カテゴリー別アーカイブ: 正林知大プロ

いよいよとか、周一CHANNELスタート!とか。

年も明け、仕事始め。
年始から怒涛の予定満載状態で何とか初週が終わる。
今年もこんな感じなのかな。
ありがたい限りである。

ということで、こちらも気づけば来週に迫っていた。
th_2nd stage01
テニス日本リーグ・セカンドステージである。

ファーストステージの兵庫ビーンズドームから
ホントにあっという間のセカンドステージ。

3勝1敗と想定内で抜けられたファーストから、
決勝トーナメントに向けて全力で勝ち切るのみだ。

決勝トーナメント進出はマストとして、何位で抜けるかがとても重要。
予選リーグの順位で決勝のドロー位置が決まっているので、
出来るだけ上位で抜けて、反対ブロックの上位と当たらないようにしたい。
一戦一戦を全力で失う試合、セット、ゲームも最小で抜けたい。
頑張ろう!

試合は、1月年15日(水)~19日(日)で、17日(金)は中日でレック興発の試合はなし。
会場は、横浜国際プール。(横浜市都筑区北山田7-3-1)
観戦無料、室内コートで観客席で見られるので、ぜひ応援に来てください。
よろしくお願いします。

 

さて、年末から関口周一プロとのLINEのやり取りが活発化。
クリスマスイブもLINEであれこれ画策。

「動画で情報配信を考えてるんですよね」

「おお、いいね。やってみたら」

「どうやればいいのか、今ひとつわからなくて」

「何で配信したいの?twitter?facebook?」

「YOUTUBEを考えてます」

「ユーチューバー、デビューか。いいんじゃない。じゃあ、まずチャンネルつくらないと」

「実はチャンネルあるんです」

「そうなの!?どこに?」

教えてもらい、アクセス。
おお!あった。

SEKIGUCHI SHUICHI TENNIS CHANNEL」だって。

まだ動画投稿がゼロだったからか、チャンネル登録者はゼロ。
せっかくなので、映えある登録第1号になってみた。

「チャンネルあるなら、まずは動画アップしてみ」

「はい。使い方とかまだよくわからなくて」

「OK。じゃ、最初は手伝ってあげるよ。まずは素材撮影して送って」

そんなこんなで、まずは第一弾の動画配信にこぎつけた。

第一弾は自己紹介とツアーの荷物公開。
なかなか興味深い内容になった。

 

あとは、あちこちで告知。
th_shuichichannel

ここから、徐々にコンテンツを増やして行く予定。
関口プロもツアーでの練習の様子や合間を縫ってのオフショットなどを撮影しているので、
次なる配信にご期待ください。

「周一テニスチャンネル」だけに週一ペースでは配信したいな。
とにかく続けることだね。
もちろん、ツアー活動の負担にならないようにだけど。

 

最近は、テニス選手のこういった露出も増えた。

西岡良仁プロth_スクリーンショット 2020-01-09 22.09.14

斉藤貴史プロ
th_スクリーンショット 2020-01-09 22.07.11

秋田史帆プロ
th_スクリーンショット 2020-01-09 22.08.05
こういう発信が増えるのは良いことだと思う。
テニスの盛り上がりにつながればいいな。

 

ということで、SHUICHI SEKIGUCHI TENNIS CHANNEL、
th_スクリーンショット 2020-01-09 21.31.20
チャンネル登録、よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, インターネット, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 斉藤貴史プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

にゃんこ飯とか、日本リーグ・1stステージスナップその2とか。

にゃんこ飯おにぎり。
th_IMG_9102
どこで買ったっけ?

鰹節がフワフワしていて飛ぶのがちょっとだけど、味はナイス。
th_IMG_9103
あれから見ないけど、定番落ちしたんだろうか。

にゃんこ飯みたいなの、時々無性に食べたくなるよね。

 

さて、日本リーグ・ファーストステージスナップその2。

竹島駿朗プロ。
th_DSC_3824
ベイビーフェイスとは裏腹に実は超ファイター。
ダブルスではしっかりパートナーを引っ張ってくれる。
団体戦には欠かせない選手である。

すごいと思った1ショット。
th_DSC_3859

th_DSC_3860

th_DSC_3861

th_DSC_3862
このビハインドな体制からナイスショットを打つ。
さすがプロ。

練習前の関口プロ。
th_IMG_9936
スマホで何やら見ているが、8割の確率でテニス中継。(2割の確率でゲーム)
とにかくいつもテニスを観ている。
どんだけ好きなんだ。

前日、トレーニングパンツが無くなったと大騒ぎの正林プロ。
「竹島さんが間違って入れたに違いない」と竹島プロのツアーバッグを見つめる。

次の日の朝、「コート前の受付にありました」と戻って来た。
th_IMG_9954
「先輩を疑うとは・・・」と皆に責められる。
うかつなこと言っちゃいかんね。

そして次の日は、竹島プロはこのロンTがなくなったと騒ぐ。
th_IMG_9886
しばらくして、「荷物の中にありました」だって。
ホント、キミたちって。

さらに次の日は守谷プロがこのロンT・・・というのはウソ。
th_IMG_9843
竹島プロと一平コーチが、
「このロンT、練習用ユニフォームでつくってくれないかな」だって。
自分で買いなさい。

恒例の決勝トーナメント進出時のための選手写真。
th_DSC_1815
さすが、総一郎、キリッと男前。

そして関口プロ。
th_DSC_1795
そうこれが周一。(笑)

いいチームだぜ。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

プレステSとか、日本リーグ・1stステージ スナップとか。

巷で話題のG360+ PRESTGE。
ようやくちゃんと試打ができた。
日本リーグに持っていったけど、ボール拾いばかりで打てなかったし。

持っていったPRESTIGE MPを早速手にとって見つめる関口プロ。
th_IMG_9630

ということで、PRESTGE MPだけじゃなくて、Sも打ってみた。
th_IMG_0190

th_IMG_0194

Sってこんなに簡単だったっけ?
これまでのPRESTIGE Sと比べて、かなり扱いやすい。
プレステでラクを求めちゃいけないと思うけど、
かなり幅広い層に勧められそうな仕上がりだ。

全容は明日、発表予定です。

#KingOfRed #伝承と革新の赤ラケ

 

さて、テニス日本リーグ・ファーストステージのスナップなど。

今年もユニフォームはエレッセで揃えた。
th_DSC_1765
色々と無理を聞いてくださるゴールドウイン様、ありがとうございます。

ビンズドームは観客席がコートサイドなので応援しやすい。
th_IMG_9910
構造上、仕方ないが、横浜国際プールはちょっと応援しづらいのだ。

井原コーチ
th_DSC_3846

今回は出番はなかったが、いつも明るくしっかりサポートしてくれる。
th_IMG_9737
実業団〜日本リーグで人間的にもすごく成長したひとり。
思い切りの良いファイトっぷりにファンも多い。

写りが小さくて申し訳ないが、
Team REC会員の皆さんも東京から応援に来てくださった。
th_IMG_9926
そしてデ杯、フェドでおなじみの団長も来てくれた。
本当にいつもありがとうございます。(深謝)

今回はファーストステージがビーンズドームだったので、
1月の極寒ほどではなく助かった。
th_IMG_9799
それでも、このジェットヒーターはありがたい。

竹島プロ、ヒーター独占でケアを受けてた。
th_IMG_9956
邪魔だよ。

Team RECベンチコートはPARADISO。
th_DSC_2634
参戦初年度に作ったんだっけ。
ロゴが初期のものだし、そのうち新調したいな。

ちなみに左端は荏原トレーナー。
参戦初年度から帯同してくれている。
一度でいいからワタクシもケアしてもらいたいのだが、
いまだ実現していない。
PC作業で固まった背中をほぐして欲しいぞ。

長くなったので、続きはまた。

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ドームとか、日本リーグ・天王山とか。

テニス日本リーグ最終日。
いつもドームに入ると夕方まで出ることがないので、
たまにはということで、練習前の時間に外へ。

まあまあな山の中にあるビーンズドームは、この橋を渡って行く。
th_IMG_9948

橋からの風景。
th_IMG_9947
絶景である。

防災施設なんだよね。
th_IMG_9945
災害時、どうやってここまで来ればいいのかな。

 

さて、テニス日本リーグ・ファーストステージ最終日。
山喜さんとの対戦は、シングルス2の守谷プロが負け、
シングルス1の関口プロが勝利し、1対1のタイになった。

展開次第ではある程度の想定もあったが、やはりダブルスに勝敗がかかった。
もう絶対に負けられない。
勝って3勝で戻ろう。

ダブルスは竹島プロ、正林プロ。
th_IMG_0011

th_IMG_0013

対戦相手は、超ハードヒッターの松尾選手、ダブルススペシャリスト野口選手。
正直、厳しい相手でもあるが、勝つしかない。
th_DSC_4574

試合はいきなりブレークダウンの劣勢。
th_DSC_4447

th_DSC_4466
こちらのサービスゲームはやっとキープ。
相手はすんなりキープと厳しい時間帯が続く。

とにかくガマン、ガマンの前半。
th_DSC_4469

th_DSC_4489
ようやくチャンスが回ってきて、ブレークバックに成功。
イーブンに戻した。

が、しかし、キープに苦労する展開は変わらない。
そしてブレークチャンスを掴むも取りきれない。
th_DSC_4497

th_DSC_4514

ファーストセットはタイブレークに。
th_DSC_4519

th_DSC_4533
なんと苦しみながら、タイブレークを取った!
よーし!いいぞ!このままセカンドセットも行こう。

と思いきや、セカンドセットも展開は変わらず、
やはり苦しみながらのキープは変わらない。

相手のショット力が凄まじいのもあって、
押されまくっているようにしか見えないのもあるのだろうが、
とにかく凌いで、食らいついてという感じである。

そしてわずかなチャンスをものにしてブレーク。
このまま何とかキープで逃げ切りたい。
できれば、もうひとつブレークして勝ってしまいたい。

th_DSC_4582

th_DSC_4601
しかしというか、やはりそう簡単には勝たせてくれない。

全力で前に。
th_DSC_4604

ベンチコーチの守谷プロも必死。
th_DSC_4620

防戦一方の時間もあり苦しい。
th_DSC_4621

th_DSC_4671

しかしここから怒涛の攻め。
th_DSC_4651

th_DSC_4660

最後は何とか突き放した!
th_DSC_4689

見事、勝利!
th_DSC_4705

th_DSC_4710

出し切った竹島プロ。
th_DSC_4717

若干抜け殻に(笑)
th_DSC_4733
トモヒロ、笑ってる・・。(あとで怒られるやつね)

とにかくよかった。
th_IMG_0021

勝負を決めた二人、ありがとう。
th_IMG_0020

これでファーストステージは3勝1敗。
すべてが2-1と、3-0の勝利はなかったが、まずは何とか3勝である。

セカンドステージもしっかり勝って決勝トーナメントに行こう!
応援の皆様、本当にありがとうございました。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

兵庫ランとか、日本リーグ最終日とか。

関西の朝は遅い。
6時30分くらいにならないと明るくならない。

日本リーグ会場へ出発するのが8時前だから、
明るくなってから朝ランに出たら、朝食を抜いても間に合わない。

ということで、日の出前にスタートランニング。
th_IMG_9779

うー、寒いぜ。
th_IMG_9780

とりあえず、昨年走った道を。
th_IMG_9781
しかし、坂が多いし、勾配がきつい。

なかなかペースが上がらないぜ。
th_IMG_9782
まあ、でもいい汗かいた旅ラン。

 

さて、そんなわけで、テニス日本リーグ・ファーストステージも最終日。
th_IMG_9939

現在のところ、Team RECは2勝1敗。
なんとか3勝をあげてファーストステージを抜けたいところ。

この日の相手は山喜さん。
戦力増強でかなり強くなっているので、簡単にはいかない予感。
この対戦がファーストステージの山になることは間違いなく、
負けられない1戦である。

前日、皆であれこれオーダーを考える。

シングルス1は関口プロで決まりとして、
シングルス2をどうするか。

竹島プロはダブルスを引っ張ってほしい。
守谷プロとのダブルス得意ペアでいくか。
それともシングルスに守谷プロを持っていくか。

結果、初日の痙攣のダメージが残っている正林プロを
ダブルスに回して、シングルス2に守谷プロを持ってくることに。
もちろん、シングルス2本で決める作戦だ。

試合開始。
th_IMG_9987

まずはシングルス2、守谷プロ。
th_DSC_3915

th_DSC_3964
山喜さんの2は沼尻プロ。

試合は守谷プロの乱調気味で進行。
th_DSC_3983

th_DSC_3995
思うようにショットが収まらず、本人的にはかなりストレスの溜まる展開。

あれこれ試して、流れを引き戻しかけるが、
なかなか決定打がない。
th_DSC_4038

th_DSC_4060

竹島プロも必死のコーチング。
th_IMG_0002

なんとかしてくれ、総一郎!
th_DSC_4074

が、沼尻プロの安定感と気合いに押し切られる。
th_DSC_4136

残念・・・敗退。
th_DSC_4144
うーん、今日は沼尻プロの日だったな。
沼尻プロ、ファイターで良い選手だ。
片手バックハンド対決というのもお互いカッコよかった。

続いて、関口プロ。
th_DSC_4150
Team RECとしては、周一が負けたら仕方ないってスタンス。
エースには絶対の信頼を置いているから、応援するのみ。

対戦相手は西脇プロ。
th_DSC_4273
ランキングは関口プロの方が上だが、当たると怖いのが西脇プロだ。

序盤から関口プロのペース。
th_DSC_4231

th_IMG_0010
強いな、周一。

途中、こんな表情もあったけど。
th_DSC_4258

th_DSC_4304

th_DSC_4291
まあ、これも周一のデフォルト。

しかし要所はしっかり締める。
th_DSC_4297

さすがエースである。
th_DSC_4335

th_DSC_4379

これで1勝1敗のタイである。
th_DSC_4385
想定内でもあるが、竹島プロ・正林プロのダブルスにかかった。
こうなりゃ、総力戦を勝ちに行くのみ。
頼むぜ!

っていうか、応援団ももうヘロヘロだぜ。

カテゴリー: Team REC, テニス, ランニング, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アップとか、日本リーグ3日目とか。

日本リーグ・ファーストステージ3日目。

会場入りし、各々アップ開始。
IMG_9881

ストレッチマットで念入りに準備をする関口プロ。
IMG_9874
結構、ルーティンが長い。
かなり念入りである。

竹島プロ。
IMG_9877
ラジオ体操かっ!(笑)
(注:その後、ちゃんとやってます)

 

さて、そんなわけで3日目は明治安田生命さんとの対戦。
明治安田さんとは何回対戦しただろう。
東京実業団の頃から何度もあたっている。
年に3回あたったこともあった気が。

ということで、今回も対戦とあいなった。

試合はシングルス2から。
この日も正林選手が先鋒だ。
DSC_3357

ベンチには一平コーチ。
DSC_3283
妙に癒やし系も二人である。

試合は苦しみながらも正林選手のリードで進む。
DSC_3320

うん、悪くない。

途中、怪しい場面もあったりして。
DSC_3294

DSC_3279
しかしこの日は崩れることなく踏ん張った。
DSC_2575

ストレートで正林選手の勝利。
これでリーグ初勝利が出た。
良かった。

試合後の1枚。
DSC_3395
精一杯の笑顔。
「これが限界です」とのこと。
お疲れ様!

続いては関口選手。
DSC_3411
テッパンのTeam RECのエースは盤石。

しっかりポイント、ゲームを積み上げていく。
DSC_3497

DSC_3485

たまにこんな場面もありつつ。
DSC_3426

やっぱり強い。
DSC_3480

ストレートで危なげなく勝利。
DSC_3533

DSC_3534
さすがエース。
チームの勝利を決めた。

お疲れさま!
IMG_9918

さあ、最後はダブルス。
チームの勝利を受けて、メンバーを変更。
佐藤一平コーチを投入した。
IMG_9920
頼むぜ、一平。

試合は一進一退の攻防。
若干、明治安田生命の勢いが勝っている。
DSC_3564

DSC_3575
厳しいけど何とかしてくれ。

一平コーチのサービスゲームは安定のキープだが、
リターンゲームに突破口が見つからない。
DSC_3611

必死にゲームを取りに行く。
DSC_3634

DSC_3640

DSC_3662

DSC_3647
そして追いついた!

が、すぐにブレークバックされる。DSC_3710

DSC_3786

崖っぷち。
何とかまくってくれ。

DSC_3829

DSC_3824

DSC_3823

DSC_3863

頑張った、頑張ったけど、紙一重で敗退。
うーん、ほんの少しの差だった。
しかしこれが大きいのかな。

リベンジは次に。
とにかくチームが勝ってよかった。

いよいよ最終日。
勝ってファーストステージを終えよう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ケガとか、日本リーグ2日目とか。

試合終了直後、笑顔の守谷プロと竹島プロ。
DSC_3265
守谷プロのポーズには理由が。

アングルショットを追いかけて転んだのだ。
おかげで手と膝がえらいことに。
DSC_3275
そのファイトのかいあって試合は見事に勝利。
この激戦を制した1勝は大きい。
お疲れ様!

さて、そんなテニス日本リーグの2日目はイカイさんと対戦。
イカイさんは何度もリーグ制覇をしている超強豪チーム。
これまで何度か対戦したが、まだ勝ったことはない。
今度こそはとの思いで、全力のオーダーを組んだ。

IMG_9825

シングルス2は正林選手。
DSC_2573

DSC_2520
相手は徳田選手である。

正直、チャレンジャーの立場の正林選手。
何とか食らいついてほしいところだ。
頑張れ!トモ!

DSC_2575

試合は一進一退の好ゲーム。
DSC_2514
正林選手が徳田選手に食らいつく。
いいぞ、いけるかも。

要所で果敢に攻める。
DSC_2627

メンバー全員で応援。
DSC_2634

良い展開だが、徳田選手の自力が勝った。
DSC_2632
良い試合だったが、ストレート負け。
でも、悪くなかったぞ、トモ。

 

続いてはシングルス1の関口選手の登場。
DSC_2676
Team RECはとにかく周一が勝つこと。
それで負けたら仕方ないつもりで戦っている。

相手は今井選手。
これまで何度も対戦しているであろう選手である。
DSC_2869

試合は序盤から今井選手主導の展開。
関口プロ、いまひとつ乗り切れていない感じ。
DSC_2720
守りの時間が多くを占める。
正直厳しい。

後半盛り返すが、時すでに遅し。
DSC_2713
この写真を見た関口プロ、「うーん。詰まってる」とのこと。

最後は挽回しきれずにストレートで敗退。
DSC_2877
チームの負けも決まってしまった。

 

最後はダブルス。
竹島選手、守谷選手のペアだ。
IMG_9840
チームの敗戦は決まってしまったが、
1勝でも取っておくことが最後に効いてくるのがリーグ戦。
とにかくこの対戦は負けられない。

相手は、小野澤選手、松崎選手ペア。
これまた一筋縄ではいかない相手。

ファーストセットはタイブレークで取る。
DSC_2988

DSC_3020
いい感じだ。

しかしセカンドセットはワンブレークを返せずに落としてしまう。
DSC_3046

DSC_3050
やっちまったの2連発。

ファイナルセットはスーパータイブレーク。
DSC_3026

DSC_3035

それはもう攻める、攻める。
DSC_3151
竹島選手がエマージェンシーなのに、
守谷選手が前に攻め込むというカオスな状況。
それだけ前にという状態。

ここまで来たら気持ちで勝ちたい。
DSC_3076

メンバーも必死で応援。

そして最後は気合で勝利!
よく頑張った。
この1勝はチームにとっても大きいと思う。

この敗退で1勝1敗となってしまったが、
全員でよく頑張ったと思う。

まだリーグは序盤戦。
3日目は明治安田生命さんと対戦。
総力戦で勝ちに行こう!

カテゴリー: Team REC, ダイエット, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

PRESTIGE試打!とか、テニス日本リーグ初日とか。

んなわけで、届いた赤いヤツはこれ。
th_IMG_9542
HEADの名品、PRSTIGEである。

早速、張り上げ。
th_IMG_9526

th_IMG_9532

うーん、今回のPRESTIGEもカッコいいわ。

で、早速試打。
Team RECのHEAD契約、関口周一プロ、守谷総一郎プロとあれこれ評価。
で感想は?
それはまた次回に。

 

さて、そうこうしているうちにテニス日本リーグの初日である。

まずは開会式。
IMG_9747
そんなのあったっけか。

公式練習を終え、いよいよ開幕戦。
DSC_1877

IMG_9752
対戦するは、協和キリンさん。
以前にも対戦したことのある強豪チーム。
全員がすごいファイターで勢いがあるチームだ。

まずはシングルス2、正林知大。
DSC_2073

日本リーグデビュー戦で緊張しているのか、
今ひとつピリッとしない展開。
DSC_2131

崖っぷちを渡りまくってゲームを落としている感じ。
何とか盛り返したりもするが、決め手が見つからない。
DSC_2006

ファーストセットを落とし、セカンドセットは何とかタイブレークに追いつく。
DSC_1988

DSC_1900
が、最後はミスが続き敗退。

互いに厳しい戦いだった。
対戦相手の杉本選手は終わった途端に全身痙攣に襲われ、
ネットまで歩くことすら出来なかった。
DSC_2133
こんな状態でのファイト、素晴らしい。

後がなくなった我がチーム。
シングルス1は竹島駿朗選手。
DSC_2149

DSC_2165

駿朗なら問題ないだろうと思っていたが、
予想に反してこれが大苦戦。
なんとファーストセットを落としてしまう。
大丈夫か、駿朗。

セカンドセットは何とか取り返す。
DSC_2208

 

ファイナルセットに入る間に、隣のコートはダブルス。
関口周一選手、守谷総一郎選手のテッパンペア。
DSC_2216

DSC_2219
リラックスムードの試合前。

そして試合開始。
DSC_2223

やはり協和キリンさんはファイターだった。
終始リード気味ながら、なかなか突き放せない。
DSC_2262

DSC_2271

思うように行かない場面も多数。
これが日本リーグか。
DSC_2401

DSC_2374

ファーストを取り、セカンドは若干もつれ気味。

DSC_2281

DSC_2295

しかし最後は自力で勝る関口、守谷が突き放す。
DSC_2430

DSC_2438

良かった。
これで1対1もタイ。
竹島駿朗選手にチームの勝敗がかかる。
DSC_2212
と、そこは実績と信頼の竹島選手。
しっかりファイナルを締めて勝利。

良かった。
何とか初日は勝利である。

それにしてもしんどい初日だった。
やっぱり日本リーグは大変だ。

今日はイカイさんとの対戦。
ますます厳しいが、全力で勝ちに行こう!

カテゴリー: Team REC, インプレ, テニス, テニス用品, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

King Of Red登場!とか、会場入りとか。

少し早いサンタさんからラケットを預かった。
th_IMG_9435

中にはストリングも入ってる親切ぶり。
th_IMG_9436
赤いストリングですか。
あまり張ったことないけど。

サンタさんによると、「男は赤でしょ!フレームもストリングも」とのこと。
th_IMG_9440

なるほど赤い。
th_IMG_9441

th_IMG_9443

で、キャップグロメットと言えば・・・。
th_IMG_9457

 

今回預かったのは、 MPとS。
th_IMG_9438

「まずは赤を張って使ってみ」との指示で早速張り上げてみることに。

今回のキーワードは、#KingOfRed #伝承と革新の赤ラケ だそうだ。

いち早く打ちたかったので、今回の遠征に持ってきた。
つまり赤ラケのデビューは日本リーグの会場ってことに。
関口プロ、守谷プロにも打ってもらおうっと。
続報を待て!

 

さて、いよいよテニス日本リーグが始まる。
ファーストステージは兵庫県・ブルボンビンズドーム。
新幹線で集合場所の新神戸へ。
IMG_9608
富士山がきれい。
良いツアーになりそうな予感。

新神戸でメンバー集合。
IMG_9610

レンタカーをピックアップし、会場へ。
とりあえずお昼ごはん。
IMG_9611

1年ぶりのビーンズドーム。
IMG_9619

IMG_9634

車のドアに指を挟んだ守谷プロ。
IMG_9623
勝利のVサインではなく、指が腫れてるのアピール。
片手打ちなので大丈夫の声多数。

練習開始。
IMG_9642

DSC_1700

DSC_1739

DSC_1720

IMG_9643

2時間の練習を終え、居残り練習をする関口プロ、守谷プロ。
IMG_9676

良い調整が出来たと思う。
IMG_9681

IMG_9683

いよいよ初戦。頑張ろう。
IMG_9666

応援よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 守谷総一郎プロ, , 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

サプライズ登場!とか、出発とか。

th_th_1stslide
応援よろしくお願いします!

 

レックインドアテニススクール上石神井に竹島駿朗プロが登場!

レッスンに入っていただき、お客様と打ち合ったりと楽しい時間を過ごした。
レッスンに来られた会員様、ラッキーでした。
隣のコートの皆様、次回にご期待ください。

レッスン後、ミニあんぱんを食べていた竹島プロ。

「それが昼飯?」

「いえ、朝ごはんです」

「もう昼だよ。飯食いにいくか」

というこよとで上石神井駅近くのカレー屋さん。
th_IMG_9422
味良し、量もじゅうぶんのナイスなお店。
ちなみにナンはおかわり自由だ。

竹島プロ、これから登場機会は増える予定。
お楽しみに!

 

さて、そんなわけで、あっという間に日本リーグがやってきた。

会議やらセミナーやら展示会やら打ち合わせやら、
あれこれにバタバタと追われ、気づけばもう出発日。

時間の速度が少しずつ速くなっているに違いない。
またはワタクシの速度が落ちているのかのどちらか。(たぶんこっちだ)
あ、または働き方改革に逆行して仕事が増えてるかだな。(こっちも否定できない)

ということで、ファーストステージは兵庫決戦。
セカンドステージの1月よりまだ寒くないと思われる(というか期待の)ビーンズドーム。
新幹線での移動だから、荷物をどの程度にするかがポイント。

一眼レフカメラ:2台
レンズ:標準ズーム1本、望遠ズーム1本、デカイ単焦点1本
ビデオカメラ
外付けマイク
一脚
折りたたみ椅子
パソコン
充電器
その他電子機器多数

緩衝材代わりに着替えあれこれ。
うーん、これでキャリーケースはパンパンだ。
th_IMG_9589

他にも仕事用の資料やらなんやら。
今回はちょっとした事情でラケットも持っていく。
けっこう大荷物だなぁ。

まずは無事に東京駅までだな。
混んでる京葉線に大荷物持ち込むのは気がひけるぜ。

日本リーグ、幕張メッセでやってくれないかな。
(やらないよ)

とにかく日曜日まで全力で勝ち星を取りに行こう。
頑張ろうぜ!Team REC。

まずは皆んなちゃんと来いよ。

*Team RECは新神戸集合なのだ。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。