カテゴリー別アーカイブ:

バーボンとか、ブルワリーとか。

バーボンが好きだ。
th_IMG_3374
ウイスキーは割るのだが、バーボンはロックが多い。

JIM BEAM、安くて美味しいけど、
ホントに好きなのは、I.W HARPER 12年。
最近飲んでないなぁ。

 

さて、休日。(自粛前ね)

近所の公園に行ってみた。
暑いな。
もう夏みたいな陽気だ。

th_IMG_3281

 

お昼時だったので、公園脇のカフェへ。
th_IMG_3260

この建物野中、ユーティリティースペースを挟んでカフェとレストランが入っている。
th_IMG_3265
真ん中のスペースはイベントみたいなことを開催したり、
カフェで買ったものを持ち込んだりできる。
小さなステージみたいなのもあったっけ。

無料WiFiも飛んでて、あれこれできる。
th_IMG_3262

 

で、この日入ったのはレストランのほう。
th_IMG_3261
MAKUHARI BREWERY

そう、実はこのお店、ブルワリー。
つまり地ビールをつくっているのだ。

店の奥にはビール工場。
th_IMG_3266
そういえば、昔よく船橋のサッポロビールの工場見学にいったっけ。
無料で入れて、小一時間の見学コースを回ると、
最後に出来立てのビールを飲ませてくれるんだよね。
ちょっと飲みたい時に行くのに良かった。(ダメだよ)
今もやってるのかな。

 

あ、話がそれた。
まあ、そんなお店なので、当然ビールね。
th_IMG_3268
優しい味で美味しい。
ちょっと高いけど。(1,000円くらいかな)

 

食事はパスタをチョイス。
th_IMG_3272
なんだったっけ。
ずいぶん前なので忘れちゃった。

で、調子に乗って・・・・
th_IMG_3275
白ワイン、うまい。
昼から飲むとなおさら美味い。

ほろ酔い。
いいよね、休みだし、たまには。

しかしまあ、しばらく外で飲んでないなぁ。

カテゴリー: クルマ, , , 街歩き, , 食べ物, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キャンプ場?とか、会議とか。

山中湖湖畔にて。
th_IMG_2778
キャンプ場なのかな。
カフェなのかな。

よくわからないけど、AIRSTREAM(キャンピングトレーラー)が
たくさん置いてあった。
ピカピカのAITSTREAM、そしてピカピカの飛行機。なんで?
あとは、クルマとかバイクがあったっけ。

何にしてもワタクシの大好物的な場所だった。
今の状況が落ち着いたら行ってみようかな。

 

さて、何だかんだでミーティングやら会議やら、
打ち合わせに参加する機会は少なくない。

自社、所属チーム(事業部)、プロジェクト、
取引先、業界団体等々、まあそれなりに多い。

で、色々なタイプの会議、打ち合わせがある。

 

昔、某所で。

え?なんで結論出さないの?
ここまで議論して、意見も出尽くしたのに。
担当に差し戻して、「もみ直して提案してください」ってなに?

もう決定権者がGoを出せば決まるところまで来てるのに、
振り出しに戻された気分だ。
ワタクシが決定権者ではないので、勝手に決められないから、
ただただ、頭の中はハテナマークである。

 

あとで、事情通の方に聞いた。

「責任とらないで済むようにしてるんだよ。
会議での議論の流れで決を出すと、何かあった時、
その人(リーダー)の責任になるでしょ。
担当者に戻して、そこから出させることで責任の所在を置き換えるの」

マジか?そんなテクニックが。

その方曰く、
「つつかれないようにすること」
「失敗しないこと」
「責任取らないようにすること」
「つまり、何もしないこと」
が、生き残るための術なんだそうだ。

そんなものなのか。
普通は提案して、成果出して、認めてもらって、
必要な人になるから生き残れるんじゃないのか。
そんなキレイごとの世界じゃないのかな。
ワタクシが甘いのだろうか。

別の事案、別の決定権者でも同じような流れだった。
最終的には「キミに一任」となった。
ワタクシはその事案の担当者。
つまり、何かあればワタクシが責任を取るということだ。
まあ、一任てことは任せてくれるのだから、
その理由が責任の押し付けだとしても、
好きにやらせてもらえるならいいやと、別の意味で腹を括った。

別にそこで生計が成り立っているわけじゃないし、
正しいことを正しい手順でやって、ダメなら仕方ない。
責任取って退くことになっても、それはそれでいいやって。

 

責任か。
任命責任、決定責任・・・最近よく聞く。
重要なことなのに、誰も責任取らないし。(笑)
スピード感でも完全にアウトだよなぁ、これ。

 

そういえば、以前よく参考にさせてもらった、元トリンプ・インターナショナル社長の
吉越浩一郎さんの本は、「2分以内で仕事は決断しなさい」だった。

何かの番組で吉越浩一郎氏を知り、本を読み漁り、
同社の会議の様子をビジネス番組で観たことがある。
本当に1事案に2分もかからず結論を出していて驚いた。

完全に「決める会議」だった。
ちょっと考えれば当たり前。
会議ってそういうもの。
しかし、それが出来ていない会議は山ほどある。

「みなさん、どう思いますか?」から始まり、
ひと通り意見を言う、大した事前情報も準備もないから、大した意見もない。
あっという間に意見が出尽くす。

「じゃあ、そういうことで、各々もう少し考えましょう」
そして決定が先延ばしになる。

会議で人が集まるのなら、
・事前に内容を伝える。
・意見を持ってくるように伝える。
・いつ決めるかを決めておく。(会議の日)
・最終的には誰が決定するのかを決めておく。(その場のトップ)
これだけ準備しておけば、決まらないわけがない。

各人の意見も事前にメールでもらえば、
意見を聞く手間も省けるし、その場で資料を読む時間も取られない。
だいたい、発言者の話を聞きながら、初見の資料を読んでもろくに頭に入らないし。
なんなら、LINEで議論をしておけば、会議自体開かずに意思決定も可能になるかも。

事前の作り込みを突き詰めると会議ってすごく短くて済むか、
回数が減るか、必要なくなるんじゃないかなと思う。

と、考えるほどに頭が痛いというか、反省しか出てこない。(ごめんなさい)

実はそんなふうに「決める」会議というかチームを目指してるんだけど、
なかなかそう上手くはいかないのも事実。
きっとワタクシの力が足りないのだ。

でも、一度言ってみたい。

「事前のやり取りですんじゃいましたね。
今日はバーベキューでもしながら、色んな話しましょうか」

怒られるな。(笑)

 

そうそう、DL(デッドライン)の考え方も
吉越浩一郎氏の本を読み漁って覚えたことのひとつ。
そのお人柄も含め、尊敬するビジネスマンのお一人である。

まあ。とにかく「仕事」をしなきゃと思った。
「政治」は時間や手間やあれやこれや、阻害要因が多すぎて疲れる。
そういうのが好きな人もいるんだろうけど、あんまり・・。

うん。仕事しよう。ちゃんとね。
がんばろう。
(誰に言ってる?自分にだよ)

カテゴリー: 仕事, 仲間, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ご縁とか、#ULTRAさらに試打とか。

四国出張、施設見学の時にいただいたお菓子。
th_IMG_2019
これをくださったテニススクールさん、ホスピタリティ溢れる感じがとても勉強になった。
このお菓子のとおり、ご縁を大事にしているのだろうなと思った。
見習いたい。

 

さて、すでに全容が公開になり、
各所で正規製品版を見るようになったWilson ULTRAシリーズ。
先週は契約コーチのもとにもラケットが届いたようだ。

当然、ワタクシのもとに製品版は届いてない。(当たり前)

先日、RECテニススクール府中に行ったら、フカダコーチが
届きたてのULTRAに自慢げにストリングを張り上げていた。

今回のULTRAシリーズはグロス(艶出し)塗装。
最近はマット(つや消し)が多かったが、グロス好きなワタクシにはうれしい変化。
きれいな発色でテンション上がるね。

で、フカダコーチ、張りたてをレッスンコートに持っていき、
さっそくお客様に打ってもらっていた。

「3分前に張り上がりました。ホヤホヤをどうぞ!」だって。
さすが、ウイルソン契約コーチの鏡!

試打をしてくださってたのは女性会員様。
ずっと使ってくださったので、かなり使いやすかったんじゃないかと思う。

実際、今回のULTRAは打球感がソフト方向振れている。
なのにパワーロスがなく、しっかりとボールを飛ばしてくれるという
不思議かつ理想的な特性に仕上がっている。
th_IMG_1848

ウイルソンさんのリリースでは、「ネットプレーが特によい」ということだが、
「ネットプレーがより良い」のは事実として、かなりオールラウンドなラケットだと思う。
まあ、もともとULTRAシリーズはそういうラケットではあるのだけど、
よりその性能が研ぎ澄まされ、そこにネットプレーでの良さが加わったという感じ。

ラケットにはそれぞれ色はあるが、極端な味付けにはせずに、
そのうえで特徴を出すっていうのが今回のULTRAの印象かなぁ。
th_IMG_1849

最初にお借りした状態のナイロンストリングから
ポリ(LUXILON SMART)に張り替えてみたら、
ソフト感だけではなく、面剛性&シャープさが出て、
なるほど、これがネットプレーに良いってことねと実感。
確かに「#ULTRAできる」なだと思った。

中心スペックのULTRA100しか打っていないけど、
このスペック、女性プレーヤーで伝える方も多いと思う。

まず腕への振動も少ないし、ソフトだけど飛ぶので無理に振る必要もない。
ブリッヂ部に仕込まれた新しいCRASHZONEも効いてるのかな。
とにかく扱いやすいモデルに仕上がっている。

何かと大変なこの時期の発売ではあるけど、
数あるテニスラケットの中でもベンチマークになりうるモデルだと思う。

ワタクシも使ってみて、これだけすんなり入れたモデルは久しぶり。
それだけにインプレも何書いて良いやらだったけど。

今度はアルパワーあたりに張り替えて、少しハード目セッティングで打ってみたい。
どんな表情を見せてくれるか楽しみだ。

ということで、その度に付き合わされるコーチたち。
th_IMG_1860
タケダコーチ、いつもありがとね。
またお願いします。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

おみくじとか、G360+ SPEED MPインプレとか。

北九州は黒崎駅。
改札の前にこんなものが。
th_IMG_2081

黒崎神社のおみくじロボットだって。
なんで?

調べてみたら、地元企業の地域活性化策らしい。
やってみればよかった。
占い系はまったく信じてないけど。

 

さて、そんなわけでHEADさんから預かったG360+ SPEEDシリーズ。
th_IMG_2188

th_IMG_2213

コロナ対応やらなんやらでバタバタでいったいいつ打つの?って感じだったが、
まずは17歳児のクラブで練習前の練習で試してみた。
th_IMG_2223

とはいえ、メインは17歳児の練習だし、1時間ずっと打ちっぱなしじゃない。
そもそもジュニア相手に1時間打ちっ放しは無理。

いつもは、ラリー〜テーマ球出し〜確認のラリーって感じなので、
ちゃんと味わうならせいぜい2機種かなってことで、選んだのは、MPとPRO。
やっぱり基本はここでしょ。

Graphene 360+ SPEED MP
th_IMG_2226
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:300g
■バランス:320mm
■ラケット厚:23mm
■ラケット長:27inch
■ストリングパターン:16/19
■グリップサイズ:G2,3,4
■価格:35,500円

なんかナイター照明に映えるね、このカラー。

打ってみた。

おっ!飛ぶ。打ちやすい!

なんだろ、前々作あたりのSPEEDと比べると、
格段に扱いやすく、ガツガツした角が取れている。

打球感は前作のSPEEDでけっこうマイルド方向に戻ったんだけど、
今度はその味そのままに、飛びが良くなっている気がする。
これってSPEEDなの?って感じ。

これまでSPEEDって、ジョコビッチとかズベレフとか、
ツアーモデルの代表的一角という印象が強くて、
使い手を選ぶラケットって気もしてた。

ワタクシ的にはフレーム内部が詰まった感じの
ガツガツ系のフィーリングはあまり好きじゃないので
前々モデルまではちょっと距離を置いていたのだが、
前回のG360 SPEEDでマイルドでナチュラル方向になったので、
これを機によりを戻してみた。(彼女かっ!)

つまりそれだけ広い層にマッチするモデルになったってこと。
ツアー系の味付けを残しつつ、扱いやすさも両立させるって、
かなり難しいと思うんだけど、そこはさすがのHEADさんである。

で、今回のG360+ SPEED MPは飛びの良さに磨きがかかり、
より楽に(?)攻撃的なパワーアシストが加わった印象。

うーん、打ちやすいぞ。
とにかくナチュラルに飛んでくれる。
オフセンターも多少なら許容してくれる懐の深さもある。

実は張ってあったストリング(HAWK TOUCH)のテンションが
若干低めってこともあったのかもしれないが、
それでも確実に飛び感は増したと思う。
th_IMG_2227

とはいえ、そこはツアー系モデル。
吹っ飛んでしまうほどの飛びではない。
ちゃんと振った分、プラスアルファのアシストの絶妙ぶりがウレシい。

スピンも極端なことをしなくてもちゃんと掛かる。
飛んでくれる分、スピンコントロールにも意識を分けてあげられるからなのか、
スピン量の調整も思い通りという感じ。

ある程度普通に振って良いボールになるから、無理をしないで済む。
つまり、ミスヒットも減るってことで、その恩恵は大きいんじゃないかな。

ボレーもガツンという感じが少ないので、コントローラブル。
自然に合わせるだけでベースライン付近にスーッと飛んでくれる。

特にバックのローボレーなんかはとても良い感じに
ネットを越えて相手コート深くに飛んでくれた。
バウンド後の伸びも良いし、オールラウンドな印象だ。

縦振りのサービスもパワーアシストを感じられるショット。
スピードも出るし、回転系の引っかかりも良い。
もう少しストリングのテンションを上げたら、
オンラインくらいのシビアなところも狙えそうだ。

なんか、とてもオールラウンドな武器を持てた感じの今回のG360+ SPEED MP。
やっぱりMPはベンチマークモデルとしての期待を裏切らなかった。
ぜひ、多くの方に使ってもらいたい。

もうこのシリーズ、販売しているので、試打もできると思う。
RECテニススクールにもMPは入荷済み。
試打も一部のスクールに置いてあるので、お気軽にコーチにご相談を。

MPで感動してたら長くなってしまった。
PROのインプレは次の機会に譲りたいと思う。

実は、個人的にはこの後に打ったPROがドンピシャだった。
ここに来てPROがハマるとはっていう感動もありのインプレは次回のココロだ〜。
(わかる人にはわかる、小沢昭一風)

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

商店街とか、iTunesとか。

北九州の街を歩いてみた。
th_IMG_2111
昔ながらの商店街ぽいところもあって味わい深い。
もともとはタバコ屋さん?いや、雑貨屋さんなのかな。

こういう店、なくなったよね。
いい風景だ。

 

さて、iTunesはもはや必需品。

昔、iPodが発売になった時の衝撃はすごかった。
こんな小さな個体に何千曲も入っちゃうなんて。
あれから何台のiPodを購入しただろう。

そして今はiPhoneにすべて入ってしまう。
すごい時代だ・・・って、年寄りかっ!

歴代iPhoneを使い倒して来たワタクシだが、
現在はiPhone7で止まっている。
なんか、劇的な進化を感じられなくてひとまず様子見が続いている。

で、iPhoneのデータはすべてワークスペースのiMacを母艦として保存。
th_IMG_1782

元データのCD類はその上の棚にずらり。
th_IMG_1781

お気に入りのCDはジャケ出しで。
th_IMG_1780

A LONG VACATION(大瀧詠一)
NIAGARA TRIANGLE Vol.1(大瀧詠一・山下達郎・伊藤銀次)
NIAGARA TRIANGLE Vol.2(大瀧詠一・杉真理・佐野元春)
Come Along(山下達郎)
Lost in Love(Air SUpply)
Moonlight Island(桑名春子)
上海バンスキング(吉田日出子)
CAFE BLEU(STYLE COUNCIL)
ME AND MMONKEY ON THE MOON(小島麻由美)

けっこうメチャクチャだな。

実は一昨年のiMac改造失敗事件
iTunesのデータが中途半端に止まっている気が。
どうもiPhoneに転送されていない楽曲もあるような気がしてならないのだが、
数千曲の中、それを検証するのも面倒で放置していた。

iPhoneで音楽を聴くならApple Musicって手もあるけど、
自分の好きな曲だけがランダムに出てくるとなると
自分のコレクションを入れておく方がいい。
やっぱりどこかで整理しないとねって思ってた。

先日、1日iMacに向かう予定の日。
ついでにCDを端から読み込ませてみることに。
th_IMG_1778

まあまああるけど、入ってるやつは弾いてくれるからなんとかなるだろ。

ところが始めてみたら、これがなかなか進まない。

懐かしいものから、こんなのあったっけまで多数で、
いちいち思い出に浸るので進まない。

th_IMG_1786
ポプコン、いい時代だった。

増尾好秋師匠
th_IMG_1775
好きなギタリストは師匠と勝手に呼ぶことにしている。
Sunshine Avenue、初めて聴いた時の衝撃は忘れられない。

レコード盤を模したCDデザイン。
th_IMG_1777
こんなんだったっけ。
またライブに行きたいなぁ。

生涯ベストな映画「BLUES BROTHERS」のコンプリート版。
th_IMG_1785
これは今観ても素晴らしい映画。
観ないと人生損するよ。
オススメ。

そして人生において外せないのはこれ。
th_IMG_2222
なぜか何枚もある。
いいのだ、目についたら買うことにしているから。

「無人島にひとつだけ何を持っていく?」の質問には、
このCDと答えることにしている。
プレーヤーは考えてないけど。(笑)

喫茶店のバイトを終えて、近所のJAZZバーで
このレコード聴きながら、一晩中飲んでたっけ。
なぜかJAZZバーで、マスターが毎日かけてくれた。
どこがJAZZバーなんだ?

しかもお金を払った記憶がほとんどない。
誰が払ってたんだろう。

なんてことを考えてると、何も進まない・・(苦笑)

カテゴリー: PC, インターネット, , , 映画, 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ナイスガイとか、北九州最終日とか。

伊藤潤プロと。
th_IMG_2139
日本リーグでは九州電力のエースとして活躍。
もちろんTeam RECも戦った。

対戦相手だから話をしたことはなかったけど、
真面目で爽やかでナイスガイだった。

クリニック中、ワタクシのことを「部長」「コーチ」「さん」と
どう呼んで良いやらスタンスが定まっていないのが笑えた。
また一緒に仕事したいな。

 

さて、そんなこんなの北九州出張も最終日。

起きたらメッチャいい天気だったけど、
集合時間もメッチャ早かったので、
この日もランニングは断念。
th_IMG_2145
そうか、会場の穴生ドームまで自分だけ走っていくって手もあったな。(ないない)

ということで、スタッフ皆で会場設営。
th_IMG_2147

最終日は50M走、ボール投げ、スパイダーラン等々、体力テスト。
th_IMG_2146
選手たちの頑張りに、プロもスタッフも緊張しつつの超真剣モード。
(諸処の事情で画像は無い)

 

体力測定の後はプロ選手によるエキシビション。
th_IMG_2150

本村剛一プロ、藤原里華プロ、井藤祐一プロ、伊藤潤プロによるダブルス。
th_IMG_2149
ジュニアたちに良い刺激になったんじゃないかな。

最後はクリニックってことでワタクシたちの出番。
ジュニアたちとひたすら打ち合って、ワタクシも完全に燃え尽きた。
良い刺激になったけど、身体痛い。

表彰式を終え、会場撤収。
そしてダッシュで福岡空港へ。
th_IMG_2151
行きの反省を生かし、特急に乗った。
SONIC、快適だね。

空港のラウンジでひとりで打ち上げ。
th_IMG_2153
3日間頑張った。
お疲れ様!オレ。

ということで、長かった四国〜東京〜北九州ウイークも終了。
いやぁ、ハードだったぜ。

まあ、通常業務もけっこうハードなんだけどね。(苦笑)

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ウソだろとか、四国の思ひでとか。

こんなDMが届く。
th_スクリーンショット 2020-02-24 6.50.04
BOSEのヘッドフォン98%OFF、ほぼタダ。
メッチャお買い得・・・って、騙されるかいっ!

 

さて、せっかくなので四国の思い出を。

四国は昨年夏にビジネスパル全国大会で松山に行った。
その前だと数十年前にバイクで四国一周、野宿の旅以来かな。
あのツーリングもハプニング続きで楽しかった。
まあ、その話は機会があれば。

ということで・・・
th_IMG_1919

見学させていただいたテニススクール、めっちゃセンス良かった。
キレイにオールドラケットが飾ってるのには思わず食いついてしまった。

Prince WOODIE
th_IMG_1914
サバティーニの初期の使用モデルだったかな。
さすがにこのフェイスサイズで木製だとずっしり。

でも、こういうの振り回してたんだよね。
昔のウッドの頃は、LM(ライトミディアム)を買ってくと、
先輩から「女かよ」と言われたりした。
たぶんそれでも400gはあったと思うんだけど。

LACOSTE
th_IMG_1916
これは知らないなぁ。
フォルジェが使ってたフェイスの両脇が凹んでるのならしってるけど。
ストリングの張り方が特殊。
おそらく現在のレギュレーションだとNGね。

adidas
th_IMG_1920
Harmonyって入っている。
ワタクシの高校時代は、ナスターゼコンペかハイレだったなぁ。
高くて買えなかったけど。

アディダス最初のグラファイトモデル「グランプリ」てのもあった。
たしか36,000円。
ゴールデンショットが5本買えた。
サイトーくんが使い始めて、急に強くなったのを覚えてる。

SNAUWAERT
th_IMG_1921
スノワートといえば、ビタス・ゲルライテス。
先日の九州のプロ協会のイベントでもそんな話になった。

ワタクシ的には、ゲルライテスもそうだが、
ミカエル・ペルンフォスルの初期モデルも外せないなぁ。
ボックスブレームのフラットビームで良いラケットだった。
たしか1本持ってたんだけど、もう手元にはない。
とっておけば良かったな。

ラケットばかりじゃなくて、運営上の工夫も。
th_IMG_1928
テニスシューズのまま履けるスリッパ。
すごい発想。
特注なんだろうか。

屋島テニスクラブさんの壁打ちコート。
th_IMG_1960
めっちゃカッコいい!
こういうところがとても上手。
参考にします。

福田雅之助氏の言葉。
th_IMG_1965
心に染みる。
修造さんの「この一球は無二の一球なり」の方が有名だけど。

四国といえばうどん。
th_IMG_1970
お昼は有名店でうどん堪能。
香川出身のナカガワコーチに聞いたら、やっぱり知ってた。

なんでも昔は造り酒屋だったとか。
th_IMG_1972

th_IMG_1974
趣のあるとても素敵なお店だった。

で、ワタクシが頼んだのは、ざるうどん。
th_IMG_1978
コシのあるうどんを食べたかったから。
ダイエット中の身にはちょっと多すぎた。

で、、もうひとつは、釜揚げうどん。
th_IMG_1976
目の前の人のうどんを撮らせてもらった。
いや、ピースサイン、要らんし。

ここまで来て目の前に代わり映えしない顔。
どうせなら、キミとじゃなくてさあ・・まあいいか。

ことでんグループのキャラクター。
th_IMG_1909
ことでんの社長さんの講演はかなり心に刺さった。
まだまだできること、ありそうだと思った。
Team RECってアホだなって言われるくらい走ろうと思った。

色んな気づきと思い出の四国。
楽しかったな。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

オリオンビールとか、北九州2日目とか。

九州出張。
あれこれ済ませて部屋に戻って仕事。
th_IMG_2144
ついで(?)にビール。

オリオンビールって不思議。
かなりさっぱり目だけど、沖縄で飲むとひときわ美味しい。
なんでだろ。

まあ、九州でも美味しかった。
沖縄近いからかな。(違います)

 

さて、そんな九州出張2日目。
旅先での朝ランを楽しみにしていたんだけど、外を見たら。
th_IMG_2118
無情の雨。残念。
北九州の街、走りたかったな。

起きちゃったし、仕方がない(?)ので仕事。
ちなみに朝食は食べないことが多い。
この日もコーヒーのみで食事はパス。

 

で2日目のミッションへ。

まずはアウトドアコートに移動。

伊藤潤プロのクルマに乗せてもらう。
伊藤プロは、日本リーグではよく対戦した九州電力のエース選手。
昨年、会社を辞め、自分のスクールを立ち上げ頑張っているそうだ。

あちこち道に迷いつつ会場へ。

「地元じゃないの?」

「福岡の人間なので北九州はよく知らないんです」

「一緒のくくりじゃないのね」

「はい。全然違います」

そういうものなのか。

この日のスタートはジュニア強化練習会。
th_IMG_2119
朝の雨もあがり、なんとか出来そうだ。

年齢別に分けた参加選手に対し、
テーマ別にプロとコーチがローテーションしながら担当。
th_IMG_2120

ワタクシは本村剛一プロと組んでストローク担当。

「じゃあ、ガンガン打ち合いますんで」と本村プロ。

「え?だれが」

「ボクたちが」

「ボクも?」

「柳川出身の若手がいるんで打ち合いはこっちでやります。
隣のコートのラリーを回してもらえますか」

良かった。
全国大会に来てるジュニア選手とずっと打ち合ったら、朝で終了だぜ。

th_IMG_2127

ということで、たっぷり2時間、ジュニア達と触れ合った。

みんな上手いね。
で、楽しそうなのがとても良い。

最後はプロからのアドバイスで締め。
良い練習になったかな。

午後からは穴生ドームに移動して、スカウトキャラバンを担当。
ひたすら球出し&ラリーで2日目を終えた。

こんなに長い時間コートにいるのは久しぶりかも。
まあまあ燃え尽きたぜ。ふう。

カテゴリー: テニス, 仕事, , | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

始発便とか、テニス産業セミナーとか。

そんなわけで、出張ウイークである。

先に書いたのと時系列がおかしいけど、
まずは週の前半は四国・高松へ。
10時からのセミナーに出席すべく始発便に乗る。
th_IMG_1880
朝日が眩しいぜ。

居眠りしてる間に到着。
th_IMG_1884
ハロー、高松。
四国って近いね。(そうか?)

 

さて、高松空港からはリムジンバスで高松駅方面へ。
th_IMG_1885
距離感が全然わからないが、
予定では開始時刻ギリギリに到着の予定。

まあ、地方の道だし多少の余裕はあるだろうと思ってたら、ホントにギリギリだった。
th_IMG_1888
席もすっかり埋まっていて、なんとか隙間を見つけて着席。
気づいたら他社さんのスタッフに囲まれてた。
そこのボスから「お!ウチに入った?」と言われた。
入ってません。(キッパリ)

今回は四国テニス事業協会の立ち上げということもあり、
地方開催では最多の参加者だったとか。

講師陣も豪華で、地元企業の経営者の方から
テニス業界の重鎮まで勢揃い。

とてもたくさんの刺激と気づきをもらうことが出来た。
あとは、その刺激をどう具現化して、チームに落とし込むかだな。
頑張ってみようと思う。

夜は懇親パーティー。
th_IMG_1889
いくつになってもペエペエのワタクシ。
あちこちで有難いお言葉いただいたり、喝を入れられたりで、
ペコペコ頭下げまくって疲れたぞ。

 

そんなこんなで初日の夜は更けていき、2日目。
天気も良いので散歩へ。
th_IMG_1890

高松城をぐるりと回る。
th_IMG_1896
中には入らず雰囲気だけを堪能。

一緒に散歩したのは・・・
th_IMG_1892
ネジメコーチ。
どうせ散歩するなら・・・あ、冗談です。
付き合ってくれてありがとう。

2日目は施設見学。
th_IMG_1899

th_IMG_1966

th_IMG_1912

th_IMG_1988
高松から徳島の施設を見せていただいた。
ここでもたくさんのヒントが見つかった。
遠慮なくパクらせていただきます。

途中、吉野川を渡った。
th_IMG_1983
ここはバスフィシングのトーナメントが開催されるビッグフィールド。
ああ、釣りしたいぞ。
その前にボート直さないとだな。

そんな四国とも徳島空港からお別れ。
さすが徳島、阿波踊りのオブジェが。
th_IMG_1992

そして、さすが我がボス。
th_IMG_1991
溶け込んでる。(笑)

ってことで、サヨナラ四国。
th_IMG_2002

ただいま、東京。

で、そのまま帰らないのがTeam REC。
th_IMG_2011
キミたち、飲みすぎだ。

今回のセミナーはすごく良かったな。
色んな刺激があった。
またここから頑張ろうと思った。

さあ、次は九州だ。
遠いぜ。・・・と続いているのだ。

カテゴリー: テニス, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

荷物とか、北九州へとか。

四国から戻ったと思ったら、北九州へ出張である。
th_IMG_2057
しかもラケット持って。

ラケットを抱えて出張なんて何十年ぶりだろう。
けっこう荷物になるね。

今回は日本プロテニス協会のジュニアイベントのお手伝い。

事務局のMさんに、
「変な質問かもしれませんけど、ラケット持っていった方がいいですか?」
と聞くと、
「はい、持って来てください。できればオフィシャルのY社のラケットを」
との返事。
(「当たり前です!」という表情だった気が・・申し訳ない)
Y社のラケット持ってないっす。ゴメン。

 

さて、そんなわけで、北九州へ。
自宅から数分の場所に空港行きリムジンバスの停留所があるのはとても便利。

th_IMG_2064

が、思いの外、湾岸線が混んでいて焦る。
バスも高速を降りて迂回路へ。
間に合うのか?

冷や汗かいたが、そこはプロ。
ちゃんと間に合った。ふう。
th_IMG_2069

今週3回目の飛行機か。
コロナウイルスとか言ってる時に3回もねぇ。
th_IMG_2071

寝ている間にあっという間に福岡空港へ。
th_IMG_2077
せっかくなので表に出てみる。
ああ、懐かしい。

ヒラタコーチ、カリタコーチの全日本ベテランの
応援で来たのは一昨年だっけな。
この辺から大濠公園までランニングしたな。

で、どこに行けばいいんだっけ?
ここから先のこと、全然気にしてなかった。

たしか会場は北九州。
野生のカンで北九州を目指す。
th_IMG_2075

きれいで速そうな特急もあったけど、タッチの差で乗れず。
th_IMG_2078

区間準急ってのに乗る。
th_IMG_2080
田園風景の中をノンビリと・・・って、いつまでも着かない。
もしかして乗り過ごした?

不安になりつつ1時間半ちかく。
ようやく目的地の黒崎駅に着いた。
あとで聞いたら、特急に乗るのが標準らしい。
th_IMG_2085
けっこう大きな街だな、ここ。

ホテルを探す。
th_IMG_2086
あった!
チェックインしようと思ったら、「別館のほうです」だって。

再び街をうろつく。
th_IMG_2089
発見!

ようやく宿にたどり着いた。
th_IMG_2090

th_IMG_2092

ひと眠りして・・ってわけにもいかない。
会場に行かなきゃ。
夜、レッスンするんだよね。
メッチャ久しぶりなんだけど。

3日間、頑張ろう。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。