カテゴリー別アーカイブ: ファミリー

初日の出とか、テニスとか。

2019年の初日の出。
IMG_1214
例年はひとりで海沿いの初日の出スポットに行くのだが、
今年の初日の出はテニスコート。

初日に向かってテニスコートで今年を誓う。
テニスマンの正しい姿だな、うん。
(うちの会社のコートじゃないけど)

 

さて、そんなわけで元旦。
朝5時前に起きて車に乗り込む。

目的地に到着。
気温は氷点下。
IMG_1201

外はまだ暗い。
IMG_1202

16歳児が「今年はクラブの初日の出イベントに行きます」と言った。
「行きます」は良いが、ひとりで行くわけもなく、
それはすなわち送ってくれということ。

いつも早起きだからいいけど、
元旦恒例行事の自転車での初日の出参りは今年は無しとなった。
ちょっと残念。

クラブに人が集まってくる。
皆で初日の出を拝んで、午前中テニスを楽しむというイベント。
ジュニアも大人も一緒にダブルスをするんだそうだ。

ガマンしきれずに暗いうちからラリーを始めるジュニアたち。
IMG_1203
「見えな〜い」ってそりゃそうだろう。

そこでふと気づく。
午前中ずっと16歳児を待っているのか?
4時間なにする?

そこらへん走ってくるかななんて考えていたら、
「ためブロさんも参加しましょう。当日参加歓迎です」とクラブのO社長。
ならばと仲間に入れてもらうことに。

明るくなってきたところで、まずは開会式。
IMG_1208

O社長のご挨拶。
IMG_1210

皆で記念写真撮ってプレー開始。
IMG_1218

今年はガチンココートとお楽しみコートに分かれてだそう。
「ガチンコ希望の方〜!」と言われ手を挙げたら、
ジュニアチームが全員手を挙げてた。
そりゃそうだ。

ということで、大人も子供(選手ね)一緒にペアを変えながらダブルス。
初っ端は16歳児とのペア。
なんと初の親子ダブルスである。

初めてにしては頑張り(16歳児が)、ファーストラウンドは全勝。
その後はペアを変えつつ、ダブルスを楽しんだ。

IMG_1221

IMG_1223
それにしてもジュニアのボールは速い。
ジュニア同士のラリーになると全然ポーチに出られないぞ。
16歳児にもスポスポとストレート抜かれるし。
まあ、悔しいけど楽しい。

クラブ名物の薪ストーブでつくった豚汁やお餅も振舞われた。
IMG_1205
あったまる・・いや、身体は温まっているどころか、
もう汗かいてるけど、美味しかった。

最後は最初に対戦した方から「ひと試合組んでもらえませんか」
とお誘いいただき、締めのダブルス。(負けたけど)

なんだかんだで4時間くらい試合をした。
こんなにテニスをしたのはいつ以来だろう。

知らない皆さんと組んで試合をする。
ナイスプレーに拍手し、ハイタッチをする。
テニスって楽しいなぁ・・・今さらだけど、やっぱりいい。

テニスでの年明けは初めてだけど、とても楽しかった。
来年もここに来よう。

それにしても身体中が痛いぜ。
普段どんだけセーブしてプレーしてるんだって感じ。
そこは反省である。

あ、言ってなかった。

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお付き合いください。

カテゴリー: テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シューズとか、チームとか。

ONITSUKA TIGERショップにて。
IMG_0382

可愛いなぁ。
IMG_0380
ちゃんと紐もついてる。

ウチの子もこんなシューズを履いていた頃もあったなぁ。
IMG_0381
それがもう二十歳になる。
早いなぁ・・年取るわけだ。

 

さて、某日のレックインドアテニススクール上石神井

「じゃあ、久しぶりだし軽く行きますか」とフカダコーチ。
唐突すぎるだろ。

「そうですね。久しぶりだし」とネジメコーチがかぶせる。
なんというコンビネーション。

全然久しぶりじゃないと思うんだけど。

結局こうなる。
IMG_0867
「ためブロさんに合わせて日本酒を」って、
日本酒なんて滅多に飲まないよ。

 

で、飲みニケーション考。

皆からの意見や提案は欲しいと思う。

議論をし、より良いものを作り上げる。
より良いチームにする。
誰もが考えることだ。

しかし実態はそうそうたくさんの提案が出るわけでもないし、
自由闊達な意見交換が出来ているかというと、なかなか難しい。

飲みニケーションなら意見が出るって話もあるけど、
それはそれでちょっと違う気もする。

飲みの席で聞く話にもタメになるものも多いし、
なるほどそうだねぇというものもあるが、
お酒が入っての意見交換をオフィシャルにするのは難しい。

いやむしろオフィシャルにはしたくないし、しない。
だって逆に考えれば、飲んだ席で言ったことが、
後から「お前はこんなこと言ってたろ」とか、
何らかの評価につながったら嫌でしょ。

酒席で「お前は間違ってる!」なんてやり込められるのも嫌だよね。
そんな飲み会じゃ誰も行かなくなる。

ということで、ワタクシ的には酒席はノーカウントにしている。
酒席はコニュニケーションの場ってことで、
飲んで怒ったり喧嘩したことはないし、説教したこともない。

もちろん世の中に無礼講なんてものは存在しないので、
度を越した振る舞いや失礼なことは注意するけど、
基本的には楽しく、皆の話を聞かせてもらえれば良い。

たまに「どうすればいいんですか」とか「どう思います!?」
ってこともあるけど、本気の仕事話は素面でしたいな。

 

とはいえ、こんな機会はとても楽しい。
ちょくちょく本音のツッコミも入るし、勉強になる。

この二人にはいつも助けてもらっている。
相談すれば意見もくれるし、手伝ってもくれる。
たまに暴走することもあるけど、貴重な戦力であり仲間だ。
頼りにしてるぜ。

もちろん二人に限らず、メンバー皆で走ってのチームだ。
あまり口に出していないかもしれないけど、
皆ホントにすごいなと思うし感謝している。

機会があれば全員集まって飲みたいなとも思うが、
なかなかそれが叶わないのがこの商売の因果なところ。
でもぜひ実現させたいな。

ちょっと早いけど、みんな今年もありがとうございました。
2019年も一緒に走りましょう。
というか、来年も助けてね。

カテゴリー: Team REC, ファミリー, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ガストとか、RECコンペとか。

妻と滅多に行かないガストへ。
IMG_0378
食事っていうか、軽くビール。

「取り皿をください」と頼んだら・・
IMG_0379
さすがファミレス。(子供かっ!)

 

さて、もう随分前のことのような気がするが、ゴルフである。

ゴルフっていってもこの日は特別なゴルフ。
埼玉は武蔵丘ゴルフクラブにオジさんたちがたくさん集まった。(失礼)
IMG_9915
そう、年に1回のレックゴルフコンペなのだ。

レック興発に関わってくださっているお取引先様、
関係する方々が一堂に会してのコンペ。

当然、ワタクシたちはホスト役。
失礼のないようにとのプレッシャーもありつつの1日。
ゴルフがもう少し上手ければプレッシャーも少なかろうに、
こればかりはどうしようもない。

ちなみにこのコンペ、ワタクシはかなりの参加数だと思う。
なんせ、レック興発に入社する前から同業他社の仲良し枠で参加してたし。
もしかしてダンロップのAさんと並んで最多出場?

ということで、今年もお集まりいただきありがとうございます。
IMG_9920

緊張のスタートホール。
IMG_9921

ワタクシたちの組がトップ。
IMG_9928
なぜなら昨年、チーム順位が最下位だったから。(涙)

このコンペは個人戦とチーム戦で行われるのだが、
最下位チームは次の年も同じメンバーで回るのがルールなのだ。

ってことで、今年は勝とうね。
いや、せめて最下位は脱出しよう。

Hさん。
IMG_9924
メッチャうまい。
そして飛ぶ。
おそらくドライバーは300ヤードオーバー。
ほとんどドライバーを使う場面がないという猛者。

ヨネックスのAさん。
IMG_9926
このコンペに合わせて調整しているとは本人の弁だが。
よく考えると、このコンペ以外はほとんどゴルフをしていないということだ。
そりゃ、勝てんわ。

でもゴルフは楽しいメンバーと楽しく回るのが良いのだ。
IMG_9933
この日も楽しくラウンドできた。

スコア?
なんですか、それ。
美味しいの?

ということで表彰式。
IMG_9936

IMG_9940

今年の個人優勝は、ゴーセンのSさん。
IMG_9967
ワタクシの世代にはテニスでも大スターだった方。
今も仕事でご一緒させていただいているのはとても光栄である。
今後ともよろしくお願いいたします。

チーム優勝。
IMG_9977
当社監査役、HEADのKさん、トアルソンのT社長、日本テニス事業協会会長のチーム。
なんかすごいメンバーだな。

そんな楽しいラウンド&表彰式後は場所を変えて飲めや食えやの反省会。
ワタクシはクルマなのでノンアルなのが泣ける。
来年は泊まろうかなぁ。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
今後もレック興発をご贔屓にお願いいたします。

カテゴリー: ゴルフ, テニス用品, ファミリー, 仕事, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

終了とか、断捨離とか。

今年も無事に終了。
IMG_0070
日本テニス事業協会が発行するテニスプロデューサー資格試験である。

ワタクシも講師としてここ数年関わらせていただいている。
当然、数年前にライセンスも取得しているが、
講習&テストはかなり大変だったと記憶している。

勉強すること、覚えることが膨大で頭がパンクしそうになるほど。
講義に立つと皆さんの顔が疲れていて、
つい、「お疲れですよね」と毎回言ってしまう。

勉強になる資格なのでぜひ最高ランクのライセンスを目指してください。
大変だけど「しっかり勉強すれば取れる」と思います。

ということで、ソトヤマコーチももうすぐです。
がんばってください。

 

さて、年末に向けて断捨離をはじめてみた。

まずはクローゼットの整理。

大量のTシャツを捨てた。
とにかくこんなにTシャツがあっても着ないしね。
これでかなりの空きスペースが出現。

ついでにあまり着ていないテニスウェアやジャケットも捨てた。
数年前のモデルはシルエット的に微妙だから、
やっぱり着ないよと割り切った。
さすがにプロテニス協会のオフィシャルウェアは捨てなかったけど。

続いてシューズクローゼットへ。

古い(けどレアな)スニーカーを確認。
これはエアマックス。
IMG_0210
ソールが加水化分解でボロボロに。
持ち上げただけで、そこらじゅうに破片が落ちた。

こんなことならもっと履いておけばよかったと
少し後悔しつつ、捨てることにした。

ついでにあまり履いていないブーツやスニーカーも。
HAWKINS、BROOKS、PATRICK、NEWBALANCE、サヨナラ。(涙)

割り当てられていた領域の片側に寄せた。
IMG_0212
(オニツカタイガーの復刻版とかアディダスカントリーは残した)

もうひとつの領域に空きができた。
IMG_0211
(エアジョーダンも残した。あまり履いてないけど)

なんか、PCのデフラグみたいだ。
この空き領域がまた埋まらないように気をつけなきゃ。

とにかく徐々にモノを減らしていこう。
これって終活っていうのかな。

人って自然にそういう方向に思考が向かうのだろうか。
それとも年末だから?
まあでもスッキリするのは良いことだ。

あ、オークションに出すって手もあったな。
しまった。

カテゴリー: シューズ, ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

競技場とか、高校生とか。

1st

いよいよ開幕!
応援よろしくお願いたします!

 

国立競技場
IMG_9733
随分と出来上がって来た。

とはいえ、東京オリンピックは2年後。
都内のスポーツ施設の多くが改修で使えないのは痛い。

いよいよ始まる日本リーグも
今年は東京体育館が使えないのがちょっと残念。

 

さて、16歳児の部屋。
IMG_9787
壁には圭のポスター。

床は定期テスト終了後の惨状。
IMG_9282
まさに戦いのあとって感じ。

家の中を移動しながら勉強をし、
ベッドで布団にくるまってテキストを読み込む。

最近はどう勉強しているのかあまり見ていないが、
少し前までは科目と内容ごとに消し込み表をつくって
チェックを入れていた。

こだわりはノートとファイル。
同じブランドのもので完璧に揃えている。
別のものではダメなんだそうだ。

これで彼はなかなか成績が良いのだが、
ある意味面倒なヤツである。

 

彼の一日。

朝早く起き、勉強する。
日によっては部活の朝練に行く。
学校が終わって部活動。
部活を終えて、テニスクラブへ。
テニスクラブの練習を終え、22時ごろ帰宅。
帰りの車の中で食事をし、風呂に入り、勉強をして就寝。
そしてまた早起きの繰り返し。

正直、キツくないのか?と思う。

先日の保護者面接で彼の生活パターンを先生に説明したら、
学校生活と成績から、そんなにテニスをしているとは思わなかったと
驚いていたそうだ。

たまに友だちと遊びにも行っているようだけど、
高校生ってこんなに忙しかったっけって思う。

本人が望んでいることなので応援してあげようと思うけど、
身体を壊さないようにして欲しい。

先日、腰が痛いというのでマッサージ。
IMG_9788
お尻横を強めに押したら悶絶していた。(笑)

まあ、何にしても打ち込めることがあるのは良いことだ。
頑張れよ。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

糖分とか、試合&練習とか。

休日。
なぜか朝からPCにへばりつきっぱなし。
頭が疲れたので糖分補給。
IMG_9581
コンビニのモンブランもけっこういける。
もうひと頑張りかな。

 

さて、某日。

16歳児の試合へ。
たまたま休みだったのと、会場が所属クラブだったので
夜の練習に連れて行きがてらついていった。

今大会から年齢カテゴリが上がった16歳児。
以前から少しずつ18歳以下にもエントリーしていたけど、
はたしてどこまで出来るかなって感じ。

エントリーまで時間があったので、他の試合を眺める。
IMG_9318

さすが18歳以下、ボールは速いし、とにかく上手い。
強打に加え、スライス、ドロップなども絶妙に織り交ぜる。
昔の18歳ってこんなにこなれてなかったよなぁ。

そうこうしているうちに試合開始。
IMG_9319

いつも淡々としている16歳児。
緊張しているのかいないのか、よく分からないが、
いつもの感じで試合が始まった。
IMG_9328
立ち上がりは互いにキープで均衡状態。

勝負所でポイントを制してリード。
小さいけどガッツポーズとかするようになったのね。

最後は相手のショットがサイドアウトし勝利。
何とか初戦突破である。

少し緊張が解けた様子で次の試合を待つ。
次の相手は前大会の優勝者らしい。
調べてみるとあちこちの大会で入賞多数の子のようだ。

最近は対戦相手の名前を検索するとある程度の情報が入る。
いいんだか悪いんだか・・。
16歳児が相手情報を調べているかどうかは知らないけど。

ということで、2回戦。

IMG_9348

強い、かなり強い。
要所でサービスエースでポイントを取るし、
一発狙った時のフォアは半端じゃないスピード。
すべてに余裕もあって、搭載エンジンが違うって感じ。

IMG_9351

16歳児も必死に食らいついて、突破口を探す。
IMG_9360

結果は敗退。
食らいつく一歩手前でことごとく跳ね返された。

しかし最近は強い相手と対戦することも増えた。
ひとつずつ経験を積んで前に進んで欲しい。

この日の試合予定がすべて終わった。
16歳児がワタクシのところに来て、「練習したいです」というので
コートをレンタルすることに。

試合に出ていた同じチームの選手がいたので、
一緒に練習しないかって誘ってみたら「やりたいです」という。

彼は千葉県でも1、2位の上位校のテニス部。
この日、学校のナンバー2の子も来ていて、
一緒にいいですってことで、3人をコートに入れて練習。

二人ともメッチャ上手いし、とてもいい子たち。
16歳児にとってはすごく良い練習になったと思う。

何より楽しそうに自分たちを追い込むジュニアたちを見るのは
ワタクシもうれしいし、前向きになれる。
頑張れよ、みんな。

ちなみにそんなわけで、ワタクシはボールを打たずに
球出しとコート代支払い係だった。
強豪ジュニアと打ちたかったなぁ。
ちょっと残念。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カブトムシとか、ツアーケースとか。

近所で見かけたフォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル)。
IMG_9297
かなり良いコンデション。
で、仕様も好み。

いいなぁ。
昔これがすごく欲しい時期もあったけど、
やっぱりこの手のクルマって手がかかるし、
お金も掛かるってことで断念。

ホント、いつかはタイプ2(ワーゲンバス)とか所有してみたいよね。

 

さて、16歳児の使っているHEADのツアーケースがかなりへたってきた。

IMG_7053

「ボロボロだし、替えれば。ツアーケース、いくつかあるよ」
というも、「まだ大丈夫です」という。
いや、もはやツアーケースというより袋って感じで身体にフィットしてるし。

いくつかの手持ちをツアーケースを見せるも、どれもちょっとって感じらしい。
聞けば、「大きすぎる」のだそうだ。

実際、ワタクシのツアーケースはどれも12本入りタイプ。
IMG_9816

ジョコビッチのシリーズもプレステージも
HEADで言うモンスターコンビというシリーズで大きい。
IMG_9817

たしかに試合はまだしも、これを背負って通学は厳しいかも。

奇跡的に小さめのツアーケースがあったので、とりあえずそれを渡す。
しばらく使っていたのを見たら・・。

IMG_9792
なんだこりゃ。
ちょっとひどいことになっていた。

表面素材が剥がれて内素材が露出している。
IMG_9793

IMG_9794
素材的にはそうなりそうな予感もあったけど、あまりに早くないかな?
それともクローゼットで寝かせている間に素材が劣化したのだろうか。
なんにしてもちょっと・・なぁ。

「ちょっと厳しいね、これ。新しいの注文しようか」

「いや、大丈夫です」

「さすがにみすぼらしいよ」

「ちょっと考えます」

普通は買ってもらえるとなれば、手放しで喜ぶもんじゃないのかな。
どうも昔から物持ちが良いというか、欲がないというか。

クラブのコーチも知り合いだし、チームの仲間も
お父さんテがニスコーチって知ってるし、
あまりにボロボロのツアーケースを持たせておくのもよろしくない気が。

16歳児は何のイメージも背負ってもいないけど、
ワタクシの立場ってのもある・・・かな。
(いや、それほどのもんじゃないか)

やっぱり高校生にはツアー9Rシリーズくらいが良さそうだ。
学生向きのシリーズってそれなりに意味があるのねと思った次第。

カテゴリー: テニス, テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

強要とか、札幌ランとか。

リビングのソファ。
IMG_8110
二匹に占領されていることが多い。

隣に座ろうものなら・・
IMG_8111
「撫でて〜!」のCocoさん。
終わりなきナデナデ強要。
ちなみにCooさんは知らん顔。

 

さて、前日遅くに着いた札幌の街。

いつものように早起きはしたのだが、
恒例の旅先ランに若干の躊躇が。
だって、メッチャ寒そうだし。

しばらく迷ってはみたが、昨年も走れなかったし、
今年こそは走ろうと意を決して外へ。
IMG_9490

やっぱり寒い。
まあ、走ればあったまるだろう。
止まったら一層凍えそうだけど。

とりあえずススキノ方面を目指して走り出す。
IMG_9491

大通公園を横切り。
IMG_9492

ススキノへ。
IMG_9494
あんまり遠くないのね。
仕事終わりの水商売の方々とすれ違いながら走る。

適当に折り返す。
IMG_9495
カニ将軍かぁ・・食べたい。
せっかく札幌に来たのに
昨晩はコンビニだったしなぁ。

地震の影響で歩道工事が多いのかと思ったら、
この時期はいつもこうらしい。
IMG_9496

路面電車が来た。
IMG_9498
そういえば広島にもあったっけ。

三越のライオンもハロウィン仕様。
IMG_9499

あちこちをぐるりと回って、またタワーのそばへ。
IMG_9501

大通公園をホテル方面へ。
IMG_9508

北海道庁(だっけ?)でゴール。
IMG_9509

初めての街はテンションが上がるのでけっこう走れる。

調べてみたら、去年もほぼ同時期に札幌に来ていた。
たしか朝は雨が降っていてランニングを断念したんだっけ。
今年は走れてよかったぜ。

ということで、これからいよいよおつとめ。
ちょっとプレッシャーな役割もあったりするけど頑張ろう。

カテゴリー: ファミリー, ランニング, 仕事, , | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

モンブランとか、日本リーグ・ユニフォームとか。

休日。
PCに張り付いて、あれこれ仕事など。

キリの良いところで気分転換。
IMG_9250
妻と早めのランチへ。
ひさしぶりの星乃珈琲店。

ワタクシはピザトーストとカフェオレ。
IMG_9244

IMG_9242

妻はモンブランパンケーキ
IMG_9248
クリームの中にはアイスクリームが入っている。
美味しいがけっこうヘビー。

最初はダブルにしようかと思ったけど、
二人でも食べきれないかもよってことでシングルに。
正解である。

最近は何でもいいからガッツリってことはなく、
好きなものを適量でじゅうぶん満足って感じ。
枯れてきたか?

 

さて、日本リーグ・ファーストステージまで1ヶ月となった。

試合をするのは選手たちなので、
ワタクシたち裏方に練習はないが、何かと準備はある。

先日、今年の日本リーグチーム用のユニフォームが届いた。
IMG_9572

今年もエレッセで揃わせていただいた。
ゴールドウインさん、いつも無理を聞いていただきありがとうございます。

今年は昨年と素材が少し違うストレッチ系のものにした。

IMG_9573

IMG_9574

このタイプ、ブランドロゴはプリントなのね。
違和感が出ないからいいかも。

せっかくなので、佐藤一平コーチに着てもらった。
IMG_9561
「かわいいコックさん」の絵みたいなポーズ。

やっぱり選手が着ると一段といいね。
IMG_9564

スタッフのオジさん三人衆の着こなしは・・・。
いや、それも含めてTeam RECです!(なのね)

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, ファミリー, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

VESPAとか、叔父とか。

某所にて。
IMG_9108
VESPAだ。
適度にやれていい感じ。
リアのキャリアも雰囲気が出ている。

VESPA P125X
IMG_9109
探偵物語で工藤ちゃん(松田優作)が乗ってたのは、P150Xだったかな。
やっぱりVESPAっていいね。
もう一度だけバイク乗りたいなぁ。

 

さて、こんなワタクシにも親もいるし、親戚もいる。
ほとんど付き合いないけど。

よくある話だが、親戚の中にひとりくらいは豪快にはみ出した人がいたりする。
母の弟、つまりワタクシの叔父もそんな人だ。

子供の頃から無茶をし、牛乳配達のアルバイトでは
仲間に配達する牛乳を振舞ってしまったり、
とにかく型破りだったとか。

大学では山岳部に所属し、世界の山を登って来た。
卒業してからも総監督として山岳部を仕切っていた。

実は大学受験の時、叔父の大学に連れていかれた。
山岳部の部室に向かうと学ランの強面のお兄さんたちが
直立で並び、モーゼの十戒よろしく道をつくっている。

次々に「押忍!」と挨拶する学ランロードを
叔父と一緒に進み、部室へ。

「お茶失礼します!押忍!」

お茶でこんなにビビったのは初めてだ。

そして叔父。

「お前ら、こいつ来年ここに入れるからよろしくな」

ひときわ大きな「押忍!わかりました!」

いや、こんなバリバリのところには入らないから。

体育会は入らずにテニスサークルに入って、
女の子たちと楽しく遊ぶって決めてるし。
何が悲しくて、学ランとか、辛そうな山登りしなきゃいけないのだ。

思い描いていたバラ色の学生生活に
思い切り暗雲が立ち込めた悪夢の部室だった。

って、なんで叔父さん、オレの大学決めてるんだろう?

結局その大学に入ることは回避できたけど、
あそこで押し切られていたら、また違った人生だったんだろうな。

学生時代は、テニスコーチのアルバイトと、
叔父が経営する飲食店でのアルバイトで毎日が過ぎていった。

横浜の叔父の店が終わると皆で夜の街に繰り出して遊んだ。
叔父にも野毛あたりでよく飲ませてもらった。

伊勢佐木町のオカマバーにも連れて行ってもらったっけ。
叔父さん、おかまのケンケンとどうしてあんなに仲良しだったんだろう。

二人でバイクでツーリングにも行った。
ちなみに叔父が本当にバイク免許を持っていたのかは知らない。
たぶん持ってたんだろうけど、そういうことを超越しているような人だった。

夜中にもよく呼び出された。
「おお、起きてるか。今から飯食いに来い」

千葉から三浦半島の突端まで100kmの道を走った。
怖いとかそういうことじゃなくて、
叔父が「来い」と言ってくれることが嬉しかった。

とにかくあらゆることが豪快だった叔父にすごくお世話になった。
母親も叔父を信頼していて、「この子は預けるから鍛えてやってくれ」って感じだった。

ある時、叔父が言った。

「お前はひ弱だ。大地震が来たらたぶん最初に死ぬ。
泥水すすっても生きていけるようになれ」

「どういうこと?」

「インドに行け。1年放浪して来い」

「インド_?」

「1年インドを放浪すれば少しは強くなるだろう」

「学校が・・」

「休学しろ。お袋(母)もそれでいいってよ」

「どうやって行くの?インド」

「おれが漁船を紹介してやる」

さすがにビビった。
母親もそれでいいって・・・なんつう親だ。

でもそれは無理だ。
しばらく横浜に近づかず、その話を葬った。

とにもかくにも豪快を絵に描いたような叔父。
もう何年も会っていないが、人生の師匠であり憧れの存在だ。

しばらく前、叔父が体調を崩したと聞いた。
叔父らしく、誰にも会わないと言っているとも。
会いたいが、連絡をしたら怒られそうだ。

会いたい人に会えない、近くにいたい人のそばにいられない。
それでも自分から突っ込んで行くべきか。
難しい。

カテゴリー: バイク, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。