カテゴリー別アーカイブ: トレーニング

欠品とか、思い出の街とか。

サイゼリヤにて。

th_IMG_9147

「白ワインください」
「すみません。切らしてます」

ウソでしょ。
で、仕方なく赤ワイン。

サイゼリヤでそんなことあるのか。
そういえば以前、ココイチカレーで、
「すみません。ご飯切らしてまして」って言われたことあったっけ。

 

さて、数年ぶりのクロスバイクでの帝釈天詣で。

2時間弱かけてお参りできたのはいいけど、まあまあ疲れた。
同じ工程で帰ると心が折れそうだったので、
昔住んでいたあたりを巡りながらユルユルと帰ることに。

 

ああ、ここまだあるのね。
ここは台風で水没したっけなぁ。
ここは修羅場一歩手前だったっけ(意味不明)とか。
th_IMG_9600

 

で、思い出の地、総武線は本八幡駅付近へ。

大学生の頃、毎晩飲みに行っていたジャズバーへ。
th_IMG_9608
沖縄料理の店に変わっていた。
ずいぶん雰囲気違うな。

 

あの頃は毎晩のようにアルバイト先の常連のお姉さんたちと
この店で朝まで飲んでた。

お金を払った記憶はまったくないのだけど、
たぶん彼女たちが払ってくれてたんだろう。

この店でジャズを覚え、サントリーホワイトの味を覚え、
ポップコーン&醤油&七味をシェイクしたつまみだけで
延々と飲めることも覚えた。

明け方自転車に二人乗りでお姉さんを送り届けて、
家に帰って昼まで寝てた。

思えば、あの頃、ちゃんと彼女もいたけど、
毎晩、お姉さんたちと遊んでたのはなぜ?
う〜ん、不思議な時代だったなぁ。

 

そして毎晩、喫茶店の仕事終わりに通ったサイゼリヤ。
th_IMG_9604
今は創業の地として保管してある。

 

当時は創業者のご兄弟が二人で店を切り盛りしていた。
th_IMG_9605

焼肉ライスもハンバーグライスもサラダも手作りで美味しかった。
アットホームなサービスも良かった。
まあ、そりゃ、毎晩行けばね。

徐々にお店が増え、ある時から出店が加速し、
今はそんな面影も感じられない一大チェーンになってしまったけど、
あのサイゼリヤの起源に立ち会えたことは貴重な経験だった。

規模なのか、サービスなのか・・・う〜ん、テニススクールだったらどうあるべきか。
なんてことを考えながら、思い出の街を巡りながら、考えを巡らしながら、
ゆっくりゆっくり家路につく。

th_IMG_9610

色んなことを教えてくれた街。
原点を忘れずに前に進めればなと思った正月だった。

カテゴリー: トレーニング, バイク, 仲間, , 生き方, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

つけ麺とか、リハビリとか。

「美味しいつけ麺屋さんがあるんです」とDRKさん。

th_IMG_8422

シコシコの歯ごたえの平麺、つけ汁も深みのある味。
美味しい。

でも、助手席で連れていかれるままだったので、
ひとりだと一生行けないと思う。

まあ、一期一会ってことで。
使うか?ここで。

 

さて、現在リハビリ中である。

なんの?
そう50肩。
とにかく肩が上がらず、サービス系が打てない。

そのうち治るかなと思っていたのだが、
時間が経ってもどうにもならず、スポーツ整形に行きMRIを撮った。

診断で50肩とは言われなかった気がするが、
しばらくはリハビリをってことだそうだ。

 

そんなわけで1週間おきに病院へ。
th_IMG_9420

この病院はスポーツ整形で有名なところ。
自宅からも近いし、キレイだしで気に入っている。
病院を気にいるってのも変だけど。

 

1階は受付やらレントゲン室やら診察室やら。
th_IMG_9128
ホテルみたいだよね。

 

ワタクシはリハビリオンリーなので、2階へ。
リハビリフロアはスポーツと整体を合わせたような広いフロア。

 

で、理学療法士さんがついてくれてリハビリをしてくれる。

まずは気をつけをしたり、万歳をしたりで可動域のチェック。
毎回、「固いですね」と言われる。
子供の頃から言われ慣れてるからなんとも思わない。(笑)

で、肩やその付近をマッサージしてもらうのだが、
どうも押しっぷりが緩やかで、本当に効いているのか疑いたくなるくらい。

腱とかポイントをついているのだろうけど、
こんなんで意味あるの?と聞きたくなるような力具合なのだ。

ところが、15分くらいだろうか、ひと通りのマッサージを終えて、
可動域のチェックをすると、あら不思議。
先ほど上がらなかった腕が上までしっかり上がるようになっている。
なぜか痛みも引いてるというマジック。

こういうのあまり感じないタイプなんだけど、
明らかにマッサージの効果が出ている。
すごいな、これ。

理学療法士ってすごいね。

 

日本リーグでチームトレーナーの荏原さんに話したら、
「そうですね。やり方があるんです。ちょっとやってみましょうか」ってことで、
座ったまま3〜4分ほど、肩周りと肩甲骨周りをモミモミ。

これまたそれほど力が入っていないのだが、
「おわっ!マジか!腕あがる」状態に。

荏原トレーナーによれば、「効果は短時間です」とのこと。
ここから、トレーニングやストレッチを重ねて徐々に回復を図るんだそうだ。
なるほどね〜、確立された治療法ってこういうことなのね。

理学療法士もトレーナーさんもすごいわ。
ある意味ゴッドハンドだ。

 

後ろにいるのが荏原トレーナー。
th_IMG_8824

 

面倒だけど、リハビリを続けるうちに徐々に可動域が広がって来た。
急に良くはならないみたいだけど、信じてリハビリを続けてみようと思う。

最近思うのは、これまでに近い状態でのプレーがいつまでできるかってこと。

生涯スポーツとはいえ、ある程度の年齢でのブランクのマイナスは大きいはず。
そのためにも、なるべくテニスをする機会を途切らせずつくっておきたい。

サービス、スマッシュ以外はほぼ問題なく打てるし、
(あ、ハイバックボレーは厳しいけど)
できるだけ早めにサービス系を打てるようにしたい。

リハビリ、ストレッチ、マッサージガン、
できることはすべてやっておこうと思う今日この頃なのだ。

カテゴリー: Team REC, テニス, トレーニング, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

豪雨とか、メンタルトレーニングセミナーとか。

休日の夕方。
ちょっと街のパトロールに出てみた。

海沿いの道に出た途端に、風雲急を告げる感じに。
th_IMG_4899

あっという間に土砂降り。
th_スクリーンショット 2021-08-04 14.11.22
やけくそでずぶ濡れで帰宅。

マンションの廊下も浸水してた。
th_IMG_4902
熱帯の気候だな、もはや。

 

さて、ワタクシがお手伝いをしている(公社)日本プロテニス協会で
オンラインセミナーが行われる。

th_オンラインセミナー

 

今回のテーマはメンタルトレーニング。
講師は、久瑠あさ美先生である。
th_スクリーンショット 2021-08-12 17.08.58
久瑠あさ美先生プロフィール

 

久瑠先生は、専修大学の佐藤先生からご紹介いただいた。
佐藤先生は、専修大学テニス部の監督であり、
長らく修造チャレンジのメンタル部門を担当されているスポーツ心理学の大家。

佐藤文平選手のお父様でもある。
で、実はTeam RECの佐藤一平コーチのお父様でもある。

いつも何かを気にかけていただいており、今回、プロテニス協会のセミナーで
講師をお願いしたところ、自分は都合がつきにくいが、ならばぜひ紹介したい方がと、
久瑠先生をご紹介いただいたというわけ。

佐藤先生は今後は若手の有能な人材をコーディネートし、
後方から支えていくことにシフトチェンジされるそうだ。

 

様々なお付き合いをいただいている中、
このような繋がりが広がっていくのは有難い限りである。

ということで、久瑠あさ美先生のオンラインセミナーは、
日本プロテニス協会のホームページからお申し込みください。

オンラインセミナー案内ページ

本セミナー、もしかするとコーディネーター、コメンテーターとして
佐藤先生にもご参加いただけるかもしれない。

実は佐藤先生からは、
「ためブロさんが、コーディネーターとして質問や進行を」
と言われているのだが、ちょっと荷が重く、気が重い。
(注:ちゃんと本名で呼んでいただいてます)

佐藤先生が来てくださると助かるんだけど・・・

 

多くのアスリートのメンタルトレーニングも担当されている久瑠先生なので、良いセミナーになると思う。
このセミナーはプロテニス協会の会員でなくともご参加いただけるので、ぜひどうぞ。

ワタクシにも会えるかも。
あ、それはいいですか、そうですか。

しかし、最近はこういうことでの出番も増えてきたような。
社内では完全に裏の人なんだけど、外だとねぇ。
まあ、必要とされて使ってもらえるうちが華なので頑張ろうと思う。

ご参加、お待ちしております!

カテゴリー: インターネット, スポーツ, テニス, トレーニング, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

フライングVとか、増田健太郎プロセミナーとか。

ギブソン・フライングV
th_IMG_1601
はじめて見たのは、KISSでだっけ?
こんなギターがあるのかと衝撃を受けた。

中学校のボンボンの同級生が買ったってことで、
そいつの家に行って弾かせてもらった。

座って弾くと、足にひっかかるところがなく、
ポジションが定まらないので、Vの部分を右腿に入れて弾いたら、
見た目は完全に琵琶法師だった。
かっこ悪っ!

 

さて、お知らせ。

th_資質向上セミナー2020

日本プロテニス協会の資質向上セミナーが開催される。

日時:12月14日(月)13時〜16時
会場;レックインドアテニススクール上石神井
講師:増田健太郎プロ
参加費:JPTA会員 3,000円 一般 4,000円

コロナ対策等々でしばらくセミナーも含めて活動休止中だったけど、
感染症対策を施しながらようやく活動を再開することになった。
東日本では再開後、最初のセミナーである。

 

今回の講師の増田プロといえば、全日本選手権2連覇をはじめとする名選手。
現在は内山靖崇選手のコーチとして世界ツアーの舞台で活動中だ。

実は当初は鈴木貴男プロに講師を担当いただく予定だった。
鈴木プロは現在、内山プロのコーチもつとめている。
(つまり増田プロと一緒に見てる)

ここ最近は全豪オープンに向けて準備していたのだが、ATPから連絡があり、
コロナ対策のため全豪オープンおよびその前哨戦に出場する選手は、
12月中旬までにオーストラリアに入らなければいけなくなった。

全豪オープンに帯同予定だった鈴木プロも予定を変更せざるを得なくなり、
このセミナーの講師はギリギリアウトになってしまった。

そこで、鈴木プロから増田プロに話をしていただき、
講師のバトンタッチとなった次第。
お二人ともありがとうございます。

 

増田プロのセミナーは、HEADさんのインストラクター会議や
プロテニス協会の企画で何度か受けたことがあるが、
非常に論理的でわかりやすい。
選手とコーチの両方の視点を持っていることも大きいのだろう。

今回のセミナーは日本プロテニス協会の会員以外も受講可能。
コーチの方でなくとも参加いただけるので、
興味のある方はぜひご参加いただきたい。

コートは室内なので天候の問題はない。
感染症対策のため、換気はマメに行うので、
少し寒い時もあるかもしれないが、そこはご勘弁。

一緒に最新の技術を学びましょう。

お申し込みはこちらからどうぞ。

日本プロテニス協会ホームページ
20201214_要項
専用申込書_FAX用
研修参加者へのお願い(新型コロナウイルス感染防止対策)

ウェブ申し込み

今回、快く講師を受けてくださった増田プロに感謝しつつ、
どんな話が飛び出すか、楽しみで仕方ないワタクシである。

たくさんのご参加お待ちしております!

カテゴリー: Team REC, ギター, テニス, トレーニング, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

直った?とか、久々とか。

某日、5時過ぎに家を出て東北自動車道を北へ。
th_IMG_4636
相変わらず調子の悪いままのランクルくんなのだが、
なぜかこの日は症状が出ず。

もしかして、直った?
クルマって自然治癒力あるの?(ないよ)

 

さて、東北自動車道を北上し、着いた先はここ。
th_IMG_4638
栃木県は、プレステージカントリークラブ。

なんかすごい門構えだな。
メッチャ豪華。

クラブハウスから駐車場にクルマを入れると
カートで迎えに来てくれるのも高級クラブ感満載。
ちょっと電話したかったので、丁重にお断りしたけど。

クラブハウスの中も豪華。
th_IMG_4639
宝塚みたいだ。(乏しい知識からのイメージ)

ということで、小雨降る中、練習開始。
th_IMG_4642
こんなワタクシでもいちおう練習はする。
なぜかっていうと、前回のラウンド以来、一度もクラブを握っていないから。
少しはやる気出せよって気もするけど。

しかしきれいなコースだなぁ。
th_IMG_4641

今回は、GODAIさんとご一緒させていただいた。

もともとGODAIさんとは日本プロテニス協会絡みでお付き合いは長い。
司令塔のヨシダさんはプロテストの委員長なので、
プロテストでご一緒させていただくことが多いのだが、
ゴルフをご一緒するのは今回が初めてか、
数十年前にプロテニス協会の地区会関係でご一緒した以来。
(全然覚えてない)

今回、Team RECがゴールデンキッズを導入するのを機に、
一度一緒にラウンドをということになったのだ。

あいにくの天気ではあったけど、大雨ではなく、
レインウェアを着たり脱いだり程度のコンディション。

まあ、雨だろうが、特に何も変わらず、低空飛行なのがワタクシ。
なんてことはない。

ヨシダさん。
th_IMG_4646
ここのメンバーさんなんだそう。
ああ、それでこのコースだったんですね。

さすがホームコースってこともあるんだろうけど、
安定のショット&スコア。
さすがです。

ゴールデンキッズの創始者、タカシマさん。
th_IMG_4665
十種競技のトップランカーだっただけあって、運動能力は半端ない。
メッチャ飛ばしてた。
アスリート感がすごい。

で、ボス。
th_IMG_4647
安定のプレーは年の功か。
ラウンド数がちがうもんね。

グリーンは難しかったけど、楽しくプレーできた。
th_IMG_4655

ショートコースのティーグラウンドには
必ずティーがあったりと、親切設定。
th_IMG_4644
少し余計にもらってきた。
しばらくショートティには困らないな。

スコアはいつも通り。
やっぱり安定してる。
やってもやらなくても変わらないのがワタクシのすごいところ。

th_IMG_4668
楽しくラウンドできた。

ゴルフって楽しいね。
たぶん練習はしないけど。

ってことで、新たな取り組みのゴールデンキッズ
あらためて頑張ろうと思った。

皆さんに喜んでいただけるプログラムと確信している。
ぜひ、お子様の能力開発にどうぞ!

カテゴリー: Team REC, クルマ, ゴルフ, テニス, トレーニング, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

パワーボールとか、SMART再確認とか。

筋力が落ちてきたような気がする。
オフセンターでのショットでグリップが動く。

ということで、以前に購入したこちらを引っ張り出した。
th_IMG_5864
パワーボール。
けっこう効く、これ。
そう言えば、斉藤貴史プロも使ってたっけ。

とにかく筋力低下と戦わないと、思うようなショットも打てない。
ここから先は「老いるショック(byみうらじゅん)」との戦いだなぁ。

 

さて、某日はここでの早朝テニスからスタート。
th_IMG_8366
緊張しつつもテニスは楽しい。

この日は Wilson CLASH100を持ってきた。
th_F828E9E3-1307-4455-81DD-27BFF9EC54CF

目的はあらためてのストリングの試打。
th_IMG_8370

「#賢いストリング」プロモーションとその性能が大当たりし、
爆発的なヒットを飛ばしているこちら。
th_IMG_8418

正式製品版はこれ。
th_product
LUXILON SMART125である。

すでに取扱済みであり、キャンペーンでもかなりの支持をいただいたこのストリング。
あらためて打ってみようと思い立った。

で、思ったこと。

説明通り!

スライスやタッチショットはかなりの粘りを感じる。
ポリ系なのにフェイスにボールが吸い付く感じ。
そして柔かなフィーリング。

アングルにボレーをフワッと落としたい時などは、
そのフィーリングが大きくプラスに働く。

極端なスピンをかけずに柔らかくアングルにパスを落としたい時も
同じく、ソフトなタッチでコントローラブルなフィーリングで
ボールを運ぶ感じになる。

これだけだとただの柔かめなストリングだが、
SMARTの特徴はそのハードヒットの際にそのフィーリングが激変、
ストリングが踏ん張って、硬質な打球感になるというのがウリ。

実際どうなのか?

この日のテニスではハードヒットするようなシチュエーションはあまりなかった。

が、なるほどこれだ!と思った場面。

レック本社のハッシーの渾身のファーストサービスをリターン。
その時のフィーリングが「パン!」と急に変化。
フェイスにボールが食い込む感じが消え、
突然テンションというか面剛性が上がったような感触になった。

自分からもある程度振ってはいるが、相手からの打球もそれなりに速い場面。
柔らかくスイングした時とのフィーリングの変化は大きかった。

この場面での硬質な打球感というか撓まないフェイス感は、
ボールコントロールにおいて大きな安心感になると思った。
ここでボールがフェイスに食い込み、ストリングが撓んだ感じになると
ボールがどこかにふけてしまうのではないかと思う。

自分から叩いていく場面でもそれは同様だと思う。
こういう使い分けを勝手にしてくれるところが、
たしかに「#賢いストリング」だなと、今更ながら再確認した次第。

錦織圭がこのストリングを試打して、「なんだ?これ。気持ち悪い」と言ったのは
その変化が非常に顕著だったということ。
ショットによってフィーリングが変化しすぎるのはちょっとという人もいるだろう。

ワタクシは、大事な場面で信頼度が上がるという意味で基本的には賛成派である。
実はこのストリング、CLASHに張り上げた時、フレームがしなるモデルなので
特性が分かりづらいかなと若干後悔したのだが、それも杞憂に終わるくらい、
ストリングの特性が出たことは驚きだった。

ルキシロン、おそるべし。
いまさらだけど。

カテゴリー: スポーツグッズ, テニス, テニス用品, トレーニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

絶品とか、未来とか。

この夏最大のヒットかも。
th_IMG_6161
「ガリガリ君ずっしりあずき」
メチャうま。
超オススメです。

 

さて、足は痛いが運動はしたい。
家族に呆れられても、じっとしているのはツライ。

走れないなら自転車はどうだ。
試しにちょっと漕いでみた。
なんとかなりそう。

ということで、いつもの海沿いを目指して走ってみる。
th_IMG_5579
消費カロリーは圧倒的に違うだろうけど、まあしかたない。

海浜公園へ出た。
th_IMG_5577

見慣れぬものが。
th_IMG_5570
キックボード?

電動キックボードのレンタル。
th_IMG_5569
千葉市の実験企画らしい。

いちおう原付のカテゴリになるらしく、
ナンバー付き、ヘルメット着用だそうだ。
th_IMG_5574
もちろん免許も必要。

th_IMG_5573

フロントシャフト部にバッテリー。
th_IMG_5572

th_IMG_5571

右ハンドルにアクセル、左ハンドルにブレーキ。
th_IMG_5576
センターはスピードメーターかな。

手軽な移動手段としては良さそうだけど、走れるのは公園内だけ。
そのうち公道も走れるようになるんだろうか。

最近はシェアサイクルもたくさん見かけるようになった。
近所にもステーションがたくさんあるが、都内でもよく見かける。
もうそういう時代なのね。

セグウェイのシェアとかすごくいいと思うんだけど。
あれこそ、子供の頃に漫画や雑誌で見た未来図だよね。

SKYDRIVEって、空飛ぶ自動車プロジェクトも動いているようだし、
まさに未来はそこまでって感じかな。

法的なカテゴリ分けが難しいのかな。
自動運転が実用化したら一気に解放されそうな気もする。
それまで生きてるかわからないけど。

映画「A.I」とか「BACK TO THE FUTURE」みたいな世界観も
それほど遠くないのだろうか。
とりあえず、空飛ぶ自動車は欲しいぞ。

なんて物思いにふけっていないで、人力で帰ろう。
やっぱり汗かくって気持ちいいな。

カテゴリー: トレーニング, バイク, 自転車, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

通勤とか、スニーカーとか。

日経新聞より。

「政府は3月から通勤時のウオーキングなどで健康づくりを促すスニーカー通勤を推奨し、
民間企業にも導入を呼びかけている。「FUN+WALK PROJECT」と銘打ち、
1日あたり8000歩のウオーキングを推奨している。」

これに伴い、百貨店でも通勤スニーカーコーナーを拡充させているそうだ。
クールビズで上(服)も軽くなっているし、その方が自然な気がする。

ちなみにワタクシの1日の平均歩数は2万歩くらい。
多い時にはランニングを含め3万歩に達する。

とにかく歩く、走るはオススメだ。
皆で健康生活を。
あ、熱中症にはご注意を。

 

さて、頼んでいたものが届いた。
IMG_3547

なんてモデルかは忘れた。
IMG_3543
Amazonでとても安かった。
ポイントを使ったので現金は払っていないと思う。

とにかくブラック系のシンプルなものを選んだ。
IMG_3544

ソールも黒だ。
IMG_3546

前述の政府呼びかけの通勤時のウォーキング推奨に習い、
というかそれ以前から通勤ウォーキングしているので
クールビズに合わせてより歩きやすいシューズをとの目論見である。

家族からは、「また靴買ったの」という非難オーラ。
テニスシューズは買ってるけど、
スニーカーは久しぶりだと思うんだけど。

靴箱を見てみた。
IMG_3552

IMG_3553
それなりの広さの靴箱。
家族4人で共用だが、5分の3はワタクシが占拠していた。
ゴメン。

カテゴリー: トレーニング, ランニング, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

盾とか、仙台ランとか。

レックインドアテニススクール上石神井。
日本リーグのあれこれが飾ってあった。
IMG_3192

これは斉藤貴史プロの優秀選手賞の盾。
IMG_3193
「持って帰ってもしょうがないので、スクールに飾ってください」だって。
貴史に限らず、プロってそういう感じみたい。

ちなみにワタクシもスケールは違うけど、
トロフィーとか全然残っていないもんね。
(それほどもらってないという話も・・)

 

さて、旅先で走るのが好きだ。

盛岡は雪が積もっていて無理だったが、
それでも無理やりウォーキングはした。

メッチャ気温が低くても1時間も歩けば汗かくのね。
そういえば、スキーも汗かくもんな。

スキーっていえば、子供の頃、毎週末、
山に連れて行かれてスパルタでしごかれた。

リフトも使わず、登っては滑り、滑っては登り、
昼ごはんはスキーを履いたままオニギリを食べた。
横を見れば、暖かいロッジでカレーやラーメンを食べている人たち。
なんとうらやましかったことか。

父親はワタクシたち兄弟をどうしたかったのだろう。
おかげで上手くはなったけど、大人になってからは
反動でまったく行かなくなってしまった。

 

話がそれた。
だいたいがGoogle Mapで適当にあたりをつけて走る。

この日選んだのは、せっかくの仙台なんだから青葉城でしょコース。

国分町から広瀬川方面へ。
IMG_1107

川を渡るあたりからアップヒルに。
IMG_1109

城址公園に入る。
IMG_1112

青葉城って山城なのね。
IMG_1114

きつい。
IMG_1130

さすがに走れず、歩いて登る。
IMG_1117

ようやく城郭跡の頂上へ。
IMG_1122
いい眺め。
杜の都って感じだ。(どんな感じ?)

伊達政宗公に挨拶して・・
IMG_1121

神社にお参りして・・・
IMG_1129

戻ろうと思ったらフカダコーチと鉢合わせ。

「走ってきた?」

「はい」

たぶんウソだ。
汗かいてないし。

街中まで戻って少し遠回り。
IMG_1131

IMG_1134
なんとなく仙台の街を堪能した気分になってホテルへ戻る。
最後の締めに走れてよかった。

久しぶりの仙台。
今度はプライベートで来ようと思った。

カテゴリー: Team REC, テニス用品, トレーニング, ランニング, 斉藤貴史プロ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ランとか、レーンとか。

ナイキのランニングアプリ。
アップデートしたら、勝手に週1回のランニングの目標設定が。
IMG_7229
走ると褒めてはくれるが、決めた覚えがないので嬉しくない。

ちなみに、一度クラッシュしてリセットされてしまったが、
その後のランニングの距離総計はもう少しで5,000kmになる。
頑張ろう。

 

さて、しばらく前のこと。

休日、レックゴルフスクール水道橋に届け物があった。
本当なら前日の巡回で渡すべきものを忘れてしまったのだ。

ランニングもしたいし、仕事も溜まってるし、
どうしたものかと思案。

ランニングをバイクトレーニングに変更。
水道橋まで自転車で行くことにした。

湾岸道路沿いを西へ。
IMG_5912
江戸川放水路を超える。

お知り合いのテニススクール前で記念撮影。
IMG_5914
完全にオフモードの格好だったので、挨拶はパス。

港町っぽい東京との県境。
IMG_5915
好きだな、こういう風景。

船堀〜大島〜錦糸町あたりを抜け、神田方面へ。
小川町、御茶ノ水付近は人が多くて走りづらい。

ようやく目的地へ。
IMG_5917

写真だと分からないが、この日は爆風。
結構、体力を消耗した。
IMG_5918

特に観光地を巡るわけでもなく、
美味しいものを食べるでもなく帰途へ。

後半は若干ヘロヘロで帰還。
カロリーかなり消費したぜ。

今度は会社まで自転車で行ってみようか。
きっと仕事するパワーは残らないだろうな。

最近、都内の道には自転車用レーンが表示されている。
IMG_5920
しかし路肩に駐車している車で、ほとんど意味が無い。
歩道を走るのは違法だそうだが、車道は危なくて仕方ない。

法律とインフラ双方の整備が必要だな。
お願いしますね、小池さん。

カテゴリー: トレーニング, バイク, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。