カテゴリー別アーカイブ: バイク

YAMAHAとか、Team REC Tシャツ販売!とか。

ランニングの途中で見かけたYAMAHAのスクーター。
th_IMG_5033

このYAMAHAのレーシングラインがいいんだよなぁ。
th_IMG_5034

あれ?これマジェスティなの?
なんかずいぶん雰囲気変わっちゃったな。
初代マジェスティの近未来感が好きだったんだけどな。

大型バイクとは言わないけど、久しぶりにスクーターくらいは乗りたいな。
だれか要らないスクーターありませんか?
あ、動くヤツでお願いします。

 

さて、クローゼットを開ければTシャツの山。

ひとつの引き出しは、Team REC Tシャツ&グッズで埋まっている。
th_IMG_5427
これもほんの一部。
新人スタッフさんで分けてとたくさんあげたけど、
それでもまだずいぶんと残っている。

これにウォームアップやらパーカーやら、
まだたくさんのTeam RECグッズがクローゼットを占拠している。
会社辞めたら着るものなくなるんじゃないかなってくらい。
あ、辞める予定はないです。念のため。

 

最初にTシャツ作ったの何年前だっけ?
もう5〜6年になるのかな。

Team RECのTシャツっていうか、ブランドもずいぶんと浸透してきた感がある。
有明のイベントなんかでもTeam REC Tシャツを着たジュニアに会うことも多いし、
メーカーさんにも、「電車でTeam REC Tシャツ見かけますよ」って言われたり。

「お客様もスタッフも皆がチーム」というチームポリシーが実感出来て嬉しい限りだ。

 

ということで、今年のTeam REC Tシャツの予約が始まった。
th_TeamRECT01

実はこの企画、春先に実施予定だったのだが、
コロナウイルスによる休業が続いたため、一時停止していた。

スクール再開後も、このタイミングでチームTシャツ販売なんて
不謹慎だって怒られるかななんて思いもあって、止めていたのだが、
「今年のTシャツはまだ?」なんて声も聞こえてきて、
あらためてのスタートとなった。

 

今年のデザインは3タイプ。

まずは定番のロゴの下にバーが入ったタイプ。
th_スクリーンショット 2020-07-26 21.46.36

th_スクリーンショット 2020-07-26 13.14.28
これは毎回出す予定。

 

続いて、前モデルでは袖のワッペンタイプデザインだった09の入ったボックスロゴ。
th_スクリーンショット 2020-07-26 21.47.40

th_スクリーンショット 2020-07-26 13.14.56
なかなか好評だったので、若干アレンジしてフロントプリントに昇格させてみた。

 

そして、前回大人気だったステンシルタイプのロゴ。
th_スクリーンショット 2020-07-26 21.47.50
th_スクリーンショット 2020-07-26 13.15.13

今回はフォントをゴシック体にして精悍さを出してみた。

そしてそれぞれにロングスリーブも入れてみた。

 

ちなみにカラーは女性もちゃんと意識して配したつもり。

実業団応援団の皆さんに
「私たちのことちゃんとイメージしてカラー決めてる?!」
と絡まれる・・・じゃない、ご意見をいただくので。
(はい、考えてません)

そんなわけで、またまたTeam REC Tシャツが増えてしまうが、
どれも欲しくてつい買い過ぎそうな予感。

基本的には受注生産なので、欲しいタイプを確実にゲットするためには
今回予約を入れのが必須。
後日販売用の在庫はほとんど無いと思ってほしい。
8月2日締め切りなので、お忘れなく!

関わってくださる皆さんがチーム。
Team REC Tシャツで楽しくテニスをしましょう!
みんな、買ってね。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, バイク, ランニング, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アルコールとか、バイクその2とか。

お酒だけど、消毒にもだって。
th_IMG_3867
アルコールだもんね、なるほど。
でも、飲みたいな。

 

さて、バイクの話の続き。

若かりし頃、ワタクシの周りにはアメリカン乗りが多かった。

いちばんつるんでいたユウイチは、YAMAHA RX Specialっていう
アメリカンタイプの50ccに乗ってた。

トルクもないし、速くもないし、ちゃちい原付アメリカンだったけど、
ちゃちいなりに面白いバイクだった。
って、人のバイク、ボロクソ言うな。

 

その頃、ワタクシは、スズキ・ジェンマカスタムっていう、
ベスパもどきのスクーターに乗ってて、
学校帰りに、よく二人で江戸川の堤防で遊んでた。(小学生かっ!)

土手の下から上までバイクで上がれるか競争みたいなことしてた。
ワタクシのジェンマは何とかクリア。
ユウイチのRXは、もう少し、あと1mでゴールのところで失速。
そのまま土手の下に転がり落ちていった。

ワタクシの顔を見ながら、悲しい顔でスローモーションのように
土手下に落ちてゆく、ユウイチの顔は忘れられない。(面白くて)
うーん、今思えば、バカみたいなことしてたな。

 

これまたよくつるんでいた、アホのニムラってやつもアメリカンに乗ってた。
th_hndgl
HONDA GL400

縦置きのVエンジンがやたらと横に張り出していて、メッチャ重いバイクだった。
このバイク、仲間内で次々に譲り渡されていて、ずいぶんと長い間、そばにいた。
ワタクシもよく借りて乗ってたっけ。
全然速くないし、重いし、でものんびり走るには良かったな。

 

あと、尊敬する叔父がYAMAHAの400ccのアメリカンに乗ってた。
一緒にツーリングに行ったりしたけど、叔父さん、免許持ってたのかな。

そのバイクを借りて、ユウイチと四国一周野宿ツーリングも行ったっけ。
数日かけて、ほぼ四国を周りきった時、「あれ?オレ免許切れてる」と
ユウイチが重大発見をしたのはヒミツだ。(これだからB型は・・)

やっぱりツーリングはアメリカンが楽だと思った四国だった。
その前の年にネイキッドタイプで北海道にツーリングした時は
死にそうなくらい寒くて辛かったし。

 

そうそう、弟は、YAMAHA ドラッグスター400っていう、
メッチャ悪そうなアメリカンに乗ってたっけ。

他にも、ハーレーダビッドソンやドゥカティも持っていて、
道楽者の極みみたいな生活してた。
「こんな何台もいらないだろ。ドラッグスターくれ!」
と言ってみたら、「やだ!」と全力で断られた。

 

そんなわけで、なぜか周りのバイクはアメリカンが多かった。
きっと、イカれたヤツが乗る、ちょっとイカれたバイクがアメリカンなんだろう。
だって、見渡したら、皆んなアホみたいなやつばっかりだもんね。(オマエもだよっ!)
だから絶滅危惧種になってるんだな。

ん?てことは、オレたちも絶滅危惧種?
かもね・・・

カテゴリー: バイク, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バルコニーとか、バイクとか。

休日。
昼過ぎまでに何とか形をつけて、ちょっと飲もうと思って頑張った。
th_IMG_3900
バルコニーに椅子を出し、ビールをセット。
案外寒かった。

ちょっと日が悪かったな。
夏がいいね。

 

さて、ウォーキングコースの某所。

お店の前にバイク。
th_IMG_2900
YAMAHA SR400だ。

いい感じにいじってある。
ヘルメットが置いてあるから、ちゃんと乗ってるんだろうな。

SR、調べてみたら1978年発売だって。
40年以上も愛され続ける超ロングセラーモデルってことか。
すごいな。

ビッグシングルといえば、SR以外に出てこないし、
ひとつのカテゴリーを確立したバイクなんだと思う。

 

季節が良くなると、バイクに乗りたくなる。
毎年そう思うんだけど、毎年、それどころじゃない。
きっとこうして毎年過ぎていくんだろうな。

やっぱりもう一度だけバイク乗りたいな。
なんて思ってた矢先に、昔からお世話になっている保険屋さんに聞いた話。

「最近は中高年のバイク事故が多いんです。
昔乗ってて、余裕もできたし、またってことで乗り始めるんですけど、
昔の感覚のままで乗ろうとして、事故を起こすんですね。
で、体壊したり、仕事できなくなったり」

そうなんだ。
完全に出鼻くじかれた。
もうバイクには・・なのかな。

古いバイクをいじってとか、楽しそうなんだけど。

 

で、欲しいのはこれ。
th_hndstd
HONDA STEED400

アメリカンタイプね。
フロントフォーク伸ばして、ハンドルは短めの1文字タイプ、
いじり過ぎず、大人な感じで乗る。
ああ、いいなぁ。

ちなみにこのバイクもとうに廃盤。
中古車市場にはまあまあタマはあるようだ。

今って、どんなアメリカンタイプがあるんだろうと思って、
各社のサイトを見てみた。

ほとんどアメリカンて出してないのね。
あっても、1車種あるかどうか。

なんだろ、そういうニーズないんだろうか。
ほとんどがビッグスクーターだし。
車がミニバンだらけなのと同じ感じなのかな。

もうアメリカンに乗りたかったらハーレーとか、
外国車しかないのかもね。

なんか、乗り物も今は機能性ばかりで遊びがなくなった感じ。
ちょっと残念。

カテゴリー: バイク, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

VESPAとか、GRAPHITE登場!とか。

渋谷あたりで見かけたVESPA。
th_IMG_2910
いい感じのヤレ具合。

ちなみにVESPAを見かけたら基本的に写真を撮る。
だって、VESPAだもん。

これ、ロゴは今のなのね。
th_IMG_2909
これで昔のロゴだったらカンペキかな。

ああ、一度は乗りたいっていうか、持ちたい。
VESPAに乗って、モッズコート着て、サングラスして・・・。
(いい歳してなに言ってる)

 

さて、某日、オインドアテニススクール西新井へ。

緊急事態宣言を受けてスクールは休校中。
とはいえ、施設管理やら再開に向けての下準備やら
あれやこれやの打ち合わせもあったり。

もちろん、ソーシャルディスタンス等々、ケアしながらね。

ひと通りケリがついたところで、
「どうですか!?」とこれが出てきた。
th_IMG_3747
Princeロゴ、そしてスロート部のブリッヂ。
まさにこれは・・・

Prince GRAPHITEである。
th_IMG_3744
Wilson PROSTAFF、HEAD PRESTIGEと並び、
時代を築き上げたツアーモデルの名品である。

で、実はこれ、発売したての新製品。
名品が最新テクノロジーを纏い登場。
th_IMG_3742
かつての名品のアップデートではなく、
新たなモデル、PHANTOM GRAPHITEとしてのリリースだそうだ。

フレーム構造はテッパンのボックスフレーム。
th_IMG_3740
いいなぁ、この感じ。

で、フレーム厚はフラットではなく、21.5~20~17.5mm。
th_IMG_3736
トップ部に厚みを持たせることで、パワーアップを図っている。

スロート部のクロスバー(ブリッヂ)の効果もあり、
フェイス部分にフレックスポイントが来るため、
手のひらのフィーリングでボールを捉えられるそう。

この手のモデルって、この手の延長感がたまらないんだよなぁ。

当然、基本はテキストリーム・トワロン素材。
th_IMG_3727

フレームの2時・10時部にはATS。
th_IMG_3745
テキストリーム搭載によって、トップ部にさらなるパワーを与えている。

フレームに入ったラインも歴代グラファイトとは、
またちょっと違う佇まい。
th_IMG_3740

カバーもかつてのグラファイトのイメージを残しつつも、
新しさを感じさせるデザインになっている。
th_IMG_3729

グリップはRESI TEX TOURという、
レザーグリップにPU素材をコーティングしたハイブリッドタイプ。
th_IMG_3735
レザーグリップ特有のダイレクトなフィーリングを残しつつ、
コーティングでハードすぎないように調整されている。

実際、フワフワしすぎず、ゴルゴツし過ぎずの絶妙なグリップ感。
これ、なかなかの技術だと思う。

シンプル命みたいなグラファイトだったけど、
今回のPHANTOM GRAPHITEは新機能満載での登場。

メーカーさんによれば、「進化版というよりは別物です」
ということだけど、きっとかつてのテイストも残しつつ、
今風の仕上がりになっているはず。

 

ここからは昔話。

グラファイトといえば、当時の価格は9万円だった。
一部の有名コーチの方が使ってはいたけど、
当然、ワタクシのような学生に毛が生えた程度の駆け出しには
ほいほいと買えるわけもなく、憧れのラケットだった。

後輩で別のスクールでコーチをしていたコバヤシくんが、
職場のヘッドコーチから借りたんだか、譲ってもらったんだかのグラファイトを
自慢げに練習に持ってきたのが、絶妙に悔しかったのを憶えている。

お前とは試合やったて負ける気しないのに、
なんでオレよりいいラケッット?って。
完全にひがんでるな。

「ちょっと貸してみ」と打たせてもらって、
ああ、やっぱりいいなぁって感じだったので、
「しばらく貸してみ」と言ったら「いやです」と断られた。
まあ、そりゃそうだ。

ちなみに、コバヤシくんは現在、ネオインドアテニススクール西新井で
コーチとして手伝ってもらっている。
縁とは不思議なものである。

 

それから数年後、何のきっかけだったか忘れたけど、
グラファイトを半年ほど、使っていた時期もあった。

もちろん、プリンスさんと契約していただいていたわけでもなく、
誰かに譲ってもらったか、借りてたんだと思うのだけど、
経緯が全然思い出せない。

それでいくつかの試合に出たのと、
当時、練習に来ていた、まだ中学生の長塚京子プロの相手をするときに
重宝したのだけは憶えている。

ちなみにその時のグラファイトは手元に残っていないので、
たぶん誰かのだったのだろう。
1本手元に残しておけばよかったな。

 

さらに数年経って、グラファイトの値段もこなれてきて、
それなりに買いやすくなったのだけど、
基本的にはHEADのラケットを軸に、あれこれ使っていたので
自分のものとしてグラファイトを使う機会はなかった。

しかし、やっぱりグラファイトは憧れというか、
因縁(?)というか、若い頃の仇(?)を取りたい1本ではある。

グラファイトについて話し出せば、僻みと貧乏話から始まって、
ひと晩でも話が出来ると思うが、そんなの誰も聞きたくないか。(苦笑)

 

まあ、そんなわけで、思い出話とは別次元の新製品、
PHANTOM GRAPHITEには期待大である。

「どうしてストリング張ってないのよ。打ちたかったな」というと、
「今日届いたんです」と、持ち主。

「なんで届いたばかりのラケット、打たせなきゃいけないの」
と思っていたに違いない。

ということで、持ち主はこちら。
th_IMG_3741

ソトヤマコーチである。

「これ、ちゃんと使えるの?無理じゃん?」

「使えますよ!昔、グラファイト使ってたし」

いや、昔でしょ。
今は無理かもよ。

しんどかったら、いつでも引き取るから、言ってね。
あ、その前に、張り上げたら打たせてね。

楽しみだなぁ、グラファイト。
インプレをお楽しみに!(人のラケットだよ!)

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, バイク, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

3輪とか、ソトヤマDAYとか。

通勤途中で見つけたクルマ。
クルマでいいのかな。
th_IMG_1217

ミニオート3輪て感じ。
th_IMG_1215

フロントにはApe P50って。車名なのか?
th_IMG_1214

中をのぞいてみる。
th_IMG_1216
あ、バイクベースなのね。

タイヤの空気が抜けていて、使ってないみたいだった。
ディスプレイなのかな。
または置きっ放しとか。

キレイにレストアして乗りたいな。
いらないなら引き取りますよ。

 

さて、某日、ネオインドア西新井へ。
ソトヤマコーチと昼ごはん。

餃子の王将。
th_IMG_2252
ソトヤマコーチの提案だけど、餃子って。
キミは今日はもうレッスンないのか?
ブレスケア、よろしくね。

餃子を奢ったら、セブンイレブンのコーヒーを奢ってくれた。
th_IMG_2253
コーヒーで自慢げな顔をしないように。

で、あれこれ済ませて、夜。
ソトヤマコーチが言った。

「今日は車置いていきます」

「なんで」

「一緒に飲みたいかと思って」

「そんなことひと言も言ってないけど」

迷いなく、いつもの扇屋に入るソトヤマコーチ。
th_IMG_2281
ちなみにボスも、いつも迷いなくここに入る。(笑)

ビールを一杯のんで、日本酒利き酒セットを。
th_IMG_2284
けっこう美味しいね。
やっぱり大吟醸が好きだな、白ワインぽいし。(じゃあワイン飲めよ)

写真撮ってたら、ピースサインが割り込んできた。
th_IMG_2285
ピースの手だけだとフカダコーチとかぶるので、顔も入れといた。

ソトヤマコーチはこれ。
th_IMG_2288

今日もいい感じに酔ったソトヤマコーチに説教された気がする。
問題は人に説教したこと、全然憶えてないことだな。
(憶えてないフリ疑惑もあるけど)
けっこういいこと言ってんだけどね。

今日は、ソトヤマデーだった。
まあこんな日もたまにはいいか。
また飲みましょう。

カテゴリー: Team REC, クルマ, バイク, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

レプリカとか、バドミントン体験とか。

ランニング途中で発見。
IMG_1247
HONDA REPSOLモデル。

ワタクシがバイクに乗っていた頃には、
REPSOLってブランドは見かけなかった。
まあ、30年前だしな。(苦笑)

カッコいいな、このロゴ。
乗ってみたい・・とまではいかないけど。
疲れそうだし。

アメリカンにのんびり乗ってみたい。
だれかHONDA STEEDの中古くれませんか。

 

さて、某日のRECインドアテニススクール上石神井

各スクール責任者が集まっての会議。
そして午後は研修会というのが定番の流れである。

この日の研修会はオンコート。
なのだが、いつもとちょっと様子が違った。

この日のテーマはバドミントン体験会。

なぜ今、バドミントンがここまで盛り上がっているのか。
いったいどんなスポーツなのか。
難しさは?
運動強度は?
テニスとの違いは?
プレーヤーだとすぐできるのか?

今回はヨネックスさんに全面協力をいただいた。
IMG_1182
ラケット、ネット、シャトル、知識、すべてを持っていないワタクシたち。
ヨネックスさんに「何もないので、すべてを教えてください」という無茶なお願いをし、
「任せてください!」と引き受けていただいた。
坂寄さん、ありがとうございます。

最初はレクチャーから。
バドミントンの歴史、ルール、道具、マーケットまで
ひと通りを教えていただいた。
なるほど、大きなマーケットを持っている競技なのね。
そしてヨネックス社の売上規模に驚いた。
(テニス部門の比じゃない)

後半は実技。
IMG_1184

IMG_1192

ヨネックス実業団チームの2名の選手に来ていただき、基本から教わった。

まずはデモンストレーション。
メッチャボールが速い!(ボールでいいのか?)

ラリーのスピードもすごい。
ドライブっていうボレーボレーみたいなラリーなんてほぼ見えない。
これ、普通の人できないんじゃないのってのが正直な感想。

で、まずはやってみる。

おお!空振り!(笑)

シャトルの速度がよくわからない。
出だしはメッチャ速いんだけど、急激に減速するのが
テニスボールと全然違うので、待ちきれず空振りというお約束状態。

が、そこはテニスコーチ。
徐々にコツを掴み、ラリーに。

なかなか楽しい。
ただ、ずっと上むいてるので首が疲れる。
加えて、皆んな、口開いちゃってるからアホに見える。(笑)

慣れて来たところで、練習方法を教わる。
テニスコーチとしては、バドミントンてどう導入するのか興味津々。

なるほど、やっぱり段階的に進めるのね。
このあたりはスポーツとしての共通項なんだな。

導入練習、徐々にショットの幅を広げてのドリル。
勉強になりました。

最後は、やっぱり試合でしょってことで、まずは皆んなでゲーム。
メッチャ楽しい!

そして、やっぱりこうなる。
IMG_1205
選手ペアに挑戦コーナー!

全員で2ポイント先取マッチを挑む。

テニスだってラッキーもあるし、何回かは勝てるでしょ。
なんてったって、オレたちテニスコーチだぜ!

・・・・2回り、誰も1ポイントも取れなかった。(涙)

まじか、強い。
たぶん、全然本気じゃないのに。
バドミントてラッキーウインてないみたい。

ちなみに、選手のラケットは普通に市販品だそうだ。
ストリングは最近はハイブリッドも多いとか。
で、まあまあ高い。
あんなに細くて軽いのに。

シャトルは高い。
テニスのボール以上に消耗するのにテニスボール公認球と一緒かそれ以上。
水鳥の羽を使うのも、動物保護的なムーブメントやら色んな流れで逆風らしい。
うーん、なるほどね、この辺は大きな課題だな。

何にしても良い経験が出来た。
これをどう生かすかだな。

與猶くるみ選手、曽根夏姫選手ありがとうございました。
IMG_1203
強いし、可愛いし、ファンになりました。(単純)

カテゴリー: Team REC, スポーツ, スポーツグッズ, バイク, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

サイクリングとか、テニスの日とか。

松山空港のサイクルステーション。
th_IMG_7110

しまなみ海道サイクリングが有名らしい。
http://www.cyclonoie.com/shimanamikaido.php
なんか、とっても良さそう。
時間をつくってぜひ来てみたい。
気力体力があるうちだなぁ。

 

さて、そんなわけで新しくなった有明テニスの森で、
テニスの日イベントが開催された。

ワタクシは今年もカメラマンで参加。
リニューアルされたコロシアムの集合場所へ。

全員集合のちょっと前。
th_DSC_2181
携帯でラジオ体操を流し、朝の体操タイム。
そんな流れあったっけ?

で、あれこれ準備。
th_DSC_2186

th_DSC_2224
前日の荒天で開催が危ぶまれたが、無事にテニスの日イベント開幕である。

新設されたショーコートではプロイベント。
th_DSC_2311
何という豪華なメンバー。
これもテニスの日ならでは。

坂井利郎さんと笹井プロのダブルス。
th_DSC_2392
親子ダブルス以上の開きかも。

鈴木貴男プロの提案で急遽のエキシビションマッチ。
th_DSC_2574

th_DSC_2596
ショーコートにいたお客様、ラッキーでした。

レジェンドのお二人は見学。
th_DSC_2612
平井プロもワタクシの世代には神様。

ボレーボレー大会。
th_DSC_7603

坂井さんから表彰。
th_DSC_2673

メーカーさんコート。
th_DSC_2500

ヒッティングはメーカースタッフさんが担当。
th_DSC_7339

鈴木プロが飛び入り。
th_DSC_2797

th_DSC_2831
ヒッティングもしてくれた。

手のひらケット体験コーナー。
th_DSC_7543
こういうところがテニスの入り口になるのだ。

ジュニアクリニック。
th_DSC_7652

コーチたちも全力投球。
th_DSC_2788

アクティブチャイルドプログラム
th_DSC_7679
子供達の運動能力開発的なアクティビティ。
めっちゃ盛り上がっていた。
素晴らしいプログラムだった。

車椅子テニス体験。
th_DSC_7666

他にもボルダリングやらスラックラインやら。
th_DSC_7331

th_DSC_7324
盛りだくさんの、有明テニスの日だった。

また来年もお会いしましょう。

カテゴリー: テニス, バイク, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

これいい!とか、Facebookとか

バイク屋さんの前を通った。
th_IMG_6392
メッチャ惹かれるバイクに遭遇。

クロスカブ?知らなかった。
th_image-02
メッチャ良さそう。
欲しいぞ、これ。

https://www.honda.co.jp/CROSSCUB/
31万円かぁ。
けっこう高いね。

 

さて、あるプレゼンで聞いたのだけど、
FacebookってSNSのシェアではもうかなり下位なんだそうだ。

たしかに作り的にはかなり閉じたコミュニケーションツールって気がする。

知り合いだらけの情報の中に身を置くわけで、
それなりに分かるものしか入ってこないから、
安心感から見る時間が増えるのだろうか。

昔の友達探すとか、そういうのにはいいかもしれないけど、
けっこうタコツボなツールだ。

ワタクシのように投稿は限られた友達にしか表示されないとか、
面倒な相手の投稿は非表示にするとか、友達申請はあまりしないとか、
友達申請が来ても、まったく知らない方でコメント無しの方は承認しない・・
だと、拓けたツールにはならないなと思う。

もう少し開放してみようかって思うこともあるのだけど、
Facebookのセキュリティや情報管理ポリシーはあまり信用していないので
いまひとつ踏み出せないってのが大きい。

Facebookを開くと広告が出るけど、
明らかにブラウザの閲覧履歴と検索ワードに連動している。
Amazonの広告もYahoo!の広告も同じではあるけど、
情報筒抜け状態なのがよく分かる。

どこまで情報抜いてるんだ、Facebook。
ちょっと怖いぜ。

あ、ちなみに承認無しのタグ付けは基本的にパス。
写真の撮りようとコメントで誤解も生まれやすいし、
意図的なイメージ操作を他人にされたくない。

ということで、最近はプライベートな投稿はほとんどしない。
そもそもワタクシがどこで何食べてるとか、誰も興味ないよね。

そうそう、最近、外国語の投稿が勝手に翻訳されて表示されるんだけど、
思い切りおかしな訳になっている。

th_スクリーンショット 2019-06-30 6.40.12

th_スクリーンショット 2019-08-02 7.33.31
Facebookの翻訳エンジンってどこの?
Googleじゃないよね、たぶん。

 

設定ページを確認してみた。
th_スクリーンショット 2019-07-20 13.02.28

追悼アカウントなんてのがあるのね。
「あなたが亡くなった後のアカウントの管理方法」って
大きなお世話だけど、日々たくさんあるんだろうな。

好きな映画に「サマーウォーズ」ってのがある。
あらゆるインフラや取引がネットの仮想世界に一元化された時代に
そこを乗っ取られた混乱が描かれているけど、やっぱり頼りきりは怖い。

まあ、適度に付き合おうってことだな。

カテゴリー: PC, インターネット, バイク | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

絶品とか、未来とか。

この夏最大のヒットかも。
th_IMG_6161
「ガリガリ君ずっしりあずき」
メチャうま。
超オススメです。

 

さて、足は痛いが運動はしたい。
家族に呆れられても、じっとしているのはツライ。

走れないなら自転車はどうだ。
試しにちょっと漕いでみた。
なんとかなりそう。

ということで、いつもの海沿いを目指して走ってみる。
th_IMG_5579
消費カロリーは圧倒的に違うだろうけど、まあしかたない。

海浜公園へ出た。
th_IMG_5577

見慣れぬものが。
th_IMG_5570
キックボード?

電動キックボードのレンタル。
th_IMG_5569
千葉市の実験企画らしい。

いちおう原付のカテゴリになるらしく、
ナンバー付き、ヘルメット着用だそうだ。
th_IMG_5574
もちろん免許も必要。

th_IMG_5573

フロントシャフト部にバッテリー。
th_IMG_5572

th_IMG_5571

右ハンドルにアクセル、左ハンドルにブレーキ。
th_IMG_5576
センターはスピードメーターかな。

手軽な移動手段としては良さそうだけど、走れるのは公園内だけ。
そのうち公道も走れるようになるんだろうか。

最近はシェアサイクルもたくさん見かけるようになった。
近所にもステーションがたくさんあるが、都内でもよく見かける。
もうそういう時代なのね。

セグウェイのシェアとかすごくいいと思うんだけど。
あれこそ、子供の頃に漫画や雑誌で見た未来図だよね。

SKYDRIVEって、空飛ぶ自動車プロジェクトも動いているようだし、
まさに未来はそこまでって感じかな。

法的なカテゴリ分けが難しいのかな。
自動運転が実用化したら一気に解放されそうな気もする。
それまで生きてるかわからないけど。

映画「A.I」とか「BACK TO THE FUTURE」みたいな世界観も
それほど遠くないのだろうか。
とりあえず、空飛ぶ自動車は欲しいぞ。

なんて物思いにふけっていないで、人力で帰ろう。
やっぱり汗かくって気持ちいいな。

カテゴリー: トレーニング, バイク, 自転車, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

3輪とか、#BLADERの覚醒とか。

明治通りにて。
th_IMG_4930

あれ?千葉ットマン?かと思ったがそうではないらしい。

どこのバイク?
th_IMG_4931

th_IMG_4932

カナダのCan-Am Ryker(カンナム ライカー)という車種らしい。
150万円くらいするんだ。
構造も複雑になるだろうし、そんなものなんだろうなぁ。

 

さて、あちこちでブラックコスメのラケットが話題になっているが、
先日参加させていただいたWilsonさんのラケットテイスティングイベント、
キーワードは、「#BLADERの覚醒」だそうだ。
詳しい話はまた今度。もブラックコスメの試打だった。

th_IMG_4500

Wilsonさんからは、「ラケット名は言わないでね。でも「#BLADERの覚醒」はいいよ」
ととても微妙なガイドランが。

先日から、ウイルソンさんのSNSや動画でも試打イベントの様子がアップ。
ようやく一部解禁になったようだ。

ということで、当日の様子をもうし少しだけ詳しく。

th_IMG_4535

th_IMG_4536

当日はショップ関係、コーチ関係、
あとよく分からないけど呼ばれたワタクシなど12名。

さらにはWilson契約をしている大学生選手たち。
早稲田や筑波大学のバリバリの主力選手たちが12名以上。

このメンバーが一緒に試打をするという暴挙。(笑)
「選手たちがお相手しますので」って、危ないだろ。

ラフィノのフッキー、テニサポの川田コーチも参加。
th_IMG_4538

ラケットはこちら。
th_IMG_4502

基本は2種類だが、ストリングセッティングは3種類。
様々なセッティングで打ってほしいということらしい。
th_IMG_4504

ちなみに用意されたのは、A、Bの2タイプ。
th_IMG_4507

th_IMG_4508

なにがどう違うかは教えてくれない。
うーん、CV(カウンターベイル)が載っているいないかなぁ。

どちらが良いですか?と聞かれたが、ワタクシも武田コーチもBが好みだった。
CV非搭載の予感がするほう。

とはいえ、どのモデルも超攻撃タイプ。

剛性が上がったと思われるフレームが、ガツガツとボールを飛ばしてくれる。
ちょっと、YONEX VCORE PROにも似てるかなぁ。
まあ、同じ系統のモデルだしね。

個人的にはとても良かった。
振れるし、潰せるし・・いや、潰せたか?潰せた気にはなった。

やっぱりこっち系のラケットはいいな。
気持ちがアゲアゲになる。

 

とはいえ、気持ちは上がっても、息もあっという間に上がってしまい、
気づけばコートでガシガシ打ってるのは学生選手たちだけになってた。(笑)

まあ、彼らが振って潰してなんぼのラケットだしね。

とにかく今回試打させてもらった、「#BLADERの覚醒」。
ホントに良かった。
やっぱり自分はこっち系が好きなんだよなぁと再確認できた。

いつ、どう出るの?
正式発表が楽しみである。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, バイク, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。