カテゴリー別アーカイブ: バイク

モンキーとか、お年玉抽選会とか。

ランニング途中で。
th_IMG_7402

キレイなホンダ・モンキー。
th_IMG_7401

オリジナルなのかな。
いじってる?

th_IMG_7403

th_IMG_7404

そういえば、モンキーよりちょっとだけ大きめのゴリラってまだあるの?
調べてみたら、2007年で生産終了してるのね。
https://motor-fan.jp/article/10011131

高校時代、仲間が乗ってたっけ。
懐かしい。

 

さて、年が明けてREC各校では通常レッスンもスタート。

で、新年の企画を組んでみた。

th_teamrec お年玉抽選会!

お年玉抽選会〜!

スクール会員の皆様に抽選でたくさんのお年玉をプレゼントという趣向。

 

各種テニス用品から縁起物まで盛りだくさん。
th_136053978_3922790511103889_4453551614562794022_o
テニスメーカー各社様からのご協力もあり、豪華な抽選会になった。
ご協賛ありがとうございます。

くじ引きは、Team RECやRECテニススクールのSNSと、
各メーカー様のSNSアカウントをフォローいただければOK。
ぜひこの機会に登録をお願いいたします。

 

ということで、各校で趣向を凝らした抽選コーナーを設置。

こちらはレックインドアテニススクール上石神井。
th_IMG_9991 th_IMG_9990

th_IMG_9933
おめでたい感が良い。

ジュニアには消しゴムくじ。
th_IMG_9988
大人気だそうだ。

高島平インドアテニススクール。

フォロー登録コーナーも設置。
th_IMG_9934
登録方法はスタッフがお手伝いしますのでご心配なく。

抽選コーナーがすごかった。
th_IMG_9935

なんと、黄色いボタンをポン!と押すと自動で番号が表示される。
th_IMG_9936
すごい!誰がつくった?

他校はアナログなガラガラが多いけど、これも正月っぽくていいよね。
とにかく豪華お年玉な抽選会。
ぜひチャレンジしてくださいなのだ。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, バイク, ランニング, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

CBRとか、東京リーグ第3戦とか。

ランニング途中で。
IMG_5769
HONDA CBRだ。
デュアルヘッドライトがいい感じ

集合管もいい具合に焼けてる。
IMG_5770
昔乗ってたVTにちょっと似てた。
バイクか。
もう乗ることないかなぁ。

 

さて、非常に厳しい戦いが続いている東京実業団1部リーグ。

レック興発東京はここまで2連敗。
5チームでのリーグ戦だから、これ以上負けたら1部残留をかけての
プレーオフに臨まなければいけないという崖っぷち状態。

とにかく無条件残留をと望んだ第3戦。
対戦するは三井不動産チーム。
ここも1部常連どころか関東、全国にも出場の強豪チームだ。
しかし強豪ばっかり・・・って、東京の1部だから当たり前だな。

ということで、シングルスから試合開始。
th_IMG_7409

シングルス2は、井原コーチ。
th_DSC_7835

今期は日本リーグチームからこちらに移って来た。
th_DSC_7737

日本リーグで積んだ経験を東京リーグでも活かしてほしい。
th_DSC_7778

相変わらず元気にハードヒット。
ただ、シングルスって数年前のダンロップ社会人選手権以来じゃないないのか。
こんなに飛ばして持つんだろうか?

なんて心配をよそに打ちまくる井原コーチ。
th_DSC_7857

ファーストセットを落とし、セカンドセット。
th_DSC_7879
やっぱり・・・

この後、足が痙攣し動けなくなる。
なんとか頑張ったが、これ以上は無理と判断しリタイヤ。
まあ、復帰戦みたいなものだから、次に期待しよう。

 

シングルス1は奥田コーチ。
th_DSC_7769

前回も惜しいところで星を落とした。
th_DSC_7753

一部の壁をまた実感しているところかな。
th_DSC_7868
ファーストセットをもう少しのところで落とす。

セカンドセットも出入りの激しいプレーで取りきれず敗退。
チームの敗戦も決まってしまった。

 

せめてものダブルスは町田コーチ、山本コーチ。
th_DSC_7942

前週も勝ち星をあげているし、なんとか一矢報いたいところ。
th_DSC_7900

th_DSC_7960

しかしもうちょっとのところでファーストセットを落とす。
th_DSC_7929

セカンドセット、なんとか取る。
th_DSC_7970

そしてファイナルのスーパータイブレーク。
th_DSC_8006

th_DSC_7993

気合いで一気に決めに行き勝利!
良かった。

しかしチームとしては敗退。
0勝3敗になってしまった。
いやホント厳しい。
これでプレーオフ確定である。

残すはあと1戦。
次に繋がる戦いをしよう。

Team REC、まだまだ頑張るぜ!

カテゴリー: Team REC, テニス, バイク, ランニング, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バイクとか、カバンとか。

大森あたりだったっけ。
カワサキのショールーム。
th_IMG_4901
Z900かぁ・・いいなぁ。

カウルも昭和っぽい感じだけど、雰囲気良し。
カワサキグリーンはあんまり好きじゃないけど。

高校の頃に仲間が乗ってたZ400FXとか、懐かしいな。
バイクは校則で禁止されてたけど、よく乗せてもらってた。

で、先生に目撃されて、職員室呼び出しのお決まりパターンね。
「先生は悲しかったぞ」って、「ホントかな?」とか思いながら聞いてた。

あん時のバイクってなんだったっけ?
色んな友達が、色んなバイク乗ってたから、記憶がこちゃごちゃだ。

ヤマハ ミニトレイル、スズキ ハスラー、VanVan、ヤマハ パッソル、パッソーラ、
カワサキFX400、スズキGSXL・・・
うーん、ホントにバイク禁止だったのか?

 

さて、中学生かな。
布カバンてまだあるのね。
th_IMG_4912
懐かしいな。
金八先生みたい。

ワタクシの中学時代もこのカバンだった。

当時はどこの公立中学もこのカバンだったから
カッコ悪いも何もないけど、まあカッコよくはないよね。

中学生なりの工夫でマジックで落書きしたりしてたっけ。
たしか、「G MEN’75」のロゴとか書いてた。
今思うと相当ダサいな。

その後は、わざわざ仙台まで行って買ってきた
VANジャケットのステッカーを貼ってた。
IMG_0276
これの白いタイプね。

布カバンにステッカー貼ってもシワになるし、
剥がれてくるしで、なんだかおさまりが悪かったけど、
周囲の友達もよく知らないVANのステッカーが
自分の中ではオシャレだったんだと思う。

って言っても、布カバンでカッコつけるのは限界があったなぁ。

 

高校生になって、ようやく皮の学生カバンになった。
入学前の春休み、届いたカバンがピカピカのデブデブ過ぎて、
こんなガリ勉カバンじゃ恥ずかしくて学校に行けないぜと思った。

ヤンキー、いや当時はツッパリか。
そっち方面ではなかったが、アイビー的にもデブカバンはナシだった。

とりあえず、ステレオのスピーカーを重しにして、
薄く潰そうとしてみたけど、時間が経つとまた戻ってしまう。

糸でカバンの角を縫い付けるって方法があるらしいと聞いたけど、
どんな針で皮を縫うんだろうって思ったし、そんなこと、
まさか母親に頼めるわけもない。

で、友達に聞いたもうひとつの方法を実践することに。

ヤカンでお湯を沸かし、熱湯をカバンにドボドボ入れる。
熱で皮が柔らかくなったところで、重しを載せる。

重しはワタクシの部屋のステレオの巨大なスピーカー。

一晩そのままにして、次の朝、スピーカーをどけてみた。
あれだけ分厚かったカバンがスルメみたいにペシャンコに。
あまりに薄くなり過ぎて、親に見せるもの憚られるほど。
しかも全く元に戻らないほどに固いし。

親はごまかすとしても、1年生がこんなペッタンコのカバンで入学式にいったら
怖い先輩たちに体育館の裏に呼び出されること間違いない。
なんとか中身を詰め込んで、適度な厚みにとチャレンジするも
あまりの荒療治にまったく広がらず、中に何も入らない。

最終的にはアディダスのスポーツバッグに
皮カバンを入れて学校に行ったという
なんとも不思議な状況になってしまった。

思えば、子供の頃から学生時代ってアホなことばかりしてたなぁ。
「今もアホじゃない?」って言ったやつ、出てこ〜い!

 

カテゴリー: バイク, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハーレーとか、プリンス試打会とか。

どこだっけ?忘れた。

th_IMG_5259

黄色いハーレーってあまり見たことない。
いいね、イエロー。
すごくキレイ。

乗ってみたいな、ハーレー。
弟の借りるか。
あ、免許ね・・・うーん。

 

さて、某日はまたここへ。
th_IMG_6028
大井町スポル。

最近多い。
試打会も徐々にスタートってことなんだな。

で、この日はプリンスさん。
th_IMG_6029

先日のTeam RECのラケット選定会でも試打をしたのだが、
その時になかったシリーズも打ってねってことで来てみた。

試打会には、いつもの山本育史プロ。
th_IMG_6030
ちょっと痩せた?

そしてヒッティングにはこのメンバー。
th_IMG_6031
早稲田、慶應体育会のインカレトップの選手たち。
何とも贅沢な試打会である。

が、冷静に考えると問題も。
参加者はなんと4名。
感染予防のため、時間とメンバーを限定しているんだそう。

ヒッティングしてくれるのは5名の選手。
コートは2面でしょ。
半面にひとりづつ入ったら・・・休めないじゃないかぁ!

「ぜひ来てください!」って言うから、気軽に来たけど、
こりゃ、えらいところに来ちゃったぞ。
参加者の負担とか考慮してくれてるのかな。

ということで、ニューラインナップのラケットたち。

th_IMG_6040

th_IMG_6041
今回の目玉、TOURシリーズ。

TOURは先日の選定会で試打したけど、とても良かった。

ボックスフレーム系の適度なしなり感も心地良かったし、
かと言って飛ばない、硬いみたいな感じもなく、扱いやすい。

ウエイト的にも選択肢が多く、幅広い層にマッチしそうだし、
なんかとっても好みな感じのラインナップだった。
これ、オススメ。

そして今回、初打ちさせてもらったのははこちら。
th_IMG_5716

th_IMG_5710

th_IMG_5702
XシリーズとEMBLEM。

EMBLEMは前のモデルからとても評判が良い。
大きめファイスながらも、とてもコントローラブル。
そして打球感が優しい。
フェイスが衝撃を吸収し、しっかり打ち出してくれる。

先代のEMBLEM107はすごく良かった。
ただ、カラーリングがシニアっぽい感じもあってちょっとだったけど。
(オマエもシニアだろ!ってツッコミは受け付けません)

今回はホワイトベースでとても年齢層も選ばない感じかな。
TOURも含め、白のオンパレードだけど、流行りなのかな、白。

ということで、まずはTOURから試打することに。
しかし、もう暑いね。
で、ネットの向こう側には・・・持つかな?オレ。

 

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, バイク, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

YAMAHAとか、Team REC Tシャツ販売!とか。

ランニングの途中で見かけたYAMAHAのスクーター。
th_IMG_5033

このYAMAHAのレーシングラインがいいんだよなぁ。
th_IMG_5034

あれ?これマジェスティなの?
なんかずいぶん雰囲気変わっちゃったな。
初代マジェスティの近未来感が好きだったんだけどな。

大型バイクとは言わないけど、久しぶりにスクーターくらいは乗りたいな。
だれか要らないスクーターありませんか?
あ、動くヤツでお願いします。

 

さて、クローゼットを開ければTシャツの山。

ひとつの引き出しは、Team REC Tシャツ&グッズで埋まっている。
th_IMG_5427
これもほんの一部。
新人スタッフさんで分けてとたくさんあげたけど、
それでもまだずいぶんと残っている。

これにウォームアップやらパーカーやら、
まだたくさんのTeam RECグッズがクローゼットを占拠している。
会社辞めたら着るものなくなるんじゃないかなってくらい。
あ、辞める予定はないです。念のため。

 

最初にTシャツ作ったの何年前だっけ?
もう5〜6年になるのかな。

Team RECのTシャツっていうか、ブランドもずいぶんと浸透してきた感がある。
有明のイベントなんかでもTeam REC Tシャツを着たジュニアに会うことも多いし、
メーカーさんにも、「電車でTeam REC Tシャツ見かけますよ」って言われたり。

「お客様もスタッフも皆がチーム」というチームポリシーが実感出来て嬉しい限りだ。

 

ということで、今年のTeam REC Tシャツの予約が始まった。
th_TeamRECT01

実はこの企画、春先に実施予定だったのだが、
コロナウイルスによる休業が続いたため、一時停止していた。

スクール再開後も、このタイミングでチームTシャツ販売なんて
不謹慎だって怒られるかななんて思いもあって、止めていたのだが、
「今年のTシャツはまだ?」なんて声も聞こえてきて、
あらためてのスタートとなった。

 

今年のデザインは3タイプ。

まずは定番のロゴの下にバーが入ったタイプ。
th_スクリーンショット 2020-07-26 21.46.36

th_スクリーンショット 2020-07-26 13.14.28
これは毎回出す予定。

 

続いて、前モデルでは袖のワッペンタイプデザインだった09の入ったボックスロゴ。
th_スクリーンショット 2020-07-26 21.47.40

th_スクリーンショット 2020-07-26 13.14.56
なかなか好評だったので、若干アレンジしてフロントプリントに昇格させてみた。

 

そして、前回大人気だったステンシルタイプのロゴ。
th_スクリーンショット 2020-07-26 21.47.50
th_スクリーンショット 2020-07-26 13.15.13

今回はフォントをゴシック体にして精悍さを出してみた。

そしてそれぞれにロングスリーブも入れてみた。

 

ちなみにカラーは女性もちゃんと意識して配したつもり。

実業団応援団の皆さんに
「私たちのことちゃんとイメージしてカラー決めてる?!」
と絡まれる・・・じゃない、ご意見をいただくので。
(はい、考えてません)

そんなわけで、またまたTeam REC Tシャツが増えてしまうが、
どれも欲しくてつい買い過ぎそうな予感。

基本的には受注生産なので、欲しいタイプを確実にゲットするためには
今回予約を入れのが必須。
後日販売用の在庫はほとんど無いと思ってほしい。
8月2日締め切りなので、お忘れなく!

関わってくださる皆さんがチーム。
Team REC Tシャツで楽しくテニスをしましょう!
みんな、買ってね。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, バイク, ランニング, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アルコールとか、バイクその2とか。

お酒だけど、消毒にもだって。
th_IMG_3867
アルコールだもんね、なるほど。
でも、飲みたいな。

 

さて、バイクの話の続き。

若かりし頃、ワタクシの周りにはアメリカン乗りが多かった。

いちばんつるんでいたユウイチは、YAMAHA RX Specialっていう
アメリカンタイプの50ccに乗ってた。

トルクもないし、速くもないし、ちゃちい原付アメリカンだったけど、
ちゃちいなりに面白いバイクだった。
って、人のバイク、ボロクソ言うな。

 

その頃、ワタクシは、スズキ・ジェンマカスタムっていう、
ベスパもどきのスクーターに乗ってて、
学校帰りに、よく二人で江戸川の堤防で遊んでた。(小学生かっ!)

土手の下から上までバイクで上がれるか競争みたいなことしてた。
ワタクシのジェンマは何とかクリア。
ユウイチのRXは、もう少し、あと1mでゴールのところで失速。
そのまま土手の下に転がり落ちていった。

ワタクシの顔を見ながら、悲しい顔でスローモーションのように
土手下に落ちてゆく、ユウイチの顔は忘れられない。(面白くて)
うーん、今思えば、バカみたいなことしてたな。

 

これまたよくつるんでいた、アホのニムラってやつもアメリカンに乗ってた。
th_hndgl
HONDA GL400

縦置きのVエンジンがやたらと横に張り出していて、メッチャ重いバイクだった。
このバイク、仲間内で次々に譲り渡されていて、ずいぶんと長い間、そばにいた。
ワタクシもよく借りて乗ってたっけ。
全然速くないし、重いし、でものんびり走るには良かったな。

 

あと、尊敬する叔父がYAMAHAの400ccのアメリカンに乗ってた。
一緒にツーリングに行ったりしたけど、叔父さん、免許持ってたのかな。

そのバイクを借りて、ユウイチと四国一周野宿ツーリングも行ったっけ。
数日かけて、ほぼ四国を周りきった時、「あれ?オレ免許切れてる」と
ユウイチが重大発見をしたのはヒミツだ。(これだからB型は・・)

やっぱりツーリングはアメリカンが楽だと思った四国だった。
その前の年にネイキッドタイプで北海道にツーリングした時は
死にそうなくらい寒くて辛かったし。

 

そうそう、弟は、YAMAHA ドラッグスター400っていう、
メッチャ悪そうなアメリカンに乗ってたっけ。

他にも、ハーレーダビッドソンやドゥカティも持っていて、
道楽者の極みみたいな生活してた。
「こんな何台もいらないだろ。ドラッグスターくれ!」
と言ってみたら、「やだ!」と全力で断られた。

 

そんなわけで、なぜか周りのバイクはアメリカンが多かった。
きっと、イカれたヤツが乗る、ちょっとイカれたバイクがアメリカンなんだろう。
だって、見渡したら、皆んなアホみたいなやつばっかりだもんね。(オマエもだよっ!)
だから絶滅危惧種になってるんだな。

ん?てことは、オレたちも絶滅危惧種?
かもね・・・

カテゴリー: バイク, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バルコニーとか、バイクとか。

休日。
昼過ぎまでに何とか形をつけて、ちょっと飲もうと思って頑張った。
th_IMG_3900
バルコニーに椅子を出し、ビールをセット。
案外寒かった。

ちょっと日が悪かったな。
夏がいいね。

 

さて、ウォーキングコースの某所。

お店の前にバイク。
th_IMG_2900
YAMAHA SR400だ。

いい感じにいじってある。
ヘルメットが置いてあるから、ちゃんと乗ってるんだろうな。

SR、調べてみたら1978年発売だって。
40年以上も愛され続ける超ロングセラーモデルってことか。
すごいな。

ビッグシングルといえば、SR以外に出てこないし、
ひとつのカテゴリーを確立したバイクなんだと思う。

 

季節が良くなると、バイクに乗りたくなる。
毎年そう思うんだけど、毎年、それどころじゃない。
きっとこうして毎年過ぎていくんだろうな。

やっぱりもう一度だけバイク乗りたいな。
なんて思ってた矢先に、昔からお世話になっている保険屋さんに聞いた話。

「最近は中高年のバイク事故が多いんです。
昔乗ってて、余裕もできたし、またってことで乗り始めるんですけど、
昔の感覚のままで乗ろうとして、事故を起こすんですね。
で、体壊したり、仕事できなくなったり」

そうなんだ。
完全に出鼻くじかれた。
もうバイクには・・なのかな。

古いバイクをいじってとか、楽しそうなんだけど。

 

で、欲しいのはこれ。
th_hndstd
HONDA STEED400

アメリカンタイプね。
フロントフォーク伸ばして、ハンドルは短めの1文字タイプ、
いじり過ぎず、大人な感じで乗る。
ああ、いいなぁ。

ちなみにこのバイクもとうに廃盤。
中古車市場にはまあまあタマはあるようだ。

今って、どんなアメリカンタイプがあるんだろうと思って、
各社のサイトを見てみた。

ほとんどアメリカンて出してないのね。
あっても、1車種あるかどうか。

なんだろ、そういうニーズないんだろうか。
ほとんどがビッグスクーターだし。
車がミニバンだらけなのと同じ感じなのかな。

もうアメリカンに乗りたかったらハーレーとか、
外国車しかないのかもね。

なんか、乗り物も今は機能性ばかりで遊びがなくなった感じ。
ちょっと残念。

カテゴリー: バイク, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

VESPAとか、GRAPHITE登場!とか。

渋谷あたりで見かけたVESPA。
th_IMG_2910
いい感じのヤレ具合。

ちなみにVESPAを見かけたら基本的に写真を撮る。
だって、VESPAだもん。

これ、ロゴは今のなのね。
th_IMG_2909
これで昔のロゴだったらカンペキかな。

ああ、一度は乗りたいっていうか、持ちたい。
VESPAに乗って、モッズコート着て、サングラスして・・・。
(いい歳してなに言ってる)

 

さて、某日、オインドアテニススクール西新井へ。

緊急事態宣言を受けてスクールは休校中。
とはいえ、施設管理やら再開に向けての下準備やら
あれやこれやの打ち合わせもあったり。

もちろん、ソーシャルディスタンス等々、ケアしながらね。

ひと通りケリがついたところで、
「どうですか!?」とこれが出てきた。
th_IMG_3747
Princeロゴ、そしてスロート部のブリッヂ。
まさにこれは・・・

Prince GRAPHITEである。
th_IMG_3744
Wilson PROSTAFF、HEAD PRESTIGEと並び、
時代を築き上げたツアーモデルの名品である。

で、実はこれ、発売したての新製品。
名品が最新テクノロジーを纏い登場。
th_IMG_3742
かつての名品のアップデートではなく、
新たなモデル、PHANTOM GRAPHITEとしてのリリースだそうだ。

フレーム構造はテッパンのボックスフレーム。
th_IMG_3740
いいなぁ、この感じ。

で、フレーム厚はフラットではなく、21.5~20~17.5mm。
th_IMG_3736
トップ部に厚みを持たせることで、パワーアップを図っている。

スロート部のクロスバー(ブリッヂ)の効果もあり、
フェイス部分にフレックスポイントが来るため、
手のひらのフィーリングでボールを捉えられるそう。

この手のモデルって、この手の延長感がたまらないんだよなぁ。

当然、基本はテキストリーム・トワロン素材。
th_IMG_3727

フレームの2時・10時部にはATS。
th_IMG_3745
テキストリーム搭載によって、トップ部にさらなるパワーを与えている。

フレームに入ったラインも歴代グラファイトとは、
またちょっと違う佇まい。
th_IMG_3740

カバーもかつてのグラファイトのイメージを残しつつも、
新しさを感じさせるデザインになっている。
th_IMG_3729

グリップはRESI TEX TOURという、
レザーグリップにPU素材をコーティングしたハイブリッドタイプ。
th_IMG_3735
レザーグリップ特有のダイレクトなフィーリングを残しつつ、
コーティングでハードすぎないように調整されている。

実際、フワフワしすぎず、ゴルゴツし過ぎずの絶妙なグリップ感。
これ、なかなかの技術だと思う。

シンプル命みたいなグラファイトだったけど、
今回のPHANTOM GRAPHITEは新機能満載での登場。

メーカーさんによれば、「進化版というよりは別物です」
ということだけど、きっとかつてのテイストも残しつつ、
今風の仕上がりになっているはず。

 

ここからは昔話。

グラファイトといえば、当時の価格は9万円だった。
一部の有名コーチの方が使ってはいたけど、
当然、ワタクシのような学生に毛が生えた程度の駆け出しには
ほいほいと買えるわけもなく、憧れのラケットだった。

後輩で別のスクールでコーチをしていたコバヤシくんが、
職場のヘッドコーチから借りたんだか、譲ってもらったんだかのグラファイトを
自慢げに練習に持ってきたのが、絶妙に悔しかったのを憶えている。

お前とは試合やったて負ける気しないのに、
なんでオレよりいいラケッット?って。
完全にひがんでるな。

「ちょっと貸してみ」と打たせてもらって、
ああ、やっぱりいいなぁって感じだったので、
「しばらく貸してみ」と言ったら「いやです」と断られた。
まあ、そりゃそうだ。

ちなみに、コバヤシくんは現在、ネオインドアテニススクール西新井で
コーチとして手伝ってもらっている。
縁とは不思議なものである。

 

それから数年後、何のきっかけだったか忘れたけど、
グラファイトを半年ほど、使っていた時期もあった。

もちろん、プリンスさんと契約していただいていたわけでもなく、
誰かに譲ってもらったか、借りてたんだと思うのだけど、
経緯が全然思い出せない。

それでいくつかの試合に出たのと、
当時、練習に来ていた、まだ中学生の長塚京子プロの相手をするときに
重宝したのだけは憶えている。

ちなみにその時のグラファイトは手元に残っていないので、
たぶん誰かのだったのだろう。
1本手元に残しておけばよかったな。

 

さらに数年経って、グラファイトの値段もこなれてきて、
それなりに買いやすくなったのだけど、
基本的にはHEADのラケットを軸に、あれこれ使っていたので
自分のものとしてグラファイトを使う機会はなかった。

しかし、やっぱりグラファイトは憧れというか、
因縁(?)というか、若い頃の仇(?)を取りたい1本ではある。

グラファイトについて話し出せば、僻みと貧乏話から始まって、
ひと晩でも話が出来ると思うが、そんなの誰も聞きたくないか。(苦笑)

 

まあ、そんなわけで、思い出話とは別次元の新製品、
PHANTOM GRAPHITEには期待大である。

「どうしてストリング張ってないのよ。打ちたかったな」というと、
「今日届いたんです」と、持ち主。

「なんで届いたばかりのラケット、打たせなきゃいけないの」
と思っていたに違いない。

ということで、持ち主はこちら。
th_IMG_3741

ソトヤマコーチである。

「これ、ちゃんと使えるの?無理じゃん?」

「使えますよ!昔、グラファイト使ってたし」

いや、昔でしょ。
今は無理かもよ。

しんどかったら、いつでも引き取るから、言ってね。
あ、その前に、張り上げたら打たせてね。

楽しみだなぁ、グラファイト。
インプレをお楽しみに!(人のラケットだよ!)

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, バイク, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

3輪とか、ソトヤマDAYとか。

通勤途中で見つけたクルマ。
クルマでいいのかな。
th_IMG_1217

ミニオート3輪て感じ。
th_IMG_1215

フロントにはApe P50って。車名なのか?
th_IMG_1214

中をのぞいてみる。
th_IMG_1216
あ、バイクベースなのね。

タイヤの空気が抜けていて、使ってないみたいだった。
ディスプレイなのかな。
または置きっ放しとか。

キレイにレストアして乗りたいな。
いらないなら引き取りますよ。

 

さて、某日、ネオインドア西新井へ。
ソトヤマコーチと昼ごはん。

餃子の王将。
th_IMG_2252
ソトヤマコーチの提案だけど、餃子って。
キミは今日はもうレッスンないのか?
ブレスケア、よろしくね。

餃子を奢ったら、セブンイレブンのコーヒーを奢ってくれた。
th_IMG_2253
コーヒーで自慢げな顔をしないように。

で、あれこれ済ませて、夜。
ソトヤマコーチが言った。

「今日は車置いていきます」

「なんで」

「一緒に飲みたいかと思って」

「そんなことひと言も言ってないけど」

迷いなく、いつもの扇屋に入るソトヤマコーチ。
th_IMG_2281
ちなみにボスも、いつも迷いなくここに入る。(笑)

ビールを一杯のんで、日本酒利き酒セットを。
th_IMG_2284
けっこう美味しいね。
やっぱり大吟醸が好きだな、白ワインぽいし。(じゃあワイン飲めよ)

写真撮ってたら、ピースサインが割り込んできた。
th_IMG_2285
ピースの手だけだとフカダコーチとかぶるので、顔も入れといた。

ソトヤマコーチはこれ。
th_IMG_2288

今日もいい感じに酔ったソトヤマコーチに説教された気がする。
問題は人に説教したこと、全然憶えてないことだな。
(憶えてないフリ疑惑もあるけど)
けっこういいこと言ってんだけどね。

今日は、ソトヤマデーだった。
まあこんな日もたまにはいいか。
また飲みましょう。

カテゴリー: Team REC, クルマ, バイク, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

レプリカとか、バドミントン体験とか。

ランニング途中で発見。
IMG_1247
HONDA REPSOLモデル。

ワタクシがバイクに乗っていた頃には、
REPSOLってブランドは見かけなかった。
まあ、30年前だしな。(苦笑)

カッコいいな、このロゴ。
乗ってみたい・・とまではいかないけど。
疲れそうだし。

アメリカンにのんびり乗ってみたい。
だれかHONDA STEEDの中古くれませんか。

 

さて、某日のRECインドアテニススクール上石神井

各スクール責任者が集まっての会議。
そして午後は研修会というのが定番の流れである。

この日の研修会はオンコート。
なのだが、いつもとちょっと様子が違った。

この日のテーマはバドミントン体験会。

なぜ今、バドミントンがここまで盛り上がっているのか。
いったいどんなスポーツなのか。
難しさは?
運動強度は?
テニスとの違いは?
プレーヤーだとすぐできるのか?

今回はヨネックスさんに全面協力をいただいた。
IMG_1182
ラケット、ネット、シャトル、知識、すべてを持っていないワタクシたち。
ヨネックスさんに「何もないので、すべてを教えてください」という無茶なお願いをし、
「任せてください!」と引き受けていただいた。
坂寄さん、ありがとうございます。

最初はレクチャーから。
バドミントンの歴史、ルール、道具、マーケットまで
ひと通りを教えていただいた。
なるほど、大きなマーケットを持っている競技なのね。
そしてヨネックス社の売上規模に驚いた。
(テニス部門の比じゃない)

後半は実技。
IMG_1184

IMG_1192

ヨネックス実業団チームの2名の選手に来ていただき、基本から教わった。

まずはデモンストレーション。
メッチャボールが速い!(ボールでいいのか?)

ラリーのスピードもすごい。
ドライブっていうボレーボレーみたいなラリーなんてほぼ見えない。
これ、普通の人できないんじゃないのってのが正直な感想。

で、まずはやってみる。

おお!空振り!(笑)

シャトルの速度がよくわからない。
出だしはメッチャ速いんだけど、急激に減速するのが
テニスボールと全然違うので、待ちきれず空振りというお約束状態。

が、そこはテニスコーチ。
徐々にコツを掴み、ラリーに。

なかなか楽しい。
ただ、ずっと上むいてるので首が疲れる。
加えて、皆んな、口開いちゃってるからアホに見える。(笑)

慣れて来たところで、練習方法を教わる。
テニスコーチとしては、バドミントンてどう導入するのか興味津々。

なるほど、やっぱり段階的に進めるのね。
このあたりはスポーツとしての共通項なんだな。

導入練習、徐々にショットの幅を広げてのドリル。
勉強になりました。

最後は、やっぱり試合でしょってことで、まずは皆んなでゲーム。
メッチャ楽しい!

そして、やっぱりこうなる。
IMG_1205
選手ペアに挑戦コーナー!

全員で2ポイント先取マッチを挑む。

テニスだってラッキーもあるし、何回かは勝てるでしょ。
なんてったって、オレたちテニスコーチだぜ!

・・・・2回り、誰も1ポイントも取れなかった。(涙)

まじか、強い。
たぶん、全然本気じゃないのに。
バドミントてラッキーウインてないみたい。

ちなみに、選手のラケットは普通に市販品だそうだ。
ストリングは最近はハイブリッドも多いとか。
で、まあまあ高い。
あんなに細くて軽いのに。

シャトルは高い。
テニスのボール以上に消耗するのにテニスボール公認球と一緒かそれ以上。
水鳥の羽を使うのも、動物保護的なムーブメントやら色んな流れで逆風らしい。
うーん、なるほどね、この辺は大きな課題だな。

何にしても良い経験が出来た。
これをどう生かすかだな。

與猶くるみ選手、曽根夏姫選手ありがとうございました。
IMG_1203
強いし、可愛いし、ファンになりました。(単純)

カテゴリー: Team REC, スポーツ, スポーツグッズ, バイク, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。