カテゴリー別アーカイブ: バイク

バイクとか、薪ストーブとか。

川沿いの朝ランコース。

何年も前から放置してあるバイク。
th_IMG_2523

最初の頃は形があった。
たしか、YAHAMA XJ400。

徐々にパーツが減り(盗まれ?)、こんな姿に。
盗難車なのだろうか。
心が痛む。

 

さて、しばらく前のこと。
実家に帰った。

昔からあまり実家に帰ることもなかったワタクシ。
大学生の頃は1年生のGWに帰ったきり、その後、数日帰った気もするが、
4年間を通じてほとんど帰らなかった。

母親はワタクシが家を出る時、
「この子はもう帰っていないだろうな」と思ったらしいが、
ほぼその通り、ほとんど家に寄り付くことはなかった。

特段、実家が嫌いとかそういうことではなく、
こちらの生活で手一杯というか、楽しくて仕方なかったのだと思う。

家も家で「たまには帰ってこい」ということもなく、
就職も「好きにすれば良い」の姿勢を貫いてくれた。
本心は分からないけど。

2年前くらいにFacebook経由でテニス部の仲間に繋がり、
たまに会ってゴルフもしているし、テニスの活動もあるってことで、
なんとか時間をつくって年2回くらいは帰るようになった。

とはいえ、無理やり時間をつくってなので、
行ってゴルフしてすぐに帰るみたいなパターン。

 

最近、友人たちも歳を重ね、家のこと、親のことなどの話題も増えた。
当然自分も同じ歳だし、親もいい歳になってきた。

いい歳になった親だが、年中、ゴルフだの旅行だの海外だのと
いまだ現役感バリバリで元気に飛び回ってくれている。

とはいえ、何かあった時に慌てるのも困るし、
家のことをほとんど知らないのもまずいだろうってことで、
一度そういう話しておこうってことになっていた。

親の条件は、妻も一緒にくること。
ワタクシひとりではダメらしい。
簡単に言うと、とても妻との仲が良く、信頼しているってこと。
ワタクシが実の子なのだが、どうも信頼度が違うらしい。(苦笑)

まあ、確かにそういうことも必要だし、近々帰るよと日程を決めたのが一昨年。
妻や子供のこともあり何とか日帰りの日程をひねり出すも、
期せずして映画製作のテニス監修と撮影の仕事が入りお流れ。

その後、ズルズルと日程を決めずにいたのだが、
ようやく日帰り帰省にこぎつけた。
th_IMG_2693
春先の福島はまだ寒い。
th_IMG_2698

「こんなに寒かったっけ?」と聞くと、昨日までは暖かかったらしい。

th_IMG_2717

冷たい雨も降ってるし、タイミング悪かったな。

暖を取ろうと言うことで、リビングの薪ストーブを炊く。
th_IMG_2718

th_IMG_2716
売ってる薪はよく燃え長持ちするらしい。
たしかに薪ストーブってメッチャあったかい。

とりあえず、コーヒー&ケーキ。
th_IMG_2728

ストーブの前に集まり、あれこれ話す。
th_IMG_2730221

火を見ながら不思議な気持ちで色々な話を聞く。
家族でこんなふうに話したのいつ以来だろうか。

それにしても火っていくら見ても飽きないなぁ。
(ちゃんと聞いてんのか?)

オチはないけど、長くなったので、このへんで。

カテゴリー: バイク, ファミリー, ランニング, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

チョイ乗りとか、カルボナーラとか。

スズキ・Choinoriって言うらしい。
th_IMG_9146
何でも、日本一安いバイクだとか。

基本性能以外の部分を徹底的に削ぎ落として、何と59,800円!
フォルムも可愛いし、ステッカーチューンでじゅうぶんカッコ良くなりそう。
まさに近所だけならいいかもね。

 

さて、ある休日の昼、
長男がアルバイトから帰って来た。

キッチンに立ち、何やら作り始めた。
th_IMG_1854

実はこの行為自体、衝撃的だった。
彼が自分で食事をつくるとは思いもよらなんだ。

何かを炒める。
th_IMG_1855
パスタを作っているらしい。

そしてドリンクも。
th_IMG_1857

カルボナーラ ランチが完成。
th_IMG_1858

「食材が足りなくて」というわりには、
なかなか美味しそうじゃないか。
th_IMG_1856

コイツも自分が食べる分は自分でつくるようになったかぁ。
次男の16歳児はお腹が空くと、勝手に冷蔵庫の食材を調理して食べてるけど、
長男は誰かがつくってくれるのを待っているだけだと思ってた。
成長したね。

で、食べ始める。
th_IMG_1860

ところで知ってた?
お父さんもまだお昼食べてないんだ。
自分の分だけってのが泣けるぜ。

カテゴリー: バイク, ファミリー, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カードとか、KATANAとか。

恒例のTeam RECポストカード。
TeamREC ポストカード
今年も応援に来てくださった皆様に差し上げる予定。

ぜひともこれに選手のサインをもらってください。

 

さて、某所で見かけたバイク。
IMG_0895
SUZUKI KATANA(刀)

この世でいちばんカッコいいバイクだと思う。
IMG_0894

ネーミングもいいし、
ネーミングのイメージそのままのフォルムも素晴らしい。
IMG_0896
まさに名車だと思う。

初期の頃は大型しかなかったので、当然まったく手が出なかったが、
後年は400ccも発売され、(免許的に)乗れるようになるも
すでにバイクには乗っていなかったので結局縁がなかった。

この名車も2000年に製造中止になったが、
何とこの度、新型として復活するらしい。

http://www.suzuki.co.jp/release/b/2018/1002/

さらに洗練されたKATANA。

と思ったら、ハンドル位置が高いトラクターハンドル。
これ、ダメでしょ。
やっぱりセパハンじゃないと。

ちなみに価格は発表になっていないが、
高額であることは間違いない。
見て楽しむバイクね。

カテゴリー: Team REC, テニス, バイク, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

レプリカとか、ULTRA TOUR インプレ動画とか。

試合会場で見かけた。
IMG_1148
HONDA NS-1 ROTHMANS
いわゆる「エヌワン」、50cc、原付バイクだ。
その昔、ワタクシが大学生の頃、バイクが大流行りだった。

現実のレースでは、フレディスペンサー、ケニーロバーツ、平忠彦など、
スーパースターたちが活躍。
映画では、汚れた英雄、漫画では、バリバリ伝説、二人鷹など、
巷はバイクものであふれていた。

流行りものには乗っておけが信条のワタクシも当然のように、
スズキジェンマカスタムを探偵物語風(?)に乗りこなし、
HONDA VT250にフルカウルを装着、レーサー風に改造し、乗り回していた。

ヘルメットはNava、革ツナギはどこのだったっけ?
もう忘れちゃったなぁ。

街にはレーサーもどきがたくさんいた。
信号待ちはさながらスターティンググリッドみたいだったっけ。
もちろん、ワタクシは勝負なんかしなかったけど。

そんな流行りは中型バイクが主流だったが、
50ccもこんな風にレプリカモデルもがたくさん出ていた。

NS-1は流行りの後期のほうかな。
ロスマンズカラー、懐かしい。
なんか、浮かれてていい時代だったな。

 

さて、そんなわけでテニスのゴンちゃんと佐藤一平コーチの対戦が実現し、
めでたく動画になった。

 

で、その前座(?)ってことで、ワタクシも一緒に
ラケットのインプレ動画を撮影した。

ultratourcv

モデルは、Wilson ULTRA TOUR CVシリーズ。
圭がBURNからスイッチして話題沸騰のモデルである。

撮影にはアメアスポーツジャパン(Wilson)のミチバさんにも協力していただいた。
ミチバさんが真面目に商品の説明をし、ゴンちゃんが真面目に使用感を言い、
ワタクシが適当なインプレを言うという感じで撮影は進んだ。

あ、あともう1名、クレーさんは、tennis356netのブロガーであり、
昔はレックのアルバイトスタッフさんだったという方。
ゴンちゃんのチームに入っているというご縁で、
ならば一緒にということでご出演と相成った。

動画はこちら。

まあ、こんなもんかな。
ワタクシ的には、いつもの何倍も頑張って喋ってみたんだけど。

ちなみにこのULTRA TOUR CVシリーズは
あまりの売れ行きに現在は超品薄。
ほとんど手に入らない。
うーん、おそるべし、ウイルソン&圭。
ということで、今話題の人、ゴンちゃんとテニスが出来てよかった。
IMG_1106
また機会があればご一緒しましょう。

実はインプレ動画はもう1本。
これはまた次回にご紹介。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, バイク, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

VESPAとか、叔父とか。

某所にて。
IMG_9108
VESPAだ。
適度にやれていい感じ。
リアのキャリアも雰囲気が出ている。

VESPA P125X
IMG_9109
探偵物語で工藤ちゃん(松田優作)が乗ってたのは、P150Xだったかな。
やっぱりVESPAっていいね。
もう一度だけバイク乗りたいなぁ。

 

さて、こんなワタクシにも親もいるし、親戚もいる。
ほとんど付き合いないけど。

よくある話だが、親戚の中にひとりくらいは豪快にはみ出した人がいたりする。
母の弟、つまりワタクシの叔父もそんな人だ。

子供の頃から無茶をし、牛乳配達のアルバイトでは
仲間に配達する牛乳を振舞ってしまったり、
とにかく型破りだったとか。

大学では山岳部に所属し、世界の山を登って来た。
卒業してからも総監督として山岳部を仕切っていた。

実は大学受験の時、叔父の大学に連れていかれた。
山岳部の部室に向かうと学ランの強面のお兄さんたちが
直立で並び、モーゼの十戒よろしく道をつくっている。

次々に「押忍!」と挨拶する学ランロードを
叔父と一緒に進み、部室へ。

「お茶失礼します!押忍!」

お茶でこんなにビビったのは初めてだ。

そして叔父。

「お前ら、こいつ来年ここに入れるからよろしくな」

ひときわ大きな「押忍!わかりました!」

いや、こんなバリバリのところには入らないから。

体育会は入らずにテニスサークルに入って、
女の子たちと楽しく遊ぶって決めてるし。
何が悲しくて、学ランとか、辛そうな山登りしなきゃいけないのだ。

思い描いていたバラ色の学生生活に
思い切り暗雲が立ち込めた悪夢の部室だった。

って、なんで叔父さん、オレの大学決めてるんだろう?

結局その大学に入ることは回避できたけど、
あそこで押し切られていたら、また違った人生だったんだろうな。

学生時代は、テニスコーチのアルバイトと、
叔父が経営する飲食店でのアルバイトで毎日が過ぎていった。

横浜の叔父の店が終わると皆で夜の街に繰り出して遊んだ。
叔父にも野毛あたりでよく飲ませてもらった。

伊勢佐木町のオカマバーにも連れて行ってもらったっけ。
叔父さん、おかまのケンケンとどうしてあんなに仲良しだったんだろう。

二人でバイクでツーリングにも行った。
ちなみに叔父が本当にバイク免許を持っていたのかは知らない。
たぶん持ってたんだろうけど、そういうことを超越しているような人だった。

夜中にもよく呼び出された。
「おお、起きてるか。今から飯食いに来い」

千葉から三浦半島の突端まで100kmの道を走った。
怖いとかそういうことじゃなくて、
叔父が「来い」と言ってくれることが嬉しかった。

とにかくあらゆることが豪快だった叔父にすごくお世話になった。
母親も叔父を信頼していて、「この子は預けるから鍛えてやってくれ」って感じだった。

ある時、叔父が言った。

「お前はひ弱だ。大地震が来たらたぶん最初に死ぬ。
泥水すすっても生きていけるようになれ」

「どういうこと?」

「インドに行け。1年放浪して来い」

「インド_?」

「1年インドを放浪すれば少しは強くなるだろう」

「学校が・・」

「休学しろ。お袋(母)もそれでいいってよ」

「どうやって行くの?インド」

「おれが漁船を紹介してやる」

さすがにビビった。
母親もそれでいいって・・・なんつう親だ。

でもそれは無理だ。
しばらく横浜に近づかず、その話を葬った。

とにもかくにも豪快を絵に描いたような叔父。
もう何年も会っていないが、人生の師匠であり憧れの存在だ。

しばらく前、叔父が体調を崩したと聞いた。
叔父らしく、誰にも会わないと言っているとも。
会いたいが、連絡をしたら怒られそうだ。

会いたい人に会えない、近くにいたい人のそばにいられない。
それでも自分から突っ込んで行くべきか。
難しい。

カテゴリー: バイク, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バイクとか、テスターとか。

ずっと気になっているバイクのひとつ。
IMG_6908
HONDA ZOOMER

いじりようで色んな顔になりそうなバイク。
ミリタリー風、サーファー風とか。
写真のこれもいい感じだなぁ。

ああ、楽しそうだ。
欲しい。
誰かいらないZOOMERありませんか?

 

さて某日、都内某所へ向う予定が、
朝からいたるところで電車がストップ。

海沿いの京葉線がストップ。
陸側の京成線も人身事故だか架線事故だかでストップ。
総武線もかなりの遅延との情報。

千葉から都内方向への路線がほぼ壊滅。
マジか。
遅れるわけにはいかない用事なので、かなり焦る。

かくなるうえは車も考えたが、きっとこの影響でひどい渋滞のはず。
仕方がない、遅延でも動いている総武線にかけることに。

運良く電車が来た。
途中止まったりもしながら、なんとか目的の駅へ。

ということで、この日のお役目。
IMG_9047
日本プロテニス協会のプロテストのテスターとしてお呼びがかかったのだ。

プロテスト・テスターはいつも緊張する。
職業的な資格の付与を判定するのだから、その責任は重い。
受験生が緊張しているのは当然だけど、実はテスターも緊張するのだ。

皆さんにはとにかく最高のパフォーマンスで高得点を取ってほしい。
出来てないものを出来ているとは判定できないし、
判定に迷いが出ないほどの結果が一番ありがたい。

互いに緊張の時間を過ごし、なんとかお役目終了。
ふう、とりあえず今年のノルマは果たしたかなぁ。

終了後、テスター仲間で打ち上げ。
IMG_9051

おしぼりが有料ってめずらしい店。
IMG_9049
たしかに安いけど。

ひとりは先に帰ってしまったが、この日のメンバー。
IMG_9054
久しぶりに色々話したけど、皆それぞれの場所で
苦労はありつつもとても頑張っている。

さすがに若手と言える歳じゃなくなったけど、
これからのテニス業界を支えていく中堅たちだ。

皆に元気をもらって帰宅の途へ。
IMG_9056
まだ電車止まってた・・・。
自宅とは逆方向は動いているようなので、
とりあえず迂回で帰宅。

もらった元気を半分ほど使ってしまったけど、楽しい夜だった。
また、会いましょう。

カテゴリー: テニス, バイク, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バイクとか、サポーターとか。

某所で見かけたバイク。
IMG_8024
SUZKI GSX400 IMPULSE

学生時代に欲しくてたまらなかったバイクだ。
集合管といい、バックステップといい、リアショックといい、
とてもいい感じにチューンしてある。
しかもコンディションがメッチャ良さそう。

いいなぁ、バイク。
この先の人生で乗ることあるのかな。
スキーとバイクとサーフィンあたりはもう無いかなぁ。
やってみたいけどね。

 

さて、16歳児。
しばらく前から手首の痛みに悩まされていた。
聞けば、小指側の手首が痛むらしい。

最近、Team RECのコーチや選手たちにも
手首の故障者は多く、斉藤貴史プロもそうだったし、
少し前は竹島プロも痛いと言っていた。

コーチでも武田コーチ、吉村コーチ、梁元コーチも手首故障組。
なんとか回復した者もいれば、未だ痛みと付き合っている者も。

無理しないことが大事ということなのだろうが、
長期間練習を休むこともしたくないのは当然で
悩ましいところである。

少しでも助けになればと、サポーターをあげた。
IMG_6899
実は昔、ワタクシも手首を痛め、ずっとサポーターをしていた。

TRU-FITのこのサポーター、実は足首用だったような。
適度な厚みでいい感じに締めてくれるので
3つほどをローテーションして使っていた。

「使ってみる?」と渡したところ、気に入ったようで
使ってくれるのは良いが、毎日何時間も使うため
あっという間にボロボロに。
IMG_6900
ベルクロもすっかり粘着性を失い、止まらなくなってしまった。

このサポーター、どうやら廃盤らしく手に入らない。
別のものを探し何個か買ってみたものの
薄すぎたり、ラッピング機能だけだったりと
良いものが見つからない。

sptr01

sptr02
テニス向けのサポーターって結構少ないのね。

そんなこんなで、はたと気がついた。
IMG_6941
そうだ。
プリンスでサポーター出してたっけ。

医療機器メーカーとのコラボ商品で信頼性も高そう。
IMG_6942

内側には薄手のパッドが入っていて
痛む側の手首に合わせる仕組みになっている。
IMG_6943

サイズ感も適度でプレーの邪魔にならなそう。
IMG_6944

着けてみたらこれがジャストフィット。
どうしてこれに気づかなかったのだろう。

ここ最近は痛みはほとんどないらしいが、
やはりサポーターがあった方が安心感があるらしい。

あとは耐久性かな。
安くはないので大事に使って欲しい。

とうことで、このシリーズ、オススメです。

カテゴリー: テニス, テニス用品, バイク, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

3輪とか、インソールとか。

移動中に見かけた3輪バイク。
IMG_6873
調べてみたら200万円とかするのね。

3輪の乗り物だとヘルメッットの着用義務はないようなことも書いてあったけど、
ヘルメットなしじゃ怖いな。
それにしても暑そうだ。

 

さて、16歳児である。

毎日テニスの練習をしている彼は、
ワタクシが買ったテニスシューズを
すごい勢いで消費している。

最近のシューズはずいぶんと耐久性もあがったはずだが、
彼の手に(足に?)かかると、かなりのペースで壊れていく。
おかげで各モデルの耐久性がよくわかる。

先日、16歳児のシューズを見てみる。
IMG_6388
前回のキャンペーンで購入したSRIXONである。

ソールは減り、アッパーもかなりへたっている
やっぱり母指球内側はすぐに穴があく。
各社、ここは強化しているのだけど限界もあるようだ。

そしてなぜか彼はやたらと紐を切る。
どんだけ強く締めているのだろう。

インソールを見る。
IMG_6390
母指球部分の穴も彼の定番だ。
インソールってそんなに減ったっけ?

ということで、替えのインソールを入れてあげた。
IMG_6393
SRIXONのシューズには替えのインソールが付属している。

ヘタったらということではなく、ソフト目とハード目の2タイプ。
上のハードタイプは樹脂部分が多く反発が強いのだ。

実際試してみたら、かなり感触が違うらしく、
「足が疲れる感じがする」とのこと。
これまでのがヘタリすぎゆえのフィット感があったのか。
しかしこちらの方が確実にパフォーマンスには好影響のはず。

インソールを替えてはみたものの、
結局は2週間も持たずに終了、お役御免になった。

うーん、1ヶ月は持たないのか。
厳しいね、お財布に。
とりあえずワタクシとサイズが一緒でよかったよ。

カテゴリー: テニス, テニス用品, バイク, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

風景とか、バイクとか。

パリでの1枚。
IMG_5907
どこを切り取ってもそれなりに絵になる街って感じだ。

 

さて、すっかり日が経って、
写真もそろそろ少なくなってきたローランギャロ視察。

パリの街について最初に感じたのは渋滞のひどさ。

空港から市内までの大渋滞。
その中をバイクがすご勢いですり抜けすっ飛んでいく。
あちこちでクラクションが鳴りまくるのも普通のことらしい。

ってことで、パリの街はバイクがとても多い。
IMG_5776
ローランギャロ前もこんな感じ。

中でも多かったのはこのタイプ。
IMG_5910
前輪が2輪になっている3輪タイプ。

メーカーを問わず、3輪がかなりの割合を占めていた。
IMG_6060

で、フロント〜ハンドルから膝掛けみたいに
体を覆うカバーがついている。
(写真でわかるかな)

冬なら防寒という意味でわかるのだが、季節は夏。
なんのためにカバーをかけるのだろう。
謎である。

ベスパもまあまあ見かけた。
IMG_5929

これでもかってくらいにゴツい鍵がかけてある。
IMG_5930
ヤワな鍵だとあっという間に盗まれるのかな。

バイクにカテゴライズされるのかはわからないが、
こんなものも。
IMG_6050

一人乗りだ。
IMG_6051

ルノーなのね。
IMG_6052
EVらしい。
クルマなのかな。

それにしても、バイクの多さ。
そして運転の強引さは半端じゃない。
みんなよく無事だなぁ。

カテゴリー: クルマ, バイク, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

VESPAとか、ラベルとか。

某所にて。

VESPA50(かな)
IMG_5152

とてもキレイな状態。
IMG_5153
やっぱりVESPAはこの年代がいいね。

お金と時間とガレージがあったら買うんだけど。
(どれも無いわっ!)

 

さて、たまには仕事について考えてみる。
(たまにはかっ?)

いちおう管理職。
いい歳だから管理職歴もまあまあ長い。

で、管理職ってなに?ってこと。

おそらく管理職ってキャリアやスキルとはちょっと違う。

転職しようとして、何をアピール出来るかって考えたら
「管理職やってました」とは言うかもしれないけど、
「スキルは管理職です」とは言わないだろう。
笑われるわ、きっと。

管理職はスキルとはちょっと違う。
能力ともちょっと違うかな。
キャリアといえばキャリアかもしれないけど、
出来ることにアタリをつける少しの参考程度にしかならないと思う。

簡単に言うと、管理職はキャリアや能力じゃなくて、
「その役割をしたことがある」程度の名称に過ぎない。

キモは、じゃあそのポジションで何をしたのかということ。
システムを構築した、数値を上げた、仕組みを改革した、
制度を作り上げた、人材を輩出した等々。
組織に利益を与えたことについて具体的に言えないと、
キャリアの説明にはならないんじゃないかなと思う。

チームを率いていたというのは現象に過ぎない。
何を発想し、生み出し、そのチームを稼働させ、何を成し得たか。
それがすべて。

管理職はポジション名であり、イコール能力とは言い難い。
とりあえずの管理職って人も世の中にはわんさかいるだろうし、実際そう思う。

何かを生み出す能力は持っているか。
管理職だから、人にやらせる、人を使うだけだと、どんどん力は落ちる。
仕事を割り振るのはチームにおいては管理職の仕事だが、
自分はまったく出来ないのに、理解していないのに・・
ではリーダーとしては心もとない。

「手に職」的なプレーヤー部分と組織運営能力のバランスが大事なんじゃないかなと思う。
やらない、出来ない、汗かかない、その覚悟がないリーダーに仕事を振られて、
能力を問われてもなぁってなるだろうし。

管理職経験はラベルの一部分でしかない。
酒瓶の後ろ側の下の方に貼ってある生産地程度の情報かな。
表のラベルにちゃんと書けるスキルを磨き続けなければ。

管理職は忙しい。
それは事実だし、仕方ない。

ただその部分だけに忙殺されたり、
マインドまでどっぷり浸かってしまうと、
「管理職」のポジション表示ラベルが取れた時に何も残っていないかも。
そんな危機感は持ち続けないとだなぁ・・・。

と思ったりした。

カテゴリー: バイク, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。