カテゴリー別アーカイブ: 斉藤貴史プロ

いよいよとか、周一CHANNELスタート!とか。

年も明け、仕事始め。
年始から怒涛の予定満載状態で何とか初週が終わる。
今年もこんな感じなのかな。
ありがたい限りである。

ということで、こちらも気づけば来週に迫っていた。
th_2nd stage01
テニス日本リーグ・セカンドステージである。

ファーストステージの兵庫ビーンズドームから
ホントにあっという間のセカンドステージ。

3勝1敗と想定内で抜けられたファーストから、
決勝トーナメントに向けて全力で勝ち切るのみだ。

決勝トーナメント進出はマストとして、何位で抜けるかがとても重要。
予選リーグの順位で決勝のドロー位置が決まっているので、
出来るだけ上位で抜けて、反対ブロックの上位と当たらないようにしたい。
一戦一戦を全力で失う試合、セット、ゲームも最小で抜けたい。
頑張ろう!

試合は、1月年15日(水)~19日(日)で、17日(金)は中日でレック興発の試合はなし。
会場は、横浜国際プール。(横浜市都筑区北山田7-3-1)
観戦無料、室内コートで観客席で見られるので、ぜひ応援に来てください。
よろしくお願いします。

 

さて、年末から関口周一プロとのLINEのやり取りが活発化。
クリスマスイブもLINEであれこれ画策。

「動画で情報配信を考えてるんですよね」

「おお、いいね。やってみたら」

「どうやればいいのか、今ひとつわからなくて」

「何で配信したいの?twitter?facebook?」

「YOUTUBEを考えてます」

「ユーチューバー、デビューか。いいんじゃない。じゃあ、まずチャンネルつくらないと」

「実はチャンネルあるんです」

「そうなの!?どこに?」

教えてもらい、アクセス。
おお!あった。

SEKIGUCHI SHUICHI TENNIS CHANNEL」だって。

まだ動画投稿がゼロだったからか、チャンネル登録者はゼロ。
せっかくなので、映えある登録第1号になってみた。

「チャンネルあるなら、まずは動画アップしてみ」

「はい。使い方とかまだよくわからなくて」

「OK。じゃ、最初は手伝ってあげるよ。まずは素材撮影して送って」

そんなこんなで、まずは第一弾の動画配信にこぎつけた。

第一弾は自己紹介とツアーの荷物公開。
なかなか興味深い内容になった。

 

あとは、あちこちで告知。
th_shuichichannel

ここから、徐々にコンテンツを増やして行く予定。
関口プロもツアーでの練習の様子や合間を縫ってのオフショットなどを撮影しているので、
次なる配信にご期待ください。

「周一テニスチャンネル」だけに週一ペースでは配信したいな。
とにかく続けることだね。
もちろん、ツアー活動の負担にならないようにだけど。

 

最近は、テニス選手のこういった露出も増えた。

西岡良仁プロth_スクリーンショット 2020-01-09 22.09.14

斉藤貴史プロ
th_スクリーンショット 2020-01-09 22.07.11

秋田史帆プロ
th_スクリーンショット 2020-01-09 22.08.05
こういう発信が増えるのは良いことだと思う。
テニスの盛り上がりにつながればいいな。

 

ということで、SHUICHI SEKIGUCHI TENNIS CHANNEL、
th_スクリーンショット 2020-01-09 21.31.20
チャンネル登録、よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, インターネット, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 斉藤貴史プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バンとか、むさしの村とか。

関口プロのYouTubeチャンネルいじってたら、自分のブログ更新忘れてた。

裏原宿あたりにて。
th_IMG_7193
店頭ディスプレイっぽいけど、ナンバーついてるから動くんだろうな。

いいなぁ、アメリカンバン。
th_IMG_7192
こんなのにあれこれ積み込んで遊びに行きたい。
燃費は悪そうだ。

 

さて、年末。
暗いうちに出発。
外環道から東北道を北上。

着いたのは、むさしの村ローンテニスクラブ。
17歳児の試合である。

年末年始ここに来るのももう何年になるか。
それも今年で終了。
もうジュニアテニスも卒業間近である。
ちょっと寂しい。

現地はあいにくの天気。
th_IMG_0496
時おり強い雨が落ちてくるが、まだ試合は続いている。
昼に強く降る予報だから厳しいかな。クレーコートだし。

とはいえ、来なければいけないのがジュニアの試合。
埼玉へのドライブにならないことを祈りつつ受付へ。
th_IMG_0498
最後のむさしの村、頑張れよ。

クラブハウス前にこんな看板が。
th_IMG_0501
プロ選手たちが合宿を張っているらしい。

と、斉藤貴史プロが挨拶に来てくれた。
th_IMG_0503
中川直樹プロも久しぶり。

二人とも元気そうでなにより。
来年も頑張ってね。
日本リーグでは当たりたくないけど。

雨は強くなる一方。
th_IMG_0499

粘るクレーコート。
待機に入った。
th_IMG_0504
隣でのプロの練習には目もくれず、前の試合を見守る。
それはそうとワタクシのウェアだぞ、それ。

中川プロと住澤プロのラリー。
th_IMG_0507
皆、マスクしてるのは心肺機能的なトレーニングなのだろうか。

クレーでもすごいスピードだ。

これ見ちゃうと自分のペース崩れるかもね。

そのうちに雨はさらに強くなり、待機に。
th_IMG_0512
それも、ワタクシのウェアだぞ。
あ、これはあげたんだけっけ。

結局、コートは回復せず、年明けに延期に。
うーん、遠いけどまた今度だね。

来るのはいいんだけど、クルマの調子が相変わらず悪いのがなぁ。
とにかくがんばろう。

カテゴリー: クルマ, テニス, ファミリー, 斉藤貴史プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

誕生日とか、日本リーグとか。

「Cooさん、Cocoさんの出番が少ない」とのお声かけをいただいた。
リクエストにお応えして・・・。

先日は、Cooさんの誕生日だった。
記念日的なものを一切覚えないことがポリシー(覚えられないだけ)
のワタクシだが、奇跡的にCooさんの誕生日は覚えていた。

なぜならGoogleカレンダーに入れておいたのが表示されたから。
結婚記念日とか入力しておいても忘れるのに、
どうしてCooさんの誕生日だけ・・・。

そして、ちゃんとそういうことを覚えている長男。
アルバイト先のドッグカフェで犬用ケーキを買ってきた。
優しいね。(特に犬には)

匂いでわかるのか、ケーキに釘付けな2匹。
th_IMG_9414

待ちきれず覗き込む2匹。
th_IMG_9409

Cocoさんは誕生日ではないが半分ずつ。
th_IMG_9416

ちゃんと「待て」ができるCooさん。
th_IMG_9419
「よし!」と言った途端にひと口で終了である。
味分かったのかな。

Cooさんももう12歳。
家に来た頃はこんなだった。
th_DSC_8279

th_DSC_8549
家族に色んなことがあった時も、Cooさんの存在に救われたこともたくさんあった。

最近は遊んで攻撃も少なくなってすっかり落ち着いてしまったけど、
やっぱり昔と変わらず家族のアイドルのまま。
(Cocoさんのかまって攻撃はすごい)

動きや振る舞いはまだ老犬という感じはしないけど、
窓際の日なたでのんびり外を眺めているのを見ると、
いい歳ってことなんだろうなと思ったりもする。

もうCooさんのいない我が家は考えられない。
とにかくまだまだ長生きしてほしい。
誕生日、おめでとう。

 

さて、この前終わったばかりだと思っていた日本リーグがもうやって来た。
th_th_1st stage
なんか、日が経つのが早すぎないか。
ちょっと前に決勝トーナメントだった気がするけど。

で、今年のTeam RECはブルーブロック。
japanleagueblock
どこを見ても強豪チームなのは当たり前だけど、
今年も大変な戦いばかりって感じかな。

今年はメンバーに正林知大プロも加わり戦力アップしたが、
他のチームの戦力増強っぷりもすごいので、なんとも・・。

ということで、ファーストステージは兵庫県三木市のビーンズドーム。
期間は、12月5日(木)〜8日(日)。
関東から応援に来るのは大変だが、ご来場いただければウレシいな。
来られなくとも念を送ってください。

試合の経過は、Facebook、HPでも出来るだけ早くアップするので、
いいね!や応援コメント、よろしくお願いいたします。

個人的には昨年のビーンズドームは最終日に風邪でリタイヤしているので、
今年は全日程を無事に乗り切るのが目標である。

って言いながら、数日前から風邪っぽくてとてもしんどい状態。
週明けまで治さなくちゃ。
ワタクシへの応援もお願いしたいところである。(なんの?)

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 仕事, 守谷総一郎プロ, 斉藤貴史プロ, 正林知大プロ, , 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

貴史とか、全日本・ダブルスとか。

全日本選手権、斉藤貴史プロから電話。

「まだ会場にいますか?」

「いるよ。ショーコートで西郷姉妹のダブルス応援中」

「そっちにいきます」

ってことで、挨拶に来てくれた。
th_IMG_8633

斉藤貴史プロとは、彼がTeam RECを離れてからも
ちょっとしたお手伝いやらも含め、付き合いは続いている。

頼まれごとがあれば何とかしてあげたいし、
選手としての活躍も心から期待している。

チームを卒業しても応援する気持ちは変わらない。
基本的にワタクシたちTeam RECはそういうスタンスだ。

貴史も本当にいいヤツ。
こうしてわざわざ来てくれるし、
こちらのことも何かと気にかけてくれる。

なんて言ってたら、竹島駿朗プロの次の相手は貴史だった。
うーん、どっちも頑張って欲しいぞ。
悩ましい。
(斉藤プロが勝ちました)

 

さて、そんな全日本選手権は女子ダブルスが始まった。

所属ではないが、サポートメンバーとしてパッチをつけている
西郷幸奈プロのダブルスの応援へ。
パートナーは妹の里奈プロ。
ここ最近はITFツアーでもタイトルを獲るなど、テッパンのペアである。

th_DSC_9741

あいては、押野選手、西本選手の島津製作所ペア。
慶応の先輩後輩ペアでもあるのかな。

試合は一進一退、というかブレークされては取り返す感じ。
th_DSC_9808

悪くはないが、互いに突破口が見出せない。
th_DSC_9748

ファーストセットはタイブレーク。
th_DSC_9877

攻めに攻めたが、落としてしまう。
th_DSC_9830

th_DSC_9858-1

大丈夫か?
th_DSC_9816

と思ったら、セカンドセット、ファイナルセットは1ゲームしか与えず
見事な逆転勝利。
th_DSC_9929
素晴らしい!

そうこうしているうちに、男子ダブルス、竹島駿朗プロ、菊池玄吾プロの試合も始まった。
th_DSC_9961

玄吾もTeam RECの卒業生。
駿朗とは高校生の頃からのパートナー。
すべてを知った仲なので、抜群のコンビネーションを誇るペアである。

th_DSC_9998

試合は序盤から竹島・菊池ペアのペース。
いきなりサービスブレークから一気に突き放しにかかる。
th_DSC_9999

これでもかというくらいに攻めまくってストレートで勝利。
強いな。

それにしても駿朗のネットでの動きは絶品だ。
本当に忍者のように動き回ってポイントを重ねていく。
シングルスも強いが、ダブルスは恐ろしく上手いって感じ。

ぜひこのペアでタイトルを獲って欲しい。
th_IMG_8641
頑張れ〜!

(水曜日、第1シードに敗れベストでした。応援ありがとうございました)

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

準備とか、卒業とか。

いよいよ明日からフランス。
なのになんの準備もしていない。
こう見えて忙しいのよ。

とりあえず持って行っていいものを調べた。
どうやら一眼レフと望遠レンズは持ち込み禁止らしい。
昔は大丈夫だったけど、変わったのね。

実はカメラがいちばんの大荷物で、
機材次第でどんなパッキングをするかが決まるのだが、
持ち込めないとなれば、それはそれで割り切れる。

ということで、レックインドア上石神井からデジカメを借りた。
IMG_5174
小っさい!
バックパックでひいひい言いながら
望遠レンズ持ち歩くのとは大違い。
荷物も劇的に減った。

本当は一眼レフでバシバシ撮りたいけど、
まあ、身軽になったってことで。

あとは、ノートPCとクレジットカードでなんとかなるよね。
(ならないよっ!)

 

さて、斉藤貴史である。
27655441_1920636738266719_3595782043015623752_n

ガッツ溢れるプレーはTeam RECスタッフ、ファンの皆さんからも大人気。
DSC_2457

他のメンバー同様、背中のTeam RECがとても似合う男だ。
DSC_6211
実はその斉藤貴史プロが5月末をもってTeam RECを卒業する。
6月から新しい所属先でプロ活動をするのだ。

ワタクシたちTeam RECの選手サポートの主義主張は、
若手選手のステップアップに力を貸そうというもの。

ランキングが上がり、もっと良いスポンサーがつけば
それを受け、さらに良いプロ活動をすれば良いと思っている。
それがプロだから、引き止めることはしない。

菊池玄吾プロもそうだったし、それは喜ぶべきこと。
ステップを踏んでもっともっと大きくなって欲しいと思う。

斉藤プロ、いや貴史も一緒だ。
そして貴史は貴史なりに悩んだ。
Team RECを好きでいてくれるからこそ悩んだ。

FUTURESの会場でボスとワタクシに言いづらそうに
しかししっかり自分の意思と覚悟を持ってそれを話してくれた。
そしてワタクシたちTeam RECは、
「よかったじゃないか。受けるべきだ。頑張れ!」と言った。

貴史はいいヤツだ。
最初に会社に来た時、挨拶をした瞬間にそう思った。
そしてそれは当たっていた。

契約を結んだ途端に手首の手術をすることになり戦線離脱。
「いいよいいよ、とにかくしっかり治そう」と言ったが、
所属はしたものの1年間は試合をすることはなかった。

そして完治しかけた頃に「引退します」と突然の告白。
泣きながらそういう貴史に、
「まずオレたちに試合を見せてからだろ。地元に帰ってよく考えろ」
といったん帰らせた。

1ヶ月後、もう一度ツアーに戻ることを決めて
「もう一度やります。契約をお願いします」と涙。
そんなの最初からそのつもりだったけどね。

そしてツアー復帰、着々とランキングも上がって来た。

一本気で真面目で熱くて・・まあとにかくそういう男だ。
だからTeam RECを卒業してもみんなで応援する。
玄吾も貴史も縁が切れるんじゃなくて、Team RECのOBってことだ。

みんながんばれ!
どこで戦っていても、皆んなで応援するよ。
日本リーグであたったら敵だけど。(笑)

そんな貴史が挨拶に来てくれた。
IMG_5240

会議で集まっていた社員たちに涙の挨拶。
これはお宝映像なので非公開。

別撮りした挨拶がこちら。

 

パッチはついてないけど、
Team RECを忘れないでくれればそれでいい。

IMG_5242

とにかくがんばれ!
卒業おめでとう。
そしてありがとう!

カテゴリー: Team REC, カメラ, テニス, 斉藤貴史プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

TTCとか、予選1回戦とか。

休日。
早朝、クルマを走らせ北へ。

着いた先は柏。
それにしても千葉県の南北のアクセスの悪さ。なんとかからないか。

ということで、吉田記念テニス研修センターに到着。
IMG_3842
そうこの日は、かしわ国際オープンの予選初日なのだ。

いつ来ても、テニスの空気にあふれた素晴らしいクラブだ。
IMG_3847

IMG_3849

IMG_3846

IMG_3869
いつかこんなクラブをつくりたい。

会社のミッションに加えませんか、ボス。

 

さて、コートサイドの桜に見とれていたら、
Team REC斉藤貴史選手の試合が始まった。
29790002_1947842182212841_1217899453783305554_n

この日の対戦相手は小野田選手。
29871896_1947842242212835_7758296610039535694_o
シングルバックハンドでネットプレーを得意とする選手。
こういうプレースタイル好きだなぁ。

斉藤選手は筑波から移動してITF FUTURS4週目。

疲れもたまっているかもしれない。

試合は小野田選手ペースで始まった。
29665195_1947842318879494_3874480863227208931_o

斉藤選手はいきなりサービスを落として劣勢。
29352387_1947842265546166_4346388406793283058_o

29790741_1947842448879481_1062663644616474570_n

凡ミスも多く、なかなか調子に乗れない。
29664940_1947842322212827_7623709299254268615_o

ファーストセットを落とし、セカンドも劣勢。
29663064_1947842458879480_134471733083727110_o

29662851_1947842398879486_2796387881364564552_o
ボールも見えていない感じだし、
もう、どしたもんかって状態。

甲府フューチャーズの1回戦もそうだったが、
序盤が悪すぎる・・というか終始悪い。
29664832_1947842392212820_7136677897464441705_o

最後まで調子が戻ることはなく、3-6 3-6で敗退。
29570771_1947842542212805_6603185215515399119_n

正直、あまりに悪い出来だった。
これで勝つのは厳しいよね。

試合後、斉藤選手が来てくれた。
連れて来た15歳児に、
「プロも調子が悪い時はあるんだよ・・ね(小声)」
と、アドバイスのような言い訳のようなことを言ってた。
IMG_3867

ここ3週の状態を考え、松山フューチャーズはパスすることにしたそうだ。
「これじゃ、出ても勝てない。悪すぎるので、一度整えます」とのこと。

まあ、悪い時も良い時もあるのが人生だ。
テニスが出来なかった時を思えば、チャレンジ出来ている今を楽しもう。
頑張れ、貴史!

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 斉藤貴史プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

新調とか、春とか。

レックインドアテニススクール上石神井。

線路側のバナーを春バージョンに新調した。
IMG_3513

日本リーグの結果報告バナーも新しく。
IMG_3514
昨年の5位からひとつ上げて4位。
今年は決勝に行きたいな。
色々あるけど、みんなで頑張ろう。

 

さて、春分の日の雪はなんだったのだ?
IMG_3661

レックテニススクール府中に行ったのだが、
調布を過ぎたあたりからかなりの降りっぷり。
IMG_3668
また雪かきかと若干ビビる。

大国魂神社の桜も寒そう。
IMG_3666
春なんだか、冬なんだか・・

で、週末から急に暖かくなった。

オフ。
ランニングをしながら春を満喫。
IMG_3742

近所の公園もいい感じに桜が咲いている。
IMG_3740
子供が小さい頃はよくこの公園で遊んだ。

空き地では少年サッカー。
IMG_3745

川沿いの公園の桜も咲き始めた。
IMG_3746

春だなぁ。
なんだか春は心がざわつく。
毎年のこの感じは何なのだろう。

別れと出会いの季節だから?

そういえば、15歳児も4月から高校生。
中高一貫だからあまり感慨はないけど。

ワタクシ的には今の会社ももうすぐ6年になる。
某大手スポーツクラブを退職し、
テニスコーチになった人生最初の転職は夏だったけど、
2度目の転職、3度目の退職〜転職は春だった。

まあ、春はいろんなことがある。
心がざわつくから色々あるのか、色々あるからざわつくのか。
何にしても今年もキレイな桜を見られたことに感謝しよう。

さあ、やること満載だ。
この春も頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

なにこれとか、REC FESTA 2018とか。

中央自動車道・談合坂SAで出会ったコイツ。
IMG_3633
キミは何者?

とりあえず「叩いちゃダメよ」みたいな注意書きがあった。
たしかに叩いてみたくなる風貌だ。
叩いてないよ、大人だから。

 

さて、GW毎年恒例のREC FESTA。
って言っても、まだ今年で3回めかな。

そんなわけで今年も5月4日はREC FESTA。
recfestamain01
会場はレックインドアテニススクール上石神井。
時間は10時から16時30分くらいまで。(だいたいでゴメン)

Team RECプロメンバーからは、
鈴木貴男プロ、竹島駿朗プロ、中村祐樹プロの参加が決定。
関口周一プロはツアーに出ているため不参加。(残念)
斉藤貴史プロは現在スケジュール確認中。(来て!)

Team RECのコーチ、スタッフも大集合。
皆さんに楽しんでいただくために絶賛仕込み中です。

内容を少しご紹介。(あくまで予定だけど)

プロクリニック
recfestaclinic

こちらは事前予約制ね。
エキシビションマッチ
DSC_63191

DSC_6417

Team RECプロメンバー、日本リーグメンバー、
実業団メンバーなどが、様々な組み合わせで出場予定だ。
もしかするとワタクシも・・・(ウソ)

昨年好評だったピラティス
DSC_5837

全然出来てない男。
DSC_58411

今年も体幹から美しく。。

段ボール迷路は今年も登場。
IMG_7076

今回はアイトレーニングなどもニューアトラクションもあり(かな)

もちろん、ソトヤマシェフの美味しいなにかも。
IMG_7153

その他、あれこれと準備思案中。

基本的には当日フラッと参加で大丈夫なものばかり。

ぜひ一緒に楽しいGWを過ごしましょう。
ワタクシにも会えますよ。(それは別に・・)

カテゴリー: Team REC, テニス, 中村祐樹プロ, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

盾とか、仙台ランとか。

レックインドアテニススクール上石神井。
日本リーグのあれこれが飾ってあった。
IMG_3192

これは斉藤貴史プロの優秀選手賞の盾。
IMG_3193
「持って帰ってもしょうがないので、スクールに飾ってください」だって。
貴史に限らず、プロってそういう感じみたい。

ちなみにワタクシもスケールは違うけど、
トロフィーとか全然残っていないもんね。
(それほどもらってないという話も・・)

 

さて、旅先で走るのが好きだ。

盛岡は雪が積もっていて無理だったが、
それでも無理やりウォーキングはした。

メッチャ気温が低くても1時間も歩けば汗かくのね。
そういえば、スキーも汗かくもんな。

スキーっていえば、子供の頃、毎週末、
山に連れて行かれてスパルタでしごかれた。

リフトも使わず、登っては滑り、滑っては登り、
昼ごはんはスキーを履いたままオニギリを食べた。
横を見れば、暖かいロッジでカレーやラーメンを食べている人たち。
なんとうらやましかったことか。

父親はワタクシたち兄弟をどうしたかったのだろう。
おかげで上手くはなったけど、大人になってからは
反動でまったく行かなくなってしまった。

 

話がそれた。
だいたいがGoogle Mapで適当にあたりをつけて走る。

この日選んだのは、せっかくの仙台なんだから青葉城でしょコース。

国分町から広瀬川方面へ。
IMG_1107

川を渡るあたりからアップヒルに。
IMG_1109

城址公園に入る。
IMG_1112

青葉城って山城なのね。
IMG_1114

きつい。
IMG_1130

さすがに走れず、歩いて登る。
IMG_1117

ようやく城郭跡の頂上へ。
IMG_1122
いい眺め。
杜の都って感じだ。(どんな感じ?)

伊達政宗公に挨拶して・・
IMG_1121

神社にお参りして・・・
IMG_1129

戻ろうと思ったらフカダコーチと鉢合わせ。

「走ってきた?」

「はい」

たぶんウソだ。
汗かいてないし。

街中まで戻って少し遠回り。
IMG_1131

IMG_1134
なんとなく仙台の街を堪能した気分になってホテルへ戻る。
最後の締めに走れてよかった。

久しぶりの仙台。
今度はプライベートで来ようと思った。

カテゴリー: Team REC, テニス用品, トレーニング, ランニング, 斉藤貴史プロ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

高いとか、甲府フューチャーズ予選とか。

休日。
あれこれ済ませて、クルマを西へ。
IMG_3634
中央道、談合坂SAでひと休み。

何か食べておこうとフードコートへ寄ってみた。
IMG_3625
高いね。
どこ店もとても高い。
なんとかプレート1,500円て・・

SAが充実する=客単価を上げるってことなんだろうな。

ひとりだし、旅行じゃないしってことで、
高速を降りてから牛丼を食べることにした。

すき家なら3杯食べられるよ。
食べないけど。

 

さて、そんなこんなで千葉から3時間。
目的地へ着いた。
IMG_3636

山梨県甲府市の山梨学院大学のテニスコート。
IMG_3640

ITF FUTURES大学シリーズ3週目はここ甲府が舞台。
この日は予選の2日目。
シードで初戦がなかった斉藤貴史プロと竹島駿朗プロが
2回戦を戦うのだ。

しかしいい天気、いい施設、いいロケーションだなぁ。
大学の施設も立派だし、こんなところで学生生活を送るのも良さそう。

試合は、斉藤プロから。
朝の1回戦を勝ち上がって来た相手とだ。

DSC_7056

序盤、なんともピリッとしない斉藤プロ。
普段見ないようなミスを連発。
DSC_7318

攻め込まれて防戦に回る場面も多い。
DSC_7165

ここまで悪い斉藤プロは初めて見た。
DSC_7133

どこか悪いのか?
このままリタイヤしてしまうのではと思ったほど。

ファーストセットを落とし、セカンドセットはなんとか取り返す。
DSC_7293

ファイナルセット、徐々に調子を戻し巻き返す。
DSC_7408

DSC_7171

DSC_7451

普段とはほど遠い感じだったが、なんとか勝利。
DSC_7457

DSC_7464

ひと安心と「やっちゃいました。へへ」という表情。
DSC_7474

「いやぁ、悪かったね」と言うと
「どうにこうにも、どうして良いか・・でした」と斉藤プロ。

こんな日もあるのね。
明日の予選決勝はしっかり締めよう。

 

斉藤プロが苦しんでいる間に、竹島プロが試合に入った。
DSC_7486

DSC_7543

対戦相手は日本リーグでも当たる田代選手。
DSC_7607
伸び盛りの若手選手。
斉藤プロの高校の後輩でもある。

試合はこちらももつれ、ファイナルセットへ。
DSC_7507

すっかり日が落ちてメッチャ寒い。
どちらが勝つかまったく読めない展開。

必死にボールを打ち続ける竹島プロだが、ほとんどのショットがコートセンターに。
一緒に見ていた菊池玄吾プロも「真ん中にしかいってない・・」と心配顔。

先にサービスをブレーク。
そして必死にキープにかかる。
DSC_7694

最後は竹島プロが凌ぎ切った。
DSC_7701
よかった、そして寒かった。
やっぱり夜は冷えるね。

試合後、竹島プロと少し話す。

「センターにボール集めたの?」

「いえ、そこにしかいかなくなっちゃって」

「作戦じゃないのか」

「最後はなんとかクロスに散るようになったんですけど・・・
とりあえず勝てて良かったです」

こういう試合を制することが出来たのも大きい。
決勝も勝って、本戦に行こう。

すっかり遅くなってしまった。
さて160kmのドライブに出発だ。
遅い分、混んでないからいいかな。

 

昨日の予選決勝は、休みだったのだけど
仕事が溜まっていて行けなかった。(意味不明)
二人とも勝ち上がって本戦入りを決めたようだ。
さあ、ここからだね、ガンバレ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。