カテゴリー別アーカイブ: 街歩き

東京駅とか、無言とか。

東京駅。
th_IMG_6850
ライトアップがとてもきれい。

この場所、ウェディングフォトの定番らしい。
たしかにそれだけいい感じの場所。

ちなみにワタクシがこの場所を通る時は、
たいがい飲んだ後で乗り換えを乗り過ごして
大手町で降りて、京葉線乗り場まで歩く時だから、
ロマンチックな感じは皆無である。

 

さて、某所のローソン。
th_IMG_6828

あんぱんを選びレジへ。
レジには若い男性店員。
なんやら見ていた書類を横に置いてこっちの対応。

あんぱんを置き、「袋いりません」と告げる。

無言でバーコードをスキャンする店員。

「スイカで」と告げる。

無言でレジを打つ店員。

ピピっとスイカで支払い。

「どうも」と言ってあんぱんを取り、店出た。

ワタクシ、三言。
店員さん、完全無言。

いらっしゃいませも、〜円ですも、
ありがとうございましたも言わなかった。
完全に無言である。

ちなみに名札を見たら日本人だったから、
言語的な問題があるわけではないと思う。

もしかして感染予防策として無言を貫いているのか?
だとしたら、個人的に? 店的に?

それともローソン的にマニュアル化されてるのかな。
ホントにそうならローソンてすごいな。
どうなんだろう。教えて、詳しい人。

ある意味、衝撃的な買い物だった。

 

とはいえ、じゃあ言葉を発すれば良いのかっていうと
実はそうでもないから、これはなかなか難しい。

よく行くコンビニの中年の女性店員さん。

声は大きいんだけど、まったく心が入ってないっていうか、
「どうぞ〜!」の大きな声が命令されてるみたいに聞こえる。
「Tカードありますか?」も責められてるみたいだ。
って、店がわかるな。

なんだろう。
マニュアル通りのセリフなんだけど、どうにも気持ち良くない。
隣の若い店員に話しかける時の態度と言葉遣いがぞんざいなのも見てるかなかな。
まあ、とにかく心がない感じ満載なんだなぁ。

コンビニエンスストアにホスピタリティは期待してないけど、
どうにも気持ちが良くない。
別の店っていう選択肢があったら、行きたくないくらい。

ここの店舗、もう何年も利用してるけど、店員さんが変わっても
ずっといい感じの接客じゃないんだな。

住宅街の中で競合もないからなのだろうか。
コンビニって接客に関してFC本部の指導とかあるのかな。
そんなことまで見てられないか。

 

フランチャイズって品質揃えるの難しいんだろうな。
某イタリアンファミレスチェーンも正直どんどん劣化してるし。

どんな接客でも伝えられるものってあると思うのだけど、
コロナ禍でさらに減速してるんだろうか。

あんぱん1個でも気持ちよく買ってもらった方がいいと思うよ。
基本、毎朝通る道だけど、もうこの店は入らないなぁ。
まあ、そんなでも売り上げとか困らない立地なんだろうね。

たかがあんぱん、されどあんぱん。
って、全然しまらないまとめだな。

ウチのスクールはそんなことがないようにしなきゃ。

カテゴリー: 仕事, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

冷やしとか、コートジャックとか。

冷やしマスクだって。
th_IMG_6747

ふーん。
th_IMG_6748
冷感、着けた一瞬だけでしょ。
こうすると売れるのかな。

 

さて、現在、レックテニススクールではラケット&ストリングキャンペーン中だ。

この時期にキャンペーンが出来るだろうか、やっぱり無理かもなどの議論もありつつ、
でも、後ろを向いてばかりでは何もはじまらないってことになった。

スタッフで知恵を絞りつつ、可能な限りの感染症対策も取っての実施である。
おかげさまで、お客様にも喜んでいただきつつのキャンペーンが出来ている。
ありがとうございます。

 

ということで、先日のレックインドアテニススクール上石神井。

ウイルソンさんから大量の試打ラケットが届く。
th_IMG_6409

そしてコートに設置。
th_IMG_6402

th_IMG_6403

スタッフ用Tシャツも用意してくれた。
th_IMG_6400
ちなみにワタクシの分はなかった。(当たり前)

ネジメ支配人がこんなところにも配慮を。
th_IMG_6406
ミニチュアPROSTAFFディスプレイ。
後ろに見えるのは、ロジャー・フェデラーの直筆サイン入りのキャップ。

さらにはジャッククレーマーのアニバーサリーラケット。
th_IMG_6428

まさにウイルソン一色のディスプレイ。
th_IMG_6415

 

そう、この日は、Wilsonコートジャック。
ウイルソンスタッフさんにもおこしいただき、
たくさんのウイルソン製品をお試しいただける企画の日なのだ。

ちなみに、「コートジャック」という名称は現在、各メーカーさんが使っているが、
この名前を考えたのはウイルソンさんである。

もう10数年前だったか、「Wilsonコートジャック」と称して、
各所のスクールやクラブをウイルソンだらけにジャックしてしまうというものだった。
ここまで大掛かりなプロモーションは、それまであまりなかったので、
非常に新鮮に感じた記憶がある。

以降、この手法はメーカー各社にも広まり、
皆が「コートジャック」と言うようになった。

ワタクシは命名者のウイルソンさんに敬意を表して、
ウイルソンさんのイベントだけにコートジャックという表現を使うようにしているが、
商標を取っているわけでもなく、ウイルソンさんもそんなケチなことは言わないだろうから、
まあ、どこが使っても良いってことなのだろう。

 

ということで、コートジャック開始。
th_IMG_6423
Team RECスタッフもウイルソンTシャツで統一。
この日ばかりは、他メーカー契約コーチも勘弁してもらって着用。

あれ?センターのタケダコーチ、今日はお休みじゃないのかな。
「あ、近くを通りかかったら、何かやってたんで寄ってみました」だそう。(笑)
さすが、WAS(ウイルソン・アドバイザリースタッフ)である。

ロビーでは、足型計測イベント、「FOOTLOOK」も実施。
th_IMG_6419

こういうネーミングもうまいね。
th_IMG_6420

先日、ちょっとした話題も振りまいてしまったウイルソンだけど、
やっぱり良いラケットが多いなと実感のコートジャック。

ラケットキャンペーンも今日で終了。
ウイルソンに限らず、ぜひ気になるラケットをお試しくださいなのだ。

カテゴリー: , 街歩き, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

調律とか、東京リーグ再開とか。

某所の街角ピアノ。
th_IMG_6841
こんなご時世だから開放していないじゃないかと思ってたけど、
調律してるから、ご自由にお弾きくださいになってるのかな。

ピアノって、マメに調律しないといけないんだってね。
まあ、ギターも弾くたびにチューニングするから同じなんだろうけど、
調律ってけっこう高いんだよね。

街角ピアノで一曲弾けたらカッコいいな。
一発芸、練習するか。

 

さて、色々なことが止まってしまったコロナ禍。

スクールもそうだが、トーナメントも軒並み中止。
プロ選手には本当にきつい時期だったんじゃないだろうか。

ワタクシたちの試合、東京実業団リーグも春は中止なってしまった。
その流れで、当然、関東実業団〜全国実業団も開催不可。
そしてビジネスパルも中止。
参加チームが決まらないんじゃやりようがない。

そんな厳しい時期を経て、ようやく試合も再開しはじめ、
秋の実業団リーグも再開となった。

無観客、応援禁止という制限つきだけど、やっと試合ができる。

と思ったら、体調不良や怪我、シフト調整不可とメンバーが全然揃わない事態に。
こりゃ、せっかく再開なのに、いきなり棄権?

 

何とか皆に調整してもらい、週末ようやく試合に漕ぎ着けた。
th_IMG_6973
ありがとね、みんな。
頑張ろう。

久しぶりの試合&相手ホームってことで、コートを借りて練習。
th_IMG_6970

そう、初戦の相手はテニスユニバースさん。

テニスユニバースさんは昨年の全国実業団出場、
もう一歩で日本リーグに手が届くところまでいった強豪チーム。
正直、厳しい相手だけど、一部はどこと当たっても厳しいのは当たり前。
全力でぶつかるのみね。

一部リーグはシングルス2本、ダブルス1本の日本リーグと同じ形式で行われる。
th_DSC_3264

密にならないように離れて円陣。
th_DSC_3266
「レックファイト!お〜!」って言ったら、
「声出さないでくださいね」って注意された。
そうか円陣もダメなのね。

 

ということで試合開始。

シングルス1 山本コーチ
th_DSC_3348

th_DSC_3337
相手、めっちゃ強い。

ラリーにはなるが、必ず先に山本コーチがガシャる展開ばかり。
th_DSC_3329

こりゃしんどい。
th_DSC_3281
と思っていたら、ダブルベーグルで敗退。

「泣きそうです」とは山本コーチ。
泣いていいよ。

 

シングルス2 堀尾コーチ

th_DSC_3311

出だしのサービスゲームは良かった。
th_DSC_3365
若干競ったもののきっちりキープ。

しかしそこからは試練の展開。
th_DSC_3397

強烈なシングルバックハンドから放たれるストレート、そしてクロス。
th_DSC_3367
エースの雨を浴びせられる。

なすすべなく敗退。
th_DSC_3410
いや、強いわ。

 

最後のダブルスは、武田コーチ、三浦コーチ。
th_DSC_3499

th_DSC_3523

何とか一矢報いたいところだが、相手は上杉哲平選手。
昨年の毎日テニス選手権で、竹島プロと組んで優勝しているレベル。
堅実なリターンからの一転して強打。
そして、小技もうまい。

食らいつこうとしたが、何枚か上手だった。
th_DSC_3572

th_DSC_3581

th_DSC_3575

中盤、粘りも見せたが、ストレートで敗退。
th_DSC_3597
まいりました。

 

とにかく強かったテニスユニバースさん。
th_DSC_3599

みんな、頑張ったっんだけどね。
結果は結果、仕方ない。
最後まで全力で戦ってくれた選手に拍手を送ろう。

しかしまだリーグは3戦残っている。
とにかく一戦ずつ全力で戦うのみ。
頑張ろう!

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

プリンとか、花火とか。

最近、CMでもイチオシのスフレプリン。
th_IMG_6722
スプーンを入れると、シュワって音がするって。
たしかにそんな気もした。

とにかく美味しい。
オススメ。

 

さて、もうすぐ夏も終わり。

今年の夏は、「なにもない夏〜です〜♪」(襟裳岬ふうで)な感じ。
自粛でイベントも軒並み中止で、幕張界隈もなんとなく静か。

当然、各地の花火大会も中止。
まあ、花火大会はたくさんの人が集まるしね。

なんだかなぁと思っていたら、ポストに1枚のチラシが。

「夏の終わりに10分だけ花火をあげます。少しうるさいけどガマンしてね」って感じ。

「うるさくてごめんね」っていう、やりますアピールじゃないところが今年っぽい。
しかも、このチラシ、ウチの近所にしか入っていないらしい。
大々的に宣伝したら意味ないもんね。

ということで、当日。
チラシには詳しい場所も書いてなかったけど、
この辺で花火を上げるなら、たぶんマリンスタジアムあたりと読んだ。

マリスタとJFAの施設前の交差点へ。
th_IMG_6581
いつもの花井大会だと人だらけの交差点。
今夜も少ないけど、花火見物と思われる人たちがちらほら。

交差点を渡り、海浜公園の中へ。
JFA施設のサッカーフィールド横まで入り、花火を待つ。
ちなみに眺めているマリスタ方向に花火が上がるかはわかっていない。
th_IMG_6583

しばし待つ。

上がった〜!
th_IMG_6586
正解!

人もほとんどいないし、こんなにゆっくり見られるなんて。
th_IMG_6588

th_IMG_6599

いつもの花火大会にはおよぶべくもない、
たった10分ちょっとの花火だったけど、
夏の終わりのステキなプレゼントだった。

千葉市も粋なことしてくれるね。
ありがとう!

カテゴリー: 街歩き, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

赤ワインとか、研修会とか。

公園にて。
th_IMG_6632
水飲み場にワインが置いてあった。

未開封できれいなまま。
すぐ横のグランピングサイトのお客さんの忘れ物かな。

ありがたくいただこうかと思ったけど、
ちょっと怖かったのと、赤だったのでやめといた。
白だったら・・・もらわないよっ。

 

さて、某日。
レックインドアテニススクール上石神井にて、
Team RECスタッフ研修会が行われた。

現在、社内会議はほとんどがリモートで行われているのだけど、
オンコート研修はリモートでは無理ってことで、
研修系はテーマによって、三密に気をつけつつ集まって行っている。

社内研修会は様々な海藻・・・じゃない。階層で行われているので、
毎回段取りに携わるワタクシ的には、年中研修会をしている気分なのだけど、
受ける側は毎回初めて。

こちら側が慣れちゃいけなってことで、常に気持ちを新たにと
この日も引き締め気味で参加。

今回は若手中堅社員が対象の研修会。

せっかくなので集合写真。
th_DSC_3104
うーん、以前は若手研修だったのだけど、
こうしてあらためて見ると、すっかり中堅研修な感じが。

「えーと・・・もう少しフレッシュな感じでお願い。できる範囲でいいけど」
と、リクエスト。
th_DSC_3117
頑張った!
フレッシュかどうかは別として、元気な感じになったかな。
しかし黒いな、みんな。

ちなみに集合する時に「一番爽やかな人がセンターでね」と言ったのだが、
真っ先にサイモンコーチがセンターに立った。
あってるのか?

 

まずは座学。
蜜を避けて、コート上でスペースを確保。
th_IMG_6768
ボスの話からはじまり、あれこれ。
少し頭の痛い話も。

寝てる子はいねぇか?ってことでチェック。(ウソ)
th_DSC_3076

そして、たるんでるってことで正座。
th_IMG_6789

ウソです。
新規導入プログラムのゴールデンキッズのさわりを
体験してもらおうってことで、皆で黙想をしてみた。
th_IMG_6787

ゴールデンキッズのリ理念的や動きの機敏さなども紹介。
テニスコーチにも参考になること満載。
他のプログラムだしって思ってると損するよ、これ。

そしてテニスオンコート研修開始。
th_DSC_3123

th_DSC_3189

スタッフ研修マニュアルの確認と実践。
th_DSC_3214

コーチの品質を揃え、高めること。
お客様に毎回喜んでもらうためには何が必要かを皆で再確認。

皆の意識が揃ってはじめて品質と呼べるものが実現するから、
何度も何度もすべての階層で確認しあい、実践することがすべて。
th_DSC_3242

ほとんど休憩なしで約4時間。
お疲れ様でした。
さあ、それぞれの場所に戻って実践しよう。

久しぶりに皆に会えてよかった。
やっぱり大事なことは直接伝えるのがいいなぁと実感。

当然こんな時期なので打ち上げはなし。
ちょっと寂しいけど、それはそれでお金もかからないし、疲れないからありかな。

そんなこんなの研修会。
頑張ろう、Team REC。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

タワマンとか、優勝!とか。

ランニングに出た。
th_IMG_6745
まだ夏の空だね。

建設中のタワーマンション。
高層階っていくらするんだろう。
住まなくていいから、一度登ってみたい。

 

さて、金曜の朝。

レック本社から荷物を積み込み、7CC武蔵境校へ。
th_IMG_6884

11箱の7CC校分のTeam REC Tシャツである。
th_IMG_6883

まだ7時30分だったけど、ハッシーが出社していて、
積み込みを手伝ってくれた。
助かったぜ。

無事にカナザワコーチにTシャツを託し、
レックインドアテニススクール上石神井へ。

ちょうど全米オープンの準決勝をやっていたので、
ストリンギング中のネジメコーチと一緒に大坂なおみの応援。
th_IMG_6887
あれ?ネジメコーチ、今日お休みじゃなかったっけ?
なんで普通にストリンギング?

それにしても、サービングフォーザマッチの大坂の緊張ぶりといったら。
何度もトスを上げ直ししてるし、セカンドサービス、107キロだって。
思い切り擦り上げて、チョリチョリのサーブだった。
ワタクシでも返せるかもってくらい。

それくらいすごい重圧だったんだろうな。
なんとか勝ててよかった。

 

1日空いて、日曜朝。
いよいよ決勝。
ファーストセットをあっさり落として、セカンドを取り返す。

ファイナルセットは先にブレークするものの、
すぐにブレークバックされるという先の見えない展開。

ああ、胃が痛い。
って、本人の方が大変か。

そして再度ブレーク。
準決勝の時みたいにならなきゃいいなと祈りながらTVにかじりつく。
th_IMG_6952
優勝!
よかった!
おめでとう。

ふう、見ている方も疲れたぜ。

ということで、レック各校では全米オープン優勝記念イベントを企画中。
一緒に喜びあいましょう。
お楽しみに!

カテゴリー: テニス, テニス用品, ランニング, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

総一郎とか、大好物な休日とか。

某日。
レックインドアテニススクール上石神井に守谷総一郎プロが来場。
th_IMG_6426
予告なしで来たので驚いた。

用事を済ませて、ついでにマスクもご購入。
th_IMG_6427
プロメンバーにも好評なTeam RECマスクである。

もう在庫はほとんどないかな。
見つけたら即ゲットが良いと思います。

 

さて、大好物はカレーである。
そしてハワイも大好物だ。
一度しか行ったことないけど。

ということで、休日、ハワイアンカフェへ。
th_IMG_4189

まあ、イオンモールの中なんだけど、気分だけでも休日リゾートっぽくってことで。
th_IMG_4188

th_IMG_4185

実はずっと前から自宅リビングにサーフボードを飾りたいと思ってる。
th_IMG_4169
サーフボード、持ってたんだけどなぁ。

SEQUENCEっていう千葉は外房のサーフショップのオーダーボードだったんだけど、
どこに置いてきたか、誰に貸したか、すっかり記憶がない。
どこかで中古のボード手に入れるかな。
誰かいらないボードありませんか?

 

ハワイといえばハワイアンビール。
th_IMG_4186

th_IMG_4187

やっぱり夏はビールだよねってことで。
th_IMG_4170
ちょっと高いけど。

で、オーダーは大好物を。
th_IMG_4176
ロコモコカレーである。
こんな美味しい組み合わせを考えた人、天才である。
ハワイにこういうカレーがあるかっていうのは疑問だけど、
まあ美味しいから文句なしだ。

で、さらにハワイといえばワイン。
th_IMG_4183
じゃないよね。
いいじゃん、休みだし。

ってことで、2,000円しないでハワイ気分を満喫の休日である。
いつかまたハワイに行きたいな。

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 仲間, 守谷総一郎プロ, , 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

パンツとか、PHANTOM GRAPHITE100インプレとか。

渋谷スクランブルスクエア。
th_IMG_6430
ベーカリーね。
「ぱんつくった」って・・・小学生かっ!

 

さて、先日の高島平インドアテニススクールでのこと。

宮田コーチが新製品ラケットを使っていた。
ちょうどレッスンの切れ目だったので、「ちょっと打たせて」と頼んでみた。
「打たせて」ってことは、当然「相手して」ってことである。

打ったのはこちら。
th_IMG_4488

 

Prince PHANTOM GRAPHITE 100
th_IMG_4489
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ウエイト:310g
■ラケット長:27インチ
■バランス:310mm
■フレーム厚:21.5-20.0-17.5mm
■ストリングパターン:16×18
■グリップサイズ:2,3
■価格;37,000円

プリンス名品グラファイトの進化&復刻モデルである。

もちろん、グラファイトはワタクシの大好物なタイプ。
当時も一時的に使っていたことはあるが、
たしか後輩のノブユキから奪い取ったものだった。

しばらく借りてはいたものの、1本だけだし、
ストリングはあっという間に切れるしで、
試合に持っていっても怖くて仕方がないってことで、
返したような気がする。

お金があったら複数本揃えて、メインラケットにしたんじゃないかと思う。
まあ、あの時代のグラファイトは6万円だか9万円だかしたから、
若者が何本も持つのは無理だったよね。

後年、価格も落ち着いて、随分と進化もしてきたグラファイトだが、
なぜかグラファイトに行き着くことがなく、ここまできた。
たぶん、HEAD PRESTIGEがメインになったってこと大きいのだと思う。
まだ人生で一度もヘッドさんに契約はしてもらってないけど。(笑)

そんなグラファイトがPHANTOMの名を冠して登場。
どんな進化をしたのか非常に期待がふくらむところである。

 

ちなみに、このPHANTOM GRAPHITE、107サイズのほうは
ソトヤマコーチのものを奪い取って試打済み

107とフェイスサイズが大きい上に、シンセティックを45ポンドという、
ぼんやりセッティングのおかげで、グラファイトっぷりを堪能できたかっていうと
ちょっとね・・・って感じだっ。

そういえば、先週、ソトヤマコーチがレッスンに行く時、
BEASTを持って行こうとしたので、
「やっぱりグラファイト使い切れなかったんだ」と言うと、
「違います!ガットが切れたんですっ!」とムキになって反論してた。
ホントかな、いつでも引き取るよ。

 

まあ、いいか。
そんなわけでもう少しカッチリしたセッティングで
試打をしたかったPHANTOM GRAPHITE。
100サイズで宮田コーチセッティングはまさにうってつけだ。

 

あらためて、スローとのブリッヂに見とれる。
th_IMG_4491
ああ、グラファイトだなぁ。(当たり前)

ボックスフレームっぷりもグラファイトだ。(しみじみ)
th_IMG_4490

ラケットヘッドに向かってフェイス厚が増す今回のグラファイト。
th_IMG_4492
しなりに加えてパワーも出せているのだが、100フェイスではどんな感じか。

 

打ってみた。

あ・・・グラファイト。

当たり前か。
とにかく適度なしなりと100のカッチリ感がドンピシャでいい感じ。

面ブレもないし、フェイスの負け感もない。
しっかりボールを捉えて、振った分通りにボールが出ていってくれる。

ボックス形状のしなり感もこのフェイスサイズだと適度で快適。
負ける感じの手前で踏ん張ってくれるから、
自分の意思と別の挙動をしている感じはない。

取り回しは悪くない。
ウエイトは310g、バランスは310mmと標準だけど重い感じはしない。
いや、むしろ取り回しやすいかな。

ストロークはフラットドライブ気味に当てるとめっちゃ気持ちよく飛んでくれる。
飛びすぎない自然な感触がこのモデルを使う層のプレーヤーにマッチする感じ。

スピン系は引っ掛けるより、ちょっと潰して頑張ってところか。
107だと勝手に引っかかってくれたけど、100は自分から擦り上げるほうが良い気がした。

とにかく当たった感じはとても気持ちが良い。
ボックスってやっぱり良いなぁと再実感できるフィーリング。

th_IMG_4495

 

ネットプレーも自然。
飛びすぎないけど飛ばないわけじゃない。
でも楽はダメよって言われてるような。

キレのあるボールを打ちたければ、ほんの少し緊張感を持って、
しっかり集中してボールに立ち向かうこと。
それがグラファイト使いには必要だってところだろうか。

特にバックボレーをしっかり乗せて運んだ時のキレ感は最高。
低く鋭くコートを滑るボールが飛んで行く快感をぜひ味わってほしい。

 

縦の振り、サービス、スマッシュは抜けが良い印象。
ラケットの振り抜き感はとても良い。
ただ、フレームとフェイスのパワーで勝手に飛んでいってくれる感じではない。
やはり自分からしっかり振っていくことが必要。

特に良かったのは、スライスサービスのキレの良さ。
少し厚めにトップスライス気味に振り抜くと、
サイドラインの手前あたりのラインにボールがかかって、
コートの外側に大きく切れていく。

最近、若手スタッフと試打をする時、このパターンでサービスエースを取るのが多い。
一発芸で相手を威嚇するってやつね。
もしかしてラケットじゃなくて、ワタクシのサービスが好調なだけかも。

まあ、仮に好調だとしても思った通りにサービスが切れてくれるのには違いない。
フラット系も思うような軌道で飛んでくれるし、
やっぱりグラファイトは使い手の意思を汲んでくれるモデルだなと思った。

 

宮田コーチのセッティングのテンションは聞かなかったけど、
実業団にも出てるから、それなりのセッティングなんだと思った。
th_IMG_4497
それでも、ワタクシも気持ちよく使えたのは、
やっぱりラケットの進化なんじゃないかと思う。

しっかりスイングができて、自分の意思通りにボールを飛ばしたい方。
ラケットパワーに頼りすぎず、ボールを操りたいプレーヤー。
妥協のないプレーをしたい方、ぜひ打ってみてください。

「昔、グラファイト使ってたけど、いまはもう・・」という方、
もう一度グラファイトに戻るチャンスかも。
th_IMG_4498

オススメです!

カテゴリー: インプレ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

影とか、Tシャツ人気ランキングとか。

早朝ウォーキングの渋谷スクランブル交差点。
th_IMG_6157
朝日が当たり場所じゃないのに、いくつもの影が。

なるほど反射ね。
th_IMG_6158
すごい交差点になっちゃったね、ここ。

 

さて、予約受付を終了したTeam REC Tシャツ2020モデル。

th_販売POP(お客様)

全部で1,100枚を超えるご予約をいただいた。
前回も1,000枚を超える注文をいただいたが、記録更新だと思う。
ありがとうございます。

 

で、週末。
Tシャツの第1便が納品になった。
th_IMG_6711
あまりの数の多さに、工場の体制が追いつかず、
数回に分けての納品ということに。

あと3便届いたら検品〜仕分け、そして配送作業に入る予定。

 

せっかくなので、今回の人気ランキングを発表!

Tシャツ部門

第1位
th_T1
ミックスパープル x ホワイト

うーん、ここが来たか。
たしかに爽やか系だよね。
ちなみにワタクシは注文していない。

 

第2位
th_T2
ミックスブルー x ホットピンク

スタッフからもお客様からも同じように支持が高かった。
「私たちのことイメージしてカラー決めてるの?」と絡んでくる
Team REC応援団のみなさんの顔も思い浮かべてのカラー。
ちゃんと注文してくれたかな。

当然、ワタクシはチョイスしていない。

 

第3位
th_T3
ブラック x ホワイト

定番カラーだ。
ロゴとの相性も良い気がする。
男性の注文が多いのかな。

これもワタクシの選択にはなかった。(と思う)

 

続いて、ロンT部門。

第1位
th_L1
ブラック x レッド

秋冬モデルだからか、濃い系のカラーが1位。
スタンダードロゴにはこの定番カラーって感じなのか。

ちなみに近々発表になるかもしれない
Team RECの次期ウォームアップも赤黒系だ。

これ、選んでないよなぁ。

 

第2位
th_L2
ターコイズ x ホワイト

歴代人気のターコイズである。
スタッフも着用者が多い気がする。
爽やかな若者がより爽やかに、女性はより可愛くなる気がする。
(あくまで気のせい)

もちろん!ワタクシも・・・頼んでない。

 

第3位
th_l3
ネイビー x ホワイト

定番中の定番。
やっぱりハズしがないのがこのカラー。
今回のこのロゴ、けっこういいでしょ。

さすがにこれは頼んだ気が・・・覚えてない。

 

世間の人気とかけ離れたワタクシチョイスなのかどうか、
実は何を頼んだかよく覚えてないのだ。

とにかく早く全部納品にならないかなと心待ちにしている今日この頃。
お届けまでもう少々お待ちくださいなのだ。

カテゴリー: Team REC, スポーツグッズ, テニス, テニス用品, 仕事, 仲間, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

キャラクターとか、ストリンガー資格とか。

某日は浦和へ。

浦和校に来るのも久しぶり。
まずは駅前の「うなこちゃん」に挨拶しなきゃ・・・っていない!

たしかここだよなぁ。
うなこちゃんがいた場所に何もなくなっている。

どうにも気になったので、ググってみた。
ウイキペディアによると、浦和西口ロータリーにあることになっている。

どこ?うなこちゃん。
少し歩いてみた。

いた!
th_IMG_6374
少し移動したのね。心配しちゃったよ。
とある理由から、キャラクターに対して受信感度が高い今日この頃である。

 

さて、そんなわけで、セブンカルチャーテニススクール浦和校。

この日はRECオフィシャルストリンガーのテスト。
この資格を取らないと、お客様のストリングを張ることができないのだ。

テストは実技と筆記。
実技テストに合格したら筆記試験を受けられる仕組みだ。

実技は100点満点で手順を細かくチェックされる。
ラケットの傷などの確認、マシンへのセッティングの状態、
ストリングの取り扱い(ほどき方)等々、張り始める前でもかなりのチェック項目がある。

そしていよいよストリンギング開始。
制限時間もありの緊迫した空気が流れる。

中には手が震えている受験生もいたりして、
ワタクシのほうがあまりの緊張に耐えられなかったり。(苦笑)

「話しかけていい?それとも黙って張る?」と聞いて、
受験生が緊張しない雰囲気にしてあげることにしている。

手順通りに張れているか。
無駄な動作はないか。
丁寧に作業しているか。
ノット(結び目)の作り方は正しいか。
工具の持ち方は正しいか。

ちなみに、Team RECの基本ノットは、エイトノットとリチャードパーネルノット。
ワタクシ個人的にはユニノットかスパイダーノットが多い。
・・・って、これは釣りの時だ。

工具の持ち方は怪我防止のための徹底項目である。

工程のすべてをチェックし、実技テスト終了。
th_IMG_6375

手順が抜けた部分、動作がもっと有効に働くようにすることなど、
チェックしたポイントを説明し、改善を指示。

仕上がりも細かくチェック。
th_IMG_6377
ストリングの目が揃っているか、
メインストリングのテンションは揃っているか、
フレームの変形はないかなどを計測していく。

そんな細かな採点を経て、見事合格である。
よかった、採点するワタクシもホッとしたよ。

その後は筆記テスト。
ストリングに関する知識、ラケットの知識、マシンの知識、
メンテナンス方法等についての設問に答えてもらう。

こちらも見事に合格。
晴れてRECオフィシャルストリンガー3に合格である。
おめでとう!

ということで、RECオフィシャルストリンガー資格は3段階ある。

3はシンセティックストリングの張り上げ(1本張り)、
2はハイブリッド等の2本張り、
1はナチュラルストリングの張り上げの資格になっている。

マニュアルは何ページにも渡り、新たなギアや要素が入れば随時更新される。
メーカーさんも進歩しているから、ワタクシたちもしっかりついて行かねばなのだ。

ということで、各校にはこれらの試験に合格したストリンガーが配置されている。
担当コーチのアドバイスはもちろんだが、ストリングを張っているコーチにも
気軽に話しかけてみて欲しい。
担当コーチとはまた違った目線でのアドバイスがあるかも。

そんなこんなで、現在、ストリング張り替えキャンペーン中です。
お気軽にご相談くださいませ。

宣伝かいっ!!(宣伝です)

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。