カテゴリー別アーカイブ: 竹島駿朗プロ

応援とか、試合開始とか。

テニス日本リーグの応援席。
IMG_2001

IMG_2007

IMG_2004
年々グレードアップというか工夫が凝らされていく。
スタッフ皆の協力の賜物である。

試合中はコートにいるのであまり関われないのだが、
制作班も受付班もいつもありがとうございます。

 

さて、テニス日本リーグ・決勝トーナメントである。
毎年熾烈な予選リーグを勝ち抜いてこの場所に立てている。
今年もけっこう大変だったが、何とかたどりついた。

そしていよいよ決戦の日である。
対戦するのはイカイさん。
反対ブロックの1位チームだ。

当然、とても強いが、こちらも戦力を揃えている。
全力でぶつかるのみである。

51769728_2182876252042765_2511443905422032896_n

試合開始。
まずはシングルス2、守谷総一郎選手。
51633377_2182876332042757_4038116487783776256_o

対戦相手は今井選手。
51616531_2182876485376075_59552371553861632_o
正直あまり対戦成績は良くないが、
互いにプロなのでなにがあるかは分からない。

・・・はずなのだが、なんとファーストセットを0-6で落としてしまう。
どうした総一郎。

セカンドセット、若干持ち直す。
51768479_2182876432042747_1067567761267359744_o

井原選手も心配そう。
51489588_2182876415376082_138390778354335744_n

51161226_2182876342042756_3795721173686288384_o

しかしセカンドセットも落とし敗退。
今日は守谷選手の日ではなかったようだ。

もう一試合も落とせない。
続いて、シングルス1、関口周一選手。
51544733_2182876665376057_1921237428115341312_o

相手はケビン・キング選手。
メッチャ身長の高いサウスポー。
サービスがえげつない。

ファーストゲームをいきなりブレークした。
悪くないぞ。
51644406_2182876692042721_2290817332416610304_o

51917025_2182876822042708_3920031112214085632_n

しかしブレークバックされたりと試合は一進一退。
というか、徐々に追い込まれファーストを落とす。
51818566_2182876915376032_4589471953651236864_o

セカンドセットも先にサービスブレーク。
51733918_2182876888709368_1796617264099753984_n

しかしまたブレークバック。
51718701_2182876855376038_5233406186908286976_n

セカンドセットはタイブレークに突入。
51461781_2182876745376049_7373560636426420224_o

リードした!いける!
51508105_2182876938709363_2798977002223173632_n

しかしここから怒涛の巻き返しにあう。
最後はダブルフォルトで力尽きた。
残念、Team REC敗退である。

こうなったらダブルスで一矢報いたい。
竹島駿朗選手、佐藤一平選手登場。
51516003_2182877012042689_6966467366775422976_o

51670552_2182877118709345_2312536372147126272_o

相手は本村選手、小野澤選手。
51502878_2182877288709328_1854410206595776512_n

応援団も必死の応援。
50458284_2182876518709405_1747749486983118848_n

何とか頑張ってほしいところだが、勢いのついた相手は強かった。
51593584_2182877202042670_4115863861221916672_o

51622312_2182877318709325_3741443318324658176_n

51588543_2182877178709339_6348408567720050688_n

ストレートで押し切られて敗退。
51415143_2182877378709319_7502426272534888448_n

残念ながら風を起こすことは出来なかった。
これも勝負、仕方がない。

明日は順位戦の臨むことになる。
最後まで全力で戦おう!
51998034_2182877422042648_3276945435645706240_n

たくさんの応援、ありがとうございました!

カテゴリー: Team REC, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

集合とか、練習とか。

いよいよ日本リーグ決勝トーナメント。
行きしなにちょっとアクシデントもありつつ会場入り。

それぞれに公式練習に備える。
51316399_2182181248778932_7807857391411658752_n

51760233_2182181335445590_2635103615965986816_o

51805328_2182181325445591_5988089261449019392_n

男前の守谷プロ。
52130091_2182181262112264_5005258108260319232_o
「真剣な顔で何見てるの?」

「マンガ読んでました」

マンガかよっ!
やはり若者である。

ミーティング。
51538837_2182181215445602_613366306766323712_n
意思統一と気合注入。

 

さて、そんなことをしているうちに練習時間になった。
周りを見渡せば強豪チームの皆さん。
まあ、決勝だから当たり前だ。
51768505_2182181428778914_5578776653347160064_n

51762303_2182180908778966_4246546633568813056_n

51338574_2182181078778949_1691557386172497920_n

51290731_2182181022112288_311431570441371648_n

51346017_2182181542112236_300942796448071680_o

51544744_2182181558778901_5852364386475180032_n

DSC_6054

ピリッとしつつもリラックスした良い雰囲気である。
DSC_6126

準備は整った。
相手は強いが全力で勝ちに行こう!

応援よろしくお願いします!

カテゴリー: Team REC, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

来社とか、いよいよ前日とか。

final

 

関口プロから電話。

「会社に寄っていいっすか?」

「いいよ。なに?」

「領収書持って行きます」

ということで、日本リーグに向けてとか、あれこれ話す。
IMG_1787

「勝ちたいねぇ」

「勝ちたいっす」

「勝とうな」

「はい。全力でいきます」

決戦はもうすぐ。
頑張ろう。

一緒に食事でもと思ったけど、
全然仕事が終わってなくて誘えなかった。
ごめん、また今度。

 

さて、そんなTeam RECもいよいよ正念場。
明日からテニス日本リーグ・決勝トーナメントである。
今日は会場入りして前日練習。

昨日はチームの備品をあちこちで積み込みつつ準備。
応援グッズ、応援席ディスプレイなど、スタッフ皆で準備した。
選手だけでなく、本社スタッフ、スクールスタッフ総出で応援体制である。
そう、それがTeam RECなのだ。

ということで、ようやく帰宅して気づいた。
自分の準備が何も出来ていない。

とりあえずバッグ類を出してみた。
IMG_1911
カメラバッグ、キャリーケース、バックパック。
この時点でどれも中身はカラである。(涙)

まあ、兵庫じゃないし、何かあれば帰ればいいよね。(開き直り)

とにかく総力戦で臨むのみ。
勝負に絶対はない。
選手、お客様、コーチ、スタッフ、皆で戦おう。

決勝トーナメント

皆んなでTeam REC魂を見せましょう!
応援よろしくお願いいたします。

ああ、準備しなきゃ。

カテゴリー: Team REC, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シゲキとか、Wilson CLASHとか。

final

 

日本リーグ・セカンドステージにて。

守谷プロの携帯品。
IMG_1441
どうやら刺激が欲しいらしい。

守谷プロが離れた隙に食べた竹島プロ。
「クソまずい!」
IMG_1440
勝手に食べて文句言うか。

「美味しさじゃなくて、刺激を求めるものなのです」
と冷静に返した守谷プロ。
刺激が足りないのか?

 

さて、ようやくその全容が明らかになったウイルソンの新製品。

プロトタイプのみが一部に出回り、インプレは語られるものの
スペックやテクノロジーは謎のままだった。

ワタクシにもプロトタイプを貸し出していただいたが、
情報には一定の制限がかけられていたので
話せたのは打球感のみ。
IMG_9997
申し訳ないと思いつつも、新しいテクノロジーを楽しませていただいた。

「ひっぱり過ぎでしょ」みたいな声もあったようだが、
まさにウイルソンさんの狙い通りだったんじゃないだろうか。

そんなダズル迷彩の全容が明らかに。

その名も「CLASH」

詳細はこちら。
https://www.wilson.co.jp/campaign/tennis/clash2019/
ウイルソンの伝道師、ミチバさんが詳細を説明している動画もあり。
まずはご覧いただきたい。

で、ラインナップは2種類。

CLASH100
clsh100f

clsh100

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:295g
■ラケット長:27インチ
■バランス:31.0cm
■フレーム厚:24.0mm
■グリップサイズ:G1/G2/G3
■ストリングパターン:16×19
■価格:32,000円(税抜き)

 

CLASH100 TOUR
clsh100tf

clsh100t

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:310g
■ラケット長:27インチ
■バランス:30.6cm
■フレーム厚:24.0mm
■グリップサイズ:G2/G3
■ストリングパターン:16×19
■価格:32,000円(税抜き)

シンプルな2ラインナップ。
どちらも試打をしたが、特性はそのままに非常に扱いやすく調整されている。

先日、レックインドアテニススクール上石神井で行われた
スタッフ向けの試打選定会でもCLASHのプレゼンが行われた。
IMG_1774

その際、用意されたCLASHの試打ラケットはなんと60本。
ウイルソンさんの気合がわかるというものである。

試打をしたコーチたちの評価も上々。
非常に扱いやすいとテンション上がり気味だった。

とにかくこのラケット、
「しなるのにブレない」「粘るのに飛ぶ」という、
相反する特性が両立している不思議なモデル。

確かに相反要素がぶつかる、まさにクラッシュ。
このネーミングセンスもさすがである。

ワタクシ的には「楽」な印象。
16歳児が打ち込んで来るハードショットも
それなりに苦労せずに返せるのはとても助かる。
あ、もちろん追いつけばという前提なんだけど。

「粘る、乗る」は多くのプレーヤーに恩恵をもたらすと思う。
ここ数年、ラケットはどんどん硬くなり、打球感も乾いた硬いフィーリングに向いた。
最近はその揺り戻しで、打球感がソフトになってきたが、
CLASHはその究極のフィーリングなのかもしれない。

とにかく不思議なフィーリングのCLASH。
「ラケットに革命を起こした」というだけはある。
wcbnnr

ウイルソンさんの一大キャンペーンで試打できるところも多いと思う。
来週から始まるレック各校でのキャンペーンでもたくさんの試打を用意したので
ぜひとも体感して欲しい。

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 仕事, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、決勝へ!とか。

final

 

Team RECの竹島駿朗プロが「アオノオープンテニス2019
ダブルスで優勝した。

IMG_1759

パートナーは菊池玄吾プロ。
お互いを知り尽くした古くからのパートナーであり、
玄吾はTeam REC卒業生ってことで、喜びも倍増である。

日本リーグ・セカンドステージからアオノオープンに向かった竹島プロ。
怪我明けで、リーグ中は「アオノは無理かも」と言っていたので、
心配していたが、良い結果報告ももらえてよかった。

おめでとう!
2019年、そして復帰戦、良いスタートが切れた。
きっとさらに良い1年になるだろう。
頑張れよ!

 

さて、そんなわけで熾烈な予選を何とか抜けて
決勝トーナメントに進むことができたテニス日本リーグ。

ホッとしたのもつかの間、気づけば決勝が今週に迫っていた。
決勝トーナメント

(ワタクシ的には体調不良で悪夢の)
チーム的には最終日、三菱電機さんに劇的な勝利をおさめた
感動のセカンドステージ。

戻ってきて、バタバタと仕事をこなしていたら
あっというの間に日が経ってしまったという感じ。

何だか年々ペースが上がっているというか詰まっているというか・・
3月には少し落ち着くんだろうか。
あ、愚痴っちゃいけない。
がんばれ、働き方改革。

ということで、金曜日から決勝トーナメントだ。
チームは木曜日に会場入り、公式練習に臨む。

対戦相手はイカイさん。
レッドブロック1位の強豪だ。

正直厳しい戦いになると思うが、
セカンドステージの戦いから、
どこにも勝つチャンスはあるってことを実感した。
全力でぶつかるのみ。
頑張ろうぜ。

今回も応援席は楽しんでいただけるように工夫を凝らした。
選手とも触れ合えると思うし、初めての方にも分かりやすいガイドもご用意する。
ぜひとも皆一緒にTeam RECを応援しましょう!

ってことで、応援動画でテンション上げてください。

会場でお待ちしています!

テニス日本リーグ公式サイト

カテゴリー: Team REC, テニス, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

食堂とか、写真撮影とか。

某所にて。
IMG_9164
某所がどこだったかも覚えていないが、
店名のインパクトが強烈だったので。

ドラマになりそうな店だな。

 

さて、テニス日本リーグの裏方の仕事のひとつに素材集めがある。

その日の試合結果をfacebookページにアップするのもそうだが、
媒体等に使用する(しそうな)動画や写真を想定して撮影する。

媒体(動画&ポスター)製作は、ほとんどプロに近い編集技術をもつ、
高島平インドアのHくんがやってくれるので、相談しながら撮影し、
素材を送り込む。

あ、Team RECのfacebookページはこちら。
https://www.facebook.com/teamrec09/

ぜひ「いいね!」お願いします。

ということで、決勝トーナメント会場のビジョンで流す動画用の撮影。

ひとりずつ順番に写真を撮っていく。

イメージは「ミッションインポシブル・ゴーストプロトコル」のトムクルーズ。

つまり、ニヒルで強いイメージである。

まずは守谷プロ。
DSC_4887
さすが男前!
しっかり表情をつくってくれた。

続いて、井原力コーチ。
DSC_4891
笑い出しそうだが、頑張った。

佐藤一平コーチ。
DSC_4897
自然体だな。

問題のひとたち。

竹島プロ。
DSC_4904
視線がヘン。どこ見てる?

こらえきれず。
DSC_4907

やっぱり。
DSC_4908

最大の難関、関口プロ。
DSC_4915

頑張っているがつらそう。
DSC_4914

全開!
DSC_4919
ある意味最高だ。
トムクルーズには程遠いが、これを使うことにした。(笑)

カテゴリー: Team REC, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, 街歩き, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

イヤホンとか、決勝へとか。

休日。
ランニング途中で仕事の電話。

なんか聞こえづらいなぁ。
もうちょっとハッキリ喋ってくれないかなと思いつつ電話を終えた。
IMG_0905
着信時、慌てて耳からイヤホンを引き抜いたのだが、
耳の中に外れたイヤーパッドが残っていた。

そりゃ聞きづらいわ。
申し訳ない。

さて、テニス日本リーグ・決勝トーナメント応援お願いしますポスター。
決勝トーナメント

例年は東京体育館が会場なのだが、
2020年東京オリンピックの関係で東京体育館は工事中。
今年はファーストステージと同じ横浜国際プールが会場。

東京体育館ほどアクセスは良くないかもしれないが、
是非とも会場に来ていただき、応援で選手たちを後押しして欲しい。

試合は金曜日から。
というか金曜日が1回戦。
決勝はトーナメントなので負ければ終わり。
ぜひ金曜日に会場にお願いします。

ちなみに金曜日に負けてしまうと
土曜日は順位決定戦があるのだが、
それは考えずに全力で1回戦を戦いたいと思う。

ということで、決勝に向けての動画が完成した。

毎年、Team RECは応援がすごい。
というか、応援が命。
今年も会場をTeam RECへのコールで埋めてくださいせ。

そう言えば、応援団長のジョーちゃん、去年はインフルエンザで欠場だったなぁ。
今年はちゃんと来てね。

カテゴリー: Team REC, テニス, ランニング, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カードとか、KATANAとか。

恒例のTeam RECポストカード。
TeamREC ポストカード
今年も応援に来てくださった皆様に差し上げる予定。

ぜひともこれに選手のサインをもらってください。

 

さて、某所で見かけたバイク。
IMG_0895
SUZUKI KATANA(刀)

この世でいちばんカッコいいバイクだと思う。
IMG_0894

ネーミングもいいし、
ネーミングのイメージそのままのフォルムも素晴らしい。
IMG_0896
まさに名車だと思う。

初期の頃は大型しかなかったので、当然まったく手が出なかったが、
後年は400ccも発売され、(免許的に)乗れるようになるも
すでにバイクには乗っていなかったので結局縁がなかった。

この名車も2000年に製造中止になったが、
何とこの度、新型として復活するらしい。

http://www.suzuki.co.jp/release/b/2018/1002/

さらに洗練されたKATANA。

と思ったら、ハンドル位置が高いトラクターハンドル。
これ、ダメでしょ。
やっぱりセパハンじゃないと。

ちなみに価格は発表になっていないが、
高額であることは間違いない。
見て楽しむバイクね。

カテゴリー: Team REC, テニス, バイク, 守谷総一郎プロ, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

却下とか、ガッツポーズとか。

某日のレックインドアテニススクール上石神井。
フカダコーチと昼食。

ワタクシ「どうする?時間ないからすき家でいいか」
フカダコーチ「いやぁ、イマイチかなぁ」
ワタクシ「じゃあ、餃子の満州?」
フカダコーチ「ピンとこないっす」

結局、フカダコーチの希望の店へ。
IMG_0956

IMG_0957

美味いからいいんだけど、
昼飯でここまで意見を却下するのは彼くらいだ。
やるな。

 

さて、テニス日本リーグ・セカンドステージ。

昨年も苦戦続きの決勝トーナメント進出だったけど、
今年も怪我・故障も多く、それこそメンバーが足りない状態で
とても厳しい状況での予選リーグだった。

ファーストステージは竹島プロが手術で欠場。
ということは4人?

誰もも休めないし、誰も怪我も出来ない。
もし何かあったらどうなる?って状況。

関口プロとは「こうなったら(鈴木)貴男さんに頼むしかないでしょ」との会話まで。
ちなみに鈴木プロは日本リーグはもう卒業ということで出場はしない約束。
せめてベンチコーチに入ってくれれば(相手もやりづらい?)と思うのだが、
それもしないということになっている。

「周一、こんな状況だし、貴男さんに聞いてみ」
「いやぁ、聞けないっす。聞いてくださいよ」
「オレも聞けないよ」

後で鈴木プロが言うには、
「どうにもメンバーが足りなくなったら1試合は覚悟した」
とのこと。
聞けば良かった。

そんな厳しい予選もなんとか切り抜け、
今年も決勝トーナメントの切符を手にできた。
これもチーム力に他ならないと思う。

やっぱり団体戦は燃える。
スタッフもお客様も一丸になって選手を応援する。
それに選手も応える。

ガッツポーズ連発でさらに意気があがる。
そして勝てればこれ以上の喜びはない。

ということで、ガッツポーズ集。

DSC_5749

DSC_5729

DSC_5728

DSC_5680

DSC_5635

DSC_5614

竹島プロが多いのは、たまたま。
そう言えば以前、鈴木プロが、
「駿朗は大学でリーグ戦戦ってるし、チーム戦向き」
と言っていたっけ。

関口プロ
DSC_5582
このゲームの関口プロの集中力は凄かった。

決勝トーナメントもガッツポーズ連発で頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

離脱とか、最終日とか。

日本リーグ最終日前夜。

その日の午後から寒気。
こりゃ熱が出るかも。

ホテルに戻り熱を測ると38度オーバー。
遠征前から体調不良だったので体温計も持って来ていたのだ。

とりあえずお酒どころか食事も無理っぽい。
何とか階下のコンビニでカロリーの高そうなものを探す。

のどごしが良くて高カロリー・・アイスだな。
IMG_1627
木のスプーンを逆に使ってるのに途中で気づいた。
もうダメかも。

朝、少し熱は下がったものの、やはりだるい。
結局、チームから離脱して早めに帰ることに。
申し訳ない。

IMG_1628

何とか新神戸から新幹線に乗る。
ひたすら寝る。
寝たり起きたり、気づいたら品川だった。

身体のことだから仕方ないとはいえ、最終日に離脱とは情けない。

 

さて、そんなわけでTeam RECはセカンドステージ最終日に臨んでいた。
対戦相手は三菱電機さん、コートはセンター。
前年の上位チーム同士の対戦を最終日のメインコートに組むのが通例らしい。

三菱電機さんは言わずと知れた強豪名門。
昨年のリーグ覇者でもある。

大企業だけに応援団の数もすごい。
それが日曜日のセンターコート。
そしてこちらは関東ローカルの会社。
関口プロの「超アウェイです」も分かるようなシチュエーション。

とにかく頑張るしかない。
が、しかしワタクシはそこにはいない。

DRKさんから速報のメッセージで目を覚まし、
朦朧としながら念を送るのが精一杯。

IMG_1642

オーダーはどうなった?
総一郎の腕は大丈夫か?
駿朗の手術跡は?

まずはシングルス2、井原選手。
IMG_1644

ようやく出番の井原選手が仁木選手に挑んだ。
IMG_1645
さすが強豪プロの壁は厚く、ダブルベーグルを焼かれてしまう。

うーん、強いな、やっぱり。
ホントに公開処刑状態なのかも。

続いてシングルス1、関口選手。

IMG_1646
高橋悠介選手と対戦。

前回も負けたし、厳しいかなぁと思っていたらメッセージ。

「6-4、取りました!」
マジか!
IMG_1648

しばらく速報が途切れる。
こりゃひっくり返されたかなと、熱で働かない頭で考える。

経過が入る。
「タイブレークです」

メッチャ競ってたのね。

そして、「勝ちました!」
IMG_1650

おお!すごい。
高橋選手に勝って、三菱電機さんに一矢報いるとは。
IMG_1649

しかし次はダブルス。
おそらくオーダーは大事取って竹島選手をさげ、
佐藤一平コーチと前日、腕を痛めた守谷プロである。

三菱電機さんのダブルスは強い。
社員ペアながら、プロのペアにも臆することなく
強気の攻めで勝ってしまうほどに強い。

昨日、ようやく勝ち星をあげたとはいえ、
さすがにこの対戦は厳しいかも。
何より、守谷プロの腕は回復しているのだろうか。

IMG_1664

IMG_1671

IMG_1669

「4-6です」

ああ、やっぱり。
でも善戦してる。
もうちょっと食い下がってくれ。

IMG_1666

IMG_1665

「6−4」

え?セカンドとった?

あとはよく覚えていない。

「勝ってしまいました」と不思議なメッセージ。

IMG_1658

えっ?勝ったんかいっ!すごいぞ!

いやぁ、驚いた。
その場に居たかったなぁ。

とにかく最終日、おそらく超アウェイな雰囲気であろう中、
勝ったのはすごい。

IMG_1657

負けたり勝ったり、不思議な予選リーグだった。
最終結果は6勝2敗で4位。
勝率が2〜4位で並んだが、4位だった。
三菱電機さんに勝ったのになぁ。

とにかくこれで決勝トーナメント進出である。
ブロック4位だから、初戦は反対側1位のイカイさんとの対戦だ。
正直、とても強い相手だが、
この日の戦いで勝負に絶対はないことを確信した。

自分と仲間を信じてチームでぶつかれば道は開けるだろう。
Team RECのみなさん、後押しをお願いいたします!

それにしてもこの体調・・何とかならないか。

カテゴリー: Team REC, テニス, 守谷総一郎プロ, , 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。