カテゴリー別アーカイブ: バイク

VESPAとか、ラベルとか。

某所にて。

VESPA50(かな)
IMG_5152

とてもキレイな状態。
IMG_5153
やっぱりVESPAはこの年代がいいね。

お金と時間とガレージがあったら買うんだけど。
(どれも無いわっ!)

 

さて、たまには仕事について考えてみる。
(たまにはかっ?)

いちおう管理職。
いい歳だから管理職歴もまあまあ長い。

で、管理職ってなに?ってこと。

おそらく管理職ってキャリアやスキルとはちょっと違う。

転職しようとして、何をアピール出来るかって考えたら
「管理職やってました」とは言うかもしれないけど、
「スキルは管理職です」とは言わないだろう。
笑われるわ、きっと。

管理職はスキルとはちょっと違う。
能力ともちょっと違うかな。
キャリアといえばキャリアかもしれないけど、
出来ることにアタリをつける少しの参考程度にしかならないと思う。

簡単に言うと、管理職はキャリアや能力じゃなくて、
「その役割をしたことがある」程度の名称に過ぎない。

キモは、じゃあそのポジションで何をしたのかということ。
システムを構築した、数値を上げた、仕組みを改革した、
制度を作り上げた、人材を輩出した等々。
組織に利益を与えたことについて具体的に言えないと、
キャリアの説明にはならないんじゃないかなと思う。

チームを率いていたというのは現象に過ぎない。
何を発想し、生み出し、そのチームを稼働させ、何を成し得たか。
それがすべて。

管理職はポジション名であり、イコール能力とは言い難い。
とりあえずの管理職って人も世の中にはわんさかいるだろうし、実際そう思う。

何かを生み出す能力は持っているか。
管理職だから、人にやらせる、人を使うだけだと、どんどん力は落ちる。
仕事を割り振るのはチームにおいては管理職の仕事だが、
自分はまったく出来ないのに、理解していないのに・・
ではリーダーとしては心もとない。

「手に職」的なプレーヤー部分と組織運営能力のバランスが大事なんじゃないかなと思う。
やらない、出来ない、汗かかない、その覚悟がないリーダーに仕事を振られて、
能力を問われてもなぁってなるだろうし。

管理職経験はラベルの一部分でしかない。
酒瓶の後ろ側の下の方に貼ってある生産地程度の情報かな。
表のラベルにちゃんと書けるスキルを磨き続けなければ。

管理職は忙しい。
それは事実だし、仕方ない。

ただその部分だけに忙殺されたり、
マインドまでどっぷり浸かってしまうと、
「管理職」のポジション表示ラベルが取れた時に何も残っていないかも。
そんな危機感は持ち続けないとだなぁ・・・。

と思ったりした。

カテゴリー: バイク, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

なにこれとか、研修会とか。

某所にて遭遇。
IMG_4986
はじめて見た。
いちおう原付バイクらしい。
ナンバーついてるし。

タンク部。
IMG_4988

エンジン。
IMG_4987
ん?日本製?

乗ってみたい。

 

さて、某日はTeam RECスタッフ研修会。

講師は鈴木貴男プロ。
IMG_4401

遠征から帰国中の関口プロも参加してくれた。
IMG_4379

今回のテーマはボールコントロール。
IMG_4387
ラリーの中でいかにボールを思ったように運ぶか。
どんな意図を持って狙いを決めるかなど。
コーチとしてのラリー技術の基本を再確認していく。

鈴木プロの絶品デモに釘付け。
IMG_4390

関口プロもたくさんのアドバイスをくれた。
IMG_4402

最後に鈴木プロ使用ウェアをプレゼント。
IMG_4407

何とも贅沢な研修会。
この日に得たことはしっかりレッスンに活かしましょう。
IMG_4375

鈴木プロ、関口プロ、ありがとうございました。

カテゴリー: Team REC, テニス, バイク, 仕事, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハーレーとか、節酒とか。

ハーレーショップ。
IMG_3589
昔はほとんど見たことがなかった。
並行輸入がメインだったのだろうか。
最近はそれだけ需要があるってことなのか。

いいなぁ。
IMG_3591

こっちの方が好みかな。
IMG_3592
いつかはハーレー・・はないな。
中型免許しか持っていないから。
あ、お金もなかった。

 

さて、昨年後半は出張やら遠征やらでホテル暮らしが多かった。

それはそれで良いのだが問題がひとつ。

太る・・・

旅先での食事は非日常で美味しいし、
当然、お酒もセットだったりするから、
帰ってくるとてきめんに体重が増えている。

1回2回なら良いが、兵庫・仙台・横浜・盛岡・その他と
続きに続いたもんだから、どうにもこうにも
増加トレンドに歯止めがかからなくなった。
なんと昨年ベストから5kg増。

デ杯・盛岡から戻って、ようやくひと段落。
ふと気づけば健康診断が迫っている。

こりゃあちょっとまずいだろうってことで、
とりあえずお酒をやめてみた。

といっても、不退転の覚悟って感じじゃなくて
必要がない時は飲まないって程度。
そもそも「飲む必要」がある時ってなんだ?

食事はまあ普通。
ちょっとだけ気にかけてる程度。

運動はいつも通り。
朝走るか、ウォーキングで出勤。
1日10km〜15kmの自足移動が目安。

 

で、2週間経過した。
2回だけ飲んだ。

1回はナリタコーチとネジメコーチと。
生ビール1杯・ハイボール1杯・日本酒1杯かな。
つまみは生野菜のみ。
久しぶりに飲んだので、帰りの電車はツラかった。
IMG_3598

2回めは同業他社さんとの会合。
生ビール1杯・ハイボール半分でおしまい。

 

結果・・・5kg痩せた。

2週間で5kg減て、これまでどんだけ飲み食いしてたんだ?

そうか、主たる問題はお酒だったのね。
つまり核心的要因はこれだ。

堂々の要因ランキング1位
IMG_1035

IMG_2898

2位
IMG_8637

IMG_1880

3位
IMG_9645

あと色々。
IMG_1666

今までありがとう。
しばらくは誘わないでね。
そんなことを聞く連中じゃないけど。

ということで、身体も軽く、寝起きも爽快な今日この頃。
あと1kgくらい落とせばいい感じかな。

まずは健康診断まで続けてみよう。
あとは節制モード継続で。

いつも何かをやめたり続けたりってこんな感じ。
軽い気持ちで、まずタイヤをひと転がりさせる。
あとは勝手に加速して継続していくだけ。

遠い昔にタバコをやめた時もそんな感じだった。
なんとなく「タバコって要らないかも」と思って
それ以来すっぱりやめた。

ランニングやウォーキングもそんな感じ。
「絶対!」とか決意が前面に来ると自分を追い込んでしまうから
あくまで緩めに始めること。
はじめてしまえばそれなりに続けられるものだ。
オススメです、たぶん。

カテゴリー: ダイエット, バイク, ランニング, 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

Monkeyとか、限定ラケットとか。

ウォーキング途中で遭遇。
IMG_2975
HONDA Monkeyである。

名車 CBXを模してある。
センスいいな。

IMG_2976

マフラーも集合管ぽくなっているし、
タイヤもセミスリックぽくて雰囲気がある。

唯一、ハンドルカバーだけが残念かな。
これがなければ完璧だ。

このモンキー、生産終了なんだよね。
昔の個性的なHONDAの代表例みたいなモデルだったから
ちょっと寂しい。

今も買えるのかなと思ってHP見たら、
生産終了記念モデルなんかもあって、
336,000円からって書いてあった。
mky

そんなの原付の値段じゃないわ!

でも欲しい・・・(ツンデレかっ!)

 

さて、こんなものを入手。
IMG_2102
ROGER FEDERER 2017 MINI RACKET COLLECTION

フェデラーの完全復帰を祝ってのプロスタッフミニチュアモデルセットだ。
IMG_2103
それぞれのPROSTAFFは、全豪オープン優勝モデル、ウインブルドンモデル、
レーバーカップモデルなど、それぞれにフェデラーの一時期を支えたモデルが
再現されているのだ。

細部まで精巧に作られていて、59,700円という値段も納得。
いや、でも高いな。
本物買えちゃうぜ。
IMG_2104

IMG_2108

このミニチュア、世界で1,000セットのみ生産。
日本への割り当ては、149セットだけなんだそうだ。

なかなか貴重なこのラケット。
ケースから出していじくり回したい衝動に駆られたが、なんとかガマンした。

現在はレックインドアテニススクール上石神井に展示中である。

カテゴリー: テニス用品, バイク | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

終了とか、ベスパとか。

流血騒ぎを起こした額の傷。
ほぼ毎日、病院で洗浄&消毒。

IMG_1873

結構大げさなガーゼを額に貼っての生活。
会う人会う人に「どうしたの?」と聞かれ、
いつも行くコンビニの店員さんにまで心配される始末。

いつ縫合するのだろう。
痛いの嫌だなと思っていたら、医師曰く。

「傷は縫わないことにします。
皮膚の回復力がとても強いので、そのまま待ちましょう」

ということは時間が掛かるってこと?

「土日はどうすれば良いですか?月曜も来れませんが」

「奥様に消毒とガーゼ交換してもらってください。
外科の経験はありますかね?」

「知りません。多分外科は無い・・かな」

「滅菌ガーゼと消毒液で大丈夫でしょう」

ということで、ケア役は妻になった。

週明け、病院へ。

「ああ、よくなりましたね。いちおうこれで終わりってことで」

バンドエイドを貼ってもらって終了。
傷にかさぶたがついてるから、まだバンドエイドは必要だけど、
年越さなくて良かった。

もうこんな思いはゴメンだぜ・・ふう。

 

さて、ウォーキング途中の原宿あたり。
IMG_1662
いいなぁ、ベスパ。
やっぱりこの年代のペスパがいいな。

ベスパを初めて知ったのは、松田優作の探偵物語だったか。
当時はなんとなくこの50Sのイメージだったけど、
今見てみると、工藤ちゃんが乗ってたのは、Pシリーズなのね。

さらにベスパの印象が強いのが、映画「Quadrophenia」。
qdphha001

1979年の作品である。
邦題は「さらば青春の光」だったけど、まあいいタイトルだ。
qdpn01

この映画は、ロンドンのモッズを描いたもの。
デコレートしたベスパに細身のスーツ、そしてモッズコート。

モッズのリーダー役で、ポリスのスティングも出演していた。
いやぁ、カッコ良かった。

あんなカッコしてベスパに乗りたいって、
本気で思ったもんね。

大学生になって、買ったスクーターはもちろん・・・
・・・スズキ・ジェンマだった。

szgm
(実写画像が残っていないので、プラモデル画像)

貧乏学生にはとてもじゃないがベスパは手が出なかった。
あの頃のベスパはすぐに壊れそうで、
日常の足にするのは厳しそうだったし、
何より修理代が出せるだろうかって躊躇が大きかった。

日本製の原付でいちばんベスパっぽいのが
ジェンマってことで、迷わず購入。

この頃はまさにバイクブーム。
そして高速スクーターが各メーカーから次々に発売されていた。

ヤマハ・ジョグ、ホンダ・リード、チャンプ等々、
革ツナギを着て乗ってるヤツも多かった。
あまりにスピードが出過ぎて、
法的規制がかかってしまった時代だ。

そんな中、サスはふにゃふにゃ、
加速もイマイチのジェンマだったけど、
ホントにお気に入りの足だったっけ。

最近はこんなバイク、少ないよなぁ。
やっぱりオールドベスパがいいな。
誰か要らないベスパありませんか?(無いよ)

カテゴリー: スポーツグッズ, バイク, ファミリー, ランニング, 映画, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハーレーとか、準備とか。

ランニングの途中で。

IMG_8021-1
ハーレーだ。
かなりカスタムしてある。

ショベルヘッドだね。
IMG_8022

天気の良い日に海沿いを走ったら気持ち良さそう。
まさにこの日がこんな感じ。

ハーレー、一度は乗ってみたい。
大型免許無いんだよね、実は。

 

さて、久しぶりに14歳児を試合に送って行った。

公式戦ではなく、所属クラブが運営するランク戦。

とはいえ、毎回のポイントでランキングが決まり、
カテゴリ分けされての対戦なので、同レベルの対戦で
かなりの接戦続きという過酷な大会なのだ。

この日も練習を見ただけで、
ひと筋縄では行かなそうなメンバーばかり。

まあ、それはそれでお互い様だし、
上に行けばそういうことばかりだから、頑張るしかない。

1試合目、惜しいところで負け。

2試合目、まったく波に乗れずに負け。
IMG_9596

泣きそうな顔でこちらに来る。

「負けました」

「うん。どうだった?」

「ダメでした」

「何が?」

「全部です」

「それじゃ対策の立てようがないよね」

「はい・・」

「落ち着いて振り返って見れば」

タオルを被って、泣いているのか動かない15歳児。

3試合目をコールされ、コートへ。

直前までタオルを被って座り込んでいて動けるわけもなく、
まったく噛み合わずに負け。

最後の試合もかなり強い同クラブの選手。
まさかの全敗の危機だ。

「どうだった?」

「ダメでした」

「そりゃそうでしょ。
直前まで座り込んでて動けるわけがない。
トーナメントじゃないんだし、まだ試合があるんだから、
落ち込む前に次のこと考えたほうがいいでしょ」

ようやく動き出す15歳児。
IMG_9604

最後は勝てないんじゃないかと思った選手に圧勝。
これはこれで意外だったけど、トーナメントなら
初戦で負ければおしまいだしね。

出だしから気持ちも身体もダッシュできないとね。
準備をしっかりってことかな。

泣いたり頑張ったり、忙しい一日だった。

あとは、クラブの練習をして終了・・・
と思ったら、「練習してもらえませんか」と15歳児。
IMG_9892.HEIC

それこそ、身体も気持ちも準備出来てないぞのワタクシ。
思うようにボールを打てず、動けずで、
準備の大事さをあらためて痛感したのだった。
(ワザとか?)

カテゴリー: テニス, バイク, ファミリー, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

メルマガとか、バイクとか。

ワタクシたち RECはメルマガを発行している。

いつ創刊したのかは知らないが、
先日の発行で、なんと通算646号だそうだ。

これってすごいこと。
なんでも始めるのは簡単だけど、続けるのは難しいから。

読者は1,000人ちょっと。
他のメルマガとの比較は分からないが、結構多いほうじゃなかな。

ちなみに先月あたりからコーナーをリニューアルした。
それにともなって執筆者も何名か入れ替わった。

加えて、新たな企画としてプレゼントコーナーも設置。
前号では、Team RECオリジナルグリップテープをプレゼント。
なんと今月はTeam RECオリジナルバスタオルをプレゼントという太っ腹ぶり。

実は今のところ、まだあまり知られていないからか、若干応募は少なめ。
当選確率は高いかも・・

最新号は購読申し込み画面で読めるし、
締め切りは10月1日なので、今からの応募も可能。

ぜひとも下記から登録をしてみてください。
mekmaga

ちなみにワタクシはこのメルマガでは執筆していない。
「書けば?」と言われたが、丁重にお断りした。
(これ以上、書けませんぜ。ダンナ)

テニスネタを中心に、それぞれの感性がはじけているTeam RECのメルマガ。
ぜひご一読くださいなのだ。

 

さて、最近思うことがある。

「ああ、このまま一生やらなくてってしまうのかな」って。

例えばスキー。

雪国で育ち、幼少の頃から親に連れられて毎週のようにスキーをした。
いや、正確には「させられた」だな。

おかげで、まあまあ上手になったし、
どんな斜面でも滑れるようになったけど、
「やらされた」反動か、大学生になってからは、
すっかりご無沙汰。
それ以来、数回くらいしか滑っていない。

多分、今もなんとなく滑れると思うが、
昔のイメージのまま滑ったら確実に怪我をするだろう。
それを思うと、そこまでしてやろうとも思わない。

このまま行けば、もっと怪我の確率も上がるだろうし、
きっともうスキーはやらないんじゃないかなと思う。

スケボーもそんな感じかもしれないし、
バイクなんかもその最たるものかも。

20代の頃は中型バイクを乗り回していたけど、
もう2輪なんて何年も乗っていない。

ずいぶん前に「バイク復活?」の兆しもあったのだが、
家族に「バイクなんて自分一人が楽いだけじゃん」
みたいな空気が流れて結局たち消えになった。

多分このまま行けば一生バイクは乗らないかも・・・
ああ、でもバイクはまだ乗りたいなぁ。

なんて思っていたら、レックインドアテニスクール上石神井に。
IMG_7725
フカダコーチのバイクである。

「乗っていいっすよ」と言ってくれたが、ちょっと方向性違うんだよね。
生意気でごめん。

こっちはタケダコーチのスクーター。
IMG_7726
「乗っていいですよ」とは言わなかったが、たぶん乗らないよ。

せっかくなら、こんなのがいいなぁ。
IMG_7514

またはこれ。
IMG_7513
雰囲気あるよね。

まあでもきっと乗らないんだろうな。
そして縁なく一生を終える・・・。

いや、でもやりたことはやっておこう。
後悔したくないし。

えーと、バイク、釣り、ギター、あとはテニスだな。
テニスは続けて行けばなんとかなりそうだ。
楽しいオヤジになろう。
遊ぶぜ。(どんな宣言だ?)

カテゴリー: Team REC, インターネット, オモチャ, ギター, テニス, バイク, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

SRとか、ラウンドとか。

朝ランの途中で。
IMG_7758
YAMAHA SR

単気筒エンジンはいかにもバイクって感じ。
IMG_7761

1978年の発売なのね。
マイナーチェンジはあるものの、息の長い車種である。
IMG_7760
ワタクシがバイクに乗っていた頃はレーサーレプリカ全盛で、
皆が皮ツナギを着て高性能バイクに跨っていた。

当然、ミーハーなワタクシも皮ツナギでフルカウルのレプリカに乗っていたから、
この手のバイクには縁がなかったが、寄る年波かこういうのもいいなと思う。

それ以前にもう何十年もバイクに乗っていない。
たまには乗ってみたい気もするけど、
趣味にするほどの時間はないなぁ、きっと。

でもいいね、バイク。

 

さて、ゴルフ場である。
IMG_8558-1
ロッカールームがリニューアルされてキレイに。
ストレッチゾーンまで出来ていた。
色々考えてるのね。

そんなわけで、埼玉方面でのラウンド。
IMG_8550
お取引先様とボスと。
年2回くらいのペースでご一緒させていただいている。

埼玉方面でのラウンドの時はここが多い。
IMG_8552
ボスのホーム的なコース。
「キャディ出来るよ」と言うくらいに知り尽くしたコースだそうだ。
実際、ホール毎に狙い所を教えてくれるので助かる。
その通りに打てるかは別だけど。

名物ホールなのかは知らないが、
西武ドームに向かって打ち上げのロングホール。
IMG_8556
こういう風景はゴルフ場ではめずらしい。

メンバーのお人柄で楽しくプレーさせていただいたからか、
スコアもワタクシ比ではなかなかのもの。

いつもこれくらいで回れると楽しいんだろうなぁ。

それにしても、50cm以内の返しのパットを何回外しただろう。
なんでカップの上を抜けるのか・・・
ボス曰く「下りだからね」だそうだ。

だからいつもK女史に負けるのだな。
彼女は1m以内は絶対外さないもんね。

あとロングホール、フェアウェイからの第2打。
7番ウッドで思い切り空振りした。
飛ばそうと思って力みすぎた。
結構恥ずかしかった。

あれやこれやがなければ・・・。
いやいや、それ言ったらキリがないのがゴルフ。

楽しいけど、難しい。
だから面白いのだろうなぁ。
もう少し上手くなりたい。

カテゴリー: ゴルフ, バイク | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バイクとか、2回戦とか。

ウォーキング通勤途中の風景。
IMG_8062
時間に余裕のある時は裏原宿をぐるっと回る。

店頭ディスプレイなのかな。
IMG_8061

いいねぇ、アメリカン。
IMG_8060
長距離は疲れそうだけど。

一度は乗ってみたいな。
あ、大型免許持ってないや。

 

さて、色んな悩みもありつつの15歳児の夏の初戦は、
なんとか勝ち上がり、少しの休憩を挟み2回戦へ。

20449201_1399031763506996_5749008743031273366_o

相手は体の大きなサービスの良い選手。
スピードもあるが、回転系でコースをつくのも上手い。

ファーストサービスが入ると出だしから厳しいが、
粘りに粘ってなんとかついていく。
20248497_1399031840173655_8756112124520892801_o

序盤のサービスダウンをもう少し取り返せずの時間続くが、
後半、思い切りの良いショットでイーブンに戻す。
20280545_1399031836840322_7558102578301014834_o

以降。互いに譲らずの展開。
20280506_1399031826840323_6668201357359581403_o

マッチポイントもあったが取り切れず、
最後はサービスにやられて敗退。

惜しかった。
勝てたかも、あの1本がとの思いはあるだろうけど、
でもこれが勝負、それが実力だ。

帰りは試合についての反省をあれこれ。
負けたものの元気は出たようなので良かったかな。
ジュニアの夏はあっという間だし、何年も無い。
思い切り楽しんで欲しい。

カテゴリー: テニス, バイク, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

イタ車とか、またか!とか。

VESPA
IMG_7514
いいなぁ。
イタリア車って色合いがいいよね。

こっちも雰囲気が良い。
IMG_7513

いつかはVESPAに乗ってみたいと、
探偵物語の松田優作に憧れて、早や三十数年。
VESPAオーナーにはなれそうにないなぁ。

誰か、もう要らないよってVESPAないですか?
ないか。

 

さて、メガネの受難は続いている。

電車の中で無くしたものの、何とか戻って来た。

・有明のイベントで無くすも何とか戻って来た。

諦めてレンズ交換したメガネをREC FESTAの準備で無くすも発見

そんなこんなでようやく元のメガネに落ち着いた。
IMG_6337
ZOFF SMARTって安いし、軽いしいいよね。

ある晩、ソファでビールを飲みつつニュースを観ていた。
さらにハイボールを飲みつつ、iPadを触っていた。

けっこういい気分になり、ゴロリと座り方を変える。
と、お尻の下に違和感と、バキッという音。

IMG_7602
見事にツルが折れたメガネが。

またやってしまった。
家族も言葉がない。
きっと「またぁ?」って言いたんだろう。

直るかな、これ。
IMG_7603

IMG_7604

さすがに厳しいかな。

保証とかタダとまでは言わないけど、少し安く直るとかないのだろうか。
ネットで検索してみたが、そういう制度は無いっぽい。

次の日、ZOFFに電話。
やはり保証は効かず。(当然だ)

「新しいフレームに今のレンズを入れることは可能ですが、
値段も変わりませんので、全て新しくされる方が・・」

そりゃそうだよね。
このフレーム、掛け心地が軽くて気に入ってたんだよなぁ。

また同じの買う?
同じものを何度も買うのって、
もったいない感倍増なんだけど・・(涙)

カテゴリー: バイク, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。