カテゴリー別アーカイブ: 斉藤貴史プロ

デ杯スナップとか、明日からとか。

デ杯、残りのスナップなどを。

とにかくガスケは強かった。

特にバックハンドのキレは圧巻。
厚く当ててストレートへ、
グリっとショートクラスヘスピンなど、
正面のボールをバックに回り込むほどに強烈だった。

あのバックハンドを間近で見れただけでも
来たかいがあったと思うほどにすごかった。

そして最後までよく分からなかったのがフォアのグリップ。

このテイクバックから、
DSC_0629

こうなって、
DSC_0633

どうしてこうなるの?
DSC_0631
ガスケって、昔から見るたびにグリップが変化する選手だけど、
このフォアのグリップはよく分からない。

テイクバックではコンチネンタルなのに、
フォワードスイング〜インパクトではセミウエスタンになっている・・
いや、フルウエスタンだな。
極端なウエスタンだからテイクバックでコンチネンンタルに寄って見えるんだな。
で、フィニッシュではそこまで厚く見えない、みたいな。

一所懸命見るんだけど、速すぎて分からなかった。
面白い選手だ。

フランスのダブルスはメッチャ強かった。
DSC_1095
やっぱりテッパンのダブルスがいると強いよなぁ。
日本もそういうペアつくれないかな。
貴男さん、もう一度出ないかな。

エルベールの独特なサービス
DSC_1525

遠いところからラケットが出てくるという意味では
悪いことばかりじゃないのだろうけど、
肘の位置とか微妙な気も。
DSC_1526
テイクバックのラケットダウンの瞬間はマッケンロー、
フォワードスイング直前はデビッドペイトみたいな。

って、デビッドペイト知ってる人ももう少ないか。(知ってる?)
好きだったなぁ。

今大会、とにかくチャレンジが多かった。
DSC_1595

DSC_0546
そして判定が覆ることも多かった。
審判団にとってはツライ時代になった。

いや、逆に選手の納得度が上がるからいいのか。
でも、ミスジャッジだったのが分かるのってツライよね。

二日目は若干空席が目立った。
DSC_1115

このエリアは期間中を通じて空いていたような。
DSC_1114
スポンサー席か何かなのだろうか。
もったいない。

国際交流。
DSC_1455
勝敗が決まったしまったのもあるかもしれないが、
両国応援団はいい感じで交流していた。

最後にフランス応援団が日本コールをしてくれたのもうれしかった、
DSC_1641
ありがとうございました。

マユのウェアはラコステ。
DSC_1383
フランスだしね。
そいえば、ジョコビッチのウェアがラコステになるって噂はホントなの?

最近のカメラって軽そう。
DSC_1221
機材も随分進化しているのね。

 
さて、いよいよ日本リーグ決勝トーナメント。
今日から会場入り。
まずは前日練習である。

選手たちもしっかり調整してくれるだろう。
ちなみにワタクシは所用もあり、試合当日から合流。
まあ、いてもいなくても関係ないからね。(苦笑)

金曜日の初戦は10時10分から。
会場の東京体育館に応援に来てくださった方には
抽選でのプレゼントなどをご用意している。

その中の一つがこれ。
IMG_6463
Team RECフォトカードである。

応援席にはサインペンも準備しておくので、
選手が上がって来たらサインなどに利用いただけるとウレシい。

各日、予定枚数でお渡し終了になってしまうが、
ぜひ記念にゲットして欲しい。

どこと当たっても強豪の決勝トーナメント。
いよいよ本番。
とにかく頑張るぜ。(選手が)

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

いよいよとか、セカンドステージスナップとか。

いよいよ来週は日本リーグ決勝トーナメント。
japanleaguefinal
1回戦から強豪のイカイさんとの対戦だけど、
どこと当たっても強豪なのは同じ。
全力で戦うのみである。(選手が・・ね)

会場は東京体育館。
千駄ヶ谷駅前なので、ぜひいらしてください。

Team RECの応援に来ていただいた方には
豪華(?)景品が当たる抽選会や
Team RECカードプレゼントなどをご用意する予定。

ぜひいらしてください。

 

さて、そんな決勝の前に、セカンドステージの写真など。

とにかく広いビーンズドーム。
IMG_6035
この器を冷やしたり、温めたりするのは無理だわ。

今回もRECカーが出動。
IMG_6082
って、レンタカーにマグネットステッカーを貼るだけなんだけど。

ホテルは便利もよく、部屋も広くて快適。
IMG_6084
Wi-Fi完備も助かる。Wi-Fiは今や必須だね。

不満点といえば、コンセントが少ないこと。
携帯、カメラバッテリー、PC、タブレット、イヤホン等々、
充電するものがたくさんあるので、コンセントか、
タップが欲しいところだ。

あとは部屋の照明が暗いこと。
もう少し明るい方が仕事がしやすい。
ちなみにエレベーターの押しボタンも暗かった。
高級感の演出なのかな。

初日のみ、全員で食事。
IMG_6089
以降はそれぞれというシステムにした。

パン食べ放題のパスタ屋で、
ひたすらパンを食べ続ける竹島プロ。
IMG_6088
パスタが来る前に「お腹いっぱいになっちゃいました」って、当たり前だ。

暇さえあれば、トレーニングをしている男。
IMG_6096

それが斉藤貴史。
IMG_6098
そりゃ、あんな体になるわ。
完全復活が楽しみだ。

梁元コーチの試合中。
DSC_1675

後ろで試合を見ていた関口プロと竹島プロの会話は興味深かった。
DSC_1674
「スライス、入れろ」
「ここで前は無い」
「もっとペース落として」

プロならではの戦力なんかも垣間見えたりして。

そんなこんなでセカンドステージは昨年の成績を超えた。
あとは決勝だね。
頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:49 | コメントは受け付けていません。

朝日とか、最終日とか。

TeamRECFANMTGbanner
Team RECファンミーティング、ぜひご参加下さい!

 

日本リーグ・セカンドステージ最終日の朝。
仕事をやっつけたら走ろうと思っていたのだが、
なかなか終わらずで、結局走れなかった。

暗いし、道路も凍ってるだろうから、
それで良いのだと自分を納得させる。

その代わりに、素晴らしい朝日を拝めた。
IMG_6172
16階の部屋からは明石大橋なんかも遠くに臨める絶景である。
今日も頑張ろう!(選手が)と心に誓ってみた。

 

さて、そんなわけでセカンドステージ最終日である。

混戦模様の我がレッドブロック。
星取りが微妙な感じになってきた。
今日の結果次第では三つ巴で何位になるのか、
非常に微妙な状況である。

今日の対戦相手はリコーさん。
日本リーグ常連の強豪チームである。

まずはシングルス2、梁元選手。
16177717_1711574002506328_1204430276157330211_o

日本リーグシングルスデビュー戦だ。
対戦相手の熊谷選手とは以前に対戦経験あり。
その時は負けたそうだが、リベンジしたいところだ。

16177676_1711574235839638_2393356358038687631_o

しかし試合は終始相手ペース。
良いラリーをするのだが、勝負所で相手のカウンターが炸裂。
ジリジリと追い込まれ、ストレートで敗退である。
16195142_1711574109172984_4073401176159391695_n

もう少し食い下がりたかっただろう。
また練習をしてリベンジだね。

 

シングルス1は不動のエース関口周一選手。
16251781_1711615462502182_8395070822553055838_o

こちらは盤石。
16179752_1711615602502168_5715819660621204907_o

淡々とポイントを積み上げ、ストレートで勝利。
最後までエースの役割を果たした。
16195152_1711615679168827_6581357067285343081_n

 

1対1のタイで勝負の行方はダブルスに掛かった。
戦うは、佐藤・井原。
相手ペアはメッチャ強い盤石ペア。

16143102_1711647825832279_5022773756047931533_n
序盤は食い下がるも勝負所で突き放され、
ファーストセットを3-6で落とす。

必死で挽回をはかる。
16251869_1711647272499001_7123868556129294151_o

16252481_1711647162499012_3400572805696856564_o

しかし相手が一枚上手だった。
16174834_1711647832498945_6791590237964142401_n
セカンドセットも3-6で敗退。
チームの負けも決まってしまった。

これで予選リーグは終了。
レック興発は予選リーグを2位で通過という結果だった。

決勝トーナメントは反対ブロックの3位と対戦。
相手がどこであれ全力でぶつかるのみだ。
16114762_1711649075832154_7389349195424303127_n
今回も応援に来てくださった皆様、ありがとうございました。
決勝も頑張ります。
応援の後押し、よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

凍ってるとか、2日目とか。

TeamRECFANMTGbanner
Team RECファンミーティング、ぜひご参加下さい!

 

神戸の朝、3日目。
5時に起きてランニングに出る。
sIMG_6147
暗い&寒い。

道路も凍っているうえに坂が多くて危ない。
sIMG_6148
何度もすべって転びそうになる。
「私をスキーに連れてって」みたいに「凍ってるね」とか言ってる場合じゃない。
途中からウォーキングに変更。
まあ、そこそこ汗をかけたので良かった。
しかし寒いね。

 

さて、テニス日本リーグ・セカンドステージ2日目は
前年優勝チームのエキスパートパワーシズオカさんと対戦。
s16177597_1710889295908132_2349375419212714763_o

どのチームも強豪なので、とにかく頑張るだけ。
s15936963_1710889462574782_2048730307841569081_o
今日もTeam RECらしく戦おう。

 

シングルス2は竹島駿朗選手。
対戦相手は長尾選手。
昨年の全日本選手権ダブルスチャンピオンだ。

序盤から相手サービスブレークし、
リードペースで試合を運ぶ。
s16112788_1710938899236505_5294771321535416119_o

何度も追いつかれそうになりながら、
スーパーパッシングショットなどで凌ぐ。
s16112810_1710938912569837_6212583119951762565_o

競りながらもしっかりサービスをキープ。
s16177909_1710938832569845_3676941744356095617_o

どちらに転ぶか分からない展開を制し、
6-3 6-4のストレートで勝利。
s16178471_1710938902569838_6563429168428510676_o
竹島選手の持ち味が活きた素晴らしい試合だった。
これで王手である。

 

シングルス1は関口周一選手。
s16112912_1710983935898668_4101363271711142784_o

対戦相手はjason jung選手。
s16143501_1710984109231984_8325178082110239469_o
ATPランキング160位台の強豪選手だ。

試合は一進一退のシーソーゲーム。
s16178714_1710984349231960_7480133533572609087_o

とにかく息の抜けない展開で
ファーストセットはタイブレークで関口選手。

セカンドセットも最初にサービスを破りリードするも
追いつかれて、またもやタイブレークへ。
s16113116_1710984485898613_7942965049580408169_o

そして2度のタイブレークを制し勝利!
s16179842_1710984572565271_3828878154107934404_o
すごい試合だった。
そしてチームの勝利が決まった。
素晴らしい!

 

最後はダブルス、佐藤一平・井原力選手。
対するは奥・近藤選手。

奥選手は長尾選手とのペアで全日本選手権優勝、
近藤選手は鈴木貴男選手とのペアで昨年の豊田チャレンジャーでベスト4。
思い切りぶつかるのみである。

序盤、二人の思い切りの良いプレーが当たり、
イーブンの展開で試合は進む。
s16179055_1711046812559047_2282926999979430455_o

悪くない、このまま食い下がろう。
s16179159_1711046249225770_5840156688165774961_o

試合はタイブレークに突入。
s16179026_1711046785892383_4978903944861510433_o

が、少しの差でセットを落とす。
s16178915_1711046375892424_7990192417687106212_o

いやいや悪くない。
思い切り行こう。
s16113147_1711047015892360_5313913597412802514_o

s16112658_1711046899225705_5259046785987272752_o

しかしセカンドセットは3-6で突き放された。
DSC_9823
それでもナイスゲームにたくさんの方が声援を下さった。
ありがとうございました。

まずは1勝。
ここでの1勝は大きい。

さあ、今日はいよいよ最終日。
いい試合をして決勝トーナメントにつなげよう。
応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, ランニング, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

寒いとか、初戦とか。

TeamRECFANMTGbanner
Team RECファンミーティング、ぜひご参加下さい!

 

ビーンズドームの朝は寒い。
ホテルを出る時も雪がちらついていた。
厳しい1日を覚悟しつつ会場へ。

s16105688_1710347279295667_8261203374091260477_n

外気温とあまり変わらない気が。
ここって広域避難所だよね。
真冬に避難する事態になったらつらそうだな。

選手たちはリラックスモード。
s16003219_1710347282629000_7542174665079612352_n

s16114350_1710347299295665_3780959119651991078_n

s16003250_1710347302628998_1369605620761385069_n

公式練習を終え、気持ちを試合に向けていく。
熾烈な3日間になるだろうけど、頑張ろう。

 

さて、そうこうしているうちに試合開始。
s16195987_1710364745960587_3762848142094017985_n

初日は前大会3位のノア・インドアステージさんと対戦だ。
昨年は予選リーグでは勝つことが出来たが、
決勝トーナメントでの順位はノアさんの方が上だった。
このへんがリーグ戦の面白いところなんだけど、少し悔しい。

まずはシングルス2の竹島駿朗選手。
s16143532_1710412462622482_3308547094030629728_o

対戦するはITFトーナメントでもよく顔を合わせる大西選手。
あらゆるポジションからハードヒットしてくるファイターである。

試合は序盤で竹島選手がサービスダウン。
もう少しで戻しそうなところから、なかなか取れない。
s16143836_1710412485955813_4044817389422699089_o

ジリジリするような展開が続き、ファーストセットを落とす。
セカンドセットも一時リードするが、なかなか取り切れない。
終盤の入り口でサービスを落とし、厳しい展開に。

あと一歩でイーブンに持ち込めそうで取れない。
最後はバックボレーをネットに掛けゲームセット。
s16113288_1710412625955799_3472069662172586220_o
もうちょっとだったんだけどなぁ、残念。
これでノアさんの王手である。

 

続くはシングルス1、関口周一選手。
s16107330_1710448825952179_1046771086676631442_o
対戦するは、ノアの不動のナンバー1、吉備選手。
先日の全豪オープン予選にも出場した強豪である。

昨年、この顔合わせでは関口選手が6-4 6-4で勝っている。
関口選手曰く、「その日の調子なので、やってみないと」とのこと。
期待をしつつ、試合を見守る。

いきなり関口選手のサービスダウンから試合は始まった。
s16113173_1710448902618838_4429614574073172111_o
序盤はミスが先行し、ペースに乗り切れない感じ。
しきりに首をひねる動作がそれを表している。

対して、吉備選手のショットは当たりまくり、
コーナーにビシビシと決まる。
s16178792_1710448889285506_6017170822373135131_o
グランドスラム予選で1勝しただけはある。

関口選手も必死で防戦。
s16143619_1710449012618827_3714934954769635411_o
しかし徐々に追い込まれる。

最後まで吉備選手が押し切った形でゲームセット。
チームの負けも決まってしまった。

 

最後はダブルス、佐藤・斉藤。
s16107512_1710453912618337_4335316754520945647_o

斉藤貴史選手、Team RECデビュー戦だ。
この先のリーグ戦、決勝トーナメントのためにも大事な試合である。

思い切りの良いショットでポイントを重ねていく斉藤選手。
s16179568_1710454075951654_6216041160303620835_o

佐藤選手も必死でポイントを取りに行く。
s16179090_1710454179284977_6970645475532384170_o

ファーストセットは2-6、セカンドセットは6-1と
ジェットコースターのような試合展開。
s16177602_1710453799285015_4733501856750212130_o

ファイナルセットはスーパータイブレーク。
s16143566_1710454012618327_3452394892551719317_o
吠える、斉藤選手。

しかし力及ばず敗退。
s16112672_1710454429284952_4543266460985162151_o
今日はTeam RECの日ではなかったようだ。

とはいえ、斉藤選手の復帰など収穫もあった日だった。
今日は前大会優勝のエキスパートパワーシズオカさんと対戦。
Team REC魂でぶつかろう。
応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

神戸港ランとか、会場入りとか。

TeamRECFANMTGbanner
Team RECファンミーティング、ぜひご参加下さい!

 

神戸は三宮の朝。
いつものように5時起床。

GoogleMapで朝ランのコースを探す。
どうやら海が近いらしい。
ポートパーク方面に行ってみることに。
IMG_6015

雰囲気の良い街だね。
横浜っぽい。

3km弱かな。
すぐに着いた。
IMG_6016

戻り道。
IMG_6022

以前、来たことあるな。
たしか仕事だったような。
どんな仕事で誰と来たのか、全然思い出せない。

生田神社。
IMG_6027
ここは業界団体のセミナーで来たっけ。
昨晩、うろついたところからすぐなのね。

知らない街は楽しいな。

 

さて、そんな朝の散策を終え、新神戸駅へ。
レンタカーの手続きを終え、メンバーと合流。
IMG_6030

そのまま日本リーグ・セカンドステージ会場のビーンズドームへ。
IMG_6035

さっそく練習開始。
IMG_6036

関口周一選手
DSC_8652

竹島駿朗選手
DSC_8627

斉藤貴史選手
DSC_8645

梁元善貴選手
DSC_8605

井原力選手
DSC_8597

佐藤一平選手(主将)
DSC_8632 (2)

皆、いい感じで調整出来たようだ。
DSC_8658

いよいよ明日は本番。
センターコートでノア・インドアステージさんと対戦だ。

関西はノアさんのお膝元。
応援団もスゴイらしい。
アウェイ感バリバリだと思うが、頑張りたい。
遠くの皆様も応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, ランニング, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

イベントとか、兵庫入りとか。

日本リーグ決勝トーナメント初日にこんなイベントを組んでみた。

TeamRECFANivent

Team RECファンミーティング

日本リーグでTeam RECの応援をしつつ、
夜は鈴木貴男プロと食事をしながら、
テニス談義をしようという贅沢な企画である。

会場は完全貸切ではないため、まだ明かせないが、
東京体育館からすぐのレストラン。

スタッフで下見に行ったが、料理も美味しいし、
雰囲気もとても良い会場だそうだ。
(ドリンクは飲み放題)

鈴木貴男プロによる、この日の試合の解説や次の展望、
またテニス界裏話なども聞けると思う。
プロからの提供グッズやテニスグッズのプレゼント、
フォトセッション、サイン会も予定している。

時間が合えば、Team REC選手たちも会場に顔を出してくれるかも。
その場合は、サインや写真ももちろんOKである。

会場の都合と、鈴木貴男プロの「少人数でガッツリ熱く語らいたい」との希望で
限定20名様のみの募集になってしまうが、その分とても濃密で贅沢な企画である。

今回まずはレック系列のスクール会員様での募集とさせていただくが、
もし枠が空いた場合は一般解放するかも。

ちなみにこの企画、ファーストステージ前に鈴木プロから提案いただいた。

鈴木プロ「決勝初日の夜がいいですね。ボクも応援に行く予定だし」

ワタクシ「それって決勝進出必須ってことですよね・・・」

鈴木プロ「そりゃ決勝行くでしょ。関口、竹島、斉藤がキッチリやれば」

ワタクシ「ハイ・・たしかにそりゃそうです」

とうことで、貴男さんの思惑通りに決勝進出。
出来れば初日勝ち上がりでイベントを迎えたい。
まあ、とにかくたくさんのお申し込みお待ちしておりますなのだ。

 

さて、いよいよ日本リーグ・セカンドステージが始まる。

会場はビーンズドーム。
兵庫県の山中にあるメッチャ広いドーム。
そしてメッチャ寒い場所。

ファーストステージがビーンズドームで、
セカンドステージが横浜国際プールの方が
楽といえば楽だったかな。

実はドロー会議にはワタクシが行った。

抽選方法は、前回大会の上位チームから順番に
ブルー、レッド、どちらのグループになるかもクジを引き、
まずはグループ分けをする。

その後に各グループの代表が順番のくじを引き、
ファーストステージ、セカンドステージの振り分けが決まる。

ということで、クジの引きの強さはあまり関係ない。
「いやぁ、こっちのグループきついなぁ」と言われようが、
「ファーストステージが神戸だと良かったなぁ」と言われようが
それはワタクシのせいではないのだ。

そんなわけで極寒であろうビーンズドームに向かう。
ボスとワタクシは所用があり、チームメンバーよりも
1日早く神戸に入る。

とりあえず用事を済ませたら、三宮あたりで美味しいものを食べたいな。
しかし、遠征中の暴飲暴食は後々の体重に響くのでほどほどにである。

次の日は選手たちと合流し、会場で練習。
その後、ケアを受けたり、ミーティングをしたりの予定。

このセカンドステージは前大会の上位チーム同士の対戦。
エキスパートパワーシズオカさん、ノアインドアステージさん、
リコーさんとの対戦というタフなカードばかり。

とにかくひとつでも上位につけて予選リーグを抜け、
東京体育館に戻ってきたい。
頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

朝テニスとか、スナップその3とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

某日、いつもより早く家を出る。
IMG_5156
目指すは品川。

ちょくちょくお邪魔しているテニスの会。
IMG_5157
ご一緒させていただく方は偉い方ばかりで緊張もあるが、
最近減りつつあるテニスの機会は貴重だ。

プレーの方は良くもなく、悪くもなく・・・。
もう少し練習機会を増やしたいな。
継続的にってのが大事だよね、テニスもランニングも仕事もね。
頑張ります。

 

さて、日本リーグのスナップ。

今年はadidasのパーカーを揃えた。
DSC_1262
パンツは揃えなかったが、このパーカー、なかなか好評。
「欲しい!」との声多数。
メンバー分しかつくらなかったのよ、ゴメン。
ボディ買って来てくれればプリント入れますよ。

 

緊張の空気の中にもリラックスの場面も。
DSC_4760
何してんだろ。

関口プロが何やらはじめた。
IMG_53162
上手いね、ラケッティング。

「ボクのはレザーかましてあるから(無理)」と言い訳の竹島プロ。
IMG_5322

「出来るって」と関口プロ。
IMG_5323
出来た。。

「あれ・・おかしいな」と関口プロのラケットで挑戦。
IMG_5325
ちょっとあやしいけど・・まあ出来たってことで。

一平コーチのラケットでもコンプリート。
IMG_5318
器用なのね。

その横でエアーテニス中のボス。
IMG_5340
何してんですか。

こんなチームでゴメンなさい。

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

酉の市とか、日本リーグ・スナップその2とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

レックテニススクール府中へ。
大國魂神社が何やら賑やか。
IMG_4971

IMG_4973

酉の市らしい。
IMG_4975
酉の市は商売繁盛を祈ってのもの。
あちこちから聞こえてくる手拍子が景気良い感じ。

熊手って結構するのね。
IMG_4977
毎年大きくしていくのも大変だろうなぁ。

 

さて、日本リーグのスナップその2。

応援団
DSC_1410

団長のイチジョーさん。
DSC_6978

この応援無くしてTeam RECは無い。
DSC_1476
本当にありがとうございます。

「駿朗と周一、バランス取ってね」のリクエストにも
応えてくれてありがとうございます。

 

ワタクシのクルマ。
IMG_5371

DRKさんのクルマ。
IMG_5370
共にマグネットシートでTeam RECカーに。
セカンドステージもレンタカーにこのパターンの予定。
ちなみにこのアイデア、発案はナショナルチーム応援団長。

 

斉藤貴史プロはナイスキャラ。
試合は出られなかったが、ベンチに練習に大活躍。
本人曰く、「自分も試合をしている気持ちでベンチにいます」とのこと。
DSC_5051

確かに、チェンジコートのたびに
選手とシンクロしてドリンク飲んでる。
DSC_5080

DSC_5741

コート裏で何気なくカメラを向けた。
DSC_5450

ポーズを取り始めた。
DSC_5452

DSC_5455

DSC_5453

要らんて。(笑)
DSC_5457

ちなみに移動のクルマの中で、クリスマスの予定話になった時、
「ボクは刺激は要らないです。プライベートは安心が欲しいっす」と、
一番若いくせに年寄り臭い発言。

二十歳そこそこで、「子供は女の子がいいです」とか言わないぜ、普通。
そもそも彼女もいるんだか。(いないよね。きっと)

その他にも、タカシ語録が出来そうな発言連発。
Team RECにもナイスキャラ誕生である。

地元に戻って、さらに復調目覚ましいらしい。
復帰が楽しみだ。

そんなTeam RECである。

 

カテゴリー: Team REC, 斉藤貴史プロ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ちくわぶとか、日本リーグ・スナップとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

とある日の会社飲み。
IMG_4747

ちくわぶって関東に来て初めて知った。
IMG_4748
今も滅多に食べないけど、不思議な食べ物だ。

ちなみに、もんじゃ焼きも初めて食べたのは20歳過ぎ。
食文化の違いって面白い。
飛行機に初めて乗ったのは27歳くらい。
あ、単なる田舎モンってことか。

 

さて、日本リーグ・ファーストステージも終わり、
写真などを整理し、日常業務へ。

スナップなどを載せてみる。

アリーナのコート裏はこんな感じ。
DSC_1254
単なる通路である。
選手が座って観戦出来る席があったように記憶していたが、
どうやらあれは決勝トーナメントの東京体育館だったようだ。

ということで、試合の様子はこんな風に観る。(苦笑)
DSC_6781

覗き魔かって感じだが、案外迫力のあるアングル。
IMG_5276
バックハンドを打っているのは竹島プロ。

 

関口プロのアップは長い。
控え室にマットを敷き、延々とストレッチ。
そして様々な器具を使い色んなことをする。

コートに出てからもこんな感じ。
DSC_4752
このルーティンをしっかりこなすあたりに
ランキングとプロ意識を毎回強く感じる。

 

ちなみに斉藤プロのアップも長い。
というか、怪我からのリハビリってこともあって、
暇さえあればトレーニング的なことをしている。

そのせいか、筋肉がすごいことになっている。
IMG_5388
胸筋を強調する斉藤プロ。
いいよ、別に。(笑)

練習ではラリーもしていた。
DSC_4707
間近で見たのは初めてだが、すごいボールを打っていた。

「貴史、すごいな」と言ったら、
他のプロによれば「50〜60%って感じですね」とのこと。
完全復帰が楽しみだ。

 

いつも駐車場側の関係者入り口を使うので
正面エントランスの景色は馴染みがない。
IMG_5301

あまり人がいなくてさびしい。
IMG_5302

正面のビジョン。
IMG_5303
これももっと何とか出来そうな気がする。
ウチに委託してくれないかな。
カッコ良くしまっせ。

 

荏原トレーナー。
IMG_5317
初出場の昨年からチームに帯同してくれている。

選手のコンディショニングには欠かせない存在。
IMG_5205
あらためて書くが、ゴッドハンドだと思った出来事もあった。

 

3日目、夏までTeam RECメンバーだった菊池玄吾プロが来てくれた。
DSC_6784
竹島プロの試合を観て、「チキってますね、アイツ」だって。
たしか後輩だよね、キミ。
しかしチームを離れた後もこうして来てくれるのはウレシい。

そんな感じのファーストステージ。
長くなったので、続きはまた今度。

カテゴリー: Team REC, テニス, 斉藤貴史プロ, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。