カテゴリー別アーカイブ: 街歩き

アメ車とか、気づけば開幕とか。

STINGRAYだって。
th_IMG_7727
コルベトじゃないよね。
でもアメリカンが雰囲気がプンプン。
いいかも。

注:50過ぎのオジさんは乗りません。

 

ざて、なんでだか分からないけど、毎日バタバタだ。

次から次に予定が入ってきて、断らないもんだから、
アポイントやらミーティングやらが数珠繋ぎ状態。
ひとつ予定がずれ込むと、次、そしてその次と予定がずれていく。
玉突き事故だね、これ。

それもこれもギリギリで予定を組むワタクシが悪いのだ。
正確に言うと、ギリギリじゃなくて、どんな移動方法使うの?
どこでもドア?って感じの予定を組むのが悪いのだな。(確信犯)

間で電話が入ってもなかなか折り返せなかったりと、
ホントに皆さんごめんなさいって感じ。
忘れてるわけじゃないのでご安心を。って、安心できないか。

 

そんなこんなしてたら、全日本選手権が開幕してしまった。
今年はTeam RECからは、竹島駿朗プロ、守谷総一郎プロの2名が出場。

関口周一プロは海外ツアーのために今年はパス。
何とかポイントを稼いで、全豪オープンの予選に掛かってほしいところだ。

正林知大プロは補欠の2番目だったが、思ったほど欠場者が出ずに入れなかった。
残念、また来年頑張ろう。

そして今年の全日本は無観客での開催。
選手とコーチ、一部の帯同者のみが会場入りを許されるという厳戒態勢。

何とか会場入りできないかなと思い、コーチ就任作戦を思いついた。
竹島プロのコーチなら文句ないだろう。
ってことで、竹島プロに聞いてみた。

「駿朗くん、ボクと契約する気はないかい?」

「え?どういうことですか」

「良かったら、ボクがキミのコーチになってあげようかってこと」

「コーチ・・ですか。どうして」

「コーチなら全日本の会場に入れるんでしょ」

「あ、なるほど。いいアイデアかも」

「だろ!」(って、コイツのってきた)

「登録しますか?ただ、PCR検査と選手と一緒にホテルと会場の往復だけですけど」

「そうなの?外に出られないの?」

「たぶん行動区域は制限されます」

「そりゃ無理だ。仕事あるし」

ということで、駿朗のコーチ作膳は露と消えた。
まあ、そもそもこの週は有明に行く時間なんて全然なかったけど。

 

昨日も会社で打ち合わせを2本終えたら、
次の予定の日本プロテニス協会に間に合うかどうかって時間。

とりあえず事務局に「遅れるかも」と電話。
ダッシュで会社を出たら奇跡的に滑り込みセーフ。
th_123103695_3378010078942478_808426586594050421_o
ミラクル!

無事に会議がはじまった。

と、ボスからLINE。
「駿朗、ピンチ。負けそうだ」

そうか、駿朗が試合してるんだ。
ちょっとだけライブ配信をのぞき見。
th_IMG_8014
ファーストセットを取られ、セカンドも劣勢。
かなり厳しい。

もう一度のぞいた時には負けていた。
残念。
島袋くん、強いなぁ。
竹島プロの今年の全日本は初日で終了。
次に向けて頑張ろう。

そして中継コートではなかったが、守谷プロは勝利。
次も頑張ろう。

何とも不自由な全日本選手権だけど、
こんな時もあったよねって思える日が来ることを祈るばかりだ。

はあ、忙しかった。

カテゴリー: Team REC, テニス, 守谷総一郎プロ, 正林知大プロ, 竹島駿朗プロ, 自転車, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ダルマとか、夏とか。

高崎駅に降り立ったのは人生初。
th_IMG_7434
ダルマが名産なのか。

幸福の白ダルマか。
いたずらで目を入れる人いなのかな。(こらこら)

 

さて、夏も終わっちゃったなぁと感じる今日この頃。

夏の終わりっていつも寂しい。
このお祭りが終わった感てなんなだろ。

代々木駅前にこんな看板が。
th_IMG_7291
キスマイにはまったく興味はないけど、タイトルに惹かれてパシャり。

ENDLESS SUMMER、いいよね〜。

エンドレスサマーってフレーズ、色んな楽曲で使われてるけど、
やっぱりいいよね、「終わらない夏」。

ちょっと前まではランニングコースの近所の海もこんな感じ。
th_IMG_6739
夏に向かう扉みたいな写真が撮れた。
湘南じゃなくて、千葉ね、ここ。

白い砂浜。
th_IMG_6740
沖縄じゃなくて、千葉だよ。

透き通った水辺。
th_IMG_6721
ニューカレドニアじゃなくて・・・分かったって!?

まあとにかくこんな夏の景色が好きだな。

で、夏っていえば、やっぱりTUBE・・じゃないな、全然。

ワタクシ的な夏の曲は。

まずは、何をおいても達郎だな。

SPARKLE
th_スクリーンショット 2020-10-17 20.44.54
イントロのギターカッティングがメチャかっこいい。
そこだけ練習したっけ。

Big Wave
th_スクリーンショット 2020-10-17 20.43.54
もう、夏以外になんて表現する?
ちなみに、へたれサーファーでした、ワタクシ。

あとは、これもかな。

また明日/村田和人
th_スクリーンショット 2020-10-17 20.41.28
「終わらない夏」は名曲。
ドライブには欠かせないアルバムだった。
村田さん、2016年に亡くなってるのね。

ちょっと毛色が違うけど・・・・

井上陽水ライブ・もどり道
th_スクリーンショット 2020-10-17 20.46.43
名盤。
1973年の厚生年金ホール。
陽水の人気を決定づけたライブ盤じゃないかな。
ボソボソ喋る陽水のMCはすごく良かった。
オープニングの「夏祭り」からもう涙もの。

と、あげていけばキリがない夏の想ひ出。
今年の夏はいつも違う夏だったけど、来年はいつもの夏がきて欲しいな。
またね〜!夏〜!

カテゴリー: ランニング, , 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ビアガーデンとか、野音とか。

新宿西口。
th_IMG_7425

ラグビーW杯ショップがあった場所が何やら工事中。
th_IMG_7424
おっ!ビアガーデン?
世界のビールが飲めるのかぁ。
もう寒くなるのに?

 

さて、そうは言っても野外で飲むビールは美味しい。

夏はもちろん最高だけど、あまりに暑い中で汗だくで飲むよりは
湿度も下がって、心地よい風がちょっとだけそよぐ感じの野外での
ビールが美味しい気がする。

そこにお気に入りの音楽があればもう最高である。

ってことは・・?

やっぱり日比谷の野外音楽堂でライブを聴きながらのビールである。

高齢の・・・じゃない、恒例の高中正義師匠の野音ライブ。
th_IMG_8481

今年はどうなるのだろう。
やっぱりコロナで中止?
でも野外だしなぁと思っていたら、やるんだそうだ。

師匠がやるって言うなら、そりゃ行きますぜ。
まさにぼちぼち高齢の師匠だし、いつまでやってくれるか分からないし。

ってことで、e+で抽選に申し込んでみた。
もしかして感染症対策で人数制限するのかな。
となると倍率高い?
でも、ジャニーズみたいな倍率じゃないだろうし。

当たればラッキーだなと思っていたら。
th_スクリーンショット 2020-08-14 5.27.17

はい、当選!
やったぜ。

今年も師匠に会える。
良かった。

 

人生で一番多く見ているアーティストはダントツで高中正義師匠だなぁ。
次に何回も見てるのは・・・ブライアンアダムスか。(なんでか知らんけど)

まあとにかく師匠のライブは法事みたいなものだから、
やるなら行くってことでね。

ちなみに、師匠の雨男っぷりは半端なくて、
この野音ライブもかなりの確率で雨が降る。
「今年は晴れた!(なんで?)」って本人が言うくらいの確率だ。

今年はどうかな。
美味しいビール飲めるかな。
それともカッパ着てガタガタ震えながらかな。

冷静に考えたら、これだけ雨男なのに何で野音でやるんだろう。
NHKホールとか東京国際フォーラムとか・・ね。
まあでも雨でも晴れでも野音は思い出に残るし、これでいいのかも。

ちなみにここ数年、このライブはひとりで行っている。

周囲に、「高中正義?行く〜!」って人がいないし、
あまり興味のない人と一緒に行ってもねって感じ。
観客は皆、高中師匠を聴きたい人だらけだから、
その一体感でじゅうぶんである。

ああ、楽しみ。
雨降らないでね。
とにかく今年もよろしくお願いしますなのだ。

カテゴリー: ライブ, 街歩き, , 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

看板とか、発掘(いい加減にしろ)とか。

ウォーキング途中の某所にて。
IMG_6982
裏通りっぽい看板の雰囲気もいいし、エルカミーノってのもセンスがいい。
日本の道じゃしんどいと思うけど、一度乗ってみたいな。

 

さて、もういい加減、無駄ものを捨てなきゃと思った発掘作業。

釣具の奥になんだか、懐かしいような、そうでもないような
箱のようなものが見えた。
そのままそっと扉を閉めるかどうか迷ったが、
もう人生も長くないので、見ておくことに。

これは・・・。
th_IMG_6490
クーさん、じゃま。

いわゆるテニスシューズっていうのかな。(そうだよっ)
th_IMG_6492
ウイルソンさんのだね。
しかも新品。
懐かしいな。

さらにもう1足。
th_IMG_6493
これも新品だ。
懐かしいなぁ・・・って言ってる場合かっ!

どうしたんだっけ、これ。
後で履こうと思ってて忘れちゃたのかな。

きわめつけはこちら。
th_IMG_6494
ナイキ・エアトレーナー。

機能性テニスシューズのはしり。
エポックメイキングなモデルだったよね。
マッケンローがこれ履いて出て来た時は衝撃だった。
th_IMG_6494

当然、当時はワタクシも履いてた。
th_IMG_6496
ヒールのナイキロゴもカッコイイ!

しかもこれ新品未使用!
がしかし、よく見たら・・・
th_IMG_6495

th_IMG_6496-1
ソールのウレタンが加水化分解でボロボロになってた。

もうどうしようもないよね、これ。
こんなことなら履いときゃよかった。(涙)
仕方がないから、もう一度箱に入れてしまっておいた。(捨てろよっ!)

あ、ウイルソンの方はまだ使えそうな感じ。
欲しい人います?
26.5cmだったかな。

カテゴリー: クルマ, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

パリミキとか、キャラクターとか。

メガネのパリミキ。

ここのディスプレイが好きだ。
th_IMG_6836
ドラムがあったり、リッケンバッカー(ギター)があったり、
ジュークボックスがあったり、アメリカグラフィティっぽいのが良い。

こっちのウインドウはハワイ。
th_IMG_6835
いいなぁ。

ちなみにここでメガネを買ったことは一度もない。
それどころか店内に入ったこともない。

 

さて、訳あってキャラクターが気になる今日この頃。

通勤途中の薬局の前。
th_IMG_6662
佐藤製薬のサトちゃん。

長いよね、このキャラクター。
th_IMG_6661
ちなみに女の子は妹のサトコちゃんなんだそうだ。

ゾウも可愛いかもね。

 

近所の駅のコインロッカー。
th_IMG_7216

th_IMG_7215
南総里見八犬伝にちなんだキャラクターらしい。

犬キャラはハズしがないなぁ。
まあ、これがかわいいかっていうと、
犬じゃなかったらもっと・・うーん、なのかも。

 

神宮前あたりのシェイク屋さん。
th_IMG_6647
バナナね〜。
うーん、バナナかぁ。
見たことのあるキャラクターだけど、かわいくはない。

 

ランニング中に。
th_IMG_6516

近隣の中学校の作品らしい。
th_IMG_6518

海モチーフもいいな。
th_IMG_6520

って、たくさんいるけど、この子はなに?
th_IMG_6522

th_IMG_6519

そんなわけで、実はキャラクターを練り上げているところなのだ。
やっぱり愛されるチームにはマスコットだよねってこと。
近々、お披露目出来るように準備中。
お楽しみに!

カテゴリー: 仕事, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

バイクとか、カバンとか。

大森あたりだったっけ。
カワサキのショールーム。
th_IMG_4901
Z900かぁ・・いいなぁ。

カウルも昭和っぽい感じだけど、雰囲気良し。
カワサキグリーンはあんまり好きじゃないけど。

高校の頃に仲間が乗ってたZ400FXとか、懐かしいな。
バイクは校則で禁止されてたけど、よく乗せてもらってた。

で、先生に目撃されて、職員室呼び出しのお決まりパターンね。
「先生は悲しかったぞ」って、「ホントかな?」とか思いながら聞いてた。

あん時のバイクってなんだったっけ?
色んな友達が、色んなバイク乗ってたから、記憶がこちゃごちゃだ。

ヤマハ ミニトレイル、スズキ ハスラー、VanVan、ヤマハ パッソル、パッソーラ、
カワサキFX400、スズキGSXL・・・
うーん、ホントにバイク禁止だったのか?

 

さて、中学生かな。
布カバンてまだあるのね。
th_IMG_4912
懐かしいな。
金八先生みたい。

ワタクシの中学時代もこのカバンだった。

当時はどこの公立中学もこのカバンだったから
カッコ悪いも何もないけど、まあカッコよくはないよね。

中学生なりの工夫でマジックで落書きしたりしてたっけ。
たしか、「G MEN’75」のロゴとか書いてた。
今思うと相当ダサいな。

その後は、わざわざ仙台まで行って買ってきた
VANジャケットのステッカーを貼ってた。
IMG_0276
これの白いタイプね。

布カバンにステッカー貼ってもシワになるし、
剥がれてくるしで、なんだかおさまりが悪かったけど、
周囲の友達もよく知らないVANのステッカーが
自分の中ではオシャレだったんだと思う。

って言っても、布カバンでカッコつけるのは限界があったなぁ。

 

高校生になって、ようやく皮の学生カバンになった。
入学前の春休み、届いたカバンがピカピカのデブデブ過ぎて、
こんなガリ勉カバンじゃ恥ずかしくて学校に行けないぜと思った。

ヤンキー、いや当時はツッパリか。
そっち方面ではなかったが、アイビー的にもデブカバンはナシだった。

とりあえず、ステレオのスピーカーを重しにして、
薄く潰そうとしてみたけど、時間が経つとまた戻ってしまう。

糸でカバンの角を縫い付けるって方法があるらしいと聞いたけど、
どんな針で皮を縫うんだろうって思ったし、そんなこと、
まさか母親に頼めるわけもない。

で、友達に聞いたもうひとつの方法を実践することに。

ヤカンでお湯を沸かし、熱湯をカバンにドボドボ入れる。
熱で皮が柔らかくなったところで、重しを載せる。

重しはワタクシの部屋のステレオの巨大なスピーカー。

一晩そのままにして、次の朝、スピーカーをどけてみた。
あれだけ分厚かったカバンがスルメみたいにペシャンコに。
あまりに薄くなり過ぎて、親に見せるもの憚られるほど。
しかも全く元に戻らないほどに固いし。

親はごまかすとしても、1年生がこんなペッタンコのカバンで入学式にいったら
怖い先輩たちに体育館の裏に呼び出されること間違いない。
なんとか中身を詰め込んで、適度な厚みにとチャレンジするも
あまりの荒療治にまったく広がらず、中に何も入らない。

最終的にはアディダスのスポーツバッグに
皮カバンを入れて学校に行ったという
なんとも不思議な状況になってしまった。

思えば、子供の頃から学生時代ってアホなことばかりしてたなぁ。
「今もアホじゃない?」って言ったやつ、出てこ〜い!

 

カテゴリー: バイク, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

東京駅とか、無言とか。

東京駅。
th_IMG_6850
ライトアップがとてもきれい。

この場所、ウェディングフォトの定番らしい。
たしかにそれだけいい感じの場所。

ちなみにワタクシがこの場所を通る時は、
たいがい飲んだ後で乗り換えを乗り過ごして
大手町で降りて、京葉線乗り場まで歩く時だから、
ロマンチックな感じは皆無である。

 

さて、某所のローソン。
th_IMG_6828

あんぱんを選びレジへ。
レジには若い男性店員。
なんやら見ていた書類を横に置いてこっちの対応。

あんぱんを置き、「袋いりません」と告げる。

無言でバーコードをスキャンする店員。

「スイカで」と告げる。

無言でレジを打つ店員。

ピピっとスイカで支払い。

「どうも」と言ってあんぱんを取り、店出た。

ワタクシ、三言。
店員さん、完全無言。

いらっしゃいませも、〜円ですも、
ありがとうございましたも言わなかった。
完全に無言である。

ちなみに名札を見たら日本人だったから、
言語的な問題があるわけではないと思う。

もしかして感染予防策として無言を貫いているのか?
だとしたら、個人的に? 店的に?

それともローソン的にマニュアル化されてるのかな。
ホントにそうならローソンてすごいな。
どうなんだろう。教えて、詳しい人。

ある意味、衝撃的な買い物だった。

 

とはいえ、じゃあ言葉を発すれば良いのかっていうと
実はそうでもないから、これはなかなか難しい。

よく行くコンビニの中年の女性店員さん。

声は大きいんだけど、まったく心が入ってないっていうか、
「どうぞ〜!」の大きな声が命令されてるみたいに聞こえる。
「Tカードありますか?」も責められてるみたいだ。
って、店がわかるな。

なんだろう。
マニュアル通りのセリフなんだけど、どうにも気持ち良くない。
隣の若い店員に話しかける時の態度と言葉遣いがぞんざいなのも見てるかなかな。
まあ、とにかく心がない感じ満載なんだなぁ。

コンビニエンスストアにホスピタリティは期待してないけど、
どうにも気持ちが良くない。
別の店っていう選択肢があったら、行きたくないくらい。

ここの店舗、もう何年も利用してるけど、店員さんが変わっても
ずっといい感じの接客じゃないんだな。

住宅街の中で競合もないからなのだろうか。
コンビニって接客に関してFC本部の指導とかあるのかな。
そんなことまで見てられないか。

 

フランチャイズって品質揃えるの難しいんだろうな。
某イタリアンファミレスチェーンも正直どんどん劣化してるし。

どんな接客でも伝えられるものってあると思うのだけど、
コロナ禍でさらに減速してるんだろうか。

あんぱん1個でも気持ちよく買ってもらった方がいいと思うよ。
基本、毎朝通る道だけど、もうこの店は入らないなぁ。
まあ、そんなでも売り上げとか困らない立地なんだろうね。

たかがあんぱん、されどあんぱん。
って、全然しまらないまとめだな。

ウチのスクールはそんなことがないようにしなきゃ。

カテゴリー: 仕事, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

冷やしとか、コートジャックとか。

冷やしマスクだって。
th_IMG_6747

ふーん。
th_IMG_6748
冷感、着けた一瞬だけでしょ。
こうすると売れるのかな。

 

さて、現在、レックテニススクールではラケット&ストリングキャンペーン中だ。

この時期にキャンペーンが出来るだろうか、やっぱり無理かもなどの議論もありつつ、
でも、後ろを向いてばかりでは何もはじまらないってことになった。

スタッフで知恵を絞りつつ、可能な限りの感染症対策も取っての実施である。
おかげさまで、お客様にも喜んでいただきつつのキャンペーンが出来ている。
ありがとうございます。

 

ということで、先日のレックインドアテニススクール上石神井。

ウイルソンさんから大量の試打ラケットが届く。
th_IMG_6409

そしてコートに設置。
th_IMG_6402

th_IMG_6403

スタッフ用Tシャツも用意してくれた。
th_IMG_6400
ちなみにワタクシの分はなかった。(当たり前)

ネジメ支配人がこんなところにも配慮を。
th_IMG_6406
ミニチュアPROSTAFFディスプレイ。
後ろに見えるのは、ロジャー・フェデラーの直筆サイン入りのキャップ。

さらにはジャッククレーマーのアニバーサリーラケット。
th_IMG_6428

まさにウイルソン一色のディスプレイ。
th_IMG_6415

 

そう、この日は、Wilsonコートジャック。
ウイルソンスタッフさんにもおこしいただき、
たくさんのウイルソン製品をお試しいただける企画の日なのだ。

ちなみに、「コートジャック」という名称は現在、各メーカーさんが使っているが、
この名前を考えたのはウイルソンさんである。

もう10数年前だったか、「Wilsonコートジャック」と称して、
各所のスクールやクラブをウイルソンだらけにジャックしてしまうというものだった。
ここまで大掛かりなプロモーションは、それまであまりなかったので、
非常に新鮮に感じた記憶がある。

以降、この手法はメーカー各社にも広まり、
皆が「コートジャック」と言うようになった。

ワタクシは命名者のウイルソンさんに敬意を表して、
ウイルソンさんのイベントだけにコートジャックという表現を使うようにしているが、
商標を取っているわけでもなく、ウイルソンさんもそんなケチなことは言わないだろうから、
まあ、どこが使っても良いってことなのだろう。

 

ということで、コートジャック開始。
th_IMG_6423
Team RECスタッフもウイルソンTシャツで統一。
この日ばかりは、他メーカー契約コーチも勘弁してもらって着用。

あれ?センターのタケダコーチ、今日はお休みじゃないのかな。
「あ、近くを通りかかったら、何かやってたんで寄ってみました」だそう。(笑)
さすが、WAS(ウイルソン・アドバイザリースタッフ)である。

ロビーでは、足型計測イベント、「FOOTLOOK」も実施。
th_IMG_6419

こういうネーミングもうまいね。
th_IMG_6420

先日、ちょっとした話題も振りまいてしまったウイルソンだけど、
やっぱり良いラケットが多いなと実感のコートジャック。

ラケットキャンペーンも今日で終了。
ウイルソンに限らず、ぜひ気になるラケットをお試しくださいなのだ。

カテゴリー: , 街歩き, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

調律とか、東京リーグ再開とか。

某所の街角ピアノ。
th_IMG_6841
こんなご時世だから開放していないじゃないかと思ってたけど、
調律してるから、ご自由にお弾きくださいになってるのかな。

ピアノって、マメに調律しないといけないんだってね。
まあ、ギターも弾くたびにチューニングするから同じなんだろうけど、
調律ってけっこう高いんだよね。

街角ピアノで一曲弾けたらカッコいいな。
一発芸、練習するか。

 

さて、色々なことが止まってしまったコロナ禍。

スクールもそうだが、トーナメントも軒並み中止。
プロ選手には本当にきつい時期だったんじゃないだろうか。

ワタクシたちの試合、東京実業団リーグも春は中止なってしまった。
その流れで、当然、関東実業団〜全国実業団も開催不可。
そしてビジネスパルも中止。
参加チームが決まらないんじゃやりようがない。

そんな厳しい時期を経て、ようやく試合も再開しはじめ、
秋の実業団リーグも再開となった。

無観客、応援禁止という制限つきだけど、やっと試合ができる。

と思ったら、体調不良や怪我、シフト調整不可とメンバーが全然揃わない事態に。
こりゃ、せっかく再開なのに、いきなり棄権?

 

何とか皆に調整してもらい、週末ようやく試合に漕ぎ着けた。
th_IMG_6973
ありがとね、みんな。
頑張ろう。

久しぶりの試合&相手ホームってことで、コートを借りて練習。
th_IMG_6970

そう、初戦の相手はテニスユニバースさん。

テニスユニバースさんは昨年の全国実業団出場、
もう一歩で日本リーグに手が届くところまでいった強豪チーム。
正直、厳しい相手だけど、一部はどこと当たっても厳しいのは当たり前。
全力でぶつかるのみね。

一部リーグはシングルス2本、ダブルス1本の日本リーグと同じ形式で行われる。
th_DSC_3264

密にならないように離れて円陣。
th_DSC_3266
「レックファイト!お〜!」って言ったら、
「声出さないでくださいね」って注意された。
そうか円陣もダメなのね。

 

ということで試合開始。

シングルス1 山本コーチ
th_DSC_3348

th_DSC_3337
相手、めっちゃ強い。

ラリーにはなるが、必ず先に山本コーチがガシャる展開ばかり。
th_DSC_3329

こりゃしんどい。
th_DSC_3281
と思っていたら、ダブルベーグルで敗退。

「泣きそうです」とは山本コーチ。
泣いていいよ。

 

シングルス2 堀尾コーチ

th_DSC_3311

出だしのサービスゲームは良かった。
th_DSC_3365
若干競ったもののきっちりキープ。

しかしそこからは試練の展開。
th_DSC_3397

強烈なシングルバックハンドから放たれるストレート、そしてクロス。
th_DSC_3367
エースの雨を浴びせられる。

なすすべなく敗退。
th_DSC_3410
いや、強いわ。

 

最後のダブルスは、武田コーチ、三浦コーチ。
th_DSC_3499

th_DSC_3523

何とか一矢報いたいところだが、相手は上杉哲平選手。
昨年の毎日テニス選手権で、竹島プロと組んで優勝しているレベル。
堅実なリターンからの一転して強打。
そして、小技もうまい。

食らいつこうとしたが、何枚か上手だった。
th_DSC_3572

th_DSC_3581

th_DSC_3575

中盤、粘りも見せたが、ストレートで敗退。
th_DSC_3597
まいりました。

 

とにかく強かったテニスユニバースさん。
th_DSC_3599

みんな、頑張ったっんだけどね。
結果は結果、仕方ない。
最後まで全力で戦ってくれた選手に拍手を送ろう。

しかしまだリーグは3戦残っている。
とにかく一戦ずつ全力で戦うのみ。
頑張ろう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

プリンとか、花火とか。

最近、CMでもイチオシのスフレプリン。
th_IMG_6722
スプーンを入れると、シュワって音がするって。
たしかにそんな気もした。

とにかく美味しい。
オススメ。

 

さて、もうすぐ夏も終わり。

今年の夏は、「なにもない夏〜です〜♪」(襟裳岬ふうで)な感じ。
自粛でイベントも軒並み中止で、幕張界隈もなんとなく静か。

当然、各地の花火大会も中止。
まあ、花火大会はたくさんの人が集まるしね。

なんだかなぁと思っていたら、ポストに1枚のチラシが。

「夏の終わりに10分だけ花火をあげます。少しうるさいけどガマンしてね」って感じ。

「うるさくてごめんね」っていう、やりますアピールじゃないところが今年っぽい。
しかも、このチラシ、ウチの近所にしか入っていないらしい。
大々的に宣伝したら意味ないもんね。

ということで、当日。
チラシには詳しい場所も書いてなかったけど、
この辺で花火を上げるなら、たぶんマリンスタジアムあたりと読んだ。

マリスタとJFAの施設前の交差点へ。
th_IMG_6581
いつもの花井大会だと人だらけの交差点。
今夜も少ないけど、花火見物と思われる人たちがちらほら。

交差点を渡り、海浜公園の中へ。
JFA施設のサッカーフィールド横まで入り、花火を待つ。
ちなみに眺めているマリスタ方向に花火が上がるかはわかっていない。
th_IMG_6583

しばし待つ。

上がった〜!
th_IMG_6586
正解!

人もほとんどいないし、こんなにゆっくり見られるなんて。
th_IMG_6588

th_IMG_6599

いつもの花火大会にはおよぶべくもない、
たった10分ちょっとの花火だったけど、
夏の終わりのステキなプレゼントだった。

千葉市も粋なことしてくれるね。
ありがとう!

カテゴリー: 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。