カテゴリー別アーカイブ: 斉藤貴史プロ

もうすぐ開幕とか、懐かしラケットとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

日本リーグのポスターが届いた。
14980720_1671906939806368_8623873290830550267_n

気づけばファーストステージはもうすぐ。
Team RECも本番に向けてあれこれ準備中。

今年の公式サイトも公開になった。
テニス日本リーグ公式サイト

しかしまあ、どこを見ても強豪ぞろい。
新規参入チームも強そうだ。

そしてTeam RECメンバーはこちら。
http://files.tennis-jl.jp/pdf/2016/profile_men_reckouhatu2016.pdf
今年もチーム一丸となって戦う。

まずは横浜決戦。
12月1日(木)〜4日(日)、会場は横浜国際プールである。
http://tennis-jl.jp/schedule/

セカンドステージは兵庫に行ってしまうので、
ぜひファーストステージを見に来てください。
頑張りますんで。(応援だけど)

 

さて、RACKET-STUDIOさんにお邪魔した時の写真がもう少し。
懐かしくもキワモノのラケットもあった。

MADRAQ(マッドラック)
IMG_3019

ストリングが縦横斜めに交差しているラケット。
IMG_3018
たしか通販のサントリーショッピングが取り扱っていた。

ワタクシも使ってみたことがある。
けっこう面圧は高め。
この構造のメリットはあまり実感出来なかったような記憶がある。

何より、ストリングが切れたら張りたくないなぁと思った。
多分、切れにくいのだとは思うけどね。

そんなに売れなかったのかな。

 

SNAUWAERT ERGO
IMG_3022

最近、また日本での取り扱いが始まったスノワート。
フェイスが斜めについているモデル。
これによりよりスピンが掛かりやすくなるというコンセプトだった。

売れたかどうかは分からない。
ちなみにワタクシは打ったことはない。

このラケットだけ紹介すると、
こういうメーカーなのかと思うかもしれないが、
実際は質実剛健なベルギーのブランド。

現在は、名選手ビタス・ゲルライテスの名を冠したモデルを中心に展開している。
スノワートジャパン株式会社

ワタクシ、その昔、ゲルライテスモデルを使っていたことがある。
ウッドラケットだったが、シャフトがゴツく剛性が高い良いラケットだった。

その後、グラファイトのミカエル・ペルンフォルスモデルも使ったが、
これもフラットビームでとても扱いやすいモデルだった、
かなり気に入っていた記憶がある。

ちなみにこの頃使っていたラケット、軒並み手元に無い。
どうしたのかも記憶にない。
おそらく試合に出たり練習したりで必死な時期だったから
保管しておこうなんて発想は無かったんだろうなぁ。
明日をも知れない時なんてそんなもんだ。

20代中盤の頃は他にも、ルコックのヤニック・ノアモデルも使ってたっけ。
ノアは3本シャフトのウッドが印象強いが、
ワタクシが使っていたのは、1本シャフトのブルーのウッドラケットだった。
しかしどうしてあれを使っていたんだろう。
入手経路すら思い出せない。

クナイスルのホワイトスター・レンドルプロは4〜5本持っていた。
全部、中古だったけど。
フェイスは小さいが絶品の打球感だったっけ。
白いフレームはすぐに黄ばむので、いつも消しゴムで掃除してた。
このラケット、かなりの期間使ってたけど、やはり手元に無い。

マッドラックもエルゴも多分バブル前後の時代。
(間違ってたらゴメン)
そしてワタクシの超下積み時代も世の中がバブルで浮かれていた頃。

金無い、技術無い、戦歴無い、実力無い、人脈無いと、
無い無い尽くしの数年間は選手としてもコーチとしても
仕事人としても迷走しまくっていた。

なんせ、ガットの張替えも躊躇するくらいだったし、
試合会場への交通費で手一杯だったもんね。

そんなツラくも必死だった時代を思い出すラケットがこの2本。
もう戻りたく無いけど、あれはあれで戦ってたんだよなぁ。
まあ、今も別のフィールドで毎日戦いだけど。

一瞬タイムスリップのマッドラックとエルゴだった。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

斉藤プロとか、文化祭とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

Team REC 斉藤貴史プロからメール。
「team 09キャップ届きました!ありがとうございます!」とのこと。

彼のブログにも写真が。
IMG_8284
定期報告メールやブログを読むと、回復は順調な様子。

斉藤プロはとにかく真面目な性格だから、
ランキングのことやスポンサーのことなど、
色々なことが気になってしまうようだ。

何度も言ってるけど、この先の方が長いから
焦らずしっかり治し欲しい。

とにかくこれから。
ガンバレ!タカシ!

って、ボスと同じファーストネームだから
微妙に呼びづらいんだよなぁ。
ニックネームつけるか。

 

さて、秋は文化祭の季節。
なのに、今年はやたらと雨が多い。

先日は14歳児の通う学校の文化祭。
数日前から「おとうさん、来るの?」と14歳児。
「あの、お兄ちゃんほど嫌なわけじゃないけど、来なくても・・いいよ」
どうやら恥ずかしいらしい。

「行くよ。キミを学校に行かせている保護者としてね」と言うと、
「あ、そうですよね。すみません。来てください」だそうだ。(苦笑)

と言うことで、朝から雨模様の中、学校へ。
IMG_3134

ステージイベントも雨の中、演ったらしい。
IMG_3132
若いっていいな。

そして14歳児のパート、研究プレゼンテーションの教室へ。
IMG_3135
ここで、調べたことをプレゼンするらしい。
そりゃ、見られたくないわ。
しかし彼はちゃんと喋れるのだろうか。

プレゼンが始まった。
お題は「論文の作り方」
IMG_3141
構成のコツから検証の仕方まで、細かく説明。

うーん、メッチャ喋ってる。
IMG_3143
身振り手振りも大きく機関銃のように話し続ける。
ちょっとビックリ。
この辺はワタクシの血なのかな。

終了後、聴いていた年配の男性に「素晴らしかった」と褒められつつ
「ここはこんな風にまとめるといいよ」などどアドバイスを受けていた。
同じクラスの子のおじいさんで大学教授の方らしい。
本職のアドバイスもらえるなんてラッキーだ。

あまり声を掛けないようにしていたのだが、
嫌がっていた割には、向こうからこちらに話しかけてきたりと
文化祭をとても楽しんでいるよう。

クラスの演し物でも一所懸命呼び込みしていた。
IMG_3155
父母会では、他の保護者から、
「スポーツも勉強もすごいんですってね」とか、
「〜くんのお母さんですか。お世話になっていますって挨拶されたのよ。すごいわぁ」
とか、先生からは
「彼は好きなことを一所懸命やっていて、なんと言うか・・清々しいですねぇ」
「彼みたいな子がクラスにあと5人いればいいのにねぇなんて話しているんですよ」
など、妙に高評価な14歳児。
ほとんどはお世辞だろうが、とりあえず評判は良いらしい。

とにかくとても楽しそうな中学生活で良かった。
勉強もテニスも思うようにやっておくれ。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 斉藤貴史プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

みやげとか、決定!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ニューヨーク帰りのエグチコーチからお土産をもらった。
きっとUSオープングッズだろうなと思い開封。

IMG_3604
ト・・トランプ?

メッチャ旬なアメリカみやげである。
エグチコーチ、恐るべし。

 

さて、某日。
レック本社から千代田区へ。

とあるスポーツセンターの会議室。
IMG_3610
若干、物々しく、張り詰めた空気が漂う。

テニス日本リーグのドロー抽選会と監督会議なのだ。
この日、ウチのボスはどうしても外せない用事があり、
代わりにワタクシが出席した。

日本リーグのブロック分けのクジを引くのはある意味重責。
昨年の順位の上から順番に分けていくとはいえ、
どのチームがどちらに来るのか、そしてどちらに入るのかは重要。
ああ、緊張するぜ。

IMG_3611

ルールの確認、その他注意事項の説明などを経て、いよいよ抽選。
上位チームから、2枚のカードのどちらかを引き、レッド・ブルーが決まる。

我がレック興発は昨年5位なので3巡目。
運命のくじ引きはレッド。
いいのか悪いのかも分からないが、とにかく決まった。
IMG_3612
その場でブロック表が作成〜配布される。

うーん、どうなのだろう。
まあ、どこも強いから一緒か。

ちなみに、ファーストステージは横浜国際プール。
セカンドステージはビーンズドームとなった。

早速、スタッフと選手に連絡。
そしてバタバタとDRKさんとホテルの手配。
なんとか宿も決まりひと安心。
あとは、選手たちに頑張ってもらうだけである。

厳しい戦いだけど、頑張ろう!
応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

Teamとか、頑張れ!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

某日、レック本社に鈴木プロが来られた。
IMG_2986
今後のTeam RECの活動などについて作戦会議。

最近の動きとして、鈴木プロが関口プロ、竹島プロの練習見たりと、
プロ活動の具体的な部分についてチームとして動き始めた。

日本リーグの時にだけ集結するチームではなく、
プロ活動そのもののサポート体制を確立し、
Team RECに所属するメリットを追求しようとしている。

その中で鈴木プロは中核的な存在。
それをさらに推し進めたチームづくりをしていく。

もしかすると、チームでの遠征もあるかもしれない。
鈴木プロの人脈、経験、テニス理論、様々なものが
若手の所属選手にとって刺激となり、化学反応を起こし、
成績となって現れるといいな。

鈴木プロ、よろしくお願いいたします。

 

さて、U.Sオープンはワウリンカの優勝で幕を閉じた。

それにしても圭の準決勝は惜しかった。
正座はしていないがTVにかぶりつきで応援体制。

しかしいよいよ試合が始まろうかという時間、
実業団の試合のため、大宮に向かわなければいけない時間に。
そこで必殺のWOWOWオンデマンド。
IMG_3102
便利な世の中になったものだ。

電車の中、大宮駅からタクシーの中、そしてコートでと
最後までしっかり観ることができた。

それにしてもテニスは過酷だ。
もう一方のジョコビッチ、モンフィスもそうだし、
ツォンガも満身創痍って感じだった。

グランドスラムそして5セットを2週間戦い切るのは本当に厳しいのだろうなぁ。
そんな中で今のポジションにいる圭はすごい。
これからがますます楽しみである。
頑張れ、圭!

 

そんな厳しい舞台を目指しての戦いがもう一つ。
ATPチャレンジャーシリーズである。

昨日、Team RECの関口周一プロは中国で戦っていた。

今回はコーチにも帯同いただき、万全で臨み、見事予選を通過。
本戦1回戦は伊藤竜馬選手と対戦となった。

試合は10時から。
ちょうどオフォスにいたワタクシたちはそれぞれのPCで
ATPのライブストリーミングで応援。
IMG_3167
うーん、便利な時代だ。

試合はフルセットの大接戦。
ファイナルセット、5-4でリードしサービングフォーザマッチを迎える。
よし、これをキープすれば・・と応援に力が入る。
しかし、伊藤選手の怒涛の攻めでサービスを落とし5-5に。

互いに譲らぬ展開が続くも、最後は5-7で敗退。
本当に悔しい敗戦となった。

ほんのちょっと差だったように見えたが、
あと1ゲーム、あと1ポイントが遠かった。

それがプロの世界、勝負の世界。
グランドスラムでもチャレンジャーでも厳しさは同じだ。

関口プロの戦いはまだまだ続く。
仕切り直してまた次に進もう。
頑張れ、周一!

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キャップとか、Tシャツとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

Team RECのキャップをつくってみた。
IMG_2187
何風っていうのかな。
とりあえずベーシックなタイプを試作。

といっても、これは正式生産の予定はなし。
夏の遠征用につくってみただけなのだ。

なかなかいい感じだが、
釣りの時に飛ばして無くさないようにしなきゃ。

ちなみにこれ、ボスから「自分だけ作るなんてずるいぞ」と言われ、
ボスとDRKさんの分を追加発注することに。
最初に誘えば良かったですね。
10日ほどで届きますので、少々お待ちを。

 

さて、好評をいただいたTeam REC Tシャツ。
IMG_2089

ネットショップでも追加注文をいただいたりとありがたい限りである。
TENNIS SHOP 09

カラーによっては完売商品も出てきた。
ご興味のある方はお早めに。

せっかくなので、我が家の子供達にも1枚ずつ買ってあげた。
IMG_2094
14歳児も練習で愛用中。

なんか、ダボダボだなぁと思ったら、
間違ってワタクシのLサイズを渡していた。
本人はこういうことに無頓着で気付かなかったようだが、
明らかにサイズ感が変だった。
ゴメン。

手首の手術からリハビリ中の斉藤貴史プロからも早速お礼の連絡があった。
IMG_2164
似合ってるよ。

ギプスも外れ回復も順調のようだ。
手には負担は掛けられないが、
ランニングなど徐々に作り込んでいくとのこと。

焦らず、無理せずしっかり治して、
さらに強い男としてチームに合流してほしい。

次はTeam RECステッカーが欲しいなぁ。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, ファミリー, 斉藤貴史プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

貴男さんとか、手術とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

展示会シーズンである。
昨日も今日もあちらこちらへ。

先日は鈴木貴男プロと一緒にOAKLEYへ。
朝イチで会場に入り1時間ちょっとの滞在。

IMG_1680
「じゃ、ボクこのまま四日市に行くんで」

いつも忙しい貴男さんである。
来週は香港だったかな。
気をつけて。

 

さて、新規加入のTeam REC-PROメンバー、斉藤貴史プロである。

手首の違和感のため、5〜6月は地元を離れ
東京に滞在し治療に専念。
テニスも我慢の日々だったようだ。

ちょうどその間にTeam RECのメンバーに加わったのだが、
その時は、「1~2カ月でなんとか」ということだった。
DSC_0983

そこから数週間後。
「やはり手術しないとダメでした」と衝撃の報告。

まあ、ワタクシたちの衝撃よりも
本人のショックの方が遥かに大きいことは想像に難くない。

とても真面目なキャラクターの斉藤プロ。
「契約していただいたばかりなのに、本当にすみません」とのこと。

もちろん早く復帰して欲しいが、この先も選手生活も長いわけだし、
焦って完治を遅らせるようなことがあってはならない。
「とにかく焦らず完治ね。Team RECは待ってるから大丈夫」と伝えた。

そして7月1日。
斉藤プロは手術を受けた。

次の日、メールを送ると、いつものように律儀に速攻で返信。

「時間はかかると思いますがしっかり治します。
皆様のお言葉のお陰で、パワーはめちゃくちゃに溜まっています。
復帰後は確実にジャンプアップします!」
と心強い言葉。

13567066_1044309158978498_5464160968481970427_n

数ヶ月はプレーは出来ないが、焦らず治してほしい。
焦らずといっても本人すればそんなことは無理だろうが、
選手としての先はまだまだ長いし、
きっとこの経験が後から生きてくるのだと思う。

日本リーグのタイミングも微妙かもしれないが、
他のメンバーが「まかせてください」と言っているし、
とにかくこれがTeam RECだということを発揮する良いチャンスだ。

実際、Team RECもたくさんの挫折と
絶体絶命のピンチを乗り越えてここまで来た。
斉藤プロもこの状況を乗り換えてもっと強くなるだろう。

とにかく完治を。
そして、復帰戦はワタクシとシングルスで勝負しよう。
そこに向けてワタクシも練習しておくよ。
楽しみにしてるぜ。

カテゴリー: Team REC, 斉藤貴史プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ソフトとか、契約!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

13歳児との早朝練習後に買い食い。
IMG_0341
ミニストップのソフトクリームって絶品。
濃いめのミルキーな感じがたまりませぬ。

でも、太りそうだね。
食べ過ぎ注意である。

 

さて、昨日のこと。

Team RECは斉藤貴史プロと所属契約を締結した。
DSC_0930

あるご縁で斉藤プロと出会い、その将来性に
何らかのサポートが出来ればということで
所属契約に至ったというわけである。

所属契約という会社の看板を背負ってもらうということは
互いに責任は重いもの。

ワタクシたちも本気でサポートするし、
選手もよりプロとしての意識を高く持ち、
当然ながら結果も出さなければいけない。

つまり、何よりも一緒に進んで行きたいという
選手であり、その前に人間であることが大事だと思う。

そういう意味では、斉藤プロはとても礼儀正しく、
若いのにとてもしっかりしている。
地元をあげて斉藤プロを応援しているもの納得である。
DSC_0983

そんな斉藤プロは6月からTeam RECの一員として
プロとして活動する。
saitotakashi

Team RECを応援してくださる皆様にも
可愛がってもらえる選手、応援してもらえる選手だと思う。
ぜひ試合会場では「タカシ!」と熱烈応援をお願いしたい。
IMG_0897

実は手首を痛めて、治療とトレーニングの日々だったが、
そろそろ試合にも復帰する予定。
IMG_0896

最初は様子を見ながらになるのかもしれないが、
若い力の爆発力に期待が膨らむ。

現在、Team RECのプロメンバーは、鈴木貴男プロ、関口周一プロ、
竹島駿朗プロ、菊池玄吾プロ、そして斉藤貴史プロと5名。
応援宜しくお願い致します!

カテゴリー: Team REC, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。