カテゴリー別アーカイブ: 街歩き

カフェとか、ミニバンとか。

メーカーさんと打ち合わせ。
互いに時間が取れず、外で落ち合う。

適当な店がなくて、カフェに。
IMG_6717-1
オシャレなカフェオレだ。
オジサンふたりで入る店じゃないな。(苦笑)

商談はちゃんとしました。
念のため。

 

さて、近所のお祭りにて。
IMG_5035
メルセデスVクラス。

昔のVクラスはバンて感じであまり好きじゃなかったけど、
今のVクラスはすごく洗練されていてかっこいい。

内装もザ・メルセデスな感じ。
IMG_5037
マウスみたいなナビのコントローラー、
イマイチよく分かんないんだよねぇ。

最近のメーターはほぼ液晶なのね。
IMG_5039
うざいくらいに親切だし。

収納が多いのもVならではかな。
IMG_5040

そういえば、20代の頃、なぜかワンボックスが欲しい時期があった。
ちなみに当時は、ミニバンという言い方はなくて、ワンボックスカーだった。

代表的なモデルは、トヨタ・ライトエースとかマスターエースとかだったかな。
ただこの頃のトヨタ系のワンボックスはファミリー感プンンプンでちょっと・・。

欲しかったのは、デリカ・スペースギアだった。
そういえば、スペースギアは実家で乗っていた時期があった。

キャプテンシートのハイグレード装備で快適だったっけ。
父親が運転してくれるから、後部座席で踏ん反り返ってればよかったし。

数年前に両親がスキーに行ったとき、
雪壁に突っ込んで大横転、廃車になったって言ってた。
スキーに行くのも若いけど、雪に突っ込んで大横転てのも若すぎるぞ。
でも確かにデリカは腰高だから、横転しそうだよね。

あと、バス釣り始めた頃はシボレー・アストロが欲しかった。
でも、かなり壊れるって話も聞いていたし、
やたら壊れる車を維持するのは精神的にも財政的にきついってことでパス。

さらには、フォルクルワーゲン・バナゴンなんかもよかった。
ウェストファリアキャンパーだったら文句なし。
釣りに行っても寝られるし、中で仕事もできる。

結局のところ、ワンボックスタイプというか、
ミニバン系を所有したことはない。

バスボートを牽引することになって、
ランドクルーザー一択みたいになっちゃったし。
IMG_0726

ミニバンタイプもいいなぁと思うこともあるが、
冷静に考えるとクルマに4人乗ることってほとんど無くなった。

家族が揃ってなんてのは正月くらいだし、
あとはTeam RECでの遠征時くらいだ。

って考えると、ボートが無ければ小さいクルマでじゅうぶんてことかも。
妻も「FIAT500みたいなクルマに乗りたいなぁ」って言ってるし。
次のクルマがあるとすれば、そういうことになるのかも。

ところでVクラスっていくらするの?

550万円〜846万円だって。
メルセデスにしてはそんなに高くないのね。

って、絶対買えないわ。
見て楽しむクルマだな。(なんだそれ)

カテゴリー: クルマ, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

温泉とか、試打選定会とか。

近所の海岸沿いに何やらタワーが。
IMG_9095
掘削機?
風の噂に温泉を掘っていると聞いた。

ランニングの途中、近寄ってみる。
IMG_9292

おお、動いてる。
IMG_9294
目の前は海だし、ここから出るお湯はしょっぱくないのか?

「SPAができるらしい」って話だけど、どんなグレードの施設なんだろう。
大江戸温泉物語みたいなのも、街の雰囲気的には微妙だけど、
あんまり高級路線だと気軽に行けないし、
リーズナブルなアーバンリゾート風にして欲しいぞ。
まったく計画知らんけど。

 

さて、先日のこと。

レックインドアテニスクール上石神井にレックコーチングスタッフと
テニスメーカーさんが大集合。

11月からのラケット&ストリングキャンペーンに向け、
各社の新製品、主力商品の試打会が開催された。

ウイルソンさん
IMG_9367
まだちょいと出せないモデルもあってモザイク加工。

相変わらず攻めのウイルソンさん。
かなり良かったです。

もうすぐ情報解禁。
ご期待ください。

ブリヂストンさん
IMG_9373

今回はテクニファイバーに注力か。
IMG_9374
普通にとても良いのが、テクニファイバーのすごいところ。
クセがなくとても扱いやすい。

ヨネックスさん
IMG_9368

大坂なおみ選手のEZONEもいいけど、今年はこれでしょ!
IMG_9369
VCORE、かなり良いです。
スピンが半端ない。

ダンロップさん
IMG_9378
このところ、レックテニススクール内で大躍進のダンロップ&バボラ。

今回はDUNLOP CXシリーズの発売にドンピシャ。
IMG_9436

もちろん、バボラのピュアアエロ、ピュアドライブも全ラインアップをご用意。

ヘッドさん
IMG_9379
担当が変わったと思ったら、帰ってきたのか?コバヤシさん。

今回はエクストリーム。
IMG_9442
これ、前にも書いたけど、ホントに良い。
個人的にもとても気に入ったシリーズ。
写真は「S」だけど、男性には「MP」をオススメしたい。

プリンスさん
IMG_9381

TOUR100シリーズがオススメなんだけど、
安定のエンブレム107もかなり良い。
パワーとコントロールのバランスが欲しい方はぜひ試打を。

個人的にはこれがハマった。
IMG_9410
95平方インチのボックスフレームだけど、
とにかく打っていて気持ちが良い。

ああ、オレってやっぱりこういうのが好きなんだなぁと再確認。
ボックスフレーム好きなアナタ。
これは絶対に打ってみるべし!

ということで、今回も各社とも力作ぞろい。
コーチたちもどれをオススメするか迷うんじゃないかってほどの
スペシャルラインナップである。

11月10日からレック全校で試打開始。
購入するしないは別として、ぜひ体感を!

カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, ランニング, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

行列とか、BabolaT PUREAEROインプレとか。

早朝ウォーキングの明治通り。
IMG_9092
すごい行列。

先頭は・・
IMG_9093
シューズショップらしい。
ナイキの何かが発売になるのかな。

転売屋もたくさん並んでいるんだろうね。
あれはダメだと思うよ、ホント。

 

さて、今年は黄色なのか?

HEAD EXTREMEに先駆けて発売になった黄色いラケットがこれ。
IMG_8022
やっぱり黄色はコート映えするね。

BabolaT PUREAERO
IMG_8016

■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:23-261mm
■ウエイト:300g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:320 mm
■グリップサイズ:1・2・3・4
■価格:34,000円

ピュアドライブと並ぶバボラの2枚看板、
ナダルの片腕、言わずと知れたPUREAEROである。

いわゆる黄金スペックのこのモデル。
ピュアドライブとはうまい具合に味付けが分かれていて、
それぞれに根強いファンを持つモデルだ。

前回モデルのPUREAEROは、フレーム形状も含めかなりの部分をチェンジした。
結果、パワーは出たがフィーリング的にかなり硬質に進化。
しなり感とスピンを求めていたPUREAEROファンには
大きな違和感と戸惑いがあったとか。
実際、ニューモデルへのスイッチが遅れる選手も多かったという、
賛否両論の前PUREAEROというのが正直なところ。

今回のモデルはどう変わっているのか。
さらに硬く?以前に寄せた?
興味津々だ。

このシャフトからフェイスにかけての
独特な形状がまさしくPUREAERO。
IMG_8017

IMG_8018

IMG_8019

IMG_8020

今回はより快適な振動吸収を求め、
コアテックスはフェイスの9時・3時方向に設置。
これまではグリップ内部やグリップ上部だったり、
PUREDRIVE ではシャフトに搭載されていることを考えても
ラケット特性を突き詰めてのセッティングであることがわかる。

打ってみた。

コーチたちの練習に混ぜてもらう。
サービス〜クロスラリーのドリル。

ゲッ!飛ぶ!

記念すべき1球目は思い切りフォルトだった。
しかもベースライン付近まで。

そして打球衝撃が少ない。
簡単に言うとソフト。
本当に味付けが変わっている。

実はこれまであまりPUREAEROを使い込んだことはないのだが、
AEROPRODRIVEと比較すると確かにPUREAEROは硬く感じた。
攻撃力が増したという考え方もあるが、
あの感触が好きなユーザーには違和感だったろう。

その違和感は完全に払拭されたと思う。
と言っても先祖返りしたわけでもなく、
適度なソフト感と飛びの良さ、そしてスピン性能はもちろん進化している。

思い切り吹っ飛んでしまったサービスを調整しながら、
スピン量を変えたりしてストロークへ。

やはりスピンに関しては一級品だ。
自然にスピンがかかる。

スピン性能が良いということは、
スピンを意識して無理に振らなくて良いといいうこと。
無理をしないということはプレーヤーの余裕、安心感につながる。

高い弾道のムーンボールもしっかり深くコートに収まる。
特筆すべきは短い起動で鋭く落ちるトップスピン。
意識的にスピン量を増やせば、ヘビースピンがかかって
一気に落ちるスピンが生まれる。
これはパッシングショットやアングルショットに恩恵大である。

そしてスライスも乗りが良い。
カツッと一瞬掴んで、グイっと乗って、シューと出て行く。(長島か!)
糸を引くような軌道がたまらないスライスが打てる。
この感覚、ゴリゴリのトップスピナーの若手だけでなく、
バックハンドをスライスで展開するベテランプレーヤーにもオススメだ。

とにかく安心して振れるのは大きなアドバンテージ。
回転を駆使してこその安定感、
そしてここぞという場面で振り切れる信頼感を兼ね備えていると思う。

ネットプレーは少しだるいのかなと思ったがそんなことはなかった。
掴み感がコントロールに良い影響を与えている。
決してボールの打ち出し、キレが悪いということもない。

試打してみて、かなりオールラウンドなラケットだと思った。
フレーム形状やナダル使用機ということで、
一方に特徴的なラケット思いきや、実はそうでもない。

デザインや先入観を取っ払って打ってみれば
オールラウンドに頼れる1本だというこがわかるだろう。

このシリーズ、軽量版のLITEやTEAMもあるので
女性プレーヤーにもじゅうぶん対応できると思う。

特に、TEAMは285gと絶妙なスペックなので、
300gはちょっとという方はぜひお試しいただきたい。
オススメです。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

看板とか、ジャパンオープン スナップその2とか。

ウォーキングコースの渋谷界隈。
IMG_9107
この店の前を通るたびに、申し訳ないって気持ちになる。
ホントすみませんね。

 

さて、もう日本のテニスシーンは全日本選手権に向いているが、
楽天ジャパンオープンのスナップその2など。

コートサイドに見慣れないボックスが。
DSC_7401

DSC_7390

DSC_7391

位置的にラインを検知しているのだろうと思っていたが、
やはりチャレンジシステムだった。

いつものシステムはCGだが、これは映像判定タイプ。
DSC_7400
右画面のスーパースローが左画面の判定に反映される。

サイドラインはネットにカメラがある。
DSC_7394

チャレンジシステムってこういうタイプもあるのね。
ちなみにこれまでのシステムにはソニーも関わっていたと聞いた。
まあ、一社独占じゃないのはいいことだ。
DSC_7922
これがメーカー名なのかな。

外に出てみた。
IMG_8979

新しくてきれいだなぁ。
IMG_8980

ステーキ丼。
IMG_8983
安くはない。
買ってないけど。
ちなみにテニスといえばの定番、ケバブも出ていた。

すごい人だかり。
IMG_8984

錦織圭登場。
IMG_8991
この日、試合は無かったが、こういう仕事もあるのね。
大変だな。

振り向くと、横にマイケルチャンが。
IMG_8988
サインか一緒に写真を撮りたかったが、
すぐに行ってしまった。
残念。

物販ブース。
フィラは問屋さんが担当していた。
IMG_8997

ミズノさん。
IMG_8998

ラケットが飾ってあった。
IMG_8999

レンドルプロも懐かしいが、ブラックジャックも懐かしい。
IMG_9002
高校生の時、アラキくんが使ってた。
あの頃はまだオープンスロートじゃないウッドだったけ。

バボラさん
IMG_9003
時間がなくて寄れなかった。

ヨネックさん。
IMG_9005
全豪オープンのオフィシャルになったりと、
最近はグローバル戦略強化路線のヨネックスさん。

大坂なおみの全米優勝はヨネックスさんにとっても大快挙。
IMG_9004

オープンカフェ。
IMG_9006

ほとんど人がいなかった。
IMG_9007

IMG_9008
ちょっと寂しい。
グランドスラムだと人で溢れてるんだけどなぁ。

コート2面進行の今年の楽天ジャパンオープン。
ちょっと遠いけど、ここも悪くないなぁと思った次第。
来年はリニューアルした有明かぁ。
それも楽しみだ。

カテゴリー: テニス, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

壊れた?とか、朝タコとか。

SURFACEPROを立ち上げたら見たこともないような色調に。
IMG_8088
しかもフリーズして動かない。
かなり焦る。
何とか再起動。

何事もなかったかのように正常に立ち上がった。
何だったのだ?

ほとんど自席にいないので、
モバイルPCがないと仕事が進まないのだ。
頼りにしてるよ。
頼むぜ。

 

さて、デ杯・大阪の最終日。
ホテルをチェクアウトし、向かった先は。
IMG_8441
道頓堀だ。

若い(?)二人が「たこ焼き食べに行きましょう」というので
連行され・・いや付き合った。

下調べは済んでいるらしく、目当ての店へ一直線。
IMG_8432

本当に道頓堀沿いのこの店。
IMG_8433
けっこう人が並んでいるけど、有名店なのかな。

もしかしてこの時間からやってる店が少ないだけって話も。
IMG_8435

オーダーをし、出来上がりを持つ。
IMG_8434

お客さんも店員さんも日本語じゃない人が多い。
IMG_8437

タコ焼きってもはや国境を越えているのだろうか。
IMG_8438

しょうゆ味、ソース味、塩味(だったっけ?)の3種類のたこ焼き。
IMG_8440

朝からすみませんの図。
IMG_8439
試合も勝負ついてるからいいよね。(言い訳)

うーん、美味い。
そもそも、マズイたこ焼きって食べたことないけど。

道頓堀から会場へ向かう。
IMG_8442
昼前なのにすごい人出。

IMG_8443
看板の派手さと相まって、大阪パワーに酔いそうになった
たこ焼きの朝ごはんだった。

カテゴリー: PC, テニス, デ杯, 仲間, , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カフェとか、ホテルとか。

近所のハワイアンカフェ。
IMG_8105

ちょっと歩いて、コーヒーを飲んで、たまにパンケーキ。
IMG_8106

IMG_8107
仕事が詰まっている休日の気分転換に良い。
ただしカロリーは高めなので注意が必要。

 

さて、先日のデ杯応援で泊まった大阪のホテル。
IMG_8254

はじめて宿泊するホテル。
IMG_8423
チェーンではないのかな。

ベッドは広め。
IMG_8220
マットレスは柔らかめ。
もう少し硬くて良いかも。

TVは壁掛け式。
IMG_8221
このタイプだとテーブル上で場所を取らないので助かる。
そういえば、最近は空気清浄機がついているホテルが増えた。

ユニットバス側でなく、部屋側にドレッサーとシンクがある。
IMG_8223
最近はこのタイプ多いのかな。

バスルームはとてもおしゃれなつくり。
IMG_8226
おしゃれ過ぎてちょっと使いづらい。
シャワーヘッドが細過ぎる。
ここは機能優先で良いかなぁ。
ちなみにトイレはとてもキレイ。

ワーキングデスクは広め。
IMG_8222
椅子の高さもちょうど良い。
コンセントも2口あって、充電&PC同時使用OKで使いやすい。
ホテルはこのスペースがとても大事。

あと大事なのはここ。
IMG_8256
ベッドのヘッドボード部分にコンセントが2口。
目覚ましがわりに携帯を使う人にも便利。
ワタクシは目覚まし無しで起きられるけど。

電気系のスイッチも集中しているのもGood。

アメニティ、備品も充実。
IMG_8234
ドライヤーがおしゃれな袋に入っている。
パワーもじゅうぶんでストレス無しだ。

無料スマホも置いてあった。
IMG_8235
使わなかったけど。

そしてとても重宝するのがコーヒー無料サービス。
IMG_8425
毎朝、仕事をしつつのコーヒータイムがルーティンなワタクシ。
いつも3杯はお世話になっていた。

この無料コーヒーコーナーがあるホテル、最近多い。
ポイント高しである。

最近、こういう感じのおしゃれなホテルが増えた。
チェーンのいかにもビジネスユースなホテルだと味気ないけど、
こういうところにだと疲れ方が違うような気がする。

ホテルコルディア大阪、おすすめです。

カテゴリー: デ杯, 仕事, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

つかまったとか、祇園ナイトとか。

大阪ナイト。

ホテルに戻ると、お誘いが。
IMG_8407
よく飲み、よく食べ、よく遊ぶ人たち。
もう若くないワタクシはついていけない。

と言いながら、12時過ぎまで飲んだっけ?
もはや時間の記憶も・・

 

さて、そんな悪い人たちにつかまる前、
ワタクシは大事な友人と再会していた。

昔の仕事仲間。
今は大阪で会社を営むハセガワくんだ。

大変な時も、しんどい時も、辛い時も一緒に頑張った。
って、辛いことばっかりかいっ!
一緒に喜んだこともたくさんあったよね。(ってことで)

愛車でホテルに迎えにきてもらう。

IMG_8365

「お待たせしました。では、まいりましょう」
と高速に乗り、一路東へ。
IMG_8367

IMG_8368

ついたのは・・・
IMG_8370

IMG_8371
京都である。
大阪から1時間くらいで行ける距離なのね。

そして祇園。
IMG_8381

IMG_8384
なんかとてもいい雰囲気だぞ。
The京都って感じ。

「ここ予約しておきました。
ホントは川床にお連れしたかったんですけど、どこもいっぱいで」
IMG_8386
いや、じゅうぶんです。
気使わせて申し訳ない。

2階の部屋に通される。
IMG_8392

窓から路地を見下ろせば、これまた雰囲気満点。
IMG_8387

美味しい食事とワインを楽しんだ。
IMG_8388

 

お店の方に「軽く飲める店紹介してください」と頼むと連れて行ってくれた。
IMG_8399

いい感じの店。
IMG_8400

オープンしてまだ間もないそうだ。
IMG_8402

IMG_8403

京都って他では味わえない空気がある。
外国の方がとても多いけど、しらない日本て感じ。

ノンアルコールで案内してくれたハセガワくん、本当にありがとう。
東京に来る時は連絡してね、

いやぁ、とても良い夜だった。
ホテルに戻ってつかまるまでは・・・。

カテゴリー: 仕事, 仲間, , 街歩き, , 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ステッチとか、DUNLOP ニューCXシリーズ試打!とか。

リーバイスショップにて。
IMG_8087
バックポケットにアーキュエストステッチが入っていないモデルもあるのね。
「こんなのリーバイスじゃないっ!」と言いたくなるのは、
私が古い人ってことなのか?

いや、アーキュエストステッチあってのリーバイスでしょ、やっぱり。

 

さて、ダンロップさんの方針説明発表会の後は
となりの高輪テニスセンターに場所を移しての試打会である。

先週に引き続き、メッチャお高いプライベートコートに入る。

おっ、貴男さん。
IMG_8794
こういう時は看板選手の鈴木貴男プロなのね、うんうん。

で発表された4機種。

CX200
IMG_8796

cx200
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:21.5 mm
■ウエイト:305g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:315 mm
■グリップサイズ:2・3
■価格:33,000円

 

CX200 TOUR
IMG_8832

cx200tour
■フェイスサイズ:95平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:20.5 mm
■ウエイト:310g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:315mm
■グリップサイズ:2・3
■価格:34,000円

 

CX200LS
IMG_8824

cx200ls
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:21.5 mm
■ウエイト:280g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:325mm
■グリップサイズ:1・2・3
■価格:33,000円

 

CX400
IMG_8811

cx400
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0 インチ
■フレーム厚:21.5 mm
■ウエイト:280g
■ストリングパターン:16×19
■バランス:325mm
■グリップサイズ:1・2・3
■価格:33,000円

これまでのCXシリーズの2.0 4.0などの名称が、200、400に変わった。
頭の数字を目安にしてもらえればわかりやすいと思う。

若干剛性を落とし、スイートスポットを広げたそうだ。
デザイン的にはDUNLOPのステンシルから延長された場所に
カラーアクセントを持ってきた。
最近、多いよね、これ系のデザイン。

球出し、ラリーで試打。
確かに少し柔らかくなっている・・・のかな。
前モデルがけっこうカンカンだったから、
そういう意味では扱いやすくなっているのかもしれない。

ただ、つや消しブラックがプレステージっぽくて
硬めの先入観が拭いきれなくてちょっと苦労した。

何にしても、200シリーズはツアーモデルだから
それなりの覚悟でしっかり打つべしのラケットだ。

CX400はかなりオールラウンダーかな。
打ってよし、スライスよしで心地よさは前モデルを継承している。

IMG_8844
次の日、電話で鈴木プロと感想をあれこれ。
それなりに似た感想なのは良かったというか、嬉しかったというか。

鈴木プロも当然この新シリーズにスイッチするそう。
おそらくネーム入りの特注モデルなのだろけど。

ちなみに鈴木プロのスペックはフレームはかなり重め(390g)、
バランスはトップライト、グリップはエンドキャップを太くしたオリジナル加工、
ストリングはナチュラルをローテンション(44lbsだったかな)で張り上げ。

普通の人が使うようなスペックではない。
何度かお借りして使ってみたが、バランスのせいなのか、
短時間打つぶんには、鈴木プロになった気分でスライスが打てる。(ホントか?)
しかし、30分も使うと腕がパンパンになるんじゃないだろうか。

話が逸れた。

今回のCXシリーズ。
まず、デザインがカッコいいし、
(若干)扱いやすくなったツアーシリーズってことで
期待大の新製品である。

あ、そうそう、ブランド的には、DINLOPはラケットブランド名、
SRIXONは「POWERED BY SRIXON」という形になるそうである。
JAPANスペックのモデルにはSRIXONがサブブランドでつくのかな。
うーん、いまだによくわかっていない。

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ライオンズとか、城ランとか。

レックインドアテニススクール上石神井へ。
西武線を待つ。

おっ!ライオンズ列車。
IMG_8774

シートもライオンズだ。
IMG_8775
グループ会社ならではだなぁ。

実は千葉も京葉線沿いにプロスポーツチームが目白押し。
KEIYO TEAM 6
やっぱりスポーツは地域と一緒に盛り上がれるのがいいね。

そしてナショナルチームは国全体でね。
デ杯もフェドも次の勝負は2月。
がんばれ!

 

さて、朝ランは旅先の楽しみのひとつ。
いつものように5時に起きて、メールチェックやらあれこれ仕事を片付けて走りに出る。

大阪2日目の朝。
天気が心配だったが、なんとか大丈夫そうってことでランニングへ。
せっかくの大阪なのでお城方面へ行くことに。

北浜通り(だっけ?)をひた走る。
IMG_8305

IMG_8306

城っぽい雰囲気が漂い始めた。
IMG_8307

お堀沿いに中へ。
IMG_8311
なんだこの船。
金色のエンジンついてるけど。

遊覧船のようだ。
IMG_8315
楽しそう。

天守閣方面へ。
IMG_8312

着いた。
IMG_8316
会津城とはまた違った趣。

タイムカプセルだって。
IMG_8317

ホテル方面へ戻る。
IMG_8318

街の雰囲気を味わいたいので、あえて街中の細い通りへ。
IMG_8322

IMG_8324

IMG_8323
いい感じだなぁ、このあたり。

御堂筋を超えて戻る。
IMG_8333
朝市だろうか。

それにしても大阪の街は走りやすい。
道路がキレイに交差しているから、
大体の方向へ行けば必ず目指すところへ着く。
東京じゃこうはいかない。

なんだかんだで10kmくらいかな。
いい汗かいた。

カテゴリー: スポーツ, テニス, デ杯, フェドカップ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

煙草とか、試打?とか。

某所にて。
IMG_7205
このタバコの看板、久しぶりに見た。

今、喫煙率ってどれくらいなんだろう。
きっと劇的に減ってるよね。
喫煙者の皆さんも肩身がせまいだろうな。

ワタクシ、煙草をやめて何年だろう。
もう10年経ったかな。
仄かな煙草の香りはOKだけど、臭いのは勘弁だ。

昔は赤ラークでも270円くらいだったけど、
今の煙草って高いのね。
喫煙者受難の時代だね。

 

さて、某日。
朝も早くからアメアスポーツ(ウイルソン)のNさんと合流。
朝からNさんんと合流となるとゴルフの匂いプンプンだが、
今回はそうではなく、東京方面に車を走らせる。

着いたのは高輪テニスセンター。
最近、行くこと多いな。

フロント前にはウイルソンスタッフさんがズラリ。
朝イチのプラオベートコートへいざ。

IMG_8516

実はこの日の主旨はよく分かっていない。
とにかくコートに来てほしいってことだった。

まあ、高輪テニスセンターに来てくれってことはテニスをするってこと。
メーカーさん絡みだから、多くはラケットの試打だったりする。

とにかく事前情報が少なすぎ。
聞けばほとんどのスタッフさんも詳しいことは知らないらしい。

それにしてもウイルソンのスタッフさんばかり。
他に呼ばれたのって・・・
IMG_8517
ラフィノのフッキー。
何やってんの?(笑)

結局、フッキーとワタクシだけらしい。
メッチャ高いこのプライベートコートを二人だけで使うなんて、
なんて贅沢な企画・・というか、妙なプレッシャーしか感じないんだけど。

ウイルソンの洗脳氏・・じゃない、伝道師 道場さんから
いよいよ今日のミッションが言い渡される。

と思ったら、やはり詳しい説明はない。
あるラケットを渡され、とにかく打ってください。
そして評価をしてほしいとのこと。

何でも世界で50人だけにこの日一斉に打ってもらって
何か決まるんだそうだ。

フラットな評価のために、フッキーとワタクシで
感想を言い合わないように会話も禁止されてしまった。
うーん、普段なら、あれこれ言いながら打つんだけどなぁ。

ちなみに機能もスペックも聞かされていない。
本当に自分の感触のみが頼り。

で、道場さんにインプレを伝える。
あまり細かな感想はいらないらしいが、あるラケットを
対抗機種というか似たフィーリングかなというと
道場さんが何度も頷いた。
どうやら正解に近かったようだ。

ということで、ハレある世界50人に選ばれた役割は
それなりに果たせたってことにしておこう。

試打が終わって、もういいだろってことで
フッキーと「どうだった?」と話をしたら、
ふたりともほぼ似たような評価だった。
良かった・・・的は外していないようだ。

そんなわけで、最後までよく分からないままの貴重な体験。
おそらく全容が分かるのはもう少し先らしい。
その時が来たら、この日の写真をアップしようと思う。

IMG_8520

ご用命ありがとうございました。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。