カテゴリー別アーカイブ: バイク

KATANAとか、ヨコハマとか。

SUZUKI KATANA
th_IMG_7140
歴史上、いちばんかっこいいバイクだと思う。
ハンス・ムートって天才だな。

 

さて、某日は久しぶりの街へ。

th_IMG_6647

横浜である。

以前は飲み会というか情報交換会的な集いで来ていたが、
そんな集まりも無くなり、すっかりご無沙汰なYOKOHAMAだ。

 

桜木町駅を降りて、駅前のビルへ。
th_IMG_6642

ここは大学時代にずっとアルバイトしていたところ。
叔父が経営していた飲食店で働いてた

そのころも新しいビルではなかったけど、ずいぶんと寂しい感じに。
th_IMG_6641

懐かしいな。
昼休みはこの並びの喫茶店でコーヒー飲んで、
タバコ吸って、マンガ読んでた。

店が終わると、仲間たちと伊勢佐木町へ。
当時は大きなフロアのディスコがいくつもあった。
夜中まで遊んで、フラフラしている女の子に声をかけたり。

そしてサーフボードを抱えて始発の東海道線に乗り湘南方面へ。
辻堂で降りて海まで歩いていって波乗り。

帰りは通勤ラッシュの東海道線で横浜へ戻った。
迷惑だっただろうなぁ。

横浜からお店に直行して開店準備という毎日だった。

住んでいたのは千葉だったのに・・・
いつ帰ってたんだろう?
いつ大学に行ってたんだろう?
不思議な街、ヨコハマである。(違うよ)

 

思い出に浸りつつ、海方面へ。
th_IMG_6655

 

The YOKOHAMAなロケーション。

th_IMG_6668

th_IMG_6685

 

赤レンガ倉庫。
th_IMG_6660
ショップになってるのね。
昔、こんなだったっけ?

 

中華街方面へ。
th_IMG_6700
ここは余り来なかったなぁ。
叔父さんに連れられて、高そうな中華料理ごちそうになったっけ。
紹興酒飲むのはきつかったをよく覚えてる。

 

山下公園に来てみた。
th_IMG_6695

いい天気。

大学を(奇跡的に)卒業して、某大手スポーツクラブチェーン本部に入社。
横浜のクラブの支配人を兼任しながら、週の半分ずつを横浜と銀座に通ってた。

横浜のクラブでは「ポスティングしてきます」と言って、
山下公園のベンチで日向ぼっこしてたこともあったなぁ。
若かったというか、ほんとダメだったよね、あの頃。

そんな素敵な思い出の横浜。
あ、本来の目的の場所に行かなきゃ。

カテゴリー: バイク, 生き方, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

富士そば?とか、波乗りとか。

いつかの昼ごはん。

th_IMG_5248

富士そばだっけ。
うーん、まあまあかな。

 

さて、サーフボードを購入してからしばらく日が経ってしまい、すっかり秋の気候に。

SNSで皆さんに絶賛および期待されたサーファー再デビューはできていない。
ワタクシ的にはやる気満々でもあったのだけど、太平洋ひとりぼっち状態で、
海の藻屑となるに違いないと家族皆が止めるのだ。

実はこの買い物も本来の目的は違っていて、置きっ放しでも意味がない。
まずはそっちから片付けようってことに。

 

ジャン!

th_IMG_6078

 

部屋のハワイ化計画の一環として、ハワイといえば・・のサーフボード購入だったのだ。
th_IMG_5412

両脇をかためるパネルはジョンレノンのリトグラフね。

本当は古いデザインのロングボードのほうが雰囲気が出たのだが、
何せロングボードは探しても探してもどれも高い。
飾るだけで十万円オーバーはないでしょってことで、これに落ち着いたというわけ。

 

ちなみに、ピクチャーレールにぶら下げているのだけど、結んでいるのはストリング。
th_IMG_6079
今回は結びやすいマルチフィラメントにしてみた。

ノットは、ストリンガーで釣り人だけど、適当結びでごめん。

 

しかし、せっかくボードが手に入ったんだから、一度は波乗りしたいよね。
夏なら海パンに上半身ラッシュガードでできるからお金もかからない。
冬はウエットスーツ着ないといけないから装備にお金かかるのに。

 

なんだかもう出来ないかもってことが増えてきたような。

まずは、バイクでしょ。
もう一度、乗りたいんだよなぁ。
中型スクーターでも、原付のZOOMERでもMonkeyでもいいんだけど。

サーフィンもそう。
ただ、これは住んでる場所的に、ウインドサーフィンかSUPでもいいな。

バイク(自転車)は・・もう乗ってるか。
スケボーもいいな。
飛んだり跳ねたりは無理だけど。
あ、ロングボードのスケボーは持ってるんだっけ。
絶対転ぶな。

ローラーブレードはいけそうな気がする。
スケート系スラロームもバックも得意。
って、言いながら、怪我するのかもね。

あ、それより何より、まずは肩を治してテニスだな。
テニスは一生続けるつもりだから、コンディションづくりからね。
あと、プレー環境を見つけないとだな。

 

やりたいこと山盛りだな。
釣りもボートもそうだし。
時間を作って少しづつ、でも確実に楽しんでいきたいぞ。

カテゴリー: オモチャ, スポーツ, テニス, バイク, ファミリー, ボート, , 釣り, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

DAINESEとか、燃えよ剣とか。

お台場にて。

DAINESEショップ。
th_IMG_4415

ダイネーゼといえば、バイクギアブランド。
th_IMG_4416
ヘルメット、革ツナギ・・・
バイク乗りだった頃、欲しかったけど、高くて買えなかったなぁ。

 

さて、ワイルドスピード9を観に行ったのが先週。

th_IMG_5724

 

映画も久しぶりだなぁなんて思いながら、
奥側の上演館に向かうと・・・

th_IMG_5722

え?!!燃えよ剣が映画化だって!!

マジですか!!

 

「燃えよ剣」といえば、司馬遼太郎の名著。
幕末の混沌した時代を、新撰組そして土方歳三に焦点をあてて描かれた名作。
ワタクシの座右の書の一冊でもある。

「燃えよ剣」は、ずいぶん昔にメーカーの担当者だったTさんに紹介いただいた。
それまであまり司馬遼太郎は読んでいなかったのだが、
「ぜひ!ためブロさんは感じるものがあるはず」と薦められ読んでみた。

幕末ものっていうと、政治駆け引きや活劇的なものが多いが、燃えよ剣はそれではない。
Tさんも言っていたのだが、この本は組織論を語ったもの。

もちろんドラマも勇猛な戦闘シーンもあるといえばあるのだが、
風が変わるだけで、官軍から逆賊へなど、時代に翻弄される組織や、
その中でどうあるべきかを貫いていく話でもある。

特に新撰組の組織改革は時代の変化によって、
適宜組み替えられていく「変化対応」が素晴らしい。
これぞ土方歳三の才覚であり、この時代にいるべくしていた人物である。

 

この本を読んで土方歳三の生き方に感銘を受けた。

組織の掟において、一切妥協をしない姿勢。
それがどんな者であっても例外は認めない。
組織が緩むからである。

新撰組副長として近藤勇を支え、組織のために信念を貫く。
時にはエキセントリックに、時には冷酷に、しかし組織を動かすためにはブレない。
そして、ポジションや支配欲ではなく、組織のためにすべきことをする。

歳三のナンバー2の美学こそが、
自身のロールモデルであると深く感じ入ったのを覚えている。

組織はかくあるべき、そしてこう率いるべき。
そんなことを教えてくれた「燃えよ剣」。
もう何度読み返しただろうか。

 

まあ、ワタクシはナンバー2であったこともあるような無いような。
そして現在はナンバーいくつもでないような立場ではあるが、
規模に関わらず、チームを率いるうえにおいては、バイブル的なものでもある。

 

そんな「燃えよ剣」が映画になるとな。

主演は岡田准一。
これドンピシャじゃないかな。
その他出演者も豪華だし、これ観にいくでしょ。
いやぁ、また楽しみが増えた。
とりあえず、本もう一度読み返そう。

仕事仲間のみんな、迷ったらこれを読むのが良い。
信念を貫くとか、思惑や政治に流されないとか、理不尽な力に屈しないとか結構大変だけど、
変な打算や計算ではなく、信念、真理のもとに動こうと思えるはず。

オススメです。

カテゴリー: バイク, 仕事, 仲間, 映画, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

SRとか、Coo、Coco近況とか。

どこだっけ?

YAMAHA SR
th_IMG_4304
シンプルだけど、ちょっととんがった感じがナイス。
いいなぁ、SR。
実は一度も乗ったことがない。
欲しい。

 

さて、我が家の犬たち。

Cocoさんは相変わらず元気というか、甘えっぷりがすごい。

ワタクシの仕事スペースの足元に。
th_IMG_4257

そこまで入られたら座れないんだけど。
th_IMG_4335
これでもかとばかりに、キッチンに立つ長男の足元にも。
th_IMG_3398
そこまでするかね。

とにかく、かまってチャンなCocoさん。
th_IMG_3673
愛想の大盤振る舞いである。

そんなCocoさんも実はまあまあのお歳。
どうしてこんなに子供っぽいんだろう。
対するCooさんはすっかりこんな感じ。
th_IMG_5246

もう14歳だから完全におばあちゃんだ。

最近はぼんやり外を眺めたり、ほんやりと考えごとをしたり、
寝ていることが増えた。
th_IMG_5171

th_IMG_5172

一時は足の具合が悪くなって歩けなくなったりもしたけど、
最近はそれも治って、散歩も出来るようになった。

以前ほど元気には歩き回れないけど、
ゆっくりでも歩けるようになって良かったよ。

 

以前はソファに乗って休むことが多かったけど、
もう自力ではソファに登れなくなった。
お気に入りの場所も足を外して低くしてあげた。
th_IMG_4867

最近はこの高さも躊躇するようになったので、
クッションにしてあげた。
th_IMG_5538
まあまあ気に入ったらしい。

そんなCooさん、足が痛いのか、
気になるところをペロペロなめていたら炎症を起こしてしまった。
病院で診察を受け、薬をもらって帰宅。

で、なめないように人生初のカラー装着。
th_IMG_5690
テンションだだ下がり。(笑)

自分の車幅が分からずに、あちこちにガンガンぶつかりながら歩き回るから、
うるさいわ、痛いわで落ち着かないけど、しばらくはガマンだな。

 

そんな二人だけど、久しぶりにトリミングに連れていった。

th_IMG_5526

th_IMG_5528
女っぷりがあがった。

Cooさんも若く見える。
病院の医師も「若く見えますね〜!」と驚いてた。(美魔女?)

Cocoさんもお尻もまるっとかわいい。
th_IMG_5530

二匹もワタクシもいい年になってきたけど、
とりあえず元気にしていればじゅうぶんかな。
まだまだ楽しもうね。

カテゴリー: バイク, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

オンコートセミナーとか、初ライド!とか。

日本プロテニス協会主催のオンコートセミナーが開催される。

th_205363365_4025526334235712_1322908411616998148_n

講師は先月、リモートセミナーを担当いただいた堀内昌一氏。
亜細亜大学教授であり、亜細亜大学テニス部監督でもある。

前回のリモートセミナーの内容を、今回はオンコートで検証。
技術的なことはもちろんだが、様々な指導現場の問題点にも切り込んでいただく予定。

7月26日(月)14時〜17時、会場はレックインドアテニススクール上石神井。

プロテニス協会会員以外もウェルカムなセミナーなので、
指導に携わる多くの方にいらしていただいきたい。

要項、申し込みはこちらからどうぞ。
https://www.jpta.or.jp/news/event/20210625130810.html

たくさんのご参加お待ちしております!

 

さて、ようやく念願のキックボードを見つけ初ライドへ。
th_IMG_3421

原付扱いだから、操作方法ちゃんと把握しておかないと。
th_IMG_3425
ホーンもあるのね。

アクセルはこちら。
th_IMG_3424
小さなレバーを親指で下げるだけ。

 

いよいよ出発〜!

あれ?動かない。

あ、そうか。
少し蹴り出してからじゃないとアクセル効かないのね。
なるほど〜。
いきなりレバー押し込んで走り出したら危ないもんね。
細かなところまで工夫されてるなぁ。

ちなみにこのキックボードはヘルメットは任意。
このあたりが特別措置的なところ。
ヘルメット持ち歩けないしね。

 

すぐにコツを掴んで、快適ライド。
th_IMG_3428
国立競技場方面から千駄ヶ谷へ。

鳩の森神社へ。
th_IMG_3422
将棋会館のすぐそばね。

 

で、明治神宮。
th_IMG_3429
衛士の方に怒られそうでちょっと怖かった。

 

ゴール地点の会社裏のステーション。
が・・・
th_IMG_3434
出発時は空いていたのに埋まってる。

これじゃ返せないってことで、近所のステーションを検索。
th_IMG_3430

少し離れた場所に返す。
th_IMG_3433
これが難しいところだよね。このシステム。

 

返却写真を撮影し送信。
th_IMG_3431

 

原宿から国立競技場方面から代々木ルートでこの値段。
th_IMG_3432
電車の方が安いとか言っちゃいけない。
都内名所を走るこの開放感は何ものにも替え難い。

いやぁ、LUUP楽しいわ。
また天気の良い日に乗ってみようっと。

カテゴリー: テニス, バイク, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

BMWとか、ソールが・・とか。

BMWってレーサーもあるのね。
th_IMG_4526

いいね。
いくら?
大型免許ないし・・・

 

さて、クールビズの季節になった。

これまで真夏でもネクタイしていたのって何だったんだろ。
今思えば、無いよね。

で、クールビズ期間の靴はこれ。
th_IMG_3943
黒系のスニーカーである。

基本はアディダスのスタンスミス。
最近はビジネスウォーキングシューズも増えたが、やっぱりどうにもダサい。

そこをいくと、スタンスミスはカッコいい。
余計な装飾がないので、ギリギリでありっていうか、
ビジネスウォーキングシューズよりもよほどちゃんとしてる。

さすが「スタンスミスはサスティナブル」
(って、アディダスも言ってる)

もちろんちゃんとした商談があるときなどはちゃんと革靴を履く。
念のため。

実際、ワタクシの場合、ウォーキングを日課としているので
スタンスミスは都合が良いというか、欠かせないアイテムだ。

 

で、このスタンスミスも気づけば1年。
ふと、ソールを見たら・・・
th_IMG_3945
ゲッ!穴空いてる。

まあ、これだけ履けばいつも1年くらいの寿命だったっけ。

新しいの買うかなぁと思いつつも、アッパーは元気というか、
いい感じに柔らかくなっているので、なんかもったいない。

そういえば昔、シューグーっていう靴底補修剤ってので
お気に入りのスニーカー直したのを思い出した。

ただ、きれいに直った記憶もないので、
プロに直してもらうのはどうだろうって調べたら、
あなたの街にもあるミスターミニットで直してくれるという。
しかも2,000円もしないって。

 

さっそく代々木駅前のミスターミニットへ。
th_IMG_3984

「う〜ん、完全には直らないかもしれませんが、やってみます」とのこと。
ここまで穴空いちゃと難しいのかな。

 

1時間後に引き取り。
th_IMG_3985
なるほど、こう直すのね。

まあ、じゅうぶんじゃない。2,000円だし。
th_IMG_3987

「大雨の日は履かない方がいいです。接着剤が剥がれるかもしれないので」

そうなんだ。
とりあえず直ったからよしとしょう。

 

帰って、磨いてあげる。
th_IMG_3994
うん。まだいける。

気づけば、黒系のシューズが3足も。
th_IMG_3996

何が違うって?
どの口が断捨離って?

いや、それぞれに意味があるのよ、ちゃんと。

カテゴリー: シューズ, スポーツグッズ, バイク | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

作品?とか、キックボードとか。

通勤ウォーキングコースの神宮前あたり。
th_IMG_4218
街灯に様々な工夫がしてあって、芸術的なオブジェが飾ってあったりする。

で、これ。
th_IMG_4217
誰かのいたずら?
それとも本当に芸術作品?
ワタクシにも作れそうなんだけど。

 

さて、そんなウォークングコースの神宮前あたりなんだけど、
先日、ようやく体験できたシェアサイクル。
th_IMG_3409

狭いスペースにぽつぽつとステーションがあるのだけど、
LUUPにはもうひとつアイテムが。

実はこちらの方がメインの目的なんだけど、なかなか見つからない。
で、アプリを駆使してようやく発見!

th_IMG_3410

 

そう、電動キックボードである。
th_IMG_3412
こんなに台数揃ってるステーションはめずらしい。

初体験なので慎重に観察。
th_IMG_3418

基本的には原付扱い、道路交通法の対象になる。

ウインカーなどの保安部品やナンバーも付いている。
th_IMG_3411

当たり前だけどヘッドライトもついてる。
th_IMG_3417

フロントはサスペンションもついてるのね。
th_IMG_3416

メーター部分。
th_IMG_3414
スマホホルダーもついているが、落ちそうでちょっと怖い。

シャフト部分には取り扱い説明。
th_IMG_3415

 

さっそくQRコードを読み込んで解錠。
th_IMG_3420
なるほど、バッテリー残量と時間?距離?が出るらしい。

さあ、初の電動キックボードライドだぜ!
天気もいいし、楽しみ〜!!

カテゴリー: オモチャ, バイク, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

自転車とか、高級のり弁とか。

この手の自転車、最近よく見る。
th_IMG_4406
重くないのかな。
って、思っちゃうのがオジサンなのか?

 

さて、ラジオクラウドは通勤に欠かせないアプリだ。

毎日聴いてるのは・・・
ジェーンスー「生活は踊る」
赤江珠緒「たまむすび」
荻上チキ「SESSION」
ライムスター宇多丸「スフターシックスジャンクション」

あとは、「東京ポッド許可局」だ。

で、先日の「生活は踊る」で紹介されていたのが「のり弁」。
靖国神社近くの「いちのや」ののり弁が、
ジェーンスーさん、堀井美香さん大満足の次元を超えたうまさらしい。

九段下あたりなら買いに行けないこともないし、いつか食べてみようと思っていたら、
会社の近く、新宿に、いちのやが出来たとの情報が。

ボスに「めちゃウマなのり弁らしいっす」と言うと、「買いに行こう」という。
さすが動きが早い。

 

二人で買いに行くと・・・
th_IMG_4208

めっちゃ並んでる。
th_IMG_4207
弁当買うだけなのに、この行列って。
お店の人に聞いたら「30分くらいです。すみません」だって。

お昼の弁当に30分は並べないとこの日は諦めた。
まあ、オープン初日だし、仕方ないよね。

 

で、別日にリベンジ。
もう落ち着いたでしょ。

th_IMG_4309
おっ!この前ほど並んでない。

5分ほど並んで店内に。
th_IMG_4311

さすが高級のり弁店。
th_IMG_4313
小さな辛子明太子が270円て・・・

とりあえずのり弁2個、ご購入。
1個、1,100円。高っ!

 

オフィスに持ち帰って、開封の儀。
th_IMG_4314

th_IMG_4315
なかなかの重量感である。

お披露目〜!
th_IMG_4319

おかずギッシリ。
th_IMG_4320

メニューはこちら。
th_IMG_4322

海苔も何層にも敷いてある。
th_IMG_4321

美味いわ!これ!
お腹もいっぱいになるし。

さすが高級のり弁。
話題になるだけある。

のり弁に1,100円は正直高いけど、たまには良いかも。
いやぁ、いい店できたね。

って、最近はほとんどオフィスに行ってないんだけど。

カテゴリー: バイク, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラビットとか、断捨離キャップとか。

中目黒あたりで。
th_IMG_4411
ラビットかな。
子供の頃はたくさん走ってた。
まだ動くのね。
いいなぁ、ほしい。

 

さて、断捨離、絶賛継続中だ。

今回は数あるキャップたち。
ほとんど使っていないものたちが溜まりに溜まって、どうしましょ状態。

ということで、手当たり次第捨てたのだが、
クローゼットの奥にもうひとつキャップボックスを発見。
th_IMG_1577

なんだっけ?これ。

ひとつずつ確認しながら捨てる。
思い出深いものもあったりするが、写真だけ撮って捨てる。
それが断捨離。

 

まずはこれ。
th_IMG_1579
所ジョージさんが展開していた「PEAKY」ってブランドのキャップ。
DAYTONA TVなんかでよく被ってた。

PEAKYのショップまで行って買ったヤツ。
メジャーリーグのフィリーズっぽいPがかわいい。
サヨナラ。

 

バスフィッシングトーナメントのキャップ。
th_IMG_1580
これ被らないといけないルールだったっけ?

横についてるのは、印旛沼でビッグバスを釣ると、
ボート屋さんでもらえるバッジ。
45cm以上で銀バッジ、50cmを越えると金バッジがもらえる。
バッジあるなしは印旛沼においては重要。
サヨナラ。

 

コイツらも釣りのキャップ。

東レ・ソラローム(釣り糸)チームキャップ。
th_IMG_1582
トッププロがみんなソラロームだったので、あこがれて買った。

エバーグリーン
th_IMG_1583
トッププロ御用達ブランド。
完全に踊らされてるのがわかるコレクション。
サヨナラ。

 

KISS ARMY
th_IMG_1586
永遠のロックンロールバンド、KISSのライブで買った。
KISSのファンはアーミーと呼ばれるのだ。(たしかそう)

ちなみに、初来日の武道館ライブもはるばる福島から
東北本線に揺られて観に来た。
懐かしい。
バイバイ。

 

日本プロテニス協会のキャップ。
th_IMG_1585
どうして持ってるのかよく分からない。
いつ買ったんだろう。
使えないこともないけど、バイバイね。

 

HEADのキャップ。
th_IMG_1587
前のロゴね。
ランニングで使えそうな素材なのでキープ。

HEADキャップその2。
th_IMG_1588

リキッドメタルが出た時のノベルティっぽい。
th_IMG_1589
一度も被っていないけど、綿素材で使い所がないのでバイなら。

 

ロンジンのキャップ
th_IMG_1584
たぶんJAPAN OPENのロイヤルボックスでもらえるもの。
貴重なのでキープ。

 

フレンチオープンのキャップ。
th_IMG_1590

th_IMG_1591
たぶんこれは現地で自分で買ったのだと思う。
これは記念なのでキープ。

全豪オープン。
th_IMG_1592

th_IMG_1593
2003年かぁ。
これも現地で自分で買ったんだろうな。
キープね。

ウインブルドン
th_IMG_1595
どうしたんだっけ?
ウインブルドンには行ってないから・・・
長塚京子プロのお土産だったような。

全米オープン
th_IMG_1594
これは元ウイルソン、現ナイキのSさんからもらった?
たぶん。

キャップでグランドスラム達成である。
さすがにこれたちはキープかなぁ。

断捨離って難しい。

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, バイク | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

SRとか、回るチームとか。

YAMAHA SR
th_IMG_4405
やっぱりカッコいいわ。
アップ気味のハンドルも、スーパートラップマフラーもGOOD!
もう生産中止なんだよね。

 

さて、「お前なんかいなくても仕事は回るんだよ!」と言うと
ブラックな感じになるけど、組織はそうでなくちゃいけないと思う。

誰かがいないと回らない仕事がある組織は病んでいる。
誰かが仕事を抱え込んで離さず、ブラックボックス化しているからだ。

その人に特殊な能力があって、他の人が出来ないとかそういう理由じゃない。
単に自分のテリトリーを確保しておきたいだけ。
「ほら、私がいないと(ダメでしょ)」と言いたいだけだったりする。

だから、「あなたがいなくても回る組織」にしたいと思う。
だから、「あなただけ頑張らないで、皆で回そう」と言いたい。
だから、「疲れたらゆっくり休んでね」と言いたい。
だから、「休みはちゃんと休んでね」と言いたい。

 

「お前なんかいなくても仕事は回るんだよ!」なんだけど、
「あなたがいない時もちゃんとカバー出るから」ってこと。

「今は休めません。だって・・・(やること満載)」
「誰かにまかせて失敗したら・・・」

大丈夫。
ひとりのジャッジミスで会社が傾いたりはしないし、
そんな重大なジャッジはまかせていないから。

失敗して覚えることも多いし、失敗や判断ミスも織り込み済みで育てるのが会社の責任。
取り返しのつかないミスをさせるということは、その与え方が間違っているってこと。
つまり、失敗した本人よりも会社が悪いんだな。

 

ミスはしないほうが良いし、判断や思考の打率は上げてほしいけど、10割は無理。
イチローだって、4割ですごいって言われるんだから。

仕事だったら、そうだなぁ、6割だったらOK。
7割だったら強打者。
8割打てれば、エースで4番かも。

だから、三振した4割を責めないことだ。
そこにフォーカスしてネチネチ攻めてたら、見逃し三振が増えるだけ。
とにかく振って、ファールでもいいから当てて、
そのうちヒットメーカーになってくれればいい。

チャレンジがしやすいチームに出来るかが勝負。

「こんなのどうでしょう」「こんな事考えたんですけど」を言うのに
勇気や覚悟が必要なチームじゃね。
受け手側のファーストアクションが「難しいんじゃないか」「無理だろ」だと
誰も提案もしなくなるし、考えることもしなくなる。

「言わせるチーム」でなければいけないなと思う。
皆が言わないのは、受け手側の責任だ。

 

そして、
「誰かがいなくても回る」
「安心して休める」
「安心して帰れる」
「安心して戻れる」
そんなチームを確立するのがリーダーの役割だと思う。

「やっぱりオレがいないとな」って言うリーダーは、
自らを無能だと公言しているようなものだ。

もちろん、育てもせず、体制づくりもせず、
自分の権利や休みだけ主張するリーダーは論外だけどね。

ワタクシが目指すのも、自分がいなくても高品質で回るチーム。
なかなか難しいけど、ワタクシだってずっと皆と一緒にいられるわけじゃない。

あなたがいなくても困らないって素晴らしい。
それを不安に思っちゃいけない。
それでも回るチームをつくったリーダーは評価されるべき。

だから、ちゃんと休もう。
心も身体も。

ワタクシだっていなくても、ちゃんと回るよ、きっと。
それはそれで、違った意味で問題な気もするけど・・・(アテにしてないとか?)

カテゴリー: バイク, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。