カテゴリー別アーカイブ: 街歩き

カレー屋とか、決戦前日とか。

某所にて。
IMG_4042
裏道で偶然見つけたカレー屋さん。

時間がなくて入れなかったが、
ちょくちょく行く場所なので近々入ってみようと思う。
バシさん、一緒にいく?

 

さて、メッチャ暑かった金曜日。
Team REC・ビジネスパルチームは会場入りして前日練習。

ワタクシはといえば、
展示会〜会社〜商談〜某所で打ち合わせ〜
レックゴルフスクール水道橋で打ち合わせと、
灼熱の都内をあちこち&バタバタしていた。

夕食は、チーム恒例の決起集会なのだが、
予想通りに間に合わずだった。
残念だが、なにかと詰まっているからしかたがない。

ようやく千葉に戻り、メンバーが泊まっているホテルへ。
オクダコーチからストリンギングのオファーがあり、
ラケットをピックアップするためだ。

試合前日に張るのがオクダコーチのこだわりらしい。
迷惑だ・・・。

ラケットを預かり帰宅。
ストリンギング開始。
IMG_6729

ヨネックス、久しぶりに張ったぜ。
IMG_6731
とりあえず今夜は2本。
ようやく食事ができる、ふう。

裏方は試合中は応援することしかできない。

本格的に動くのは試合が終わった夜。
写真の整理、webへのアップ等々。
そして場合によってはストリンギングとか。
出来ることをしっかりこなして、選手が不安なく戦えるように整えよう。

とにかく全国へ。
いよいよ決戦である。

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス用品, 仕事, 仲間, , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

代々木とか、ビジパル関東大会とか。

代々木付近。
駅と明治通りの間付近は路地があったりと昭和の匂い。
IMG_4564

こんな一角があるのね。
IMG_4563

昭和風の飲み屋さんが軒を連ねている。
IMG_4562

IMG_4561

IMG_4560

IMG_4559

一瞬、千と千尋の神隠しの世界に迷い込んだ感じ。

カイフォルニアだって。ナイスなネーミング。
IMG_4558

IMG_4557

いいなぁ。
夏の早めの夕方に飲んだら気分いいだろうね。
今度行ってみよう。

 

さて、今週末はいよいよ決戦である。

Team RECジュニアのメンバーは関東ジュニア選手権。
そしてTeam REC実業団・ビジネスパルチームも関東大会だ。

東京大会では優勝させてもらったレック興発。
DSC_6853
関東大会で上位入賞すれば、8月に行われる全国大会に進出できる。

今大会のメンバーは下記の通り。
奥田・細川・町田・平田・武田・宮田の6名。
東京大会優勝の立役者の梁元コーチは手首の故障のため、
今回はメンバーから外れた。(早く戻ってきてくれ)

会場は千葉県千葉市のフクダ電子ヒルスコート
JR京葉線の蘇我駅が最寄りである。

試合は土日で行われるが、今日は練習日。
チームは今日から現地入りしている。

ワタクシはといえば、仕事が終わらず通常業務。
試合当日にチームと合流予定だ。
うーん、段取り悪いぜ。

加えて、自宅からもさほど遠くないため、
選手のストリンギングなども考慮し、
ホテルには泊まらず、自宅から通いにしてもらった。

 

各地区大会の結果を見るに、常連チームがバタバタと破れているようだ。
新たな時代の波が来ているのか・・・。
足元をすくわれないように、油断せずで戦おう。

とにかくまずは4回目の全国出場を目指して頑張ろう。
あ、頑張るのは選手。
ワタクシは特に何もしていないのだけど。

ぜひ応援に来てください。
よろしくお願いいたします!

カテゴリー: Team REC, テニス, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

花園とか、ストリンギングブースとか。

花園神社
IMG_4605
朝、見るのも初めてだし、こっちの入り口も初めてだ。
夜中のゴールデン街からのアクセスしか知らなかったし。

健康的なペースに移行しつつある今日この頃。
いいことだ。

 

さて、まだまだあるローランギャロ画像。

1番コートと2番コートの間にあるハウス。
IMG_5612
地階に降りていくと、歴史館やビーチテニス、パデルなどの
アトラクションコーナーがあるのだが、さらにその奥には・・・

オフィシャルストリンギングブースがある。
IMG_5631
ローランギャロのオフィシャルはバボラってことで、
普通は入れないエリアに入れていただいた。

受付カウンター。
IMG_5630
選手やコーチがラケットを持ち込む。

テンション、1本張りor2本張り、張り上げ時間、
張ってほしい時間(前日でもOKとか、当日朝とか)など、
細かく指定していくそうだ。

1日に何本持ち込まれるのかは分からないが、
すべてのリクエストに応えるのは本当に大変だろう。
明け方までかかることもあるっていうのもわかる気がした。

日本から参加されている柞木さん。
IMG_5623
岡山でショップ経営されていて、
グランドスラムのストリンガーとしても超有名なお方。

実は10数年前にあるメーカーさんのイベントで
ニューカレドニアでご一緒した。
名刺をお渡ししてそのことを話したのだが、
ワタクシのことは憶えておられなかった。
当然である。

今大会も錦織圭のラケットを担当されたそうだ。
IMG_5624

IMG_5627

これが圭のラケット。
IMG_5625
スローと内側に「Kei」と入っている。

グリップテープは圭用のオリジナル。
(と、ウイルソンのM氏が言っていた)
IMG_5626
フレームはちょっと長いのかな。
貴重なものを見せていただいた。

マシンはすべてバボラのニューモデル。
IMG_5622
ターンテーブル〜クランプレールが特徴的。
うーん、張ってみたい。

このマシン、先日のダンロップさんの展示会で発表になっていた。
値段はやはりの100万円オーバー。
うむー、ちょっと無理かな。

「良さそうっすね!このマシン」と堤コーチが食いついてきたので、
「起案書出してみな。買ってもらえるかもよ」
と言っておいた。
堤コーチの男気が試されている。(笑)

マシンはそれぞれのストリンガーに割り振られている。
IMG_5621
柞木さんはNo03。

今回のアテンドがオフィシャルのバボラさんだから入れたこの場所。
本当に貴重な経験をありがとうございます。

カテゴリー: ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

VESPAとか、ラベルとか。

某所にて。

VESPA50(かな)
IMG_5152

とてもキレイな状態。
IMG_5153
やっぱりVESPAはこの年代がいいね。

お金と時間とガレージがあったら買うんだけど。
(どれも無いわっ!)

 

さて、たまには仕事について考えてみる。
(たまにはかっ?)

いちおう管理職。
いい歳だから管理職歴もまあまあ長い。

で、管理職ってなに?ってこと。

おそらく管理職ってキャリアやスキルとはちょっと違う。

転職しようとして、何をアピール出来るかって考えたら
「管理職やってました」とは言うかもしれないけど、
「スキルは管理職です」とは言わないだろう。
笑われるわ、きっと。

管理職はスキルとはちょっと違う。
能力ともちょっと違うかな。
キャリアといえばキャリアかもしれないけど、
出来ることにアタリをつける少しの参考程度にしかならないと思う。

簡単に言うと、管理職はキャリアや能力じゃなくて、
「その役割をしたことがある」程度の名称に過ぎない。

キモは、じゃあそのポジションで何をしたのかということ。
システムを構築した、数値を上げた、仕組みを改革した、
制度を作り上げた、人材を輩出した等々。
組織に利益を与えたことについて具体的に言えないと、
キャリアの説明にはならないんじゃないかなと思う。

チームを率いていたというのは現象に過ぎない。
何を発想し、生み出し、そのチームを稼働させ、何を成し得たか。
それがすべて。

管理職はポジション名であり、イコール能力とは言い難い。
とりあえずの管理職って人も世の中にはわんさかいるだろうし、実際そう思う。

何かを生み出す能力は持っているか。
管理職だから、人にやらせる、人を使うだけだと、どんどん力は落ちる。
仕事を割り振るのはチームにおいては管理職の仕事だが、
自分はまったく出来ないのに、理解していないのに・・
ではリーダーとしては心もとない。

「手に職」的なプレーヤー部分と組織運営能力のバランスが大事なんじゃないかなと思う。
やらない、出来ない、汗かかない、その覚悟がないリーダーに仕事を振られて、
能力を問われてもなぁってなるだろうし。

管理職経験はラベルの一部分でしかない。
酒瓶の後ろ側の下の方に貼ってある生産地程度の情報かな。
表のラベルにちゃんと書けるスキルを磨き続けなければ。

管理職は忙しい。
それは事実だし、仕方ない。

ただその部分だけに忙殺されたり、
マインドまでどっぷり浸かってしまうと、
「管理職」のポジション表示ラベルが取れた時に何も残っていないかも。
そんな危機感は持ち続けないとだなぁ・・・。

と思ったりした。

カテゴリー: バイク, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

工事とか、霊感とか。

パリの街角。
IMG_5459
建物の修繕工事中らしい。

ポリバケツをつなげたようなパイプのようなものはなんだろう。
コンクリとか水とか流すのかな。
大丈夫か?パリ。

中国の竹で組んだ足場よりは怖くないけど。
今も中国の工事現場の足場は竹なのだろうか。

 

さて、ふと昔のことを思い出した。

20代後半の頃、プライベートでとても良くないことが続き、
ちょっと精神的にも落ち込んでいた時期があった。

当然まだコーチとしてコートに出ていた頃なので
それでもレッスンは普通にやっていた。

しかし、かなり痩せてしまったり、やはり表情にも出ていたのだろうか。
心配した会員さん(40代くらいの女性)が声をかけてくれた。

「コーチ元気ないね。心配ごと?」

お客様なので詳しい話はしなかったのだが、
悩み事なら、ある人を紹介してあげるという。

「聞いてもらうだけでもきっと楽になるし、
何よりすごく霊感が強いのよその人」

そういうことにあまり興味もなかったのだが、
実際かなり参っていたこともあったし、
心配してくれているってこともあって
紹介の人物に会うことにした。

 

後日、ある場所で紹介され、その人に会った。
50歳くらいの小柄な女性。

話をしようとすると、ここではなく、
二人だけで話せる場所が良いと言う。
まあ、そういうものかと思い、ではどこがと聞くと
静かなら車の中でも良いとのこと。

ワタクシの車に乗り、近く公園の駐車場へ。

質問などを受けながら、ポツリポツリと
現在の状況を少しずつ話す。

ひとしきり話を終え、相手が言う。

あなたは母親の影響を強く受けている。
(なるほどそうかも)

左半身に病気が起こる可能性もある。
(そうなの?医者でもないのに)

あなたはとても感受性が強いタイプ。
(そうかもね)

守ってくれているご先祖様が強いのは幸運。
(ご先祖様はおじいちゃんくらいまでしか知らないけど)

親とご先祖様は大事にしなければいけない。
(うん、たしかにそうだ)

お墓まいりには行ってるか?
(そういえば全然行っていない)

結婚するなら細面じゃない人が良い。
(良かった。そっちは好みじゃない)

ワタクシの話に共感しながら、挟んで来る言葉は
なるほどそうかと思うことも多く、
聞いてもらって良かったかもとも思った。

 

小1時間の話を終え、最後に「結局どうすれば良いか」の話になり、
彼女が言った。

「運気をあげましょう。そのためにはこれを」

取り出したのは、印鑑のパンフレット。
象牙の良い印鑑は運気を上げるという。

その瞬間に目が覚めた。

なるほどそういう商売なのね。

印鑑自体も高くて買える額ではなかったし、
ローンを組んで作った印鑑で運気が上がるとは思えなかった。
じゃあ、外国人はどうやって運気上げてんのと。

丁寧にお断りして別れた。
話をした料金は1万円くらいだったか、それは払った。
まあ、愚痴ぶつけ料&社会勉強代だと思えば高くはない。

きっと紹介してくれた会員さんは本気で心配してくれたのだと思う。
ご自身が高い印鑑を買っていたのかは知らないが、
彼女の霊感とやらを信じてのことなのだろう。

 

しかしワタクシの針は逆方向に振れた。

悩みには正面から向き合う。
解決は論理的かつ具体的な方策以外にない。
何かにすがっても現実は変わらない。
印鑑やツボで運命が変わるなんてことはあり得ない。

それから、この手のこと一切を信じなくなった。
朝の番組でやっている星座占いも大きなお世話だ。
ラッキーアイテムのオムライス食って幸せになるわけなかろう。
(血糖値が上がって幸せな気分になるだけだ)

初回の話で最後の印鑑がなかったら、
また聞いてもらっていたかもしれない。
2回、3回と話を聞いてもらっての後だったら
冷静に判断できたかどうかは分からない。

何れにしても、そっちの価値観に乏しいことが幸いだった。

心が弱っている人の操縦というか洗脳って
こうするのかってことが見えたのは収穫だったし、
すがる気持ちからは生まれるものはないことも再確認できた。

結局は自分が決め、自分で動くことだと思った。
その時決めたことは今の変わらない。

変な意味で良い人を紹介してもらって良かったなと思った
もうすぐ30歳の冬だった。

カテゴリー: , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アドバイスとか、ゴジラとか。

ソトヤマコーチ
IMG_4930
酒飲みのイメージが強いソトヤマコーチだが、実はその通りだ。

たまに二人で飲む。
酔っ払いながら、あれこれ話す。

よく説教される。
酔っ払ってるけど、中身は的を射ている。
いつも的確なアドバイスありがとうございます。

ちなみに次の日、本人は何言ったか覚えてない。
忘れたふりかもしれないけど。

 

さて、丸の内付近。
IMG_5014
とある方と待ち合わせの店を探して彷徨う。

この辺りはまともにGPSを拾わない。
高層ビルだらけだからなんだろうな。
とても不便。

途中、こんな一角が。
IMG_5003
工事現場の壁一面にゴジラ。

いや、懐かしい。

この年代は記憶にない。
IMG_5012

ギリギリこのへんから記憶あり。
IMG_5011

懐かしい。
IMG_5009

IMG_5008
小学生の夏休みの定番だったよね。

で、あれもこれもでカオスな頃。
IMG_5007

IMG_5006

IMG_5005
みんな揃えばいいってもんじゃないって思ってた。

 

このあたりから社会的なメッセージ色が。
IMG_5004

さらに宇宙的なものが絡んでくる。
IMG_5002

IMG_5001

で、キングギドラ。
IMG_4999
敵役だけど、カッコよかった。
ヤマタノオロチモチーフなのかな。

これはリメークなのかな。
IMG_4998

IMG_4997

こうしてみるとゴジラって日本文化の象徴のひとつかも。
でも実はワタクシ、東映派じゃなくて、大映のガメラ派だった。

今にして思えば、ガメラの敵役のギロンとかバイラスとか、
無茶苦茶なキャラクターだったなぁ。
それでも、夢中になって見てたっけ。
昭和だね。

カテゴリー: 仕事, 仲間, 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

コラボとか、NEW PROSTAFF試打とか。

リーバイスショップ
IMG_4597
やっぱり基本だよね、リーバイス。

でも最近はこんなコラボもしてるのね。
IMG_4598
小学校の頃、メッチャ流行ったっけ。
TVでもやってたなぁ。

チャーリーブラウンのダメっぷりが妙に共感できたっけ。
懐かしい。

 

さて、某日のレックインドアテニススクール上石神井はウイルソン一色。
IMG_6459
契約コーチが集まってのミーティング&試打会のためだ。

今回の目玉は当然これ。
IMG_6454

フェデラーの復帰、そしていきなり優勝、さらにはランキング1位に返り咲きという、
これ以上ないタイミングで発表された、新しいプロスタッフだ。

それにしても、ウイルソンもフェデラーも「持ってる」って感じ。
こんなタイムリーなことってあるのだろうか。

ということで、2部制で開催されたコーチミーティング。
IMG_6458
ワタクシは契約コーチではないので、外からそっと聞かせていただいた。

レックからは武田コーチや深田コーチ、西川コーチが参加。
試打をした多くのコーチたちにもかなりの好評価なプロスタッフ。

 

入れ替えの時間にワタクシも試打させてもらった。
IMG_6455

すでに完成形のプロスタッフ。
これ以上、どこをいじるのだとウイルソンも思っていたそうだが、
フェデラーの要求はさらにシビアで、それに応えたのが今回のモデルだそうだ。

具体的にはフェイス部分のフレックスをほんの少しだけ落とした。
つまり柔らかくしたんだとか。

これによって、フェデラーの大きな武器である、
回り込んでの逆クロスの威力がさらに増したそうだ。

ハードスペックのPROSTAFF RFから、女性にもおすすめのPROSTAFF 97Lまで
2世代のPUROSTAFFを打ち比べてみた。

IMG_6497

IMG_6495

IMG_6486

IMG_6485

IMG_6484

IMG_6476

なるほど、極端な打球感の変化はさせずに、
さらにパワーアシストが効いている。

このあたりの適度な進化度合いはウイルソンの得意技。
劇的にフィーリングを変えないから、ユーザーが他機種に移ることはない。
しかし、しっかり進化しているので乗り換えずにはいられない。
結果的に新製品へのシフトが促進される。
うまい戦略だなぁと思う。

結論から言うと、PROSTAFFはPROSTAFFだ。
紛れもなく、数々の名選手を支えてきたウイルソンの名品、
そして今はフェデラーの腕の延長である。

RFは簡単なラケットではない。
97を標準に、そこから自分の振れるものを選べば良いと思う。
Lなどは、PROSTAFFの感触そのままに女性にもオススメだ。

ラケットが勝手にボールを飛ばしてはくれないが、
自らの意思をボールに伝えたい方には最高の1本だと思う。

最後にコーチたちとダブルスをしてみた。
IMG_6499

最後のポイントはワタクシのバックハンドスマッシュで勝利。
一瞬、ウインブルドンのフェデラーが頭に浮かんだ1本だった。

やはりPROSTAFFはPROSRAFFだ。
名品とはそういうものなのだろう。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

マックスとか、傷とか。

ナイキショップ
IMG_4602
エアマックス、復刻してるのか。

今さらな気もするが、売れてるのか?
かく言う自分も今もエアマックス持ってる。
もったいなくてほとんど履いてないけど。

 

さて、某日夜。
仕事を終え、湾岸道路を千葉方面へ。

「今日も遅くなっちまったぜ」と思いながら運転。
まあでも、車だとお酒の付き合いがないから楽かも。
なんてことを思いながら走っていたら・・・

ビシッ!と、なにやら小さく鋭い衝撃と異音。
ああ、飛び石に当たっちゃったかもと思いつつ、
次の日の昼間にフロントウインドウを確認。

IMG_5088
(映りにくいので裏にクッションあてた)

ああ、やっぱり傷ついてる。
大きくはないけど、小さくもない。
ここから広がっていったらヤダなぁ。

調べてみたら、季節の温度変化で、小さな傷から
全体にダメージが広がる場合もあるらしい。
傷の場所によっては、車検を通りない場合もあるとか。
視界を妨げるってことなんだろうな。

とりあえず保険会社に相談することに。

「飛び石の破損は保険がおります。
次の等級も変わらないので修理した方がいいですよ」
と担当者。

ウインドウ交換も修理もそれなりお金がかかりそう。
保険で直るならそれに越したことはない。

後日、保険会社から電話。

「ウインドウ修理は保険がおりますが、次年度の等級は下がります」

「等級は変わらないと聞いたのですが」

「制度が改正になって等級が下がるのです」

「金額にしてどれくらい変わりますか_?」

「年間10万円くらいでしょうか」

話が違う!そして高い!
だったら保険なんか使わないで、自分で修理に出すわ。

担当者が電話くれた。
昨年から等級が下がるように変更になったのを忘れていたそうだ。
ちょっとがっかり。

で、ウインドウリペア業者を探してみる。
うーん、修理ってけっこう高いのね。

それにしても、どこの修理業者もHPに明確な金額を書かないのだろう。
競合対策なのかな。
利用者にとっては不便このうえない。

結局、自分で修理に出すも、保険で直して次年度等級をあげるも
どっちもどっちということに。
何にしても、万札が吹っ飛ぶわけだ。

どうしたものか。
こうなりゃ、自分で直すか。
それはそれで良い経験だけど。

はあ、またひとつ心配事が・・・。

カテゴリー: クルマ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

丸井とか、異変とか。

丸井
IMG_4604
もう何年も行っていない。

大学生の頃は定番だった。
お金なくても洋服買えるなんて、なんて素敵なシステム。
おかげで4年間、丸井の分割払いが途絶えることはなかったっけ。

 

さて、Cooさんの様子がおかしい。
IMG_6532

元気がないし、何よりゴハンを食べない。
あれだけ「ゴハン」の言葉に反応していたのに、
ドッグフードを目の前にしても食べないのだ。

ドッグフードを手でつまんであげると
口には入れるが吐き出してしまう。
これは由々しき事態である。

検索してみたら、ドッグフードの味に飽きたか、
気分か病気かワガママらしい。
って、これじゃ全然分からない。

犬って2〜3日食べなくても大丈夫らしいので、
お腹が空くまで様子を見ることにした。

散歩ではそこそこ元気だ。
IMG_6383

ただ問題がひとつ。

道路をペロペロ舐める。
雨水の水たまりや噴水の水を舐める。

喉が渇いているのか。
そういえば、ケージの水も減っていない。

ためしにペットボトルの水をあげたらゴクゴク飲む。
もしかしてと、家に戻ってお皿に水をいれてあげたら
やはりゴクゴクと水を飲む。

そういえば、ケージの水やりが壊れて変えたのが数日前。
何かが変わって、飲みたくなくなったのか。

水をたくさん飲んだら元気になった。
脱水気味だったのかもしれない。

ゴハンも食べた。
ただ、こちらからあげないと水は飲まない。
ケージの水やりを外して手で持つと飲む。

中で水を飲まないことにしたのか?
しかし留守番もあるし、これでは困る。

ひとまず元気になったのはいいけど、
自分で水を飲むようにならないとね。

ということで、ノズルタイプの水やりから
お皿タイプに変更することに。

今は普通に元気だけど、Cooさんもそれなりに歳だし、
色々と変わってくるのかな。
IMG_6553
定位置でまったりしている図。

いつまでも元気でいてほしいぞ。
IMG_6556
15歳児とシンクロしている図。

カテゴリー: ファミリー, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

剣道とか、ソックスとか。

某所にて。
IMG_4982

剣道の防具屋さん。
IMG_4983
剣道人口ってどれくらいなのだろう。

そういえば、ワタクシも小学校低学年の頃にやっていた。
竹刀も防具もひと通り持ってた。

叩かれると痛いし(防具してても痛いのよ)、
寒いと手足冷たくて痛いし、防具臭いし、
1年続かなかったんじゃないかな。

ホント、向かなかった。
ゴメンなさい。

 

さて、ソックスを買った。
IMG_4446
SRIXONの3足セット。

3足セットのソックスって、けっこうペラペラなものが多いが、
このSRIXONのソックスはまあまあ厚手でクッション性も吸湿性も良さそう。
これお買い得かもってことで、15歳児の分も買った。

ここで問題発生。
IMG_4447
それぞれ誰のものか区別がつかない。

以前は長男もテニスをしていたので、3パック買って、
それぞれの一人1デザインで分けていたのだけど、
今は15歳児とワタクシで分けなければいけない。

実はTeam RECのTシャツとか同じデザインのウェアも多くて、
しかもサイズも同じになってきている。
(ワタクシ、寄る年波で少し背が縮んだし。涙)

妻からは、「洗濯後の仕分けができない」とクレーム。
そりゃそうだ。

「タグに名前書いていい?」と言われたが、
小学生みたいでそれは嫌だ。

で、苦肉の策。
IMG_4449

IMG_4451
マジックで印をつけた。

×がついてるのが、ワタクシのソックスだ。
IMG_4448

うーん、カッコ悪いぜ。
まあでも仕方ない。
奥様、これでいいですか?

 

カテゴリー: テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。