カテゴリー別アーカイブ:

雑貨屋とか、コーチャブルとか。

通勤時のウォーキングは適当にコースを変える。

なんか雰囲気の良い店があった。
th_IMG_4044
なに売ってるんだろう。
今度、行ってみようっと。

って、どこだっけ?これ。

 

さて、なんとも腹に落ちた話。

アスリートの為末大氏がこんなツイートをしていたのを見つけた。

 

結局、コーチングが機能するかどうかは受け手側の問題。

松下幸之助翁も、
「学ぶためには素直さが必要。そうすればすべてが師となる」
と言っておられるということ。

確かに。

 

このツイートにたどり着いた記事(Apps&Books)によれば、
アップル再建の際のスティーブ・ジョブズへのコーチングをはじめとし、
様々なビジネスマンにコーチングをし、1兆ドルコーチと呼ばれたビル・キャンベル氏は、
「コーチングを受け入れられる素養がある」人にだけコーチングを施したらしい。

つまり最初から聞く耳を持たない人は相手にしなかったということ。
提案しても「それは難しい。なぜなら・・」と言い訳が先に立つ人。
新しいことに出会うと、「やたったことがない(だから出来ない・やらない)」と考える人。
そして、コーチングを受けるかどうかを「どんなコーチかによる」と答えた人はバッサリ切り捨てたそうだ。

簡単に言うと、「言っても無駄」な人は最初から相手にしない。
コーチングが機能しない人のオファーは受けないということだ。

コーチングを受けいられる人だけにコーチングをすれば
成功率は著しく上がるはず。
もちろん、コーチングが正しいことが前提だけど。

前述の為末氏、そして松下幸之助翁が言う通り、
受け入れ、学ぶ姿勢を持つものだけが伸びるのだ。

 

たしかに、若手スタッフの評価や採用の規準も
「一緒に仕事が出来る人物か」だったりする。
それを別の言い方に置き換えれば「素直さ」だったりする。

さらに言えば、指導や注意、忠告、成功も失敗も素直に受け入れ、自分の糧にできるか、
その素地がありそうかどうかが見極めにおいては大きかったりする。

 

何か新しいことをやってみようと提案したりする。

ワタクシの場合、最初は「指示」ではなく「提案」でノックすることが多い。
「これやれ」と言われてやったものって、魂が入っていないと思うから。
自ら「これ良い」「すべき」と思って動いたほうが、確実にクオリティが上がるから。
もちろん、賛同してなくても、やるべきことはやってもらうけど。

ノックに対して最初の反応は様々。
「うーん」「忙しいし」「出来まかねぇ」の言い訳、逃げ系。
「面白そう」「やってみますか」「方法考えてみます」のポジティブ系。
実行に移したとして、どっちがより成功に近いかは明白。

 

「それは違うでしょ」ってことで、叱ったり指導することもある。
(いちおうそんなこともする)

注意される、叱られる、指導されるのはわかっていること。
まず最初に相対した時点でどんなスタンスを取っているか。

「いや、そんなことは(ない)」
「自分はこういうつもりだった」
「こう言ったと思うのだけど」

言い訳、逃げ系、はたまた逆ギレ。

叱られているということだけで頭がいっぱいで、ひたすらガードと逃げ。
こうなると、もう本質まで辿り着くことは出来ない。

 

何が原因だったのか、何が悪かったのか、
事実を分解し、分析し、どう改善すれば良いのか。
出口を見つけることが出来ない。

叱られることへの耐性低いのだろうか。
謝罪を悪だと思っているか、謝ったら負けだと思っているのか。
とにかくガードポジションを取り続ける。

ちなみに、問題があるのなら、まずは謝罪の言葉は必要だと思う。
謝ろうとせず言い訳を並べ始めたら、「まず謝罪はしよう」とは言う。
しかし望む本質は謝罪ではない。
欲しいのは原因究明と再発防止サウ。

語弊があるかもしれないが、謝罪なんて心からの1度でじゅうぶん。
ずっと申し訳なさそうな顔も必要ない。

欲しいのは、受け入れて一緒に次を考えること。
「現実を受け入れる素直さ」で成長が決まるような気がする。

 

最初に戻る。
ようは「どう受け取るか」だ。
もちろん、「どう伝えるか」の問題もある。
しかし世界一のコーチも、松下幸之助翁も、為末大氏も「学ぶ姿勢」と言っている。

ワタクシ、コーチングなんて立派なことはしていないし、
仲間と一緒に走っているだけだけど、成長は必須。
素直に学ぶ姿勢が無いと成長はないのは真理だと思う。

仕事だから「相手にしない」は出来ないが、
どんな反応、どんなスタンスを取っているかで、
「これじゃ伸びない(よ)」と思うことはある。

書いていてだんだん自分も苦しくなってきた。(苦笑)
ワタクシも叱られるのは嫌いだ。
指摘や指導を受けた時、一瞬ガードポジションを取ってしまうこともあると思う。
しかし冷静にそこから学ぶ姿勢を取れるようにしたい。

「叱られちゃった」だけしか残らないのはもったいない。
どっちに転ぶかは自分次第なのだ。

この話、もっと奥が深く多岐に渡っていた。
自分なりに掘り下げて考えてみたい。

カテゴリー: 仕事, 仲間, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラコステとか、テクニファイバーとか。

明治通り、渋谷あたり。
th_IMG_6064
ラコステ・ショップである。

懐かしいな、ラコステ。
ポロシャツはアイビー少年の定番だった。

CHEMISE LACOSTE (フランス製)だのIZOD(アメリカ製)だのと、
あれこれこだわって何枚も何色も持ってたっけ。

あの頃って、すごく洋服にお金使ってたなぁ。
たぶん服自体が高かったんだよね。
(で、ラコステは今も高い)

ちなみにシューズも出してる。
th_IMG_6065
実は今後、競技用のテニスシューズも出すんだとか。
これも楽しみ。

 

さて、そんなわけで、某日はここへ。
th_IMG_6015
目黒駅直結のオフィスビル。

訪ねたのは・・・
th_IMG_6014
ラコステジャパンさん。

テクニファイバーが来年からラコステジャパンの扱いになるため、
来期に向けての展示商談会が開催されたのだ。
th_2007_Tecnifibre_eDM
しかしまあ、目黒駅直結とは、いい場所にあるよね。

遅い時間帯に行ったからなのか、会場内は人少なめ。
th_IMG_6008

あ、入った途端に「ワッキー テニス365チャンネル」のワッキーさんに会った。
なんか、どこにでもいるなぁ・・・と思ったのはお互い様か。

 

ちなみにテクニファイバーさん、最初は直接取引の会社はかなり絞るらしい。
実際、スタッフさんの状況を聞くとそんなに多くはなく、広くカバーするのは無理そう。
代理店経由になるのも自然な流れって感じ。

実はバボラさんも同様の施策をとっている。
どちらもスタートは少数精鋭で徐々に販路を広げる作戦のようだ。

そんな中、我らTeam RECはどちらも直取引でお声がけいただいた。
ありがたい限りである。

 

会場にはラコステのアパレルも。
th_IMG_6008
ジョコビッチのグランドスラム着用モデルもあった。
高いな、でもいいな。どこで買えるんだろう。

前出のシューズも展示してあった。
看板のメドベージェフが履くのかな。
なかなか特徴的な作りだった。
そして高かった。(こればっか)

 

そして、楽しみがひとつ。
th_IMG_6013
ボールの展開が決まった。

実はテクニファイバーのボールはかなりの歴史を持っている。
th_IMG_6009
ローランギャロの試合球もバボラの前はテク二ファイバーだったそうだ。
そういえばそんな気もする。
忘れてた。

ブリヂストンと一緒につくった製造工場産なので品質もまったく問題なし。
簡単に言うと、ロゴプリントがブリジストンなのかテクニファイバーなのかの違い。
これは心強い。

実はバボラもボールを本格展開するそう。
ヨネックスもこれまで以上にボールに力を入れるとか。

ブリヂストンがテニスから撤退し、ボールのシェアがどう動くのか
興味もあり、心配もありの今日この頃だったが、ちょっとホッとした。

 

他にも忘れちゃいけないストリング等、あれこれ商談をさせていただき、
来年から良い形で協力体制を組めそうな予感。

以前からの知り合いもいたりして、初めてな気がしないラコステジャパンさん。
一緒にテニスを盛り上げられように頑張ります。

それにしてもオシャレなオフィスだった。
1席貸してもらえませんか。

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ディアドラとか、グキッとか。

原宿にて。
th_IMG_4041
こんなところにディアドラのショップがあるのね。

そうそう、このたびディアドラも取り扱うことになった。
近々、シューズ&アパレルが登場予定。
お楽しみに!

 

さて、毎朝の散歩がワタクシの日課である。

散歩って言っても、ワタクシがではなく、この方ね。
th_IMG_5039
Cooさんは、なぜか外でしかトイレをしないので、
雨の日も風の日も、吹雪の日も散歩は欠かせない。

最近は寄る年波で動きも緩慢に・・と思いきや、
散歩の時のパワーは相変わらずすごい。

あっちへこっちへ、他の犬を見つけると駆け出すし。
これだけ自由奔放に散歩してる犬はあんまり見ない。

他の家の子達はちゃんと飼い主と一緒に歩いてるぞ。
小さい頃、散歩のしつけをしなかったのが失敗だったなぁ。

若干おしゃれな作りのこの街。
ちょっと危険な場所がある。
石畳ふうの歩道にも危険箇所が。
th_IMG_5029

アクセントで入っているこの石の部分。
th_IMG_5027
濡れるととにかく滑るのだ。
これはあまりに危ないだろってことで問題になり、
歩くであろう場所はザラザラに削って対策をしたほど。

とはいえ、端っこなどはツルツルのまま。

先日の雨上がり。
じゅん散歩ならぬ、Coo散歩をしていた。

相変わらず自由なCooさん。
右へ左へと落ち着かない。

油断していたら急にCooさんが横に動いた。
運悪くワタクシの足っていうかサンダルはこの石の上。

ツルッと滑ってバランスを崩した。
5センチ程度の幅だから、転ぶまでには至らなかったのだが、
とっさに踏ん張った時、首に力が入ったようで、
寝違えみたいになってしまった。

痛い。
まともに横を向けなくなってしまった。
朝っぱらから困ったことに。

首が動きづらいままにレックテニススクール府中へ。

ことの顛末をフカダコーチに話したら、笑いながら、
「オジイちゃんじゃないですか」だって。

コイツ・・・。
まあ、完全否定はできないけどね。

転んで骨折るよりはいいか。
なんとかならないかな、あの危険地帯。
あ〜、首痛い。

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, , , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

Papasとか、テクニファイバー試打会とか。

麻布だったかな。
th_IMG_3565
パパスカフェがあった。
いい感じに街に溶け込んでる。

ずいぶん前、Papasを好んで着てた時期があった。
高いんだよね、Papas。
シャツ1枚、2万円近くするし。

すっかり買わなくなったけど、今も高いのかな。
ユニクロってすごいね。

 

さて某日、朝から大井町へ。
th_IMG_5639
着いた先は大井町スポル。

まだオープン前なのか人はいない。
th_IMG_5641
ボルダリングって感染症対策どうしてるのかな。
突起をひとつずつ除菌するわけにもいかないだろうし。

なんてことを考えつつ、テニスコートへ。
th_IMG_5643

この日はテクニファイバーの新製品試打会。
th_IMG_5646
取り扱いはブリヂストンさん。
年内でテニス事業から撤退するので、今回が最後の試打会になるそうだ。

当日は密を避け、時間区切って少人数の予約制。
商品説明も外のテント下で実施された。

説明を受け、コート内へ。
th_IMG_5645

参加者はワタクシも含め5名のみ。
で、コートの向こう側を見ると、見たことのある顔が。
th_IMG_5684
守屋宏紀プロと土井コーチ。

この二人を相手にひたすら打ち合うって趣向。
なんとも贅沢な試打会である。

担当のスエダさんに「豪華ですね」と言うと、「最後なんで」とのこと。
あらためて残念。

ってことで、新製品を試打。

なるほどな、次はと。
守屋プロ、お願いしま〜す!

ありがとうございました!
えーと、次はと。
守屋プロ、お願いしま〜す!

ありがとうございました!
次はこれか。
守屋プロ、お願いしま〜す!

って、疲れるよ!

守屋プロ、かなり気を遣って打ってくれてるけど、
それでもボールは速いし、深いし、重い。
さすがプロだ。
当たり前だけど。

このままローテーションに加わっていると死ぬと思ったので、
ラケットの感想を言うふりをしてサボった。
現役バリバリのコーチの皆さんに混ざって打ち続けられるわけがない。

最後に担当のスエダさんと打ち合う。
実業団でもよく当たったブリヂストンスポーツさん。
スエダさんはもう選手からは引退したってことだけど、
元コーチだけあってやっぱり上手。

スエダさんとの付き合いも10数年になる。
仕事で絡めなくなるのを惜しみつつ、思い出ラリー。
th_IMG_5685
本当に長い間、ありがとうございました。

新製品の詳細は解禁前だけど、なかなか良かった。
th_IMG_5659
テクニファイバーって、ガチガチで重くて、とてもハードな印象があったけど、
実際にはそんなことはなく、オールラウンドな使いやすいラケットだった。

きっと今まではイッペイコーチのラケット借りて打ってたから、
ハードな印象になってしまったんだな。
そりゃ、日本リーグメンバーのラケットは無理だわ。

テクニファイバーは来年からラコステジャパンさんが取り扱う。
Team RECも取り扱いは継続する予定で準備中なので、ご安心を。

ブリヂストンスポーツ様、ありがとうございました。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キャラとか、ビアスタンドとか。

品川あたりで遭遇。
th_IMG_4682
飛び出し注意のキャラクターなんだけど、
実は関西方面の定番キャラ。

以前、琵琶湖にバス釣り遠征に行った時に道路端でやたらと見かけたキャラ。
関西はこの飛び出し注意キャラが定番らしい。
そんな認識でいたところに、都心ど真ん中の品川で遭遇して驚いた。
遠征ご苦労さま。

 

さて、コロナの影響でどこも自粛状態が続いていた。

メッチャ遅い時間でもないのに、駅のコンビニも開いていない。
全然コンビニ(便利)じゃないぞ、これ。

最寄り駅も21時くらいでも真っ暗。
アウトレットも駅前商業ビルの飲食店も駅ナカも終わっている。
しかたないけど、なんともさびしい風景である。

このところ徐々に自粛が解除になり、少しずつ灯りが戻ってきた。
駅ナカというか、改札を出たところのお店も少しだけ営業延長。

以前ちょくちょく行っていたビアスタンドにも間に合うようになった。
th_IMG_4144

立ち飲みじゃないけど、それに近い感じで軽く1杯飲める店。
th_IMG_4145
ビールもピルスナーからエール、スタウトまで様々選べる。

夏場の帰りの気分転換にもナイスなお店。
th_IMG_4148

th_IMG_4147
雰囲気も好きなんだよね。

ということで、久しぶりに1杯。
th_IMG_4146
なんだっけ?これ。(ダメじゃん)

お腹がすいてたので、おつまみも。
th_IMG_4149
結構ボリュームあるな。

いい気分転換になった。

で、もう1杯。
th_IMG_4150
ちょっと甘いかな。
でも美味しい。

こんな普通のことが幸せに感じるほどの状況だったってこと。
はやく日常が戻って欲しい。

カテゴリー: , , 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

食パン屋とか、そろそろ買い換え?とか。

近所にできた高級食パン屋。
IMG_3895
一度食べてみたいとは思うが、予約制らしく、なかなか機会に恵まれない。

並んだり、予約取りにくいものを頑張ってみたりというのが
どうも苦手で・・・。

仕方がないので、外から食パンを拝む。
IMG_3894
食べてみた知り合いによれば、
「美味しいけどカロリー高いんだろうな」という感じだそう。
そのうち、機会もあるかな。
でも並ばないよ。

 

さて、最近iPhoneの具合がよろしくない。

途中で固まったり、落ちたり。
バッテリーも急に減ったり、急に増える・・ことはないか。

とにかくバッテリーは確実にヘタっていると思う。

でもバッテリーって、アップルストアでチェックをかけると
充電回数とか、色んなデータが抽出されて、
「まだ大丈夫です」になるんだよね。
なんだろね、あれ。

現在の使用機は、iPhone7。
ここまで機種変更しないのも久しぶり。

毎年のマイナーアップデート、
少なくとも2年毎のメジャーアップデートのたびには買い換えてたのに
ここ最近はスルーしている。

なんでかな。

まずカメラ機能がまあまあ満足いくレベルになったこと。
昔はデジカメを持ち歩いて記録用にしていた。

それだけ携帯カメラの機能がイマイチだったんだけど、
夜間とかスポーツ撮影とか動画とか、特殊なシチュエーションを除けば、
iPhoneのカメラで事足りるようになった。

その時点でデジカメを持ち歩かなくなった。
つまりiPhoneで満足ということ。

あとはiPhoneの進化に魅力を感じなかったこと。

iPhoneて新機種発表のたびにワクワクするようなアップデートがあったんだけど、
ある時から「うーん、別にいいかな」っていう程度の進化しかなくなった。
指紋認証とか顔認証とか、たしかに便利な進化ではあるんだろうけど、ワクワクはしないよね。

あとなんだろう。

どんどん大きくなっていったのもマイナスポイントかな。
ポケットに入れるとかさばるし、持っても思い。
手のひらジャストサイズじゃなくなったから、
片手操作がきびしくなってしまった。

初代のiPhoneSEサイズが良かったなぁ。
角ばったサイドのフォルム、手のひらサイズ、
まさにiPhoneて感じでかっこよかった。
画面は小さいけどね。

今の外周がラウンドしているフォルムは
どうも落としやすくそうで怖いし、
なんだかiPhoneぽくない気がするんだよなぁ。

とはいえ、もうかなり長期で使っているiPhone7。
さすがにそろそろと思いつつ、iPhone11の三つ目カメラの
カッコ悪さもあって、まだそのままである。

世はもうすぐ5Gに突入する(らしい)のに
今ここで4G規格の新機種ってのももったいない。

なんてことを思いつつ、家電量販店に偵察へ。
th_IMG_4235
やっぱり大きいなぁ。
心も踊らない。

で、そろそろ次期iPhone情報のリークも増えて来た。

iPhone12情報。(あくまで噂)

・発売発表は今年の秋。

・通信規格は5G。

これは大きい!ただ5Gって不安定というか、まだあまり評判がよくない。

・価格はちょっと安くなるかも。

これも大きい!iPhone高杉くんだよ。

・サイズ、デザインは、角ばったデザインでサイドパネルはフラット。
iPhone4っぽいらしい。
サイズもiPhoneSEより大きく、8より小さいモデルがあるらしい。

これも大きい!iPhoneぽいよね。

・ディスプレイは有機ELディスプレイになる。

そもそも有機ELディスプレイを使ったことがないので、よく分からない。
MacBookのRetinaディスプレイはきれいだと思う。高くて買えないけど。

・カメラの三つ目レンズは変わらず。
広角レンズの機能アップ。イメージセンサーは大型化で画質アップ。
3倍光学ズーム、最大30倍のデジタルズーム対応。

三つ目レンズのダサさはなんとかガマンできるくらいの進化っぽい。
まあ、この程度でいいか。

・プロセッサは、MacBookProに匹敵するかも。

マジか!激速なのかな。うれしい。

iPhone12、買いかも。
おそらく上位モデルと下位モデルでは機能の差があるんだろうけど、
「秋まで待って検討するのが良いぞよ」とスティーブ・ジョブスも言ってる気がする。

初代iPhoneから使い始めて、何台買い換えてきたのかもはや記憶も定かでは無い。
そういえば、iPodも何台買ったっけ?

完全にアップルにのせられてる気もするけど、
もうしばらくアップルに付き合うことにしよう。

早く正式発表にならないかな。
それまで持ってね、iPhone7。
お願い。

カテゴリー: PC, インターネット, , 携帯電話, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

黒カレーとか、Classicとか。

カレーが好きだ。年間360食でも大丈夫。(わかったって!)
th_IMG_4602
某所での黒カレー。
名前に地名が入っていたので、そこは割愛。
もう少し辛くてもいいかな。
また行ってみようっと。

 

さて、某日。
近所のアウトレットへ。

コロナ休業でどこのブランドも在庫過多なのだろうか。
なんだか、投売り状態の店も多いぞ。

アディダス&リーボックショップへ。

アディダスにはめぼしいものはなかったけど、
久しぶりのリーボッックは・・・。

なんか懐かしい。
th_IMG_4613
クラシックデザインに往年のリーボックロゴ。
80年代、こぞって履いてたよね。
もちろん、ワタクシも「流行りものには乗っておけ」という
亡くなったジイちゃんの遺言にしたがって、ハイカットなんぞを履いてた。

で、ちょうど80年代っぽいスニーカーが欲しかったので、
超お得価格でスニーカーをゲット。
th_IMG_4622

これぞリーボックの王道モデル、CLASSIC。
th_IMG_4623
懐かしさ満点。

いいわぁ。
th_IMG_4625

th_IMG_4626

th_IMG_4627

80年代の代々木公園やら原宿やら渋谷には、このロゴが溢れてた。
th_IMG_4628

th_IMG_4629

当時はまあまあ高かったよね。
今回はいくらだっけ。
とにかく激安だった。
ああ、良い買い物したぜ。

今年の夏は、これ履いて、短パン履いて、Tシャツかアロハだな。
いいだろ?Cocoさん。
th_IMG_4631
興味ないですか。
ああ、そうですか。

カテゴリー: シューズ, スポーツグッズ, , 買い物, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

テニスコートとか、アイビーとか。

休日のランニング。
IMG_3908
近所のスポーツ公園へ。

ここは野球場も兼ねた多目的グランド、
バスケットボールコート、そしてテニスコートがある。
IMG_3909

テニスコート入り口のボードは、4月で止まっていた。
IMG_3910
もう再開してるのかな。
またスポーツが楽しめる日常になってほしい。
テニスは安全でしょ。

 

さて、ブルックスブラザーズが破綻したってよってニュースが流れてきた。

けっこうなショックを受けた。

ブルックスブラザーズといえば、アイビー御用達の筆頭ブランド。
ボタンダウンシャツ、ブレザーとアイビー定番アイテムは
「ブルックスブラザーズでとどめをさす」的な表現が
雑誌メンズクラブの定型文だったほど。(ホントか?)

小学校の頃からアイビー少年だったワタクシ。
ジーンズも履いたが、コットンパンツにボタンダウンシャツ、
ブレザーにローファーなんて格好もしていた。

そうそう、昔はコットンパンツって言ってた。
今はチノパンていうけどね。

ちなみに、カトパン(加藤綾子)も好きです。
何年か前のジャパンオープンのロイヤルボックスで
至近距離で見たけど、メッチャかわいかった。
メッチャ話が逸れた。

で、アイビーである。

田舎の小学生ながら、ファッションに目覚めたワタクシ。
県庁所在地とはいえ東北の片田舎の福島市じゃ、
思ったような洋服は売っていない。

そこで東北一の都市、仙台に遠征である。
当時は新幹線なんて未来の乗り物は無かったから、
在来線に揺られて、はるばる仙台に旅行である。

で、向かうのはデパートの中に入っていたVAN JACKET。
当時の日本の若者にとっては、アイビーといえばVAN。
VAN無くしては日本のアイビーは語れないというほどに
一世を風靡したブランドである。

そこで、なんとか貯めたお小遣いを、ボタンダウンのシャツや
コットンパンツ(あ、当時は「コッパン」って言ってた)を買うのだ。

そして、必ず買うのがこれ。
IMG_0276
ステッカーね。

このタイプがVANの代表的なステッカー。
「FOR THE ACTUVE MAN AND THE MAN OF GOOD TASTE」
ってキャチフレーズがカッコよかった。

ワタクシ、このステッカー、中学校の通学カバンに貼ってた。
中学のカバンは、愛と誠の漫画に出てくる高校生が持つような革カバンじゃなくて、
金八先生の中学みたいな肩掛けの布カバンだったけど。
今考えるとかなりダサいな。

あとこのタイプ。
IMG_0277

これもカッコよかったなぁ。
ああ、懐かしい。
今もこれ、きれいな状態であるけど、もったいなくてどこにも貼れない。

あの頃って、VANで買い物をした時の紙袋すらオシャレだった。
大事に大事にシワにならないように、紙袋をバッグ替わりに使ってた。

こんなテープすらカッコよかったもんね。
IMG_0275

大学生になって東京(正確には千葉)に出てきて、
田中康夫の「なんとなくクリスタル」がベストセラーになって、
VANよりもブルックスブラザースとか、リーガルよりもコールハーンとか、
VANのスイングトップよりも、バラクーダのG9ジャケットとか、
色んなことを知ったけど、やっぱりアイビーテイストは今も好きだ。

その頃みたいに、皆んなが右向け右で、同じファッションをする時代じゃないから
アパレルも生き残りが難しいんだろうけど、アイビーってのはそれでも永遠って思ってた。

ブルックスブラザースの倒産はなんともショックなニュースだった。
同社の日本法人のリリースによると、本国は倒産したけど、
日本はそのままみたいなことだった。

どんな仕組みなのかよくわからないけど、
完全にブランドがなくなるわけじゃないのね。
よかった。

アイビーよ、永遠なれ!・・・だな。

カテゴリー: スポーツ, テニス, ランニング, , 街歩き, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

見えた!とか、常連とか。

先日のブルーインパルス東京飛行。
都庁に向かって北方向に飛ぶらしいってことで、
レック本社前で空を見上げる。

キタ〜!
th_IMG_4151
ドンピシャだった。

この企画については賛否両論あるようだけど、
かかったお金、350万円だっけ?
ワタクシ的にはあり。
少しでも元気にならないと。

 

さて、カレーの話を書いていて思い出した。

ワタクシ、気に入った店が出来ると、とことん通い詰めるタイプ。

そして決して店の方と仲良くならない。(笑)
黙って食べて、「ごちそうさまでした」とだけ言い、店を出る。

先日紹介したカレー屋さんのサーラもかなり通ったけど、
マスターと喋ったのは一度だけ。

「あ、ミニパト来ましたよ。車大丈夫ですか?」
「ほんとだ」

これだけだ。(笑)

 

すごく昔、何年も通っていた定食屋があった。
何の変哲もないロードサイドの小さな定食屋さん。
息子さんとお母さん(たぶん)の二人でやっていた。

まあまあ夜遅くまでやっていたので、
ナイターレッスンを終えてから寄ってもやっていたのも、
通い詰めた理由のひとつ。

で、頼むのは、コロッケ定食か玉子カレーのどっちか。
ホントにその2択だけで何年も通った。

そして、お母さんとも息子さんとも会話はゼロ。(笑)

調理担当でカウンターの中にいる息子さんも
お客さんに話しかけるようなタイプじゃないから、
あれこれ話しかけられなくて、気楽で良かった。
何年も通って、それはそれで不自然だけど。

だから会話は、
「いらしゃませ」
「コロッケ定食(または玉子カレー)ください」
「ありがとうございました」
「ごちそうさまでした」
のみである。

 

実は一度だけそれ以外の会話があった。

どうしてだか、正月にご飯を食べにいった。
世間は正月だったけど、一人暮らしのワタクシはいつものようにその店へ。

コロッケ定食を食べ、さあ帰ろうかと思ったら、カウンターの中の息子さんが、
「あけましておめでとうございます。これどうぞ」とミカンをくれた。
ちょっと驚きつつ、「あ、ありがとうございます」と受け取った。

精一杯の常連さんへのサービスだったのだろうか。
別にあれこれ話さなくても、こんな常連さんでじゅうぶんだなと、
ちょっと心が暖かくなった正月だった。

今はもうその店はない。
いい店だったな、ロード。(店名、今思い出した)

 

その昔、サイゼリヤの1号店にも毎晩通ったっけ。

頼むのは、カニサラダと焼肉ライス。
とにかく毎晩、それオンリー。

ついには注文すらしなくなった。
座れば、水とカニサラダと焼肉ライスが自動的に出てきた。(笑)

昔はマスター(たぶん現社長)は一品ずつフライパンを振ってつくってくれた。
ホントに美味しかった。
だから毎晩食べられた。

フロアを担当していた牧伸二似のウエイターさん(たぶん弟さん)が、
絶妙のサーブをしてくれた。

常連のペースを分かってくれて絶対にはずさない。
「お水ください」って言ったことないもんね。

特段、仲良くしてたわけじゃないけど、
ちょっとしたやり取りだけで、居心地の良い店だった。
常連ぽくするわけでもなく、特別扱いも無い、絶妙な距離感だった。
(注文してないけど)

今はもうすっかり違う店になっちゃったのが残念。
まあ、どこかで舵切ったんだよね。

ということで、色んなお店で静かなる常連だったりした昔だった。

カテゴリー: , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ホームにてとか、OSHMAN’S 復活!とか。

渋谷駅・埼京線ホームが移動した。
以前のホームの位置は大きく恵比寿よりだった。
ほぼ、渋寿(しぶす)だったよね。
th_IMG_4256
ハチ公前出口もすぐそば。
素晴らしい。

あとは東京駅・京葉線ホームをなんとかして欲しい。
あれは東京駅じゃなくて有楽町だよ。

 

さて、そんなわけで、創業の地、原宿に復活したOSHMAN’S

ちょっと寄ってみた。
th_IMG_4265
場所はまさしく原宿駅前。
以前とほぼ同じ場所だ。

懐かしいロゴ。
th_IMG_4258

店内は相変わらずワクワクの宝庫。
th_IMG_4259

th_IMG_4261

th_IMG_4260
ああ、もういるだけで幸せだぞ。

ディスプレイもいちいちオシャレ。
th_IMG_4263
いいなぁ、こういうの。

で、何も買わないのもなんなので開店祝いに。
th_IMG_4264
袋も昔のままのデザインだ。
昔を知る人にはたまらないし、知らない人にもオシャレだよね。

ということで購入したのがこちら。
th_IMG_4278
3Pソックス、900円也。
もうちょっとお金使えよって気もしたが、
夏のアイテムにこれは外せないでしょ。

お気に入りの短パンにスニーカーには
やっぱりこのソックスだよね。
グレー系も好みだし。

実は昔も着ていたOSHMAN’SロゴのTシャツが欲しかったのだが、
昔と違ってあまり置いていなかった。
メジャーブランドとのコラボっぽいのが一部あっただけ。
コットンぽくて少し厚手だったので今回はパス。
th_IMG_4262

でも、やっぱり欲しいかな。
また見に行こう。

 

そういえば、昔、OSHMAN’SのTシャツをいち早く買って、
サークルの練習に着て行ったら、後輩が言った。

「おっ、先輩そのTシャツ!」

「うん、なになに?」(気づいてくれたか)

「大島に行ったんですか?」

「行ってねえよっ!」

そんな時代だった。(どんな?)

カテゴリー: スポーツ, スポーツグッズ, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。