に通っていたのだが、
最近、何かと忙しくてそれすらあやしくなってきたのだ。

加えて、以前に書いたシャワー設定の経費節減や、
故障したトレッドミルが長い事そのままだったりと
サービス的な不満も生まれてきた。

利用頻度、そして施設、サービス等々。
コストパフォーマンスを考え直してみた。

そして、このレベルのことなら
ジムでなくとも出来るという結論に達した。

冬の間は寒いし暗いしで出来なかったランニングも
日の出も早くなり気温もあがり再開出来る。
ウエイトトレーニングメニューは、ある程度の知識を入れれば
おそらく自重トレーニングで事足りるだろう。
ならば毎月1万円オーバーを支払う必要も無いということ。

 

カウンターで「退会したい」と言うと、
あっさり「あ、そうですか。ではこちらにご記入を」と
退会届けを渡された。

記入が終わり、穴の開けられた会員証を見た。
IMG_1490
2002年から通ってたんだな。
しかもほぼ毎日。

そんなことはフロントスタッフには関係無いだろうし、
そういう会員さんもたくさんいるのだろう。

「退会」という行為は、先月入会した人だろうが、
10年通った人だろうが、手続きは一緒である。

「長らく通っていただいてありがとうございました。
またお時間が出来たら、ぜひいらしてください」
などと言う必要もないのだ。

ちなみに、NTT DOCOMOからソフトバンクに乗り換えた時、
ドコモのオペレーターさんは、
「16年に渡りご利用いただき、ありがとうございました。
またご縁がありましたら、ぜひご検討ください」
と言っていた。

ドコモに戻るかどうかはわからないが、
少なくとも乗り換えの検討から外れることはないだろう。

何かをやめる時って、支払うものに対して
頻度だったり、量だったり、質だったり、サービスだったり
組織だったら、そこでの存在意義とか・・
つまりその価値が見出せないから。

なるほどテニススクールを退会される方もそうなのかもしれないなと思った。
そして、出来ればその理由をお聞きして、事務的ではなく、お互いに残念がって
「感動の退会」をしていただきたいなと思う。

あなたがいなくなってとても寂しい。
またぜひコートでご一緒しましょう。
待っています。

というテニススクールでありたいな。

テニススクールでも、スポーツクラブでも、カルチャースクールでも、
チームでも、組織でも、やめられ際にどんな態度で何が出来るかで
真価が問われるのだと思う。

さて、今日も外を走ってこよう。

カテゴリー: トレーニング, ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

横断とか、換装完了!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ちょっと時間があったので歩いてみた。
IMG_1207.PNG
秋葉原から新宿まで、約10kmの行程である。

以前から、山手線一周ウォーキングを目論んでいるのだが
なかなか時間が取れず、ならばまずは横断ウォーキングをと思ったわけ。

御茶ノ水、水道橋から新宿通り方面へ。

九段会館横を通る。
IMG_0885
昭和館。
こんなのあったんだ。
知らなかった。

九段会館といえば、憂歌団の解散ライブを見に行ったっけ。
あまりの品のなさに女の子と一緒に行ったことを後悔したり。
やっぱり憂歌団は男同士で野音で酔っ払って観るに限る。

なんてことを思い出しながら、靖国神社をかすめる。
IMG_0889
そして市ヶ谷、新宿方面へ。

まあまあ疲れた。
でも楽しかったな。
まだまだ知らない日本がたくさんある。
都内歩きを趣味にしてみようか。
自転車のほうは効率いいか。

 

さて、Mac miniが帰ってきた。
IMG_1200
ロースペックに喘いでいた会社のデスクで使っているMac miniに
FusionDrive換装を画策。
一気にスペック増強を狙ったのである。

とりあえず裏蓋を開けて確認してみる。
IMG_1201
なるほど・・・よく分からない。(苦笑)

とりあえずケーブル類をガシガシ繋いで起動。
IMG_1202

おお!サクサクである。
IMG_1204
「お待ちください」のレインボーアイコンが全然出ない。
FusionDrive、素晴らしい!

あとは、このモニターだなぁ。
MacはAppleモニターじゃないとどうにも発色が悪い。
セルのカラーとか、画像処理とか、ぼんやりしていて非常によろしくない。

自宅のMac miniもI・O DATAのモニターで、同じようなコントラスト。
とても使いづらいのだが、Mac miniは家族用なので
iMacがあるワタクシはあまり困っていない。

このモニターがダメになったら絶対Appleのモニターだな。
いや、そんな簡単に壊れても困るんだけどね。
徐々に環境を整えていこう。

カテゴリー: PC, トレーニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シャワーとか、Wilson BLADE98Sインプレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

スポーツクラブも長く通うと細かな不満もあったりする。

そのひとつがシャワー。
お湯を出す部分がプッシュ式というアレなのだが、
ここ最近でその時間がやたらと短くなった。

あまりにすぐに止まるので、
押しては洗い、洗っては押しと、
ほとんど底抜け脱線ゲーム状態。

時間を計ってみた。
ボタンを押してからお湯が止まるまでの時間が2秒。
2秒で止まるシャワーって・・・

おそらく多くの人が片手でボタンを押しっ放しで
シャワーを浴びていると思う。

経費削減のための措置なのかもしれないが、
そんな細かなところでブランドイメージを落としてどうする。
店舗数が多いから、チリも積もれば効果も大きいのかもしれないが、
あまりに極端でみみっちい節減としか言いようがない。

ワタクシ的にはこの作戦は失敗じゃないかと思う。
サービスとコスト削減のバランスって難しいね。

 

さて、ウイルソンのニューモデルラケットである。
IMG_0438
今度のブレードシリーズ3機種。

BLADE98S
IMG_0440
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27インチ
■ウェイト:294g
■ストリング:18×16
■バランス:330mm
■フレーム厚:21.0mm
■グリップサイズ:G2 / G3
■価格:33,000円

 

ワタクシ大好物のフラットビーム&ボックス系フレームである。
IMG_0476
初代BLADEはワタクシも一時使っていた。
キレイにしなる良いラケットだった。

BLADEらしいブラックのカラーも精悍さを醸し出している。
IMG_0473

ちなみに画像は商談にお邪魔した時のものなので
ストリングは張っていない。
IMG_0475

今回のBLADEはカーボンが変わった。
IMG_0437
手前がこれまでのカーボン、奥が今回採用されたカーボン。
違いが分かるだろうか?

今回のカーボンの方が編み方が粗くなっている。
このカーボンの粗さがフレームのしなりを生み出し、
よりボールをくわえる効果を生むのだそうだ。

もちろん、くわえるといっても、しなるだけではコントルールが悪くなる。
そこはウイルソン得意のバサルトファイバーを増量し強度確保。
これによって、くわえ込み、しなやかさ、
そして反発力が高次元で融合したというわけだ。

 

打ってみた。

柔らかい。
これまでのブレードとは随分違う印象。

たわみというか、しなりというか、
いい感じにフェイスがボールを包んでくれる。
最近の流行りである金属的な固い印象とは対極の打球感である。

柔かいといっても、ヤワではない。
しっかり粘って、打ち出しでのパワーロスは感じない。
ボックスフレームの良さを上手く引き出しているような印象である。
このあたりの絶妙さが最新のテクノロジーってことなのかも。

Sラケなので、当然スピンは掛かる。
前モデルのBLADE98Sとは少し違う掛かり方。

前モデルは限りなく普通な感触で、気づけばヘビースピンだったが、
今回はフェイスのくわえ込みのせいか、明確にボールをグリッと
とらえて回転を掛ける感じがする。

その分なのか、イメージよりも少し上にボールが出る感じ。
最初の数球はアウトしたくらいに感触が違うものの
慣れればそのスピンの掛かり具合で、ズドンとコートに
ボールを収めることができる。

まさにいくら振っても入る気がする感じである。
この安心感は大きい。

カーボンの編み方が違うとこうも感触が変わるのか。
いやぁ、すごいな。

と言いつつ、個人的にはもう少しガツンというフィーリングも欲しい。
逆に言えばそれだけ扱いやすいラケットってことなんだろうけど。

 

トップスピンに気持ちが行きがちなSラケットだが、
実はスライスやサービスでもその恩恵は大きい。

スライスはギュインと乗って、
ボールがホップするかと思うくらいに飛んでいく。
厳しい体勢でも無理に腕を振って送り出さなくて済むから楽である。

サービスのスライスも半端じゃない。
通常の数割増しの曲がり方でボールが飛んでいく。
ストリングの粗さの恩恵なのか、ボールが失速しないものもうれしい。

 

ボレーはそこまで粘らなくていいんじゃないかなという感じ。
スパン!とボールが離れてくれる方が
キレの良いボレーが打てそうな気もするが、
コントロール的にはメリットも大きいし、そこは好みだろう。

とにかく、けっこうソフトな印象になった新しいBLADE。
うーん、ソフトというとちょと違うのかな。
しなやかで強いという不思議な進化って感じだろうか。
ここしばらくのカンカン系の進化に一石を投じるモデルだと思う。

スピン命の男性プレーヤーの方はぜひ一度試してみるべき。
簡単にヘビースピンが得られるはず。
オススメです。

カテゴリー: インプレ, トレーニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

復活とか、機種変とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

休日の朝、ゴールドジムへ。
IMG_0904
足を痛めてから来ていなかったので
2週間ぶりくらいだろうか。

まだ少し脛に違和感があるので、
様子を見ながらトレーニングすることに。

間が空いたので辛いかもと思ったウエイトも違和感なし。
ランニングも以前と変わらぬペースで走れた。

なんだろう?
単にやり過ぎてただけなのかな。
とにかく復帰出来て良かった。

 

さて、そんなトレーニングの帰り、ソフトバンクショップへ。

12歳児もそろそろキッズ携帯からスマホだろってことで
ワタクシのiPhone5を譲って、
自分はiPhone6にしようという魂胆である。

ソフトバンクショップのお姉さんに相談すると
持ち込みでの機種変更は高いらしい。
キッズ携帯から新しいiPhoneにしたほうが現実的だそうだ。

しかも12歳児の携帯は妻名義らしく、
名義人本人が来ないと契約状況すら見れないとか。

ならば自分のiPhoneを6にしてしまえと
在庫状況を聞くと、128GBの在庫はあると言う。

金額的にはどれくらい高くなるのだろうと
シュミレートしてもらったところ、
今のiPhoneの若干の本体残額を払ってしまえば
月々の支払いは、なぜか今よりも少し安いらしい。

ということで、目的の12歳児の携帯はさておいて
自分のだけiPhone6に機種変更。

PLUSにしようか迷ったが、結局小さい方にした。
RIMG0001
画面が大きく、バッテリーの持ちが良いのは助かるが、
ランニングの時にポケットに入れたりすることを考えると
やはりPLUSは大き過ぎるのだ。

苦手な保護フィルム貼りはショップのお姉さんにお願いした。
RIMG0006
微妙に画面よりちいさいんだけどいいのかな?
あ、ラウンドエッヂだからなのね。

これが噂のカメラレンズの突起。
RIMG0002
大雑把な性格なのか、特に気にならない。

さっそく母艦のiMacに接続して同期。
実はiPhoneを最大容量モデルにしたのには理由がある。

今年導入したiTunesMatchを一度切ってみようと思ったのだ。
iTunes Matchはクラウドのため、
デバイスの容量を食わないのは良いのだが、
その分、データ通信量が掛かる。

iTunesでどれほどの通信料が掛かるのかは分からないが、
毎月、データ通信量が制限の掛かるスレスレなワタクシとしては
本体に音楽データを入れ込んで通信量を節約したい。
そのための128GBなのだ。

がしかし、ここで問題発生。
RIMG0009
音楽データが多すぎて、128GBでも入りきらない。

どこで計算が狂ったのだろうと、iPod Classicを取り出す。
RIMG0011

あ・・iPod Classic、160GBだった。
RIMG0012
7000曲超も入っていればそれだけ食うわな。

仕方がないので、同期する曲を選別。
そうそう聴かないよねってアーティストは除外することに。

が、なかなか同期が上手くいかない。
なんだろう?

そして未だ同期完了せず・・・うむー、どうしたものか。
誰か教えて。

カテゴリー: トレーニング, 携帯電話 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。