カテゴリー別アーカイブ: 街歩き

残念とか、サヨナラとか。

筑波フューチャーズ本戦に進んだ竹島プロ。
昨日、1回戦が行われた。

相手は仁木選手。
第1シードである。
結果は2-6 5-7で敗退。
DSC_09702
(写真は予選時)

残念。
スコアを見る限りは食い下がったみたいだけど。
今日は菊池玄吾プロとのペアでダブルスが組まれている。
相手は今井選手・上杉選手のペア。
勝とう!頑張れ!

 

さて、ずいぶん前のことのような気がするけど、
広島での最後の食事。
IMG_6916

やっぱり広島焼きでしょ。
IMG_6918
巨大な鉄板で豪快に焼き上げられる広島焼き。

その前にこれ。
IMG_6919
名前は忘れたけど美味しかった。

そしてメイン。
IMG_6923
結構な量。
やっと食べた。
満腹。

帰りは腹ごなしに広島駅まで歩くことに。
IMG_6927

IMG_6928

IMG_6929
路面電車と水と、雰囲気のある街だ。

サヨナラ、広島。
IMG_6931
ここ何年かは連続で来てたけど、
試合の予定も無いので、当分来ないかな。

カテゴリー: Team REC, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カレーとか、サスペンデドとか。

レックインドアテニススクール上石神井へ。

移動前に昼食。
初めて入った駅前のカレー屋。
IMG_6247
これにドリンクもついて680円。
安いし、美味い。

ジャパニーズじゃないカレーはナンが食べ放題らしい。
どうりで学生が多いわけだ。

ワタクシの前に前にはこの方。
IMG_6248
真顔で食べるなよ、コワイ。

最近、一緒のことが多い。
タイミング悪いのかな。(ウソです)

ミトミトカレー、オススメです。

 

さて、筑波フューチャーズ・MEIKEI OPEN2017、予選2回戦の朝。
窓の外を見ると予報通りの雨。

犬の散歩に出ると、風も冷たい。
そういえば気象予報士の森田さんも「真冬の寒さ」って言ってたな。

こりゃ、今日の予選は無さそう。
仕事も山積みだし、ゆっくり家でやるか。
って、「休日は落ち着いて仕事が出来るぜ」ってパターン、なんとかしないと。

竹島プロにメッセージ。

「降ってる?」

「降ってます。多分今日は無いです」

「だよね」

「ただ、まだ予定変更は出てないです」

「何かわかったら連絡して」

と、9時頃、メッセージ。

「筑波は雨が上がっているので、予定通りやるそうです」

ウソだろ、千葉は結構降ってるぞ。
雨雲レーダーをチェックすると、茨城の一部のみぽっかり雲が空いてる。
慌ててクルマを出して筑波へ。

会場に着くと、試合が始まったところ。
DSC_1147
間に合った。

昨日同様に淡々とポイントを重ねていく竹島プロ。
DSC_1174

相手のミスを誘いつつ、ファーストは6-1。
DSC_1139
今日も良いペースだ。

セカンドセットも変わらぬペースでラリーを支配する。
DSC_1200

決して無理せず、徐々にペースを奪う。
DSC_1306

そしてネットで仕留める。
DSC_1159
良いパターンだ。

セカンドセットは4-1。
DSC_1335
ここでとうとう雨が降ってきた。

しばらくはプレーしていたのだが、
ラインが滑り始めて中断、待機となった。

小一時間の中断の後、コートドライ。
IMG_6296

なんとか行けそうだ。
選手が続々とコートイン。
IMG_6298
が、しかしそこで再度の雨。
先ほどより降りも強い。

こりゃダメだなと見切り帰宅。
15時過ぎ、竹島プロから今日は中止の連絡。

今日でしっかり決めたかったけど、仕方ない。
明日勝ち切って予選決勝に臨もう。
頑張れ!

ということで、空けて月曜日。
冷たい雨がようやくあがって試合が行われた。

竹島プロがそのまま勝利。
予選決勝に駒を進めた。

決勝は長尾プロ。
日本リーグでは勝ったが、力は拮抗。
とにかく勝って本戦に行こう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カレーとか、モノとか。

Wさんが「一度行ってみて」とやたら勧めるカレー屋。
その存在は知ってはいたが、なかなか行けずにいたのだが、
先日ようやく行くことができた。

シロクマカレー
IMG_6073
代々木駅から千駄ヶ谷方面へ、明治通り沿いにある。

どうやらフランチャイズらしい。
安心の味なのかな。

7席ほどのカウンターのこじんまりた店内。
テイクアウトもやっているようだ。

最初なので、2種類が味わえるように
ハーフ&ハーフ(ビーフ&ポーク)にしてみた。
IMG_6068
トッピングにはメンチカツ。

カレー屋ってすぐに料理が出てくる印象があるのだが、若干時間が掛かった。
食べてみてわかった。
メンチがアツアツのサクサク。
オーダーが入ってから揚げているのだろうか。

辛さはまあ普通。
コクもあって美味しい。

Wさんオススメのデリシャスソースが目に入った。
IMG_6071
Wさんは「タップリめで!」と言っていたが、
彼の味覚は少々極端なので、少しずつかけて様子を見る。
いい感じに辛味が増してきた。

うん、なかなか美味い。
メンチ乗っけて830円。
安くはないけど、アリかな。
次は牛スジカレーを食べてみよう。

 

さて先日、RACKET STUDIOさんにお邪魔した。

ここはおもちゃ箱っていうか、宝箱みたいな場所。
この日もたくさんの懐かしいラケットを触り倒してきた。

Prince MMONO
IMG_6018
一時期、ジミーコナーズが使用していたモデル。

コナーズの使用で一世を風靡した・・かというとそうではない。
ウッドからカーボンへの移行期ならともかく、
普通のグラファイトモデル時代にこれはメジャーには・・ね。

ただ、このモノシャフトがインパクト大だったのは事実。
T2000を使い続けたコナーズのチョイスらしいなってモデル。
IMG_6019

そんなわけで、コナーズの印象以外無いラケット。
そして流通もさほど多くなかったのか、
知り合いで持っている人もおらず、
打ったことはない。
IMG_6020

新品なので、タグが付いていた。
IMG_6021

やっぱりコナーズありきのモデルなのね。
IMG_6022

それにしてもコナーズって人気あったなぁ。
ファイターだから、見ていてテンション上がるし。

あのフラットというか、スライス気味に
ネットすれすれに飛んでいくストロークは
本当に心臓に悪かったっていうか、
そのドキドキ感もたまらなかった。

ロディックのコーチをしていた時、
USオープンの会場で近くに座ってたけど、
すごい人だかりになってた。

アメリカでの人気は今もすごいらしい。
愛称は「JIMBO(ジンボー)」だっけ。
Jimmy Boyの略だって何かで読んだことがある。

大統領選にでも出てみればいいのに。
映画俳優も不動産王も大統領になるんだし、
テニスプレーヤー出身の大統領も見てみたい。

なんてことを思いながら、ラケット1本で、
何杯も白米が食べられるテニスバカである。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

70年代とか、散策とか。

1972年の作品なのね。

ということは、まだ小学4年生くらい。
井上陽水と吉田拓郎にハマり始めた頃。

洋楽を聴き始めるのはもう2年先くらい。
それもカーペンターズとビートルスから。

でもこの曲はなぜか心に残っている。
この映像もとてもいい。

ジージャンにベルボトム、ギターはMartinかな。
いいよね、70年代。

ああ、年取ったなぁ。

 

さて、もう随分前になってしまった気もするが、広島。

広島の朝は早い。
いや、自分が早いだけなんだけど。

ここ最近は試合遠征でテニスウェアとシューズの装備が多く、
そのまま朝ランに行けるパターンだったのだけど、
今回はスーツでの出張なのでウェアもシューズもない。

朝に体を動かさないのはどうにも気分が悪いってことで、
窓から見える山に登ることに。

前日リサーチしておいた情報によれば
歴史街道的な散歩コースになっているらしく、
歴史好きなワタクシには最適なコースだ。
IMG_6714

入り口は東照宮。
IMG_6707

いきなりの石段攻撃に息があがる。
IMG_6708

お参りをしつつ本殿横を抜け、裏手へ。
IMG_6711

IMG_6713

ここからが本番なのか。
さらに急な石段を登る。
IMG_6716
急だけど、石段だし、なんとか・・

さらに上へ。
IMG_6717
石段がラフになってきた。

そして急勾配、鳥居は続くけどほぼ山道。
IMG_6718

さこの先、スーツに革靴で行けるのか不安に。
IMG_6720

何度も転びそうになりながらさらに登る。
他に誰もいない。
これを散歩道というのか?
夏だったら間違いなく虫とか野生動物とか出るだろうな。

木の隙間から街を見下ろす。
IMG_6721
結構登った。
そして疲れた。

まだ頂上は遠そうだ。
あとどれくらいで到達なのかが分からないのが辛い。
時間も無くなってきたし、見上げればさらに険しい坂道。

仕方ない。
断念して下山。
下りはさらに怖い。

スーツに革靴なんて山をなめちゃいけませんと
神様に叱られているような気分に。

冬なのに汗だくだ。
運動にはなったけど、気分は中途半端。
明日またチャレンジしてみようか。

そんな広島二日目の朝。

カテゴリー: ギター, 仕事, 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

彦根とか、広島とか。

新幹線。
IMG_6663
米原付近は真っ白だった。
このあたりっていつも銀世界の印象。

そして彦根〜近江、この付近を通るたびに戦国時代が浮かぶ。
雪に足止めされる地勢要因は攻めに出るのも大変だけど、
守るにも良かったのかな。

信長、秀吉、浅井・・小谷城はもう少し北か。
いつかこのあたりを歩いてみたい。

 

さて、外を眺めながら物想いにふけっていたら、
隣の二人が何やら盛り上がっていた。
IMG_6667

車内販売で駅弁を買ったら、あまりの高額に驚いたらしい。
IMG_6666
聞いちゃった手前、引っ込みがつかなくなったとか。
「こんな弁当、めったに食べないので」と写真を撮るネジメコーチ。
たしかにいつものほか弁なら3つは買えるな。

そんなこんなで始まった広島出張。
ここ最近は試合での遠征が多かったが、今回は仕事。
久しぶりにスーツでの旅だ。

まずはホテルに入り、仕事環境を整える。
IMG_6675
PCよし、電源よし、Wi-Fi・・あれ、うまく繋がらない。

ホテルのWi-Fiって携帯はすぐ繋がるけど、
PCに繋がらないこと多いよね。
Windowsのセキュリティの問題なのかなぁ。
ポケットWi-Fiがあるからいいけど。

市内観光に出ている先発隊に合流。
広島平和公園へ。
IMG_6677

IMG_6681
資料館や公園内を見学。
大量破壊兵器の悲惨さをあらためて感じる。

夕食まで少し時間があるってことで、
街を散策しながら会場まで歩くことに。

先月、広島観光に来たというオカノコーチの案内で、
広島城を目指して歩き出すも、どうも方向が違う気が。

ケンスケコーチとネジメコーチに聞いてみる。
「こういう時、オカノコーチについていくのは正解なの?」
「いや、あり得ないっす。絶対について行っちゃいけない人です」
本人も「ボクについて来ちゃいけません」て、自信ありげに歩くなよ。

ケンスケコーチの案内で再出発。
無事に広島城へ。
IMG_6688

広島は3回目くらいだけど、広島城は初めて。
IMG_6686
意外と小ぢんまりしてるけど、来れて良かった。

10分ほど歩いて食事会場へ。
IMG_6689

広島と言えばの牡蠣づくし。
IMG_6692

IMG_6698

IMG_6701
さすがの美味さ。

大満足な無法者たち。
IMG_6696

お腹が膨らみすぎたので、ウォーキングしながらホテルへ。
IMG_6703

IMG_6704
こんなペースで食べてたら太るな、この出張。

自制しなきゃと思いつつ、寝酒を買ってしまった。
堪えろよ、オレ。
おやすみなさい。

カテゴリー: 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

春とか、メガネとか。

一昨日も強風が吹き荒れた。

気象予報士によれば、春一番、春二番、春三番、
そして春本番だとか。

昨日は雪がチラついたりと
行ったり来たりの天気。

しかし公園はもうこんなだ。
IMG_7032

こちらは近所のホテルの河津桜。
IMG_6964
この辺りで一番早く咲く。
提灯はイマイチだけど。

確実に春は近づいている。

 

さて、春といえば忘れ物だ。(そうか?)

なぜか最近、メガネが無くなっていく。
遠征やら出張が多いのもあるのか、
どこかに行くたびにメガネが壊れたり、無くしたり。

もともと数本を使いまわしてはいるのだが、
さすがに手持ちがあやしくなってきた。
少し前に作ったものは度数も合わなくなってきているしね。

妻からは「首から下げておいたら」と言われたが、
カッコ悪いし、首から何かを下げるのが苦手なのだ。

ということで、メガネ屋へ。

無くしてもダメージが少ないように
メガネはZOFFかJINSで買うことにしている。
今回は一番近いZOFFへ。
IMG_6628

以前のデータつくっても良いのだが、
せっかくなので新たに測定してもらった。
IMG_6629
やっぱり度は進んでいた。
一体どこまで行くのだろう。
若干不安も。

ということで、出来上がり。
IMG_7035
軽くてマスクに干渉しないこと、ソフト素材で折れないこと、
飽きのこないオーソドクスなタイプってことで選んだら、
全然面白くないフレームになってしまった。

まあ、ビジネス用だから面白くなていいか。
それにしても、これで1万円以下。
子供の頃って、確か3〜4万したよね。メガネ。
モノの値段て不思議だ。

今度は無くさないように気をつけよう。
飲んだ帰りも注意だ。
りんかい線の忘れ物保管所にワタクシのメガネ、何本あるんだろう。

カテゴリー: 街歩き, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ジーンズとか、データとか。

壁面に突き出たヘソ。
IMG_6296

正体はジーンズのリベットのオブジェ。
リーバイスショップの店頭である。
IMG_6295

ワタクシの年代はジーンズといえばリーバイス。
LeeやWranglerもいいけど、やっぱりリーバイスに戻る。

大学生の頃はイタカジが流行って、CLOSEDのPedal Pusherも履いたし、
アルマーニやカルバンクラインのデザイナージーンズも履いた。
ハリウッドランチマーケットのジーンズも良かったし、
バスフィッシングを始めてからは、エビスジーンズも履いた。

でも、今も履いてるのはリーバイス。
お気に入りは503BXXだ。

少しルーズなシルエット、ボタンフライ、隠しリベット、赤耳の
限定生産モデルなので、たぶんもう手に入らないけど、
数本持ってるから一生持つかな。

いい歳こいても履けるのがジーンズ。
そしてリーバイス。
って、勝手に思ってる。

ただしずっと履ける体型維持が前提。
とりあえず20年ものが履けてるワタクシ、エライぞ。

 

さて、先日のラケット選定会の夕方。
こんなマシンが持ち込まれ、測定会が行われた。
IMG_6288
ウイルソンさん所有のトラックマンである。

この機械、飛んでいくボールを追尾し、
軌道やスピード、回転などが細かく分析出来る。
IMG_6289

聞いた話だと、イージス艦に搭載されている
ロケット追尾システムと同じだとか。
軍用といえば、カーナビのGPSもそうだし、
民生機への汎用性も高いのね。

今回の目的は、ストリングのパターンの違いによる、
打球の変化を理解すること。

ナチュラルxポリ・ポリxナチュラル・ナイロンxポリ・ポリxナイロン

上記のパターン違いで打球し、データを採った。
IMG_6292

それぞれのパターンによるボールの打ち出し方向や回転の違い。
スイングスピードの違いによる適正パターンの違いは興味深いものだった。
IMG_6291

プレーヤーのタイプによって合うものは違うってことは
コーチたちも感覚的には理解していたけど、
こうして数値で見せられると、あらためて納得である。
IMG_6290
紙芝居に群がる昭和の子供たち状態のスタッフたち。

きっと、皆様それぞれに適正なアドバイスをしてくれるはず。
ストリングキャンペーン中の今、ぜひご相談ください。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ペッパーくんとか、コスメとか。

ショッピングモール。
ペッパーくんがいた。

IMG_6333

話しかけてみた。
初めてだ。

ちゃんと反応するのね。
ただ、レスポンスがイマイチ。
しばらく考えてから返事を返してくれる。

AIってこんなもんなのかな?
いや、SIRIなんてもっと速くて、
気の利いたこと言ってくれるよね。

この差は何だろう。
ボディアクション連動ってこともあるのかな。
ポンポンとやりとりを楽しむにはもう少しって感じかな。

ペッパーくんより犬の方が楽しいな。
IMG_1435
言うこと聞かないけどね。

 

さて、最近は何本かのラケットを使いまわしている。
ストリングのパターンを変えて違いを確認するためだ。

その中で、気に入ったパターンがあるのだが。
ふと気づいた。
IMG_6630

もしかしてラケットが好きなのかもしれない。
数種類のラケットに様々なパターンで張っているのだが、
全部が同じモデルでは揃わず、2本ずつって感じ。
PRESTIGE Sも新旧にそれぞれ張っている。

ワタクシが気に入ったのは前PRESTIGE Sに張ったパターン。
適度なしなりと粘り感が良いような気がする。
新モデルは若干乾いた、硬い感じがするのだ。
やはり素材の進化で剛性が上がってるのかな。

あと、ポイントになるのは持った時の感触。
現行はつや消し、前モデルはグロス(つや出し)。
個人的にはつや出しの方が持った感じが好きかな。
もはやストリングの話じゃないけど。

ちなみに関口プロのPRESTIGEのコスメはグロスだ。
IMG_6069
もちろん、市販品ではなく、本国で関口プロ用に作られたもの。

聞けば、選手用はグロスだそう。
「グロスの方が柔らかいんですよ」とのこと。
ふーん、そうなのか。

関口プロのラケットは打たせてもらったことがないけど、
そもそもPRESTIGE Sというはデカールだけで、
中身は違うから、多分比較対象にならないと思う。
でも、一度打ってみたいぞ。

鈴木貴男プロも何代か前のモデルで
ブリッジのロゴ部分だけがつや消しで、
左手の人差し指の腹に当たる感触がどうにも気になり、
つや消し部の無いコスメにしてもらったとか。
そんなことしてもらえるなんて、さすがトッププロ。

そういえば、貴男さんは、つや出しの方が硬く感じるって言ってた。

そんな会話をプロと交わしながらも、
コスメと硬さの関連性の答えは出なかったけけど、
プロならではディープな話を聞くのは楽しい。

カテゴリー: Team REC, テニス用品, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

観戦とか、オーディオとか。

全豪オープンはフェデラーの優勝で幕を閉じた。

シードダウンが相次ぎ、錦織も破れ、
周囲は徐々に「フェデラーにもう一回優勝を」との空気。
そして反対側の山を見れば、ナダルが登ってきた。

こりゃ、フェデラー、ナダルの決勝では?との期待の中、
会社で仕事をしつつ、フェデラー対ワウリンカの
準決勝をライブスコア観戦。

そろそろ帰ろうかと思っていたのに
試合はファイナルセットに。

この試合を観ずしてテニス業者じゃないでしょってことで
本社イチジョーさんとWOWOWオンデマンドで観戦。
IMG_6303
もう仕事は終わりってことで、隣のコンビニでビール&つまみ。

そしてフェデラーが勝った。
IMG_6307

やっぱりこの大会はフェデラーだよねってことで乾杯。
IMG_6306
そのまま祝杯をあげ続け、またすっかり遅くなってしまったぜ。
でもいい試合だった。

 

さて、某所を歩いていて、リサイクルショップのウインドウで発見。
IMG_5970
カセットデッキ、懐かしい。
オートリバースって言葉もすっかり昭和語である。

初めてカセットテープなるものに出会ったのは小学校の時。
我が家にソニーのラジカセがやってきて、
4本あったテープには、かぐや姫、ビートルズ、ジョーンバエズ、
カーペンターズ、ディランなんかが入っていたのを覚えている。

このテープからワタクシのビートルズの歴史が始まった。
たしか、Daytripper、Ticket to Ride、Yellow Submarineだったかな。

とにかく誰かが録音してくれたこのテープは、
それまで陽水と拓郎一辺倒だった小学校四年生の心を鷲掴みにして、
一気に世界をひろげてくたっけ。

ちなみにその時のテープにはサンバードのロゴが入っていた。
きっと今はなきスーパー・長崎屋のオリジナル廉価版の
カセットテープだったのだろう。

以降、ワタクシの部屋はレコードとカセットで溢れていく。

小遣い日にはレコード屋に直行。
全ての棚を見つくす勢いでレコードを
シュタッ、シュタッと次々に見ていく動作は
店内あちこちで見られたっけ。
買うのは1枚だけなんだけど。

部屋にあった木製ボディの家具っぽい佇まいの古いステレオも
テクニクスのレシーバータイプのステレオになった。

レシーバータイプってのは、プレーヤー部が別で
アンプとチューナーが一緒になってるもの。
そういえば、あのステレオ、カセットデッキ付いてなかったな。

まだ当時はプレーヤー、アンプ、チューナー、デッキ、スピーカーが別々の
コンポタイプはとても高価だったのだと思う。

それでも自室にステレオが来たのがとても嬉しくて、
1日中、ステレオの前にいたような気がする。

時は進み、高校生、大学生になると、
アンプ、プレーヤー、デッキなどを持つようになり、
それっぽいシステムを組んで音楽を楽しんでいた。

レコードからカセットにラインで録音出来るようになったのはこの頃。
そしてウォークマンが外出時には手放せないアイテムになっていったっけ。

そういえば、ダブルカセットなんてのもあった。
あれって、カセットテープからカセットテープへダビングしてたのかな。
メッチャ音質落ちただろうな。

その後、MD、CDの出現で一気に音質と取り扱い性が向上。
ポータブルのCDプレーヤー、MDプレーヤーも持ってた。
どうしてMDってなくなったんだろうね。

そうそう、オープンリールのプレーヤーも持ってた。
AKAIのヤツね。
メッチャ大きくて重かったけど、音質、出力共に凄かった。
それで、ザ・クルセイダーズやローズマリークルーニーなんかを聞いてた。

今はそれ全部がiPhoneひとつ、
手のひらで済んでるってスゴいことだ。

オーディオは今も趣味のものとして支持されていて、
アナログレコードも復権気味だそうだ。

レコードにスプレーかけて、ブラシで拭いて、
そっと針を落として・・音楽を聴く儀式も悪くない。
レコードスプレーの匂いも懐かしいな。

なんてことをリサイクルショップの店頭で暫し妄想している
ヘンなオジさんはワタクシです。

カテゴリー: テニス, 街歩き, , 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハーレーとか、神戸とか。

某所にて。
IMG_5495

ハーレーダビッソソンである。
カッコいいな。

昔はオヤジか世捨て人が乗るもんだと思ってたけど、
最近のハーレーはオールパーパスな雰囲気もあっていい。
IMG_5493

とはいえ、経済的な理由からも買えるはずもなく。
あ、それ以前に二輪免許は中型だった。

昔は普通にバイク乗ってたけど、今も乗れるのかな。
すっかり遠ざかって、今出来るかどうか不安なものって結構ある。
スキーとか、スケボーとかね。
昔のイメージで滑って怪我したら大事になりそうだし。

せめてテニスがそうならないように継続しなければ。
大型免許、取りに行くか・・。

 

さて、日本リーグ・セカンドステージの遠征写真などを。

チームより1日早く神戸に入り、所用を済ませた夜。
宿を取った三ノ宮界隈で食事。
IMG_6007
一大繁華街なのね。

こんな店も。
IMG_6003

IMG_6002
若干惹かれたけど入らなかった。

選んだのは健全な鉄板焼き屋。
IMG_6004

頼んだものが秒速で出てくるのには驚いた。
IMG_6005

そしてメッチャ美味い。
IMG_6006
やっぱり関西は食べ物が良い。

少し街をふらついてみた。
IMG_6009
入ってないよ。念のため。

締めはバーへ。
IMG_6010
雰囲気は良いのに気取ってなくて良い店だった。

次の朝はランニング。
異国情緒んあふれる街は走っていて飽きない。
IMG_6019

キレイな街だなぁ。
IMG_6020

神戸港でマドロスを気取ってみた。(ウソ)
IMG_6017

そんな神戸の街だった。

カテゴリー: バイク, ランニング, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。