カテゴリー別アーカイブ: 中村祐樹プロ

新調とか、春とか。

レックインドアテニススクール上石神井。

線路側のバナーを春バージョンに新調した。
IMG_3513

日本リーグの結果報告バナーも新しく。
IMG_3514
昨年の5位からひとつ上げて4位。
今年は決勝に行きたいな。
色々あるけど、みんなで頑張ろう。

 

さて、春分の日の雪はなんだったのだ?
IMG_3661

レックテニススクール府中に行ったのだが、
調布を過ぎたあたりからかなりの降りっぷり。
IMG_3668
また雪かきかと若干ビビる。

大国魂神社の桜も寒そう。
IMG_3666
春なんだか、冬なんだか・・

で、週末から急に暖かくなった。

オフ。
ランニングをしながら春を満喫。
IMG_3742

近所の公園もいい感じに桜が咲いている。
IMG_3740
子供が小さい頃はよくこの公園で遊んだ。

空き地では少年サッカー。
IMG_3745

川沿いの公園の桜も咲き始めた。
IMG_3746

春だなぁ。
なんだか春は心がざわつく。
毎年のこの感じは何なのだろう。

別れと出会いの季節だから?

そういえば、15歳児も4月から高校生。
中高一貫だからあまり感慨はないけど。

ワタクシ的には今の会社ももうすぐ6年になる。
某大手スポーツクラブを退職し、
テニスコーチになった人生最初の転職は夏だったけど、
2度目の転職、3度目の退職〜転職は春だった。

まあ、春はいろんなことがある。
心がざわつくから色々あるのか、色々あるからざわつくのか。
何にしても今年もキレイな桜を見られたことに感謝しよう。

さあ、やること満載だ。
この春も頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

なにこれとか、REC FESTA 2018とか。

中央自動車道・談合坂SAで出会ったコイツ。
IMG_3633
キミは何者?

とりあえず「叩いちゃダメよ」みたいな注意書きがあった。
たしかに叩いてみたくなる風貌だ。
叩いてないよ、大人だから。

 

さて、GW毎年恒例のREC FESTA。
って言っても、まだ今年で3回めかな。

そんなわけで今年も5月4日はREC FESTA。
recfestamain01
会場はレックインドアテニススクール上石神井。
時間は10時から16時30分くらいまで。(だいたいでゴメン)

Team RECプロメンバーからは、
鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、中村祐樹プロの参加が決定。
関口周一プロはツアーに出ているため不参加。(残念)
斉藤貴史プロは現在スケジュール確認中。(来て!)

Team RECのコーチ、スタッフも大集合。
皆さんに楽しんでいただくために絶賛仕込み中です。

内容を少しご紹介。(あくまで予定だけど)

プロクリニック
recfestaclinic

こちらは事前予約制ね。
エキシビションマッチ
DSC_63191

DSC_6417

Team RECプロメンバー、日本リーグメンバー、
実業団メンバーなどが、様々な組み合わせで出場予定だ。
もしかするとワタクシも・・・(ウソ)

昨年好評だったピラティス
DSC_5837

全然出来てない男。
DSC_58411

今年も体幹から美しく。。

段ボール迷路は今年も登場。
IMG_7076

今回はアイトレーニングなどもニューアトラクションもあり(かな)

もちろん、ソトヤマシェフの美味しいなにかも。
IMG_7153

その他、あれこれと準備思案中。

基本的には当日フラッと参加で大丈夫なものばかり。

ぜひ一緒に楽しいGWを過ごしましょう。
ワタクシにも会えますよ。(それは別に・・)

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

器具とか、We are Team RECとか。

レックインドアテニススクール上石神井のスタッフルームにあった。
IMG_3194

「なにこれ?」

「コーチが持って来たんですけど、
プロネーションがなんとかって・・」

振ってみた。

なるほどプロネーションによって笛みたいなところが
ヒュッ!と音を出す。
IMG_3195

プロネーションが効いていないと音は出ない。
うまいこと出来てるなぁ。

野球用なのかも。
テニスもこういう工夫必要だよね。

 
さて、そろそろ終わりの日本リーグスナップ。

チェンジコートの関口周一プロ。
DSC_7518
Team RECメンバーの中では、試合中の表情がいちばん豊か。
真剣な表情から、一転笑顔になったりと見ていて楽しい。

そんな関口プロも朝のアップから試合前までは
集中し、近寄りがたいオーラを出す。

最初の年は、何か怒ってるのかと驚いたが、
最近はそれが周一のルーティンなのだとわかり、
あまり話しかけずに放っておく。

ちなみに、斉藤貴史プロはホテルのレストランで
朝食を摂っている時から集中モード。
会場までの車でもあまり話さず、自分の世界。

最初の試合になることも多いからか
かなり早い段階から勝負オーラバリバリ。
これまたあまり話しかけず放っておく感じ。

まあ、試合前は皆、自分のペースで集中したいのが普通だから、
二人に限らず、やたらと構わないことにしている。

 

 

優勝カップ。
IMG_3079
いつかこれを持って帰りたい。
成績も一歩ずつ前進してるから、夢じゃないと思う。

試合後の東京体育館。
IMG_3184

あっという間にコートが撤収されて、板床に。
IMG_3185
祭りのあとって感じで少し寂しい。

最後に皆で応援に来てくださった方々と写真を撮った。
なぜか、ワタクシと写真を撮りたいというNさん。

せっかくなのでメダルを持ってくださいというと、
手のひらに乗せて、メダルをしみじみ眺めた。
IMG_3264

そして、「重い・・・。とうとうここまで来たのね」
と涙ぐんだ。

ワタクシが入社した6年前、それより前の
チーム発足時から毎試合応援に来てくれたNさんたち。

暑い中、寒い中、大風の中、もちろん観客席なんてない。
フェンスの外から選手たちを応援してくれた。

東京実業団を勝ち上がり、千葉での関東実業団、
広島での全国実業団、いつも皆さんが応援してくれた。

実業団参戦、チーム発足の提案は成田コーチだ。

今、日本リーグのメンバーはプロが多いが、
たくさんの選手たちが応援に応えるべく戦い、
タスキをつなぎ、ここまで来た。

応援してくださるたくさんの皆さん、
関わってくださるたくさんの皆さん、
それぞれのステージで戦って来たスタッフ、
選手を送り出してくれた現場スタッフ。

たくさんのTeam RECの仲間に支えられてこのメダルがある。
Nさんの涙がそれを一層強く感じさせてくれた。

そんな思いを少しだけ最後のミーティングで話した。
思わず涙がこみ上げて来て、最後まで話せなかったが、
皆その思いはわかってくれたようだ。

メンバーからも応援への感謝の言葉が増えた。
そして力をもらえたとも。

選手の後ろにはたくさんの方々がいる。
それを背負って戦う。

これが実業団であり、チーム戦だ。
そして、Team RECなんだと思う。

今年もいい日本リーグだった。
感謝を忘れず、ますます応援してもらえるチームになろう。

選手たちはそれぞれのツアーに戻っていたが、
袖についているTeam RECワッペンが
彼らを後押ししてくれるはず。

がんばろう!
We are Team REC!

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

富士塚とか、日本リーグスナップあれこれとか。

朝のウォーキングコースの鳩の森神社。
IMG_2471
千駄ヶ谷の富士山、「富士塚」。
パワースポットらしい。

あまりパワーとか感じないタイプだけど、
今度登ってみようと思う。
ちなみに山頂まで6mだそうだ。

 

さて、まだある。日本リーグのスナップ。

練習日の夜。
商談があって食事会に参加できず。
にコンビニで食事を買い、ホテルの部屋で食べようと思ったら、
レジに竹島プロがいた。
IMG_2992

「眠そうだね」と言ったら、「はい、眠そうです」って、
ほぼ寝ぼけてた。
大丈夫か?(笑)

 

アップでは皆、チューブを使う。
IMG_3014
中村プロを除いては・・・。

「チューブって何がいいんですか?」とは中村プロ。
色々と勉強したまえ。

準決勝、高熱フラフラで戦った関口プロ。
IMG_3144
最終日はお休み。

前日の夜、ホテル前で食事から戻った関口プロに会った。

「大丈夫?」と聞いたら、
「なんとか。ニンニクしこたま食べてきました」だって。
ニンニクとロキソニン大量投与で生き延びた最終日だ。

 

コートチェンジの斉藤貴史プロ。
DSC_7121
とにかく食べる。
赤飯おにぎりと塩むすびを5〜6個食べる。
よく動けるなぁ。

ちなみに中村プロはバナナを5〜6本食べる。
それだけ消耗するんだろうね。

斉藤貴史のシューズはミズノ。
DSC_2659
横浜のセカンドステージからだろうか、
内側にテーピングを貼っている。

多分、すれて穴が空いているのだ。
メーカーさんから送ってもらえるはずだが、
絶妙にフィット感が良い状態なのかも。

 

斉藤貴史プロのバックハンド。
DSC_7316
結構グリップが離れている。
錦織圭もこれに近い。
最近多いよね。

シングルハンドで育ったオジサンのワタクシには
その感覚がどうにもわからない。

 

選手たちにショットの感覚とか
意識していることを聞いてみたりすると
それぞれに特徴があっておもしろい。

日本リーグメンバーではないが、鈴木プロは超理論派。

関口周一プロはこだわりがありつつも日替わり感覚派。

竹島駿朗プロは、ラケットの裏表も決め、
グリップテープの巻き始めも同じ場所の繊細こだわり派。

斉藤貴史プロは自分の感覚を信じて貫く求道者。

中村祐樹プロは、細かなことにはこだわらず自然体(?)

佐藤一平コーチと井原力コーチにはいつも会うので聞いたことがない。
今度聞いてみよう。

そんな色々のメンバーたち。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

動画とか、レンズとか。

日本リーグ・ダイジェスト動画完成した。

何かと思い出すこともあったり。
選手たちは今週からジャパンフューチャーズ。
切り替えて頑張れ!

ワタクシも今日はお休みなので、
亜細亜フューチャーズに行く予定。
何かと忙しい春先である。

 

さて結局、壊れたレンズの修理はビジネスパル初日に間に合わず。

仕方がないので、昔買った望遠レンズを持ち出した。
IMG_3381
300mm望遠。
カメラを始めて4年後くらいに買ったものだろうか。

無いよりマシかってことで使ってみたが、
久しぶりに使ってみてビックリ。

結構伝えるじゃん・・・の正反対。
全然ダメだった。

ピントが全然追いつかない。
というより、うんともすんとも言わない。
成功率50%くらいじゃないだろうか。
IMG_3382

晴天の野外でこれだから、
室内じゃまったく使い物にならないだろう。

うーん、こんなに違うのか。
やっぱりそれなりの値段の意味はあるのね。

キタザワ師匠の「レンズでフォーカスの速さ全然違うよ」
との言葉がよく分かった。

おかげで撮影数は激減。(苦笑)
まあ、しょうがないか。

それにしても昔はよくこれで撮ってたな。
子供の写真とかボートの写真ばかりで、
テニスはあまり撮ってなかったのかな。

何にしても、修理に出して正解だ。
ところでいつ届くのだ?

カテゴリー: Team REC, カメラ, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

受付とか、日本リーグスナップとか。

japan4

テニス日本リーグ4位でフィニッシュしました。
応援ありがとうございました!

 

日本リーグ応援席
IMG_3049

IMG_3052
他チームさんを参考にしつつ、毎年工夫を凝らして進化。
製作も受付も、スタッフ皆で作り上げる日本リーグ。
選手たちが喜んでくれるのもうれしい。

 

さて、そんな日本リーグだが、
実は会場外で選手たちと一緒の時間はほとんどなくて、
オフショットのスナップ的なものはほぼ無い。

とりあえず、あるものをアップ。

会場の巨大ビジョンにチーム名が映し出される。
DSC_0673
テンションが上がる瞬間である。

選手たちもそれぞれの看板を背負って戦う。
DSC_0235

DSC_7374

終わればノーサイド。
DSC_7391

DSC_2762
好きなアングルだ。

今年のユニフォームはエレッセ。
DSC_6994

DSC_6999

プロメンバーは自分の契約メーカーのシャツを着てもらったが、
レックスタッフのユニフォームのシャツ&パンツはこれ。
DSC_2935

DSC_2944
最終日、揃ってお目見え出来て良かった。

ゴールドウインさんには何かとお世話になった。
ありがとうございました。

各社の応援の皆さん。
DSC_2177

DSC_2650

DSC_1979

DSC_2651
どこの応援もすごかった。

もちろん、Team RECの応援も素晴らしかった。
DSC_0679

IMG_3160
ありがとうございます!

団長のイチジョーさん。
DSC_2040
お疲れ様!

他社のスタッフさんから、
「あの人は応援で契約している方ですか?」
と聞かれたので「そうです」と答えておいた。(笑)

 

日本リーグ、つまり企業スポーツの応援は
ある意味、応援の本質だと思った。

自陣のナイスプレーに大きな拍手と声援をする。
相手チームに攻撃的な言葉や野次は一切なし。
とにかく純粋に自チームをフェアに応援する。

実は一部、相手のミスを揶揄するようなコールを多用するチームもある。
そんな応援は企業イメージを損なうだけだと思わないのだろうか。
そういう応援はせっかくトップリーグに来ているのに
企業価値を毀損するだけだからやめたほうが良いと思う。

一部を除けば、純粋でフェアな応援ばかり。
それががスポーツの本質じゃないだろうか。
そういう意味で日本リーグの価値は高いと思う。

そしてそこから選手は勇気と力をもらっている。
本当にありがとうございます。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、4位とか。

2018japantennisleaguebanerー

 

たくさんの応援ありがとうございました!

 

Team RECがサポートする西郷幸奈プロが、
ITF Womens Circuit $15,000 Manacor (Mallorca) ダブルスで優勝。
27989885_1547151478713423_551641724_o

今年のスタートはスペインを拠点に練習、
ツアー参戦を組んだ西郷プロ。
その最初の大会で優勝とは幸先が良い。

毎週の報告やSNSでも、良い練習ができているようだし、
ステップアップにつなげて欲しい。
引き続きがんばれ。

 

さて、日本リーグ・決勝トーナメント最終日。
前日の準決勝で敗退したTeam RECは3位決定戦を
同業他社のノアインドアステージさんと戦った。

以前ならテニススクール事業者が日本リーグのベスト4に
2社というのもなかったことかもしれない。
女子リーグにもテニスユニバースさんがいるし、
そういう意味では少しまた変わってきたのかも。

テニスを普及したいワタクシたちにとっては、
これもひとつのあり方だと思っている。

ということで、同業対決である。

DSC_1831

この日、Team RECはオーダーを変えた。
前日、発熱で体調最悪の関口周一選手を下げ、
斉藤貴史選手をシングルス1に。

ダブルスは社員コーチペアで行こうと腹を決め、
佐藤一平選手・井原力選手に。
リキ、ようやく出番だ。

シングルス2は竹島駿朗選手ではなく、
中村祐樹選手にという布陣。

色々な思いがありつつ、このオーダーで戦うことに決めた。
それぞれが思いに応えて、全力で戦うのみである。

 

シングルス2 中村祐樹選手 vs 渡邉聖太選手
DSC_1847

ファーストステージではシングルス1で活躍したユウキに
さらにひと皮むけて欲しいとの思いでの起用。
楽な戦いはないけど、死ぬ気でがんばれ。

DSC_2037

DSC_2055

最初は互いに空回りっぽい出だしだったが、
徐々にがっぷり四つの展開になった。
あ、別にユウキの体型がそう言わせているのではない、決して。

DSC_1963

DSC_2033

DSC_1988

ファーストセットを取り、セカンドセットを落とし、
勝負はファイナルセットへ。

DSC_2060

DSC_2247

DSC_2156
譲らない、譲っちゃいけない。
これからのユウキの選手生活のためにも
この試合で出し切って欲しい。
がんばれ。

結果は、中村 6-2, 4-6, 4-6 渡邉で負けだった。
これで厳しくなったけど、ユウキが何かを掴んでくれれば
チームとしてもうれしい。
おつかれ!

 

そして、頼れる男がシングルス1になって登場である。
DSC_6195

DSC_2430

DSC_2396
実はノアさんもシングルス1の吉備選手が
前日の試合で手首の痛みでリタイヤ。
いつもはシングルス2の大西賢選手がシングルス1で登場。
なんと予選リーグと同じ顔合わせとなった。

予選リーグではタカシが勝っているが、
大西選手は前日の三菱電機戦では仁木選手を破っている。

朝の練習を見ていた関口選手が、
「これまで見た中でいちばんいい状態の賢だと思う」
と言うほど充実した感じ。

案の定、どちらも譲らず、ハイレベルなボールの応酬が続く。
DSC_2457

DSC_2495

打てばカウンター、狙えば切り返しと目が離せない。
いやいや、すごいな、このしばきあい。
DSC_2704

DSC_2746

最後はタカシが振り切って、7-6 (7-3), 7-5で勝利。
DSC_2758

DSC_6211
本当に素晴らしい試合だった。
二人のツアーでの活躍に期待したい。

 

これで1勝1敗のタイ。
いよいよ、コーチペアの登場である。

佐藤一平/ 井原力 vs 吉備雄也/ 華谷宗
DSC_6215

前日、手首を痛めた吉備選手は大事をとってダブルスに回った。
痛めているとはいえ、グランドスラムの予選に出た選手、
出来れば大事をとって休んで欲しかったけど・・。

あ、いやいや、冗談。
とにかく勝とう。
リキ、イッペイ、思い切りいけよ。

序盤からイッペイのサービスが炸裂し、試合が始まった。
DSC_2885

DSC_2918

DSC_2964
すごくいいんじゃないだろうか。

相手もさすがの攻撃力で、
なかなかサービスゲームを崩せないが、
互角の展開でタイブレークに。

DSC_3058

ほんの僅かの差でファーストセットを落とすが、
セカンドセットにも期待が持てる展開。

セカンドセットは相手ペアが一気にギアを上げ攻めてきた。
DSC_3020 DSC_2973 DSC_2968
負けじとこちらもギアを上げ食い下がるが、
押し切られ、6-7 (7-9), 3-6 で敗退。
チームの負けも決まった。

しかし、良い戦いが出来た。
来年に向けて色々と見えたし、良かった。

DSC_6233
たくさんの応援にも勇気もいただいた。
ありがとうございました。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 西郷幸奈プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

仕事とか、準決勝とか。

2018japantennisleaguebanerー

 

たくさんの応援ありがとうございました!

 

日本リーグ決勝トーナメントでは新宿に宿泊した。
IMG_3010
ホテル〜会場は徒歩15分、
会場から会社も徒歩15分、
会社からホテルは徒歩4分くらいだろうか。

試合が終わって戻るのはホテルではなく会社。

ホテルのWi-Fiがいまひとつプアで、
モバイルWi-Fiを使っている状態なので、
いっそ会社に行った方が仕事がやりやすいのだ。
IMG_3007

で、通常業務をこなす。
昼間出来なかった分、いつもより忙しい。

仕事が終わるとコンビニで食事を買って、
ホテルに戻って食べて寝る。

旅気分はゼロである。
仕事が溜まるよりはいいけどね。

 

さて、日本リーグ・決勝トーナメント2日目・準決勝。
Team RECはイカイさんと対戦した。

イカイさんはいつも上位入賞の強豪チーム。
初参戦の3年前の予選リーグで対戦したが、
この時は負けているので、リベンジしたいところ。

シングルス2 斉藤貴史選手は、YONG KYU LIM選手と対戦。
27655469_1920636734933386_9203260643798603985_n

27657275_1920636834933376_2546473762980367504_n
サービスがメッチャ速く、何本ものノータッチエースを取られる。
いつかペースも落ちるのではと思うのだが、なかなかその時が来ない。

必死で食らいつくも5-7でファーストセットを落とす。
27655441_1920636738266719_3595782043015623752_n

途中、治療に入った斉藤選手。
27545705_1920636931600033_7583118147395955546_n
マメかなにかだろうか。

一気に突き放しにかかる相手。
跳ね返すことが出来ない時間が続く。

兆しが見えた。
27867285_1920636831600043_7135331967234014120_n

あと一歩。
27750359_1920636828266710_7702746046493817368_n

しかしひっくり返すことは出来ず負け。
27655466_1920637014933358_5653975958799450663_n
強いな、やっぱり。
王手をかけられ、後がなくなった。

 

シングルス1は関口選手。
清水選手と対戦だ。
27545498_1920637114933348_1003265061521962801_n

序盤からなんとなくピリッとしない。
27545281_1920637378266655_1920704538229463132_n

27655054_1920637354933324_3691348482337561863_n

27654584_1920637364933323_6654136361446552150_n
防戦の場面も多い。

レベルの高いラリーも最終的には
関口選手のミスで終わることが増えてきた。
27655408_1920637294933330_2168072858384716350_n

27750253_1920637304933329_1572362125314367139_n

応援団も必死に後押し。
27655273_1920637118266681_5916450109858445014_n

27858236_1920637011600025_8123604478131166724_n

ファーストセットを落とし、
セカンドセットも一気に攻め込まれてゲームセット。
27654384_1920637431599983_5440367044116498689_n
周一らしからぬ戦いぶり。

試合後、声をかけたら、喉がかすれてまったく声が出ていない。
どうやら風邪をひいてしまったらしい。
熱もありそうだということで、急遽タクシーでホテルに戻す。
大丈夫か?

これでチームの準決勝敗退は決まってしまったが、
ダブルスで一矢報いたいところだ。

竹島選手・佐藤選手と本村選手・福田選手の対戦。
27750416_1920637488266644_2647017183077150520_n

27545602_1920637714933288_6607866964122262561_n

27751962_1920637588266634_6645813198086589181_n

勝ちを決めたチームの勢いか、
1-6で一気にファーストセットを持っていかれる。

しかしセカンドはリードの展開もありつつの接戦。
27655515_1920637851599941_9125012664692167305_n

27858830_1920637801599946_7467293912339487592_n

一平の応援旗はお客様がつくってくださった。
27750140_1920637601599966_2248139195000163781_n

27545581_1920637514933308_3542951967760008537_n

が、最後は突き放されてゲームセット。
27656969_1920637928266600_4271943273080613063_n
ファーストセットはともかく、セカンドは惜しかった。
先を見て頑張ろう。

ということで、準決勝で敗退が決まったワタクシたちは、
最終日の順位決定戦に回る。
対戦相手は同業のノアインドアステージさん。

もう何度目の対戦だろう。
お互い、もういいよって感じかもしれないけど、
いい試合をしましょう。

まずは今日はお疲れ様でした。
27545696_1920637948266598_2476574681510655109_n
連日、たくさんの応援ありがとうございます。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

練習とか、やったぜ!とか。

2018japantennisleaguebanerー

テニス日本リーグ、いよいよ決勝!
応援よろしくお願いします!

 

日本リーグ決勝トーナメントはじまりました!

応援よろしくお願いいたします!

 

テニス日本リーグ・決勝トーナメントの朝。
気持ちが引き締まるような冷たい空気の中、歩いて会場へ。
27544967_1919893661674360_4421512396640332567_n

東京体育館は暖房入れるのね。
ありがたい。
27857846_1919893941674332_1970125502743464810_n
横浜、寒かったからなぁ。

選手たちもそれぞれに準備をしアップ開始。
27858764_1919893628341030_8869496804393962888_n

27750149_1919893565007703_4870324708305697190_n

27657983_1919893478341045_1856764364359934063_n

リラックスムードの中にも緊張感。

27971785_1919893761674350_1540253189234313596_n

27657828_1919893745007685_7399082184033460927_n

いい形で試合に向かえそうだ。
27541115_1919893431674383_2901408820305697129_n

初出場以来、決勝トーナメント本戦では勝ったことがない。
今年こそ勝利を収め、最終日まで残るのだ。
皆で勝とうぜ。

 

さて、そうこうしているうちにアップも終わり、
あっという間に試合の時間になった。

今日対戦するのは伊予銀行さん。
日本リーグ発足時から出場している伝統あるチームだ。

実は伊予銀行さんと対戦するのは初めて。
ずいぶんと色んなチームと対戦したが、
なぜか伊予銀行さんとは当たらなかった。

もちろん選手の情報は知っているが、
初対戦ならではの妙な緊張感もあったりという感じ。

まずはシングルス2。
斉藤貴史選手と佐野紘一選手の対戦。
27657096_1920094358320957_1076077619049570041_n

27657799_1920094481654278_8605902785628058396_n

27545398_1920094514987608_148935035828194540_n

メチャ厚いグリップでヘビートップスピンの佐野選手に
高い打点から早めに仕掛ける斉藤選手という構図。

27751472_1920094594987600_2952457558349753341_n

27751695_1920094454987614_835113494567312458_n

早めの攻撃が成功し、佐野選手を追い詰める。
27866997_1920094664987593_3271474236194804653_n

6-2 6-3で勝利。
27545534_1920094838320909_9027951399045476017_n
まずは1勝である。

 

続いてはシングルス1。
関口周一選手と片山翔選手の対戦。
27544989_1920094851654241_3384559857498704913_n

27459706_1920095048320888_3268614299260927540_n

27545038_1920093741654352_5718047278738950036_n

片山選手の武器であるフォアが爆発し、
ファーストセットは片山選手。
27544910_1920093731654353_2986237899698504940_n

27545579_1920095031654223_3550182960341229465_n

27655340_1920094924987567_4698242225548687559_n

27654811_1920093851654341_185893585881475900_n
セカンドセットも崖っぷち一歩手前まで追い詰められる。

しかしここからなんとかタイブレークを制してタイに。
27751761_1920094868320906_6406337216033979756_n

ファイナルセットもイーブンで進むが、
関口選手がブレークに成功。
27751909_1920094994987560_604611850085599370_n

27752384_1920094934987566_4216618788669542091_n

4-6 7-6(2) 6-3、見事に逆転で勝利である。
27544941_1920094224987637_6185511919967948614_n
この瞬間、初の決勝トーナメント勝利が決まった。
素晴らしい!

 

今大会、ずっと2-1で勝ってきているので、
最後のダブルスも獲って、なんとか3-0で終わりたいところ。

竹島駿朗選手/中村祐樹選手と飯野翔太選手/中島啓選手の対戦。
27751515_1920094051654321_9188861159936707545_n

伊予銀行さんのダブルスは強い。
押され気味で試合が進み、ファーストセットを落とす。

必死で反撃の糸口を探す。
27972586_1920094121654314_6606021190532088289_n

27657454_1920094194987640_3029192153856088191_n

なかなか出口が見つからない。
27657594_1920094134987646_429235092071797752_n

ペースを変えることが出来ず、3-6 4-6 で敗退である。
厳しい。

しかしチームは勝利。
準決勝に駒を進めた。

ここまで来たらあと2回勝ちたい。
つまり優勝したい。

今日の相手はイカイさん。
上位常連チームだが、喰らい付こう。
勝つぜ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

競技場とか、搬入とか。

 

2018japantennisleaguebanerー
テニス日本リーグ、いよいよ決勝!
応援よろしくお願いします!

 

いよいよ今日から日本リーグ決勝トーナメント!

応援よろしくお願いいたします!

 

日本リーグ・決勝トーナメント前日の朝。
歩いて会場の東京体育館へ。

会社から歩いていける会場・・とても便利。
素晴らしい。

ちなみにホテルも会社から徒歩4分。
だったら自宅から通えよってツッコミはナシの方向で。

国立競技場
IMG_2977
知らぬ間に随分と出来上がっていた。
しかし大きいな。
オリンピックってすごいのね。

 

さて、東京体育館の駐車場で車に荷物満載のDRKさんを持つ。
道路が混むと歩くのさして変わらない。
それほど近いのだ。

到着。
IMG_2978
第一回目の運び込み。

会場へ。
IMG_2981
まだコート設営中だった。
午後の練習までに完成するのかな。

板床にシートを敷くのね。
IMG_2983
思ったより薄いけど、弾力は強かった。

ウチのロゴは見つからなかった。
IMG_2984

ひとまず会場隅に置かせてもらう。
IMG_2980
一旦会社に戻り仕事。

午後には選手も集まり練習。
そして夜は決起食事会である。

が、ワタクシは某所で会議のため、会場にも食事会にもいけず。
どうしてこんな日に・・とも思うが、クライアントの指定なので
ずらしてもらうわけにもいかずである。

まあ、その場にワタクシがいてもいなくても
何も変わらないからいいんだけど。

ということで、いよいよ今日は決勝トーナメント1回戦。
とにかく勝って優勝に一歩でも近づこう。
頑張ります!・・・選手が。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。