カテゴリー別アーカイブ: 中村祐樹プロ

東京とか、卒業とか。

東京駅。

京葉線から中央線快速のホームは端から端だ。
「遠いよねぇ」と電車で一緒になった友人に言ったら、
地下街を通ると近いし人は少ないと教えてくれた。

IMG_6652
ホントだ。

人が多いのは修学旅行生の待機場所くらい。
IMG_6653
今も修学旅行で東京ってあるのね。

ちなみにワタクシ、中学の修学旅行は東京〜箱根だった。
高校は京都ね。

どこで何したか、まったく憶えていない。
あ、福島には売っていないテニスウェア買ったな。
全然京都土産じゃないね。

 

さて、この度、中村祐樹プロがTeam RECを卒業することになった。

新たな道を模索するということでチームを離れる。
1年間という在籍期間だったが、日本リーグでも執念のプレーで
予選リーグ勝ち上がりの立役者となってくれた。
24958663_1886924871637906_3672355579287252215_o

27912758_1921313701532356_6101388479348457886_o

24883490_1886924958304564_5592624151172559175_o
極寒のビーンズドームだったけど燃えたね。

ボロボロのシューズを買いに神戸元町まで行ったりもした。
プロなのに・・・ね。(苦笑)

決勝トーナメントも頑張った。
26840795_1908308619499531_7537872219940128394_o

26904642_1908308806166179_8176874283152887880_n
皆で勝ち取ったベスト4だった。(写真は予選の横浜だけど)

REC FESTAにも参加。
31487323_1969649366698789_4263800552283963392_n
クリニック、エキシビションと活躍してくれた。

あっという間だったけど、チームには欠かせない存在だったと思う。

この先、どのような活動をするのかはわからないが、
Team REC卒業生として応援していくつもりだ。

ユウキ、まだまだキミには可能性がたくさんある。
自分に厳しく、他人に優しくの精神で頑張って欲しい。
また会おう!頑張れよ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

クリニックとか、エキシビションとか。

REC FESTAの目玉イベントのひとつがプロクリニック。
31944218_1969150756748650_5720100997443878912_n

今回は4セッション、80名の方にご参加いただいた。
31870649_1968524110144648_861048764259893248_n

31906969_1969152026748523_93240179468271616_n

間近でプロの技を見て、プロから直接アドバイスを受ける。
31901935_1969150613415331_3591788313926696960_n

もちろん、プロとも打ち合える。
31944154_1969150863415306_3218894503054147584_n

鈴木プロもコート狭しと動き回ってアドバイス。
31913886_1968524990144560_8758876907249860608_n

鈴木プロとダブルスを組めるなんてそうそうない。
31945470_1969150750081984_367303472850141184_n

最後は鈴木プロからサインカードのプレゼントもあったりして、
大サービスのプロクリニック。
31947123_1969150596748666_1780834672331194368_n
ご参加の皆様、ありがとうございました。

 

さて、もうひとつのイベントがエキシビションマッチ。

毎年、プロ同士やコーチ対プロなど、
様々な組み合わせで楽しんでいただいている。

今年は新な試みとして、ALLREC CHAMPIONSHIPSの
会員様代表ペアがプロと対戦。
31958245_1969150993415293_1222308741383192576_n

31944267_1969151193415273_2764747830860972032_n
タイブレークマッチとはいえ、たくさんの観客の前でのプレーは
メッチャ緊張したと思うが、とても良い試合だった。

そして、コーチ対プロや竹島プロ対中村プロのシングルスなど、
途中で組み合わせを変えながら楽しんでいただいた。

31906398_1969150986748627_3481758604787187712_n

31899042_1969151103415282_4253190591493439488_n

スーパープレーあり。
31924495_1969151080081951_2401916114750668800_n

笑いあり。
31911352_1969151626748563_3165382762483941376_n

31919566_1969151523415240_7885928055628103680_n

真剣プレーあり。
31942282_1969151173415275_3666517600961036288_n

司会のメンバーも楽しそう。
31914325_1969151293415263_213659985727455232_n

ダブルスでは井原コーチの決め球が鈴木プロに命中。
31924557_1969151620081897_702565454585004032_n
慌てて救護に向かう井原コーチ。

見応えありの1時間だった。
31913900_1969151740081885_6639933338406617088_n

それにしてもさすがプロ。
プレーの凄みと笑いのミックスが素晴らしい。
これぞ REC FESTAって感じだった。

Team REC、役者が揃ってるなぁ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 仕事, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

準備とか、カバーとか。

banner
5月4日はREC FESTA!(会場:レックインドアテニススクール上石神井)
鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、中村祐樹プロも参加。
当日参加可能なイベントもたくさんあります。
ぜひご来場ください!

 

いよいよ今週金曜日はREC FESTA。
スタッフもそれぞれのパートで準備に余念がない。

ワタクシも音響機材を引っ張り出して下準備。

大量のケーブルに埋もれつつ・・・

えーと、これがアンプで。
IMG_4532

で、こっからスピーカーケーブルをと。
IMG_4533
こっちはスピコンでつないで・・

で、こっちがミキサーで。
IMG_4531
アンプ出力、どっからとるんだっけ?
まずい、久しぶりすぎて忘れてる。

なんとか繋いで、音出しテストを。

あ・・・iPhoneてイヤホンジャックないんじゃん。

何かとやり直しな1日だった。
大丈夫!当日までに思い出します!

 

さて、クローゼットを整理していたら出て来た。
IMG_3650
YONEX CARBONEX2のカバーである。
(もちろん本体もある)

この頃、ヨネックスってアメリカプロテニス協会のオフィシャルだったのね。
IMG_3651
ロゴも今とは違うね。

現在のロゴもいいけど、昔のもなかなか良い。
utalg

こちらも。
IMG_3649
DUNLOP MAXPLYのカバー。

一時、DUNLOPロゴはテニス市場から消えかけたが、
最近は方針が変わって、またDロゴが復活した。
IMG_3648
契約選手やコーチたちのステンシルもSRIXONからDUNLOPに変わった。
ここまで押して来たSRIXONブランドの扱いはどうなるのかな。
伝統のDUNLOPロゴの方が海外にも押し出しが効くのだろうなぁ。

今後はラケットフレームのロゴもダンロップに緩やかに移行するとか。
逆にSRIXONモデルは希少になるかもね。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 中村祐樹プロ, 仕事, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

公開!とか、もうすぐとか。

banner
5月4日はREC FESTA!(会場:レックインドアテニススクール上石神井)
鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、中村祐樹プロも参加。
当日参加可能なイベントもたくさんあります。
ぜひご来場ください!

 

映画「ママレード・ボーイ」が公開になった。

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/marmaladeboy/#index

しばらく前に関係者試写会で観せてもらったので、
あらためて映画館に行くことはないと思うけど。

実はエンドロールを確認していたところ、
テニス技術指導でワタクシたちの名前は出て来たのだが、
なんと社名が無かった。

こりゃまずい。絶対怒られるパターンだと思い、
この仕事は無かったことにしようと心に決めたあたりで、
最後のところでちゃんと社名が出て来た。
暗い映写室でひとり、メチャ焦ったのはヒミツだ。

周囲に聞くと、原作のファンという方も多いらしく、
作品名を出すと一定の年齢層の方々は敏感に反応する。
竹島プロの奥様も大ファンだそうだ。(観に行ってね)

ワタクシたちが関わったのはほんの一部だが、
作品を作り出すのって大変なんだなと感じた経験だった。

多くの方々に観ていただけることを願っている。

 

さて、いよいよ来週に迫った REC FESTA2018
recfestamain01

各アトラクションの準備も順調・・・(か?)

今年も綿菓子やらヨーヨー釣りやらポップコーンのサービスもあり。
各種アトラクションで押してもらえるスタンプを集めると
豪華(?)景品の当たる抽選もある。

アトラクションは恒例の段ボール迷路やスピードガンコンテスト、
的当てに加え、今年は体力測定的なものもご用意。

そして、さらにはスポーツアイを鍛える
ビジョントレーニングなども取り入れた。

一流のアスリートが採用する
スポーツ的な視力を鍛えるプログラムを
ぜひ体感いただきたい。
難しいというよりは楽しい感じなのでお気軽にどうぞ。

ということで、タイムスケジュール。
rf2018scshedule

プロクリニック以外は当日フラッと来ても楽しめるので
ぜひぜひどうぞなのだ。

先日、レックインドアテニススクール上石神井に行ったら、
佐藤一平コーチが今年のREC FESTA Tシャツを着ていた。
IMG_4436
毎年、趣向を変えてつくっているが、今年もいい感じだ。

プロクニック参加の皆様には、
このTシャツの色違いバージョンが進呈される。
お楽しみに。

ジュニアチームのコーチングに来てくれた竹島プロ。
IMG_4435
昨年に引き続き、今年も参加予定。
きっとスーパープレーで盛り上げてくれるだろう。
(と、ハードルを上げておく)

あ、そうそう、今年もソトヤマシェフによる「美味しいなにか」もご用意。
IMG_117153
お楽しみに!

もちろん、「レックといえば・・」のうまい棒も大量投入予定だ。

会員様限定イベントではないので、どなたでもウェルカム!
とにかく楽しい一日になること間違いなし。
みんな、来てください!

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 仕事, 仲間, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

新調とか、春とか。

レックインドアテニススクール上石神井。

線路側のバナーを春バージョンに新調した。
IMG_3513

日本リーグの結果報告バナーも新しく。
IMG_3514
昨年の5位からひとつ上げて4位。
今年は決勝に行きたいな。
色々あるけど、みんなで頑張ろう。

 

さて、春分の日の雪はなんだったのだ?
IMG_3661

レックテニススクール府中に行ったのだが、
調布を過ぎたあたりからかなりの降りっぷり。
IMG_3668
また雪かきかと若干ビビる。

大国魂神社の桜も寒そう。
IMG_3666
春なんだか、冬なんだか・・

で、週末から急に暖かくなった。

オフ。
ランニングをしながら春を満喫。
IMG_3742

近所の公園もいい感じに桜が咲いている。
IMG_3740
子供が小さい頃はよくこの公園で遊んだ。

空き地では少年サッカー。
IMG_3745

川沿いの公園の桜も咲き始めた。
IMG_3746

春だなぁ。
なんだか春は心がざわつく。
毎年のこの感じは何なのだろう。

別れと出会いの季節だから?

そういえば、15歳児も4月から高校生。
中高一貫だからあまり感慨はないけど。

ワタクシ的には今の会社ももうすぐ6年になる。
某大手スポーツクラブを退職し、
テニスコーチになった人生最初の転職は夏だったけど、
2度目の転職、3度目の退職〜転職は春だった。

まあ、春はいろんなことがある。
心がざわつくから色々あるのか、色々あるからざわつくのか。
何にしても今年もキレイな桜を見られたことに感謝しよう。

さあ、やること満載だ。
この春も頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

なにこれとか、REC FESTA 2018とか。

中央自動車道・談合坂SAで出会ったコイツ。
IMG_3633
キミは何者?

とりあえず「叩いちゃダメよ」みたいな注意書きがあった。
たしかに叩いてみたくなる風貌だ。
叩いてないよ、大人だから。

 

さて、GW毎年恒例のREC FESTA。
って言っても、まだ今年で3回めかな。

そんなわけで今年も5月4日はREC FESTA。
recfestamain01
会場はレックインドアテニススクール上石神井。
時間は10時から16時30分くらいまで。(だいたいでゴメン)

Team RECプロメンバーからは、
鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、中村祐樹プロの参加が決定。
関口周一プロはツアーに出ているため不参加。(残念)
斉藤貴史プロは現在スケジュール確認中。(来て!)

Team RECのコーチ、スタッフも大集合。
皆さんに楽しんでいただくために絶賛仕込み中です。

内容を少しご紹介。(あくまで予定だけど)

プロクリニック
recfestaclinic

こちらは事前予約制ね。
エキシビションマッチ
DSC_63191

DSC_6417

Team RECプロメンバー、日本リーグメンバー、
実業団メンバーなどが、様々な組み合わせで出場予定だ。
もしかするとワタクシも・・・(ウソ)

昨年好評だったピラティス
DSC_5837

全然出来てない男。
DSC_58411

今年も体幹から美しく。。

段ボール迷路は今年も登場。
IMG_7076

今回はアイトレーニングなどもニューアトラクションもあり(かな)

もちろん、ソトヤマシェフの美味しいなにかも。
IMG_7153

その他、あれこれと準備思案中。

基本的には当日フラッと参加で大丈夫なものばかり。

ぜひ一緒に楽しいGWを過ごしましょう。
ワタクシにも会えますよ。(それは別に・・)

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

器具とか、We are Team RECとか。

レックインドアテニススクール上石神井のスタッフルームにあった。
IMG_3194

「なにこれ?」

「コーチが持って来たんですけど、
プロネーションがなんとかって・・」

振ってみた。

なるほどプロネーションによって笛みたいなところが
ヒュッ!と音を出す。
IMG_3195

プロネーションが効いていないと音は出ない。
うまいこと出来てるなぁ。

野球用なのかも。
テニスもこういう工夫必要だよね。

 
さて、そろそろ終わりの日本リーグスナップ。

チェンジコートの関口周一プロ。
DSC_7518
Team RECメンバーの中では、試合中の表情がいちばん豊か。
真剣な表情から、一転笑顔になったりと見ていて楽しい。

そんな関口プロも朝のアップから試合前までは
集中し、近寄りがたいオーラを出す。

最初の年は、何か怒ってるのかと驚いたが、
最近はそれが周一のルーティンなのだとわかり、
あまり話しかけずに放っておく。

ちなみに、斉藤貴史プロはホテルのレストランで
朝食を摂っている時から集中モード。
会場までの車でもあまり話さず、自分の世界。

最初の試合になることも多いからか
かなり早い段階から勝負オーラバリバリ。
これまたあまり話しかけず放っておく感じ。

まあ、試合前は皆、自分のペースで集中したいのが普通だから、
二人に限らず、やたらと構わないことにしている。

 

 

優勝カップ。
IMG_3079
いつかこれを持って帰りたい。
成績も一歩ずつ前進してるから、夢じゃないと思う。

試合後の東京体育館。
IMG_3184

あっという間にコートが撤収されて、板床に。
IMG_3185
祭りのあとって感じで少し寂しい。

最後に皆で応援に来てくださった方々と写真を撮った。
なぜか、ワタクシと写真を撮りたいというNさん。

せっかくなのでメダルを持ってくださいというと、
手のひらに乗せて、メダルをしみじみ眺めた。
IMG_3264

そして、「重い・・・。とうとうここまで来たのね」
と涙ぐんだ。

ワタクシが入社した6年前、それより前の
チーム発足時から毎試合応援に来てくれたNさんたち。

暑い中、寒い中、大風の中、もちろん観客席なんてない。
フェンスの外から選手たちを応援してくれた。

東京実業団を勝ち上がり、千葉での関東実業団、
広島での全国実業団、いつも皆さんが応援してくれた。

実業団参戦、チーム発足の提案は成田コーチだ。

今、日本リーグのメンバーはプロが多いが、
たくさんの選手たちが応援に応えるべく戦い、
タスキをつなぎ、ここまで来た。

応援してくださるたくさんの皆さん、
関わってくださるたくさんの皆さん、
それぞれのステージで戦って来たスタッフ、
選手を送り出してくれた現場スタッフ。

たくさんのTeam RECの仲間に支えられてこのメダルがある。
Nさんの涙がそれを一層強く感じさせてくれた。

そんな思いを少しだけ最後のミーティングで話した。
思わず涙がこみ上げて来て、最後まで話せなかったが、
皆その思いはわかってくれたようだ。

メンバーからも応援への感謝の言葉が増えた。
そして力をもらえたとも。

選手の後ろにはたくさんの方々がいる。
それを背負って戦う。

これが実業団であり、チーム戦だ。
そして、Team RECなんだと思う。

今年もいい日本リーグだった。
感謝を忘れず、ますます応援してもらえるチームになろう。

選手たちはそれぞれのツアーに戻っていたが、
袖についているTeam RECワッペンが
彼らを後押ししてくれるはず。

がんばろう!
We are Team REC!

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

富士塚とか、日本リーグスナップあれこれとか。

朝のウォーキングコースの鳩の森神社。
IMG_2471
千駄ヶ谷の富士山、「富士塚」。
パワースポットらしい。

あまりパワーとか感じないタイプだけど、
今度登ってみようと思う。
ちなみに山頂まで6mだそうだ。

 

さて、まだある。日本リーグのスナップ。

練習日の夜。
商談があって食事会に参加できず。
にコンビニで食事を買い、ホテルの部屋で食べようと思ったら、
レジに竹島プロがいた。
IMG_2992

「眠そうだね」と言ったら、「はい、眠そうです」って、
ほぼ寝ぼけてた。
大丈夫か?(笑)

 

アップでは皆、チューブを使う。
IMG_3014
中村プロを除いては・・・。

「チューブって何がいいんですか?」とは中村プロ。
色々と勉強したまえ。

準決勝、高熱フラフラで戦った関口プロ。
IMG_3144
最終日はお休み。

前日の夜、ホテル前で食事から戻った関口プロに会った。

「大丈夫?」と聞いたら、
「なんとか。ニンニクしこたま食べてきました」だって。
ニンニクとロキソニン大量投与で生き延びた最終日だ。

 

コートチェンジの斉藤貴史プロ。
DSC_7121
とにかく食べる。
赤飯おにぎりと塩むすびを5〜6個食べる。
よく動けるなぁ。

ちなみに中村プロはバナナを5〜6本食べる。
それだけ消耗するんだろうね。

斉藤貴史のシューズはミズノ。
DSC_2659
横浜のセカンドステージからだろうか、
内側にテーピングを貼っている。

多分、すれて穴が空いているのだ。
メーカーさんから送ってもらえるはずだが、
絶妙にフィット感が良い状態なのかも。

 

斉藤貴史プロのバックハンド。
DSC_7316
結構グリップが離れている。
錦織圭もこれに近い。
最近多いよね。

シングルハンドで育ったオジサンのワタクシには
その感覚がどうにもわからない。

 

選手たちにショットの感覚とか
意識していることを聞いてみたりすると
それぞれに特徴があっておもしろい。

日本リーグメンバーではないが、鈴木プロは超理論派。

関口周一プロはこだわりがありつつも日替わり感覚派。

竹島駿朗プロは、ラケットの裏表も決め、
グリップテープの巻き始めも同じ場所の繊細こだわり派。

斉藤貴史プロは自分の感覚を信じて貫く求道者。

中村祐樹プロは、細かなことにはこだわらず自然体(?)

佐藤一平コーチと井原力コーチにはいつも会うので聞いたことがない。
今度聞いてみよう。

そんな色々のメンバーたち。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

動画とか、レンズとか。

日本リーグ・ダイジェスト動画完成した。

何かと思い出すこともあったり。
選手たちは今週からジャパンフューチャーズ。
切り替えて頑張れ!

ワタクシも今日はお休みなので、
亜細亜フューチャーズに行く予定。
何かと忙しい春先である。

 

さて結局、壊れたレンズの修理はビジネスパル初日に間に合わず。

仕方がないので、昔買った望遠レンズを持ち出した。
IMG_3381
300mm望遠。
カメラを始めて4年後くらいに買ったものだろうか。

無いよりマシかってことで使ってみたが、
久しぶりに使ってみてビックリ。

結構伝えるじゃん・・・の正反対。
全然ダメだった。

ピントが全然追いつかない。
というより、うんともすんとも言わない。
成功率50%くらいじゃないだろうか。
IMG_3382

晴天の野外でこれだから、
室内じゃまったく使い物にならないだろう。

うーん、こんなに違うのか。
やっぱりそれなりの値段の意味はあるのね。

キタザワ師匠の「レンズでフォーカスの速さ全然違うよ」
との言葉がよく分かった。

おかげで撮影数は激減。(苦笑)
まあ、しょうがないか。

それにしても昔はよくこれで撮ってたな。
子供の写真とかボートの写真ばかりで、
テニスはあまり撮ってなかったのかな。

何にしても、修理に出して正解だ。
ところでいつ届くのだ?

カテゴリー: Team REC, カメラ, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

受付とか、日本リーグスナップとか。

japan4

テニス日本リーグ4位でフィニッシュしました。
応援ありがとうございました!

 

日本リーグ応援席
IMG_3049

IMG_3052
他チームさんを参考にしつつ、毎年工夫を凝らして進化。
製作も受付も、スタッフ皆で作り上げる日本リーグ。
選手たちが喜んでくれるのもうれしい。

 

さて、そんな日本リーグだが、
実は会場外で選手たちと一緒の時間はほとんどなくて、
オフショットのスナップ的なものはほぼ無い。

とりあえず、あるものをアップ。

会場の巨大ビジョンにチーム名が映し出される。
DSC_0673
テンションが上がる瞬間である。

選手たちもそれぞれの看板を背負って戦う。
DSC_0235

DSC_7374

終わればノーサイド。
DSC_7391

DSC_2762
好きなアングルだ。

今年のユニフォームはエレッセ。
DSC_6994

DSC_6999

プロメンバーは自分の契約メーカーのシャツを着てもらったが、
レックスタッフのユニフォームのシャツ&パンツはこれ。
DSC_2935

DSC_2944
最終日、揃ってお目見え出来て良かった。

ゴールドウインさんには何かとお世話になった。
ありがとうございました。

各社の応援の皆さん。
DSC_2177

DSC_2650

DSC_1979

DSC_2651
どこの応援もすごかった。

もちろん、Team RECの応援も素晴らしかった。
DSC_0679

IMG_3160
ありがとうございます!

団長のイチジョーさん。
DSC_2040
お疲れ様!

他社のスタッフさんから、
「あの人は応援で契約している方ですか?」
と聞かれたので「そうです」と答えておいた。(笑)

 

日本リーグ、つまり企業スポーツの応援は
ある意味、応援の本質だと思った。

自陣のナイスプレーに大きな拍手と声援をする。
相手チームに攻撃的な言葉や野次は一切なし。
とにかく純粋に自チームをフェアに応援する。

実は一部、相手のミスを揶揄するようなコールを多用するチームもある。
そんな応援は企業イメージを損なうだけだと思わないのだろうか。
そういう応援はせっかくトップリーグに来ているのに
企業価値を毀損するだけだからやめたほうが良いと思う。

一部を除けば、純粋でフェアな応援ばかり。
それががスポーツの本質じゃないだろうか。
そういう意味で日本リーグの価値は高いと思う。

そしてそこから選手は勇気と力をもらっている。
本当にありがとうございます。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。