カテゴリー別アーカイブ: 仕事

一杯100円とか、自己分析とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

何かと追い込まれている今日この頃である。
大きな山、小さな山がたくさん待っている。

デッドラインに潰されそうになりつつ、
この日も、ひたすらPCに向かっていた。

夕方、本社スタッフの皆が言う。

「忙しい?」

「え?まあ、はい」

「飲みに行くんだけど、どう?」

「いやぁ・・・どうでしょ?」

「生が一杯100円なのよ」

「そういう問題では・・・」

何かとテンパっていて、今日中には目処をと思っていたのだが、
本社の女性陣に誘われるのもなかなか無いことなので、
ありがたくお誘いに乗ることに。
IMG_7993
たしかに生ビールが100円である。
ワタクシは飽きちゃったのでワインだけど。

焼き鳥や食べ物もリーズナブル。
いい店見つけたなぁ。

店内は若干、昭和テイスト。
IMG_7989
ヒデキと早乙女愛の「愛と誠」である。

こちらは百恵ちゃん。
IMG_7990

ダイハツ・ミゼットの広告もあった。
IMG_7991

ワタクシがほとんどデスクにいないせいか、
あまり一緒に飲みに行くことは無いのだが、
色んな話を聞けて良かった。

事務方ならではの苦労も多いのね。
って、ワタクシのせいも多分にあるのだけど。
俯瞰というか、客観的に見てくれる貴重な意見もいただいた。
また勉強させてください。
ただし、突然じゃなくて、事前予告で誘ってくださいなのだ。

 

さて、「あなたはどう思う?」と聞かれる。
ウチのボスからだ。
ミーティング、商談中、かなりの確率で意見を求められる。

そんなわけで、ぼんやりと意見のないままに話をするわけにはいかないし、
商談中も、だた横に座っているわけにはいかない。
常にレディポジションを取り、意見を言えるようにしておかなければなのだ。

 

「あなたはどう思う?」と聞けるってスゴイことだと思う。
トップだったら、ワタクシの意見など聞かずとも意思決定は出来るだろう。
そもそもワタクシの意見がまともなのかもあやしいものだし。

年齢やポジションが上がると、人の意見や苦言を聞く機会が減る。
これはワタクシのように無駄に生きてきた人間でもその傾向があるから、
本当に偉い人はさらにそういう機会は少ないだろう。

はじめに自分の意見を言えば、多くの人は(表面上は)賛同する。
そして議論はその方向に流れていく。
自分の方向性、意見は正しいのだと思い込む。
そしていつの間にか、人の意見を聞かなくなる。
裸の王様の出来上がりである。

だから、「あなたはどう思う?」が言えるのはすごいと思う。
役に立たない意見かもしれないが、聞いてもらえるってことは
緊張感もありつつ、モチベーションに大きく影響する。

 

自分のそうあらねばと思う。
人に考えを押し付けていないだろうか。
「あの人に言っても無駄だから」と思われていないか。

自分のポジションや与えられたミッションにおいて
バランスが取れているか、本質を外してないか。
節目節目で自らを俯瞰で見て、自己分析をしなければと思う。

 

年齢が上がるとどうして独善的になるのだろう。
人間の常なのか?

しかしそれに気づかないことはとても危険。
自分が偏っていることに気づけなければどんどん違う方向に振れてしまう。
そして、誰も何も指摘してくれないような自分であれば救いようが無い。

良く思われたいとか、人からの評判の話ではない。
自分が正しく立っているか、本質に歪みは無いかということ。
それを確認出来る言葉が「あなたはどう思う?」なのかもしれないな。

「オレはこう思うんだよ」「それはこういうことだ!」の前に
「あなたはどう思う?」と言えるようになろうと思う。

カテゴリー: 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ビジョンとか、体験とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

偉い教育学者だか誰かが言っていた。
自分の部屋で自分の机でしか勉強しない子よりも
リビングやダイニングなど、
場所を選ばずに勉強出来る子の方が
学力がつく可能性が高いとか。
そうかなぁ。

我が家の11歳児はまったく場所を選ばない。
最近はリビングの卓袱台を占拠している。
IMG_7812

と思ったら、この日はソファーで勉強していた。
IMG_7933
この前はベッドの中で布団をかぶって勉強してたな。

これって、前述の偉い人が言ってる事とは違うような気がする。
場所を選ばす集中出来る事が大事であって、
体勢を選ばないってことじゃないよね、きっと。

 

11歳児は受験をするのだそうだ。

「受験したいの?」

「受験?するよ」

「なんで?」

「私立に入ってさぁ、6年間のびのびテニスするんだよ」

「自分でのびのびって言うなよ」

この歳の頃、こんなビジョン無かったなぁ。
今日のご飯なにかなぁとか宿題のことで精一杯だったような。
世の中、変わったね。

まあ、助言はするが、自分の事は自分で決めるってのが我が家のやり方。
本人が望んでいるのなら好きに頑張れば良い。
今年はテニスはスローダウンだね。

 

さて先日のこと。
錦糸町に降り立った。

滅多に来る事の無い錦糸町駅から歩く事数分。
着いたのはここ。
IMG_7938
本所防災館である。

ここで日本テニス事業協会の防災体験セミナーが行われるのだ。
ワタクシ、主催委員会の副委員長ということで参加である。

なぜか、ゾウがキャラクターらしい。
IMG_7939
カメラを向けると必ず写り込んで来るDRKさん

吹き抜けの近代的な館内には様々なギミックが。
IMG_7942
これは防災クイズマシン。

しかし立派な建物だ。
IMG_7947
最初は映画を観る。
東日本大震災のドキュメント。

出だしから涙が出た。
しかしちょっと疲れていたので、少し寝てしまった。
ちなみに原発関連の映像は出てこなかった。
なんらかの配慮が働いているのだろうか。

 

暴風雨体験。
IMG_7952
風速30mよりも雨がツラかった。
借りたカッパの性能があまり高くなく、水が浸みてきたのがちょっと。

ボスは、風速30mでもゴルフのアドレスが取れるか実験したそうだ。
何やってるんだろう。

 

水没したドアを開ける体験コーナー。
IMG_7961
なかなか開かない。

水没した車のドアを開けるパターンもある。
IMG_7958
DRKさん、窓から頭が出てますよ。(笑)

 

地震体験コーナー。
IMG_7965
あれだけ揺れると何も出来ないね。
阪神大震災バージョンの揺れも体験。
最初のガタッというひと揺れでビビったDRKさんの顔を激写。

 

最後は消火体験。
IMG_7968
消火器の持ち方、使い方を教わる。
いざという時のために、これは知っておいた方が良い。

 

ロビーにはおみやげコーナーも。
IMG_7944

Tシャツが売っていた。
IMG_7976

IMG_7975
もちろん買わなかった。

ほぼフルコースで2時間弱。
一度は行っておいたほうが良いなと思った。

カテゴリー: ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

あちこちとか、飲みとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

朝からレックテニススクール府中へ。

少し早く着いたので大国魂神社へお参り。
IMG_7534
朝の神社の空気感で心が洗われる。(汚れてたのか?)
府中校巡回の定番にしよう。

駅前には八幡太郎、源義家の像もあるし、
府中の街は歴史的な香りがする。
IMG_7535
今度、府中の史跡巡りをしてみようと思う。

府中校でのミーティングを終え、午後はレックテニススクール春日部へ。
クリタヘッドコーチとの打合せを終え、コーチテストである。

緊張のため汗だくで頑張ったオザワコーチ。
IMG_7536
見事合格である。
本人もうれしいが、研修したコーチ、
練習に付合った仲間たちもうれしそう。
テスターのワタクシも一番うれしい瞬間である。

ここからがコーチとしての本番。
満足せずに頑張って欲しい。

そんなこんなで、あちらこちらへの毎日である。

 

さて、そんなわけで自分のデスクにいることが少ないのだが、
珍しくデスクワークの日と心に誓って本社出社。

ところが、朝から電話やら何やらで全然予定していた事に手がつかない。
なんだかんだの処理を終え気づいたら午後もいい時間。
ふと我に返ったらメッチャ疲れてた。
IMG_7538

こりゃなんか補給しなきゃと、隣のコンビニへ。
こんなものを買ってみた。
IMG_7537
これまで生きて来て、野菜ジュースを買ったのは3回も無いが、
なんとなく体が洗われるというか、パワーがみなぎる気がしたのだ。

飲んでみた。
うげ〜、まずい。
やっぱりトマトが苦手なワタクシには無理だった。
逆に妙に胸焼けしてしまったぞ。
大失敗。

くだらないことで時間を使っていたら
あっという間に夜になった。

と、ボスが突然、「コンビニに行って来る」と出て行った。
戻った手にはビールとおつまみが。

「今日はもう終わりにして一杯やろうよ」
IMG_7540
そこまで言われては切り上げるしか無い。

応接スペースで乾杯。
「昔はよく先代社長とこうして飲んだんだよ。お金掛からないしね」だそうだ。
ワタクシは知らない頃だが、なんだか懐かしいな。
会社の創業時ってそんな感じなんだよなぁ。

MacbookAirで懐かしい音楽掛けながら、
あれこれ話していたら、いつもよりも酔っ払った。
こんな飲み会もたまにはいいね。

カテゴリー: 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

タスキとか、壊れたとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

春の戦いが始まった。
春期実業団リーグに先駆けてビジネスパル東京大会だ。

昨年は大方の予想に反して、あれよあれよと東京準優勝、
そして関東4位、全国Best8と一気に全国区までコマを進める事が出来た。
しかし冷静に振り返ると、どれも崖っぷちの接戦というか、
すべてが奇跡的な勝ち上がりだった。

今回もあんなことが起こるかと言うと、それはないだろう。
負ければ終わりのこの大会。
毎回、ゼロスタートの気持ちで臨むのみである。

ワタクシたちの仕事柄、土日はレッスンを休みづらい。
必然的に現場のスクールをやりくりし、
登録メンバーを組まなければいけない。

つまり選手を微妙に入れ替えての戦いになるわけで、
負けてしまえば戦いの場に臨めない選手も出る。
次の日、次のラウンドにひたすらタスキを渡して行く
さながら駅伝状態での戦いがワタクシたちのスタイルなのだ。

初日、有明に集まった選手たち。
DSC_0221
今回は第1シードなので2回戦から。

この戦いの意味を確認し、試合に臨む。
DSC_0223

ダブルス1は中川・吉村。
DSC_0229

そのプレースタイルから、シングルスしか
生きる道は無いのではと思われていた中川コーチ。
DSC_0243
まさかの覚醒を見せての大活躍である。

あんなに攻めのテニスをする中川コーチは初めて見た。
最近替えたラジカルもジャストフィットらしい。
DSC_0249
フィニッシュがアンガールズなのは変わらない。

吉村コーチ
DSC_0252
いつも通りのロケットフォア。
見事に2勝である。

 

シングルスは宮田コーチ。
DSC_0261
昨年のこの大会でスングルスを戦い抜いた、躍進の立役者でもある。
この日も2勝をあげた。

 

ダブルス2は茢田・橘定。
DSC_0305

茢田コーチ
DSC_0308
昨年のこの大会、そして実業団リーグで社内MVPを獲った頼れる選手。
「神様、茢田様」という言葉が生まれた程に、とにかく安定している。

橘定コーチ
DSC_0298
気合いが空回りしたり、チキったりすることもあるが、伸び盛りの若手である。
頼れるペアと組んで、2試合目はナイスショット連発していた。
試合前、ワタクシに「メンタルを強くするにはどうすればいいですか?」と
聞いてきたが、10分やそこらでどうにかなるもんじゃないので答えようが無い。(苦笑)

この二人も2勝。
つまりこの日は完勝で2日目にタスキを渡す事が出来た。
DSC_0427
さあ、次のランナーも頑張ろうぜ!

 

さて、そんな大会のさなか、ワタクシは一人焦り、悪戦苦闘していた。
IMG_7498
突如、カメラの調子が悪くなったのだ。

オートフォーカスがまったく効かない。
シャッターを半押ししても、レンズがうんともすんとも言わないのだ。

しかも壊れた方はメイン機のD300s。

もう一台のD50はとっくに廃盤の10年選手。
SDカードも2GBまでしか読まないし、
いい加減買い替えなきゃと思っていたのだが、
まさかのD300sの故障。
どうせなら古い方に壊れて欲しかった。

結局、振っても撫でても復活せず。
ニコンに修理に出すしか無いと結論付けた。

こんな大事な時に壊れるなんてと愚痴っても仕方ない。
この週末はサブ機で何とか凌ぐとして、
あとは修理期間がどれくらい掛かるかだなぁ。

なんてことを思っていたら、ボスがひと言。
「会社の備品として、新しいの1台買おう。どうせならいいヤツ買え」

ありがとうございます!
機種選定しなきゃ。

カテゴリー: カメラ, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

慣れとか、取材とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

西新井校でストリンギング。
IMG_7473
かつて発表会では触った事はあるが、
フルでこのマシンを使うのは初めて。

実はこのマシン、なかなかの優れもので、
クロスストリングを張る時に
ターンテーブルがせり上がり斜めになる。

この方が作業効率が良くなるらしいのだが、
グイーンとマシンが動き出す様は
さながらトランスフォーマーのようである。

メインを張り終わったワタクシ、
液晶画面のクロスストリングボタンを押す。
と、マシンがやたらとせり上がり、メッチャ高くなった。

こんな高さが作業効率アップに繋がるのか?と思いながら、
巨人の星の特訓のように、半分つま先立ちで張り上げた。

後でエグチコーチに聞いたら、個人個人の設定があり、
その人の好みの高さにメモリされているらしい。

ワタクシが選んだのは「WLN」というボタンなのだが、
どうやらこれはこのマシンの初期設定のボタンで、
外国人用のセッティングがされているらしい。
どうりで高いはずである。

ちなみに下げ方が分からず、
最後まで張り上げた自分を褒めてあげたい。(?)

やっぱり慣れているマシンがいいな。
慣れろよって話だけど。

 

さて、テニスクラシック・ブレーク4月号が発売になった。
tcb04
今月のワタクシの技術解説連載のテーマはドロップショット。
読んでみたら、手伝ってくれたタケダコーチばかり写っていた。
良かったね、タケチャン。
ぜひご一読ください。

そんなテニスクラシック・ブレークだが、次号以降の取材があった。
そろそろ連載も終わるのかなぁと思いつつ、
ノーアイデアで日々を過ごしていたので、
七転八倒の産みの苦しみを味わいつつ、
ギリギリの入稿になってしまった。
(担当のY嬢、ゴメンなさい)

 

今回の撮影は天候や残雪の影響を考慮し、NEOインドア西新井で行った。

ということで、お手伝いはエグチヘッドコーチにお願いした。
当初は別の若手コーチに手伝ってもらう予定だったのだが、
「誌面に載るけど、いいの?」と聞くと、「そうか。私がやります!」
とお休みを潰してのエグチコーチ登場である。

IMG_7477

撮影中、ふと気づいたら、
悪い例ばかりエグチコーチにやらせてしまっていたので、
途中は良い例というか、エグチコーチ押しのコーナーもつくってみた。

コーナー担当のY嬢は、最初の頃こそ互いに慣れずに
やたらと時間が掛かってしまったが、このところは随分と慣れ、
撮影もスムーズに。
IMG_7475
撮影を終えれば原稿が上がるまでワタクシたちの仕事は一段落だが、
ここからまとめるY嬢は大変だ。
何かとお世話になってばかりだけど、良い誌面にしましょう。

この原稿と取材でひと山越えたぜとホッとしたのもつかの間、
週明けの研修での資料作成に追われるワタクシである。(涙)

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

テストとか、オヤジとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

早朝、電車に飛び乗り神奈川方面へ。
着いたのは伊勢原校

この日は伊勢原校でコーチテストなのだ。
IMG_7464

受験したのは、前日の事業所対抗戦でガッツ溢れるプレーで、
伊勢原校躍進の原動力となったコヤスコーチ。

元々テニスの技術がある上に、非常にモチベーションも高い。
結果は期待通り、高得点で文句無しの上級チーフ合格。
良かった。

プレースタイル、ガッツ共に
以前一緒に仕事をしていたあるコーチを思い出した。
きっといいコーチになる。
さらに良いコーチを目指して頑張って欲しい。

と、そんな感慨にふける暇もなく、
「ゴメン、すぐに戻らなきゃ」と上り電車に飛び乗る。
午後一番、本社でミーティングなのだ。

ミーティングを終え、昼食(と言っても、仕事しながらオニギリ2個)
を食べたのは16時過ぎだった。
無理な予定を組む癖は直っていないようだ。

 

さて、さらに夕方からはバタバタでボスとともに水道橋へ。
レックゴルフスクール水道橋に巡回・・・ではなく、向かったのはここ。
IMG_7465

目的は野球観戦・・・ではなく、
IMG_7467
ローリングストーンズ・ジャパンツアーである。

本社のハッシーがゲットしてくれたチケットは18,000円。
さすが高いね、ストーンズ。
何度もストーンズを観ているボスによればそれだけの価値はあるらしい。

某メーカーのYさんと待ち合わせて会場へ。
当然、中は撮影禁止だから画像は無い。

 

30分程待たされてステージが始まった。

Start me up!

ミックが吠える。
キースがテレキャスをかき鳴らす。

I Can’t Get No! (Satisfaction)

まで、キッチリ2時間。
70歳のオヤジたちは走り続けた。

スゴイな、これぞロック。
まさに化け物バンド。
たしかに観る価値があった。

ちなみのウチのボスは2時間、歌い続け、跳ね続けた。
こっちもすごいオヤジだった。

 

興奮のドームを後に地元駅に戻る。
水道橋付近のあまりの混雑にいつもの「一杯だけだよ」も無く、
食事をしていない事に気づいて、ひとりサイゼリヤに入る。
IMG_7468
家に帰って何か食べれば良いとも思うのだが、
何かと思うところもあり、ちょっと仕事をしながらクールダウンである。

メールを見たら、ボスも新宿のラーメン屋でひとり生ビールを飲んでいた。
やっぱり一杯やって帰れば良かったな。

熱いオヤジたちの夜だった。
あんなオヤジになりたいぞ。

カテゴリー: 仕事, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

応援とか、HEAD PRESTIGE REVPROインプレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

NEOインドアテニススクール西新井で打ち合せ。
ロビーにこんなものが。
IMG_7382

いよいよ今日行われる第25回レック事業所対抗戦の応援旗だ。
IMG_7381
連覇の文字の周りをスタッフ、お客様のメッセージが囲む。

昨年も各校、応援旗を持ってきていた。
色んな思いを背負って戦うメンバーも心強いことだろう。

今年はどこが優勝するのだろう。
最多優勝回数を誇る西新井校が連覇か。
はたまた若手台頭著しいあそこか。

ワタクシ、観戦に一所懸命になり写真を撮り忘れる夢をみて
起きたら、心臓がバクバクいっていた。

いずれにしても熱い闘いになることは間違いない。
決戦は今日9時、レックインドアテニススクール上石神井である。

 

さて、インプレである。
IMG_6823
個人的には期待大の機種ながら、
試打の優先権は現場のコーチたちにあるため、
なかなか打つ機会が無かったのだが、
先日のHEAD CONVENTIONで
ようやくじっくり打つ事が出来た。

HEAD PRESTIGE REVPRO
IMG_6822
■フェイスサイズ:93平方インチ
■ラケット長:27.0インチ
■フレーム厚:20mm
■重さ:300g
■バランス:315mm
■ストリング:16×19
■グリップ:2・3
■価格:37,000円

このREVPRO、プレステージ史上においてかなりの冒険機種だと思う。
フェイスサイズ93平方インチにして300gというスペックは
これまでの機種設定では考えられなかった。
これはグラフィンという新技術の成せる技に他ならない。

そして何より驚いたのがこれ。
IMG_7208
プレステージの代名詞であるキャップグロメットではない。
フェイス外周をぐるりと囲んでいたグロッメットから
細いグロメットがスロートまで続く。

ただこのグロメットも構造的にはキャップになっていて、
ストリングをグロメット内部に包み込む仕組み。
このあたりはプレステージとしての拘りなのだろう。

とはいえ、キャップグロメットではないプレステージ、
そして、とうとうラジカル用のキャップグロメットがオプション発売。
さらに革新的に動き出したヘッドという印象である。

やはり93のフェイスは小さい。
IMG_6826

そして20㎜ビームは薄い。
IMG_7207
果たして上手く打てるだろうかというのが正直な印象。

 

打ってみた。

打てる。
当たり前だがちゃんと打てる。

グラフィンによる恩恵か。
300gか効いているのか、非常に取り回しが無いうえに
ボール負けの感覚はない。

打球感はドライ。
このドライな打球感、個人的には今回のグラフィンシリーズで
大きく変わった部分だと思っている。

SPEEDが発表された時にも感じたのだが、
その乾いた若干硬質な打球感は、
ラジカルとプレステージではさらに顕著に感じられた。

おそらくこれは、ラジカルとプレステージの元々の味付けが
ドライ方向じゃなかったためだと思われる。

特にプレステージについては、マイクロジェルシリーズで
乾いた打球感寄りに振られたものが、少しずつ粘り&しなりに戻り、
そしてここで再びドライなフィーリングになった感じ。

長いプレステージファンがどう感じるのか、
新たなプレステージユーザーの開拓に繋がるのか、
いずれにしても新たなステージに突入した印象である。

 

さて、REVPROに話を戻す。

特徴的な93フェイスだが、飛ばない感じは無い。
芯のある打球感はキッチリとボールを飛ばしてくれる。
以前より、粘り方向から打ち出し方向が強く感じられるため、
切れのある鋭い打球が飛んでいるような気がする。

お前の打球に切れがあるのかという疑問もあるかもしれないが、
自分比でスピードアップしたプレーが展開出来るような気がした。

そういえば、バボラのピュアストライクなんかは、
明らかにそっち方向の開発コンセプトであり、
実際の打球感も固いというかドライというか、
スピードテニス寄り。

プレステージはそこまで極端ではないにせよ、
系統的にはそっちに少し傾いた気がした。
最近のスピードテニスに対応するラケット開発を突き詰めていくと、
そういう方向の味付けに行き着くのは自然なことなんかもしれない。

とはいえ、プレステージのフィーリングを完全に殺さないのが、
ヘッドの味付けの妙ではある。
アップを終え、徐々に速いスイングをするにつれ、
ボールが粘り、ほんの一瞬の咥え込みからパーン!と打ち出される。
この一瞬の咥え込みはプレステージ伝統の隠し味である。

 

スピンの掛かりも悪くない。
フェイスが小さめでも、フレームが薄く、
エッヂが大きくせり出していないため、
フレームで引っ掛けてしまう怖さは無い。

押し出すフィーリングのスピンも
引っ掛けるフィーリングのスピンも
違和感無く掛けることが出来る。

 

ネットプレーは最初、しんどかった。
実はボレーに出て、3球連続でネットに引っ掛けた。

フェイスサイズによるものなのだろうか。
いや、お前の腕の問題だよという声も甘んじて受けとめるが、
MPでは楽に飛ばせたボレーが同じように飛ばなかったのは事実である。

ということで、少し送り気味にボレーをしてみた。
うん、これでちょうどくらいである。
93フェイスは合わせただけでは楽をさせてくれないらしい。

しかし300gという取り回しの良さを思えば、
そのへんのラケットコントロールは問題無し。
ようするに慣れの問題で解消出来る事だと思う。

 

サービスの振り抜きは良い。
イメージ通りに鋭く振り抜ける。
ここはフェイスサイズとフレーム厚の恩恵が
最大に出るところではないだろうか。

フラット系はフェイスがボールの芯を打ち抜くフィーリングを得られる。
スライス、スピン系は引っ掛けながら鋭く打球を曲げる事が出来た。
サービスに関しては、粘り過ぎでダルな感じにならないのは
非常に大きな武器になると思う。

 

これまでに無い特殊なスペックで登場したREVPROであるが、
思いの外、扱いやすいという印象だ。
PROやMPではしんどいが、プレースメントを重視しつつも、
まだまだ速い展開のテニスをしたいという方はこのREVPROをオススメする。

これまでのフィーリングが好きだが、スペック的にPRO、MPはツライ方は
Sを選べば良いのではないだろうか。
そう考えると、今回のプレステージは多くのファンにとって
かゆいところに手が届くラインナップになっているように思う。

ピアノブラックなるフレームカラーも高級感を、
差し色のレッドは凄みを感じさせ、レーシングカーのようだ。
これもポイント高いと思う。
やるなぁ、ヘッドさん。

カテゴリー: インプレ, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

テキトーとか、春の新作とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

いい加減な人間である。
好きな事だけをして、風に吹かれてここまで生きてきた。
生き方なんてたいそうなものはない。
そんなワタクシでも生きていられるのだから、
日本は良い国だと思う。

そんなワタクシでも、多少はあれこれ考えるわけで、
基本はテキトー人生だが、譲れない部分も(ちょっと)ある。

ワタクシが尊敬するテニス業界の方が
Facebookにこんなコメントをされていた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
優秀かどうかではない。
誠実かどうかだ。
強いかどうかではない。
柔軟かどうかだ。
大きいかどうかではない。
丁寧かどうかだ。
そしてそれを『絶対に継続する』という意志だ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なんかね、有り難かった。
そういうことだと思った。
っていうか、テキトーながら、そんなふうにありたいなと
思ってきたことが再確認できた。
T市さん、ありがとうございます。

 

ボスがよく言う。

〜〜〜〜〜〜〜〜
問題は我にあり
〜〜〜〜〜〜〜〜

みんなが動かないのは、自分の力が足りないから。
部下が望むような仕事をしてくれないのは、自分の指示が悪いから。
仲間が自分の意図したことと違う動きをするのは、自分の伝え方が悪いから。
部下が勝手に動いたと思うのは、自分の把握が足りないから。
部下が迷っているのは、自分のフォローが足りないから。

結局、自分なのだ。
相手に勝手な期待をし、自分の思うように動いてくれと願う。
そんな都合の良い事が起こるわけがない。

「〜〜なはず」「分かっていると思ったのだけど」
勝手な思い込みである。
「問題は我にあり」は、まさに本質をついていると思う。

 

何度も言うが、テキトーな生き方である。
間違いだらけでここまで来た。
だから「ゴメン」と開き直るしかない。

しかし、仲間もいるし多少の責任もある。
判断基準は「お天道様に顔向け出来る」ことである。
世の中において、会社にとって、仲間にとって、それが正道であるか。
まずはそれが考え方の根本だ。

パワーゲームや押し引きの政治決着はその後だ。
ポジションや保身が頭をよぎると、
最初に政治的な落としどころが頭に浮かぶ。
それは誰かを犠牲にするし、仲間は喜ばない。

正道を貫こうと思い、それが間違った判断っだのならば、謝れば良い。
根本に義があれば、謝罪も心に響くだろう。
保身や利権による判断だから、謝罪も相手の心に響かないのだ。
結局、非生産的な火消し言い訳に身を削らなければいけなくなる。
まったく持って無駄な行為だ。

ある時、腹を決めた。
いや、ずっと前に腹は決めたはずなのだが、
決めた腹が生かせなくなって、環境を変えた。

そして、あらためて腹を決めた。
家族のために、仲間のために、会社のために、義を尽くそう。
それが皆のためになるなら、何でもやるし、何でも言う。

なんてことを考えた休日の午後だった。

 

さて、トーアストリングの春の新作である。

アスタリスタ・メタル
packageastrzmmt00l
「史上、最もド派手なストリング!」だそうだ。

断面図
danmenas
「アスタリスタにメタリックホイルを螺旋状に巻き付ける事で
コントロール性能がアップするとともに、見た目もオシャレに」

メタリックホイルを巻き付けると派手になるのは分かるが、
どうしてコントロール性能がアップするのかは忘れてしまった。
ホイル巻き付けで剛性が増してたわみが減るからなのかな。(想像です)

カラーは4タイプ。
IMG_7232
これはメタルホワイト。
他にメタルブルー、メタルバイオレットがある。
ゲージは1.25mmと1.30mm。

そして、極めつけにレインボーエディションだ。
IMG_7234
なんという・・・・
ゲージはこのカラーのみ1.27mm1種類。
さすがに2ゲージ展開はしなかったと思われる。

張り上げるとこんな感じ。
IMG_7236
ワタクシはおそらく使わないが、
フロントスタッフの女性陣には好評だった。

3月発売予定。
しかし派手である・・・

 

続いては、もう少しハード目なモデル。

JOKER CORE
jokercorepackage
ポリ系の攻撃的なストリング。

カラーは2種類。

ブラック
IMG_7237

レッド
IMG_7239

分かるだろうか?
RIMG0734
カラーは芯糸、側糸は透明なのだ。

断面図
jokercoewdanmen
従来のポリエステルの中に高粘度のポリエステルコアを組み込みことで、
打ちごたえのある打球感を実現したとのことである。

対象プレーヤーは攻撃型のストローカーだそうだ。
バボラのピュアストライクに張ったら無敵になりそうだ。
(勝手な妄想です)

2層構造で実現した絶妙なカラーリングも悪くない。
このへん、本当にトーアさんは上手い。

技術力も高いが、企画力も高いなぁと思う。
もちろん、ハズしてドロップしていく商品もあるにはあるのだけど。
やっぱり、ストリンガーが張り辛いと感じるストリングは厳しいらしい。
まあ、どれかは書かないけど。

とはいえ、シーズン毎に続々と面白い新製品を投入してくるトーアストリングさん。
そのチャレンジャーな姿勢は素晴らしいと思う。
楽しい春になりそうだ。

カテゴリー: テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

テストとか、誤解のもととか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

今週も予報通りの雪だった。
この日は神奈川方面で社内のコーチテストが予定されていたのだが、
アウトドアでの実施は無理ということで、
急遽、レックインドアテニススクール上石神井に変更。

何とか実施する事が出来たが、
結果はちょっとホロ苦いものに。
1名は合格、1名は不合格だった。

送り出すコーチたちも一所懸命、本人たちも真剣だけに
基準点に満たない時はとても辛い。

しかし一番はお客様。
お客様に満足いただけるかどうかが基準だから
そこに達するまでは何度でもチャレンジしてもらうしかない。

もう少しのところだから、練習してもう一度頑張って欲しい。
合格したコーチもここからが勝負。
たくさん練習&勉強して良いコーチになって欲しい。

そんなことを思いながら、雪の中を帰途についたのだが・・・
IMG_7247
帰れるのだろうか?

 

さて、会う人会う人に「良く飲んでますね」と言われる。
多くはFacebookで友達になっている人が多いのだが、
どうも誤解があるようで、そんなには飲んでいない。

どうしてそうなるのだろうと思い、
自分のタイムラインを見直してみた。
なるほど・・・と思う写真ばかりだった。(苦笑)

 

先日のコーチ研修の帰り。
珍しく三々五々に解散。
ワタクシも今日は真っ直ぐ帰ろうと思っていたのだが・・・
IMG_7054
真っ直ぐ帰ろうなどとはまったく思っていない二人と
一緒に歩いてしまった。

しかもこの写真をFacebookにアップしたら、
1時間後、Pラケット社のMさんが偶然を装って店に入って来た。
「あれっ!偶然だなぁ。ご一緒していいですか?」って・・・(苦笑)
困った人たちである。

 

数日後、遅くまで会社でデスクワーク。
今年に入って加速度的に仕事量が増え、なかなか終わらないのだ。

そんなオフィスにDRKさんが現れた。
レックゴルフスクール水道橋でひと仕事終えた後らしい。

「仕事、もう終わります?」

「終わんないっす」

「じゃあ、美味い餃子食いにいきましょう」

「終わんないって言ったんですけど」

「エビタンメンも美味いんです」

「ボクの話、聞いてます?」

「じゃあ、行きますか」

まったく会話が噛み合わないままに連行された。
IMG_7101
悪い大人である。

ちなみに餃子は本当に美味かった。
IMG_7102

 

数日後、橋本校でコーチテスト。
夕方いい時間に終わったので、新宿本社に戻ろうとしたら、
Wさんとケンスケヘッドコーチが「またまたぁ」と言う。

ああ、この日はケンスケコーチが早番という最悪のパターンだった。
しかも、オカノコーチが見学に来てるという鉄壁のフォーメーション。
橋本校での定番の店に連行された。
IMG_7109
悪そうな顔をした3人である。
家に帰ってから仕事しなきゃ。

 

数日後、オフィスで仕事。
気づけばもう21時である。

残っていたボスが言う。

「腹減ったなぁ。この前の立ち飲みに寄ってから帰るか」

「今からですか?」

「だから立ち飲みなんだよ」

「なるほど・・・(なのか?)」

最近、開拓した立ち飲み屋。
IMG_7212
地下なので寒くなくて良い。

タイムラインがこんな写真で埋め尽くされていたら
誤解も生じるのも無理は無い。
こんなワタクシではないってことが分かるように
今後は投稿のバランスに気をつけようと思った次第である。

カテゴリー: テニス, 仕事, , , | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

懐かしいとか、グッタリとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

520_120
打倒、カナダ。有明で燃えましょう!

 

11歳児が漫画を買いたいと言うので、リサイクルショップに行った。
楽器コーナーの一角のジャンク品たち。

ギターケースがあった。
IMG_6235
そうそう昔はこんな布のケースにギター入れてたっけ。

一番最初に買ってもらったフォークギターもこんなケースに入れてた。
たしか1万2千円のモーリスだったなぁ。

初めて弾いたのは明星の歌本に乗っていた、
あのねのねの「空飛ぶ円盤の唄」だった。
たぶんコードが簡単だったんだろう。

ギターは今も実家に置いてあるが、ケースはもう無い。
どうしてもハードケースが欲しくて、
新聞配達して1万円のハードケースを買ったから。
今思えば、ギターとケースの値段がほとんど一緒って。

なんてことを思ったリサイクルショップだった。

 

さて、先日は社内研修会。

朝から夕方までずっとオンデスク研修。
今回、ワタクシが進行役やらあれこれを担当。
早めの仕込みで動いていたのだが、結局先日の夜までバタバタ。
前日、休みにしておいて良かったぜ。

折しもこの日、全豪は圭対ナダル。
時間は研修会の真っ只中である。

分刻みの研修プログラムを組んでしまったために、
ライブスコアでの応援もままならない。
そんなスケジューリングをした自分を悔やみつつ、
しかし大事な研修なので気を抜く事は出来ない。

なんとか研修もほぼ予定通りの時間で終了。
ライブスコアによると、圭の試合は2セットダウンの5-5。
慌ててTVをつけ、みんなで応援。
943307_571487132941868_117482991_n

何故かみんな立ち見で、街頭TV状態である。
IMG_6664
タイブレークまでもつれ込んだものの、最後はナダルに押し切られ敗退。
勝負所でサービスエースをキッチリ取れるのはさすがナダルである。

しかしNo1相手にほとんど互角だったこの試合。
圭の強さはやっぱり本物である。

次は2月のデ杯での来日かな。
ワールドグループだから、来ないってことはないだろう。
楽しみである。

研修終了後は自主練習。
IMG_6669
ワタクシも端のコートで地味に練習させてもらった。
浦和校のカトウコーチとのシングルの途中、
バックサイドに切り返しの動きを取った瞬間、
ピキッと肉離れ寸前の痛みを感じたので、
「今日はこれくらいにしてやる」
と途中で終わったのはヒミツである。

今週も展示会やら打合せやらあれこれ。
週明けも会議と予定満載。
ますます楽しくなって来たぜ。

カテゴリー: 仕事, 未分類, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。